由布川渓谷は立ち入り禁止?紅葉やキャニオニングの人気行楽地!

この記事では、由布川渓谷について紹介しています。由布川渓谷は、紅葉やキャニオニングが人気の行楽地です。今回は、そんな由布川渓谷の基本情報を徹底解説します。また、現在、由布川渓谷は立ち入り禁止とも言われていて、その真相にも迫ります。

由布川渓谷は立ち入り禁止?紅葉やキャニオニングの人気行楽地!のイメージ

目次

  1. 1「由布川渓谷」は紅葉・キャニオニングの行楽地!
  2. 2「由布川渓谷」ってどんな場所?
  3. 3「由布川渓谷」は現在立ち入り禁止!
  4. 4「由布川渓谷」の完全復旧の目処は?
  5. 5「由布川渓谷」の2つの楽しみ方!
  6. 6「由布川渓谷」の楽しみ方1:紅葉
  7. 7「由布川渓谷」の楽しみ方2:キャニオニング
  8. 8「由布川渓谷」で楽しんだあとは温泉へ!
  9. 9「由布川渓谷」周辺のおすすめ温泉:由布院温泉
  10. 10「由布川渓谷」の基本情報を解説!
  11. 11「由布川渓谷」のアクセス方法は?
  12. 12「由布川渓谷」のアクセス方法1:自家用車
  13. 13「由布川渓谷」のアクセス方法2:公共交通機関
  14. 14「由布川渓谷」の駐車場事情は?
  15. 15「由布川渓谷」で自然の魅力を堪能しよう!

「由布川渓谷」は紅葉・キャニオニングの行楽地!

この記事では、大分県の「由布川渓谷」の魅力をまとめています。由布川渓谷は、紅葉やキャニオニングの行楽地として知られている場所です。しかし、由布川渓谷は台風などの影響で、現在立ち入り禁止になっているそうなんです。今回は、その立ち入り禁止の真相に併せて、由布川渓谷の楽しみ方や基本情報をわかりやすく解説していきます。

「由布川渓谷」ってどんな場所?

それではまず、大分県にある「由布川渓谷」がどんな場所なのかお話しします。由布川渓谷は、大分県の別府市から由布市にかけての上流にある渓谷です。

由布川渓谷ができたのは、今からおよそ60万年も前になります。きっかけは、大規模な火砕流でした。およそ60万年前に噴出・堆積した大規模な火砕流によって、由布川渓谷は形成されたんです。

由布川渓谷の魅力は、なんといっても、渓谷に降りたところからの景色です。由布川渓谷は、上流から順番に「椿、猿渡、谷ヶ淵」の3つの入り口から降りることができるのですが、降りたところがまるで別世界にいるような景色となっているんです。

苔のついた岩肌と、細い滝筋がある由布川渓谷は、まるで太古の日本にタイムスリップしたかのよう。自然が好きな人はもちろんのこと、アウトドアがあまり好きではないという方でも、由布川渓谷の景色に魅せられることでしょう。

「由布川渓谷」は現在立ち入り禁止!

大分市にある「由布川渓谷」に行くのが楽しみという方に、非常に残念なお知らせがあります。実は、由布川渓谷は、現在「立ち入り禁止」になっているんです。

通常の由布川渓谷なら、別府方面入り口の椿と由布市側入り口の猿渡から、渓谷に降りることができ、紅葉やキャニオニングが楽しめます。しかし、現在の由布川渓谷の立ち入り禁止状態では、入り口に入ることができず、キャニオニングなどができません。

一体なにが原因で、現在の由布川渓谷は立ち入り禁止になっているのでしょうか。調べてみたところ、立ち入り禁止の原因は「自然災害」とわかりました。

由布川渓谷の椿入り口と猿渡入り口が立ち入り禁止になった原因は、平成29年の7月に起きた自然災害です。その時期に起きた自然災害で、由布川渓谷に影響があったのは、以下の2つ。「九州北部豪雨」と「台風18号」です。

この2つの自然災害が原因で、現在、由布川渓谷は立ち入り禁止となっています。由布川渓谷のような谷は、九州北部豪雨と台風18号などの雨の被害を受けやすいです。

強い雨の影響で、地盤がゆるくなり、土砂崩れなどが起きてしまっては大変です。現に、この自然災害の影響で、由布川渓谷の猿渡の入り口は「崩落」してしまいました。

由布川渓谷の猿渡入り口が崩落したため、やむなく椿入り口も立ち入り禁止になったわけです。川辺まで降りたところの景色がステキな由布川渓谷ですが、立ち入り禁止である現在は、その景色を見ることはできません。

「由布川渓谷」の完全復旧の目処は?

大分県にある「由布川渓谷」が、現在は立ち入り禁止となると、当然気になることがあります。「由布川渓谷が完全に復旧するのはいつなのか」です。

由布川渓谷は、県内外から多くの方が訪れる人気の行楽地です。そのため、由布川渓谷の完全復旧を待ち望んでいる方は、かなり多いのではないでしょうか。

由布川渓谷が復旧すれば、以前のように、赤く染まった紅葉を眺めることもできます。それに、由布川渓谷は、県内でも有数のキャニオニングスポットでもありますので、由布川渓谷でキャニオニングがしたいと望んでいる方も多いはず。

しかし残念ながら、現時点では、由布川渓谷の復旧の目処はたっていません。まだ、完全に復旧できているわけではありませんので、椿入り口や猿渡入り口の通行が解除されているわけではないんです。

由布川渓谷に興味を持っている方には、非常に残念ですが、いま由布川渓谷に訪れても、由布川渓谷の魅力を100%感じられるとは、正直言えない状態です。

「由布川渓谷」の2つの楽しみ方!

こちらでは、大分県にある「由布川渓谷」のおすすめの楽しみ方についてお話しします。由布川渓谷は、大分県を代表する人気行楽地です。そのため、癒しを求めて、この地に訪れる方が数多くいるんです。

人気行楽地として名高い由布川渓谷には、おすすめの楽しみ方が2つ存在します。秋の風物詩である「紅葉」を眺めることと、「キャニオニング」をすることです。

由布川渓谷のような渓谷だと、紅葉を見に出かける方が多いですが、キャニオニングができる渓谷は、それほど多くないような感じがします。紅葉・キャニオニングを楽しめる由布川渓谷、まずは、紅葉の魅力からお話しします。

「由布川渓谷」の楽しみ方1:紅葉

大分県にある「由布川渓谷」の1つ目の楽しみ方は、秋の季節に見られる紅葉を眺めることです。由布川渓谷は、夏に川辺に降りたり、キャニオニングをしたりするのが一般的ですが、秋に訪れるのもおすすめなスポットなんです。

由布川渓谷は、自然あふれる渓谷なだけあって、秋になると木々が赤く染まります。木々が1年のなかで最も彩る秋の季節、この季節に由布川渓谷に行かない手はありません。

由布川渓谷は、主に、夏と秋の季節に観光客でにぎわいます。それは、夏の季節に由布川渓谷に訪れば、夏とは思えないほどヒンヤリとしていて、涼が取れるからです。

そして、由布川渓谷は、大分県の紅葉スポットとしても人気があり、秋になると紅葉目的の観光客が多数訪れます。夏に吊り橋から眺める渓谷は、とても幻想的にうつりますが、秋に見ると、また違った風景が広がっていておすすめです。

「由布川渓谷」の楽しみ方2:キャニオニング

大分県にある「由布川渓谷」の2つ目の楽しみ方は、「キャニオニング」をすることです。キャニオニングとは、からだを使って渓谷を下っていくリパースポーツです。

キャニオニングは、元々はフランス発祥のスポーツのようですが、近年、日本でも人気を集めるスポーツなんです。渓谷が舞台のキャニオニングなら、この由布川渓谷は絶景の舞台というわけです。現にキャニオニング目当てで、由布川渓谷に訪れる方は大勢います。

なお、由布川渓谷では、キャニオニング初体験の方でも、安心して始められる仕組みを整えています。由布川渓谷には、キャニオニングの体験ツアーを実施しているんです。

この体験ツアーに参加すれば、キャニオニングが初めてという方でも、気軽にチャレンジできます。アウトドアで気持ちの良い体験をしたい方は、ぜひ1度、由布川渓谷に訪れてキャニオニングを体験してみてはいかがでしょうか。

「由布川渓谷」で楽しんだあとは温泉へ!

上記では、大分県にある「由布川渓谷」の楽しみ方を解説してきました。ここまで読んだ方の中には、由布川渓谷での紅葉やキャニオニングに、興味を持った方もいるのではないでしょうか。

そんな方に向けて、この項目では、由布川渓谷で紅葉やキャニオニングを体験した後に、ぜひ訪れてほしい「温泉」を紹介しています。

ここだけの話、由布川渓谷の周辺には、大分県でも有名な温泉があります。キャニオニングをした後にその温泉に浸かれば、キャニオニングでの疲れなんて一気に吹き飛びます。それと同時に、由布川渓谷での思い出がよみがえり、行ってよかったと再確認できます。

「由布川渓谷」周辺のおすすめ温泉:由布院温泉

その大分県・由布川渓谷の近くにある温泉とは、「由布院温泉」です。由布院温泉は、温泉のわき出し量が、全国3位の人気が高い温泉です。由布川渓谷で十分に満喫したあとは、ここ由布院温泉で、観光の疲れをいやすと良いでしょう。

由布川渓谷で楽しんだ後に、由布院温泉に訪れた方が良い理由の1つに、由布院温泉の効能があります。由布院温泉の効能には、神経痛や筋肉痛のほかに、疲労回復効果もあるんです。疲労回復効果があるため、由布川渓谷で疲れたからだに効果的なわけです。

Thumb大分の温泉おすすめ15選!地元で人気の日帰り湯やカップル向けな旅館は?
魅力的な温泉地がたくさんあることで知られ、「おんせん県」というニックネームを持つ大分県。今回...

「由布川渓谷」の基本情報を解説!

大分県にある「由布川渓谷」の楽しみ方が判明したところで、次の話題に移させていただきます。続きましては、由布川渓谷の基本的な情報を解説していきます。

この記事でお話しする由布川渓谷の基本情報は、アクセス方法と駐車場の有無の2つです。これらの基本情報は、由布川渓谷に訪れる前に確認しておいたほうが良いです。

事前に由布川渓谷の基本情報を確認しておけば、迷うことなく由布川渓谷にアクセスできますし、駐車場の有無によって、自家用車でのアクセスが検討できるからです。

「由布川渓谷」のアクセス方法は?

1つ目の大分県にある「由布川渓谷」の基本情報は、渓谷へのアクセス方法についてです。由布川渓谷へのアクセス方法を確認しておけば、時間を無駄に消耗することなく、目的地にたどり着けます。この記事で、由布川渓谷へのアクセス方法を把握しましょう。

この記事でお話しする由布川渓谷へのアクセス方法は、大きく分けて2通りあります。「自家用車」に乗ってアクセスする方法と、「公共交通機関」を利用してアクセスする方法です。まずは、自家用車でのアクセス方法から確認していきましょう。

「由布川渓谷」のアクセス方法1:自家用車

大分県・由布川渓谷の1つ目のアクセス方法は、「自家用車」に乗って行くという方法です。先に言っておきますと、由布川渓谷に行くなら、次に紹介する公共交通機関でのアクセスより、こちらの自家用車でのアクセスのほうがおすすめです。

自家用車に乗ってアクセスする場合、由布川渓谷の2つの入り口にアクセスすることができます。上流にある椿の入り口と、猿渡の入り口です。

まずは、自家用車に乗って、由布川渓谷の椿にアクセスする方法からお話しします。椿にアクセスする場合は、別府市方面から訪れることになります。

別府市方面からクルマを走らせ、「志高湖」を通るようにしましょう。そうすれば、簡単に入り口の1つである椿にたどり着けます。続いては、自家用車に乗って、由布川渓谷の猿渡にアクセスする方法をお話しします。

猿渡の入り口に向かう場合は、大分市方面からアクセスしたほうが良さそうです。大分市方面からクルマを走らせ、大分大学狭間キャンパス、朴木小学校の2つを通りましょう。そうすれば、由布川渓谷の猿渡にカンタンにたどり着けます。

「由布川渓谷」のアクセス方法2:公共交通機関

大分県・由布川渓谷の2つ目のアクセス方法は、「公共交通機関」を利用するという方法です。公共交通機関といっても、利用するのは主にバスです。

先ほどの項目で、由布川渓谷にアクセスするなら、自家用車が1番おすすめとお話ししました。その理由は、バスに乗って由布川渓谷に向かう場合、バスから降りた後に30分ほど歩く必要があるからです。それでは、詳しいバスでのアクセス方法を解説します。

バスに乗って由布川渓谷にアクセスする場合、別府駅から出ている「亀の井バス」に乗りましょう。そして、降りるべきバス停は「堺バス停」です。

堺バス停が、別府駅方面から由布川渓谷にアクセスする場合、1番ちかい停車場なんです。しかし、1番ちかいと言っても、そこから約30分ほど歩く必要があります。

なので、キャニオニングが趣味で、日頃から体を動かしている人なら平気かもしれません。しかし、ふだん運動する機会が少なかったり、足腰を痛めている方は苦労する可能性があります。そのような方は、自家用車でアクセスするようにしましょう。

「由布川渓谷」の駐車場事情は?

1つ目の大分県にある「由布川渓谷」の基本情報は、渓谷の駐車場の有無についてです。駐車場についての話題ですので、こちらは公共交通機関を使ってアクセスする予定の方より、自家用車に乗ってアクセスする方向けの内容となります。

自家用車で由布川渓谷にアクセスする方にとって、由布川渓谷の駐車場の有無は、非常に重要です。駐車場が用意されていれば、どこに停めたらいいか悩まないで済みますし、安心して自家用車に乗ってアクセスすることができます。

結論から言いますと、由布川渓谷には、駐車場がばっちり用意されています。駐車場が用意されているため、自家用車に乗ってアクセスしやすいです。

駐車場が用意されていることには、もう1つ良いことがあります。それは、バスに乗ってアクセスするよりも、徒歩の時間が圧倒的にみじかくて済むことです。

駐車場に自家用車を停めれば、短時間で由布川渓谷の入り口にアクセスできますので、足腰を痛めている方でも、足に疲労をためることなく到着できます。

「由布川渓谷」で自然の魅力を堪能しよう!

大分県の「由布川渓谷」の魅力、おわかりいただけたでしょうか。由布川渓谷には、紅葉やキャニオニングの2つの楽しみ方があります。本記事で紹介したアクセス方法のうち、おすすめなのは自家用車です。由布川渓谷には駐車場が用意されてありますので、気軽にアクセスできます。由布川渓谷が、早く復旧されることを願いましょう。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
ぐりむくん

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ