ドイツの高級チョコレートはお土産に最適!美味しい人気ブランドを厳選して紹介!

ドイツはチョコレート大国です。チョコレートの本場ヨーロッパでも、スイスやベルギーに負けない品質のチョコレートを生産しています。日本では、そんなに美味しいドイツのチョコレートですが、知名度は今一歩のようです。今回は本当に惜しいドイツのチョコレートを紹介します。

ドイツの高級チョコレートはお土産に最適!美味しい人気ブランドを厳選して紹介!のイメージ

目次

  1. 1ドイツにはチョコレートがいっぱい!
  2. 2日本人もチョコが好き!
  3. 3そもそもチョコレートとは?
  4. 4チョコレートの歴史
  5. 5ドイツには有名なチョコレートがいっぱい!
  6. 6ドイツは断トツのチョコレート生産大国
  7. 7ドイツのチョコレートの歴史
  8. 8ドイツの高級チョコレート1:Weinrich
  9. 9ドイツの高級チョコレート2:Heinemann
  10. 10ドイツの高級チョコレート3:Hussel
  11. 11ドイツの高級チョコレート4:Ritter Sport
  12. 12ドイツの高級チョコレート5:Riegelein
  13. 13ドイツの高級チョコレート6:Hachez
  14. 14ドイツの高級チョコレート7:PRINZESSIN Feodora
  15. 15ドイツの高級チョコレート8:Fassbender&Rausch
  16. 16ドイツの高級チョコレート9:milka 
  17. 17ドイツの高級チョコレート10:merci
  18. 18ドイツの高級チョコレート11:Confiserie Coppeneur et Compagnon
  19. 19ドイツの高級チョコレート12:Clement Chococult
  20. 20ドイツの高級チョコレート13:Schogetten
  21. 21ドイツの高級チョコレート14:Arko 
  22. 22ドイツの高級チョコレート15:Sarotti
  23. 23ドイツの高級チョコレート16:Kinderschokolade
  24. 24ドイツの高級チョコレート17:Toffifee
  25. 25ドイツの高級チョコレート18:Lindt
  26. 26チョコレートの効能は?
  27. 27ドイツには他にも有名チョコがある
  28. 28ドイツの高級チョコレートは美味しい!

ドイツにはチョコレートがいっぱい!

チョコレートといえば、ベルギーやスイスのイメージが強いのですが、世界的にみればドイツが隠れたチョコレート大国です。ある調査によりますと、ドイツの年間チョコレート消費量は世界第2位で11.3キロ、これは1枚60gの板チョコにすると約188枚です。

ドイツのチョコレートについて、日本ではあまり知られていないだけで、ドイツにはチョコレートがたくさん生産されているのです。そんなドイツの有名なチョコレートの紹介です。

日本人もチョコが好き!

日本人もチョコが大好きですが、年間消費量は既述の同じ調査では、年間、2.1キロ、60グラムの板チョコだと35枚になります。約10日に1枚の割合で食べていることになります。因みに、日本でチョコレートといえばバレンタインデーですが、チョコレートの売上の約25%がバレンタインで売れています。それでも日本人もチョコレートは好きです。

そもそもチョコレートとは?

チョコレートの原料はカカオ豆です。世界中の赤道の南北20度近辺付近の地帯で栽培いされています。そのカカオ豆は、カカオという植物の実の中にある種子です。

チョコレートの大まかな製造工程ですが、まず、カカオの種を焙煎します。その次の工程で、細かく砕いて熱を加えながらできるだけすり潰します。

とろとろに溶けたカカオ豆に、カカオ豆に含まれていたカカオバターや砂糖やミルクを混ぜます。この段階で美味しくするための様々な加工や工夫が加えられます。

良く混ざった状態のまま、液体のチョコレートを型に入れ、冷やしながら乾燥させます。そうして、よく乾燥させたものが美味しい板チョコなどになります。

チョコレートの歴史

現在では、世界中のお菓子の代表のようになったチョコレートですが、その歴史は意外と知られていません。簡単に説明します。チョコレートの原料はカカオです。カカオがなければチョコレートはあり得ません。

紀元前の時代、中南米のマヤ文明のマヤ族やインカ文明のインカ族、さらにアステカ族が、今のメキシコ地方でカカオを栽培していました。当時から貴重な飲料として、また、カカオは貢物や通貨として流通していました。 

1519年に、スペインのエルナン・コルテスが、メキシコ東岸に到着し、アステカの都市、現在のメキシコシティに入城しました。そして、1528年には、コルテスがアステカを制圧し、あまたの略奪品とともにカカオ豆をスペインに持ち帰りました。

1580年頃には、スペイン宮廷で飲料用のチョコレートが普及しています。1613年には、仙台の伊達政宗家臣・支倉常長が太平洋を渡り、メキシコ経由で、スペインに渡りました。その時に、チョコレートを口にしたらしく、チョコレートを食べた最初の日本人と伝わっています。 

チョコレート飲料は、スペインからフランス、ベルギー、オランダ、オーストリア、ドイツ、イギリス、スイスと伝わって広がりました。1797年には、長崎丸山の遊女が、出島のオランダ人からのもらい品目に「コオヒ豆一箱、チョクラート」と記載があり、チョコレートがごく一部ですが日本にも入っています。 

日本で本格的にチョコレートが製造販売されたのは、大正7年・1918年に森永製菓がカカオ豆からチョコレートの一貫製造を開始し、今も残る、森永「ミルクチョコレート」を発売しています。この頃から日本庶民にもチョコレートが身近なお菓子になってきました。

ドイツには有名なチョコレートがいっぱい!

ドイツのチョコレートは、ベルギーの有名なチョコレート、ゴディバやスイスの有名チョコレートメーカー、リンツに比べると、少しだけブランド力や、知名度は低いようです、それでも、ドイツのチョコレートは、味も種類もデザインも、2つの有名なブランドチョコレートに劣らないだけの品質があり、美味しい商品が揃っています。

ドイツは2つの国よりも人口も国土も大きく、チョコレートの生産量も多くなっています。チョコレートについては、日本での販売促進が不十分なだけで、ドイツの有名ブランドのチョコレートの味を知れば、好きになることは間違いないようです。

ドイツは断トツのチョコレート生産大国

2015年の世界のチョコレート生産主要国の生産量を比較してみると、オーストリア:57,375トン、ベルギー: 198,795トン、フランス:409,615トン、スイス:147,250トン、ドイツ:1,365,220トンになっています。ドイツがダントツのトップです。ここからもドイツがチョコレート大国であることが理解できます。

ドイツのチョコレートの歴史

チョコレートが初めて現在のドイツに入ってきたのは17世紀です。初期の時代は薬として薬局で販売されていたようです。その後、飲み物として貴族階級で普及していき、19世紀になると板チョコが誕生して、ドイツ庶民へと広がりました。

ドイツでは大小のチョコレートメーカーが美味しいチョコレートを生産しています。生産販売だけでなくチョコレート関連の仕事に携わる関係業者は、500を超えるそうです。伝統的に高度な職人技が大事にされるドイツでは、チョコレートも独自の製造技術にこだわった企業が多くあり、優れた美味しいチョコレートが生産されています。

ドイツの高級チョコレート1:Weinrich

ドイツの老舗チョコレートメーカーWeinrich(ワインリッヒ)は、1895年の設立以来、創業120年を超える人気チョコレートメーカーです。常に進化を続け、伝統の味と新しい味がミックスされています。ミルクチョコレートの板チョコがWeinrichのメインで主力商品のようです。

Weinrichのチョコレートの中で、人気は板チョコですが、中でもフルーツ風味の商品はパッケージがおしゃれで、女性に人気のチョコレートです。親しい女性の友人へのお土産に最適です。

厳選された素材が使用され、品質の高さやバラエティー豊富な品ぞろえも美味しいチョコの秘密です。世界が認めるチョコレートブランドで約40カ国の人々に愛されています。

ドイツの高級チョコレート2:Heinemann

Heinemann(ハイネマン)は、バウムクーヘンなどのケーキやクッキーも販売している有名ブランドですが、そのHeinemannも美味しいチョコレートを生産しています。

有名なのは、「シャンパントリュフ」です。一般的に欧米のお菓子は甘さが強いのですが、Heinemannのチョコレートはそれほど甘過ぎなく、日本人向きです。ドイツのお土産におすすめです。

ドイツの高級チョコレート3:Hussel

Hussel(フッセル)といえば、ドイツ全国にあるチョコレートショップで、ドイツの街ではよく見かけます。袋詰めのチョコが豊富で、ドイツのお土産に最適な箱詰めも種類が豊富です。さらに良いことは、1個から買えることです。出来立てをその場で食べると格別に美味しく感じられます。

Husselは、ドイツでは老舗のチョコレートの名店として国民の間で親しまれています。ドイツ人のチョコレート好きの証明でもあります。スタッフも明るく親切で、上手にパッケージしてもらえます。店員教育も徹底しているようです。カード決済もできます。お土産用にまとめ買いもおすすめです。

ドイツの高級チョコレート4:Ritter Sport

Ritter Sport(リッタースポーツ)は、1912年に創業しています。日本の年号では大正元年にあたります。ドイツ・シュツットガルトのサッカースタジアムの近くにもお店があり、スタジアムでサッカーの試合を見ながら食べられるチョコレートにこだわって、1932年に四角いチョコレートになったそうです。

Ritter Sportは、ドイツのチョコレートを代表するブランドで、日本でも購入できるくらい世界ブランドのチョコレートになっています。カラフルなパッケージと、やはり正方形の形は印象的です。ドイツのお土産としてもよく購入されています。10センチ四方のサイズ以外にも、小サイズも大きいサイズも販売されています。味も20種類以上楽しめます。

ドイツの高級チョコレート5:Riegelein

Riegelein(リゲライン)のチョコレートは、日本ではKALDIで見かけることがありますが、これもドイツのチョコレートです。常に、すべての人々を喜ばせられるように、最大限の注意を払い、高品質の製品を生産しています。一方で、商品開発では創造性と創意工夫を怠っていません。

ドイツのチョコレートは、ドイツの年中行事に欠かせません。クリスマスにはサンタクロース、イースターはウサギや卵など、かわいい形のフィギュアチョコレートが販売されています。このRiegeleinは、フィギュアチョコレートの代表的なメーカーです。いろいろな形が楽しめるのもチョコレートの人気の一つです。

ドイツの高級チョコレート6:Hachez

Hachez(ハシェ)は、ドイツではよく知られたブランドチョコレートです。童話「ブレーメンの音楽隊」で名高い、ドイツのブレーメンの街に本店がある、ドイツの老舗チョコレートメーカーです。パッケージのデザインが可愛く、動物たちやグリム童話のイラストがデザインされています。ドイツのお土産に最適な美味しいチョコレートです。

ドイツの高級チョコレート7:PRINZESSIN Feodora

Feodora(フェオドラ)は、1910年創業のドイツの老舗チョコレートメーカーです。ドイツのプロイセンのプリンセスFEODORA、フェオドーラの名前とサインが登録商標として使用許可されています。格調高く由緒正しきメーカーです。ブレーメンの自社工場で、チョコレートからプラリーネンまで製造しています。

ドイツの高級チョコレート8:Fassbender&Rausch

Fassbender&Rausch(ファスベンダー&ラウシュ)はドイツの老舗チョコレートメーカーです。ベルリンにある店舗が有名で、一階はチョコレートの販売、2階がカフェです。デザインしやすいチョコレートのの特性を活かし、動物や建物の形をしたチョコから、有名なスティックタイプのチョコレートまで揃っています。

Fassbender&Rauschのチョコレートは、おしゃれで高級感あふれるチョコレートです。1863年創業で、日本の江戸時代末期です。高級感あふれるパッケージで、どんな場面のプレゼントにもおすすめのブランドです。上品な美味しい味は、誰にも好評で、ドイツのお土産におすすめの逸品です。

ドイツの高級チョコレート9:milka 

ドイツ全土で圧倒的に人気が高く、一番売れているのがmilka(ミルカ)チョコレートです。ドイツ国内のチョコレートのシェアは、約30%といわれています。ドイツでは圧倒的な人気有名チョコレートです。紫色のパッケージの板チョコがメインアイテムで、milkaの看板商品です。

milkaのチョコレートは、ドイツのスーパーで手軽に購入できます。欧米のチョコレートで、たまにみられる、甘すぎるチョコレートではありません。適度な甘味で、いくらでも食べられます。1個当たりの価格は高くなく、多くの人々へ配る時のドイツのお土産に向いています。

個別の一口サイズのチョコレートは、一旦食べ始めるとなかなか止められないものです。milkaはじめ、ドイツの有名ブランドのチョコレートも止まらない美味しさです。それだけチョコレートは不思議な魅力を秘めた美味しい食べ物です。そんな時こそ、リーズナブルな価格のmilkaのチョコレートがおすすめです。

ドイツの高級チョコレート10:merci

merci(メルシー)は、フィンガータイプのスティック形状の本格派チョコレートです。美味しさは折り紙付きで、世界100ヵ国以上で人気のチョコレートになっています。ストーク社が製造し、1箱にミルク味などのチョコが20本以上入っています。高級感あふれる贅沢なチョコレートです。

持ち運びに最適な大きさで嵩張らず、価格もリーズナブルな設定で、お土産としてもおすすめです。誰もが美味しいと認める味で、ドイツのお土産にして外れはありません。

ドイツの高級チョコレート11:Confiserie Coppeneur et Compagnon

Confiserie Coppeneur(コンフィゼリー コペヌール)は、ドイツのチョコレートメーカーの中で比較的新しい会社です。1993年にボン近郊のBad Honnef(バード ホネフ)でスタートし、2005年にカカオを最大限に活かした美味しいチョコレートを完成させています。他のドイツのブランドチョコレートに比べ新しいのですが、美味しいと話題沸騰です。

チョコレートを開発した、オリバー・コペヌールとゲオルク・ベルナルディーニの二人は、自らのチョコレートに徹底的にこだわり、チョコレートの原料、カカオ豆にまでオリジナルの豆を使っています。そこまで、チョコレート作りに徹しています。その成果から、大統領御用達のチョコレートが完成しています。

ドイツの高級チョコレート12:Clement Chococult

ミュンヘンにある高級チョコレートのお店が、Clement Chococult(クルーメントチョコカルト)です。数々の国際チョコレートコンテストで入賞しています。お店には最高級のレベルの商品が多数あります。価格はやや高めですが、見た目も、美味しさも高級感があふれる贅沢なチョコレートです。

ドイツの高級チョコレート13:Schogetten

Schogetten(ショゲッテン)も、ドイツではブランドチョコレートです。小さくカットされたチョコレートが、規則正しく、板チョコのようにな状態で箱に収まっています。種類も豊富で、美味しい味ですが、珍しい味のチョコレートもあります。パッケージもおしゃれと評判になっています。

大手チョコレートメーカー「Ludwig Schokolade(ルドウィッグ ショコラーデ)」のチョコレートです。本部はドイツのケルンにあります。1857年にアーヘンの地で手作りでチョコレートバーを製造したのが、会社の起源です。日本の江戸時代後期の創業です。このようにドイツのチョコレートの歴史を誇っています。

ドイツの高級チョコレート14:Arko 

Arko(アルコ)は、ドイツで有名なコンフィズリーで人気の店です。他には、板チョコやコーヒーやマジパン、クッキーも扱っています。Arkoのコンフィズリーは、おしゃれな箱に入った高級感漂う、宝石のようなチョコレートです。ドイツのお土産にできます。ドイツ北部に店舗が多くあります。

ドイツの高級チョコレート15:Sarotti

Sarotti(ザロッテイ)は、ドイツの老舗チョコレートブランドです。1852年ドイツのベルリンで創業しています。日本では幕末の少し前です。創業者はハインリッヒ・ルートヴィヒ・ノイマン氏です。Sarottiチョコレートの特徴は、カカオへのこだわりが強い点です。人工化合物を使わないまま、カカオ本来の味が生きたチョコレートが提供されます。

ドイツの高級チョコレート16:Kinderschokolade

ドイツの子供さん向けのチョコレートに、Kinder Schokolade(キンダーショコラーデ)があります。英語風にいえば、チルドレンチョコレートです。ミルク味のチョコレートで、優しい美味しさがします。味や形も楽しめるものばかりです。チョコレート大国ならではの、大人も楽しい子供用のチョコレートです。

ドイツの高級チョコレート17:Toffifee

チョコレート、Toffifee(トフィーフェース)を製造販売する、トーク社は1903年に設立された、1世紀以上の歴史があるドイツ最大手の菓子メーカーです。今は、世界中で愛されているチョコレート菓子メーカーです。

ドイツの普通のスーパーで買い求められます。チョコレートキャラメル菓子で、キャラメル+ヘーゼルナッツの上を、ミルクチョコレート、その上を、少しビターなチョコレートで出来上がっています。

ドイツの高級チョコレート18:Lindt

Lindt(リンツ)は、1845年創業のスイス・チューリッヒ州のキルヒベルクに本社を置く、チョコレートを中心とした巨大な製菓会社です。スイスの会社ですが、ドイツでも圧倒的な人気のチョコレート菓子を販売しています。ドイツで手軽に入手できるドイツのチョコレートともいえるチョコレートです。

Lindtは、板チョコといえるタブレットチョコレートの種類が豊富で、40種類以上もあるといわれています。有名ブランドだけに、価格は高いのですが、お土産にすると、それだけ高級感が漂い、喜ばれます。自分で食べても、ちょっとしたプチ贅沢な気分が味わえる美味しいチョコレートです。

Thumbドイツの人気料理&食べ物ランキング!現地で有名なグルメやスイーツを厳選!
ドイツの食べ物と言えばソーセージを思い浮かべる人が多いと思いますが、他にも美味しい料理がたく...

チョコレートの効能は?

従来から、チョコレートやココアに含まれるカカオポリフェノールは、健康に良く、お通じが良くなるとか、少量で高カロリーで活力アップなどの効能が叫ばれていました。それ以外に、ある大学が、約50人近い被験者で調査した面白い結果があります。

調査の結果では、血圧の低下、HDL(善玉)コレステロール値の上昇の効果が現れています。さらに、精神的、肉体的にアクティブ志向になる傾向があります。又、BDNF(脳由来神経栄養因子)は、神経細胞の成長を調節する脳細胞の増加に必要となるたんぱく質ですが、この値が上昇しています。

チョコレートを継続して摂取すると、太るイメージがありますが、この調査では、体重・BMIの変化は認められていません。

加えて、強力な酸化抑制効果も認められています。体格や年齢もありますが、チョコレートを1日に25g程度、板チョコ半分くらい取り入れるとよいようです。

Thumbドイツのお土産はコレがおすすめ!有名なお菓子・雑貨・コスメなど人気を厳選!
旅行の醍醐味であるお土産選びはどこに行っても楽しいものです。ドイツにもお土産にぴったりなもの...

ドイツには他にも有名チョコがある

今回は18種類のドイツの美味しいブランドチョコレートを紹介しましたが、ドイツ全体のチョコの2割も紹介できていないようです。ドイツには他にも美味しいチョコレートがたくさんあります。元々、材料や製法にこだわりがある民族ですから、ここにあげていないチョコレートにも美味しいお土産にできる商品があります。出かけて確かめてみましょう。

ドイツの高級チョコレートは美味しい!

工業大国の印象が強いドイツですが、美味しいチョコレートがあふれています。長年にわたり愛され続けている有名なブランドチョコレートも多数あります。ドイツのお土産には、日持ちがして、小分けもできるチョコレートはおすすめです。外れがないドイツのお土産の定番として、断然、ドイツのチョコレートをおすすめします。

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
yuribayashi

新着一覧

最近公開されたまとめ