イルデパン島(ニューカレドニア)観光をしよう!おすすめは絶景のビーチ!

イルデパン島はニューカレドニアでも人気のリゾートアイランドです。天国に一番近い島ともいわれているニューカレドニアでもこのイルデパン島はその美しさ、アクセスのしやすさなどで大人気です。そんなイルデパン島の魅力についてお伝えします。

イルデパン島(ニューカレドニア)観光をしよう!おすすめは絶景のビーチ!のイメージ

目次

  1. 1ニューカレドニアの宝石箱・イルデパン島
  2. 2イルデパン島の魅力
  3. 3イルデパン島の見どころ観光スポットその1:バオ村
  4. 4イルデパン島の見どころ観光スポットその2:クニエスキューバセンター
  5. 5イルデパン島の見どころ観光スポットその3:ノカンウイ島
  6. 6イルデパン島の見どころ観光スポットその4:オルタンス女王の洞窟
  7. 7イルデパン島のおすすめビーチその1:カヌメラビーチ
  8. 8イルデパン島のおすすめビーチその2:クト・ベイ
  9. 9イルデパン島のおすすめビーチその3:ピッシンヌ・ナチュレル
  10. 10イルデパン島のおすすめグルメ・エスカルゴ
  11. 11イルデパン島のおすすめホテルその1:ル・メリディアン・イルデパン
  12. 12イルデパン島のおすすめホテルその2:ホテル・コウ・ブグニ
  13. 13イルデパン島のおすすめホテルその3:ウレ・テラ・ビーチリゾート
  14. 14イルデパン島への行き方
  15. 15ヌメラから日帰りでも行けるイルデパン島
  16. 16今すぐイルデパン島に行こう

ニューカレドニアの宝石箱・イルデパン島

イルデパン島とはニューカレドニアの最大都市ヌメアから南東に100キロメートルほど下ったところにある小さな島です。

地元の人たちにはクニエと呼ばれている島ですが、それには海の宝石箱という意味があるそうです。私たちにとってはニューカレドニアの本島のビーチでもその美しさに驚かされますがその光景を見慣れた人たちにとってさらに宝石のように美しいというわけです。

日本では天国に一番近い島とも呼ばれています。これは森村桂の著作の中で同じニューカレドニアのウベア島を指して用いられていた言葉ですが、いまではこのイルデパン島を指して用いられるようになっているようです。

ここではそんなイルデパン島についてお知らせしたいと思います。おすすめのビーチや見どころ観光スポットなどの情報をお楽しみください。

イルデパン島の魅力

ニューカレドニアのイルデパン島は、フランスの海外領地なのでその文化はフランスの影響を色濃く受けています。ホテルやレストランなどのフランス式でリゾート気分を満喫できます。

このイルデパン島の魅力は何と言ってもその海の美しさです。とくにこのイルデパン島のサンゴ礁やラグーンはニューカレドニア随一の美しさを誇ります。

その美しさと世界でもまれに見る生態系の多様性が認められて2008年にはこのイルデパン島周辺のサンゴ礁が世界遺産に認定されました。

この世界遺産こそが海の宝石箱と呼ばれる所以であり、一番の見どころ観光スポットでもあります。ダイビングはもちろんのことシュノーケリングでも十分その美しさを堪能することができます。ダイビングではクジラやイルカにも出会えるかもしれません。

イルデパン島の見どころ観光スポットその1:バオ村

まずはイルデパン島の見どころ観光スポットをお伝えしたいと思います。まずご紹介するのがイルデパン島の中心の村、バオ村です。

小さなイルデパン島ですから、ここには市場や学校、役所などのほとんどの施設が集まっており、小高い丘の上にはかわいい教会が建てられておりこの島のアクセントとなっています。

このバオ村の教会は、映画「天国に一番近い島」にも出てきた教会なのでもしかしたら見たことがある人もいるかもしれません。

ここのバオ村でのおすすめはレンタルサイクリングでの島の散策です。地元の人たちとの交流も旅行の魅力の一つです。

イルデパン島の見どころ観光スポットその2:クニエスキューバセンター

その次にご紹介する見どころ観光スポットは、クニエスキューバセンターです。透明度の高い手つかずのイルデパン島の海は世界中のダイバーたちの夢の場所です。

そんなときに役に立つのがこのクニエスキューバセンターです。うれしいのは日本人のスタッフが常駐しているところです。こんな遠くに来ても日本人がいるとホッとします。

このきれいな海を実際に目にする人のほとんどはダイビングを始めたいと思い始めます。そんな時にはこのダイブセンターに来れば大丈夫です。

日本人インストラクターがいるので言語の心配もなく安心してダイビングを楽しむことができます。ニューカレドニアの海を堪能するためにもこのダイブセンターを訪ねてみてください。

イルデパン島の見どころ観光スポットその3:ノカンウイ島

次にご紹介するのがノカンウイ島です。ノカンウイとは、アミ島、アナ島、トメレ島からなるサンゴ礁一帯の地名です。

なので正確にはノカンウイ諸島といいほうがいいでしょう。塩の満ち引きの時に砂の道が海に現れます。その道が現れると二つの砂州がつながって天然のプールが顔をのぞかせることになります。

天気や時間に加えて海の満ち引きなどのすべての条件がそろってたときのみ顔をのぞかせる幻の島です。純白の砂とエメラルドグリーン海の色、この光景は一生忘れられない景色になるでしょう。

このノカンウイ島の滞在時間は45分ほどに制限されています。いろいろなツアーのコースの一部としてこの島を訪れることになるでしょう。

イルデパン島の見どころ観光スポットその4:オルタンス女王の洞窟

イルデパン島の見どころ観光スポットとして最後にご紹介するのが、イルデパン島のちょうど中心部の密林にあるのオルタンス女王の洞窟です。

オルタンス女王が身を隠していたといわれている洞窟が密林の中に突然現れます。入り口の高さは10メートル、幅は15メートルほどある鍾乳洞ですが、その中にはオルタンス女王が寝ていたといわれているベッドもあるとっても不思議な雰囲気がある場所です。

ツアーだと近くまでバスで送迎してくれて密林の中を5分ほど歩くとこの洞窟に到着します。隠れ家として使われた洞窟ということで、入り口は1カ所だけですが、洞窟の出口は複数あっていざというときのために備えらえていたそうです。

暑いニューカレドニアですが密林の中は日光がさえぎられていてひんやりとしています。暑さを忘れるのにも最適の観光スポットです。

イルデパン島のおすすめビーチその1:カヌメラビーチ

続いてはイルデパン島でもおすすめのビーチをご紹介します。ニューカレドニアの見どころは海の美しさですがそのニューカレドニアの中でもこのイルデパン島の海は格別です。

その中でもこのカヌラビーチは子供達でも安心して遊べる波が穏やかなビーチです。ビーチの見どころは中央にある大きな岩です。その周りは生態系の宝庫となっています。

ビーチからこの岩へ行ってシュノーケリングするだけでも十分にカラフルな魚たちを楽しむことができます。小さな子供達でも魚たちと一緒にたわむれることのできるおすすめのビーチです。

ニューカレドニアのビーチは基本的には遠浅なので引き潮になるとこの中央の岩まで歩いて渡れるようになります。この岩に登ったり入ったりすることは禁じられていますがこの素敵な光景を写真に収めるなら一生の思い出になることは間違いありません。

イルデパン島のおすすめビーチその2:クト・ベイ

数あるニューカレドニアのビーチでもこのクト湾にあるビーチはその美しさで群を抜いているのが見どころのビーチです。

エメラルドグリーンの海とパウダーサンドのコントラストは目に入った瞬間に息をのんでしまうことでしょう。言葉には決して表せない美しさです。

このビーチの砂はまた格別です。きめがとても細かくて実際に砂の上に乗るとまるで雪の上に乗っているかのようなフワフワとした感覚があります。

このビーチを訪れるのに一番のおすすめの時間は夕焼け時でしょう。きれいな水の色と真っ白のパウダースノーのこのビーチが真っ赤に染め上げられていく様はとてもロマンチックでハネムーンにも最適です。

イルデパン島のおすすめビーチその3:ピッシンヌ・ナチュレル

次にご紹介するおすすめビーチは、イルデパン島の見どころは観光スポットでもあるピッシンヌ・ナチュレという場所です。

ここは、隆起したサンゴが海水をせき止めてできたいわば天然の海水プールです。波もなくいつも穏やかなこの場所はプールの中にいるかのような気分で海水浴を楽しみ、こころからリラックスできるビーチです。

またこのビーチの見どころはその豊かな生態系です。サンゴが周りを囲んでまるで城壁のように中の魚たちを外敵から守っています。まるでダイビングをしているときのような魚たちをシュノーケリングで楽しむことができます。

潮の満ち引きの具合によっては水深が浅かったりするときもあるので、この場所でシュノーケリングを楽しみたいようなら満潮時を狙っていくといいでしょう。

イルデパン島のおすすめグルメ・エスカルゴ

このイルデパン島へ訪れることがあるならぜひ食べていただきたいおすすめグルメがエスカルゴです。なぜおすすめかというとこの島でしか食べることができないからです。

というのは、島の外へ持ち出すことが禁止されているとのことです。それでニューカレドニアの大都市ヌメアでさえもこのエスカルゴは食べることができません。食べられるのはこのイルデパン島のみです。

エスカルゴといってもこれは海のものなので、れっきとした魚介類です。日本で貝類が大好きな方々はきっとおいしく食べることができるでしょう。

フランス料理のエスカルゴよりも大きくて見もしっかりとして歯ごたえのある触感が特徴の貝類です。主な調理法はガーリックバター風味がスタンダードです。これを食べるためのツアーがあるほどです。イルデパン島に来たならぜひ食べてください。

イルデパン島のおすすめホテルその1:ル・メリディアン・イルデパン

ニューカレドニアでも一番のリゾートアイランドのイルデパン島は小さいながらも快適なホテルがいくつかあります。おすすめのホテルをご紹介します。

まず最初にご紹介するのが島の5つ星ホテル、ル・メリディアン・イルデパンです。三日月型に海を囲むオロ湾に位置するこのホテルは太平洋のリゾートの定番のホテルです。

空港からわずか15分の立地にもかかわらず、ホテルの敷地内は本当に静かで甘い香りのするココナッツの林の中のバンガローはさらにリラックスを促します。

オロ湾の砂浜はきめ細かな砂なのでまるで雪の上を歩くようなふわふわ気分になりす。そんな中でハンモックに揺られたり、シュノーケリングをしたり、エスカルゴなどのシーフードを堪能したりとすべての経験が忘れられない思い出となるホテルです。

イルデパン島のおすすめホテルその2:ホテル・コウ・ブグニ

次にご紹介するのがクトベイに位置する3つ星ホテルのコウ・ブグニです。一般の部屋とバンガローの両方の宿泊施設があるホテルなので好みに合わせて部屋を選ぶことができます。

またビーチからはわずか数メートルの距離なので、水着のまま部屋から海に行くことができます。バンガローには冷蔵庫にバスタブがついています。

スタッフのかたもとても親切で、部屋も清潔です。口コミの評判によると、チェックアウトをした後に海で遊んだ後でもシャワーを使わせてくれたとのこと。ホスピタリティが従業員一人一人にまで浸透したホテルです。

イルデパン島のおすすめホテルその3:ウレ・テラ・ビーチリゾート

このホテルは美しさではイルデパンナンバーワンのカヌラビーチにあるホテルです。壮大な1キロメートルの白い砂浜に囲まれていて、とっても素敵な立地のホテルです。

イルデパン島でも西側のビーチ沿いに位置するこのホテルの魅力の一つは日没の美しさでしょう。息をのむような壮大な眺めを堪能することができます。

また、このホテルが立地するカヌラビーチには時折ジュゴンやイルカといった大型の魚も遊びに来ます。海の水はとっても澄んでいるので浜辺からも彼らの姿を見ることができるかもしれません。

またこのホテルはとっても美味しいシーフード料理を出してくれるレストランがあります。おすすめの料理はもちろんシーフードです。特にこの地方で有名なのはパインズ・ロブスターです。ぷりぷりの身の触感を楽しんでください。

イルデパン島への行き方

イルデパン島はニューカレドニアの大都市ヌメアから国内線で移動してアクセスする方がほとんどです。まずはニューカレドニアのヌメアへの行き方をご紹介します。

日本からはエア・カレドニア・インターナショナル、通称エアカランとJALの共同運航便がありニューカレドニア一の大都市ヌメアへの直通便が出ています。

ヌメアまでの直通便が出ているのは関空と成田空港です。飛行時間は9時間ほどですから眺めのフライトです。しかしこれだけ飛行しても南にまっすぐ下るので時差はたったの4時間です。

時差ボケの調整をする必要がないので、日本から観光旅行で訪れる人たちにはとっても便利な旅行先になります。

ニューカレドニアのヌメアから目的地のイルデパン島までの行き方ですが飛行機が便利でしょう。ヌメアから100キロメートルの距離なので飛行時間もほんのちょっとであっという間にイルデパン島に到着します。

ヌメアからイルデパン島に行くためには国内線の飛行場、マジェンタ空港から向かいます。ヌメア市街から車で30分ほどのこのマジェンタ空港に向かって国内線に乗り換えます。

搭乗ゲートはたった一つだけのとっても小さな空港が、リゾート気分を醸し出しています。しかし小さいのでとってもわかりやすく便利です。

到着するイルデパン空港はさらに小さく、まるで緑の森の中に着陸するかのようです。その後はホテルの送迎車などに乗り込んでイルデパン観光の開始です。

ヌメラから日帰りでも行けるイルデパン島

このイルデパン島はニューカレドニアの大都市ヌメアから飛行機ではたったの30分です。ヌメアを拠点にしてイルデパン島へは日帰りで訪れるツアーもあります。

1日7便もイルデパン島へのフライトがあるので朝7時に出て、夜は午後6時頃の便で帰ってくればイルデパン島を堪能することができます。特にイルデパン島でしか食べれないエスカルゴを食べに行くツアーが大人気です。

Thumbヌメア観光の見どころ紹介!ビーチなどのおすすめスポットやグルメ満載!
ヌメアはニューカレドニアの最大都市です。最大都市ですがきれいなビーチがいっぱいあります。そん...

今すぐイルデパン島に行こう

ニューカレドニアのイルデパン島についてご紹介しました。天国に一番近い島との名称にぴったりの夢の様な島です。特にその海の持つ美しさは見る人を虜にしまた行きたくなることは間違いないでしょう。

今すぐに水着を準備してイルデパン島に向かいましょう。1年中温暖な島なのでどの季節でもきれいな海を堪能することができます。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
Canna

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ