難波のパン屋ランキング人気BEST13!早朝から営業の店あり!

食い倒れの町、大阪の難波には美味しいものがいっぱいです。そして大阪名物の粉物はたこ焼きやお好み焼き、うどんばかりではありません。難波はパン屋も激戦区です。こちらでは大阪の難波で人気のパン屋についてランキング形式でご紹介していきます。

難波のパン屋ランキング人気BEST13!早朝から営業の店あり!のイメージ

目次

  1. 1大阪・難波でおすすめのパン屋BEST13を大調査
  2. 2関西人はパンが好き
  3. 3大阪・難波で人気のパン屋第13位:高匠
  4. 4大阪・難波で人気のパン屋第12位:ダイヤ製パン
  5. 5大阪・難波で人気のパン屋第11位:なるコッペ
  6. 6大阪・難波で人気のパン屋第10位:サンドイッチマン
  7. 7大阪・難波で人気のパン屋第9位:ビッグビーンズ
  8. 8大阪・難波で人気のパン屋第8位:クックハウス
  9. 9大阪・難波で人気のパン屋第7位:とびら
  10. 10大阪・難波で人気のパン屋第6位:オリエンタルベーカリー
  11. 11大阪・難波で人気のパン屋第5位:パーネ・パーネ
  12. 12大阪・難波で人気のパン屋第4位:シャンピニオン
  13. 13大阪・難波で人気のパン屋第3位:ペック
  14. 14大阪・難波で人気のパン屋第2位:Bakery&Cafe CASCADE
  15. 15大阪・難波で人気のパン屋第1位:グーテ(Die Gute)
  16. 16大阪・難波で美味しいパンを買おう

大阪・難波でおすすめのパン屋BEST13を大調査

難波と言えば美味しいものがたくさんあるグルメの町です。粉物(こなもの)が有名な大阪ではたこ焼き、お好み焼き、うどんなども美味しいのですが、難波はパン屋の激戦区でもあります。こちらではそんな難波のパン屋についてランキング形式でご紹介していきます。

関西人はパンが好き

ランキングをご紹介する前に、関西のパンのレベルの高さについて少しご説明しましょう。実は関西人は日本各地と比較してパンが好きです。

これは、総務省統計局の調査で、パン支出額のランキングを見ると、1位神戸市、2位京都市、3位大阪市の順番であることからわかります。

たとえば、東京のパン屋のカフェに行ったとき、その客層は比較的若い世代でしょう。ところが神戸に行くと、パン屋のカフェには若い人もいますが、老夫婦が連れだってパンを食べに来ている風景をよく見かけます。

関西においてはパン食は若い人達だけのものでなく、かなり幅広い世代に浸透しています。そんな関西の難波のパン屋は大変クオリティーが高いのです。

Thumb天王寺のパン屋特集!行列ができる人気有名店などおすすめ情報が満載!
天王寺には美味しくて行列のできる有名パン屋がたくさん点在しています。天王寺駅周辺だけでなく、...

大阪・難波で人気のパン屋第13位:高匠

パンと言っても様々な種類があります。まずおすすめしたいのはこちらの食パン専門店の高匠です。食パンは日本特有のパンですが、最高品質の食パンをお求めの方におすすめです。

食パンは2斤分(1本)で700円です。素材にこだわり、30時間以上の仕込みの時間をかけて作っているので、やはりスーパーで販売されているパンと比べると安いものではありません。

食パンはフワフワと柔らかく、口に含んだ時の溶けるような食感は、生地のキメの細かさを感じます。

耳まで柔らかく、ほのかに香小麦の香りと甘みが特徴的で、何もつけなくても、トーストしなくてもとても美味しい食パンです。少しの味見のつもりで食べてみたらあまりの美味しさに1斤食べきってしまったという人も少なくありません。

高匠難波店は午前11時に開店で、午後9時に閉店になります。定休日はありません。しかしながら売り切れ次第閉店になりますので、ご注意ください。

大阪・難波で人気のパン屋第12位:ダイヤ製パン

ダイヤ製パンは1946年創業のサンドイッチの専門店です。店頭のショーケースにに並ぶサンドイッチは惣菜系からフルーツサンドまで数十種類もあります。

ダイヤ製パンのサンドイッチの食パンにははちみつが加えられており、ほのかな甘さとしっとりとしたくちどけが特徴的です。

たまごサンドやカツサンドなどの定番のものはもちろんおすすめですが、中にはチョコミントサンドというものがあったり、期間限定で大阪の人気店とのコラボサンドもあり、過去にはたこ焼きや老舗和菓子屋のあんこのサンドイッチもありました。

難波のダイヤ製パンの営業時間は難波の高島屋に準ずることになりますので、早朝営業はありません。営業時間は午前10時から午後8時までになります。

大阪・難波で人気のパン屋第11位:なるコッペ

こちらも大阪難波の高島屋に出店しているパン屋さんです。パン屋さんと言ってもワゴン車をイメージしたとても可愛らしい小さな店舗です。

こちらのパン屋さんの特徴は店名にもあるようにコッペパンの専門店であるというところです。コッペパンは惣菜系のもの、スイーツ系のものと種類も様々です。

シンプルなコッペパンにははみ出るほどのボリュームの具材が詰められており、それがずらりと並ぶショーケースを前に、どれにしようかと思わず迷ってしまいます。

惣菜系であれば、「パストラミ&マスカルポーネ」がおすすめですし、スイーツ系がお好きであれば、くりーむたっぷりの「ミルクコッペ」がおすすめです。ミルクコッペは1個160円という安い価格も魅力的です。

なるコッペの営業時間も高島屋難波店に準じますので、早朝営業はありません。営業時間は午前10時から午後8時までになります。

大阪・難波で人気のパン屋第10位:サンドイッチマン

難波のサンドイッチマンは店名の通りサンドイッチの専門店です。サンドイッチマンはパン屋というよりも、サンドイッチにこだわりがあるカフェです。

サンドイッチマンのサンドイッチのパンはトーストされたパンが使用されています。具材も卵やハムチーズなどの一般的なものもありますが、ステーキやポークジンジャーなどのボリュームがあるものがとてもおすすめです。

サンドイッチはもちろんテイクアウトをすることもできますし、サイドメニューにポテトやスープなどがあるのもおすすめのポイントです。

また、サンドイッチマンは早朝から営業をしているところにも注目です。こちらのお店は早朝8時半から午後7時半までの営業です。定休日はなく、年中無休です。

大阪・難波で人気のパン屋第9位:ビッグビーンズ

難波のビッグビーンズも難波の高島屋に入っているパン屋さんです。こちらははトレーとトングを持って好みのパンを選ぶ、典型的なパン屋のスタイルです。

こじんまりとした店舗ながら、パンの種類は豊富で、アンパンやピザトースト、デニッシュ、総菜パン、食パン、フランスパンなど人気のパンがずらりと並びます。

パンはいつも焼きたての物が店頭に並びます。焼きたてのパンは柔らかくふかふかです。パンのお値段もお安いものから少しお高いものまで、さまざまですので、その日の気分でパンを選べるのも魅力です。

ビッグビーンズの営業時間も高島屋難波店に準じますので、早朝営業はありません。営業時間は午前10時から午後8時までになります。

大阪・難波で人気のパン屋第8位:クックハウス

難波のクックハウスは1946年に大阪で創業した老舗のパン屋さんです。入口の近くにはサンドイッチなどの総菜系のパン、店舗内には焼きたてのパンが美しく並べられています。

実は先ほどご紹介したダイヤ製パンはクックハウスのサンドイッチ専門店でもあります。クックハウスは難波駅周辺に数店舗あり、気軽に立ち寄れるところもおすすめポイントの一つです。

クックハウスのパンは、オーソドックスなメニューから創作系のメニューも多く、フランスパンに明太子を合わせた「明太子フランス」などもおすすめです。

こちらのパンは安いもので1個150円くらいからのメニューがあります。創作パンも100円台の安いものが多いので、挑戦しやすいです。

難波にはクックハウスの店舗がいくつかあり、店舗によっては簡単なイートインスペースなどもありますので、そちらで焼きたてのパンをいただくのもおすすめです。

大阪・難波で人気のパン屋第7位:とびら

難波のとびらも実はクックハウスの系列です。とびらの店舗はまず入り口から可愛らしく、上部が半円になった、まるで絵本の世界のような入り口です。

店内に並ぶパンも可愛らしいものが多く、動物の顔をモチーフにした動物パンはとても可愛いです。

動物のパンは、動物の顔をしたもの、動物の刻印がおされているもの、犬(猫)の肉球の形をしたものと、インスタ映えしそうなパンがずらりと並びます。

パンの老舗が手掛けているパン屋ですので、見た目が可愛いだけでなく、美味しいのもとびらのおすすめポイントです。

子供を連れて行くと子供は大はしゃぎなのですが、オニオンチーズブレッドや季節のフルーツを使ったデニッシュなどの大人も大満足のパンが揃っています。

とびらは早朝から営業しています。営業時間は早朝8時から午後9時までです。通勤中や帰宅の際にも立ち寄れるのが魅力です。

大阪・難波で人気のパン屋第6位:オリエンタルベーカリー

美味しい物を安い価格で食べられるのが大阪グルメの醍醐味です。大阪ではパンに関してもやはり安い値段のお店が人気があります。

オリエンタルベーカリーはホテルやレストラン、病院などに業務用のパンを卸しているパン屋です。オリエンタルベーカリーは難波に工場があり、その工場内の直売店がとても安いと人気があります。

パン屋と言うわけではなく、パンの直売所ですので、おしゃれな陳列などはありませんし、店内も狭いのですが、パンの種類は多いです。

ほとんどのパンは100円ほどと言う安い価格で購入できるのですが、毎週金曜にはお買い得セールがあり、さらに安い菓子パン全品80円などいうイベントもありますので、大変おすすめです。

オリエンタルベーカリーも早朝営業をしています。オリエンタルベーカリーの営業時間は早朝8時から、午後5時半までです。

大阪・難波で人気のパン屋第5位:パーネ・パーネ

日本のパンはボルトガルから伝わったものだと言われていますが、食パンやあんパンをはじめ日本には日本特有のパンがたくさんあります。

メロンパンもそんな日本特有のパンの一つです。そしてパーネパーネは難波にある人気のメロンパンの専門店です。

パーネパーネのメロンパンは常に焼きたてなので、お店の前を通ると甘いバターの香りが漂っています。

メロンパンの外側の生地はカリカリで香ばしく、しっとりとした生地との食感のコントラストとバターの風味が絶妙です。

さらにパーネパーネのメロンパンには、通常のメロンパンに加え、イチゴメロンパン、チョコレートメロンパン、抹茶メロンパンなどがあり、カラフルなメロンパンはお土産にもぴったりです。

店内には簡単なイートインスペースがあり、メロンパンには追加料金を支払うと生クリームを乗せてくれます。パーネパーネの営業時間は午前10時から午後7時までで定休日は水曜日です。

大阪・難波で人気のパン屋第4位:シャンピニオン

シャンピニオンは難波の観光スポットの一つである「なんばグランド花月」の近くにあるパン屋さんです。

シャンピニオンは大きなパン屋さんではありませんが、店内はとにかく可愛らしく、まるで雑貨屋さんのようにパンがディスプレイされています。

シャンピニオンのパンは天然酵母を使った本格的なものですが、比較的お求めやすい、安い価格であるのもおすすめです。また、カヌレなどのフランス菓子も人気があります。

シャンピニオンも早朝から営業をしており、早朝8時から午後8時までの営業になります。近くには家庭用から業務用の調理器具がそろう「道具屋筋」などもありますので、お買い物を楽しむついでに立ち寄るのもおすすめです。

大阪・難波で人気のパン屋第3位:ペック

ペックといえば、1883年創業でイタリアのミラノに本店がある高級食料品店です。ミラノのドゥオモのほど近くにある本店は高級チョコレートや紅茶、ハムやチーズなどの総菜が売られている観光客やセレブに人気のお店です。

そんなペックのパン屋さんが難波の高島屋にあります。ペックはイタリアの老舗なので、パンの名前はイタリア風の名前が付いているものが多く、おしゃれな名前のパンが並びます。

イタリア風のパンも多数並んでいます。難波のペックではイタリア風のお惣菜もありますので、パンと一緒にぜひお試しください。

パンはもちろんおいしいのですが、ショーケースに並んでいるレーズンサンドもとてもおすすめです。レーズンサンドには「PECK」の刻印もされており、お土産にもぴったりです。

ペックはもともと高級食料品店ですので、やはりパンもとても安いというわけにはいきませんが、100円台のパンも多くありますので、ぜひ立ち寄ってみてください。

ペックの営業時間も高島屋難波店に準じますので、早朝営業はありません。営業時間は午前10時から午後8時までになります。

大阪・難波で人気のパン屋第2位:Bakery&Cafe CASCADE

前述の通り、関西にはパン好きが多く、その発祥は神戸と言われています。港町神戸には外国人居留地があったこともあり、パン屋の激戦区でもあります。

そんな激戦区の中でも人気のパン屋であるカスカードの店舗が難波にあります。それがBakery&Cafe CASCADEです。

Bakery&Cafe CASCADEは若者に人気のなんばマルイ店に入っています。とてもスタイリッシュな店構えはつい立ち寄りたくなる雰囲気です。

こちらのお店で扱われているパンは独創的でおしゃれです。種類もとても豊富なのですが、スイーツ系が特におすすめです。

Bakery&Cafe CASCADEの営業日はなんばマルイに準じますが、Bakery&Cafe CASCADEは早朝から開店しており、月曜日から土曜日までは午前8時から午後9時半まで、日曜、祝日は午前8時から午後9時までです。

大阪・難波で人気のパン屋第1位:グーテ(Die Gute)

難波でなんといってもおすすめなのはこちらのグーテです。グーテのパンはライ麦と麦芽糖を長時間発酵させた自家製天然酵母を使用しています。

可愛らしい店内に並ぶパンはなんと100種類以上です。小麦のうまみを感じられるシンプルなパンから、創作パンなど少し珍しいパンなども多く、毎日通いたくなるパン屋さんです。

また、パンはスイーツ系のパンやケーキ系のものもあり、スイーツ好きも注目のパン屋です。ハード系のパンはワインなどといただいてもよく合います。グーテは様々な好みや目的で行っても必ず最適な一品が見つかるパン屋です。

大阪・難波で美味しいパンを買おう

いかがでしたでしょうか、「パン」と一言にいっても、食パン専門店、サンドイッチ専門店、ペストリー系、ハード系など、お店によって様々な種類のパンがあります。気分や目的によって選択肢が多いのも難波のパン屋の特徴です。難波に来た際にはこれらのパン屋さんをめぐってみるのも楽しいでしょう。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
akkey

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ