エキスポシティの観覧車は日本一高い?料金や待ち時間など徹底調査!

大阪の万博公園のエキスポランド跡地にできた「エキスポシティ」。ランドマーク的存在なのが、日本一といわれている観覧車です。人気の観覧車は、ゴンドラにも工夫が凝らしてあり話題となっています。エキスポシティの観覧車を徹底解剖していきましょう!

エキスポシティの観覧車は日本一高い?料金や待ち時間など徹底調査!のイメージ

目次

  1. 1エキスポシティの観覧車は日本一!
  2. 2エキスポシティの観覧車のプロフィール
  3. 3エキスポシティの観覧車の高さ
  4. 4エキスポシティの観覧車のゴンドラの特徴1:シースルー
  5. 5エキスポシティの観覧車のゴンドラの特徴2:快適環境
  6. 6エキスポシティの観覧車のゴンドラの特徴3:ドリンクOK
  7. 7エキスポシティの観覧車のVIPゴンドラはすごい
  8. 8エキスポシティの観覧車の楽しみ方:記念撮影
  9. 9エキスポシティの観覧車の所要時間
  10. 10エキスポシティの観覧車の料金
  11. 11エキスポシティの観覧車の待ち時間
  12. 12エキスポシティの観覧車の予約
  13. 13エキスポシティの観覧車に割引はあるの?
  14. 14エキスポシティの観覧車の営業時間
  15. 15エキスポシティへのアクセス
  16. 16デートに使える大阪の3大観覧車
  17. 17エキスポシティの観覧車に乗りに行こう!

エキスポシティの観覧車は日本一!

大阪万博公園のエキスポランドの跡地に2015年にできた「エキスポシティ」。そのおよそ1年後の2016年に登場したのが、エキスポシティのランドマーク的存在となる「日本一の観覧車」です。何が日本一なのか、ゴンドラに隠された人気の秘密や料金、待ち時間など詳しく紹介していきましょう。

エキスポシティの観覧車のプロフィール

エキスポシティの観覧車の正式名称は「レッドホース オオサカホイール」。レッドホースは運営会社の名前です。この観覧車は、世界で初めて免震構造を採用した、日本初の国土交通大臣認定のお墨付き観覧車なのです。

鳴り物入りで登場したエキスポシティの観覧車は、今までの観覧車にはない様々な特徴があります。ユニークなスペックを紹介していきましょう。

エキスポシティの観覧車の高さ

エキスポシティの観覧車が日本一といわれているのは「高さ」です。世界で5番目の高さを誇る観覧車は、全高123メートルで、日本一の高さを誇る観覧車なのです。果たして123メートルとはどのくらいの高さなのでしょうか?

高さを比較するとすれば、”シン・ゴジラ”や茨城県の”牛久大仏”とほぼ同じくらい、といえばわかりやすいでしょうか?大阪の通天閣が100メートルなのですが、それよりも23メートルも高いのです。

エキスポシティの観覧車は、いずれにしても見上げると首が痛くなるほどの圧倒される高さというわけです。

お天気のいい日には、日本一の高さのビル「あべのハルカス」をも一望できる高さを誇っています。高所恐怖症の人にはかなり過酷な高さになるのですが、実は、この高さをより一層実感できる特徴が、この観覧車にはあるのです。

エキスポシティの観覧車のゴンドラの特徴1:シースルー

高さを最大限に体感できるのが、ゴンドラのシースルー構造です。観覧車のゴンドラまるごとシースルーというのは、非常に珍しいです。エキスポシティの観覧車は、すべてのゴンドラがシースルー構造となっているのです。

ゴンドラの床までもが、アクリル板を使用したシースルーなので、高所恐怖症の人はかなり怖い思いをすることでしょう。

高所恐怖症でない人でも、かたまってしまい身動きが取れなくなってしまうかもしれません。123メートルの頂上の高さに達したときには、開放感や爽快感とともに恐怖感もMAXとなりそうです。

こんな時は下を見ると余計に怖くなってしまうので、せっかくです、遠くの大阪の素晴らしい絶景を見て、高さを思う存分楽しみましょう。万博記念公園の太陽の塔も眼下に見下ろせます。

どうしても怖くてたまらない方も安心してください。エキスポシティの観覧車では、足元に敷くマットを用意してもらうことができますので、遠慮なく事前にお願いしておきましょう。

エキスポシティの観覧車のゴンドラの特徴2:快適環境

観覧車のゴンドラは、窓の開閉もできない密室空間となります。エキスポシティの観覧車は、各ゴンドラには冷暖房を完備しているので、どの季節に乗車してもとても快適です。ゴンドラ内では、ゆったりと座れる広々とした座席にて、ゆとりのある空間で過ごせるようになっています。

エキスポシティの観覧車のゴンドラの特徴3:ドリンクOK

観覧車のゴンドラ内は、飲食禁止というのがほとんどですが、エキスポシティの観覧車は、食べ物はNGですがドリンクは持ち込みOKなのです。

ドリンクホルダーも用意されていますので、お気に入りのドリンクを持ち込んで、のんびりとくつろげるのがうれしいです。最後にごみを持ち帰るのをお忘れなく。

エキスポシティの観覧車のVIPゴンドラはすごい

エキスポシティの観覧車には、たった2基しかない豪華なVIPゴンドラがあるのです。このVIPゴンドラは、通常のゴンドラに比べてゆったりとした仕様になっています。

ゴンドラの内装は、ソファのようなくつろげる座席シートやLEDライトの床面など、ラフジュアリーで特別な空間を過ごせるようになっているのです。

通常のゴンドラは6名定員ですが、このVIPゴンドラは4名定員となっていて、乗車料金は一人当たりの料金制ではなく、1ゴンドラで8000円というゴンドラごとの料金となっています。

エキスポシティの観覧車の楽しみ方:記念撮影

エキスポシティの観覧車は、ここまで紹介してきたゴンドラの特徴や高さなど、ワクワクするような楽しめる要素がたくさんあります。その中の一つに記念写真撮影があります。

乗車する前に記念撮影スポットがあり、そこでスタッフが撮ってくれた写真を、乗車後に購入できるというものです。とてもきれいな写真で記念になるので、家族やカップルで乗車した記念に購入するのもいいでしょう。

エキスポシティの観覧車の所要時間

日本一の高さを誇るエキスポシティの観覧車は、一周するのに何分かかるのでしょうか?観覧車は大きさにもよりますが、平均しておよそ15分ほどといわれています。エキスポシティの観覧車は、少し長めの18分となっています。

東京で一番大きいといわれている、葛西臨海公園の観覧車で17分です。というわけで、現在、エキスポシティの観覧車は高さだけでなく、所要時間も日本一長いのです。

エキスポシティの観覧車の料金

エキスポシティの観覧車には、3種類の料金チケットがあります。「当日チケット」「ファスト10チケット」「VIPチケット」の3種類です。他に、障がい者割引や団体割引のチケットがあります。

「当日チケット」は、通常のゴンドラに乗車できる、当日のみ有効のチケットです。Webと窓口のどちらでも購入できます。

Webで購入すると、チケットカウンターに並ぶことなく乗車できるのでおすすめです。料金は1人1000円で、4歳以上は同じ料金となっています。

「ファスト10チケット」は、通常のゴンドラに、日時を指定して乗車できるチケットです。混雑時でも10分程度の待ち時間で乗車できるので、当日待ち時間が長くなっている時にはおすすめです。

翌日以降のチケットも、日時を指定して購入することができます。料金は1人1500円で、4歳以上は同じ料金となっています。

「VIPチケット」は、2基のみしかないVIPゴンドラに、日時を指定して乗車できるチケットです。こちらの料金は、ゴンドラ1基につき8000円となっています。他にシャンパンやスパークリングワインの付いたチケットもあります。

エキスポシティの観覧車の待ち時間

実際のところ、エキスポシティの観覧車の待ち時間はどのくらいなのでしょうか?オープン時には80分待ちなどとなっていたこともありましたが、現在は土日祝でも、平均して20分から30分待ちくらいだそうです。

やはり土日祝は混雑していることが多いようですが、平日は比較的空いているようで、少ない待ち時間で乗車できます。一日の中では、夜にはカップルの乗車が増えるので混雑して待ち時間が長くなっているようです。

エキスポシティの観覧車の待ち時間は、リアルタイムで公式サイトにて確認することができます。待ち時間をあらかじめ確認してから乗車することができるので、時間を有効に使えてとても便利です。

エキスポシティの観覧車の予約

エキスポシティの観覧車は、予約ができるのです。前の料金のところで紹介しましたが、「ファスト10チケット」と「VIPチケット」は予約ができるチケットなのです。どちらも事前に日時を指定して予約ができます。

エキスポシティの観覧車は、公式HP( http://osaka-wheel.com/ )にて予約をして購入することとなります。日時を指定して予約をすれば、10分ほどの待ち時間で乗車することができます。

Web購入をすれば、当日は待ち時間も少なく、チケットカウンター前を通り抜けてスムーズに乗車できるので、おすすめです。「当日チケット」もWeb購入ができますので、混雑時にはチケットカウンターに並ばなくて良いので是非とも利用しましょう。

当日の乗車時には、QRコードが必要です。QRコードはスマホの画面の提示か、印刷したものが必要なので、スマホからの予約がスムーズで便利です。

エキスポシティの観覧車に割引はあるの?

エキスポシティの観覧車には、割引チケットはないのでしょうか?ファミリーで乗るとなると出費もかさみますので、割引料金で少しでも安く乗れると嬉しいです。

エキスポシティの観覧車は、「ジョルダンクーポン」というクーポンサイトから、割引クーポンを手に入れることができます。会員登録なども必要のない無料のクーポンサイトとなっていますので、使いやすくておすすめです。

この割引クーポンを使用すると、当日料金1000円が、100円割引の900円となります。チケットカウンターでの購入時に割引クーポンの画面を見せるか、割引クーポンを印刷したものを持参することで割引料金でチケットを購入することができます。

この割引クーポンを使用する際は、当日チケットカウンターで購入する場合に限られます。Web購入には使えないので注意が必要です。

エキスポシティの観覧車の営業時間

エキスポシティの観覧車の営業時間は、朝10時から夜23時までとなっています。当日のチケットの購入は22時40分までとなっています。観覧車は夜景の楽しめる夜の乗車に人気がありますが、夜は23時まで営業しているので、ゆっくりと楽しめます。

エキスポシティへのアクセス

エキスポシティへのアクセスは、モノレールの利用が便利です。大阪モノレールの万博記念公園駅からエキスポシティへは、徒歩約2分となっています。

エキスポシティへお車を利用の際は、約4100台の駐車場があります。平日と土曜日は2時間まで無料で、お買い上げ金額によってそれ以降の無料サービスが受けられます。日祝は駐車場の無料サービスはありません。

エキスポシティは、土日祝は駐車場が大変混雑しているので、公共交通機関の利用をおすすめします。

Thumbエキスポシティの駐車場料金や混雑状況を調査!周辺に穴場はある?
大阪府吹田市にあるエキスポシティは人気のあるスポットで週末になるとたくさんの人が訪れます。エ...

デートに使える大阪の3大観覧車

大阪には大きいデートに人気の大きい観覧車が3基あります。「HEP FIVEの観覧車」「天保山の大観覧車」「エキスポシティの観覧車」の3つです。それぞれに特徴もあり、カップルに関するいろいろなジンクスもあります。大阪の3大観覧車を比較してみましょう。全部制覇するのもおすすめです。

HEP FIVE観覧車

「HEP FIVE観覧車」は、大阪梅田の中心地のHEP FIVEの最上階にある、大阪梅田のランドマーク的存在の赤い観覧車です。観覧車の直径は75mですが、ビルの7階にあるので、高さは約106mあります。

ゴンドラは4名乗りが52基で乗車時間は約15分間、料金は600円です。こちらもゴンドラ内は冷暖房完備なので快適です。

”カップルで乗ると別れる”というジンクスがあるという噂のあるHEP FIVE観覧車ですが、実際はいかがなものでしょうか?

住所 大阪府大阪市北区角田町5-15 HEP FIVE
電話番号 06-6366-3634

Thumb梅田の観覧車(HEPFIVE)は観光やデートにもおすすめ!場所や待ち時間は?
この記事では、梅田にある『HEPFIVE』の観覧車の魅力をお話しします。HEPFIVEは、梅...

天保山大観覧車

「天保山大観覧車」は、大阪で人気の水族館「海遊館」のある天保山ハーバービレッジにある世界最大級の観覧車です。高さは112.5mあり、ゴンドラは 8名乗りが60基で最大480名が乗れます。

乗車時間は約15分で料金は800円です。こちらにもシースルーゴンドラが8基あります。料金は一般ゴンドラと同じです。

天保山大観覧車も同じく、”カップルで乗ると別れる”というジンクスが存在するようです。ジンクスが噂になるということは、人気のデートスポットであるということの現れなのでしょう。

住所 大阪府大阪市港区海岸通1丁目1-10
電話番号 06-6576-6222

Thumb海遊館隣「天保山大観覧車」の料金や高さは?夜景はデートにもおすすめ!
海遊館は大阪でもおすすめの観光地です。夜になるとライトアップされおすすめの夜景を楽しむことが...

REDHORSE OSAKA WHEEL

「REDHORSE OSAKA WHEEL」がエキスポシティの観覧車です。高さ123メートル ゴンドラは6名乗りが70基、4名乗りのVIPゴンドラが2基で、最大424名が乗れます。乗車時間は18分で料金は1000円です。

エキスポシティの観覧車には、特にあまり良くないジンクスは存在しないようです。それどころか逆にREDHORSE OSAKA WHEELは、全国各地にあるプロポーズする場所にふさわしい場所と言われている”恋人の聖地”に選定されているのです。

不安なカップルは、エキスポシティの観覧車をデートに選んでみるのもいいかもしれません。やはり観覧車にはいろいろなジンクスがつきもので、永遠の定番のデートスポットなのでしょう。

住所 大阪府吹田市千里万博公園2-1
電話番号 06-6170-3246

エキスポシティの観覧車に乗りに行こう!

エキスポシティの観覧車の周辺には、ららぽーとやニフレル、アニポなど、話題の施設がたくさんあります。レストランも様々な種類のものがあり、一日中楽しめるレジャースポットとなっています。たっぷりと1日遊んだ後の最後の締めくくりに、日本一の観覧車を楽しむのはいかがでしょうか?

関連記事

Noimage
この記事のライター
guc

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ