「ニフレル」は大阪エキスポシティで人気の新スポット!魅力や楽しみ方を紹介!

大阪のエキスポシティにあるニフレルというミュージアムをご存知でしょうか?ニフレルは大阪の水族館で有名な海遊館がプロデュースした施設でまるでアートのように生き物を見ることができる人気の観光スポットです。ニフレルの魅力や楽しみ方をご紹介しましょう。

「ニフレル」は大阪エキスポシティで人気の新スポット!魅力や楽しみ方を紹介!のイメージ

目次

  1. 1大阪のニフレルはおすすめの観光スポット!
  2. 2大阪にあるニフレルとは?
  3. 3大阪のニフレルへのアクセス1:電車
  4. 4大阪のニフレルへのアクセス2:車
  5. 5大阪のニフレルの料金
  6. 6大阪のニフレルの営業時間
  7. 7大阪のニフレルへの入場
  8. 8大阪のニフレルの見どころ
  9. 9大阪のニフレルのテーマ1:いろにふれる
  10. 10大阪のニフレルのテーマ2:わざにふれる
  11. 11大阪のニフレルのテーマ3:すがたにふれる
  12. 12大阪のニフレルのテーマ4:つながりにふれる
  13. 13大阪のニフレルのテーマ5:うごきにふれる
  14. 14大阪のニフレルのテーマ6:みずべにふれる
  15. 15大阪のニフレルのテーマ7:ワンダーモーメンツ
  16. 16大阪のニフレルでお土産を買おう!
  17. 17ニフレルでおすすめのお土産
  18. 18ニフレルでランチをしよう!
  19. 19ニフレルのフォトスポット
  20. 20ニフレルで生きものとのつながりを考えよう!

大阪のニフレルはおすすめの観光スポット!

大阪の万博記念公園にあるエキスポシティにあるニフレルという施設は観光スポットとしてとても人気があります。大阪市内にある海遊館がプロデュースした施設で、生きているミュージアムとしてデートにもおすすめのスポットです。大阪のおすすめ観光スポットであるニフレルについて詳しくご案内しましょう。

大阪にあるニフレルとは?

大阪にあるニフレルという施設は大阪で有名な海遊館という水族館がプロデュースしている施設で、これまでにない新しい形の施設です。まるでアートを楽しむかのように生きものを観察することができて、これまでの水族館や動物園とは違った魅力を感じることができる施設です。

施設全体がまるでアートのような空間になっていて、新感覚のこれまでにないミュージアムを体験することができます。大阪の観光スポットとしてとても人気があります。デートにもおすすめのスポットで、ゆっくりと観察をしながら素敵な空間を楽しみましょう。

ニフレルのコンセプトは「感性にふれる」でそのコンセプト通り、生きものの美しさを堪能することができる施設です。最新技術が導入されて、展示方法もニフレルの独創的な展示になっていますので、まるでアート作品を見ているかのような気分になります。

様々な生きものを間近で見ることができて、グラフィック的な作品を見ているかのようです。ニフレルは3階建てになっていて、7つのゾーンに別れていますのでそれぞれの魅力をご案内しましょう。

大阪のニフレルへのアクセス1:電車

大阪にあるニフレルのアクセス方法をご紹介しましょう。まず電車の場合は最寄駅が大阪モノレールの万博記念公園駅になります。ここから徒歩2分なので大阪モノレールを利用すると便利です。

大阪モノレールへの乗り継ぎというのは、阪急京都線の場合は南茨城駅から大阪モノレールに乗り継いで約5分です。阪急宝塚線の場合は蛍池駅から約16分、阪急千里線の場合は山田駅から約3分かかります。

地下鉄御堂筋線の場合は千里中央駅から約6分、地下鉄谷町線の場合は大日駅から約16分、京阪電車の場合は門真駅から約18分、大阪空港の場合は約17分かかり、万博記念公園駅で下車しましょう。

Thumb大阪でピクニックならココ!デートにおすすめの穴場スポットもあり!
大阪には、ピクニックのできるおすすめの公園がたくさんあります。大阪のピクニックのできる公園に...

大阪のニフレルへのアクセス2:車

大阪のニフレルにお車で行かれる際のアクセス方法をご紹介しましょう。お車の場合は名神高速道路、近畿自動車道の吹田ICで降りてすぐのところにあります。または、中国自動車道の中国吹田ICからすぐです。

駐車場は万博公園エキスポシティにありますのでそちらを利用しましょう。駐車料金は30分200円かかりますが、ニフレルに入館すると2時間無料になり、エキスポシティ内でショッピングされるとその金額によって割引があります。

週末や祝日は混み合いますので公共の交通機関を利用されていかれることをおすすめします。ニフレルに最寄のバス停もありますので、バスで行くことも可能です。

大阪のニフレルの料金

大阪のニフレルの料金をご案内しましょう。16歳以上の大人は1900円、小中学生は1000円、3歳以上は600円となっています。3歳以下の幼児は無料です。また、カップルにおすすめなのはペアチケットで、夕方17時以降の入場で2人で3500円とお得です。

デートでニフレルを訪れた際には夕方17時以降であれば是非ペアチケットを購入しましょう。ペアチケットは16時から19時まで販売していて、17時から19時までの入場になっています。団体様の場合は団体割引もありますので問い合わせてみましょう。

大阪のニフレルの営業時間

ニフレルの営業時間は朝10時から夜8時までで、最終の入館については閉館時間の1時間前までになります。営業時間については季節によって多少変動しますので、ニフレルの公式ホームページで確認されてから行かれることをおすすめします。

定休日はありませんので年中無休でいつでも楽しむことができます。ただし、年に1回は設備の点検が行われますので、臨時休業する場合があり、毎年1月中旬くらいから下旬くらいになっていますのでこの時期に行かれる方は注意しましょう。

ニフレルは午前中が混雑しますので空いている時に行きたいという方は午後からがおすすめです。さらにゆっくりと見たいという方は16時以降がおすすめです。公式ホームページではリアルタイムの混雑状況を見ることができますので是非活用してみてください。

大阪のニフレルへの入場

大阪のニフレルへの入場は一度入場しても当日なら何回でも再入場することはできますので、日中訪れて夕方もう一度再入場するのもおすすめです。ニフレルは17時半以降になると照明が少し落とされてサンセット版になります。

また、18時半以降はナイト版に変わり、サンセット版よりもさらに照明が暗くなりますので違った雰囲気を味わうことができます。自然界では日中、夕方、夜では環境が変化しますので、生きものに同じような環境を提供するためにこのようになっています。

日中と違った生きものたちの様子を観察することができますので夕方以降に訪れるのもおすすめなので、デートで足を運んでみませんか?日中訪れても係員の方に申し出ると手の甲にスタンプを推してくれて再入場することができますので是非利用してみましょう。

大阪のニフレルの見どころ

大阪のニフレルには様々な見どころがあります。ニフレルは「感性にふれる」というコンセプトどおり、照明や音楽、映像、個性的な造形物など全てが融合され、これまでにない空間を作っています。インスタレーションという空間展示が見どころとなっています。

ニフレルは7つのテーマに分かれていて、各テーマごとに違う世界を体験することができます。生きもののいのちと個性が表現されていて、子供はもちろん大人も感性豊かになることができます。素敵な空間なので観光スポットとしてはもちろん、デートにもおすすめです。

大阪のニフレルのテーマ1:いろにふれる

大阪のニフレルには7つのテーマがありますが、まずその1つ目のテーマは「いろにふれる」です。こちらは入口からすぐのところにあるゾーンで、入ってすぐに幻想的な風景を見ることができます。綺麗な色の魚たちが円筒形の水槽を泳いでいてうっとりします。

心地よい音楽が流れていて、7パターンの色が変化して部屋を彩ります。13台もの水槽には色鮮やかでカラフルな魚たちが泳いでいてその幻想的な美しさに言葉を失ってしまいます。室内の色が変化することによって水槽の雰囲気も変わります。

カラフルな魚たちは南の海の魚たちですが、それ以外にもクラゲやイソギンチャクも見ることができます。13台の水槽には蓋がついていませんので、どこから見ても透明の水中を泳いでいる美しい魚たちの姿を観察することができます。デートで訪れたカップルにもおすすめのスポットです。

こちらのゾーンではカラフルな魚を見ることができます。皆さんご存知のニモで有名なカクレクマノミやナンヨウハギ、ルリスズメダイやキイロサンゴハゼ、デバスズメダイなど赤や青、黄色の色鮮やかな魚たちを見ることができます。

大阪のニフレルのテーマ2:わざにふれる

大阪のニフレルのテーマの2つ目は「わざにふれる」です。生きものたちの個性的なわざを見ることができるゾーンで、魚たちが持っている妙技を目の前で観察することができるのでとても楽しいゾーンです。ニフレルの飼育員さんによる解説もあります。

魚が水を噴く様子や砂に隠れる様子など魚たちのわざを体感してください。周りの色と同じ色に変化する魚もいますのでとても興味深く見ることができます。魚たちは生きていくために様々なわざを持っていますがなかなか見る機会はありません。

ニフレルではそのわざを目の前で見ることができるのでお子様にもおすすめの人気スポットです。大きな魚を間近で見ることができるので迫力満点です。まるでラボのような空間で、長方形の水槽が並べられた明るい雰囲気の空間です。

こちらのゾーンではタイミングが合うとキュレーターと呼ばれる飼育員さんがサメに餌をやる様子も観察することができます。こちらのゾーンでは約30種類の水生生物が展示されていますので、面白いわざを近くでじっくりと観察してみましょう。

子供達に人気なのはドクターフィッシュです。この魚は古い角質を食べてくれますので指を入れるとドクターフィッシュが集まってきてかじりついてきます。ドクターフィッシュはいつも人気があり人だかりになっていますので是非楽しんでみてください。

大阪のニフレルのテーマ3:すがたにふれる

大阪のニフレルのテーマの3つ目は「すがたにふれる」です。こちたのゾーンでは不思議な姿の生きものを見ることができます。生きものの美しい造形物と個性が調和する様子はとても魅力的でアーティスティックな雰囲気を感じることができます。

ミノカサゴやヘコアユ、ニシキアナゴ、フグ、ダイオウグソクムシなどの変わった形をした生きものは近くで観察するととても不思議な姿です。淡い光に照らされた生きものの姿はとても美しいのでじっくりと観察してみましょう。

光のドットが美しい空間に大きな四角い水槽が並んでいて、普通の水族館と違った展示方法が生きものの個性をひきたたせています。生きものの不思議な姿が浮かんでいる水槽はとても魅力的で訪れた人を魅了しています。

全面ガラス張りになった壁はまるで不思議な空間がどこまでもどこまでも続いていくかのように感じます。運がいいとビックベリーシーホースの餌やりを見ることができて、まるでホースのような口で餌を食べる様子を観察することができます。

大阪のニフレルのテーマ4:つながりにふれる

大阪のニフレルのテーマの4つ目は「つながりにふれる」です。こちらのゾーンでは壁と床に2面のスクリーンを用いて迫力満点の立体映像を楽しむことができる人気のエリアとなっています。私たちが生きている環境について考えるゾーンでお子様の教育にもおすすめです。

動植物と人間の違いや相関関係を学ぶことができますのでこれをきっかけにつながりについて色々と考えてみてはいかがでしょうか?シアターの上映時間は約5分なので是非ご覧下さい。動物も人間も同じ生きものだということを教えてくれる映像です。

映像を見終わった後はこれまで観察してきた生きものたちを思い起こしてみてとても感慨深いものになることでしょう。ニフレルの観光に深みを増してくれる映像になっています。デートで訪れた方も是非シアターをご覧ください。

大阪のニフレルのテーマ5:うごきにふれる

大阪のニフレルのテーマの5つ目は「うごきにふれる」です。こちらでは人工的空間に動物が自由に動き回る様子を見ることが出来ます。普通の動物園とは違う雰囲気で、小川が流れていて、可愛らしい動物を観察することができるので人気のエリアになっています。

織がありませんので、生きものが自由に元気いっぱい飛び回っていてかわいい動物を間近で見ることができますのでおすすめです。人気のカピパラやワオキツネザル、ケープペンギン、ビーバー、アナホリフクロウなどを見ることができますのでデートにもおすすめです。

こちらのゾーンのコンセプトは生きものたちの遊び場となっていて、生き生きと遊んでいる動物たちはとても可愛いのでニフレルの人気エリアというのも納得です。動物と一緒に楽しく過ごすことができる楽しいエリアなので是非足を運んで観察してみてください。

頭上をワオキツネザルが飛び回っていたりしてとても可愛らしい姿を見ることができます。モモイロペリカンが羽を広げる姿は圧巻でお子様にも大人気です。ニフレルでも人気の新体感ゾーンは観光スポットとして是非おすすめです。

フクロウも頭上を飛び交っていますので頭上には注意してください。こんなに生き生きと飛び回っている動物を見るときっとニフレルの観光の良い思いでとなることでしょう。

大阪のニフレルのテーマ6:みずべにふれる

大阪のニフレルのテーマの6つ目は「みずべにふれる」です。こちらのゾーンではみずべの生きものをたくさん観察することができます。こちらのエリアで一番人気なのはホワイトタイガーです。ホワイトタイガーはとても美しくひと目見ると言葉を失うくらい神的な美しさです。

間近で観察することができるので、迫力満点で圧倒されてしまいます。他にはカラフルな熱帯魚やカエルなどの爬虫類を観察することができます。ホワイトタイガー以外にもミニカバやイリエワニなどはニフレルでも大人気です。

普通の動物園ではこんなに間近で見ることができない動物も至近距離で見ることができて、息をしている音まで聞こえるくらいの大迫力を味わうことができます。ニフレルでもメインのエリアになっていますのでじっくりと観察してみましょう。

大阪のニフレルのテーマ7:ワンダーモーメンツ

大阪のニフレルのテーマの7つ目はワンダーモーメンツです。こちらは1階と2階を貫いて吹き抜けているホールに直径5メートルの球体が浮かんでいて、とても美しい空間が広がっています。その球体の下には直径8メートルもの円形スクリーンがあります。

アーティストである松尾高弘氏が描いたとても不思議な空間アートは自然を表現していて、まるで宇宙にでもいるかのような不思議な感覚になります。映像は球体はもちろん、床にも映し出されますので子供達にも大人気です。

こちらの空間では地球というのは命にあふれた星であることを実感することができて、幻想的な風景を見ていると時間が止まっているかのように感じます。デートで訪れた方は二人の時間をゆっくりと楽しむことができるエリアです。

10分間で17シーンが展開され、まるで光が踊っているかのように感じられます。映像と音楽の素晴らしい融合によって生み出された光のアートは一見の価値ありなので、観光で訪れた時には是非ゆっくりと楽しんで下さい。

大阪のニフレルでお土産を買おう!

観光でニフレルを訪れた際には是非お土産を買って帰りましょう!スーベニアショップNIFREL NIFRELというお土産屋さんが入っていますのでこちらに是非立ち寄ってみましょう。お土産におすすめの様々な商品が販売されています。

こちらのお土産屋さんでは外からも入ることができますので、後でお土産を購入しようとするときにも便利です。お土産に人気のお菓子やぬいぐるみの他にも様々なグッズが販売されていてどれにしようか迷ってしまいます。

こちらのお土産屋さんの商品はほとんどがニフレルオリジナルになっていて、観光に訪れた記念に是非お土産を選んでみてはいかがでしょうか?デートで訪れた方にはペアの小物もおすすめです。お土産で人気なのはお菓子やTシャツなどで、お子様には文房具のお土産が人気です。

ニフレルでおすすめのお土産

ニフレルに観光やデートで訪れた際には是非お土産を購入して帰りましょう。ニフレルでおすすめのお土産はホワイトタイガーがついたお土産です。他には動物のモチーフの耳かきや文房具のお土産が人気です。デートで訪れたカップルの方にはお揃いのマグカップなどはいかがでしょうか?

ニフレルでランチをしよう!

観光やデートでニフレルを訪れた際に疲れた場合は「ピクニックカフェEAT EAT EAT」でランチを楽しみましょう!こちらは「みずべにふれる」エリア内にあり、ランチ以外にカフェも楽しむことができます。ホワイトタイガーなどの猛獣を見ながら食事をすることができるので観光やデートの思い出になること間違いなしです。

メニューも色々と揃っていますのでお好みでチョイスしてください。ベジタブルサンドなどの軽食から平日限定のランチセットまで揃っています。座席も100席ありますので動物を見ながらゆっくりとくつろぐことができます。

キッズスペースもありますので小さいお子様連れの方にもおすすめです。こちらのカフェで一番のおすすめはEATING WATERです。こちらは数量限定で250円で販売されていて、ニフレルでしか味わうことができない変わったメニューなので是非チャレンジしてみましょう。

食べ方は爪楊枝でおもいっきり皮を割るとゼリーのような丸い物体がでてきますので、スプーンでいただきます。まさに「食べる水」という食感で、少し甘みがあるつるっとした食感を是非お楽しみください。

食べる水はニフレルオリジナル商品であり、ワゴンで販売されていますので、観光やデートの思い出に是非買ってみましょう。原材料はゲル化剤と水と砂糖でシンプルな材料なのでお子様でも安心していただくことができます。

ニフレルのフォトスポット

ニフレルのフォトスポットは2ヵ所あります。まず1つ目は2階の「うごきにふれる」エリアにあり、壁から突き出したワニと一緒に記念撮影をすることができます。デートで訪れた方には楽しい写真が撮れますので是非おすすめします。

2つ目のフォトスポットはニフレルカメラです。全てのゾーンを回り終えると最後にあるフォトスポットで、ニフレルオリジナルの楽しい写真をとることができます。団扇の形の金属棒を持った人同士が触れ合うことによって自動的にシャッターが降ります。

日本ではニフレルでしか撮ることが出来ないフォトサービスなので是非チャレンジしてみましょう。後ろには動物が写っていて、タイミングを合わせながら写真を撮ると楽しい記念撮影になることでしょう。写真は1枚1000円で購入することができます。

ニフレルで生きものとのつながりを考えよう!

いかがでしたでしょうか?ニフレルはこれまでにない生きたミュージアムで、大阪観光で訪れた際には是非おすすめの観光スポットです。これまでの水族館や美術館、動物園では味わうことができない生きものとアートとの融合を体験することができます。是非ニフレルで生きものとのつながりを考えて感性を豊かにしましょう!

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
maki

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ