Cal Pep(カルペップ)はバルセロナの人気バル!おすすめメニューを紹介!

バルセロナにあるCal Pepは人気の名店です。タパスを食べさせてくれるだけでなくその独創的な料理と一皿一皿に込められたオーナーシェフのペップさんの気持ちが地元の人に大人気です。そんなCal Pepのおすすめメニューをご紹介します。

Cal Pep(カルペップ)はバルセロナの人気バル!おすすめメニューを紹介!のイメージ

目次

  1. 1バルセロナの人気バルCal Pepのご紹介
  2. 2バルセロナの人気バルCal Pepの魅力
  3. 3バルセロナの人気バルCal Pepへの行き方
  4. 4Cal Pepで食べられるタパスとは
  5. 5Cal Pepの人気メニューその1:地中海風イカと野菜のマリネ
  6. 6Cal Pepの人気メニューその2:手長エビのライス添え
  7. 7Cal Pepの人気メニューその3:ししとうのから揚げ
  8. 8Cal Pepの人気メニューその4:ラペ・フリオ・ラメンタ
  9. 9Cal Pepの人気メニューその5:アルメハス・コン・ジャモン
  10. 10Cal Pepの人気メニューその6:マグロのタルタル
  11. 11Cal Pepの人気メニューその7:イカとアーティチョークのミント風味
  12. 12Cal Pepの人気メニューその8:マテ貝のグリル
  13. 13Cal Pepの人気メニューその9:トルティーヤ
  14. 14Cal Pepの人気メニューその10:小エビのアヒージョ
  15. 15Cal Pepの人気メニューその11:パエリア
  16. 16Cal Pepの人気メニューその12:白身魚のビーツ巻き
  17. 17Cal Pepの人気メニューその13:パスタ
  18. 18バルセロナの人気のバル・Cal Pepの口コミでの評判
  19. 19バルセロナで人気のバル・Cal Pepの店舗情報
  20. 20バルセロナの人気バル・Cal Pepは予約もできる
  21. 21Cal Pep以外のバルセロナの人気のバル
  22. 22バルセロナに行ったならCal Pepへ行ってみよう

バルセロナの人気バルCal Pepのご紹介

スペインの港町、バルセロナで一番人気でおすすめのバルがここでご紹介するカルペップ(Cal Pep)です。バルセロナの有名観光スポットのピカソ美術館などからも近く地元の人のみならず、世界中からバルセロナに訪れる観光客にも大人気のバルです。

レストランの中でもバルというスタイルをとっているこのお店は気楽に入店できるスタイルのお店です。素材に対するアプローチも伝統的なものから斬新的なものまで様々です。

基本的には本格的な地中海料理を提供してくれるお店なのでシーフードのタパスがたくさんあります。メニューの種類も豊富でオーナシェフのペップさんのテイストがお店の隅々まで浸透しているお店です。

ここではこのバルセロナの一番人気のバル、カルペップをご紹介していきたいと思います。おすすめの人気のメニューやその他のお店の情報などをお届けしたいと思います。

バルセロナの人気バルCal Pepの魅力

このバルのオーナーのペップ氏はとても腕のいい料理人ですが、彼がこだわっているのがタパス、そしてバルというスタイルです。

このこだわったスタイルのなかで自由に、そして独創的な料理を提供しているのがこのバルセロナのバル、カルペップの魅力の一つです。

このカルペップの料理のコンセプトは新鮮さで明るい料理、そして複雑すぎない簡潔なシンプルな料理です。必然的に素材にこだわった料理になっていきます。

その新鮮さがまず現れるのはこのカルペップのシーフードです。エビや魚や貝類といった新鮮な魚介類をシンプルな料理で食べますがその中にはこのカルペップならではの独創性もみられます。それがこのバルが地元の人たちにも大人気の理由です。

バルセロナの人気バルCal Pepへの行き方

次にこのカルペップへのアクセス方法をご紹介します。バルセロナでは大人気のレストランカルペップは、ここバルセロナの中で最も観光客が多く訪れる地域にあります。

特に人気の高いピカソ美術館からは歩いてたったの3分の距離です。もし地下鉄などで移動するときにはこのピカソ美術館を目指していくといいでしょう。

カルペップまで行くときの一番近い地下鉄の駅は、L4の路線のハメイ1世駅(Jafume I)です。そこからまずはピカソ美術館を目指して歩いていきましょう。

ピカソ美術館が左手に見えてきたら、そのまま直進していきます。そのまままっすぐ行くと小さな路地があります。そこを入っていくと長蛇の行列が出きているバルが見えてきます。これがこの店の目印になっています。ハメイ1世駅からは徒歩でも6分から10分ほどの距離です。

Thumbピカソ美術館のチケットは予約がおすすめ!展示作品の見どころも紹介!
二十世紀最大の画家といわれるのがパブロ・ピカソです。生涯に残した作品も多く、ピカソの作品を集...

Cal Pepで食べられるタパスとは

バルセロナの有名シェフであるペップ氏がこのカルペップでこだわっているのがタパスというスタイルのスペイン料理です。タパスというのはいわば一品料理、おつまみといった表現がぴったりの料理です。

そんなタパス料理のお店がバルと言われる場所です。一皿一皿が小さいので、いろいろな料理を食べることができるのがこのタパスです。

バルセロナの街中にはこのタパスをだべることができる食堂、バルがたくさんあります。数あるタパスメニューの中から好きなもの2,3品選んでワインと一緒に会話を楽しむ、それがこのタパスを食べる、楽しむバルの特徴です。

タパスを食べればスペインの食文化を知ることができます。スペインに来たならぜひこのタパスを食べに行ってみることをおすすめします。

Cal Pepの人気メニューその1:地中海風イカと野菜のマリネ

ではここから、バルセロナの人気バル、カルペップの人気メニューをご紹介していきたいと思います。最初にご紹介するのがイカと野菜の地中海風マリネです。

地中海沿岸で採れた新鮮な野菜を小さく切ったものとイカのマリネです。野菜はズッキーニ、ナス、赤唐辛子、ピーマンです。

それらの野菜を同じ油を使いながら別々に炒めていきます。次に玉ねぎを揚げてそこに、ブラックオリーブ、炒めた野菜、ニンニク、トマトソースを加えて沸騰させます。そこに白ワインを加えてかぐわしい香りをつけることになります。

そこにまた別のフライパンでイカを炒めます。イカは炒めすぎないように注意して絶妙な硬さになるまで炒めます。最後にそのイカと野菜のソースを絡めて出来上がりです。とても手の込んだ料理です。

Cal Pepの人気メニューその2:手長エビのライス添え

この料理は地中海産の美味しい手長エビの魅力を最大限に引き出す料理方法の一つです。ニンニクと唐辛子の香りをつけたオリーブオイルに細かく切った玉ねぎを加えてさらにトマトソースを加えます。

そこに手長エビと白ワインを加えて一煮立ちさせたらエビの香ばしい香りもそこに加わります。そこでいったんエビを取り出してお米を加えます。そうすればエビと野菜の香りがたっぷりついた美味しいライスの出来上がりです。

最後に手長エビがそこに加えらえてまた火を入れます。これで手長エビのライス添えの出来上がりです。

手長エビの味もおいしいですが、ヨーロッパ独特のライスの香りにぴったり合った料理です。エビの香りのつついたライスも魅力の一つです。おすすめの一品です。

Cal Pepの人気メニューその3:ししとうのから揚げ

次にご紹介するカルペップの人気メニューは、しし唐のから揚げです。もちろん日本のしし唐とはちょっと形が違い、形はちょっと太めです。

見た目はちょっと辛そうですが、全く辛くはありません。バルセロナの人たちが必ずといっていいほどの定番のタパスです。このカルペップでも人気のメニューの一つです。

調理方法はとってもシンプルで簡単な料理です。バルセロナの市場で買ったパドロンというしし唐を多めのオリーブオイルで炒めるように揚げて、焦げ目がつくまで焼いたら最後につぶしたニンニクをあえて軽く炒めて完成です。

不思議なことにただの素揚げなのにお店によって味は違うそうです。しかしその中でもこのカルペップのしし唐の素揚げは絶品だそうです。このバルセロナでも一番美味しいしし唐の素揚げを食べられるということで評判です。

Cal Pepの人気メニューその4:ラペ・フリオ・ラメンタ

次にご紹介するのはさっぱりとした味がバルセロナの人たちにも人気の料理、ラペ・フリオ・ラメンタです。ラぺはアンコウ、メンタはミントのことです。

日本でも人気の深海魚がカルペップでも人気のメニューの一つです。調理はとてもシンプルで素材の味を最大限に生かした料理方法です。

ミントの葉、アンコウに塩コショウとニンジンを加えて沸騰させます。それを冷蔵庫で冷やしておいて、別に作ったミントとニンニクの香りを付けたオリーブオイルを合わせてお皿にきれいに盛り付けします。

サラダ感覚で食べることができるメニューなので、トマトなどほかの野菜と合わせて出されることもあります。このアンコウとミントの香りがしっかりとのったオリーブオイルと野菜の味がまた美味しいのでこのカルペップでもおすすめの料理の一つでおすすめです。

Cal Pepの人気メニューその5:アルメハス・コン・ジャモン

アルメハスというのはアサリのことです。そしてジャモンというのは生ハムのことです。アサリの料理といえば日本人にとっては酒蒸しがまず思いに浮かびますが、このカルペップでのアサリ料理を食べればこの生ハムとアサリの相性の良さにびっくりします。

アサリの出汁と生ハムの味に加えてニンニクの利いたオリーブオイルの味の組み合わせは美味しすぎです。一度このカルペップのアサリ料理を味わったらその味の虜になるかもしれません。

そのスープの味を最大限に味うためにはバケットなどのパンも一緒に注文するといいでしょう。アサリの身を食べた後は、その残った汁にパンを浸して食べるのがスペイン流です。カルペップとバルセロナの海の幸を最後まで堪能するための良い方法です。

Cal Pepの人気メニューその6:マグロのタルタル

このカルペップの人気メニューの一つには日本人にも食べなれた味があります。それがこのマグロのタルタルです。スペインでも有数の漁港があるバルセロナでは質の高いマグロもたくさん入ってきます。そんなマグロを使った料理です。

このマグロのタルタルは生のマグロを赤みを玉ねぎやオリーブオイルなどに粒マスタードやバルサミコ酢、ケッパーなどをあわせて作ったタルタルです。このカルペップではバケットと一緒に出されています。

スペインでの料理に食べ飽きた人たちにはこの料理は、ちょっと箸休めになるかもしれません。醤油の味ではないので最初の一口はちょっと違和感を感じるかもしれませんが、すぐにそのおいしさに気づきます。特にスペインの白ワインや辛口のスパークリングワインとの愛称も抜群です。

Cal Pepの人気メニューその7:イカとアーティチョークのミント風味

スペインではミントが良く料理に使われます。この料理も新鮮なイカをアーティチョークと炒めてミントで香りづけをしたスペイン風の味付けです。

オリーブオイルにベイリーフとミントそしてニンニクとグローブを加えて弱火で炒めて香りをオリーブオイルに移します。そこに細かく刻んだニンジンを入れるといろ添えもばっちりです。

そこに輪切りにしたイカを入れて炒めます。白ワインも加えるとオリーブオイルとイカの味そしてワインの味が組み合ったバルセロナ定番の味が出来上がりです。

普通のレストランではここで終わりですが、このカルペップではここにカルペップのブイヨンが加わります。このブイヨンがさらに味にコクを加えて美味しさを増します。シンプルなシーフード料理でカルペップでも定番のタパスです。

Cal Pepの人気メニューその8:マテ貝のグリル

次にご紹介するカルペップの人気メニューがマテ貝のグリルです。スペイン語ではナバハス・ラ・パンチャといいます。ナバハスがマテ貝のことでパンチャというのがフライパンのことで、日本風でいえば鉄板焼きという料理のジャンルになります。

マテ貝はこのバルセロナでも人気の貝は大人気の定番料理となっています。貝そのものの味が美味しいのでこった料理というよりもタパスといったシンプルな料理で食べる方が人気です。

バルセロナでもカルペップでもシンプルにフライパンで焼いてそこにオリーブオイルとニンニクに香草を加えたものを最後に、マテ貝にまぶして食べられます。

シンプルな海の香りにマテ貝の触感が加わってとっても人気の料理の一つでおすすめです。地元のおじさんたちはこのマテ貝と白ワインを美味しそうに食べています。

Cal Pepの人気メニューその9:トルティーヤ

次にご紹介するバルセロナでも人気のバル、カルペップの人気メニューはトルティーヤです。トルティーヤとは主にスペイン語圏の国々で食べられているトウモロコシを原料としたパンです。

メキシコの定番料理としても知られていますが、もとは中南米の先住民の料理でそれがスペインにも入って来てこのカルペップでは定番の人気料理となっています。

このカルペップのトルティーヤは中にオリーブオイルで揚げたポテトが入っています。それをさらに卵で包んでガーリック風味のマヨネーズを塗って食べます。

スペイン語圏ではどこでも食べることができるトルティーヤですが、このカルペップのトルティーヤはとっても独創的でまるで別の料理の様です。このバルセロナでも歴史に残る料理の一つともいうことができるでしょう。おすすめです。

Cal Pepの人気メニューその10:小エビのアヒージョ

最後にご紹介するのが小エビのアヒージョです。スペイン語で小さなニンニクという意味があるこの料理はスペインのどこでも食べることができる定番料理です。

その名前の意味通り、オリーブオイルとニンニクでいわば煮込んだような料理です。その中でも人気なのが小エビのアヒージョです。

ゆっくりと小エビを煮込んだらそのエビの味と香りがじっくりとオリーブオイルに流れていきます。そのエビの香りが美味しいオリーブオイルを一緒に提供されたパンに浸して食べるとこの小エビのアヒージョの味を満喫することができることでしょう。

このカルペップならず、スペインに来たなら生ハムと並んでぜひ食べていただきたい地元の料理の一つです。調理方法もとっても簡単なので日本に帰ってから自分で料理をしてみることもできるでしょう。

Cal Pepの人気メニューその11:パエリア

バルセロナに来た観光客のほとんどすべてが食べるといっても過言ではない料理がパエリアです。もはや日本でも定番になってきたこの料理ですが、まだまだ本場の味に近いお店は日本でも少ないでしょう。

そんな中でもこのカルペップのパエリアはシーフードパエリアの中でも抜群の評判を誇っています。もともとシーフードが得意なこのバルのパエリアはもちろん新鮮なシーフードを使っています。

魚介類の海の幸の味と、パエリアのサフランライスの風味がぴったりマッチしています。加えて、シーフードパエリアの場合は甲殻類の殻の香ばしい香りがその味を引き立たせています。このカルペップのパエリアもバルセロナでは欠かせない定番メニューの一つです。

Cal Pepの人気メニューその12:白身魚のビーツ巻き

次にご紹介するのがこのバルセロナで数多く水揚げされている白身魚、メルルーサです。このメルルーサはあまり食用の魚としては知られていませんが、実は食用にかなりつかわれている魚です。

このメルルーサはタラに煮た淡白な白身魚でどんな料理にも合う万能の食材です。このカルペップではまずこのメルルーサをちょっと苦みのあるビーツの葉っぱで巻きます。

そのメルルーサをオーブンでゆっくりと白ワインとオリーブオイルやコショウで蒸し焼きにします。20分ほどの時間をかけているので出来上がった魚の身は本当にふんわりとしています。

最後にこの上にキノコ、ニンニク、そしてパセリをオリーブ油で炒めたソースをかけます。このソースとの相性がぴったりです。ビーツとメルルーサ、そしてキノコ風味のソースが食い合わさると本当に美味しいです。

Cal Pepの人気メニューその13:パスタ

カルペップのメニューを見ているとPastaと書かれたメニューを目にするかもしれません。しかしこのパスタは日本人が思うパスタとは違います。

スパゲッティでもなく、イタリア語のパスタのようなものでもありません。小麦粉を原料とした薄いシートのようなものです。そこに様々な具材を包み込んで焼き上げるパイのような料理です。

そのパスタ類のなかでもおすすめはキノコとエビのパスタです。このパスタを作るために皮はフィロペストリーと呼ばれていますが、キノコとエビを油で炒めてブランデーを少し加えたものが中に入れる具です。

フィロペストリーにこれ巻き込んでオーブンで表面がカリカリになるまで焼き上げます。その後エビの頭などでダシをとったソースと合わせ、提供される料理です。

バルセロナの人気のバル・Cal Pepの口コミでの評判

このバルセロナでも大人気のバル、カルペップは行列のできるバルとしても日本人の間でもとっても有名です。実際の訪れた方たちの口コミでの評判は同でしょうか?いくつかお知らせします。

どの口コミも高評価ばかりです。しかし高評価な分行列を待つことは覚悟しておかなければならないでしょう。このバルに行ってみるとスペインのタパスが世界中の人に愛されていることがよくわかります。

料理はもちろんのことお店の雰囲気やサービスもとっても高い評価です。バルというお店の性質上もともとカジュアルで地元の人たちにとっては憩いの場のようなものです。

お店の人も一緒に行列に並んでいるお客さんたちも気軽に話し合っているとってもフレンドリーな雰囲気が口コミでも人気の理由の一つの様です。

バルセロナで人気のバル・Cal Pepの店舗情報

バルセロナに訪れる人たちが大満足して帰っていく、このカルペップですがそのお店の営業時間などの店舗情報をお知らせします。

ヨーロッパのレストランの多くは日本とは違いしっかりと定休日をとるものですが、このカルペップも同様です。

毎週日曜日は定休日になります。そして月曜日のランチはお休みで営業はディナーのみの午後7時30分から11時30分となっています。また8月の最後の3週間はお休みです。

火曜日から金曜日までは通常営業です。ランチの営業時間が午後1時から午後3時45分までです。ディナーの営業時間は午後7時30分から午後11時30分となっています。

また日曜日の営業時間はランチは午後1時15分から午後3時45分です。ディナーの営業時間は午後7時30分から午後11時30分となっています。

バルセロナの人気バル・Cal Pepは予約もできる

バルセロナの名店カルペップは行列覚悟の人気店ですが実は予約をすることもできます。店の奥にテーブル席がありその席は予約可能です。

ただ少人数では受け付けておらず、最低4人から20人のグループならテーブル席を予約することができます。予約方法は簡単で、電話で予約をするかメールで予約をすることができます。

予約したい日付と時間、そして人数を知らせたメールを送れば、予約可能かどうかの返信メールが届くことでしょう。ただメールだと時間がかかる場合があるので来店当日に予約したい場合は電話予約の方が無難でしょう。

ただ、お店の雰囲気を味わいたいなら予約ができないカウンターテーブルがおすすめです。シェフのペップさんの指示を出す大きな声もこのお店の魅力の一つだからです。

Cal Pep以外のバルセロナの人気のバル

バルセロナには人気のバルがいっぱいあります。もともとは観光客のためではなく地元の人たちの空腹満たすための場所なので街のいたるところにあるのも当然です。

そんな中でもCal Pepは頭一つ出ている感じですが他にも美味しいおすすめのバルはいっぱいあります。その一つがセルべセリア・カタラーナです。どのタパスにも決して外れは無いといわれている評判のよいお店です。

別のおすすめのバルはイラティという名前のバルです。ここのバルはピンチョススタイルです。ピンチョスというのは小さく切ったパンに少量の食べ物がのってそれに爪楊枝がさしてあるものです。

ワインを飲みながら好きなピンチョスを選んで食べた分だけ最後に支払います。ピンチョスは一定料金なので値段もわかりやすくて観光客にお大人気のお店です。

Thumbスペインでバル巡り!定番のおすすめ料理は「タパス」と「ピンチョス」!
スペインを旅したらぜひ立ち寄ってみたいバル。できることならおすすめのタパスやピンチョスなどの...

バルセロナに行ったならCal Pepへ行ってみよう

バルセロナには美味しいレストランがたくさんありますがその中でも一押しがこのカルペップです。

もともとは地元の人たちが集まるバルでしたが、今ではその名は世界中に知られ行列必須の名店になっています。

小皿で出てくる一品料理はどれも手の込んだ丁寧な料理ばかりで満足するものばかりです。シェフの心遣いとこだわりがよくわかるレストランです。

次にこのバルセロナに行く機会があるならば、ぜひこのカルペップに行く予定を立ててみてください。

スペイン産の白ワインを片手にこのカルペップで午後のひと時を過ごせば、バルセロナの旅行の醍醐味を味わうことができるでしょう。

関連記事

Original
この記事のライター
Canna

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ