アムステルダム国立美術館の見どころや有名作品は?予約方法や行き方もチェック!

アムステルダム国立美術館は大変有名な美術館でオランダでも最高の美術館としてアムステルダム国立美術館は知られています。有名な絵画が揃っているアムステルダム国立美術館の見どころや行き方、そして予約チケットの購入方法などお伝えします。

アムステルダム国立美術館の見どころや有名作品は?予約方法や行き方もチェック!のイメージ

目次

  1. 1オランダのアムステルダム国立美術館
  2. 2アムステルダム国立美術館はオランダでトップの美術館
  3. 3アムステルダム国立美術館の場所
  4. 4新しくなったアムステルダム国立美術館
  5. 5アムステルダム国立美術館の見どころ1:2階の名画中の名画
  6. 6アムステルダム国立美術館の見どころ2:2階の他の名画
  7. 7アムステルダム国立美術館の見どころ3:1階のゴッホ
  8. 8アムステルダム国立美術館の見どころ4:0階はアジア作品がたくさん
  9. 9アムステルダム国立美術館の見どころ5:カイパース図書館
  10. 10アムステルダム国立美術館の営業時間
  11. 11アムステルダム国立美術館の入館料
  12. 12アムステルダム国立美術館のアプリ
  13. 13アムステルダム国立美術館への行き方
  14. 14アムステルダム国立美術館への空港からの行き方
  15. 15アムステルダム国立美術館のチケット
  16. 16アムステルダム国立美術館のチケット予約
  17. 17アムステルダム国立美術館のチケット予約はウェブサイトで
  18. 18アムステルダム国立美術館へ入館時に見せれば良い
  19. 19アムステルダム国立美術館のチケット日本語予約
  20. 20アムステルダム国立美術館の所要時間
  21. 21アムステルダム国立美術館は見どころが沢山
  22. 22アムステルダム国立美術館でオランダの芸術に触れましょう

オランダのアムステルダム国立美術館

オランダにあるアムステルダム国立美術館は世界中でも有名な美術館で、オランダ首都のアムステルダムにあります。特にオランダ絵画においては大変素晴らしく、オランダで最高の美術館とされています。そのアムステルダム国立美術館の入館チケットの予約の仕方や開館時間、見どころや行き方なども合わせてお伝えします。

Thumbオランダ旅行で行きたい観光名所まとめ!絶景の有名スポットや世界遺産が多数!
オランダはチューリップや水車で知られる旅行におすすめのスポットですが、観光名所はそれだけでは...

アムステルダム国立美術館はオランダでトップの美術館

オランダにあるアムステルダム国立美術館は、もともとは1800年にハーグで行われたナショナルアートギャラリーがはじまりで、1808年にナポレオン1世がアムステルダムに移し、その後1885年に今ある場所になりました。

更にその後、つい最近ですが2004年に改修工事がスタートし、2013年にようやく工事が終わり、今の姿となって再び開館しました。

アムステルダム国立美術館はオランダの芸術の黄金時代と言われる十七世を中心とした絵画がすごく沢山あり、有名なレンブラントの夜警や、フェノールの有名な作品を展示しています。

別名ライクスミュージアム

アムステルダム国立美術館はアムステルダムでは一般的にライクスミュージアムと呼ばれ、その名のほうが浸透していて、誰もがライクスミュージアムと認識しています。市内にあるバス停やトラムの乗り場の名前もライクスミュージアム(Rijksmuseum)と書かれています。

アムステルダム国立美術館へ行く際に、トラムの乗り場やバスで行く時など、どれに乗れば良いか迷ったときは、アムステルダムミュージアムと言うよりも、ライクスミュージアムと聞いた方がスムーズに伝わり、一般的な呼び名より、地元の呼び名で聞いた方がアムステルダムの人達も喜ぶので、もし場所や道を聞く場合はライクスミュージアムと聞いた方が良いです。

アムステルダム国立美術館の場所

アムステルダム国立美術館はオランダの首都アムステルダムのミュージアム広場と呼ばれるところにあります。この広場はアムステルダムの美術館が集まる場所で、アムステルダム国立美術館の横にはオランダを代表する画家の一人であるゴッホの美術館があり、アムステルダム国立美術館同様に人気の美術館です。

そして市立近代美術館があり、ここだけでも一日中オランダの芸術と芸術の歴史を見る事ができ、世界的にも有名な芸術作品を見ることができる、オランダアムステルダムの芸術が集まる場所にアムステルダム国立美術館はあります。

新しくなったアムステルダム国立美術館

10年近い改修工事が無事に終わったアムステルダム国立美術館は、0階から3階まであって、全部で4つのフロアがあります。デザインはカイペハスで、アムステルダム中央駅も作った方が手がけています。

各フロアには沢山の名画や作品が展示されていて、0階は入口になりチケットの販売所や、カフェ、お土産さん、館内の見どころを説明し案内もするマルチメディアの貸出エリア、図書館などがあり、いつもたくさんの人達で賑わっています。

2階は見どころばかりのフロア

アムステルダム国立美術館の見どころは沢山あって、どの作品もおすすめですが、その中でも、アムステルダム国立美術館の顔でもあるフェノールとレンブラントの作品がある2階は特に人気で、見どころの中の見どころと言ってもいいほどおすすめです。

2階の奥に行くとアムステルダム国立美術館の一番の見どころであり顔でもある夜警ギャラリーがあり、そこにはレンブラントの代表作品であり、アムステルダム国立美術館でもっとも有名で人気のある作品の夜警が展示されています。

その他に名誉の間とよばれる場所にはゴッホが、この絵を1週間見続けていれるなら寿命が10年縮んでも良いと言ったと言われる作品やフェノールの有名な作品も展示されています。

I amsterdamは人気の撮影スポット

アムステルダム国立美術館の南側にはI amsterdamの文字のオブジェがあります。これは改修の時に作られ、改修後からアムステルダム国立美術館に来た記念としても観光客の記念撮影をするスポットにもなっていて訪れる方がいつもここで記念撮影をしています。

アムステルダム国立美術館の見どころ1:2階の名画中の名画

沢山の見どころが詰まってるアムステルダム国立美術館の中でも特に見どころの作品が展示されているのが2階です。2階に上がるとすごく綺麗なステンドグラスの窓があり、訪れる方の多くが写真を撮る撮影スポットにもなっています。

そして2階には名誉の間と夜警ギャラリーがあり、特にと言うより、確実に誰もがじっくりと見学するフロアで、誰もが一度は教科書や、何かで見たことのある作品が展示されています。

名画揃いの2階

特に夜警ギャラリーに展示される「夜警」はレンブラントの代表作品です。世界三大名画に数えられる名画中の名画であり、アムステルダム国立美術館の顔と言っても良いほどの作品で、この作品を目的にアムステルダム国立美術館に訪れる方も大勢います。

2階の名誉の間

名誉の間にはレンブラントの他の作品も多く展示されていて、ゴッホも気に入っていた「ユダヤの花嫁」や、レンブラントの晩年の作品であり最後の集団肖像画として有名な「織物商組合の見本調査官たち」が展示されています。その他にフェノールの作品も展示していてアムステルダム国立美術館の一番の見どころです。

フェノールの作品は贅沢にも4つの作品が展示されています。日本でも特に有名で、ファンも多いフェノールの作品では、特に有名な代表作品である「牛乳を注ぐ女」をはじめ、世界で2作品しかない大変珍しく貴重なフェノールの風景画の「デルフトの小路」他に「恋文」「手紙を読む青衣の女」が展示されています。

アムステルダム国立美術館の見どころ2:2階の他の名画

2階の名誉の間には他にもヤーコプの「ワイク•バイ•ドゥールステーデの風車」やフランス•ハンスの「庭園の夫婦」ヤン•ステーンの「愉快な家族」など、数多くの作品が展示されていて、どの作品も見どころといって良い作品があります。

そして2階には他にルーム2.8にはレンブラントの自画像があったりと、レンブラントがまだ若い時の作品がたくさん展示されています。

絵画以外にも展示されている

他にも2階には、デハフト陶器をはじめ、鏡や彫刻など、様々な作品が多く飾られているため、じっくりと見学することができます。人気の作品が多くある2階ですので特に人が多い時間等、じっくりと見れない時は、他の作品を見ながら、人が少なるのを待つのも良いです。

アムステルダム国立美術館の見どころ3:1階のゴッホ

アムステルダム国立美術館の隣にはゴッホ美術館があるのですが、アムステルダム国立美術館にもゴッホの作品が展示されています。

1階には、そのゴッホがフランスにいた時に描いた自画像をはじめ風景画やゴッホのスケッチなど、多くのゴッホの作品が展示されています。

もちろん、他にもルーム1.12にあるセン•ウィレム•ピーネマンの「ワーテルローの戦い」など、ほかのルームにも数多くの有名な作品が展示されています。

アムステルダム国立美術館の見どころ4:0階はアジア作品がたくさん

0階はアムステルダム国立美術館に入館する時の階ですが、この0階には、もちろん絵画も展示されていますが、アジアの作品がメインとして展示されています。

その中でも仁王像は日本の京都大覚寺の僧侶が開眼式を行った像でもあって、日本人には見どころと言って良い作品です。

アジア各地の作品が並んでいるため、親しみやすい部分もあり、どこかで見た記憶のある作品もあったりします。

0階は施設もたくさんある

0階はチケット販売所の他に、日本語に対応したマルチメディアを貸してくれる場所や、アムステルダム国立美術館の人気の絵画がプリントされた色々なグッズを販売してるショップ、休憩にもおすすめのカフェなど色々な施設があります。

特にミュージアムショップでは、人気の絵画がプリントされたお土産が多く、エコバッグなどは、金額も14ユーロくらいなので人気があり、アムステルダム国立美術館のロゴのエコバッグは4ユーロとかなり安く、さらに使い勝手抜群と言う事でかなり人気です。

休暇におすすめのカフェ

アムステルダム国立美術館の0階のカフェは、大変便利で、見どころが沢山あるアムステルダム国立美術館では、全部をじっくり見るとなると3時間はかかるので、結構立ちっぱなしというのもあり、休憩にもおすすめです。

インフォメーションセンターにあるパンフレットも日本語のものがあるので、それを見たり、フリーWi-Fiもあるため大変おすすめです。

アムステルダム国立美術館の見どころ5:カイパース図書館

カイパース図書館はアムステルダム国立美術館にある図書館で、ものすごい膨大な量の美術関係の本がびっしりと、棚に美しく並べられていて、図書館を見るだけでも十分見ごたえがあり、美術館の図書館のイメージがそのままあるような空間です。

このカイパース図書館は、大変綺麗で美しい図書館でオランダで最も美術史の本がある図書館です。

アムステルダム国立美術館の営業時間

アムステルダム国立美術館の営業時間は午前9時から午後5時までとなっています。そしてアムステルダム国立美術館は大変珍しく、年中無休の美術館で、休館日がありません。

そして、アムステルダム国立美術館に行くのにおすすめの時間ですが、午前11時から午後2時は避けたほうが良いです。この時間は訪れる観光客も大変多く、見どころの作品を見るのも大変な事が多いため、この時間以外の時間に行くとゆっくりと見学できるのでおすすめです。

アムステルダム国立美術館の入館料

アムステルダム国立美術館の入館料ですが大人の料金は17.5ユーロで、19才以下は無料となっています。そして日本語対応のマルチメディアが5ユーロで、アムステルダム国立美術館に行った際に日本語のガイドがほしければ借りると良いです。しかし、マルチメディアのガイド以外に無料アプリがあるので、そのアプリを使用するのをおすすめします。

アムステルダム国立美術館のアプリ

アムステルダム国立美術館のアプリは大変おすすめです。館内の作品の案内をしてくれるのですが、日本語にも対応していて、もし見学の時間があまりないけど、メイン的な作品だけでも見たいという方には特におすすめのアプリです。

このアプリは、無料ですので、オランダに旅行に行きアムステルダム国立美術館に行くと言うならダウンロードしておくと良いです。ガイドコースがありメイン的な作品だけを見るコースを案内してくれるアプリで、45分のコースと90分のコースが用意されていて、案内通りに進んでいけば、アムステルダム国立美術館の見どころのみを見学できます。

アムステルダム国立美術館への行き方

アムステルダム国立美術館への行き方ですが、一番便利で、わかりやすい行き方はオランダのアムステルダム市内を走るトラムを使って行く行き方が一番おすすめです。

特にアムステルダム中央駅のところには市内を走るバスやトラムの乗り場が沢山集まっているので、中央駅から近いホテルに宿泊していたら、すごく便利です。

中央駅のところから行くならトラムの番号は2番か5番のトラムに乗るのが一番良い行き方です。この2つのトラムの乗り場はB乗り場です。

2番のトラムに乗るなら行き先はNieuw Slotenに行くトラムに乗り、5番のトラムで行くならAmstelveen Binnenhot行きのトラムに乗るとよく、どちらもRijksmuseumで下車します。ちょうどアムステルダム国立美術館の正面に降りるので行き方としては2番と5番のどちらかに乗って行く行き方をおすすめします。
​​​​​

7番10番でも大丈夫!

トラムでの行き方では、2番と5番を使っての行き方だけでなく7番のトラムと10番のトラムでも行けます。行き方は簡単でSpiegelgrachtで下車して数分歩きますが、アムステルダム国立美術館のすぐそばで降りれます。他にアムステルダム国立美術館の隣のゴッホ美術館からも行けます。
 

アムステルダム国立美術館への空港からの行き方

市内からの行き方はトラムが一番便利でおすすめですが、オランダに行きスキポール空港から直接アムステルダム国立美術館へ行く場合の行き方ですが、スキポール空港からは以前は197番でしたが今は397番のバスに乗ります。だいたい50分くらいでRijksmuseumのバス停につきます。

アムステルダム国立美術館のチケット

オランダを代表する美術館のアムステルダム国立美術館のチケットの予約方法ですが、アムステルダム国立美術館のチケットは当日美術館に行って直接購入する方が多いです。

アムステルダム国立美術館でチケットを予約せずに行っても購入するにはそれほど時間もかからず、たいてい10分くらい並べば購入できるので、予約せずに行く方の方が多いです。

しかし、列ぶのが嫌だったり、オランダ旅行でできるだけ時間を無駄にしたくない方や、観光シーズンで混雑してる時は予約していると、ほぼ列ばずに入館できます。

予約チケットは一年有効

チケットを予約したいけど、日時がはっきりしないなどあっても大丈夫です。アムステルダム国立美術館のチケットは予約購入すると、購入した日から1年有効なので、余裕を持って購入できますし、購入さえすれば1年間であればいつでも入館できます。訪れる時にチケットをプリントアウトして行くか、スマホに保存しておけば入館できます。

アムステルダム国立美術館のチケット予約

オランダのアムステルダム国立美術館のチケットの予約方法ですが、アムステルダム国立美術館の公式のウェブサイトから予約購入できます。

チケットの予約はアムステルダム国立美術館の公式のウェブサイトから購入するか、日本語でチケットの予約購入ができるサイトで購入でき、他に美術館のフリーパスチケットを購入したりといくつか購入方法があります。

アムステルダム国立美術館のチケット予約はウェブサイトで

アムステルダム国立美術館のチケットを事前に予約しておく方法は公式のウェブサイトにアクセスしチケット予約購入をするのですが、まずチケットの種類と枚数を選択します。Select your titickt(s)のところでTickt Typeとあるのでチケットの種類のEntrance adultかEntrance up to 19yearsで必要枚数を選択します。​​​

19才までは無料ですが入場者で19才以下がいれば、無料であっても必要枚数を入力してください。枚数の入力が終わったら下にあるAdditional tickets(s)のMultimedia tourが必要であれば選択しますが、公式のアプリをダウンロードしておけば必要はないです。

個人情報を入力

チケットの枚数を入力したら、次に個人情報えお入力します。入力欄の横に※印のある欄だけ入力すれば、問題なくチケット予約購入ができます。

チケットの枚数を入力し、個人情報を入力したら、下にチェック欄があって、四角のところにチェックをいれます。これは利用規約に同意するかどうかのチェック欄で同意しないと購入はできません

チェックしたらVerifyをクリックし、入場チケットの種類と枚数を確認して、Paymentをクリックして支払方法選択とカード情報を入力します。支払いが完了すれば、登録したメールアドレスにチケットのPDFファイルが届きます。

アムステルダム国立美術館へ入館時に見せれば良い

予約購入したチケットは、プリントアウトして、当日にアムステルダム国立美術館の予約チケットを購入したレーンを進み渡すか、それかスマホに保存しておいて入館時に見せれば、そのまま入館できます。プリントアウトしたものを持っていなかったり、スマホに保存してなかったら、チケットを購入しないとダメなので忘れずにスマホに保存しておくと良いです。

アムステルダム国立美術館の入口のレーンは2つ

アムステルダム国立美術館の入館レーンは2つあります。アムステルダム国立美術館の南側にあるI amsterdamの文字のオブジェがある方からアムステルダム国立美術館に入ると右のレーンはチケットを購入する人達が通るレーンになっていて、VISITORS WITH OUT TICKETと書いています。

そして、チケットを予め予約で購入していた場合は左のレーンで、VISITORS WITH TICKETと書かれたレーンを通ります。こちらのレーンは列んでいる人も少ないので、チケットを事前に購入していれば、ほぼ列ばずに入館することができます。

アムステルダム国立美術館のチケット日本語予約

アムステルダム国立美術館のチケットの予約サイトは英語ですが、日本語で予約できるサイトもあります。公式のサイトでGET YOUR GUIDEだと日本語でチケットの予約ができ、支払いもユーロではなく日本円でできます。チケットの代金はそれほど変わらず2500円で購入することができます。

このサイトで購入した場合も、アムステルダム国立美術館へ行く時に忘れずに持っていってください。入館時に見せればそのまま入館することができます。

アムステルダム国立美術館の所要時間

オランダでも一番の美術館で、80の展示室があり8000点という美術品があるアムステルダム国立美術館では、オランダを代表する画家と作品が展示されています。

実際見どころと言えば、全てが見どころではありますが、アプリを使ったガイドツアーなどでは、その中でも特に見どころの作品を見てまわれるようになっています。

しかし、出来ればアムステルダム国立美術館で展示されている作品全てをじっくりと見る事をおすすめします。全てを見るとなれば、3時間は必要と言われていますが、十分に見る価値のある作品ばかりが揃っています。

アムステルダム国立美術館は見どころが沢山

アムステルダム国立美術館は、見どころが沢山あり、絵画だけでもすごい量の絵画が展示されています。そしてその他にも、オランダの黄金時代と呼ばれる17世紀の生活がわかるドールハウスも展示されていて、一番古いもので1676年作られたドールハウスがあります。

他に彫刻や船の模型など、細部まで見事に再現された物も沢山あり、十分に見応えのある空間があります。

アムステルダム国立美術館は写真撮影可能!

アムステルダム国立美術館では沢山の名画が展示されているため写真撮影など禁止と思ってしまいますが、フラッシュが禁止というだけで、写真撮影する事ができます。

好きな画家の名画の前で記念撮影や、その名画の写真や他にある彫刻や陶器などの美術品も写真に納める事ができます。フラッシュを使わなければ大丈夫ですので、アムステルダム国立美術館の中にある撮影スポットで記念撮影してみるのもおすすめです。

アムステルダム国立美術館でオランダの芸術に触れましょう

オランダで最高峰と言われるアムステルダム国立美術館は80の展示室と8000点と言われる美術品があますことなく展示しています。その素晴らしい作品や名画はオランダに行くならぜひ見ておくべきと言ってもおかしくないです。オランダの素晴らしい芸術の時代の作品をしっかりと見に行ってきましょう。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
Barista Sho

新着一覧

最近公開されたまとめ