デルフトの観光名所&人気のお土産まとめ!オランダの美しい古都を堪能!

写真のようなリアリスティックな表現が特徴の有名な画家フェルメールが生まれ育ったオランダの街デルフトは、南ホランド州の美しい古都です。世界的にも有名な陶器デルフトブルーの窯元であるデルフトは観光でも人気の街。さっそくデルフトの観光名所と人気のお土産を紹介します。

デルフトの観光名所&人気のお土産まとめ!オランダの美しい古都を堪能!のイメージ

目次

  1. 1オランダの古都デルフトの観光名所とお土産はこれで決まり!
  2. 2オランダのデルフトの観光名所1:フェルメールセンター
  3. 3オランダのデルフトの観光名所2:新旧2つの教会
  4. 4オランダのデルフトの観光名所3:市庁舎
  5. 5オランダのデルフトの観光名所4:デ・デルフト・パウ
  6. 6オランダのデルフトの観光名所5:プリンセンホフ博物館
  7. 7オランダのデルフトの観光名所6:ロイヤル・デルフト・エクスペリエンス
  8. 8オランダのデルフトの観光名所7:旧市街をショッピング
  9. 9オランダのデルフトの観光名所8:街を流れる運河
  10. 10オランダのデルフトの観光名所9:夜の旧市街のパブ巡り
  11. 11オランダのデルフト観光の人気のお土産1:デルフトブルー
  12. 12オランダのデルフト観光の人気のお土産2:チョコレート
  13. 13オランダのデルフト観光の人気のお土産3:旧教会を型どったバタークッキー
  14. 14オランダのデルフト観光の人気のお土産4:ポストカード
  15. 15オランダのデルフト観光の人気のお土産5:チューリップの球根
  16. 16オランダのデルフト観光の人気のお土産6:キャンディー
  17. 17オランダの美しい古都デルフトへ旅してみよう!

オランダの古都デルフトの観光名所とお土産はこれで決まり!

アムステルダムから列車で約1時間でアクセスでき、デン・バーグに隣接する街デルフト(Delft)はバロック時代の有名な画家フェルメールの生まれ育ったオランダの美しい古都です。世界的にも有名な陶器であるデルフトブルーの窯元でもあり、オランダ観光の人気の街です。お手元の保存版としてデルフトの観光名所と人気のお土産を紹介します。

Thumbオランダと日本の時差は何時間?飛行時間やサマータイムを把握して旅行を満喫!
オランダと日本の時差はどれくらいなのでしょうか。今回はオランダと日本の時差について見ていきま...

オランダのデルフトの観光名所1:フェルメールセンター

その生涯をデルフトで過ごしたバロック時代を代表するオランダの画家ヨハネス・フェルメール(Johannes Vermeer  1632-1675)の人生と作品の真髄に迫ることができるデルフトの観光名所です。デルフトの街の中心にあるマルクス広場の裏手に位置します。フェルメールの実際の絵画を展示している美術館ではありません。

全作品の実物大の複製が展示されており、フェルメールが絵画に使用した顔料、彼の絵画独特の遠近法などの説明、そして絵画に登場する部屋が再現されています。

フェルメールセンターは、デルフトで生まれ育ち生涯を終えたオランダの偉大な画家フェルメールの人生と作品に迫ることができるデルフトの観光名所の一つです。

ヨハネス・フェルメールの作品の特徴

デルフトから誕生した有名な画家フェルメールの作品は、まるで写真のようなリアリスティックな手法と調和のとれたはっきりとした色調が特徴です。

そしてけがれのない静かで落ち着いた中にも綿密に計算された空間構成が魅力です。「光りの魔術師」とも言われるフェルメールは、光の反射やハイライトの部分などに線を使わず点の集まりで表現していく描き方で絵画に質感を出す表現法も彼の作品の特徴です。

一生涯の内でたった37作品しか残さなかったフェルメールの絵画は、その写実性の高い表現が現代でも高く評価されています。

オランダのデルフトから誕生した一人の画家は、その後、19世紀後半のフランスに発した絵画を主とした芸術運動に大きく影響を与えました。  

オランダのデルフトの観光名所2:新旧2つの教会

デルフトの街には新旧2つの教会があります。どちらもデルフト観光名所です。新教会はデルフトの街の中心にあるマルクト広場に面して建っており、108.75mの高さを誇る教会です。一方旧教会はデルフト中央駅から徒歩10程の運河のオウド・デルフト沿いにあります。

デルフトの新教会の見どころ

新教会はオランダ王室とデルフトの街の歴史を垣間見れる観光名所。初代オランダの国王オラ二エ公ウィレム1世の棺が格納されていて、オランダの王室一族も眠っています。

デルフトから誕生して画家フェルメールはこの教会で洗礼を受けました。デルフトの街の中心にそびえたつ新教会の鐘楼からは美しいカリヨンの音色を奏でます。

体力のある方は379段の階段を上りぜひ塔の上からの眺めもご堪能ください。天気の良い時は隣町のデン・ハーグやロッテルダムを見渡すことができます。

デルフトの旧教会の見どころ

旧教会はデルフトから誕生した有名な画家フェルメールが埋葬された教会です。フェルメールの埋め込み式の記念碑があります。

1050年に建てられた木造主体の教会で、尖頭アーチや美しいステンドグラスが特徴のゴシック様式の建物です。新教会よりも高さは低く75m程しかありません。

新教会よりも華やかな内部ではありませんが、窓からは優しい日差しが差し込み、内部は心落ち着く空間。運がよいと2つのパイプオルガンの美しい音色を聞くことができます。

Thumbオランダ旅行で行きたい観光名所まとめ!絶景の有名スポットや世界遺産が多数!
オランダはチューリップや水車で知られる旅行におすすめのスポットですが、観光名所はそれだけでは...

オランダのデルフトの観光名所3:市庁舎

マルクト広場にある新教会と向かい合うように建っているマルクト市庁舎は、1618年に焼失したのち、17世紀に建て替えられた建物です。

デルフトの街中でも目立つ建物の一つで、デルフトの街の観光名所となっています。ルネッサンス調の建物です。

市庁舎の裏側から望めるHet Steenと呼ばれる塔は、昔、牢獄として使われていました。現在も拷問の道具とともに中世の牢獄として残されています。

牢獄などというと少し怖いイメージがありますが、デルフトから誕生したオランダを代表する有名な画家フェルメールが婚姻の際に届け出をしたおめでたい場所でもあります。内部を見学するにはガイド付きのツアーに参加するのがおすすめです。ツアーに参加するには事前に予約が必要です。

オランダのデルフトの観光名所4:デ・デルフト・パウ

デルフトブルーの陶器を生み出した街のオランダのデルフト。デルフトの街の中にあるデルフト陶器の工房です。

ここでは熟練の絵付け師が手作業で美しい装飾を施したデルフト陶器のコレクションを観賞することができます。工房内は経験豊かなガイドがデルフト陶器の製造方法や、その歴史を解説してくれます。

経験豊かな絵付師が教えるワークショップに参加すると、自分でタイルに絵付けの体験も経験できます。

デルフト陶器のショップも併設しており、工房出荷価格でデルフト陶器を購入することができるため、このショップに足を運ぶデルフト陶器ファンも少なくありません。フリート運河のほとりにあり、オランダの伝統的な建物の外観も観光名所の一つになっています。

オランダのデルフトの観光名所5:プリンセンホフ博物館

オランダの歴史を学べるデルフトの街の観光名所。もとは修道院でした。スペイン戦争時代に、オランダの初代国王となるオラ二エ公ウィレム1世が戦いの拠点としました。

スペイン戦争に勝ち、オランダ共和国建国までの歴史を解説している博物館です。1584年7月10日にウィレム1世は、このプリンセンホフの玄関前でスペインのバルタサール・ゲラルズという男に暗殺されてしまいますが、その銃弾の跡が今でも壁に残っています。

プリンセンホフ博物館は歴史的な資料を並べた解説だけではなく、アンティークなデルフト陶器を集めたコーナーや、静止画や解剖の絵が描かれた絵画のコーナーも見どころです。フェルメール、ミヒール・ファン・ミーレフェルト、グローティウスなど、バロック期に活躍したデルフトの画家や科学者が手掛けた絵画も見どころです。

オランダのデルフトの観光名所6:ロイヤル・デルフト・エクスペリエンス

デルフトを代表する伝統工芸、デルフトブルーは白と独特のブルーで絵付けされた、デルフトが窯元の陶器です。独特の藍色ともいえるブルーからこの愛称で親しまれている陶器です。ロイヤル・デルフト・エクスペリエンスは創業1653年以来、現在に至るまで唯一絶えることなくデルフトブルーを作り続けている老舗工房です。

アンティークなデルフトブルーから現代のデルフトブルーの陶器を観賞することがでるほか、実際に職人が絵付け作業をしている様子を見学することができます。

デルフトブルーの数々のコレクションの展示と同時に購入することも可能です。デルフトブルーの熟練職人が教えるワークショップでは、日本語のオーディオガイド付きで絵付けの体験を経験することができます。

このロイヤル・デルフト・エクスペリエンスは現地でもこのような呼び名で呼ばれていますが、オランダのデルフト観光を紹介するネット情報やガイドブックには「デ・ポルセライネ・プレス」という名称で記載されて紹介されていることがありますが、名称は違いますが、どちらも同一のものです。

オランダの陶器デルフトブルーの発祥のきっかけ

ヨーロッパがルネッサンスや大航海時代を迎える今から400年程前に、アジア貿易を目的に創立した東インド会社の船がヨーロッパに持ち帰った物に白と青の磁器がありました。

ヨーロッパの貴族や富裕層の人たちがそれを大変に気に入った様子を見たオランダ人が、「これをチャンス!」と感じ、独特の青と白を使った磁器を作ったのです。

これがきっかけとなりオランダのデルフト陶器が産出されるようになったのです。17世紀の最盛期にはデルフトの街には数十か所にデルフト陶器の窯元が設立されました。

オランダの陶器デルフトブルーのあゆみ

デルフトの街に窯元を置く、デルフト伝統工芸のデルフトブルーは、1600年から1800年頃までは富裕層らが好んで使っていました。

富裕層の人たちの間では、自分の持つデルフトブルーのコレクションも自慢の一つとなっていたようです。世界的にも知られてるようになったデルフトブルーですが、時代の流れとともに、コレクターの数もだんだんと減っていきました。

最盛期の頃は窯元も街の中に数十箇所ありましたが、現在、デルフトブルーの窯元はこのロイヤル・デルフト・エクスペリエンス(デ・ポルセラネイル・プレス)が最も古い窯元になってしまいました。デルフトの街でデルフトブルーを購入するにはここか、デ・デルフト・パウ、もしくはデルフトの街の中心のお土産物屋で購入することができます。

オランダのデルフトの観光名所7:旧市街をショッピング

デルフトの旧市街の中をショッピングしながら散策するのも、観光ブックには載っていないデルフト秘かな観光名所を目にするチャンスがあります。

旧市街をショッピング散策すると市庁舎や新教会などデルフトの歴史的な記念物や記念碑を目にするのはもちろん、美しい広場や細長く伸びる運河の脇には、デルフトらしいお店が軒を連ねます。花屋、土産屋、アンティークな店、アートギャラリー等々。

ショッピングでは大型デパートや専門店が入っているイン・デ・フェステ やザイデポオルト のショッピングエリアも人気。ほとんどの店舗は月曜日は午後1時午後6時まで、火曜日から木曜日は午前9時から午後6時、金曜日は午後9時、土曜日は午後7時まで開店しています。日本のお店と営業時間が少し違うのでご注意ください。

木曜日は「市」の立つ日

もし旅の途中に木曜日を挟んでいるのならデルフトの街の「市」を楽しむこともお忘れなく!市庁舎と新教会の間にたくさん露店が軒を連ねて賑わいます。

チーズ、ワイン、魚、野菜、パン、ナッツなどの食料品、骨董品、小さなアクセサリー、お花など。日本のフリーマーケットたるものなのかと思いきや、その雰囲気は異国情緒満載。デルフトの木曜日は「市」の立つ日!メモしておいてください。

オランダのデルフトの観光名所8:街を流れる運河

デルフトの街の中を通る運河。日本では見かけない光景です。デルフトの住人にとって運河は重要なライフラインの役目を果たしてくれます。

物資や人、食料の運搬に利用されているのです。水上タクシーや自家用ボートで移動することにも利用される運河には、たくさんの橋が架けられており、その光景はデルフトならではの美しい風景です。

地元住人にとって運河は大切な生活のライフラインの一つです。しかも水があふれないようにきちんと整備もされています。観光客から見ると、運河周辺のところどころはインスタ映えする観光名所です。運河の水上からデルフトの歴史的建物を観賞するのも通りから見るのとは違った角度で観光できます。

運河クルージングの観光もおすすめ!

運河ではたとえばタクシーを止めるように手で合図するとか、予め電話で予約すると運河タクシーたるものが観光案内をしてくれます。市内観光だけではなくでなく、ディナー付きの運河クルージングも人気です。予約で貸し切りの運河クルージングも楽しい観光の仕方です。

オランダのデルフトの観光名所9:夜の旧市街のパブ巡り

デルフトにはオランダ最古の国立大学であるデルフト工科大学があります。だから学生の多い町であるのも特徴です。若者が多いせいかデルフトの夜の街はクラブや夏の夜はオープンテラスや昔ながらのパブで賑わいを見せます。夜のデルフトの街の観光も、若々しい賑やかなデルフトの街を楽しめます。

パブが多いのは旧市街のマルクト広場やワインハーフェン、ニーウ通りなどです。一番大きいオープンテラスのベエステンマルクスは、ワインバー、ワインパブ、ビアパブなどで賑わい、遅くまで笑い声が絶えません。歴史的な建物に囲まれた中で、デルフトのパブ巡りもデルフトの夜の観光の楽しみ方の一つです。

オランダのデルフト観光の人気のお土産1:デルフトブルー

デルフトのお土産に外せないないデルフトブルー。陶器好きの方にはフェルメールの代表作「真珠の耳飾りの少女」の少女の顔が描からたプレートが人気でおすすめです。

ティーカップやマグカップなども喜ばれるお土産です。きちんと梱包してもらえるので安心です。荷物になることを考えるのなら、バターナイフやキャンディーボックスなどの小物がおすすめ。相手の好みに合わせてお選びください。

老舗窯元であるロイヤル・デルフト・エクスペリエンスのショップ、デ・デルフト・パウのショップ、デルフトの旧市街にあるアンティークショップや土産店で購入することができます。セットでそろえたいときは老舗窯元かデ・デルフト・パウのショップに足を運ぶことをおすすめします。窯元のショップから購入する場合は値段が幾分安くなります。

オランダのデルフト観光の人気のお土産2:チョコレート

デルフトのお土産に人気のVan der Burghのチョコレートはデルフトでのみで作られているチョコレートです。Van der Burghのチョコレートは日本では販売されていません。賞味期限も長く、荷物の邪魔にもならない、しかもデルフト限定とならば、デルフトの人気のお土産に上がるのも当然です。

お土産におすすめしているチョコレートは板チョコでフェルメールの絵画をまねたパッケージに包まれたもの。

フェルメールの「牛乳を注ぐ女」「デルフトの眺望」「デルフトの小径」がパッケージになっています。まさにデルフトのお土産に人気がありおすすめです。

板チョコのほかにも種類があるのでそちらも覗いてみましょう。クリーミーで滑らか味わいのチョコです。デルフトの新教会の裏手にあるのでぜひ足を運んでみてください。

オランダのデルフト観光の人気のお土産3:旧教会を型どったバタークッキー

旧教会とフェルメールセンターの中間にあるチャーストラット通り(choorstraat)にあるベーカリー・ザ・ダイアモンド・リング(Bakkerij de Diamanten Ring)でデルフトらしいお土産を購入することができます。ここはデルフトでパンとペストリーのベーカリーですが、美味しいバタークッキーも人気です。

四角焼かれたバタークッキーの上には旧教会が描かれています。「Scheve Jantjes」という名称のクッキーです。デルフトブルーの模様が描からた缶に詰められています。

現地ではクランチバタークッキーと呼ぶ人もいます。デルフトの街ならではのお土産に最高!美味しい、可愛い、デルフト感満載のバタークッキー。人気のお土産の一つです。

オランダのデルフト観光の人気のお土産4:ポストカード

デルフトの旧市街の中を散策するとアンティークショップやお土産屋さんにはデルフトの町並みや、花を描いた可愛いポストカードがたくさん売られています。さすが有名な画家を生み出した街!絵心のある人が多いようです。ポストカードは荷物の邪魔にもならないし、貰って嬉しいお土産に一つ。

お土産にプレゼントしたい人の好みに合わせポストカードを選んでデルフトの様子をポストカードに託してお土産にしてみてはいかがでしょうか?ポストカードはお礼状やお見舞い状、季節のお知らせに利用できるほか、写真タテに納めて飾って楽しむ方います。異国の町並みが描かれたポストカードも素敵なお土産になります。

オランダのデルフト観光の人気のお土産5:チューリップの球根

オランダは色々な花がたくさんある国。「世界の花屋」などと親しまれている国です。数ある花の中でも特にチーリップの生産量は世界で一番のオランダ。オランダのシンボルの花です。もちろんデルフトの街の中にもお花屋さんがたくさんです。そしてチューリップの球根が、まさにお土産に喜ばれるように可愛い袋に入れられて売られています。

チューリップの球根など貰っても嬉しくない!と思うのはナンセンス。帰国して小さな植木鉢を添えて可愛くパッケージされたチューリップの球根をお土産にしてみましょう。

芽が出て花が咲いたときに、「オランダのデルフトのお土産の花」とそこでまたデルフトの思い出を感じ、もらった相手も旅してみたくなるかもしれません。そして旅の相談を受けた時は、旅してきたデルフトの街の観光名所をたくさん教えたあげてください。

ちなみにチューリップはそもそもトルコ原産の花ですが、16世紀にオランダに伝わると色どりが綺麗で形が可愛いので、爆発的な人気をよび、17世紀中頃にはチューリップの花によってバブル経済も引き起こされたのだとか。それ以来、丈夫に育つチューリップはオランダで特に人気の花になったそうです。

オランダのデルフト観光の人気のお土産6:キャンディー

デルフトのお土産におすすめは、色とりどりの可愛いキャンディが人気です。プリンセンホフ博物館の横にあるカウエンホーフェン(Winkeltje Kouwenhoven)の店で可愛らしいキャンディが売られています。知る人ぞ知るこのお店はデルフトの街に中でも信頼度の高い古風な懐かしい品々を置いているのショップです。

そのショップで販売している人気のキャンディ。スペインカンゾウのリコリスのハーブ系のキャンディ、色鮮やかなサワーキャンディ、オランダの伝統的なキャンディなどを袋に詰めてもらってお土産に!デルフトで買うちょっとお洒落なお土産です。自分で瓶詰にしてお土産にしても可愛いお土産になります。

オランダの美しい古都デルフトへ旅してみよう!

オランダの首都アムステルダムから列車で約1時間でアクセスできるオランダの美しい古都デルフトは歴史的な観光名所がいっぱいです。街の中には運河が通りそんな光景もデルフトらしい景色の一つ。ショッピングや夜のデルフトも魅力がいっぱいです。オランダ旅行のスケジュールにぜひデルフト観光も計画に加えてみてください。

関連記事

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
TinkerBell

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ