オランダのチューリップならキューケンホフ公園へ!時期やアクセスは?

チューリップの名所である「キューケンホフ公園」は、春にオランダを旅するなら絶対に訪れたい場所です。今回はオランダ旅行の前に知りたい、キューケンホフ公園のチューリップが見頃を迎える時期やアクセス方法をはじめ、園内のおすすめスポットや公園の歴史もご紹介します。

オランダのチューリップならキューケンホフ公園へ!時期やアクセスは?のイメージ

目次

  1. 1オランダのチューリップの名所「キューケンホフ公園」
  2. 2チューリップ畑が人気のオランダ・キューケンホフ公園とは?
  3. 3オランダ・キューケンホフ公園のチューリップ畑
  4. 4チューリップの名所・キューケンホフ公園が公開されている時期は?
  5. 5キューケンホフ公園のチューリップ畑のおすすめ時期
  6. 6オランダ・キューケンホフ公園で見られる花の種類
  7. 7オランダのチューリップ栽培の歴史
  8. 8オランダ・キューケンホフ公園の歴史
  9. 9チューリップの名所・キューケンホフ公園ではオランダ名物の風車が必見
  10. 10キューケンホフ公園のボートツアーでチューリップ畑を満喫
  11. 11子連れでも楽しいキューケンホフ公園
  12. 12オランダ・キューケンホフ公園で日本のチューリップ畑を発見
  13. 13キューケンホフ公園で買えるオランダ土産
  14. 14オランダ・キューケンホフ公園のチケット
  15. 15オランダ・キューケンホフ公園の混雑状況は?
  16. 16キューケンホフ公園周辺のチューリップ畑でサイクリング
  17. 17キューケンホフ公園と合わせて立ち寄りたい「キューケンホフ城」
  18. 18オランダ・キューケンホフ公園へのアクセス
  19. 19キューケンホフ公園観光はツアー旅行もおすすめ
  20. 20オランダ・キューケンホフ公園でチューリップ畑を堪能しよう

オランダのチューリップの名所「キューケンホフ公園」

オランダと聞くと、チューリップを連想される方が多いのではないでしょうか。一面に広がるチューリップ畑を見ることは、オランダ旅行の醍醐味でもあります。今回ご紹介する「キューケンホフ公園」も、チューリップ畑が満喫できるスポットです。観光におすすめの時期やアクセス情報、オランダとチューリップの歴史についても合わせてご紹介します。

Thumbオランダ旅行で行きたい観光名所まとめ!絶景の有名スポットや世界遺産が多数!
オランダはチューリップや水車で知られる旅行におすすめのスポットですが、観光名所はそれだけでは...

チューリップ畑が人気のオランダ・キューケンホフ公園とは?

キューケンホフ公園は、オランダのリッセにある世界最大のフラワーパークです。総面積32ヘクタールという広大な園内は、東京ドーム8個分の広さです。チューリップ・スイセン・ヒヤシンスなどの球根から咲く花々を中心に様々な種類の花が咲いています。特に、オランダの名産であるチューリップの畑は圧巻で、オランダを訪れたら絶対に見ておきたい風景です。

キューケンホフ公園の庭園は、毎年設定するテーマに基づいて造られています。このテーマは毎年変更されており、同じテーマになることはありません。リピートの楽しみがあるのも、キューケンホフ公園の魅力の1つと言えます。

オランダ・キューケンホフ公園のチューリップ畑

オランダと言えばチューリップと言われるほど、オランダではチューリップ栽培が盛んです。キューケンホフ公園があるリッセは、土壌がチューリップに適していることから、古くからチューリップ栽培に取り組んできた歴史があります。現在もリッセは「砂丘と球根の地域」と呼ばれており、オランダ国内でも特にチューリップ栽培に尽力しているエリアです。

キューケンホフ公園の周辺にはチューリップ農家が多数あり、園内はもちろんのこと園外でもチューリップ畑が見られます。ただし、チューリップ農家さんの中には、観光客の立ち入りを禁止している場所もありますので、ご注意ください。

キューケンホフ公園の魅力は珍しい品種のチューリップ

キューケンホフ公園では、約800種類ものチューリップを栽培・展示しています。チューリップは品種改良がしやすいため、オランダでは様々な品種が作られてきた歴史があります。日本ではなかなか見かける機会がない、珍しい品種のチューリップ畑もありますので、風景を楽しむだけでなく花の観察をするのもおすすめです。

チューリップの名所・キューケンホフ公園が公開されている時期は?

キューケンホフ公園は毎年春の開花時期にだけ見学が可能な、期間限定で公開されている庭園です。公開の日程は、例年3月中旬~5月中旬頃です。詳細な日程は年によって変わりますので、キューケンホフ公園の公式サイトでご確認ください。

ただ、3月の公開当初にはチューリップは見頃を迎えていません。4月中旬頃からチューリップが咲き始め、この時期には多くの人々がキューケンホフ公園を訪れるようになります。

キューケンホフ公園のチューリップ畑のおすすめ時期

キューケンホフ公園でチューリップが最も美しく見られるのが、4月半ば~5月上旬頃です。一面に広がるチューリップ畑を見たいという方は、この時期を狙うのがおすすめです。4月上旬ではまだつぼみの状態、5月中旬の終了時期が近づくにつれて徐々にチューリップの時期が終わりを迎えつつあります。

キューケンホフ公園のチューリップが見頃の時期は、ちょうど日本のゴールデンウィーク頃に当たります。そういった点では、キューケンホフ公園は時期的に日本人が訪れやすい場所と言えます。

オランダ・キューケンホフ公園で見られる花の種類

キューケンホフ公園では、チューリップ・スイセン・ヒヤシンスなど約700万球が栽培されています。一番人気は、やはりオランダの象徴的な花であるチューリップですが、スイセンやヒヤシンスも見応え十分です。園内はスタッフの方々が細心の手入れを行っており、常に見頃の時期を迎えた花が見られるように工夫されています。

チューリップ畑のイメージが強いキューケンホフ公園ですが、チューリップ以外の花々も見応え十分です。チューリップ・スイセン・ヒヤシンスなど球根から咲く花が多いですが、バラや桜もあり、室内にはランの展示コーナーもあります。

チューリップに限らず、あらゆる花を見ることができるのも、世界最大級のフラワーパークと言われるキューケンホフ公園の魅力です。

オランダのチューリップ栽培の歴史

チューリップはオランダの代表的な花であると共に、チューリップ栽培や球根の輸出はオランダの主要な農業のひとつです。ところが、実はチューリップはもともとオランダ原産の花ではありませんでした。続いては、オランダとチューリップにまつわる歴史と、キューケンホフ公園がオランダのチューリップ栽培の発展に関わってきた歴史ついてご紹介します。

トルコからオランダに渡来したチューリップ

チューリップがオランダにやってきたのは、16世紀のことです。もともとはオスマントルコ帝国(現在のトルコ)で生産されていたものを、オーストリア大使オージュ・ギステン・ド・ブスベックがヨーロッパに持ち帰ったのがきっかけであると伝わっています。

16世紀末にブスベックの友人であるカルロス・クルシウスが、チューリップに関する本を発表したところ、チューリップは一躍大人気となりました。出版後は、クルシウスの邸宅の庭を荒らしてチューリップの球根を盗まれる事件が頻発したことからも、オランダでのチューリップ人気の高さがうかがえます。

その後もチューリップは絵画に描かれたり、祭りに使われたりと、オランダ人の生活に定着していきました。17世紀には、チューリップの人気の高さから球根の値段が高騰して市場が崩壊する「チューリップマニア」という、歴史上初めてのバブル経済を発生させています。

オランダの主要産業となったチューリップ

チューリップの栽培はオランダの土壌に合っていたことから、オランダではチューリップの栽培が盛んになりました。オランダのチューリップ栽培は、伝来以来約400年の歴史があります。長い歴史を経て、現在はオランダの農業の中心的な作物となっています。

チューリップの輸出という経済面では、実はキューケンホフ公園も大きな影響力があります。オランダのチューリップの歴史に、キューケンホフ公園はどのように関わるのでしょうか?続いては、キューケンホフ公園の歴史についてご紹介します。

オランダ・キューケンホフ公園の歴史

キューケンホフ公園の歴史は、まだオランダにチューリップが伝来する前の15世紀にさかのぼります。当時この辺りは猟場として使われており、この場所で育てたハーブを、フランス王太子妃ジャクリーヌ・ド・ナノーに献上したという記録が残っています。そこからオランダ語で「台所公園」の意味を持つ「キューケンホフ」という名が付けられたということです。

ジャクリーヌ妃が亡くなった後は、キューケンホフの地主は王族ではなく裕福な商人に代わりました。17世紀には、近隣にキューケンホフ城が建築されています。

チューリップ畑を整備・チューリップの名所として公開

現在のような形でキューケンホフ公園が公開されるようになったのは、1949年のことです。当時のリッセ市長の発案により、単なる庭園公開に留まらず、ヨーロッパ全域から造園家を招いて球根の屋外展示会とコンペも開催されるようになりました。これは、オランダの球根の輸出産業を発展させる一因となりました。

現在も、キューケンホフ公園での球根の展示会とコンペは継続されています。キューケンホフ公園が現在のようになって約70年、キューケンホフ公園はチューリップ産業発展の一端を担う歴史を築きつつあります。

チューリップの名所・キューケンホフ公園ではオランダ名物の風車が必見

キューケンホフ公園の見どころの1つが、風車です。オランダの代名詞とも言える風車ですが、意外と近くで見られるスポットが少ないのが現状です。キューケンホフ公園の風車は無料で内部を見学することもできますので、ぜひオランダの風車を間近でご覧ください。

風車の近くには日本庭園をイメージしたエリアがあり、ここに咲く桜の花も、ぜひチェックしておきたい風景です。日本人にはなじみが深く、和風のイメージが強い桜ですが、ここキューケンホフ公園では風車などオランダ的な風景と合わせて鑑賞することができます。

キューケンホフ公園のボートツアーでチューリップ畑を満喫

キューケンホフ公園の中を通る運河では、ボートに乗ってチューリップ畑をながめることが可能です。ボート乗り場は風車の裏手にあり、事前予約も可能です。繁忙日は1時間以上の待ち時間が発生することもあるので、入園後すぐにボートツアーを予約しておくと安心です。

ボートツアーの料金は8ユーロ、乗船の所要時間は45分です。運河からながめるチューリップ畑は、地上から見るのとは違う印象を得られます。時間と予算に余裕がある方は、ぜひ乗船してみてください。

子連れでも楽しいキューケンホフ公園

キューケンホフ公園に子連れで行けるかどうか、心配されている方もいらっしゃるのではないでしょうか?しかし、ご安心ください。キューケンホフ公園内にはフラワーパークだけではなく、遊具がある子ども向けエリアや、ミニ動物園もあるのです。お子さんも一緒に楽しめるので、家族旅行にもおすすめです。

オランダならではの「ミッフィー公園」

キューケンホフ公園内には、オランダ生まれの人気キャラクターであるミッフィーの公園があります。ミッフィーのイラストが描かれたすべり台などの遊具が設置してあり、自由に遊ぶことができます。遊具は小さなお子さん向けのサイズなので、特に未就学のお子さんが楽しく遊べるコーナーです。

オランダの動物たちと触れあえる「ふれあい動物園」

キューケンホフ公園内には、「ふれあい動物園」があります。ふれあい動物園では、ニワトリ・七面鳥・子羊・子牛が飼育されており、近くで見ることも可能です。日本では見られない品種や、日本では馴染みが薄い七面鳥を間近で見ることは、お子さんにとって新鮮な体験になるのではないでしょうか。

大きな庭園を生かした「迷路園」

キューケンホフ公園には、広大な土地を生かした迷路園もあります。日本ではあまり見られない生け垣のを利用した迷路で、お子さんはもちろん大人も楽しむことができます。ミッフィー公園の遊具では物足りないお兄ちゃん・お姉ちゃんは、こちらがおすすめです。出口を目指して、家族みんなで歩いてみてはいかがでしょうか。

オランダ・キューケンホフ公園で日本のチューリップ畑を発見

キューケンホフ公園内には、鳥取県にある「とっとり花回廊」のコーナーがあります。とっとり花回廊は、日本最大級のフラワーパークで、1997年から20年以上もキューケンホフ公園とは姉妹公園の関係にあります。

一方で、とっとり花回廊にも「花の谷」という名前のキューケンホフ公園コーナーがあります。キューケンホフ公園の園長がデザインしたオランダ風の花壇は必見です。興味がある方は、鳥取県のとっとり花回廊まで足を運んでみてはいかがでしょうか。

キューケンホフ公園で買えるオランダ土産

キューケンホフ公園内には土産店があり、オランダならではの土産物を購入することができます。キューケンホフ公園で、オランダ土産を探してみてはいかがでしょうか。

キューケンホフ公園内の土産物屋で特に人気のショップが、オランダを象徴するキャラクター「ミッフィー」のグッズショップです。ぬいぐるみや雑貨などのグッズが所狭しと並んでおり、もちろん日本では購入できない商品もあります。ミッフィー好きの方は、ぜひ立ち寄ってみてください。

キューケンホフ公園ならではのチューリップのお土産も人気

チューリップ畑が有名なキューケンホフ公園では、もちろんチューリップをモチーフにした雑貨類などのお土産も人気です。キャラクターものには興味がないという方は、チューリップに関するお土産がおすすめです。

チューリップなどの球根も、キューケンホフ公園ならではのお土産として人気です。オランダで販売しているチューリップの球根の中には日本では手に入りづらい品種もありますので、ご自身でチューリップの栽培を楽しみたい方や、園芸が趣味の方へのお土産におすすめです。

Thumbオランダのお土産まとめ完全版!雑貨やお菓子など女子人気の高い商品多数!
ドイツとベルギーに挟まれたオランダは素敵なデザインのお土産に完璧な雑貨が沢山あります。またコ...

オランダ・キューケンホフ公園のチケット

キューケンホフ公園のチケット料金は、大人はオンライン購入で17ユーロ、現地窓口で購入すると18ユーロと、購入する場所によって値段が異なります。オンラインの方が安い上、多くの観光客が訪れる現地窓口は非常に混雑する傾向があるため、事前にオンラインで購入されることをおすすめします。

子どものチケット料金は、オンライン・現地窓口に関わらず一律です。0~3歳の乳幼児は無料、4~17歳は8ユーロに設定されています。

通常の入場券のほかに、キューケンホフ公園の入場料と往復のバスチケットがセットになった「キューケンホフ・コンボチケット」もあります。詳しくはアクセス情報と合わせて後述します。

キューケンホフ公園のチケットをオンライン購入する方法

キューケンホフ公園のオンラインチケットは、キューケンホフ公園の公式サイトで購入することができます。購入したチケットは、QRコードのeチケットとなりますので、出発前にプリントアウトしておくか、Passbookアプリに保存しておくことをおすすめします。

eチケットの保存ができるPassbookアプリは、iPhoneなら標準アプリの「Wallet」があります。Androidのスマートフォンを利用している方は、GooglePlayストアからダウンロードが可能です。「Passbook」のキーワードで検索して、ご自身にとって使いやすいアプリを探してみてください。

オランダ・キューケンホフ公園の混雑状況は?

公開時期が限定されているキューケンホフ公園には世界中から観光客が訪れるため、非常に混雑する傾向があります。特に11時~14時頃は多くの人が訪れるピークタイムで、チケット売り場が混雑しがちな時間帯です。

比較的空いているのは、開園直後または閉園直前の時間帯です。また、土日は混雑しますが、平日の特に月曜~水曜は空いている傾向があります。混雑回避をしたい方は、これらの時間帯や曜日に来園されることをおすすめします。

キューケンホフ公園周辺のチューリップ畑でサイクリング

キューケンホフ公園のメインエントランス付近では、レンタサイクルを借りることができます。キューケンホフ公園の周辺には球根農家が多く、チューリップ畑の中でサイクリングを楽しむことができます。

レンタサイクル店では、借りる人に合わせた自転車を貸してくれます。キューケンホフ公園周辺は坂道がなく、走りやすい道なので、ぜひサイクリングをお楽しみください。ただ、土日などの繁忙日はレンタサイクルが出払ってしまって借りられないこともあります。レンタサイクルを希望する方は、なるべく早めの時間に行くことをおすすめします。

キューケンホフ公園と合わせて立ち寄りたい「キューケンホフ城」

キューケンホフ公園の近くにある「キューケンホフ城」は、1641年に東インド会社の海軍提督を務め、この地域を統治していたアドリアン・マルテンスゾーン・ブロックが建てた建物が原型だと言われています。400年以上もの長い歴史がある城です。

その後、19世紀にこの建物を所有したファン・パラント男爵カレルアン=エイドリアン夫妻が、アムステルダムのフォンデル公園をデザインした造園家に依頼して、庭園を整備しました。

最後の持ち主であるヴァンリンデン伯爵が2003年に亡くなったことから2011年に初めて一般公開され、2012年3月から美術品を含めた全体が公開されるようになりました。キューケンホフ公園は公開時期が限られていますが、キューケンホフ城は時期に関わらず通年見学することが可能です。キューケンホフ公園と合わせて見学してみてはいかがでしょうか。

オランダ・キューケンホフ公園へのアクセス

日本からキューケンホフ公園にアクセスするには、オランダの首都であるアムステルダムを起点にするのがおすすめです。日本からアムステルダムへは、成田空港と関西国際空港から直行便で約12時間でアクセスすることができます。成田空港からアムステルダムまで毎日直行便が発着していますが、関西国際空港からの直行便は週に5日程度の運航です。

キューケンホフ公園の周辺には鉄道駅がなく、車やバスでアクセスする必要があります。車でアクセスする場合は、アムステルダム中心部から約30分でアクセスが可能です。キューケンホフ公園の駐車場は、1回6ユーロの駐車料金がかかるのでご注意ください。

バスでアクセスする場合は、アムステルダムなどの主要都市から出る臨時バスや、「スキポール空港」または「ライデン中央駅」から発着している直行バスを利用するのがおすすめです。スキポール空港からは858番のバス、ライデン中央駅からは854番のバスに乗車してください。いずれのバスも20~30分程度でキューケンホフ公園にアクセスすることができます。

バス利用の方におすすめの「キューケンホフ・コンボチケット」

バスを利用してキューケンホフ公園にアクセスする方におすすめなのが、バスの往復チケットとキューケンホフ公園の入場料がセットになった「キューケンホフ・コンボチケット」です。

キューケンホフ・コンボチケットは、バスのチケット売り場や、主要都市の観光案内所で購入することができます。事前に乗るバス路線が決まっている方は、通常のチケットと同様にオンラインで購入することも可能です。

キューケンホフ・コンボチケットの料金は、アムステルダム発着が29ユーロ、スキポール空港・ライデン中央駅発着が24ユーロです。4~11歳のお子さんは、一律12.50ユーロに設定されています。

Thumbアムステルダム(オランダ)の天気や気温の特徴まとめ!観光シーズンや服装は?
オランダのアムステルダムの天気や気温はどうなっているのでしょうか。今回はオランダのアムステル...

キューケンホフ公園観光はツアー旅行もおすすめ

現地までのアクセス方法が車かバスに限られることから、キューケンホフ公園は団体ツアーでの旅行もおすすめです。特に、オランダ語や英語でのやり取りやアクセスに不安がある方は、団体でアクセスする方が簡単で安心だという場合もあります。

キューケンホフ公園を行き先に含むオランダ旅行のパックは日本国内の旅行社から発売されているほか、あくまでも個人旅行を基本とした上でキューケンホフ公園のみオランダの現地ツアーに参加するという方法もあります。ぜひ、ご自身に合う旅行プランをご検討ください。

オランダ・キューケンホフ公園でチューリップ畑を堪能しよう

いかがでしたか。オランダが世界に誇るフラワーパークであるキューケンホフ公園は、公開時期が限られているものの、ぜひタイミングを合わせて訪れたいスポットです。周辺にチューリップ畑が広がり、美しい花が咲き誇るキューケンホフ公園で、オランダの春を満喫してください。

関連記事

Original
この記事のライター
canariana

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ