アムステルダム・スキポール空港の過ごし方!市内へのアクセスや周辺ホテルも紹介

アムステルダム・スキポール空港はオランダ最大規模の空港です。その空港には時間を過ごす乗客を楽しませる施設がいっぱいです。そんなアムステルダム・スキポール空港についてご紹介します。おすすめのお土産や市内へのアクセス、また周辺ホテルなどもご紹介します。

アムステルダム・スキポール空港の過ごし方!市内へのアクセスや周辺ホテルも紹介のイメージ

目次

  1. 1アムステルダム・スキポール空港はオランダ最大の空港
  2. 2アムステルダム・スキポール空港のグルメ1:アムステルダムブレッドカンパニー
  3. 3アムステルダム・スキポール空港のグルメ2:バブルシーフード&ワインバー
  4. 4アムステルダム・スキポール空港のグルメ3:トコ・トゥーゴー
  5. 5アムステルダム・スキポール空港のグルメ4メディトリアン・サンドイッチバー
  6. 6アムステルダム・スキポール空港のカフェ1:カフェココ
  7. 7アムステルダム・スキポール空港のカフェ2:カフェ・コムナル
  8. 8アムステルダム・スキポール空港のカフェ3:テイスツ・フロム・ザ・ローランズ
  9. 9アムステルダム・スキポール空港での楽しみ方1:オランダ大通り
  10. 10アムステルダム・スキポール空港での楽しみ方2:空港図書館
  11. 11アムステルダム・スキポール空港での楽しみ方3:国立美術館
  12. 12アムステルダム・スキポール空港での楽しみ方4:空港公園
  13. 13アムステルダム・スキポール空港で購入できるお土産1:チョコレート
  14. 14アムステルダム・スキポール空港で購入できるお土産2:チューリップ
  15. 15アムステルダム・スキポール空港で購入できるお土産3:チーズ
  16. 16アムステルダム・スキポール空港から市内へのアクセス:電車でのアクセス
  17. 17アムステルダム・スキポール空港から市内へのアクセス:バスでのアクセス
  18. 18アムステルダム・スキポール空港から市内へのアクセス:タクシーでのアクセス
  19. 19アムステルダム・スキポール空港のホテル:シチズンMスキポールエアポート
  20. 20アムステルダム・スキポール空港のホテル:シェラトン・アムステルダム・スキポールエアポート
  21. 21アムステルダム・スキポール空港のホテル:ヨーエルエア・アムステルダム・スキポールトランジットホテル
  22. 22アムステルダム・スキポール空港のホテル:メルキュールホテル・スキポールターミナル
  23. 23オランダの玄関口・スキポール空港は楽しみがいっぱい

アムステルダム・スキポール空港はオランダ最大の空港

オランダのアムステルダムにあるスキポール空港はオランダ国内最大級の国際空港です。オランダの旅行客のみならず、KLMオランダ航空の拠点としての役割を果たしているのでここからヨーロッパ各地へ向かうユーロ圏外の観光客も多いです。

その歴史は古く、元をたどれば1916年にここが軍用空港として使用され出したことに始まります。その後2度の大戦中も重要な役割を果たし続け現在ではヨーロッパの玄関口ともなっています。

そんなアムステルダム・スキポール空港での過ごし方を紹介したいと思います。第一ターミナルにこだわった設計のスキポール空港から市内へのアクセス方法や便利なホテル、また空港で購入できるお土産の情報などもお伝えします。

アムステルダム・スキポール空港のグルメ1:アムステルダムブレッドカンパニー

空港で時間を過ごす定番の一つはグルメスポットでしょう。このアムステルダム・スキポール空港のおすすめグルメスポットをいくつかご紹介したいと思います。

まず最初にご紹介するのがアムステルダムブレッドカンパニーです。オランダといえば風車ですが風車はもともと穀物を粉砕するための場所でした。ですからアムステルダムと美味しいパンは密接に関連があります。

その古い伝統的なパン文化の中から生まれてきたのが、このアムステルダムの名門パン屋さんアムステルダムブレッドカンパニーです。

保安区域内のラウンジ2にあるこのお店は近くに来ただけでその香ばしいパンの香りに魅了されてしまいます。搭乗前のひと時に、美味しいサンドイッチやアップルパイや焼き立てのパンをコーヒーで味わうと日本に向かう長時間のフライトに備えることができます。

アムステルダム・スキポール空港のグルメ2:バブルシーフード&ワインバー

搭乗前の時間をちょっと贅沢に楽しみたいなら、このバブルシーフード&ワインバーで時間を過ごすことをおすすめします。

保安区域内のラウンジ1にあるこのレストランはきれいな熱帯魚がいる水槽が目印のニューヨークテイストのおしゃれなレストランです。

ワインやシャンパンなどのアルコール類をグラスで注文することができます。グラスワインはよくありますが、シャンパンをグラスで注文できるのはうれしい。飲みすぎなくていいのがありがたいです。

ワインやシャンパンの味を引き立てるおつまみ類も充実しています。フレッシュオイスターやオイルサーディン、またキャビアや寿しといったシャンパンとの相性ピッタリの魚介類が豊富です。時差調整のため搭乗後すぐに眠りたい方にはぴったりかもしれません。

アムステルダム・スキポール空港のグルメ3:トコ・トゥーゴー

次にご紹介するのが、アジアンエスニックのお店Toko to Goです。インドネシア料理のレストランでこのアムステルダム・スキポール空港のおすすめレストランの一つです。

このレストランはアムステルダム・スキポール空港の保安区域外にあるので搭乗者以外でも食事を楽しむことができるので、見送りに来た人達と最後の時間を過ごすことができるレストランの一つです。

インドネシアの伝統的な料理の、アヤムバリやセラマット・バカンなどを食べることができます。ヨーロッパの料理に飽きてきた人にはぴったりの料理でしょう。

インドネシア料理特有のスパイシーな味や、香草の香りなどは食欲を引き立てます。テーブル席もたくさんあるので早めに空港に到着してまだチェックインゲートが開いていないときなどには便利です。

アムステルダム・スキポール空港のグルメ4メディトリアン・サンドイッチバー

搭乗前に軽くでいいが、でも美味しいものを食べたいという方にはこの地中海風のサンドイッチを提供しているメディトリアン・サンドイッチバーがおすすめです。

地中海風という意味のメディトリアンという名前が付けられているのはこのお店がスペイン、フランス、イタリアなど、地中海沿岸各国の名物グルメを使ったサンドイッチを提供しているお店だからです。

それぞれのサンドイッチに使われている具材は新鮮なものばかりなので、サンドイッチを一口ほおばると、それぞれの国の香りが口の中に広がります。

アムステルダム・スキポール空港の中で地中海沿岸各国のグルメを楽しめる貴重なレストランです。保安区域内のラウンジ1にあるレストランです。ほかにもサラダやケーキなども置いてあるお店です。

アムステルダム・スキポール空港のカフェ1:カフェココ

アムステルダム・スキポール空港で時間を過ごす別の方法はカフェでゆっくりと時間を過ごすことかもしれません。このスキポール空港内にも魅力的なカフェがたくさんあります。そのいくつかをご紹介したいと思います。

最初にご紹介するのがカフェココです。保安区域内のラウンジ2にあるこのカフェはフランステイストがたっぷりのカフェです。

このカフェココのおすすめはベルギーチョコレートです。濃厚で味に深みのあるベルギーチョコレートと引きたてのコーヒーがあればいくらでも時間を過ごすことができます。

またこのカフェココでは、あの有名な赤ワインムートンロスチャイルドを製造しているBaron De Rothschildが作った最高のシャンパンが提供されていることでも知られています。カフェながらシャンパンにあった質の高い料理も提供しています。

アムステルダム・スキポール空港のカフェ2:カフェ・コムナル

また南ヨーロッパ風のカフェを楽しみたいなら保安区域内のCゲート付近にあるカフェ・コムナルもおすすめです。

このカフェでは地中海風の料理を楽しむこともできます。おすすめは軽食類です。ボカデリコサンドイッチやピザ、そしてスペインのタパスなども提供されているお店で、カジュアルな店内はまるで本物の地中海沿岸の食堂にいるかのような雰囲気です。

アルコール類も充実していてスペインの地元の人たちに愛されている、クルスカンポビールやスペインワインなども充実しています。タパスを食べるならぜひこのスペインの飲み物を試してみてください。相性はばっちりのはずです。

またこのお店はグルテンフリーの食事を提供してくれています。最近はアレルギーの方もおおいので長旅の前に食事に気を付けることができるのはうれしいです。

アムステルダム・スキポール空港のカフェ3:テイスツ・フロム・ザ・ローランズ

このカフェはオランダの料理を楽しむのにぴったりのカフェです。オランダ名産のチーズのサンドイッチやチキンソテー、コロッケやハムといったオランダの名産品を堪能することができます。

料理のテイストは、伝統的なオランダ料理から現代的なオランダ料理までを楽しむことができます。オランダ料理をオランダワイン、ハイネケンなどのオランダビールで楽しめば最高の気分です。

加えて、オランダのシュークリームのようなとっても美味なスイーツのベッセルボールも提供されているのでまったりと過ごすにはぴったりの場所です。

オランダ旅行の最後にこの場所でオランダの味を楽しんでみるのもいいでしょう。おすすめの時間の過ごし方です。

アムステルダム・スキポール空港での楽しみ方1:オランダ大通り

このアムステルダム・スキポール空港は退屈になりがちな空港での時間を有意義に過ごすための施設がたくさんあります。

その一つがオランダ大通りと呼ばれている場所です。ここではオランダの文化について学んだり体験したりすることができます。

このスペースには様々なアトラクションがあり空港を利用する人たちは決して退屈することはありません。

オランダでも最大規模を誇るこのアムステルダム・スキポール空港はトランジットで入国せずに保安エリアで長時間過ごす人たちも多い空港の一つです。そんな人たちが有意義な時間を過ごせるように適切な配慮がなされているのがこのアムステルダム・スキポール空港です。

アムステルダム・スキポール空港での楽しみ方2:空港図書館

数ある世界の空港の中でもこのアムステルダム・スキポール空港のような図書館がある空港も珍しいでしょう。

90平方メートルの図書館はパスポートコントロールを通過した後の保安区域内にあります。チェックインした後の時間やトランジットの時間を過ごす人のためにとっても便利な施設です。

ゆっくり座って読書ができるソファも備わっており、iPadが設置されているソファもあります。紙の本でも電子書籍でもどちらも楽しむことができます。

また主節だけでなく、オランダの文化に関する写真集や展示、また動画に加えてオランダのアーティストたちの音楽なども提供されています。オランダの文化の良いところがたっぷり詰まった施設です。

アムステルダム・スキポール空港での楽しみ方3:国立美術館

アムステルダム・スキポール空港にはオランダの文化を紹介する施設が図書館以外にもあります。それがアムステルダム国立美術館スキポール空港別館です。

アムステルダム国立美術館はレンブラントなどオランダを代表する作品であふれています。その国立美術館所有の名画を無料で楽しむことができるのがこのスキポール空港の美術館です。

もちろん展示されている絵画の数は多くはありませんがどれも国宝級の名画ばかりです。この美術館も保安区域内にあるオランダ大通り呼ばれる場所に位置しています。

これは保安区域内にあるエリアなのでこの美術館を訪れることができるのは、この空港での航空券を持っている人だけです。またトランジットでこのアムステルダム・スキポール空港で時間を過ごす人にとっても疲れをいやすリラックススポットとなっています。

Thumbアムステルダム国立美術館の見どころや有名作品は?予約方法や行き方もチェック!
アムステルダム国立美術館は大変有名な美術館でオランダでも最高の美術館としてアムステルダム国立...

アムステルダム・スキポール空港での楽しみ方4:空港公園

ヨーロッパの人たちは本当に緑が好きで、都市部にもたくさんの公園があります。しかしそれでも空港のパスポートチェックを通過した後のエリアに屋外の公園があるというのは聞いたことがありません。

そんな空港の保安エリアには珍しい公園がこのアムステルダム・スキポール空港にあります。緑豊かな公園のベンチに座って太陽の光を浴びながら新鮮な空気を吸うことができるエリアです。

ベンチに寝そべって本を読んだり、昼寝をしたりと使い方は自由です。もちろん録音ですが小鳥のさえずりまでもが聞こえてくる空港内の公園です。

エクササイズのためのエアバイクも置いてあるので、ちょっと運動をしてリラックスすることもできます。しかもそのエアバイクとスマホをつなげば充電することもできます。

アムステルダム・スキポール空港で購入できるお土産1:チョコレート

乗客の利便性をよく考えたこのアムステルダム・スキポール空港はお土産を買うのにも最適なショップがそろっています。その中でもおすすめのお土産をご紹介します。

おすすめのお土産の一つはチョコレートです。とくにまろやかでコクのある高級チョコレートの風味は日本のお菓子のチョコレートとはちょっと違う風味です。

空港内の保安区域内の免税店やその他のギフトショップにもこのチョコレートの品ぞろえは豊富です。おすすめのお店はラウンジ3にあるFine Chocolates, ファインチョコレートです。

このお店ではベルギーチョコレートの代表格ともいえる、ゴディバ、ノイハウス、レオニダスといった一流ブランドのチョコレートが購入できます。見た目もカラフルでとっても美しくお土産には最適のグッズでしょう。

アムステルダム・スキポール空港で購入できるお土産2:チューリップ

別のおすすめのお土産はチューリップです。もちろんオランダといえばチューリップですが、それをお土産にというと驚く方もいるかもしれません。

アムステルダム・スキポール空港内のラウンジ3にはチューリップを販売している、House of Tulis、ハウスオブチューリップというお店がありオランダの国の花、チューリップが売られています。

エメラルドグリーンのガラス張りのインテリアが印象的なこのお店には生花、球根、種などあらゆるチューリップ関連のものが売っています。

このお店で日本に持っていくうえでおすすめなのが、検閲済みのチューリップの球根です。感動した畑一面のチューリップをほんの一部でも持って帰ることができるなんて考えてもみなかったかもしれません。もらった相手もびっくりのお土産でしょう。

アムステルダム・スキポール空港で購入できるお土産3:チーズ

もう一つのオランダの名産品と言えば乳製品です。その中でもおいしいチーズはなかなか日本では手に入らないのでこのスキポール空港内でも人気のお土産となっています。

チューリップを販売しているハウスオブチューリップのすぐ隣にあるチーズ専門店、Say Cheese、セイ・チーズは空港内でも評判のよいチーズショップでお土産にチーズを買って帰る観光客でいっぱいです。

お土産としての人気のオランダチーズは、ゴーダチーズ、エダムチーズなどがあります。またワイン好きの方が欲しがる熟成されたタイプのチーズも売っています。常温で持ち帰ることもできこちらも人気のお土産です。

アムステルダム・スキポール空港から市内へのアクセス:電車でのアクセス

アムステルダム・スキポール空港から市内へのアクセスをするには電車を利用する方法が一番便利なようです。空港から市内へのアクセスをしている電車の路線は2つあります。

市内へアクセスしている路線の一つはオランダ鉄道のスプリンターです。もう一つ市内へアクセスしているのがインターシティーです。どちらでも直通でアムステルダム中央駅へアクセスできます。

アムステルダム中央駅までのアクセス時間は約15分から20分くらいです。運行間隔は日中で約10分で深夜は1時間に一本です。しかし24時間の運航なので市内のアクセスにはとっても便利です。

料金は片道4.3ユーロとなっています。スキポール空港の到着ホールの地下にあるスキポール空港駅から電車に乗ることができます。

アムステルダム・スキポール空港から市内へのアクセス:バスでのアクセス

アムステルダム・スキポール空港から市内へバスでアクセスする方法もあります。これは市内のホテルの場所によってはバスで市内へ向かうほうが便利でしょう。

市内へ向かうバスの種類は2種類あり、空港とアムステルダム市内中心部を結ぶ397番の路線バスとホテルの前まで送迎してくれるシャトルバスです。

路線バスはアムステルダム・エアポートエクスプレスです。所要時間は国立美術館までで約20分ということですから電車と大差はありません。運行間隔も昼間は10分間隔、深夜でも30分間隔で運航しています。料金は片道6ユーロです。

ホテルと空港を結ぶシャトルバスも便利です。公式サイトには送迎可能なホテルのリストがあります。片道17.5ユーロと他のアクセス方法と比べると高額ですがその分歩かなくていいので楽でおすすめのアクセス方法です。

アムステルダム・スキポール空港から市内へのアクセス:タクシーでのアクセス

アムステルダムは公共交通機関が充実しているのでタクシーはちょっと割高に感じるかもしれません。しかしそれでも荷物がたくさんある時や深夜、早朝などのバスや電車の本数が少ない時間帯などには便利は市内へのアクセス方法です。

到着ホールを出てすぐのところにタクシー乗り場があるので空港内もそんなに歩く必要がありません。タクシーで市内に行くとアムステルダム中心部までは約20分から30分程度です。

タクシー料金の目安は、約50ユーロから60ユーロくらいです。ほかのアクセス方法を比べるとかなり高額になります。

このアムステルダム・スキポール空港はオランダ国内ならどこからでも便利な空港です。ロッテルダムへは30分、ユトレヒトまでも30分ほどです。

アムステルダム・スキポール空港のホテル:シチズンMスキポールエアポート

トランジットの時間が長い時はホテルで一泊したほうがいいかもしれません。そんな時におすすめの空港周辺のホテルをいくつかご紹介します。

空港周辺のホテルでも一番人気のホテルがシチズンMホテルです。とってもおしゃれなデザイナーズホテルが空港からすぐ近くでしかもリーズナブルな価格で利用できます。

またこのシチズンMホテルはトランジットで訪れる利用客のニーズにぴったりと答えたホテルです。部屋のブラインドはブラックアウトブラインドです。昼間でも真っ暗な空間を作り出し時差ボケ解消に役立ちます。

各部屋にはキングサイズのベッドも設置されており疲れた体を癒すことができます。また長い間狭い機内にいた後に浴びるシャワーは最高です。ここには各部屋にレインシャワーが備わっています。

アムステルダム・スキポール空港のホテル:シェラトン・アムステルダム・スキポールエアポート

次にご紹介するおすすめのアムステルダム・スキポール空港周辺ホテルがシェラトンホテルです。空港施設と直結しており到着、出発ロビーからはたった5分のトランジットにぴったりのホテルです。 

一流ホテルらしくサービスもホテルの部屋も全く問題がありません。朝食が美味しく朝はここで朝食を済ませれば十分でしょう。

また空港ホテルですが、空港から市内へのアクセスも便利なのでアムステルダム市内観光にもぴったりのホテルともいうことができます。

アムステルダム・スキポール空港のホテル:ヨーエルエア・アムステルダム・スキポールトランジットホテル

次にご紹介するのが空港内にあるトランジットホテルのYOTELホテルです。このホテルは保安区域内のラウンジ2にあるホテルなのでトランジットで空港外に出ない人たちのためのホテルです。

空港内のホテルなのでチェックインのためにパスポートチェックを通過する必要がありません。飛行機が遅れて乗り継ぎ便が先に行ってしまった場合や、早朝や深夜の出発便を待つ間に利用することができるホテルです。

ホテルの部屋は小さいですが、キャビンと呼ばれているその部屋は航空機のファーストクラスをモデルにした宿泊室です。無料の高速WiFiも備わっているので寝転がって動画を見たりするのにも便利なホテルです。

アムステルダム・スキポール空港のホテル:メルキュールホテル・スキポールターミナル

もう一つご紹介するのが同じく空港施設内にあるホテル、メルキュールホテルです。スキポール空港のラウンジ3に位置しているこのホテルは飛行機の乗客のためのホテルです。

ですのでこのホテルを利用するためにはパスポートと有効な航空券が必要です。設備はシンプルで必要なものしかありませんが、フライト前の時間や乗り継ぎ時間を過ごすにはぴったりのホテルです。

またこのホテルの魅力は空港外からもアクセスできるということです。例えば便が早朝で前泊したいときなどはこのホテルはおすすめです。ただその場合でも預け入れ荷物の持ち込みは禁止されています。詳細に関しては現地の従業員に尋ねてみるといいでしょう。

オランダの玄関口・スキポール空港は楽しみがいっぱい

オランダの玄関口、アムステルダム・スキポール空港についてご紹介しました。オランダ最大規模の空港であるにもかかわらず市内へのアクセスがとっても便利なことがよくわかりました。

また乗り継ぎ時間などを過ごすための便利な施設もあり、ここで時間を過ごすとしても全く問題ありません。退屈することはないでしょう。オランダへ訪れたりヨーロッパへの中継点としてトランジットで訪れることもあるかもしれません。

そんな時にはこのアムステルダム・スキポール空港を利用するといいでしょう。時間があっという間に過ぎてしまうでしょう。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
Canna

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ