ラムネ温泉の聖地・大分竹田市!シュワシュワの家族風呂や人気湯を紹介!

この記事では、大分県竹田市の「ラムネ温泉館」について解説しています。ラムネ温泉館は、シュワシュワの炭酸泉が魅力の温泉施設です。今回は、そんなラムネ温泉館にある家族風呂などの温泉の種類と、営業時間などの基本情報を解説しますので、気になる方はぜひご覧ください。

ラムネ温泉の聖地・大分竹田市!シュワシュワの家族風呂や人気湯を紹介!のイメージ

目次

  1. 1「ラムネ温泉館」は家族で訪れたい温泉施設!
  2. 2「ラムネ温泉館」で人気が高い温泉3選!
  3. 3「ラムネ温泉館」で人気が高い温泉1:内湯
  4. 4「ラムネ温泉館」で人気が高い温泉2:露天風呂
  5. 5「ラムネ温泉館」で人気が高い温泉3:家族風呂
  6. 6「ラムネ温泉館」の基本情報!
  7. 7「ラムネ温泉館」の営業時間は?
  8. 8「ラムネ温泉館」の休館日は?
  9. 9「ラムネ温泉館」の大浴場の利用料金は?
  10. 10「ラムネ温泉館」の家族風呂の利用料金は?
  11. 11「ラムネ温泉館」のタオル等の貸し出し品は?
  12. 12「ラムネ温泉館」のアクセス方法は?
  13. 13「ラムネ温泉館」の自家用車でのアクセス方法
  14. 14「ラムネ温泉館」の駐車場は?
  15. 15ぜひ家族で「ラムネ温泉館」に訪れよう!

「ラムネ温泉館」は家族で訪れたい温泉施設!

この記事では、大分県竹田市にある「ラムネ温泉館」の魅力をまとめています。ラムネ温泉館には、内湯や外湯のほかに、家族風呂なるものがあります。そこで今回は、ラムネ温泉館の人気の温泉や、営業時間・休館日などの基本情報をわかりやすくお話しします。これを読めば、大分県竹田市のラムネ温泉館にぜひ行ってみたいと思えるはずです。

「ラムネ温泉館」で人気が高い温泉3選!

それでは早速ですが、大分県竹田市にある「ラムネ温泉館」の人気の温泉について解説していきます。ラムネ温泉館に訪れたら、どのような温泉に入るのがおすすめなのでしょうか。この記事を読めば、ラムネ温泉館で、後悔のない1日を過ごせるはずです。

この記事でお話しする、ラムネ温泉館で入れる人気の温泉は、次の3つです。「内湯・露天風呂・家族風呂」の3つです。内湯と露天風呂は、一般的な温泉ではもちろんのこと、銭湯でも設置されているのがほとんどです。

しかし、家族風呂というのは、他の温泉施設ではなかなか聞かないのではないでしょうか。家族風呂については後述しますが、ステキな温泉なのは間違いありませんので、どの方にもおすすめできます。それではまず、1つ目の人気温泉の内湯からご覧ください。

「ラムネ温泉館」で人気が高い温泉1:内湯

大分県竹田市にある「ラムネ温泉館」のおすすめ温泉、1つ目は「内湯」です。ラムネ温泉館に訪れたのなら、この内湯に入らないわけにはいきません。

ラムネ温泉館の内湯は、シンプルなデザインであり、心落ち着く「和」を感じるデザインとなっております。内湯は白が基調となっており、42度の温泉でからだを癒せます。余計なものが一切ない空間ですので、めいっぱいリラックスできます。

「ラムネ温泉館」で人気が高い温泉2:露天風呂

大分県竹田市にある「ラムネ温泉館」のおすすめ温泉、2つ目は「露天風呂」です。ラムネ温泉館は、外湯が露天風呂となっています。ラムネ温泉館の露天風呂の良いところは、開放感ある空間で、温泉とセットでリラックスできるという点にあります。

ラムネ温泉館の露天風呂は、内湯以上に広々としています。お風呂自体が広々としているので、外湯という開放感にあわせて、リラックスできます。なお、露天風呂の温度は32度と若干ひくめですが、長時間浸かっていれば、からだの芯から温まります。

「ラムネ温泉館」で人気が高い温泉3:家族風呂

大分県竹田市にある「ラムネ温泉館」のおすすめ温泉、3つ目は「家族風呂」です。家族風呂とは、カンタンに説明しますと「貸切風呂」のことを指します。

貸切風呂の良いところは、自分が知っている人だけしかいない空間で、心身ともにリラックスできるという点にあります。知らない人が温泉にいると落ち着かないという方は、おもいきって家族風呂を利用するのも1つの手です。

なお、家族風呂からは、中庭の落ち着いた風景が眺められます。42度と32度、それぞれのお風呂も用意されていますので、利用する方が思いっきりリラックスできる空間を演出しています。

「ラムネ温泉館」の基本情報!

ここまでの間で、大分県竹田市にある「ラムネ温泉館」の人気温泉についてお話ししました。続きましては、ラムネ温泉館の基本情報を解説していきます。

基本情報というと、営業時間や休館日などのことを指します。これらの基本情報を事前に知っておけば、いざラムネ温泉館へ行こうという時に、役立つことがあります。なので、ラムネ温泉館に興味を持っている方は、この記事で基本情報も知っておきましょう。

この記事では、ラムネ温泉館の、次のような基本情報をお話ししています。ラムネ温泉館の営業時間、休館日、利用料金、タオルなどの貸し出し品の有無、アクセス方法、駐車場。これらの基本情報は、事前に把握しておいて損はありません。

「ラムネ温泉館」の営業時間は?

大分県竹田市にある「ラムネ温泉館」の基本情報、1つ目は「営業時間」についてです。この項目を読んで、ラムネ温泉館は何時から何時までの間営業しているのか、きちんと知っておきましょう。事前に知っておけば、観光に出掛ける計画を立てやすいです。

調べてみたところ、ラムネ温泉館は昼前から営業を開始して、深夜前まで営業していました。ラムネ温泉館の営業時間は「10時から22時まで」の合計12時間です。

ラムネ温泉館が朝早くから営業していないのは、正直ざんねんです。朝早くに訪れて、ラムネ温泉館のおすすめの温泉で、気持ちの良い朝が迎えられないからです。

しかし、深夜前という夜遅い時間帯まで営業しているのは、素直に嬉しいです。夜にラムネ温泉館の露天風呂を利用すれば、夜空にかがやく星空を見ながら、シュワシュワの炭酸泉で極上のひと時を満喫できるからです。

それに、営業時間ぎりぎりの時間にラムネ温泉館に訪れば、利用しているお客さんがいなく、温泉をひとり占めできる可能性もあります。

「ラムネ温泉館」の休館日は?

大分県竹田市にある「ラムネ温泉館」の基本情報、2つ目は「休館日」についてです。ラムネ温泉館には、決まったお休みが設定されているのでしょうか。また、もし設定されているのなら、いつがお休みとなっているのでしょうか。

訪れる予定の場所の休館日を事前に調べておくことは、非常に重要です。営業時間よりも重要な情報です。もし、訪れた日がちょうどラムネ温泉館の休館日だったら、せっかく訪れたのに、その意味がなくなってしまいます。

そういった事態を回避するという意味でも、事前にラムネ温泉館の休館日を知っておきましょう。気になるラムネ温泉館の休館日は、次のテキストをご覧ください。

ラムネ温泉館の休館日を調べてみたところ、休館日は「毎月第1水曜日」となっていました。つまり、ラムネ温泉館は、月に1度しかお休みがないということになります。

お休みが月に1度なのは、多くの方にとってありがたいです。通常、観光スポットは月1ではなく、週1ペースでお休みが設定されている場所が多くあります。それに対して、ラムネ温泉館は月に1度しかお休みがありません。

なので、ラムネ温泉館は、非常に訪れやすい温泉施設と言えます。ふだんなかなかお休みが取れないという方に、ラムネ温泉館はおすすめの温泉施設です。

「ラムネ温泉館」の大浴場の利用料金は?

大分県竹田市にある「ラムネ温泉館」の基本情報、3つ目は「大浴場の利用料金」についてです。先に言っておきますと、ラムネ温泉館の利用料金は、大浴場と家族風呂で料金が異なります。ラムネ温泉館の大浴場に入りたい方は、本項目をしっかり読みましょう。

ラムネ温泉館の利用料金を調べてみたところ、大浴場の利用料金は、年代によって違いました。大人の利用料金が1番高く、3歳未満の幼児が1番安い料金設定でした。

まず、ラムネ温泉館にある、大浴場の大人の利用料金は「1回500円」となっております。500円支払えば、内湯と露天風呂に何度でも入れるということです。

次に、小人の大浴場の利用料金ですが「1回200円」に設定されていました。ラムネ温泉館でいう小人の定義は、「3歳以上で小学生以下」となっています。なので、ラムネ温泉館の大人の定義は、必然的に「中学生以上」ということになります。

そして、小人より下である、3歳未満の幼児の利用料金は「無料」と判明しました。3歳未満は、料金を支払うことなく大浴場に入れますので、ラムネ温泉館は、ますます家族で訪れるのにおすすめの温泉施設と言えます。

「ラムネ温泉館」の家族風呂の利用料金は?

大分県竹田市にある「ラムネ温泉館」の基本情報、4つ目は「家族風呂の利用料金」についてです。なので、こちらの項目は、ラムネ温泉館の家族風呂に入ろうと考えている方におすすめの項目と言えます。家族でラムネ温泉館に行く方は、ぜひご覧ください。

先に言っておきますと、ラムネ温泉館の家族風呂の利用料金は、大浴場の利用料金と異なります。大浴場よりけっこう高めに料金設定がされていました。

ラムネ温泉館の家族風呂の利用料金が、大浴場より高めに設定されているのは、仕方がないように感じます。というのも、大浴場は利用できる方の人数に限りがありませんが、家族風呂には限りがあります。そのため、家族風呂のほうが利用料金が高いんです。

ラムネ温泉館の家族風呂の利用料金は、次のようになっていました。家族風呂は「1時間2000円」に料金が設定されています。家族風呂は、大浴場のように回数制ではなく、時間制なんです。

回数制ではなく、時間制なのは残念ですが、考え方によってはラッキーです。というのも、ラムネ温泉館の家族風呂は人気があるので、大変混みやすいです。なので、もしラムネ温泉館が回数制だったら、その日1日入れないかもしれません。

でも、時間制だったら、家族風呂に入れるチャンスが何度もあります。だから、入れるチャンスが多い家族風呂は、時間制である意味ラッキーと言えます。

「ラムネ温泉館」のタオル等の貸し出し品は?

大分県竹田市にある「ラムネ温泉館」の基本情報、5つ目は「貸し出し品」についてです。ラムネ温泉館のような温泉施設に訪れて、気になるのは、施設内でタオルなどが借りられるのかということです。ラムネ温泉館では、貸し出し品があるのでしょうか。

結論を言いますと、ラムネ温泉館では、タオルとバスタオルの貸し出しを行っています。なので、極論、ラムネ温泉館にはお金さえあれば、手ぶらで訪れられるんです。

タオルやバスタオルの貸し出しがあると分かりました。では、もう1つの貸し出し品についても見てみましょう。シャンプーやリンスなどの貸し出し品についてです。

ラムネ温泉館では、家族風呂にのみ、シャンプーとリンスが備え付けられています。しかし、大浴場には、シャンプーとリンスの備え付けはありません。

「ラムネ温泉館」のアクセス方法は?

大分県竹田市にある「ラムネ温泉館」の基本情報、6つ目は「アクセス方法」についてです。いくら、ラムネ温泉館の営業時間や休館日がわかっても、アクセス方法がわかっていなければ、本末転倒です。この記事で、ラムネ温泉館の行き方を知っておきましょう。

ラムネ温泉館の公式ホームページをチェックしたところ、アクセス方法が紹介されていました。それによると、ラムネ温泉館には「自家用車」でのアクセスがおすすめと判明しました。ラムネ温泉館へは、自家用車で訪れましょう。

「ラムネ温泉館」の自家用車でのアクセス方法

先ほどもお話ししたとおり、大分県竹田市にある「ラムネ温泉館」のアクセス方法は、自家用車で訪れるのがおすすめです。自家用車での詳しいルートは、方向別にわかりやすく解説していますので、ラムネ温泉館に行くつもりの方は必見です。

ラムネ温泉館に自家用車でアクセスするルートは、全部で3通りあります。大分方面からラムネ温泉館に行くルート、竹田方面から行くルート、久住方面から行くルートの3つです。次のテキストでは、大分方面から行くルートを解説しています。

まずは、大分方面からラムネ温泉館へ行くルートについて。大分方面から行く場合は、県道30号線を走りましょう。その後「長湯山脇三叉路」を左折するのがポイントです。橋を渡って左折すれば、目的地であるラムネ温泉館にたどり着けます。

次に、竹田方面からラムネ温泉館へ行くルートですが、「竹田市会々七里」の交差点から県道47号線に入るようにしましょう。その後、長湯方面にまっすぐ向かえば、あとは大分方面のルートと同じルートになります。

最後に、久住方面からラムネ温泉館へ行くルートについて。久住方面のルートは、ほかの2ルートと大して変わりません。まずは、国道442号より県道30号線に入りましょう。あとは、長湯方面に向かい、大分方面と同じルートでラムネ温泉館に到着です。

「ラムネ温泉館」の駐車場は?

大分県竹田市にある「ラムネ温泉館」の基本情報、7つ目は「駐車場」についてです。ラムネ温泉館の公式ホームページが、自家用車でのアクセスをおすすめしていることかも、ラムネ温泉館に駐車場が用意されていることは言うまでもありません。

では、ラムネ温泉館が運営している駐車場には、何台までクルマを収容できるのか、それを本項目で解説します。ラムネ温泉館の運営駐車場は、それほど広いわけではありませんでした。駐車場の収容台数は、全部合わせて「30台」ほどとなっていました。

駐車可能台数が30台なのは、少し心もとないかもしれません。しかし、ラムネ温泉館の運営駐車場は、駐車料金が無料となっているため、料金面の心配はいりません。

Thumb『岡城跡』は大分竹田市の天空の城!駐車場や桜・雲海のおすすめ時期はいつ?
大分県竹田市にある城跡の「岡城跡」は、天空の城として話題となっています。桜の時期や雲海の見え...

ぜひ家族で「ラムネ温泉館」に訪れよう!

大分県竹田市にある「ラムネ温泉館」の魅力、おわかりいただけたでしょうか。ラムネ温泉館の人気温泉は、内湯、外湯、家族風呂の3つです。どの温泉も非常におすすめで、特に家族揃ってのひと時を大事にしたい方は、家族風呂を利用するのがおすすめです。あなたがラムネ温泉館に訪れて、ステキな思い出が作れることを願っています。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
ぐりむくん

人気の記事

人気のあるまとめランキング