造山古墳の歴史や観光の見どころを紹介!アクセス方法や駐車場情報は?

全国的にも貴重な遺跡が集中し、日本有数の古墳地帯として知られている、岡山。その中でも、国の史跡として指定されている「造山古墳」は特に有名です。大きさや歴史、見どころ、発掘品、アクセス方法に駐車場情報まで、造山古墳の観光情報について詳しくまとめました。

造山古墳の歴史や観光の見どころを紹介!アクセス方法や駐車場情報は?のイメージ

目次

  1. 1造山古墳の歴史や観光の見どころを知ろう!
  2. 2古墳巡りなら岡山へ!日本有数の古墳地帯
  3. 3全国4位の大きさを持つ岡山の「造山古墳」
  4. 4岡山の「造山古墳」と「作山古墳」の違い
  5. 5朝鮮半島の関わりもあった!造山古墳の歴史
  6. 6倭王のうちの一人?造山古墳の被葬者とは
  7. 7造山古墳の観光の見どころをご紹介!
  8. 8造山古墳の観光の見どころ1:前方部にある石棺
  9. 9造山古墳の観光の見どころ2:後円部からの展望
  10. 10造山古墳の観光の見どころ3:後円部にある土塁跡
  11. 11造山古墳の観光の見どころ4:後円部から中央部に続く桜並木
  12. 12倉敷駅から造山古墳へのアクセス方法
  13. 13車でのアクセスも!造山古墳周辺の駐車場
  14. 14造山古墳周辺の古墳&寺社巡りもおすすめ
  15. 15造山古墳の周辺観光1:作山古墳
  16. 16造山古墳の周辺観光2:こうもり塚古墳
  17. 17造山古墳の周辺観光3:千足古墳
  18. 18造山古墳の周辺観光4:備中国総社宮
  19. 19造山古墳の周辺観光5:備中国分寺
  20. 20岡山に行くなら見どころ溢れる造山古墳を観光!

造山古墳の歴史や観光の見どころを知ろう!

吉備国の中枢を占め、全国的にも貴重な遺跡が集中する地域として知られる、岡山。日本有数の古墳地帯である岡山ですが、その中でも特に有名なのが「造山(つくりやま)古墳」という国指定史跡の大規模古墳です。大きさや歴史、見どころ、発掘品、アクセス方法に駐車場情報まで、造山古墳観光をより充実したものにする観光情報をまとめました。

古墳巡りなら岡山へ!日本有数の古墳地帯

土を高く盛り上げるようにして造られた、墳丘を持つ墓「古墳」。古墳は位の高い者や権力者を埋葬するための墓で、主に東アジア各地で見られています。日本の歴史上では一般的に、3世紀半ばから7世紀代にかけて盛んに築造されていたといわれています。

そんな深い歴史を感じることのできる古墳は全国各地に多数点在しており、古墳巡りを楽しむ人も多くいます。歴史好きの人にとってはたまらない、ロマンが溢れる古墳巡り。古墳巡りを楽しむのであれば、岡山の古墳地帯を訪ねてみることをおすすめします。

岡山には「吉備路(きびじ)」と呼ばれるエリアがあるのですが、吉備路は全国有数の古墳地帯として知られているんです。吉備路は古代日本の地方国家であった「吉備王国」時代の中心となっていた場所で、古墳をはじめとした多くの史跡が残されています。

兵庫(18841基)、鳥取(13459基)、京都(13089基)、千葉(12750基)に続き、11726基もの古墳を持っている古墳の宝庫、岡山。岡山に存在する古墳の中でも特に広く知られているのが、自由に立ち入ることのできる巨大古墳「造山古墳」です。

全国4位の大きさを持つ岡山の「造山古墳」

岡山を代表する古墳である「造山古墳」は、全国で4番目の大きさを持つ巨大古墳です。鍵穴形をした前方後円墳で、その大きさは全長350メートルにもおよびます。

造山古墳を超える大きさを持つ古墳は、大きさ順に、全長486メートルの「大仙古墳(仁徳天皇陵古墳)」、全長425メートルの「誉田御廟山古墳(応神天皇陵古墳)」、全長365メートルの「石津ヶ丘古墳(履中天皇陵古墳)」です。全て大阪に位置しています。

大仙古墳、誉田御廟山古墳、石津ヶ丘古墳は、造山古墳を超える大きさを持つ古墳ではありますが、これらはいずれも天皇陵(天皇の墓)であるため一般人の立ち入りは禁止されており、観光することはできなくなっています。そのため、自由に出入りすることのできる古墳としては、岡山の造山古墳が日本最大の大きさということになります。

岡山の「造山古墳」と「作山古墳」の違い

岡山の造山古墳観光について調べていると「作山(つくりやま)古墳」という古墳名を目にすることがあります。漢字は違うものの、読み方は造山古墳と同じ。造山古墳と作山古墳を同じものであると捉えたり、両古墳の違いが分からず混乱してしまいがちです。

結論からいうと、造山古墳と作山古墳は全くの別物になります。造山古墳が岡山県岡山市北区新庄下にに位置しているのに対し、作山古墳が位置しているのは岡山県総社市三須。作山古墳は造山古墳に続き、岡山で2番目の大きさを持つ巨大古墳です。

造山古墳が築造されたと推定されているのは、古墳時代中期である5世紀前半ごろ。作山古墳は、造山古墳よりもあとの5世紀半ばごろであると推定されています。造山古墳と同じく前方後円墳で、これまでに本格的な発掘調査は実施されていないのだそうです。

造山古墳と作山古墳はそれぞれ「つくりやまこふん」という同じ読み方をすることから、両古墳を区別するため、造山古墳を「ぞうざんこふん」、作山古墳を「さくざんこふん」という風に呼び分けられることもあります。

朝鮮半島の関わりもあった!造山古墳の歴史

造山古墳の歴史のはじまりは5世紀ごろ。今から1500年から1600年ほど前までその歴史は遡ります。墳丘の形状やこれまでに発掘された出土品の制作時期などから考えて、造山古墳は古墳時代の中期にあたる5世紀前半ごろに築造されたのではと推測されています。

造山古墳には6基の「陪塚(ばいづか・ばいちょう)」が見られます。陪塚というのは大型古墳とともに古墳群を形成している小型古墳です。陪塚は、大型古墳の被葬者である首長の親族や臣下を埋葬したり、大型古墳の被葬者のための副葬品を埋納するために築造されていました。

造山古墳にある6基の陪塚のうちのひとつである、全長35メートル規模の「榊山古墳」から、歴史的に興味深い珍しい出土品が発掘されているんです。ここで発掘されたのは「馬形帯鉤(ばけいたいこう)」という、青銅製の鉸具。いわゆる「バックル」です。

馬形帯鉤の歴史は、実は朝鮮半島にあります。原三国時代から三国時代にかけて発掘されていたという馬形帯鉤。朝鮮半島の「嶺南」をはじめとした東南部地域から「京畿道・忠清道」などの中西部地域にかけて多く分布していたのだそうです。

このように、朝鮮半島で多く発掘されている馬形帯鉤が岡山の造山古墳で発掘されたことが意味するのは、かつての朝鮮半島と吉備王国になんらかの結び付きがあったということ。造山古墳で発掘されたこのような珍しい出土品は、この超巨大古墳が築造された時代の生活や社会、そしてそれらの歴史を想像させてくれます。

倭王のうちの一人?造山古墳の被葬者とは

造山古墳を観光するからには、この場所に埋葬されている人物、被葬者が誰であるのかも知っておきたいところです。しかし残念ながら、造山古墳についての文献からは被葬者に関する情報は得られておらず、現在も不詳のままなのだそうです。

宮内庁により皇族の墳墓であると指定され、被葬者を特定するための資料が欠けている陵墓を「陵墓参考地」というのですが、造山古墳はその陵墓参考地には指定されていません。しかし、本格的な造山古墳の内部についての調査は不十分であり、考古学的にも被葬者について詳しく解明されていないというのが現状です。

このあたりには、弥生時代の「上東遺跡」、2世紀後半から3世紀ごろの「楯築遺跡」、3世紀後半から4世紀ごろの「中山茶臼山古墳」、5世紀半ばごろの「作山古墳」、6世紀後半ごろの王墓山古墳など、歴史的な古墳や遺跡の多い地域です。

その中でもこの造山古墳は、古来よりこの一帯を支配してきた勢力の首長級の古墳です。そしてさらに、大阪にある三つの天皇陵を除くと日本最大級の古墳でもあることから、造山古墳にはヤマト王権に匹敵する勢力の首長の陵墓であるのではと考えられています。

そのほかにも、吉備大国に存在した単独の勢力ではなく、当時ヤマト王権と連合していた倭の五王(讃・珍・済・興・武)のうちの一人が埋葬されているのではないかと推測している研究者もいるそうです。

造山古墳の観光の見どころをご紹介!

造山古墳の大きさや歴史など、造山古墳がどのような古墳であるのか分かってきたところで、造山古墳の観光の見どころについて見ていきましょう。

華やかな観光名所とは違い、どうしても地味なイメージを持たれがちな古墳。ですが、実際に立ち入ることのできる造山古墳には、ほかの古墳にはない魅力溢れる見どころがたくさん詰まっているんです。やはり眺めるのと体感するのには大きな違いがあるものです。

以下でご紹介するのは、前方部の頂上にある石棺、後円部からの展望、後円部にある土塁跡、そして後円部から中央部に続く桜並木の4つの見どころ。事前に造山古墳の見どころをしっかりと押さえ、造山古墳観光をより充実したものにしましょう。

造山古墳の観光の見どころ1:前方部にある石棺

造山古墳の見どころといえばやはり「石棺(せっかん)」でしょう。石棺とはその名の通り、亡骸を収めるために石材で造られた棺です。

造山古墳の前方部を登っていくと、頂上に荒神社があります。その傍らに、手水鉢として置かれてあるのがこの石棺。本来であれば亡骸を収めるために利用されるべき石棺を、神前で口をすすぎ身を清めるための手水鉢として利用しているところがシュールです。

この石棺は「長持型石棺」といって、底面の石、側面の石、そして蓋石の6つの石を組み合わせて造られたもの。阿蘇凝灰岩製をくり抜いて造られたそうで、当然手作業で行なっていたであろう当時の工人たちの苦労も感じられます。

現在はこうして造山古墳にある石棺ですが、実際のところ、造山古墳で発掘されたものなのか、どこか周辺の古墳で発掘されてここに持ち込まれたものなのか、この石棺の歴史ははっきりとは分かっていないそうです。ですが、阿蘇凝灰岩製である、つまり阿蘇から運ばれてきた石であることからして、被葬者はかなり裕福であったと推測されています。

造山古墳のこの石棺のように、こんなにも間近で見ることができ、実際に触れることのできる遺物はなかなかありません。「体感」できることが、造山古墳最大の魅力でしょう。

造山古墳の観光の見どころ2:後円部からの展望

大阪にある3つの天皇陵を除くと日本最大級の規模を持つ、巨大な造山古墳。あまりにも大きすぎて、まるで展望台のようです。頂上からは抜群の景色を望むことができます。

展望スポットとしておすすめなのが、造山古墳の前方部。ハイキングコースのような山道をひたすら登っていくと、頂上が見えてきます。29メートルの高さ(7〜8階建てのビル相当)であるため、造山古墳の周辺一帯を見渡すことができるんです。特に最前部から眺める景色がとてものどかで、癒しを与えてくれます。

造山古墳には6基の陪塚があると先述しましたが、そのうちのひとつである「千足古墳」もこの場所から眺めることができます。造山古墳から近いので千足古墳観光も合わせて古墳巡りを楽しんでみることをおすすめしますが、こうして遠くから全貌を望んでみるのも、近くで見るのとはまた違う味があってなかなかいいものです。

前方部を振り返ってみると、造山古墳に隣接するように密集している民家の姿を見ることができます。造山古墳は古墳の周囲に堀が造られていないので、まるで民家が古墳を支えるかのようにしてすぐそばに位置しているのです。

造山古墳の観光の見どころ3:後円部にある土塁跡

造山古墳の後円部には、とある土塁の跡が残されています。土塁とは、敵の侵入を防ぐために築造された土製の堤防状の壁のことを指しています。

そしてこの土塁はなんと、あの有名な戦国時代「備中高松城の戦い」に関するものだったのです。「高松城水攻め」の際に造山古墳の後円部に毛利方の陣が築かれ、そのときの土塁跡が今もこうして残されているのだそうです。

戦国時代、この場所から高松城水攻めの様子を眺めていたのかもしれません。歴史上の人物たちが見たと思われる景色を共有することで、さまざまな想像が湧いてきます。歴史好きの人の心をくすぐる場所であることは間違い無いでしょう。

造山古墳の観光の見どころ4:後円部から中央部に続く桜並木

後円部から中央部へと続く部分には、桜の木が並んでいます。春になると一斉に花を咲かせ、淡い色をしたピンクの桜並木が造山古墳を彩ります。いつもは地味な造山古墳も、桜の時期になると一変して華やかな場所になるのです。

桜の花が咲く時期であれば、造山古墳の桜並木の下でお花見を楽しんでみるのもいいかもしれません。古墳の上でお花見なんて経験は、造山古墳でなければまずできないでしょう。こうした貴重な体験をすることができるのも、造山古墳の魅力です。

倉敷駅から造山古墳へのアクセス方法

造山古墳へのアクセス方法についてですが、JR倉敷駅を岡山観光の拠点とする人が多いと思うので、JR倉敷駅からの公共交通機関での行き方をご紹介します。

まず、JR倉敷駅から電車とバスを利用した行き方です。JR倉敷駅から伯備線に乗車し、JR総社駅で下車します。ここまでの所要時間は約12分。そこから中鉄バスに乗り換えて約15分、千足停留所で下車します。千足停留所から徒歩5分ほどで造山古墳に到着です。

次に、JR倉敷駅からバスのみを利用した行き方です。まず、JR倉敷駅前から中鉄バスに乗車し、国分寺前停留所で下車します。ここまでの所要時間は約26分。国分寺前停留所から徒歩10分ほどで造山古墳にアクセスすることができます。

電車とバスを利用した行き方もバスのみを利用した行き方も所要時間にさほど違いはありませんが、乗り換えが面倒だったり、少し歩くくらいは問題ないという場合であれば、よりスムーズなバスのみを利用した行き方をおすすめします。

車でのアクセスも!造山古墳周辺の駐車場

造山古墳まで、公共交通機関ではなく自家用車やレンタカーでのアクセスをお考えの人もいるかと思います。JR倉敷駅からであれば、約25分でアクセスすることができます。

自家用車やレンタカーでアクセスする場合、気になるのが駐車場情報ではないかと思います。造山古墳には、古墳の東側入口あたりに広々とした駐車場が設けられています。駐車料金は無料なので、気軽に利用することができておすすめです。

造山古墳周辺の古墳&寺社巡りもおすすめ

古代日本の地方国家「吉備王国」時代の中心であった、この吉備路という地。古墳をはじめとした多くの史跡が残されている、歴史好きにとってはたまらないエリアです。

せっかく吉備路を訪れるのであれば、造山古墳だけでなく周辺の古墳巡りや寺社巡りも合わせて楽しんでみてはいかがでしょうか。造山古墳観光と合わせておすすめしたい、造山古墳周辺の古墳や寺社を5ヶ所厳選してご紹介します。

造山古墳の周辺観光1:作山古墳

まずは、先にご紹介した造山古墳と同じ読み方の名前を持つ「作山古墳」です。造山古墳から北東に4キロほど離れたところに位置しています。車であれば、造山古墳から10分弱でアクセスすることができます。

作山古墳は、全長282メートル、高さ24メートルの大きさを持つ大型の前方後円墳で、岡山県内では造山古墳に続く第2位の大きさ、また全国でも第10位の大きさの古墳としても知られています。

造山古墳が未発掘の古墳であると先述しましたが、この作山古墳も同じく発掘が行われておらず、被葬者の特定もされていない古墳です。国の史跡として指定されてはいるものの、造山古墳とは違い一般的にはあまりその価値が論じられていない作山古墳ですが、古墳としてのスケールはとても素晴らしいものです。

造山古墳のように、天皇陵ではないため実際に立ち入ることのできる作山古墳。その歴史の深さを肌で感じてみてはいかがでしょうか。単純にのんびりと散歩してみるのもいいですし、ガイドさんから歴史について教わって理解を深めてみるのもおすすめです。

造山古墳の周辺観光2:こうもり塚古墳

「こうもり塚古墳」は、岡山県総社市に位置している古墳です。造山古墳から北東に2キロほど離れたところに位置しています。車であれば約6分、徒歩だと25分ほどでアクセスすることができます。

こうもり塚古墳は、全長100メートルほどの大きさの前方後円墳です。国の史跡に指定されており「くろひめ塚」という旧称で呼ばれることもあります。「箭田大塚古墳」「牟佐大塚古墳」と並ぶ「岡山県下三大巨石墳」のひとつとしても有名です。

こうもり塚古墳は自然の丘陵を利用した古墳で、古墳時代後期から終末期にかけての6世紀後半ごろに築造されたと推測されています。埴輪や葺石などについては発掘されておらず、存在が確認されていません。

古墳巡りをしていると、石室を見てみたい、石室に入ってみたいという思いが膨らむ人も少なくないと思いますが、こうもり塚古墳はそんな希望を叶えてくれる古墳なんです。こうもり塚古墳は石室が丸見えになっていて、実際にその造りを見ることができるのです。

こうもり塚古墳が以前「くろひめ塚古墳」と呼ばれていたのは、かつて仁徳天皇に愛されたという、美人で評判の吉備王国の豪族の娘「黒姫」の墓とされていたからでした。

しかし、仁徳天皇の時代とこの古墳が築造された時代に100年もの隔たりがあることから名称の変更が検討されはじめました。その際に、この石室にコウモリがたくさん棲息していたことから名前を取り、新たに「こうもり塚古墳」という名称を定めたのだそうです。

造山古墳の周辺観光3:千足古墳

造山古墳とほぼ同じエリア、岡山県岡山市北区新庄下に位置している「千足(せんぞく)古墳」も吉備路の古墳巡りにおすすめです。造山古墳から南西に450メートルほどしか離れておらず、徒歩でも6分ほどでアクセスすることができます。

千足古墳の大きさは、全長80メートル、後円部径60メートル、高さ6.8メートル、前方部幅25メートル。造山古墳の6基の陪塚のうちのひとつである小型古墳です。ほかとは形状の異なる帆立貝形古墳で、直弧文の彫刻が見られる石障があることで知られています。

造山古墳の周辺観光4:備中国総社宮

「備中国総社宮」は、岡山県総社市総社に位置している神社です。造山古墳から西に6キロほど離れたところに位置しており、車だと13分ほどでアクセスすることができます。JR東総社駅からもすぐで、アクセスは比較的便利です。

備中国総社宮は「総社市」という市名の由来にもなったという総社宮です。総社宮とは、日本国内で特定地域内の神社の祭神を集めて祀り、巡礼を簡略化させた合祀神社のことを指しています。備中国総社宮では、324社の神が祀られています。

拝殿へと続いている長く広々とした回廊は大変立派なもので、古代からの厳かな雰囲気を感じられる空間となっています。また、池の水面にはそんな回廊の姿が映し出されており、幻想的な光景を楽しむこともできます。

造山古墳の周辺観光5:備中国分寺

最後にご紹介するのは、岡山県総社市に位置している真言宗御室派の寺院「備中国分寺」です。造山古墳からは南西に2.5キロほどのところに位置しており、車であれば6分ほどでアクセスすることができます。

備中国分寺の見どころはなんといっても、重要文化財にも指定されている五重の塔。田園風景の中に現れる五重の塔の姿は素晴らしく、塔に刻まれた色彩の残っていない彫刻からもその歴史を感じさせられます。吉備路のシンボル的な存在ともなっているので、一度足を運んでみる価値ありです。

Thumb備中国分寺は五重塔のライトアップが見もの!季節の花も楽しめておすすめ!
この記事では、備中国分寺の魅力を紹介します。備中国分寺は、五重塔を観光するのがおすすめで、周...

岡山に行くなら見どころ溢れる造山古墳を観光!

いかがでしたか?岡山にある国指定史跡「造山古墳」の大きさや歴史、見どころ、発掘品、アクセス方法に駐車場情報まで、観光情報をご紹介しました。全国4位の大きさを持ち、敷地内に立ち入ることのできる墳墓としては世界最大級規模の造山古墳。造山古墳にある遺物を間近で見たり実際に触れたりして、古墳のスケールを体感してみてください。

関連記事

Original
この記事のライター
rikorea.jp

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ