洋食キムラの名物ハンバーグやメニューを紹介!横浜の有名老舗を調査!

洋食キムラといえば、神奈川県の横浜にある有名な洋食の老舗です。こちらではそんな横浜の洋食キムラの定番のメニューであるハンバーグやハンバーグ以外のおすすめのメニュー、洋食キムラの歴史や、店舗の情報などをご紹介していきます。

洋食キムラの名物ハンバーグやメニューを紹介!横浜の有名老舗を調査!のイメージ

目次

  1. 1横浜の「洋食キムラ」を大調査
  2. 2横浜「洋食キムラ」の歴史
  3. 3横浜「洋食キムラ」のロゴマーク
  4. 4横浜「洋食キムラ」ハンバーグへのこだわり1:タネ
  5. 5横浜「洋食キムラ」ハンバーグへのこだわり2:ソース
  6. 6横浜「洋食キムラ」ハンバーグへのこだわり3:鉄板
  7. 7横浜「洋食キムラ」おすすめメニュー1:ハンバーグ
  8. 8横浜「洋食キムラ」おすすめメニュー2:チーズバーグ
  9. 9横浜「洋食キムラ」おすすめメニュー3:カニクリームコロッケ
  10. 10横浜「洋食キムラ」おすすめメニュー4:ポークカツ
  11. 11横浜「洋食キムラ」おすすめメニュー5:ビーフシチュー
  12. 12横浜「洋食キムラ」おすすめメニュー6:タンシチュー
  13. 13「洋食キムラ」の店舗情報
  14. 14「洋食キムラ」のお持ち帰り
  15. 15「洋食キムラ」のお取り寄せ
  16. 16「洋食キムラ」に絶品洋食を食べに行こう

横浜の「洋食キムラ」を大調査

港町横浜にはおしゃれなお店や歴史のあるお店がたくさんあります。洋食キムラはそんな横浜の洋食の老舗として、現在もとても人気があるお店です。こちらではそんな横浜の洋食キムラの歴史や定番メニューであるハンバーグへのこだわり、ハンバーグ以外のおすすめのメニューに関してなど様々な情報をご紹介します。

横浜「洋食キムラ」の歴史

洋食キムラは創業が昭和13年という老舗の洋食屋さんです。実は洋食キムラは創業当初は「銀座ランチカウンター2号店」という名前でした。店舗も横浜の関内にありました。

この銀座ランチカウンター2号店が「洋食キムラ」になったのは戦争の影響で外国語が禁止になったからでしたが、今となると「洋食キムラ」の方が親しみやすく感じます。

その後戦争の影響で、店舗は関内から花咲町に移転します。平成6年からは野毛の店舗が本店の様になっており、この他にも支店一つ運営しています。

初代である貴邑富士太郎は、洋食が日本人の口に合うように長い間研究を重ねました。その味と熱意は現在の3代目まで受け継がれ、多くの人に愛され続けています。

Thumb横浜にある洋食の名店レストラン特集!ランチで有名な老舗や駅チカのお店も!
日本の西洋文化発祥の地である神奈川県の横浜は、西洋料理を日本人に馴染みやすいようにアレンジし...

横浜「洋食キムラ」のロゴマーク

洋食キムラにはちょっと変わったロゴマークがあります。このロゴマークは看板のみならず、神ナプキンやおしぼりの袋にまで印刷されています。

円形のロゴマークは外側に「YOKOHAMA RESTURANT KIMURA」という文字が円を描くように描かれ、円の中心の絵は実は河童です。よく見ると河童の後ろ姿に見えるような気がします。

どうして河童をロゴマークにしたかというと、初代が小説好きで、芥川龍之介の「河童」という作品に感動したからなのだそうです。

芥川龍之介の「河童」はとある精神病患者が主人公で、主人公が数年前に山奥で河童の世界に迷い込んだ時の話から始まります。

河童の世界は人間の世界とは常識や物の考え方が全く違う世界で、そんな世界から人間社会の風刺をしたり批判をしたりする小説です。

初代の河童好きは相当なもので、河童好きの著名人が月に一度集まって河童に関して語らうという「河童会」に参加するほどでした。

その中の一人が著名な彫金家で、彼が作った「河童像」は洋食キムラの守り神のようになりました。そしてこのロゴマークは実は初代自らが書いた河童の絵です

初代は飲食店を始める前、図面を書く仕事をしていましたので、絵にも自信があったのでしょう。河童の後ろ姿をイメージしたロゴはとても味があります。

横浜「洋食キムラ」ハンバーグへのこだわり1:タネ

洋食キムラの一番のおすすめといえばハンバーグなのですが、このハンバーグには多くのこだわりが詰まっています。まずはタネです。

洋食キムラのハンバーグは1日では作れません。洋食キムラのハンバーグは店舗で提供する前日から仕込まれています。

ハンバーグに使う肉は豚が4、牛が6の割合の合いびき肉を2度挽きしたものを使用します。10種類以上のスパイスや調味料、タマネギのみじん切りと2種類パン粉を肉とよく混ぜ合わせます。

そこに生卵、赤ワイン、サラダ油などを入れ粘りを出したらさらに牛乳と生クリームを加え混ぜます。そして具材がなじむまで少し寝かせます。

そしてそのタネは軽く仮焼され旨味を閉じ込めた状態で一晩冷蔵庫で寝かされます。そして次の日に注文が入ると、やっと焼き上げられるのです。

Thumb横浜のおいしいハンバーグ名店ランキングTOP17!おすすめのランチも!
多くの飲食店が集まる横浜は、首都圏屈指のグルメスポットです。中でも「ハンバーグ」に関しては、...

横浜「洋食キムラ」ハンバーグへのこだわり2:ソース

洋食キムラのハンバーグの命であるデミグラスソースは、ブイヨンづくりから多くの時間と手間をかけて行われます。

ブイヨンは、牛のバラ肉をタマネギ、パセリ、セロリなどの香味野菜やニンジン、ローリエなどと6時間ほど煮込んで作られます。丁寧に何度も何度もアクをとり、澄んだブイヨンが出来上がります。

そしてここに白い「ブールマニエ」と、黒い「ブラックルー」の2種類のルーを入れていくのですが、この2種類のルーも大変な時間をかけて作られたものです。

「ブールマニエ」はバターとブイヨンを作る際に浮いた油を小麦粉と合わせ、弱火でゆっくりと仕上げたルーです。

そして「ブラックルー」はラードと小麦粉を1時間以上炒め、トマトペースとピューレを加え7時間もかけて水分を飛ばすようにゆっくりと火にかけて仕上げたルーです。

それらを独自の割合でブレンドし、煮込みます。そして最後の仕上げに加えるのが梅酒です。しかもこの梅酒は自家製で3年も寝かせられたものです。この梅酒はデミグラスソースの為だけに3年もかけて作られたものです。

洋食キムラでは老舗の味の命でもあるデミグラスソースの材料や作り方を様々なサイトなどで公開しているので、競合他社に真似されないかと心配になりますが、これだけの手間暇をかけても真似するというところは少ないでしょう。

老舗と呼ばれ多くの人に愛されるお店と言うのは、このように料理に対して時間と手間を惜しまずに向き合う努力が必要です。

横浜「洋食キムラ」ハンバーグへのこだわり3:鉄板

そして洋食キムラのハンバーグと言えば、可愛らしいホタテの貝殻の形をした鉄板です。この鉄板は創業期から使っている型で、南部鉄でできています。

南部鉄はさびにくいので、長く使え、熱が均一に伝わります。また保温性に優れているというのも特徴です。

鉄板が熱くなっていますので、最後まで熱々のハンバーグを食べることができます。また、この方に卵を落とすと、卵が貝殻の真珠の様に見えるのも計算した盛り付けだそうです。

横浜「洋食キムラ」おすすめメニュー1:ハンバーグ

洋食キムラのおすすめメニューとしてまず挙げるのはもちろんハンバーグです。こちらは不動の一番人気です。素材こだわり2日間かけて作られたハンバーグは口に入れると溶けるように無くなっていきます。

デミグラスソースは少し酸味があるのですが、卵を混ぜながらいただくととてもマイルドな味わいになります。

ハンバーグはもちろんご飯と合わせていただいても良いですし、洋食キムラのオリジナルの三日月型のパンにはさんでいただけば、デミグラスソースと肉汁がパンに染みこみ、とても贅沢なハンバーガーになります。

ハンバーグはパンもしくはライスが付いた「ハンバーグセット」が1320円です。お値段はちょっと美味しい老舗の洋食屋さんのお値段です。

横浜「洋食キムラ」おすすめメニュー2:チーズバーグ

洋食キムラでハンバーグと同じくらい人気があるのがチーズバーグです。チーズバーグはハンバーグにチーズがかかっているのですが、ハンバーグが丸々隠れてしまうほどたっぷりのチーズです。

チーズバーグはチーズの濃厚なコクと肉汁がデミグラスソースと絶妙なバランスなのですが、やはりたっぷりとチーズが使われていますので、ボリューム感があります。

好みによると思いますが、洋食キムラのこだわりのデミグラスソースをしっかりと堪能したい場合には通常のハンバーグの方がおすすめです。

チーズバーグもパンもしくはライスがついた「チーズバーグセット」が1620円です。普通のハンバーグよりも少しだけお高くなります。

横浜「洋食キムラ」おすすめメニュー3:カニクリームコロッケ

家族や友人、恋人などと洋食キムラを訪れるなら、一品は一番人気のハンバーグ、もう一品は別のメニューを注文してシェアするのもとてもおすすめですし、少しお腹に余裕があれば、単品でもう一品頼むのも良いでしょう。

そんなときにおすすめしたいのが「カニクリームコロッケ」です。こちらのカニクリームコロッケに使用されているカニはズワイガニです。

ズワイガニはカニの中でも甘みが強く、カニ本来のうまみが味わえるカニとしても人気があります。こちらのカニクリームコロッケにはそんなズワイガニのほぐし身がたっぷり入っています。

さらに特徴的なのは、ホワイトソースの中に加えられるカニミソです。カニミソのコクが加わったホワイトソースで作られたカニクリームコロッケは、まずはソースをつけないで味わってみましょう。

そしてそのあとに自家製のマヨネーズやケチャップをつけて食べてみてください。サクサクに揚げられた衣と濃厚なクリームソースのバランスは抜群です。カニクリームコロッケはセットで1960円です。

横浜「洋食キムラ」おすすめメニュー4:ポークカツ

洋食キムラではカニクリームコロッケが人気があることからもわかる通り、揚げ物もとても美味しいです。

揚げ物は意外と家庭では難しい上にキッチンが汚れますので、外食した際には揚げ物を食べるという人もいるでしょう。そんな方にはこちらのポークカツがおすすめです。

洋食キムラのポークカツは上質な豚肉を使用し、適度な温度で、カラッと揚げられていますので、外側はカリカリで、中はとてもジューシーで柔らかいです。ソースにはウスターソースが添えられてきます。

ポークカツは分厚いのですが、なんと1人前に2枚もポークカツがついてきます。女性や小食な方にはけっこうなボリュームになります。ポークカツはセットで2100円になります。

横浜「洋食キムラ」おすすめメニュー5:ビーフシチュー

洋食キムラの人気メニューであるハンバーグの人気を支えているおはデミグラスソースであるといっても過言ではないでしょう。

そんな絶品のデミグラスソースを思いっきり堪能したいというのならば、こちらのビーフシチューがとてもおすすめです。

洋食キムラのビーフシチューはとにかく具沢山です。ニンジン、ジャガイモ、タマネギ、インゲン、ナスなどと言った野菜が軽くソテーされて、大きめに切られて入っています。

そして肝心の牛肉は厚さ1センチほどで、縦横が6センチ、3センチほどの大きさのものが2切れ入っています。お肉は口の中でとろけるタイプではなく、少し食感が楽しめるタイプのお肉です。

さらに特徴的なのは、このビーフシチューには卵が落とされていることです。洋食キムラのデミグラスソースは少し酸味がありますので、卵を混ぜながらいただくと、味が少しまろやかになります。

ビーフシチューは他のお料理と比べて少しお値段があがり、セットで1人前3500円です。少し勇気のいるお値段ですが、老舗の自慢のデミグラスソースをたっぷり使ったビーフシチューをぜひ試してみてください。

横浜「洋食キムラ」おすすめメニュー6:タンシチュー

洋食キムラのデミグラスソースを堪能できるメニューとしてもう一つ人気なのがこちらのタンシチューです。

タンシチューにもビーフシチューと同じようにニンジン、ジャガイモ、タマネギ、インゲン、ナスなどと言った野菜がごろごろと入っています。

そして肝心のタンは大きめで分厚いものが2枚から3枚ほど入っています。またタンシチューは牛タンのブイヨンを6時間以上かけて煮込んだものをベースにしているので大変うまみが凝縮しています。

タンシチューもビーシチューと同様に少しお値段が上がり、セットで1人前3500円になりますので、お手軽ではありませんが、それほどの価値があるタンシチューです。

「洋食キムラ」の店舗情報

現在洋食キムラの店舗は2店舗あります。1店舗目は本店ともいえる野毛にある店舗です。野毛の店舗はJR桜木町駅から徒歩6分ほどのところにあります。

野毛の店舗の内装は、ナチュラルな木造風の店内に赤いチェックのクロスが引かれたテーブルが、昔ながらの洋食屋さんのイメージで落ち着きがあります。

そしてもう1店舗は、新横浜のキュービックプラザの9階にあります。こちらも店舗の内装はシンプルで落ち着いた内装です。

いずれの店舗も駅から近く、観光地なども近いですので、近くに訪れた際にはぜひ洋食キムラに立ち寄ってみましょう。

「洋食キムラ」のお持ち帰り

洋食キムラでは、人気メニューのいくつかをお持ち帰りしてご家庭で楽しんでいただくことができます。

一人でレストランで食事をするのが嫌だという方や、小さなお子様がいてなかなかレストランでの外食は難しいなどと言う場合にもこのサービスは便利です。

お持ち帰りできるメニューには、ハンバーグ、ビーフシチュー、タンシチュー、ハンバーグサンドイッチ、ポークカツサンドイッチです。洋食キムラの持ち帰りサービスもぜひ利用してみてください。

「洋食キムラ」のお取り寄せ

実は横浜で人気の洋食キムラの料理は、一部お取り寄せをすることが可能です。お取り寄せは料理が真空パックになっていて、クール便で地方発送が可能です。

お取り寄せできるメニューとしては人気のハンバーグ、ビーフシチュー、タンシチューです。送料はかかりますが、ハンバーグは1130円、ビーフシチューは2400円、タンシチューも2400円とお店でいただくより少しお得なのも見逃せません。

洋食キムラは現在横浜エリアに2店舗しかありませんので、遠方の方はぜひこのお取り寄せを試してみてはいかがでしょうか。

「洋食キムラ」に絶品洋食を食べに行こう

いかがでしたでしょうか。横浜の人気店である洋食キムラについてご紹介してみました。地元の人に長い間愛され続けるハンバーグには多くの時間と手間がかけられています。横浜に行った際にはぜひ洋食キムラに行って、歴史ある絶品ハンバーグや洋食を食べに行きましょう。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
akkey

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ