「大手饅頭(まんぢゅう)」は岡山備前銘菓!販売店やおすすめの食べ方は?

岡山と言えばたくさんの観光地や名産品が豊富なスポットのひとつです。そんななかでも岡山備前銘菓として大手饅頭(まんぢゅう)は、日本三大饅頭とも言われている人気が高いお菓子です。今回は、岡山備前銘菓の大手饅頭(まんぢゅう)の魅力やおすすめの食べ方と紹介します。

「大手饅頭(まんぢゅう)」は岡山備前銘菓!販売店やおすすめの食べ方は?のイメージ

目次

  1. 1岡山備前銘菓の「大手饅頭(まんぢゅう)」の魅力を徹底解説!
  2. 2岡山備前銘菓の「大手饅頭(まんぢゅう)」って?
  3. 3「大手饅頭(まんぢゅう)」の特徴は?
  4. 4「大手饅頭(まんぢゅう)」の販売店は?
  5. 5「大手饅頭(まんぢゅう)」のカロリーは?
  6. 6「大手饅頭(まんぢゅう)」の賞味期限は?
  7. 7「大手饅頭(まんぢゅう)」はこんな人におすすめ!
  8. 8大手饅頭(まんぢゅう)のおすすめな食べ方1:レンジでチン
  9. 9大手饅頭(まんぢゅう)のおすすめな食べ方2:冷凍する
  10. 10大手饅頭(まんぢゅう)のおすすめな食べ方3:氷+ミルクと一緒に
  11. 11大手饅頭(まんぢゅう)のおすすめな食べ方4:バニラアイスと一緒に
  12. 12大手饅頭(まんぢゅう)のおすすめな食べ方5:熱湯でお汁粉風に
  13. 13大手饅頭(まんぢゅう)のおすすめな食べ方6:トースターで焼く
  14. 14大手饅頭(まんぢゅう)のおすすめな食べ方7:バター焼きにする
  15. 15大手饅頭(まんぢゅう)のおすすめな食べ方8:ごま団子風
  16. 16甘いもの好きには岡山備前銘菓「大手饅頭(まんぢゅう)」がおすすめ

岡山備前銘菓の「大手饅頭(まんぢゅう)」の魅力を徹底解説!

岡山と言えばきび団子をはじめとしたお菓子系のお土産が有名な土地ですが、実は岡山備前銘菓の大手饅頭(まんぢゅう)もまた人気が高いおすすめのお菓子です。今回は、岡山備前銘菓の大手饅頭(まんぢゅう)の魅力だけでなく、販売店や賞味期限などの情報もまとめて紹介していきます。

岡山備前銘菓の「大手饅頭(まんぢゅう)」って?

大手饅頭(まんぢゅう)は、岡山県の大手饅頭伊部屋が販売しているお菓子のひとつです。その誕生は天保八年と古く、当時の備前藩主である池田侯から大層気に入られており、お茶会においては伊部焼の茶器と一緒に愛されてきたお菓子と言われています。そのため、100年以上の歴史がある有名なお菓子でもあります。

大手饅頭(まんぢゅう)の名前の由来は?

大手饅頭(まんぢゅう)は岡山県の大手饅頭伊部屋を開店した初代が生み出したお菓子のひとつです。その販売店は岡山城の大手門周辺にあったと言われています。そういったことから、大手饅頭(まんぢゅう)を大層気に入っていた備前藩主からその名前を賜ったという由来があります。

古くから特別に愛されている大手饅頭(まんぢゅう)は、昨今においてもお土産として購入されることも多く、甘いものが好きな人にはおすすめしたお菓子のひとつです。

Thumb岡山の名物特集!料理やお菓子などご当地グルメをまとめて紹介!
昔話「桃太郎」で知られている岡山県ですが、そんな岡山県の名物はきび団子だけではありません。今...

「大手饅頭(まんぢゅう)」の特徴は?

饅頭は古くから日本に存在するお菓子のひとつですが、岡山の名物である大手饅頭(まんぢゅう)は特に人気が高い商品です。実は福島県の薄皮饅頭や東京都の志ほせ饅頭と並ぶ日本三大饅頭とも呼ばれている名品で、美味しいだけでなく長い歴史を持っているお菓子としても有名で、お土産として購入する人も多くいます。

ぎっしりつまった餡子を楽しもう!

大手饅頭(まんぢゅう)が人気であるポイントとしてよく挙げられるのが、ぎっしりつまった餡です。他の饅頭に比べてみると皮が比較的薄いつくりになっており、中に詰まった餡が透けて見えるのが印象的で見た目も美しいつくりになっています。

北海道産小豆をすることで、一口食べた時に材料のひとつとして使用されている甘酒のふわっとした香りと一緒に楽しめることができます。そういったことから、上品な味の饅頭であることが特徴です。

Thumb岡山のスイーツおすすめ店まとめ!人気のアウトレットも外せない!
フルーツ王国「岡山県」は美味しいスイーツが味わえるカフェやレストランが目白押し!ご当地グルメ...

「大手饅頭(まんぢゅう)」の販売店は?

大手饅頭(まんぢゅう)は、岡山県の名物となっているお菓子となっているので、基本的には岡山県にある大手饅頭伊部屋などの販売店で購入することができます。他にも県内であれば、岡山空港やJR岡山駅といった主要アクセスととなる機関にも販売店があるので、賞味期限を気にすることなくお土産として購入することもできます。

また、そのほかにも高島屋においては横浜や日本橋店とった首都圏でも販売されているお菓子です。県外にも販売店があることから、遠方で現地に足を運べない人にも人気が高いお菓子です。

通販で購入することができる?

大手饅頭(まんぢゅう)は基本的に岡山県及び県外に販売店がある店舗ですが、インターネットなど通販サイトにおいても販売店があるので購入することが可能です。公式サイトにおいては大手饅頭(まんぢゅう)が個数別に指定できるだけでなく、他にも販売されている商品も一緒に購入することができます。

そういったことから、お土産や贈り物として購入したい人や近くに販売店がない人におすすめの購入方法となっています。

「大手饅頭(まんぢゅう)」のカロリーは?

大手饅頭(まんぢゅう)を含めたお菓子は一般的にカロリーが高い印象がありますが、実は饅頭は比較的カロリーが少ない種類となっています。具体的に大手饅頭(まんぢゅう)は1個あたり95カロリーとなっており、これはバナナなど果物と同じくらいのカロリーとなっています。

健康志向の人にもおすすめ

大手饅頭(まんぢゅう)のメインとなっている餡は、北海道小豆を使用していることが特徴です。この小豆にはサポニンと呼ばれるデトックス効果のある成分や貧血予防になる鉄分、便秘解消効果があるとして有名な食物繊維などたくさんの栄養素が含まれています。

そういったことから、大手饅頭(まんぢゅう)は甘いものが好きな人に人気が高いだけでなく栄養面においても優秀なお菓子です。

「大手饅頭(まんぢゅう)」の賞味期限は?

大手饅頭(まんぢゅう)は日本にあるお菓子のなかでも生ものに分類されるお菓子であることが特徴です。そのため、賞味期限は7日となっています。ほかのお菓子と賞味期限を比べてみるとそこまで短くもありませんが、お土産として購入する場合は賞味期限を考えて購入するようにしましょう。

数量なども考えて購入しよう

大手饅頭(まんぢゅう)は10個から70個まで個数別に商品が用意されており、目的に合わせて好きな量を購入することができます。ただここで注意しておきたいのは、7日間が賞味期限となっていますので、購入するときは食べきれる量を購入するようにしましょう。

通販などにおいては発送日につくったものを送ってくれるようになっているので、賞味期限に関してはそこまで気にする必要はありません。ただ到着するまで距離がある場合は、賞味期限だけでなく到着日を計算しておくようにすると良いでしょう。

Thumb岡山市の観光スポットおすすめ11選!人気の名所から穴場まで紹介!
岡山県岡山市とその周辺は吉備国と呼ばれ昔から文化の栄えたエリアです。そんな岡山市には重要文化...

「大手饅頭(まんぢゅう)」はこんな人におすすめ!

大手饅頭(まんぢゅう)は、日本から昔から存在している和菓子のひとつである饅頭に分類されるお菓子です。そういったことから、和菓子が好きな人に人気が高いお菓子となっています。ぎっしり中身が詰まった餡は上品な甘味を楽しむことができるので、甘いものが好きな人にもおすすめです。

お土産選びを悩んでいる人に

大手饅頭(まんぢゅう)は岡山県の名物として人気が高いお菓子のひとつです。そのため、県内や歓迎においても販売店があります。そういった点において、お土産選びに困っている人におすすめしたいお菓子です。大手饅頭(まんぢゅう)は日本三大饅頭と呼ばれるほど知名度の高いお菓子ですから、定番のお土産としても人気です。

賞味期限と七日と短くはない期間が設けられているので、通販などを介して遠方の人に送り届けたい人にもおすすめしたいお菓子です。

身体に優しいお菓子を探している人に

先に触れたとおり、大手饅頭(まんぢゅう)はカロリーが低いだけでなく栄養素を豊富な小豆を使用していることから身体に優しいお菓子となっています。そのため、ダイエット中の人や健康志向の人にもおすすめしたいお菓子となっており、そういった思考に人に向けたお土産や贈り物としても人気です。

大手饅頭(まんぢゅう)のおすすめな食べ方1:レンジでチン

大手饅頭(まんぢゅう)のおすすめな食べ方の1つ目として紹介するのが、「レンジでチン」する方法です。これは大手饅頭(まんぢゅう)の販売店である大手饅頭伊部屋でも紹介されている方法のひとつで、元々美味しい大手饅頭(まんぢゅう)を出来立てと同じくくらい美味しく食べたい人に人気です。

やり方は?

この方法は、大手饅頭(まんぢゅう)を電子レンジで温めるだけなのでお土産でもらったときなどに手軽に実践できる方法としてもおすすめです。小箱のまま約20秒から30秒ほど温めるだけで、使用している麹の風味が豊かになり、より上品な味わいを楽しむことができます。電子レンジ以外にも、蒸し器でも温めることが可能です。

大手饅頭(まんぢゅう)のおすすめな食べ方2:冷凍する

大手饅頭(まんぢゅう)のおすすめな食べ方の2つ目として紹介するのが、「冷凍する」です。大手饅頭(まんぢゅう)は饅頭なので、夏場や湿気が多い季節は賞味期限前に傷んでしまう可能性があります。そういったことを避けるだけでなく、夏場の暑さを和らげるスイーツとして楽しめる点もこの方法はおすすめです。

やり方は?

冷凍するやり方は、大手饅頭(まんぢゅう)をそのまま冷凍庫に暫く置いておくだけで構いません。1時間程度でアイスみたくなるので普段とは異なる食感で食べることができます。更に時間を置けばより固めになるので、そういった調節をすることも可能です。お手軽にアレンジして食べてみたい人におすすめです。

大手饅頭(まんぢゅう)のおすすめな食べ方3:氷+ミルクと一緒に

大手饅頭(まんぢゅう)のおすすめな食べ方の3つ目として紹介するのが、「氷+ミルクと一緒に」です。こちらは2つ目に紹介した冷凍する方法と同じくアイス系のスイーツとして楽しめることが特徴で、見た目も涼しい感じでよりアレンジをきかせた方法となっています。

やり方は?

やり方はまず、あらかじめ冷凍しておいた大手饅頭(まんぢゅう)と氷をミキサーにかけて砕きます。それが終わったら、冷やしておいた牛乳をかけるだけで終了です。お好みではちみつやシロップ、粒ぞろいなどを入れても美味しくいただけます。2つ目で紹介した冷凍する方法の進化系ともいえるやり方です。

大手饅頭(まんぢゅう)のおすすめな食べ方4:バニラアイスと一緒に

大手饅頭(まんぢゅう)のおすすめな食べ方の4つ目として紹介するのが、「バニラアイスと一緒に」です。大手饅頭(まんぢゅう)は上品な甘さになっていることが特徴で、甘いスイーツのひとつであるバニラアイスと一緒に食べても相性が抜群です。大手饅頭(まんぢゅう)を3個から4個ほど消費するので、一度にたくさん食べたい人にもおすすめです。

やり方は?

やり方はバニラアイスを1カップと大手饅頭(まんぢゅう)を3個から4個ほど用意したものをボールなどに一緒に入れてさっくり混ぜます。それが終わったら、器に盛り付けて完成です。このとき、エスプレッソや濃い目に溶かしたコーヒーをかけても甘さ控えめで美味しく食べることができます。

甘党な人だけでなく、甘いものがそこまで得意でない人もアレンジ次第で美味しく食べられる方法としておすすめです。

大手饅頭(まんぢゅう)のおすすめな食べ方5:熱湯でお汁粉風に

大手饅頭(まんぢゅう)のおすすめな食べ方の5つ目として紹介するのが、「熱湯でお汁粉風に」です。これまで幾つか夏などに最適な冷たいスイーツとして食べる方法を紹介してきましたが、こちらは逆に寒い冬に最適な食べ方となっており、熱湯と大手饅頭(まんぢゅう)があればできる簡単な方法です。

やり方は?

やり方としては、大手饅頭(まんぢゅう)をお椀においてその上から熱湯をかけて塩を入れます。それから溶かすようにかき混ぜていくと完成です。このとき、個数を増やすことで濃さを調節することも可能です。ひとりで手軽に楽しめるだけでなく、みんなでわいわいしながら食べられるアレンジ方法としておすすめです。

大手饅頭(まんぢゅう)のおすすめな食べ方6:トースターで焼く

大手饅頭(まんぢゅう)のおすすめな食べ方の6つ目として紹介するのが、「皮をトースターで焼く」です。こちらは大手饅頭(まんぢゅう)の皮の部分を使用する方法です。そのため、中身は先に紹介したお汁粉などに使うと一緒に美味しく食べることができます。普段とは違った大手饅頭(まんぢゅう)を楽しみたい人におすすめです。

やり方とは?

やり方は大手饅頭(まんぢゅう)の皮をトースターにセットして、焦げ目ができるていどまで焼きます。このとき、1つだけでは焦げやすくなってしまうので複数個をの皮を重ねた状態で焼くようにすると綺麗に焼くことができます。

別の方法として、揚げ焼きする方法もあります。トースターはモチモチとした食感を楽しめますが、揚げ焼きはパリッとした食感を楽しむことができるので、お好みの方法で大手饅頭(まんぢゅう)の新たな食感を楽しんでみてください。

大手饅頭(まんぢゅう)のおすすめな食べ方7:バター焼きにする

大手饅頭(まんぢゅう)のおすすめな食べ方の7つ目として紹介するのが、「バター焼きにする」です。これはフライパンを用いて調理するアレンジ方法で、バター焼きにすることで普段の味わいとは大きく異なる大手饅頭(まんぢゅう)を楽しむことができる裏技的な食べ方です。

やり方は?

やり方としては、まずフライパンにバターを溶かしてから大手饅頭(まんぢゅう)を入れて焼きます。スプーンなどで大手饅頭(まんぢゅう)を平らにして両面に焼き色をつければ出来上がりです。この食べ方をするうえで気を付けて欲しいのは、使用する大手饅頭(まんぢゅう)です。

大手饅頭(まんぢゅう)の賞味期限が近いものはスプーンで平らにしようとすると崩れてしまうことがありますので、もしこの食べ方を実践するときはなるべく新しいものを用意するようにしてください。

大手饅頭(まんぢゅう)のおすすめな食べ方8:ごま団子風

大手饅頭(まんぢゅう)のおすすめな食べ方の8つ目として紹介するのが、「ごま団子風」です。これは先に紹介したバター焼きと同じようにフライパンで焼くことによってごま団子風にアレンジすることで、全く異なるお菓子として変身させることができます。そのため、凝ったアレンジをしてみたい人におすすめです。

やり方は?

やり方としては、フライパンにごま油を引いて熱した状態にしてから大手饅頭(まんぢゅう)を丸めるようにしてコロコロとことが死ながら焼いていきます。しっかり焼き色がついたら白ごまを振りかければ完成です。ちょっとしたおもてなしにも最適な食べ方となっており、おすすめです。

甘いもの好きには岡山備前銘菓「大手饅頭(まんぢゅう)」がおすすめ

今回は、岡山備前銘菓の大手饅頭(まんぢゅう)について紹介しました。実は日本に数多くある饅頭のなかでも屈指の人気を誇るお菓子ですから、甘いもの好きな人だけでなくお土産としてもおすすめです。岡山に来たときや大手饅頭(まんぢゅう)が気になる人はぜひ販売店を利用して購入してみてください。

関連記事

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
amada

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ