天満「春駒」は大阪の有名寿司店!名店のおすすめメニューを徹底調査!

大阪の天満エリアにある「春駒」は、連日、国内外からの客で長い行列ができる人気の寿司店です。天満という寿司の激戦区で人気を保っている秘密や店舗情報、メニューの詳細、持ち帰りや支店のことなど、今回は「春駒」についてお届けします。

天満「春駒」は大阪の有名寿司店!名店のおすすめメニューを徹底調査!のイメージ

目次

  1. 1大阪の天満にある「春駒」は大人気の寿司店
  2. 2天満「春駒」へのアクセス
  3. 3天満「春駒」の営業時間
  4. 4天満「春駒」の利用案内
  5. 5天満「春駒」の店内
  6. 6天満「春駒」は外国人にも大人気
  7. 7天満「春駒」の人気の秘密1:ネタが大きく良質
  8. 8天満「春駒」の人気の秘密2:値段が安い
  9. 9天満「春駒」の人気の秘密3:回転が良い
  10. 10天満「春駒」のメニュー1:100円台の寿司
  11. 11天満「春駒」のメニュー2:200円台の寿司
  12. 12天満「春駒」のメニュー3:300円台の寿司
  13. 13天満「春駒」のメニュー4:400円台の寿司
  14. 14天満「春駒」のメニュー5:一品料理
  15. 15天満「春駒」のメニュー6:ドリンク
  16. 16天満「春駒」の持ち帰りについて
  17. 17天満「春駒」の口コミ
  18. 18天満「春駒」には支店もある
  19. 19「春駒 支店」のメニュー
  20. 20天満の「春駒」に寿司を食べに行こう!

大阪の天満にある「春駒」は大人気の寿司店

大阪の天満エリアは寿司店の激戦区です。中でも「春駒」は日本人のみならず外国人にも大人気の店で、いつでも行列ができています。近くにもたくさんの寿司店がある中で、なぜ「春駒」はそれほどまでに人気なのでしょうか。今回は「春駒」の人気の秘密と共にメニューや支店、持ち帰りの情報などもお知らせします。

Thumb天満の寿司屋特集!安い・おいしい人気店からミシュラン掲載店まであり!
大阪の天満には素敵な安いお寿司屋さんがたくさんあります。ミシュランに掲載されているお店もあり...

天満「春駒」へのアクセス

大阪・天満の大人気寿司店「春駒」について詳しく記述する前に、この店へのアクセスをご紹介します。「春駒」は日本一長いと言われる商店街である天神橋筋商店街の一角にあります。天五アーケード内の天五交差点を東に少々入った辺りです。

交通の便はとても良く、多くの路線が利用できます。JR大阪環状線「天満」駅からなら徒歩4分、地下鉄の堺筋線と谷町線、それに阪急千里線の3路線が乗り入れている「天神橋筋六丁目」駅からなら徒歩5分ほどです。

店に駐車場はなく、近くのコインパーキングを利用することになりますので、やはり電車や地下鉄でのアクセスが便利でおすすめです。

住所: 大阪府大阪市北区天神橋5-5-2
電話番号: 06-6351-4319

天満「春駒」の営業時間

「春駒」の営業時間は11:00から22:30ですが、しゃりやネタがなくなり次第終了となってしまします。お目当てのネタがある人は、なるべく早い時間に行くことをおすすめします。

開店に関しては、行列が長くなっている時は準備ができ次第、店を開けてくれることもあります。特に週末や祝日などはそのような傾向があるようです。定休日は火曜日です。また、月に1回連休の時もあるので、心配な人は確認してから出かけてください。

天満「春駒」の利用案内

天満の「春駒」は大人気店でありながら、こじんまりとした店構えです。席数は全部で22席、うちカウンターが14席で、残りの8席はテーブルです。個室はなく、貸切もできないので、大人数での利用にはあまり向いていないでしょう。

今のところ、支払いにはクレジットカードや電子マネーは使えませんので現金の準備をお忘れなく。また、店内は禁煙にはなっていません、念のため。

前述の通り、店には駐車場の用意はありませんが、近くにコインパーキングがありますので、車での訪問は可能です。

天満「春駒」の店内

「春駒」は人気店なので、店内はいつも活気にあふれています。カウンターに座れば、すぐ目のまで熟練の職人さん達が威勢よく寿司を握っている様子がわかります。

カウンターの上には紅ショウガ、刷毛と醤油がのっています。寿司によくついているピンク色で甘みのあるガリではなく紅ショウガ、醤油さしに入った醤油ではなく刷毛で塗るスタイル、というのが独特です。関東からの訪問客は少々戸惑うポイントかもしれません。

天満「春駒」は外国人にも大人気

「春駒」はいつ行ってもたいてい店の前に行列ができています。開店前から何人も並んでいるのが毎日の光景です。その中には外国人の姿も多いことに驚かされます。半分以上が外国人ということもよくあります。

店の方も外国人客のために外国語のメニュー(中国語、韓国語、英語)を用意して受け入れ態勢を整えていることもありますが、特に最近は韓国の有名人がブログで「春駒」を紹介したこともあり、韓国人客の数が多くなっているのだそうです。

天満「春駒」の人気の秘密1:ネタが大きく良質

「春駒」が多くの人の支持を集める理由を見ていきたいと思います。第1の要因は、何といってもネタが良質で大きいということです。「春駒」は江戸前のにぎりの店ですが、シャリの上に乗っているネタがとにかく厚くて大きいのです。

握りは2貫ずつ出されますが、誰もがネタの大きさと新鮮さに感嘆の声をあげます。大衆的な寿司店なので、手の込んだネタはあまりありませんが、メニューは50種類以上と豊富で、口が肥えた魚好きな人たちを満足させてくれます。

天満「春駒」の人気の秘密2:値段が安い

「春駒」の人気の秘密の2つ目は値段が安いということです。安いネタは100円からあります。2貫でこの値段、おまけにネタも大きく新鮮なのですから、評判にならないはずはありません。握りの値段は100円から50円刻みで450円まであります。握りの他に細巻きや手巻きなどの寿司、そして一品料理もありますが、どれも驚きの良心価格です。

天満「春駒」の人気の秘密3:回転が良い

「春駒」では日々多くのお客さんをさばくため、回転率を良くする工夫をしています。店の外で並んで待っている間に、店の前にある写真入りのメニューを見て紙に番号でオーダーを書いておくシステムがそれで、入店すると短時間で注文の品が並びます。オーダーは店に入ってから変更もできるので安心です。

店の規模の割には寿司を握る職人さんの数も多く、てきぱきと注文の品を捌いてくれます。このように回転を良くする努力をしているので、行列が長くても覚悟していたよりは早く店に入れた、という感想をもつ人が多いのです。

天満「春駒」のメニュー1:100円台の寿司

ここからは「春駒」のメニューを価格帯ごとにご紹介していきます。まずは100円台のものからです。

握り寿司(2貫)では、げそが100円、玉子、赤かぶが150円です。細巻きではきゅうり巻き、しんこう巻きが100円、手巻きでは納豆巻き、山芋巻き、しそ巻き、山ごぼう巻きが100円です。回転ずしではない寿司店で100円台で食べられる店は、全国でもそうないのではないでしょうか。

「春駒」では、手巻きを細巻きにすることもできますがその場合、料金は50円増しになります。

天満「春駒」のメニュー2:200円台の寿司

「春駒」の200円台メニューをご紹介します。握り寿司(2貫)ではマグロ、いか、たこが200円です。

細巻きではマグロを巻いた鉄火巻きが250円、手巻きではツナサラダ巻き、カニ味噌巻きが200円、サーモン巻きがそれぞれ250円になります。

天満「春駒」のメニュー3:300円台の寿司

「春駒」の300円台のメニューは次の通りです。握り寿司(2貫)では、はまち、あじ、煮込み穴子、うなぎ、いわし、蟹、サーモン、貝柱、鯛、しゃこ、とびこ、剣いか、生げそ、かれいえんがわなどが300円です。海老、はまち腹、たらこ、白身魚の昆布〆は350円になります。

細巻きでは、いかきゅう巻き、うなきゅう巻きが350円です。手巻きでは海老サラダ巻き、カニサラダ巻き、サーモンといくらの親子の再会巻きがそれぞれ350円になります。

天満「春駒」のメニュー4:400円台の寿司

「春駒」の400円台のメニューは次の通りです。握り寿司(2貫)では、トロ、平目、あわび、赤貝、うに、いくら、数の子、生だこ、さざえ、とり貝、しまあじ、平目えん側、つぶ貝、子持ち昆布、サーモン腹は400円です。上うなぎ炙り、サーモン腹炙り、鯛三種盛りはそれぞれ450円になります。

細巻きでは、トロ鉄火が400円です。手巻きでは、ネギトロ巻きが400円になります。マグロのトロが400円台で食べられるのですから、皆が「春駒のコスパは最高」というのも納得できます。

天満「春駒」のメニュー5:一品料理

大阪・天満の人気寿司店「春駒」には、寿司類だけでなく、時間があればゆっくりと食べたい一品料理もありますので、いくつかをご紹介します。一品料理の価格帯も400円台から900円台とリーズナブルです。

新鮮なネタが数種類入った「造り盛り合わせ」は950円ですが、量を食べたければ2000円から「おまかせ」も可能です。グループなら「おまかせ」がおすすめです。

子持ち昆布や数の子、貝柱の塩焼きなどは950円、鯛のあら煮は900円です。ワンコイン以下のものなら、げそ塩焼き500円、海鮮ユッケ450円というのもあります。

みそ汁は赤だしで何種類かありますが、中でもおすすめは「あさり」です。550円という値段は「春駒」の中では比較的高めですが、山盛りのあさりの量を見れば納得することでしょう。味、食べごたえ共におすすめの一品です。

以上、「春駒」の主だったメニューをご紹介しましたが、季節や仕入れの状況により、おすすめの「旬メニュー」もあります。この「旬メニュー」は店内の黒板に書かれているので、店に入ったら探してみてください。

天満「春駒」のメニュー6:ドリンク

天満の人気寿司店「春駒」のドリンクの種類は多くはありませんが、かえって迷わずに済みます。ドリンクも寿司同様、とても良心的な価格設定ですので、是非寿司と一緒に楽しんで下さい。

ビールは大瓶で650円、日本酒は1合が350円、2合が700円。アルコール類はこれだけです。ソフトドリンクはコカ・コーラが200円、黒烏龍茶が300円、ノンアルコールビールが350円です。

天満「春駒」の持ち帰りについて

「春駒」の寿司は全て持ち帰りが可能です。が、何といっても大人気店です。待たずに持ち帰り品を受け取りたければ、電話で予約をしておくのがおすすめです。

また、混雑時には持ち帰りの対応が難しい場合もありますので、どうしても持ち帰りで食べたい場合は、やはり事前に電話予約が良いでしょう。

実は、「春駒」の持ち帰り情報はとても少ないのです。「春駒」の良さは、店内の活気を味わいながら美味しくて安い寿司を食べる、ということにあるので、できれば持ち帰りではなく、その場での食事をおすすめします。

天満「春駒」の口コミ

大阪・天満の人気寿司店「春駒」の口コミをピックアップしてご紹介します。安い、ネタが大きくて良質、店員さんが元気で感じが良い、ということは多くの人が書いていることですので割愛し、どちらかというとややマイナス気味のことをご紹介します。「春駒」の魅力が低減するわけではありませんが、訪問時の参考にしてください。

1つ目は待ち時間です。「超」が付くほどの人気店なので、開店前に並んでいない限り行列待ちは前提です。10分ほどで入れたという人もいれば1時間以上待ったという人もいます。時間に制約のある旅行の場合などは厳しい場合があるかもしれません。

2つ目は店内が狭いということです。カウンターはぎゅうぎゅうで、イスとイスの間の隙間はほとんどなく、隣の人と腕が触れ合うほどの距離です。カウンターの上も広くなく、醤油の容器や紅ショウガが乗っていたりして手狭です。

3つ目はネタに売り切れの場合があるということです。ヒラメのえんがわなどは1尾から取れる量が少ないので早い時間に売り切れてしまいます。お目当てのネタがある場合は、特に週末や祝日などはなるべく早く訪問することをおすすめします。

4つ目は注文方法に関してです。店外で待っている間にオーダーを紙に書くのですが、いざ店内に入って食べ進めると、追加はしやすいもののオーダー取り消しは難しい気持ちになってしまうようです。はじめのオーダーはやや少なめにする方が良いようです。

天満「春駒」には支店もある

天満の「春駒」は歩いて2分くらいの場所に「春駒 支店」という2号店があります。こちらの方が席数が多いので、待ち時間が少なくてすむことが多く、またカウンターだけでなくテーブルの数もあるので3、4人のグループならより利用しやすくておすすめです。

また、「春駒 支店」には個室があります。3階は座敷になっていて、宴会に限り利用することができます。値段設定やオーダー方法など店のしきたりは本店の「春駒」に準じているので大きな差はないと思われますが、寿司ネタには少々の違いがあるようです。

「春駒 支店」の営業時間は11:00から21:30、定休日は火曜日です。本店と同様、禁煙にはなっておらず、クレジットカードの利用や貸切は不可ですが、本店と違ってこちらは予約可能です。

住所: 大阪府大阪市北区天神橋5-6-8
電話番号: 06-6351-9103

「春駒 支店」のメニュー

「春駒 支店」のメニューには、本店と少々違うものが見受けられます。握りの中に「大根のパリパリ漬け(150円)」「鯛のごまにんにく醤油」「あわび肝」(各300円)などがあります。一品料理の中には「生だこ造り(1200円)」「鯛のごまにんにく醤油サラダ(550円)」など、本店にないものも見受けられます。

「寿司の盛り合わせ」というセットメニューもあり並1人前850円、上1人前1500円で提供されています。並、上ともに1人半という量もあるのはユニークです。支店も本店と同じく持ち帰り(テイクアウト)が可能ですが、電話予約が確実です。

ドリンクメニューも本店と異なるものがあります。支店の方には「生ビール」があり、中ジョッキで600円です。チューハイもあり、レモン、ライム、カルピス、シークワーサー味は400円、ハイボールは500円です。焼酎がオーダー可能なのも支店ならではです。

天満の「春駒」に寿司を食べに行こう!

大阪・天満の「春駒」の人気の秘密やメニュー、持ち帰り情報などについてお知らせしました。新鮮さも話題の寿司店ですので、持ち帰りよりは、ちょっと並んでもお店で食べることをおすすめしたい寿司店です。激戦区天満で不動の人気を誇る「春駒」の寿司を是非食べに行ってください。

関連記事

Noimage
この記事のライター
MinminK

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ