ザグレブの天気・気候を調査!年間気温やシーズンごとのおすすめの服装も紹介!

クロアチアの首都ザグレブは、可愛い街並みで女性に人気の観光地です。世界遺産もたくさんあって見どころも多いクロアチアの首都ザグレブの、旅行に行くときにまず気になる天気や年間を通しての気温や気候、シーズンによっての天気や服装などをご紹介します。

ザグレブの天気・気候を調査!年間気温やシーズンごとのおすすめの服装も紹介!のイメージ

目次

  1. 1クロアチアのザグレブの天気など
  2. 2首都ザグレブの年間の気温や天気
  3. 3ザグレブの四季と天気
  4. 4ザグレブの気温と天気1:春4月5月
  5. 5ザグレブの気温と天気2:夏(前半)6月7月
  6. 6ザグレブの気温と天気3:夏(後半)8月9月上旬
  7. 7ザグレブの気温と天気4:秋9月10月
  8. 8ザグレブの気温と天気5:冬(前半)11月12月
  9. 9ザグレブの気温と天気6:冬(後半)1月2月3月
  10. 10ザグレブの天気と服装の注意点
  11. 11ザグレブの夏時期の天気と服装の注意点
  12. 12ザグレブの8月から10月の天気と服装の注意点
  13. 13ザグレブの天気が雨の日の注意点
  14. 14ザグレブの天気と湿度の注意点
  15. 15季節の天気や気候にあった服装でザグレブを楽しもう

クロアチアのザグレブの天気など

クロアチアで一番大きな街であり首都のザグレブは日本でもだんだん人気が出てきて特に女性におすすめの街です。旅行で行こうと思うと、その時期の服装や止むいのか暑いのか気温や気候なども気になります。その気になるザグレブのシーズンによっての風葬や気温、天気などをご紹介します。

Thumbプリトヴィッツェ湖群国立公園を散策!行き方や入園料・見どころを紹介
クロアチアにある「プリトヴィッツェ湖群国立公園」は、クロナチア国内でも人気の観光スポットで、...

首都ザグレブの年間の気温や天気

ヨーロッパにあるクロアチアの首都として知られるザグレブは、ヨーロッパで女性が一人でいても平気と言われるほど治安も良い街で観光地としても人気の街です。

可愛い色合いやデザインなどの建物やヨーロッパの中世の街並みなど、世界遺産も多くあって、見どころもたくさんあるザグレブは首都というのもあり年間を通して、クロアチアでも人気の観光地です。

日本と同じように四季があり、年間の気温は東京と結構にています。気候や天気は各シーズン特徴があり、訪れるなら、そのシーズンごとにあった服装が必要で日本とは違う気候のため天気にも特徴があります。

夏は30度を超えの暑い日もあれば、雪がしっかり降る冬と年間を通しても気温差が結構あります。

ザグレブの四季と天気

クロアチアは首都のザグレブも含め四季がはっきりとした国です。しかし年間を通し、シーズン別にみると特に気温は内陸部と海沿いではちょっと違い、服装や気候など気をつけなければいけない時もあります。

特に春秋や季節の変わり目の月などは、内陸にあるザグレブと海沿いでは全然違う時もあるので、訪れる時期によっては行く街によって選ぶ服装も結構ちがったりします。

ザグレブの気温と天気1:春4月5月

4月5月はクロアチアの春のシーズンです。3月末あたりにあるイースターと共に、3月の最後の日曜からはサマータイムになるため、4月からはちょっとずつ昼間の時間も長くなってきます。

日本と同じように街路樹や公園にも新緑と花の蕾が開きザグレブで年間をみても一番色とりどりでカラフルな時です。

どんよりした天気が多い冬の時期から青空も多くなってくるシーズンで、ザグレブの街中を散策するのにおすすめです。

4月の天気や気候

4月から春のシーズと言っても、まだ3月の寒さも残り、昼間は結構春を感じる暖かさがあったりしますが、まだ冷たい風も吹き、朝晩も結構冷え込む時期です。

4月の気温は東京と変わらないですが、日本よりもちょっと激しい三寒四温があり、夏服で良いくらいの時もあれば、真冬になったりと気温差が激しく天気も結構不安定なので、体調管理や服装での温度調節が結構大変でもあります。

5月の天気や気候

5月になると気温もだんだん上がってきて、天気が良いと半袖でも良いと感じる日が増えてきます。でも、まだ朝晩や曇ってる日など、太陽が見えないときは肌寒いです。

でも気候的には年間でも一番良いシーズンとされ気温も東京とほとんど一緒です。天気が良ければ20℃以上の日もあり、だんだんとそのような日が増えてきます。

観光シーズンとしてもちょうどこの時期からですが、ザグレブの一番の観光シーズンである夏前というのもあり、訪れるにはちょうどよいシーズンと言ってもいい時です。

春のザグレブの服装

ザクレブの春は4月は、寒い日も多く特に朝晩や天気の悪い日などは冬物まではいらないですが、厚めの羽織もの一枚とパーカーなどの薄手の羽織ものがあると良いです。

5月になったら気温は更に上がりますが、やはり朝晩はちょっと肌寒い時もあるので、羽織れるものはあったほうが良いです。4月5月と日中は温かいことが多いので薄手の長袖やTシャツでも良いことが多いですが、念の為カーディガンやパーカーなどは、薄手でいいのであると安心です。

クロアチアでは春のシーズンは雨も多いシーズンです。気候的に一日ずっと降ってると言うのはないのですが、折り畳み傘やレインコートなど雨具があると良いです。

ザグレブの気温と天気2:夏(前半)6月7月

6月に入るとクロアチアの夏が始まります。だんだん日中は暑い日が続くようになりますが、クロアチアの内陸部はちょっとちがって年間を通しても雨が多いシーズンになります。

日本の梅雨とは違い昼間に雨が降るというのはほとんどなく、夕方あたりからゲリラ雷雨のような雨が降ります。とは言っても日本のように蒸し暑いというのはなく、乾燥してるので昼間は街中の散策も快適です。

7月に入ればクロアチアの本格的な夏本番です。観光シーズンとしても一番のシーズンで昼間は日差しも強く暑い日が多くなります。

7月になれば昼間は結構暑さもあるので街中の散策にも暑さ対策が必要ですので熱中症には気をつけなければいけないシーズンでもあります。

6月の天気や気候

6月の気温も東京とほとんど一緒で湿度がないだけです。ザグレブの旅行にもおすすめの月で、日中は暑い日も多くなり、観光客も多くなってきます。しかし、朝晩や曇ってる日、雨の後などはちょっと肌寒く感じる時もあります。

昼間も日陰に入ると寒さを感じる場合があり、肌寒く感じる時や、時間帯があったりします。

7月の天気や気候

7月はクロアチアでも6月と変わり雨がすごく振らないシーズンです。そしてザグレブでも濃い青空が広がり、暑い日が続くようになります。

ザグレブ市内の観光にもすごくいいシーズンですが、熱中症の危険もあります。日本から来ると湿度は低いので過ごしやすく感じますが日差しはきついので、できるだけ日陰を歩くのをおすすめします。

6月7月のザグレブの服装

6月7月のザグレブでは、日本のように夏の服装で問題ないです。しかし、6月は日陰に入ったり雨の後などは、ちょっと肌寒く感じることも多いので薄手のパーカーなど羽織ものを持っていくのをおすすめします。

7月も真夏ですので夏服で問題なく、涼しい服装とサンダルなどで良いです。しかし観光地でもある教会などに行く場合は注意してください。

暑いからと言っても肌の露出はマナー違反でもある教会に行く場合は薄手のストールや羽織れるもので肌の露出をなくしてください。

ザグレブの気温と天気3:夏(後半)8月9月上旬

8月のザグレブは7月同様に暑く青空の広がる日々が続きます。クロアチア全体でも一番観光客の多いシーズンです。

日差しも強く、天気の良い日が多いので観光にはすごく良いですが、8月の後半になるとクロアチアの観光ではちょっと気をつけることがあります。

海沿いの街ではまだ暑い日が多く、真夏ですが、内陸になるザグレブでは8月後半になると、朝晩の気温が下がり始めちょっとひんやりと肌寒い時が増えてきます。

9月の前半はまだ夏の雰囲気が残っていて良いですが気温の低い時も増えだし、日没後や雨の後は夏服でいると寒さが気になりだします。

8月の天気や気候

8月はまだまだ暑く天気の良い日が続きます。7月8月は年間を通しても雨の降ることも少なく昼間は特にほぼ毎日青空が広がると言っても良いほどです。

気温も東京とほとんど同じですが、降雨量は3分の1程度で乾燥してます。しかし、内陸になるザグレブでは8月後半になれば、気温の低い時間帯や日陰にはいるとちょっと肌寒く感じだします。

9月前半の天気や気候

9月はちょっと服装的には大変なシーズンです。9月前半はまだ昼間は夏を感じ青空も多いですが、ザグレブでは朝晩の気温差が目立ってきます。

夏服だけでは、ちょっと寒いので、気温の低い時の事も考え、ちょっと厚めの上着かパーカーなどをもっていると安心です。特に夜に外に出る時や、夜まで外にいるというなら、一枚、上着を持って安心できます。

8月9月前半のザグレブの服装

日中はまだ暑い日が多く日差しもあるので、熱中症対策が必要です。7月8月と涼しい服装で昼間はいいですが、8月の後半辺りから肌寒い時が増えてきますので、日中はTシャツや薄着でいいですが、朝晩や屋内では一枚パーカーなどあると安心です。

9月の前半も8月とにた感じですが、だんだん気温が低くくなりだしますので、ちょっと厚めの上着があると安心です。雨が降ると気温も一気にさがり気温差でよけいに寒く感じますので、秋用の服装があっても良いです。

ザグレブの気温と天気4:秋9月10月

クロアチアでも海沿いはまだ少ないですが、ザグレブなど内陸のエリアでは9月の後半になると結構寒くなり、歩く人々も秋の装いになってきます。

曇ってる日や雨が降った日などは、すっかり秋で10月になるともっと寒くなり、冬物の服装で歩く人も出てくるほど、寒い日が多くなってきます。

9月(後半)の天気や気候

9月後半にもなるとザグレブでは雨が増えてきます。そして朝晩の気温も低くなり、9月になったばかりのザグレブではまだあ夏の感じだったのがガラッと秋に変わります。

雨が多くなることもあり、雨が降る前と降ったあとで気温がかなち変わり、一雨ごとに気温が下がると思って良いです。

10月の天気や気候

10月のザグレブはすっかり秋です。クロアチアでも観光シーズンがオンからオフになる時で、ザグレブの会式も日本と同じように秋色になります。

観光シーズンもオフになると言ってもザグレブではヨーロッパで最も美しいと言われるミロゴイ墓地の紅葉があるため観光客というより旅人が増えるシーズンです。

9月後半10月のザグレブの服装

すっかり秋となるザグレブのこの時期は日を追うごとに気温が下がってくるので秋物の服装が良いです。そして雨が降ることもふえますので、折り畳み傘やレインコート、防水性の上着など持っていくと良いです。

昼間が天気が良いと言っても長袖のシャツにジェケットなどの上着は必要で、天気が悪かったり雨だったりすると更に冷えますので、少し集めのセーターやカーディガンなど一枚あると安心です。

ザグレブの気温と天気5:冬(前半)11月12月

11月になるとザグレブはすっかり冬です。気温も結構低くなり最高気温が東京の最低気温くらいになるので、訪れるならしっかりした冬の服装が良いくらいあです。

気温も10℃行かない日が多くなり、雨が降れば更に冷えますし、雪になる時もあり、ザグレブでも冬に変わるときなので寒さが結構キツく感じるころです。

しかし12月はクリスマスマーケットがあるため、ヨーロッパ各地や海外からもヨーロッパのベスト・クリスマスマーケットに選ばれたザグレブのクリスマスマーケットを目的に訪れます。

11月の天気や気候

11月のザグレブは東京よりも気温も低く雪が積もることがあるほど気温も低くなります。前半は雨が多いですが、後半になると雪が降ることも多くなます。

しっかりとした防寒対策は必要なほど晴れてる日であっても寒いです。体感的にも東京よりは寒く感じ、気温差のあるザグレブなので朝晩の気温差に注意です。

12月の天気や気候

12月のザグレブはすっかり冬で気温的には東京よりもちょっと温かいですが、ヨーロッパでも一番美しいといわれるザグレブのクリスマスマーケットもあり、長時間外にいることもあるので体感的にはかなり寒く感じます。

特に日本とは違い、湿度が低く乾燥し、街中は中世ヨーロッパの色を残していて、石畳の道が多いので足元から寒さを感じます。

11月12月のザグレブの服装

11月12月のザグレブはすっかり冬です。しっかりとした寒さ対策で温かい服装が必要です。特に12月になるとクリスマスマーケットがあり、一日中外にいることも多くなり、石畳の街中にいると足元から冷えますので、靴もブーツなど防寒をしっかりしてください。

ザグレブの気温と天気6:冬(後半)1月2月3月

1月はクリスマスマーケットもっ前半はちょっと残っていたりしますが、それもなくなると静かなザグレブになります。気温は更に低くなり、かなり寒くなります。

2月になると、ちょっと温かい日もあったりしますが、まだしっかりとした冬で寒いです。しかし冬の終わりを告げるイベントもあります。

そして3月になるとだんだん日差しも若干暖かくなってきて、後半に近づくにつれ、暖かく感じる日もでてきまあすが、まださあ向いことには変わりないです。

そして3月のザグレブでは年間を通しても天気がすごく不安定になる月で、しっかりとした防寒に雨具も必要な月となります。

1月2月の天気や気候

1月2月のザグレブはまだ寒い冬で寒さも結構厳しい時です。特に1月は年間を通して一番寒いと言われる時期で、昼間の日差しにしても弱くて、日照時間も短いです。

2月に入るとちょっとずつですが暖かさを感じる日もでてきて、ザグレブでもイベントがあったりと、賑やかな日もあったりします。それでも日中もまだ寒く、1月同様に雪が積もる日もあります。

3月の天気や気候

3月になると日を追うごとに暖かい日が増えてきます。まだ昼間は気温的にも寒いですが、日差しがあると春を感じる日差しを感じる日も増えてきます。

それと同時に年間の中でも雨が降ったり、曇ったり、一日の天気もですが月でみても不安定な天気が続く月です。そして最後の日曜日にはサマータイムが始まり、後半に連れ日も長くなってくるので、景色も日差しにもザグレブの春の雰囲気が見えだします。

1月2月3月のザグレブの服装

基本的にまだ冬ですのでしっかりとした防寒対策で暖かい服装が良いです。マフラーや手袋はもちろんブーツなど体調を崩さないようにしっかり暖かい服装をしてください。

3月末になれば暖かい日も増えますが、それでもまだ寒いので冬の服装で十分です。ただ3月は雨も降ったりしますので、防寒対策に雨具も必要です。

ザグレブの天気と服装の注意点

ザグレブはクロアチアの内陸にあるため、気候の特徴として朝晩の気温差や乾燥してるため夏だと日陰と日向の気温差など、一日を通してもその気温差が気になることが多いです。

春秋であれば、ちょっと厚めの上着や羽織れるもの、夏なら薄手のものが必要です。春と秋は特に昼間との気温差もあり、服装が難しいときが多いので、寒さ対策の服装も忘れないでください。

ザグレブの夏時期の天気と服装の注意点

クロアチアの夏は日差しがすごくきついです。夏だけでないですが、春でも日差しの強い時はあるので、帽子やサングラスは持っていくと良いです。夏は特に必須です。

そして、夏は日差しも強く日焼けもありますので、日焼け止めなどもあると良く、日傘は、日本人には普通ですが、観光地で人が多い場所では日傘は控えたほうが良いです。

ザグレブの8月から10月の天気と服装の注意点

ザグレブは夏の終わりに近づくと10月になるころまで雨が多くなります。雨具にしても傘でも、ゲリラ雷雨のような雨なので、この時期にザグレブを訪れるならレインコートを持っていってください。

傘だけだと、すごいどしゃ降りの雨なので服が濡れてひどいことになります。そしてこの時期は靴下も多めに持っていくと良いです。雨で靴が濡れてしまうのもありますし、靴下もかなり濡れてしまうというのもあるので、念の為用意しておくと安心です。

ザグレブの天気が雨の日の注意点

クロアチアは昔のヨーロッパの街並みが残っています。ヨーロッパならではの石畳の路は、今までの多くの観光客や地元の人達が歩いた路で、場所にもよるのですが、表面が磨かれたかのようにツルツルになってるものがあります。

雨の日は特に石畳の路は滑りやすいとこがあるので、雨上がりや降ってる最中、晴れてるときでも気をつけて歩いてください。

ザグレブの天気と湿度の注意点

ザグレブはクロアチアのその気候の特徴として、カラッとした気候で、暑い夏でも日本と比べると涼しく感じます。しかし、その分乾燥してるので、冬はもっと寒く感じたりします。

そのため、乾燥肌の方などは年間を通しいつでも保湿クリームなどを持っていくと良いです。そして、冬はマスクがあれば、風邪の予防もありますが、乾燥から喉を守る事もできます。

季節の天気や気候にあった服装でザグレブを楽しもう

ザグレブはクロアチアでも美しい街で、ただ歩くだけでも楽しめる街です。比較的日中は天気の良いことが多いので、ザグレブの街の散策にも良いです。クロアチアの首都であるザグレブに行き中世ヨーロッパの街並みと雰囲気など、世界遺産もあり見どころもたっぷりなザグレブを楽しんできましょう。

Original
この記事のライター
Barista Sho