福徳稲荷神社(下関)は絶景で有名!御朱印・お守り・駐車場をまとめて紹介!

下関の豊浦町にある福徳稲荷神社は、知る人ぞ知る絶景スポットとして有名です。沈みゆく夕陽を一目見ようとたくさんの人が訪れています。今回は、福徳稲荷神社の御朱印やお守り、駐車場の情報、そして、観光情報まで合わせてご紹介します。

福徳稲荷神社(下関)は絶景で有名!御朱印・お守り・駐車場をまとめて紹介!のイメージ

目次

  1. 1絶景がみれる?豊漁のお稲荷様・福徳稲荷神社
  2. 2福徳稲荷神社ってどこにある?
  3. 3福徳稲荷神社のご利益
  4. 4福徳稲荷神社のポイント
  5. 5福徳稲荷神社にてお守りを買おう!
  6. 6福徳稲荷神社にて御朱印をもらおう!
  7. 7福徳稲荷神社へのアクセス
  8. 8福徳稲荷神社の駐車場
  9. 9福徳稲荷神社の情報
  10. 10福徳稲荷神社を訪れるならば食べておきたいランチ
  11. 11福徳稲荷神社とセットで訪れたい観光スポット
  12. 12福徳稲荷神社とセットで訪れたい観光スポット1:川棚温泉
  13. 13福徳稲荷神社とセットで訪れたい観光スポット2:角島
  14. 14福徳稲荷神社とセットで訪れたい観光スポット3:唐戸市場
  15. 15福徳稲荷神社へ行ってみよう!

絶景がみれる?豊漁のお稲荷様・福徳稲荷神社

山口県の日本海側に面する北浦の沖合に沈む夕陽が綺麗と評判の福徳稲荷神社は、山口では知る人ぞ、知る絶景スポットなのです。福徳稲荷神社は、海に映える朱色の大鳥居や千本鳥居も有名で、訪れた人が圧倒される雰囲気を醸し出している神社となっています。そんな、福徳稲荷神社についてみていくことにしましょう。

福徳稲荷神社ってどこにある?

福徳稲荷神社は、川棚温泉の名物である瓦そばと自然あふれる環境で有名な山口県豊浦町にある神社です。海に面しており、漁業も盛んな街で、あらゆる資源がたっぷりとあるとても魅力的な街にある神社なのです。

JR山陰本線と国道が並行して走る日本海の響灘から少し山側へ走るとあるのが、福徳稲荷神社です。福徳稲荷神社は、地元の人からは「犬鳴のお稲荷さん」と呼ばれています。絶景、そして、パワースポットとしても知られています。

福徳稲荷神社の本殿から眺める雄大な響灘の景色は、絶好のビューポイントとしても、とても有名です。また、旧暦5月23日の「二十三夜祭」には、たくさんの人が訪れる一大祭りとなっています。

福徳稲荷神社のご利益

福徳稲荷神社のご利益には、開運、家内安全、商売繁昌、航海安全、そして豊漁のお稲荷さまといったご利益があるとされています。特に、航海安全と豊漁のお稲荷さまは、福徳稲荷神社が位置している豊浦町らしいご利益と言えるでしょう。また、福徳稲荷神社には、他にもご利益があるのです。

福徳稲荷神社の隣にある社1:健康稲荷社

福徳稲荷神社の隣には、3つの社が建っています。その内の一つが、健康稲荷社です。健康のご利益があるとされる健康稲荷社は、健康に関する願いごとがあるときに訪れるとご利益があると言われています。福徳稲荷神社に訪れたときに、健康の願いごとがあるならば、立ち寄ってみるのもよいでしょう。

福徳稲荷神社の隣にある社2:合格稲荷社

同じ、福徳稲荷神社にあるのが、合格稲荷社です。合格稲荷社は、その名の通り、学問のご利益があるとされる社です。学問と言えば、山口県の防府天満宮も有名ですが、福徳稲荷神社の合格稲荷社も学問のご利益を得られるので、試験前などに訪れるとご利益があるでしょう。

福徳稲荷神社の隣にある社3:御苦楽稲荷社

福徳稲荷神社にある3つの社の最後は、極苦楽稲荷社です。極苦楽稲荷社は、開運に関する稲荷社で、今後の開運に関するご利益を得られるとして有名です。元々、福徳稲荷神社のご利益の一つとして、開運があり、似たようなご利益となっています。福徳稲荷神社を参拝した後に、一緒に極苦楽稲荷社も訪れてみることをおすすめします。

福徳稲荷神社のポイント

福徳稲荷神社には、二つのポイントがあります。一つは、社殿の階段を登りきってから眺める壮大な絶景、もう一つは、福徳稲荷神社を参拝した後に成功した人が奉納した鳥居です。鳥居は、千本鳥居とも言われていますが、鳥居の実数は、千本以上とも言われています。それぞれのポイントについてみていきましょう。

福徳稲荷神社のポイント1:本殿からの壮大な絶景

福徳稲荷神社を訪れると本殿への階段を登っていきます。階段を登りきり、後ろを振り返ると美しい響灘をみることができるでしょう。ドライブコースなども含めて、絶景スポットが多い山口県ですが、神社からこの絶景を見れる場所はあまりありません。

夕方になると、夕陽が日本海の響灘へ沈んでいく姿には、たくさんの人が見惚れてしまうほどです。この沈みゆく夕陽と水平線の絶景を眺め、そして写真に収めるために、わざと夕方に福徳稲荷神社へ訪れる人もいらっしゃいます。

福徳稲荷神社のポイント2:千本鳥居

続いての福徳稲荷神社のポイントは、千本以上あるとも言われる千本鳥居です。福徳稲荷神社を崇拝している人や参拝して成功した人たちが奉納した鳥居が増え続けて、現在では、正確な数は不明ですが、神社には、千本以上あるとも言われています。

この千本鳥居は、別名で開運鳥居とも言われており、たくさんの人がご利益を求めて、訪れています。稲荷神社には、開運や商売繁盛のご利益もあるので、ぜひ、福徳稲荷神社へ訪れたならば、訪れてみることをおすすめします。鳥居の奉納は、1つ2万円です。

福徳稲荷神社にてお守りを買おう!

福徳稲荷神社では、お守りも販売しています。福徳稲荷神社のお守りは、いくつかの種類があり、得たいご利益に応じたお守りを選ぶことができるようになっています。また、福徳稲荷神社を訪れる女性には、特に、縁結びのお守りが人気となっています。たくさんのご利益がある福徳稲荷神社なので、お守りの種類も豊富です。

福徳稲荷神社へ訪れたならば、おみくじをひこう!

福徳稲荷神社には、男女みくじなどたくさんの種類のおみくじがあります。男女みくじには、お守りとして漢字がデザインされたキーホルダーもあります。カップルで、福徳稲荷神社へ訪れて、沈みゆく夕陽の絶景を眺めるというデートコースもあるので、ぜひ、訪れて男女みくじに挑戦してみてはいかがでしょうか。

福徳稲荷神社にて御朱印をもらおう!

福徳稲荷神社では、御朱印を授かることができます。福徳稲荷神社の御朱印は、福徳稲荷神社の受付で授かることができます。福徳稲荷神社の御朱印を授かることができる時間は、朝9時半から夕方4時までとなっています。

時間内でないと御朱印は授かることができないので、注意しましょう。また、福徳稲荷神社では御朱印帳を販売していません。御朱印を持ち帰るための用紙もありません。必ず、御朱印を忘れず持参して、御朱印を授かるようにしましょう。

加えて、夕陽を眺めるときに、一緒に御朱印を授かりたいという人もいらっしゃるでしょう。夕陽の時間と御朱印を授かることができる時間が合わないかもしれません。夕陽を眺めて、御朱印を授かりたい人も早めに訪れて、御朱印を授かるようにしましょう。

福徳稲荷神社へのアクセス

福徳稲荷神社へのアクセスは、電車を利用することもできますが、かなり不便です。ほとんどの人が車を利用してアクセスしています。今回は、電車でのアクセスと車でのアクセスとして、九州方面から、山陰方面から、広島や岡山方面からの方面別にまとめてご紹介します。

福徳稲荷神社へのアクセス:電車

福徳稲荷神社へのアクセスとして、電車を利用することができます。電車を利用した場合は、下関駅から山陰本線へ乗車して、湯玉駅を目指します。湯玉駅からは歩いて、福徳稲荷神社へ向かいます。湯玉駅までは、約60分で、料金は、580円です。

下関駅から湯玉駅までの本数は1時間に1本と少なくなっています。もし、電車を利用して訪れるのであれば、小串駅までの電車はたくさんあるので、小串駅まで電車で訪れて、タクシーを利用するのが便利でしょう。

福徳稲荷神社へのアクセス:車

車を利用しての福徳稲荷神社へのアクセスは、広島・岡山方面からは、中国自動車道の小月インターチェンジにて、高速道路を降ります。その後、県道を利用してのアクセスとなります。小月インターチェンジからは約35分となります。

九州方面からのアクセスは、中国自動車道の下関インターチェンジを利用すると便利です。下関インターチェンジから福徳稲荷神社までの道のりは、県道を利用してのアクセスとなります。所要時間は、約45分で到着します。

なお、広島・岡山方面からのアクセスは、雪が降る時は、下関インターチェンジを利用することをおすすめします。というのも、小月インターチェンジからのアクセスは、峠越えがあり、雪道に慣れてないと危険だからです。

山陰方面からの福徳稲荷神社までのアクセスは、国道191号線を利用することをおすすめします。高速道路がないので、日本海の海岸線をひた走る国道191号線を利用すると夏場になると景色もよく、走っていて爽快な気分となります。またドライブコースとしても人気があるので、福徳稲荷神社までのおすすめのルートです。

福徳稲荷神社の駐車場

福徳稲荷神社には、無料の駐車場が完備されています。福徳稲荷神社には、駐車するスペースもあるので、車で訪れても問題ありません。ただし、旧暦の祭事や年越しなどはたくさんの人が参拝に訪れるため、福徳稲荷神社の駐車場も混み合うことも予想されます。これらのタイミングで訪れるときは、時間に余裕を持って訪れることをおすすめします。

福徳稲荷神社の情報

福徳稲荷神社はいつでも訪れることができるのですが、受付やお守り販売を行う時間は、朝9時半から夕方5時までとなっています。ただし、福徳稲荷神社にて御朱印を授かることができる時間は少し異なります。御朱印を授かれる時間は先ほど記載した通り、朝9時半から夕方4時までとお守りを販売している時間と少し時間が違うので注意しましょう。

住所 山口県下関市豊浦町宇賀2960-1
電話番号 083-776-0125

福徳稲荷神社を訪れるならば食べておきたいランチ

福徳稲荷神社を訪れるならば、食べておきたいランチがあります。それは、川棚温泉名物の瓦そばです。熱々にした瓦の上であまり馴染みがない茶そばと錦糸卵や牛肉といった具材をのせて温めます。そして、温かいめんつゆと一緒に茶そばを食べます。

瓦そばは一人前から注文することができます。山口県豊浦町の発祥の瓦そばを発祥地である豊浦町に訪れたならば、食べないという選択はありません。福徳稲荷神社を訪れたならば、瓦そばは、ぜひ食べておきたいランチと言えるでしょう。

福徳稲荷神社とセットで訪れたい観光スポット

福徳稲荷神社だけでなく、山口県にはたくさんの観光スポットがあります。特に、下関から豊浦町へ続く、海岸線にはたくさんの訪れておきたい観光スポットがあります。そこで、今回は、訪れておきたい観光スポットとして、川棚温泉、角島、そして、唐戸市場をご紹介していきます。

福徳稲荷神社とセットで訪れたい観光スポット1:川棚温泉

最初にご紹介するのは、福徳稲荷神社と同じ、豊浦町にある川棚温泉です。川棚温泉は、ナトリウムやカルシウムを含んだ塩化性の泉質を持った温泉で、福徳稲荷神社から車で10分ほど南へ向かった所にある温泉です。

俳人の山頭火やフランスのピアニスト・コルトーなど偉人が訪れて、愛した温泉と言われています。5つある旅館や温泉施設は全て立ち寄り湯をすることができます。福徳稲荷神社の帰りに立ち寄り湯でリフレッシュして変えることもできます。

また、川棚温泉に宿泊して、ゆっくり過ごすこともできます。福徳稲荷神社で絶景の沈みゆく夕陽を見てから、川棚温泉へ泊まり、ドライブ観光して帰ることもできます。1泊2日の小旅行におすすめなので、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

 住所 山口県下関市豊浦町大字川棚
電話番号 083-772-0296(川棚温泉観光協会)

福徳稲荷神社とセットで訪れたい観光スポット2:角島

山口県の日本海側のドライブスポットして有名なのが、角島です。角島は、福徳稲荷神社から北へ進むこと約40分の所にある日本海に浮かぶ島です。角島と本州の間には、角島大橋が架かっており、CMやテレビのロケ地として使われています。

角島は、とても小さな島で、人口も1,000人以下と言われています。そんな角島は、夏になると海水浴に訪れる人から美しい景色を一目見ようとドライブで訪れる人までたくさんの人が訪れて、とても賑わっています。

角島も夕陽が綺麗な絶景スポットとして有名で、たくさんの人がその夕陽を見るために県外から訪れています。また、日本海らしく海の幸に恵まれており、海鮮料理は絶品と言われています。福徳稲荷神社を訪れたならば、一緒に訪れておきたいスポットです。

 住所 山口県下関市豊北町大字角島

Thumb角島の観光特集!人気の名所やおすすめのモデルコースを紹介!
山口県にある角島をご存知でしょうか?2000年に開通した角島大橋は角島観光のシンボル的な存在...
Thumb角島のランチ特集!絶景を望む人気店からおすすめの穴場まで紹介!
山口県屈指の観光名所、下関市にある「角島」。角島を訪れる際には、角島周辺でおいしいランチを楽...

福徳稲荷神社とセットで訪れたい観光スポット3:唐戸市場

下関の唐戸市場も福徳稲荷神社と一緒に訪れておきたい観光スポットです。下関の唐戸市場は、安くて、鮮度の良い海鮮を食べることができると評判で、下関のみならず、県外からもたくさんの人がその海鮮を求めて訪れています。

唐戸市場は、競りも行われていますが’、同時に観光客向けに海鮮を販売しています。また、その日に獲れた魚などがふんだんに使われているお寿司や海鮮丼が絶品で、他じゃ食べることができない海鮮もお得な値段で食べることができます。

下関へ訪れたならば、ぜひ立ち寄っておきたいと言われる唐戸市場は、福徳稲荷神社を訪れる前に立ち寄る、もしくは、宿泊する予定があるならば、早朝に訪れてみると活気ある市場の中で、新鮮な海鮮を食べることができるので、おすすめです。

住所 山口県下関市唐戸町5-50
電話番号 083-231-0001

福徳稲荷神社へ行ってみよう!

絶景スポットとして、知る人ぞ知る福徳稲荷神社は、たくさんのご利益がある稲荷神社です。福徳稲荷神社の本殿から眺める沈みゆく夕陽は、美しいと評判で、その夕陽を写真に納めるために、たくさんの人が訪れています。また、近くには、観光スポットもあり、とても満喫した時間を過ごすことができるので、ぜひ、日帰り、小旅行で訪れてみてはいかがでしょうか。

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
yuyu

人気の記事

人気のあるまとめランキング