カザフスタンの治安は大丈夫?危険なエリアや注意するポイントを徹底リサーチ!

カザフスタンは中央アジアの国です。数年前にテロがあり治安が悪いのではないかと不安な人もいますが悪いわけではありません。少し注意するだけでカザフスタン旅行を十分に楽しめます。そんな治安に関する情報を外務省の情報などと共にお届けします。

カザフスタンの治安は大丈夫?危険なエリアや注意するポイントを徹底リサーチ!のイメージ

目次

  1. 1成長を続けるカザフスタン
  2. 2カザフスタンってどんな国?
  3. 3カザフスタンの首都アスタナはまるで未来都市?
  4. 4カザフスタンの以前の首都アルマトイも最大の都市
  5. 5カザフスタンの治安について
  6. 6外務省が出しているカザフスタンの治安情報
  7. 7カザフスタンで治安に注意しながら旅行するコツ1:ニセ警官は要注意
  8. 8カザフスタンで治安に注意しながら旅行するコツ2:無許可タクシーは要注意
  9. 9カザフスタンで治安に注意しながら旅行するコツ3:タクシーアプリを使う
  10. 10カザフスタンで治安に注意しながら旅行するコツ4:引ったくりに注意する
  11. 11カザフスタンで治安に注意しながら旅行するコツ5:麻薬犯罪に注意する
  12. 12カザフスタンで治安に注意しながら旅行するコツ6:テロに注意する
  13. 13カザフスタンで治安に注意しながら旅行するコツ7:食べ物に注意する
  14. 14カザフスタンで治安に注意しながら旅行するコツ8:自然災害に注意する
  15. 15カザフスタンで治安に注意しながら旅行するコツ9:交通事故対策
  16. 16カザフスタンで治安に注意しながら旅行するコツ10:医療機関を確認しておく
  17. 17カザフスタンで治安に注意しながら旅行するための三原則その1:目立たない
  18. 18カザフスタンで治安に注意しながら旅行するための三原則その2:行動を予知されない
  19. 19カザフスタンで治安に注意しながら旅行するための三原則その3:常に用心を怠らない
  20. 20カザフスタンで治安の心配をしないで滞在できるホテル
  21. 21治安の心配はありません・カザフスタンに今すぐ行こう

成長を続けるカザフスタン

カザフスタンと聞くとどんなイメージを持たれるでしょうか。治安が悪いというイメージを持たれる方も多いかもしれません。カザフスタンは旅行先としては少し躊躇される方もおられるかもしれませんが一部では人気が上昇している国でもあります。

カザフスタンを訪れる場合、どんなことに注意したらいいのでしょうか。治安はどんな感じなのでしょうか。特に注意するべきエリアや危険なエリアなどはありますか?外務省が発表している治安に関する情報や注意点、服装や持ち物など旅行に役立つ情報をお伝えしていきます!

カザフスタンってどんな国?

国土の大半が砂漠という日本とは全く違う国・カザフスタン。とても大きな国で国土の面積は世界第9位です。ユーラシア大陸の内陸にあるために海には面しておらず、とても乾燥した国です。

カザフ人やロシア人、その他の民族もありそれぞれの言語やそれぞれの文化が共存しています。都市部に生活しているのはロシア系の方たちが多いため、観光旅行に行くときにたいていの人が訪れる首都アスタナはロシア語が主に使われています。

ウランや天然ガス、石油などの資源を豊富に有しています。それでも国民全体が豊かなわけではなく貧富の差が激しいのが問題視されています。

カザフスタンの首都アスタナはまるで未来都市?

首都のアスタナでは2017年に万博が開かれたために近未来都市のようになっており多くの観光客が訪れています。砂漠の中にまるでいきなり未来都市が出来上がったかのような不思議な空間です。1998年よりコンペで選ばれた日本を代表する建築家である黒川紀章によりアスタナの都市計画始められ、いまだに進行中です。

それまでアルマトイがカザフスタンの首都でしたからアスタナは近年都市化されてきた街ということが出来ます。新しく開発された街らしい、精錬された近未来がこの街では見ることが出来るのです。

カザフスタンの以前の首都アルマトイも最大の都市

カザフスタンの「南の首都」と呼ばれているアルマトイは以前までカザフスタンの首都でした。中国、キルギス共和国との国境に近いところに位置し、中央アジアの中では特にアルマトイは最高ランクの世界都市といわれています。

アルマトイは1998年までカザフスタンの首都でした。今現在でも商業、工業、文化などあらゆる面でカザフスタンの中心的な役割を果たしており、首都アスタナよりも大きな街として観光客も多く訪れています。

アルマトイはシルクロードの要衝で昔から主要な都市でした。中国との国境に近いこの首都のある場所に不安を覚えたヌルスルタン・ナザルバエフ大統領は親ロシアの思想も相まってアスタナに首都を移したといわれています。

カザフスタンの治安について

ではここからはカザフスタンの治安についてお知らせします。旧ソビエト連邦のこの国はあまり情報もないので治安が悪いのではないかと不安を感じる方も多いことと思います。

治安は悪いという人もいれば、そんな悪いわけではない、普通に生活することができるという人もいます。まずは外務省が定期的に更新しているカザフスタンの危険レベルについてお知らせします。

外務省が出しているカザフスタンの治安情報

外務省がホームページ上で海外の国の治安情報を出しています。外務省の発表によると2018年12月現在でカザフスタン危険情報はレベル1となっています。

外務省の基準で出したレベル1というのは、十分に注意してください。という危険レベルです。悪いといえるレベルではありません。この外務省のホームページにはカザフスタンの地図上で危険レベルを色分けで表示していますが、それによるとカザフスタン全土において危険レベルは1という判定です。

外務省のこの危険レベルは日本にもなじみの深い国と比較するとわかりやすかもしれません。ヨーロッパのほとんどの国、アメリカやカナダではほとんどが危険レベルは0です。一方でロシアやウクライナなど旧東ヨーロッパの国々では危険レベルは1となります。

一方外務省の発表する危険レベルが上がって2になると、それは不要不急の渡航は避けてください。となります。治安は悪いので単なる観光旅行で訪問することはすすめられていないという意味です。

外務省が発表する危険レベルは0、つまり危険がないと判断されている国もありますが、このカザフスタンは危険レベル1なので日本よりは危険なので注意が必要です、という意味の様です。

この外務省が発表する危険レベルによれば旅行を取りやめるほどの治安の悪さではないかもしれません。しかし旅行の際は自分のかばんから目を離さないといったレベルの注意は必要になってくるでしょう。

カザフスタンで治安に注意しながら旅行するコツ1:ニセ警官は要注意

カザフスタンをはじめとする旧ソビエト連邦の国々では一般的に警察が多いといわれています。このカザフスタンを旅行していても警察官やパトカーが多いと思う人もいらっしゃると思います。

実はその警察官の数の多さが治安を維持する要因になっているのですが、一方で悪い偽警察官がいて詐欺のようなことをしていくことがあります。

例えば、自分は警察官だといって言葉巧みに近づいてきて身分証明書の提示を求めることがあります。実はそのどさくさを狙ったスリであるということがあります。

また本物の警察官でもビザの表示を求めたり、あるいはほかの何かの理由をこじつけて賄賂をもらおうとする悪い警察官もまれにですが、出没します。

そのような偽警察官たちに対処するにはどうしたらよいのでしょうか。まず言えるのはなるべく人通りの多い場所を選ぶということです。また相手が警察官であろうとおどおどせずに同等としていればたいていの場合は大丈夫です。もちろん反抗することはありませんが、毅然とした態度をとるならばそのうちあきらめて他のカモを探しに行くでしょう。

わいろなどを求めてくる警察官も同様に毅然とした態度で、改めて身分証明書を求めたり、名刺などを求めたりするといいでしょう。もし何か不安があるなら日本大使館に連絡するといって電話を取り出すとあきらめて帰っていったという口コミ情報もあります。

カザフスタンで治安に注意しながら旅行するコツ2:無許可タクシーは要注意

次に注意すべき点を挙げるとしたら、無許可タクシー、白タクでしょう。駅や空港、また有名な観光地などを明らかに旅行者のようなそぶりをすると英語や時には片言の日本語で近づいてくるかもしれません。

もちろん無許可タクシーのすべてが悪いというわけではありませんが、ぼったくりや実は強盗だったという話を聞くこともあります。タクシーを利用するときには信頼のおけるものを選びたいものです。

カザフスタンの首都アスタナ市はまだ公共交通機関がそれほど発達していないので、市民の足もバスかタクシーになってきます。これまでは無許可タクシーも市民の足の一部でしたが近年規制が強化されてきたので無許可タクシーも減ってきているようです。

カザフスタンで治安に注意しながら旅行するコツ3:タクシーアプリを使う

市内の移動手段として最も便利なタクシーですが治安がどうしても気になります。無許可タクシーによるぼったくりや強盗のことを考えるとどれも悪い人に見えてしまいます。そんな不安を払しょくするのが最近世界中で人気のタクシーアプリです。

Uberなどのタクシーアプリを使ったことがある方も多いことと思いますがこのカザフスタンの都市でもタクシーアプリは観光客だけでなく地元の人たちにも大人気です。

特に有名なのがUberです。日本でアプリをダウンロードしておき現地でシムカードを購入して使えばいつでもどこでも簡単に信頼できるタクシーを呼ぶことができます。面倒な値段の交渉もしなくていいので安心です。カザフスタン旅行を計画している人はアプリの使い方に慣れておきましょう。

カザフスタンで治安に注意しながら旅行するコツ4:引ったくりに注意する

外務省が発表する危険レベルが1なので治安は悪いわけではない、と決めつけるのは早すぎます。日本と比べると多いのがひったくりの被害です。

この種類の犯罪は外務省が発表する危険レベル0の治安が悪いわけではない地域でも起こりえます。この犯罪に対する対策は、簡単に言うと心がけ次第ということになります。

常にびくびくしている必要はありませんが、道路を歩くときはかばんを歩道側に向けておくといったことだけでもひったくり被害に遭う確率はかなり少なくなります。

ひったくりは金品が盗まれるだけでなく、ひどい時には大けがをしてしまうこともあります。せっかくの旅行が台無しになることもあるので気をつけましょう。

カザフスタンで治安に注意しながら旅行するコツ5:麻薬犯罪に注意する

カザフスタンをはじめとする中央アジアは麻薬の製造と密売ルートにもなっており、これが治安が悪いと思われるような事件をたびたび引き起こしています。

銃の入手も比較的簡単だといわれており、麻薬常用者が銃を使って強盗をするという事件もたびたび起こるようです。旅行者にとってこの様な犯罪に巻き込まれることはめったにありませんがしかし注意するに越したことはありません。

このような犯罪に遭わないようにするには、危険は場所にはいかない、としか言えません。旅行する前や現地のツアーガイドやホテルの人たちに危ない街や、通りを聞いておきましょう。そうすれば間違ってそのような場所に入ってしまうこともないでしょう。

カザフスタンで治安に注意しながら旅行するコツ6:テロに注意する

人口の7割がイスラム教徒のカザフスタンではテロの危険も日本よりも多いでしょう。旧ソビエト連邦のこの国ではロシア人の割合も多くそのため宗教的な違いや、経済格差などにより軋轢が生じることもあります。

日本人を標的にしたテロ事件や誘拐事件などはありませんが、それでもテロには巻き込まれたくはありません。外務省がホームページ上でテロの脅威などを知らせてくれるのでそのような情報を豆にチェックするようにしましょう。そうすれば不必要な事件に巻き込まれずにすむでしょう。

カザフスタンで治安に注意しながら旅行するコツ7:食べ物に注意する

治安というと犯罪をすぐに思い浮かべると思いますが、病気も立派な治安状況です。外務省が出している危険レベルも伝染病の蔓延などによりより悪いレベルに評価されることもあります。

今のところ、カザフスタンで伝染病などが蔓延しているという情報はありませんが、旅行中に食べるものには注意したほうがいいでしょう。

水道水はもちろんのこと、ペットボトルに入ったミネラルウォーターもあまり安いものは買わないほうがいいでしょう。衛生的なものはそれなりの値段がするはずです。

またレストランの中でも地元の人たちが集まる小さな食堂などでは衛生面で不安がある場所もあります。大きなホテルや観光客が多く集まるレストランでは大丈夫だと思いますが、それ以外では特に生野菜などは避けるのが無難でしょう。

カザフスタンで治安に注意しながら旅行するコツ8:自然災害に注意する

自然災害なども貴重な治安情報の一つです。特に地震や津波などの大災害の時には安否なども気になるものです。

しかしこのカザフスタンでは自然災害を気にする必要はほとんどないようです。地震のこともあまり聞きませんし、台風や洪水といった水害も聞きません。しかし万が一の時のために日本にいる家族に滞在先などは報せておくといいでしょう。

カザフスタンで治安に注意しながら旅行するコツ9:交通事故対策

交通マナーが悪いカザフスタンでは、泥棒やスリの被害に遭わなくても交通事故などに巻き込まれることがあるかもしれません。そんな時には必ず交通警察に連絡しましょう。

交通警察の電話番号は102です。すぐに連絡して彼らが来るのを待ちましょう。事故調査書を作成してもらわないとその後の保険の払い戻しなどに支障が出る場合もあります。海外旅行保険に入っている人は次ぐにツアーデスクに連絡して必要な書類を確認するといいでしょう。

カザフスタンで治安に注意しながら旅行するコツ10:医療機関を確認しておく

治安にどれだけ気を使っていたとしても、避けられない事故はあります。そんなときのために滞在先の医療機関を確認しておくも大切です。そんなカザフスタンの医療機関のいくつかをご紹介します。

Meyrim Multi-Field Medical Centerは小児科、内科について小児科や総合病院、専門病院を紹介してくれる医療機関です。アスタナ通りにある医療機関で午前8時から午後8時まで開いています。

Interteach,Family Doctor’s Ambulatoryもおすすめの医療機関です。24時間対応している医療機関なので夜間に問題が起こっても大丈夫です。こちらもアスタナ通りにある24時間対応の医療機関です。

またアルマティ市にの医療機関を知っておくのもいいでしょう。おすすめ医療機関の一つがInterteach Clinicです。診療時間は月曜から金曜が午前8時から午後7時、救急には24時間対応してくれるアルマティ通りある医療機関です。

Central Clinical Hospital of Medical Center of President’s Administrative Affairsもアルマティ市で信頼できる医療機関の一つです。総合病院でとりあえずここに来ればいいでしょう。アルマティ通りとシェブチェンコ通りの角にあります。

カザフスタンで治安に注意しながら旅行するための三原則その1:目立たない

カザフスタン日本大使館が在留邦人のために出している安全のための手引きがあります。そこには安全のための三原則が記されています。

その1番目は、「目立たない」ということです。これは普段から華やかな服装や装飾品を身に着けたり多額の現金を持ち歩かないという意味です。治安の悪い国での生活になれた人の中にはネックレスなどはレストランに入って化粧室で身に着けて、外を歩くときは外してかばんの中に入れておくという人もいます。

また支払いの際も不必要に大きなお金を見せないこともこの目立たない行動の一つでしょう。数ドル程度の支払いをするようなお店で財布を出して中にカードや現金があるのを見ると、スリやひったくり犯の格好の標的になっています。

カザフスタンで治安に注意しながら旅行するための三原則その2:行動を予知されない

三原則の2番目は「行動を予知されない」ということです。これは旅行者よりも現地に滞在している人に特に必要な原則かもしれません。

通勤や通学、また買い物のルートやいつも行くレストランが一緒だったりすると犯罪者がターゲットを絞りやすくなります。

それで犯罪を未然に防ぐためには、毎日の行動パターンを変えるといいでしょう。同じ学校や職場に行くにしてもちょっとルートを変えるだけでいいでしょう。

このような心構えは特に誘拐やテロといった事案には有効です。旅行目的でカザフスタンに訪れる人たちにはあまり関係がないかもしれませんが、心構えとして重要な原則です。

カザフスタンで治安に注意しながら旅行するための三原則その3:常に用心を怠らない

この原則は、特に旅になれた人たちに必要な原則かもしれません。バックパッカーや何度も海外旅行を経験している人たちの中には慣れてきて自分は大丈夫、狙われるようなことはないと思ってしまうことがあります。

このような油断によって事件や犯罪に巻き込まれてしまった人たちもいます。それでどれだけ旅行になれているとしても常に用心していなければなりません。これはカザフスタンだけでなくどの国へ旅行するにしても共通のことです。

カザフスタンで治安の心配をしないで滞在できるホテル

旅行者にとって普段の観光では治安の不安は多少はあるものです。スリやひったくりなどに注意しながら1日を過ごすと緊張もあり普段よりも疲れます。そんな時はホテルだけでも安心してゆっくりしたいものです。そんなカザフスタンで治安の心配が全くないおすすめホテルをご紹介します。

最初におすすめするのがアルマトイの五つ星ホテルのインターコンチネンタルホテルです。共和国広場にあるホテルでワイヤレスインターネットに全館対応しているホテルです。

また、ハイアットリージェンシーもアルマトイでおすすめのホテルです。ロビーのインテリアが遊牧民をイメージしたカザフスタンらしい装飾で人気のホテルです。ビジネスのミーティングでも使用されるホテルなので治安の心配もありません。

オトラルホテルは日本語対応スタッフが常駐してくれるホテルで28人のパフィロフ戦士公園の向かいにあるホテルで日本人には一番人気のあるホテルです。ホテルドクターもいるので夜間に急な病気になった時にも安心です。

カザフスタンの首都アスタナにも安心できるホテルがあります。その一つが五つ星ホテルのマリオットホテルです。1泊は10000円ほどからのホテルですが由緒あるホテルなので従業員の教育も行き届いており安心できるホテルです。

リクソス・プレジデント・アスタナもおすすめの五つ星ホテルです。アスタナの中心部にあり立地が良くホテルも吹き抜けがあったりなどとってもおしゃれで安心できるホテルです。

また、リッツカールトンもこのアスタナに五つ星ホテルを展開しています。部屋は1泊18000円ほどはしますが安心や安全を考えたら安いものです。安心の五つ星ホテルでゆっくりするといいでしょう。

他にもこのアスタナには4つの五つ星ホテルがあります。ペイジンパレスホテル、ラディソンホテル、ザ・セントレジス・アスタナなどです。さすがに五つ星ホテルともなればその敷地に入った瞬間に安心できます。治安に不安な旅行者にはまるで家に帰ってきたかのような気持ちになれます。

治安の心配はありません・カザフスタンに今すぐ行こう

カザフスタンは確かに数年前にはテロが発生したりと、治安が気になる国ではありますが、現在では治安の心配はそれほどする必要がない国であることがわかりました。

しかし治安状況は日本よりも注意が必要な国であることには変わりありません。日本は特に治安のよい国なので日本からの旅行客にはすこしストレスかもしれません。

そんな時にはぜひこの情報を活用してください。もちろんすべて大切ですが、気にしすぎて楽しめなければせっかくの旅行が台無しになってしまいます。ぼったくりやスリなどお金だけの被害の時は、観光税を払ったと思って気持ちを切り替えましょう。そうすればカザフスタン旅行も引き続き楽しめるでしょう。

では治安の不安を払しょくして今すぐカザフスタンに向かいましょう。心が広い遊牧民の文化に触れれば人生観も変わるかもしれません。

Original
この記事のライター
Canna