近鉄特急アーバンライナーの料金や予約方法は?おすすめの座席も調査!

大阪と名古屋を結ぶ近鉄特急アーバンライナーは、人気の移動方法の一つです。そんな、近鉄特急アーバンライナーの料金や予約方法、そして、近鉄特急アーバンライナーをお得に利用する方法なども含めて、近鉄特急アーバンライナーを徹底調査しました。

近鉄特急アーバンライナーの料金や予約方法は?おすすめの座席も調査!のイメージ

目次

  1. 1人気の近鉄アーバンライナーとは?
  2. 2近鉄アーバンライナーの基本情報
  3. 3近鉄アーバンライナーの停車駅
  4. 4近鉄アーバンライナーの料金
  5. 5近鉄アーバンライナーの予約方法
  6. 6近鉄アーバンライナーの予約方法1:インターネット
  7. 7近鉄アーバンライナーの予約方法2:駅の窓口
  8. 8近鉄アーバンライナーをお得に利用する方法
  9. 9近鉄アーバンライナーをお得に利用するプロセス1:近鉄株主優待券
  10. 10近鉄アーバンライナーをお得に利用するプロセス2:近鉄特急の予約
  11. 11近鉄アーバンライナーをお得に利用できる区間
  12. 12近鉄アーバンライナーの展望デッキは必見
  13. 13近鉄アーバンライナーを乗るときに注意する点
  14. 14近鉄アーバンライナーのDX(デラックス)シートとは?
  15. 15近鉄アーバンライナーで行けるおすすめスポット
  16. 16近鉄アーバンライナーを利用しての小旅行もおすすめ!

人気の近鉄アーバンライナーとは?

大阪と名古屋の間の移動というと新幹線を思い浮かべる方もいらっしゃるでしょう。新幹線は早く、名古屋までいくことが出来るので、人気の交通手段の一つでしょう。しかし、大阪と名古屋の間には、人気の移動方法があるのです。それは、近鉄アーバンライナーです。続いて、近鉄アーバンライナーをご紹介しましょう。

近鉄アーバンライナーの基本情報

近鉄アーバンライナーは、大阪難波駅を出発して、奈良、三重を通り、名古屋駅へ向かう近鉄の特急電車です。大阪と名古屋を2時間15分で結んでいます。新幹線が新大阪と名古屋の間を最速50分ほどで結ぶのに比べると時間がかかってしまいます。

しかし、新幹線よりも時間がかかる大阪と名古屋を結ぶ近鉄アーバンライナーは、根強い人気がある特急電車なのです。なぜ、近鉄アーバンライナーが人気なのかという理由を2つご紹介します。

近鉄アーバンライナーが人気の理由1:ゆっくりした座席

近鉄アーバンライナーの座席は、普通指定席は、2席と2席の4列シートとなっています。座席指定の近鉄アーバンライナーは確実に座ることが出来る電車なのです。新幹線は座席を予約することができますが、在来線での移動は座席の予約をできません。

また、近鉄アーバンライナーには、DX(デラックス)カーが連結してあり、DX料金を払うと利用できます。座席は、1つの座席と2つの座席からなる3列シートで、広々とした座制にゆったりと座わり電車の旅を楽しむことが出来るのです。

近鉄アーバンライナーが人気の理由2:奈良と三重を通る

近鉄アーバンライナーが人気の理由としては、奈良と三重を通るということも挙げられます。新幹線では奈良も三重も通らないので、近鉄アーバンライナーを利用することで、時間を短縮でき、料金も安い料金で移動することが出来るのです。

アーバンライナーは、奈良県内と三重県内の駅にも停車するので、途中の停車駅で乗り換えて目的地へ向かうことも出来るのです。新幹線や在来線ではなかなかできないことが近鉄アーバンライナーではできるようになります。

近鉄アーバンライナーの停車駅

大阪と名古屋を結ぶ近鉄アーバンライナーは、人気の特急電車ですが、近鉄アーバンライナーの停車駅ついて見ていくことにしましょう。近鉄アーバンライナーの停車駅は、大阪難波、大阪上本町、鶴橋、奈良県の大和八木、三重県の津、そして、名古屋となります。

それ以外の近鉄電車の駅には近鉄アーバンライナーが停車することはありません。ただし、時間帯によって、奈良県の大和八木駅をお昼の時間帯と一部の列車は通過するので、注意が必要です。

近鉄アーバンライナーの料金

近鉄アーバンライナーの料金についてご紹介します。近鉄アーバンライナーは、普通運賃に特急料金が必要となります。特急料金は乗車する区間によって異なります。また、近鉄アーバンライナーのDX(デラックス)シートは、別途デラックス料金が必要です。

例えば、大阪難波駅と名古屋駅の間を近鉄アーバンライナーに乗車するときには、普通運賃として2,360円、それに加えて特急料金1,900円を加算して4,260円となります。また、DX(デラックス)シート利用時は、DX料金として510円が追加され、4,770円となります。

また、途中区間でも近鉄アーバンライナーは利用できます。鶴橋と三重県の津駅の間を利用するときは、3,000円となります。内訳として、普通運賃が1,680円、特急料金が1,320円となります。

また、DX(デラックス)シート利用時は、DX料金として310円が追加され、3,310円となります。大阪と名古屋だけでなく、近鉄アーバンライナーが走る途中の区間でも利用することが出来るので、もし機会があれば、検討してみましょう。

近鉄アーバンライナーの予約方法

近鉄アーバンライナーの座席を予約する方法としては、インターネットと窓口にてチケットを購入となります。近鉄アーバンライナーのチケットについて、インターネットは、近鉄電車のホームページから、窓口は近鉄電車の駅の窓口でそれぞれチケットを購入することができます。

近鉄アーバンライナーの予約方法1:インターネット

近鉄アーバンライナーをインターネットから予約する方法についてご紹介します。近鉄のホームページへ進み、特急券購入へ進みます。その後、近鉄電車のオンライン会員かどうかで進むページ、支払い方法などが異なります。

オンライン会員の人であれば、支払いはインターネット上で完結できます。また、予約のみしておき、駅の窓口で支払いということもできます。チケットのタイプの違い、支払い方法もインターネットと窓口で支払いでは少し異なるので、注意しましょう。

一方で、非オンライン会員でない人でもインターネットから購入することができます。支払い方法は、クレジットカードのみ、チケットは電子チケットとなります。観光などで近鉄電車を使う人が多いと言われています。

インターネットから予約する場合は、座席シートを確認しながら予約をすることができます。ご自身で座りたい座席がある人やグループでまとまった座席を確保したい人は、インターネットで予約すると便利でしょう。

近鉄アーバンライナーの予約方法2:駅の窓口

近鉄アーバンライナーを予約する方法として、近鉄の駅の窓口での予約もあります。普段利用している近鉄電車の駅あるいは、近鉄電車の主要駅には、特急窓口が設置してあります。駅の窓口で駅員さんと話しつつ購入することもできます。

近鉄アーバンライナーの特急券を駅の窓口での購入するときは、クレジットカードや現金が利用できます。一方で、窓口が開いていない時間もあり、いつでも利用できるという訳ではないので、注意が必要です。

また、回数券のようなお得なきっぷを利用して、近鉄アーバンライナーのチケットを購入するときには、インターネットではなく、引き換え券などを駅の窓口にて、特急券への交換が必要となります。

近鉄アーバンライナーをお得に利用する方法

近鉄アーバンライナーをお得に利用したいという人もいらっしゃるでしょう。最もお得に利用することができた回数券は廃止されてしまいました。たくさんの人が使っていた回数券ですが、回数券を廃止して、今では、インターネットでの予約を推奨しています。

一方で、回数券が廃止されたとしても、回数券ではなく、近鉄電車の株主優待券を利用することで、回数券よりも割引が少なくなりますが、大阪と名古屋の間の近鉄アーバンライナーをお得に利用することができます。

続いては、回数券が無くなった今、大阪と名古屋の間の近鉄アーバンライナーをお得に利用するための方法と手順について解説していくことにします。

近鉄アーバンライナーをお得に利用するプロセス1:近鉄株主優待券

近鉄アーバンライナーをお得に利用するための最初のプロセスとして、近鉄株主優待券を購入です。近鉄株主優待券は、以前回数券が販売されていた金券ショップなどで販売されているので、購入することができます。

金券ショップなどで購入する近鉄株主優待券の相場は、1,500円から1,700円となっており、時期によって異なります。手に入れにくい時期になると値上がり、たくさんの株主優待券が出回ると安くなるという仕組みです。

近鉄アーバンライナーの特急券を購入する前に、株主優待券を手に入れることを優先しましょう。また、インターネットでも取引されているので、金券ショップなどで見つからないときは、探してみても良いでしょう。

近鉄アーバンライナーをお得に利用するプロセス2:近鉄特急の予約

近鉄株主優待券を手に入れてから近鉄アーバンライナーのチケットを予約するようにしましょう。というのも、株主優待券がない限り、通常料金で近鉄アーバンライナーを利用することになってしまいます。

近鉄アーバンライナーをお得に利用するためのプロセスとして、最初に近鉄株主優待券を手に入れます。次に、近鉄アーバンライナーの特急券の予約をするというプロセスです。必ず覚えておきましょう。

近鉄アーバンライナーをお得に利用できる区間

近鉄アーバンライナーを全ての区間でお得に利用できません。大阪と名古屋の間はお得に利用することができますが、実は、短い区間だと回数券でもお得に利用することはできなかったです。また、近鉄株主優待券を利用してもお得に使うことができないのです。どの区間が近鉄株主優待券と合わせて、利用するとお得なのかご紹介します。

近鉄アーバンライナーをお得にできる区間1:大阪と津の間

最初にご紹介する近鉄アーバンライナーを近鉄株主優待券を併用してお得に利用できる区間は、大阪の難波・上本町・鶴橋と三重の津の間です。これらの区間は、特急券が割引にならないとしても、普通運賃が1,680円となります。

もし、株主優待券を1,600円以下で購入できるとお得に利用することができる区間となります。なお、大阪の難波・上本町・鶴橋と三重の津の間は、回数券を利用したとしてもお得にならない区間でした。回数券ではなく、株主優待券との併用で、お得に利用できるので、ぜひ、覚えておきたい路線と言えるでしょう。

近鉄アーバンライナーをお得にできる区間2:大和八木と名古屋の間

もう一つの区間として、奈良の大和八木と近鉄名古屋駅の間も株主優待券を併用することで、近鉄アーバンライナーをお得に利用することができます。大和八木と近鉄名古屋駅の普通運賃は、2,360円となっています。

もし、お得な料金の株主優待券が利用できると、かなりお得に利用することができる区間となります。また、この株主優待券との併用は、近鉄アーバンライナーだけでなく、普通の特急電車でも利用することができる方法となるので、おすすめです。

近鉄アーバンライナーの展望デッキは必見

近鉄アーバンライナーを利用するときに、乗車したならば、ぜひ見ておきたいポイントとして、展望デッキをご紹介します。近鉄アーバンライナーの1号車と6号車には、展望デッキが設置してあり、景色を眺めることができます。

近鉄アーバンライナーの1号車と6号車の展望デッキは、大型曲面ガラスから望む迫力のパノラマビューとなっており、ワイドなガラス越しに見えるスピード感あふれる窓から眺める風景を楽しむことができます。

近鉄アーバンライナーの展望デッキは、大阪から名古屋へ向かうときは、1号車が進行方向、名古屋から大阪へ向かうときには逆に6号車が進行方向となります。なかなか眺めることができない車窓を体感するにはもってこいのデッキとなっています。

近鉄アーバンライナーを乗るときに注意する点

近鉄アーバンライナーを利用するときの注意点として、車内販売が挙げられます。車内販売は、平日は行われていません。一方で、土日祝日は、車内販売が行われます。平日に利用するときには、乗車前に、飲み物などを購入しておくことをおすすめします。

どうしても買い忘れたというときには、4号車に自動販売機が取り付けられています。自動販売機は決して種類が多いわけではありませんが、少し飲み物を購入するのには便利なので、覚えておくことをおすすめします。

近鉄アーバンライナーのDX(デラックス)シートとは?

近鉄アーバンライナーには、1号車にDX(デラックス)シートが備え付けてあります。DX(デラックス)シートは、全席一人掛けシートとなっており、一人席だけの列と、二席分の列のシートとなっており、とても過ごしやすいと評判のシートです。

個人の空間を作り出した近鉄アーバンライナーのDX(デラックス)シートは、広々とした座席に座って、目的地までの快適なひと時を過ごすことができると利用した人がおすすめするシートとなっています。

DX(デラックス)シートを利用するためには、追加料金が必要となります。ゆっくりした空間で目的地まで過ごしたい人や読書などに集中したいという人にはおすすめのシートとなるので、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

近鉄アーバンライナーで行けるおすすめスポット

近鉄アーバンライナーを利用する人は、平日は働いている人などが主に利用しています。一方で、休日になると遠出する人や大阪あるいは名古屋へ遊びに行く人が主に利用しています。続いては、近鉄アーバンライナーを利用してアクセスできることができるおすすめスポットを2つご紹介していきます。

近鉄アーバンライナーで行けるおすすめスポット1:レゴランド

最初にご紹介する近鉄アーバンライナー沿線のおすすめスポットは、レゴランドです。レゴランドは、2018年に料金改定が行われて、以前に比べるとかなりお得に行けるようになりました。名古屋への小旅行として、気軽に行くことができるようになったので、一度訪れてみることをおすすめします。

Thumbレゴランド・ジャパンの待ち時間や混雑状況は?平日や土日の攻略法を伝授!
名古屋にある話題のテーマパーク「レゴランド・ジャパン」、休日ともなると混雑することもあり、ア...

近鉄アーバンライナーで行けるおすすめスポット2:NIFREL(ニフレル)

近鉄アーバンライナーで行けるおすすめスポットとして、大阪エキスポランドのNIFREL(ニフレル)もおすすめです。「感性に触れる」をコンセプトにした新しいタイプの施設で、近年たくさんの人で賑わっています。週末に名古屋からふらりと行くことができるので、近鉄アーバンライナーを利用してみるのもいかがでしょうか。

Thumb「ニフレル」は大阪エキスポシティで人気の新スポット!魅力や楽しみ方を紹介!
大阪のエキスポシティにあるニフレルというミュージアムをご存知でしょうか?ニフレルは大阪の水族...

近鉄アーバンライナーを利用しての小旅行もおすすめ!

近鉄アーバンライナーは、大阪と名古屋の移動手段として人気の方法です。以前は、回数券を販売していたのですが、現在は廃止されてしまいました。しかし、まだお得に利用できる方法はあるので、大阪と名古屋を結ぶアーバンライナーを利用して、小旅行に出かけてみるのもおすすめです。

関連記事

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
yuyu

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ