佐伯の寿司海道で海鮮三昧!人気のランチや持ち帰りOKの店を紹介!

佐伯の寿司海道は、最近話題になっていて世界に佐伯寿司を発信して行こうとしている地域です。佐伯寿司を出す寿司屋の中でも寿司海道を出すグループもあり、日々切磋琢磨しあい佐伯寿司の発展に努めているみたいので佐伯の寿司海道を調査し紹介しましょう。

佐伯の寿司海道で海鮮三昧!人気のランチや持ち帰りOKの店を紹介!のイメージ

目次

  1. 1佐伯の寿司海道で海鮮三昧しよう!
  2. 2佐伯への行き方!
  3. 3佐伯寿司とは?
  4. 4黒潮の極み佐伯寿司海道とは?
  5. 5佐伯寿司海道の匠の契りとは?
  6. 6佐伯の寿司海道提供店1:亀八寿司
  7. 7佐伯の寿司海道提供店2:幸寿司
  8. 8佐伯の寿司海道提供店3:しらなみ鮨
  9. 9佐伯の寿司海道提供店4:寿司源
  10. 10佐伯の寿司海道提供店5:寿し好
  11. 11佐伯の寿司海道提供店6:第二金波
  12. 12佐伯の寿司海道提供店7:第三金波
  13. 13佐伯の寿司海道提供店8:竹寿し
  14. 14佐伯の寿司海道提供店9:錦寿司
  15. 15佐伯の寿司海道提供店10:福寿司
  16. 16佐伯の寿司海道提供店11:味処まこと寿し
  17. 17佐伯の寿司海道提供店12:ますの寿司
  18. 18佐伯の寿司海道提供店13:鮨駒
  19. 19佐伯の寿司海道提供店14:佐伯回転寿司マルマン
  20. 20佐伯に行って寿司街道を食べましょう!

佐伯の寿司海道で海鮮三昧しよう!

佐伯の寿司海道で海鮮三昧ですが、まずは佐伯って何処にあるの?寿司海道って何?と思ってしまうでしょう。話によると佐伯という街は、地域的に美味しい魚介類が獲れて地元のクロマグロまで水揚げされる港に市場があり、そこで仕入れした天然で地物の魚介類を使う寿司屋がたくさんある地域みたいので調査して紹介しましょう。

佐伯への行き方!

佐伯への行き方は、大分駅から佐伯駅までJR日豊本線の普通で佐伯行きに乗り約1時間22分かかります。大分空港から佐伯に行くには、10時から2時間おきくらいでバスがでており、約2時間ちょっとくらいで佐伯に着きますが、電車の場合は、大分空港から電車がないのでバスで大分駅に行き、大分駅からは同じJR日豊本線で佐伯まで約2時間41分かかります。

大分への行き方

大分への行き方は、飛行機が羽田空港や中部空港に伊丹空港から大分空港にJALとANAがフライトしています。飛行機で大分に行くことが一番早く大分までいけますが、電車では、JR新幹線で小倉駅に行き小倉駅からJR特急ソニックにて大分駅まで行きます。各地方からも新幹線で行くのが2番目に早く大分にいけますが、予算に応じて決めましょう。

佐伯寿司とは?

佐伯寿司とは、大分県佐伯市には寿司店が多くあり、豊後水道に面したリアス式海岸が広がる大分県最南端にある港町の寿司屋のことを指します。新鮮な魚が、水揚げされる港の魚を利用して寿司を提供しています。佐伯寿司は、アラブの王族も絶賛した芸術品みたいな握り寿司や大きさにびっくりするようなネタがのった握り寿司などを提供しています。

黒潮の極み佐伯寿司海道とは?

黒潮の極み佐伯の寿司海道とは、佐伯寿司を提供する数多くの寿司屋の中でも、より質の高い佐伯寿司を提供しようとする寿司職人が集まって、佐伯地域で水揚げされる50種類以上の魚介類を見直して全て佐伯の魚介類で賄おうと考え匠の契りを交わした有志により結成されたのが、寿司職人12人から始まった黒潮の極み佐伯寿司海道です。

黒潮の極み佐伯寿司海道は、12人の職人の佐伯寿司屋から始まっていますが、現在は14人の寿司職人になって14の佐伯寿司屋でクロシをの極み佐伯寿司海道が味わうことができます。

佐伯寿司海道の匠の契りとは?

佐伯寿司街道の匠の契りとは、1つ地産地消、1つ一物全体、1つ一期一会、1つ誠心誠意、1つ切磋琢磨の5つを守るという匠の契りをかわしています。地産地消は、佐伯の自然からの山、川、海から恵みを使用する。一物全体は、豊後水道の恩恵に感謝する。一期一会は、お客様との出会いを大切にしいつでも感謝する。

誠心誠意は、佐伯寿司職人の粋をみせ真心と魂を入れた寿司を提供する。切磋琢磨は、佐伯寿司海道を目指す者同士助け合い技を磨いていくという5つの契リを交わした寿司職人で構成され、佐伯寿司を発展させようとしています。

佐伯の寿司海道提供店1:亀八寿司

佐伯の寿司海道提供店1は、街道メニューが豊後地元寿司の「亀八寿司」です。行き方は、JR日豊本線佐伯駅から国道217号線の佐伯鶴城高校入口交差点手前を左斜めに道を入っていったところにあります。おすすめの豊後地元寿司は、佐伯で獲れた季節で一番美味しい魚介類9貫にデザートと汁物が付いている亀八寿司の人気の寿司です。

ランチメニューがあり、穴子重セットと天とじ丼セットに海鮮ちらし重セットの3セットあり各1000円で食べられ、全日食べれる佐伯産クロマグロ食べ比べとごまだしうどん大セットと本日オススメ8貫握りとごまだしうどん小が1500円で食べれます。

営業時間は、ランチタイムが11時から14時でディナータイムが16時から22時になり、毎週月曜日が定休日になります。

亀八寿司では、番匠川の伏流水を汲み上げた水と地元の米を使ったこだわりの銀シャリが自慢です。全てのメニューは、カロリー計算されていて、並にぎりが1200円で食べれますが、カイワレ寿司や山菜寿司などのヘルシー寿司などもあります。持ち帰り寿司も注文すればでき、予算と人数や好みを言えば持ち帰り用も作ってくれます。

佐伯の寿司海道提供店2:幸寿司

佐伯の寿司海道提供店2は、海道メニューが地魚海道の「幸寿司」です。行き方は、1で紹介した亀八寿司を過ぎてすぐを左に曲がり、すぐ右に曲がった路地にあります。おすすめの地魚海道は、佐伯で獲れた旬の魚介類の握り8貫と桶ずしに汁物とデザートが付いている人気のお寿司です。

営業時間は、ランチタイムが11時半から15時でディナータイムが17時から22時になり、月曜日が定休日になります。ランチメニューはなく、並にぎり寿司が1300円で食べれます。予算と人数を言えば、お持ち帰りもできます。おすすめが、旬の地物の握りとアナゴの天ぷらを巻物にした穴子天巻に汁物にデザートが付くサミット寿司です。

ディナータイムにはコース料理が食べれて、フォアグラのソテーとか鯖寿司のチマキなど和風以外の料理と一緒に寿司が食べれておすすめです。

Thumb佐伯市の観光スポットおすすめ11選!名所や子供も大好きグルメあり!
佐伯市は大分県の南東部にあります。大分市や別府市に比べると、全国レベルの知名度は少し低くなり...

佐伯の寿司海道提供店3:しらなみ鮨

佐伯の寿司海道提供店3は、海道メニューが瀬会寿司の「しらなみ鮨」です。行き方は、佐伯駅より大分駅に4駅手前の日代駅からタクシーで約4分で、佐伯市の最北部にある上浦にあります。瀬会寿司は、旬の佐伯港に挙がる魚介類を毎日仕入れしてきた旬の魚介類が9貫と汁物のセットになっています。

営業時間は、12時から21時までで月曜日が定休日です。持ち帰り用の人気の海鮮うら巻き寿司があり、道の駅やよいや里の駅しおさいの里でも販売しているオリジナルのご飯と海苔が逆転してる巻物がおすすめです。ランチメニューがないですが、全日安く食べれて大将に言えば1000円から握ってくれます。ランチタイムのはコーヒーをサービスしてくれます。

佐伯の寿司海道提供店4:寿司源

佐伯の寿司海道提供店4は、海道メニューが源さんの地魚にぎりの「寿司源」です。行き方は、佐伯駅から徒歩約5分と近くにあります。源さんの地魚にぎりは、イカやウニで作った錦鯉が泳ぐ様に見れる寿司などネタが厚く新鮮なネタに工夫を入れたシャリ小さめで食べやすい寿司8貫が食べれます。

営業時間は、11時半から22時になっていて木曜日が定休日になっています、アラブ首長国連邦のドバイの日本大使館に呼ばれてアラブ王族や高官を招いたパーティで腕を振るうほどの職人技を持つ創作寿司です。ランチメニューには、天丼や人気の小アジのゼンゴ寿司などが食べられてゼンゴ寿司などのお持ち帰りもしています。

綺麗なだけでなく食べて美味しい創作寿司を目指している寿司職人歴55年のベテランが握る寿しと会話が人気の寿司屋です。

佐伯の寿司海道提供店5:寿し好

佐伯の寿司海道提供店5は、海道メニューが豊後水道地魚寿司の「寿し好」です。JR日豊本線の佐伯駅から国道217の中村東交差点を左の曲がったところにある小川の手前で佐伯市役所の近くです。豊後水道地魚寿司は、市場で毎朝仕入れたとれたての生きのいい豊後水道の魚を使い10貫とたまご焼がのったお寿司でシャリの大きさを選べます。

営業時間は、11時から22時までで月曜日が定休日です。火曜から金曜日限定の人気のワンコインランチがあり、鶏照り焼きや魚の南蛮、刺し身、茶碗蒸し、名物のごまだしうどんまで付いているなどコスパ最高の日替わりで変わるおすすめのランチがあります。

にぎり寿司は、5貫、8巻、10貫など選べてシャリの大小が300円差がありますが選べて、手毬寿司、バッテラ、えび押し寿司、あなご押し寿司、巻き寿司、レタス巻き寿司などがあり寿司が1200円から美味しく食べれます。会席料理や鍋のコースまであり、寿司のお持ち帰りもできるコスパ最高の人気の寿司屋です。

佐伯の寿司海道提供店6:第二金波

佐伯の寿司海道提供店6は、海道メニューが潮騒の「第二金波」です。行き方は、6で紹介した寿し好に行く中村東交差点にあります。潮騒は、季節によってネタが違いますが、イカやヒラマサ、タコ、エビ、真鯛、穴子、赤ウニなどのオーナー寿司職人が自分の目で納得したネタを毎朝市場に行って仕入れてきた天然の魚介類がのっています。

営業時間は、ランチタイムが11時から14時でディナータイムが17時から22時までで第一と第三月曜日が定休日になっています。ランチメニューは、人気な寿司ランチがあり安く地魚の握りが食べられます。人気でおすすめな黒潮の極佐伯地魚握りずしがあり車エビ、アワビなど最高級のネタを使用している9貫を厳選したにぎり寿司が最高に美味しいです。

佐伯の寿司海道提供店7:第三金波

佐伯の寿司海道提供店7は、海道メニューが地魚のにぎりの「第三金波」です。行き方は、2で紹介した幸寿司を超えて小道を1本超えたところにあります。地魚のにぎりは、四季折々に違う佐伯の旬の海の幸を10貫にぎり、地の魚介類ばかりを使ったボリューム満点の人気がある美味しいお寿司です。

営業時間は、ランチタイムが11時から14時でディナータイムが16時から23時までで月曜日が定休日です。何人前など予算を言えばお持ち帰りできます。

大分県内でも日本酒の種類が多くあり、日本酒と共に海鮮の刺し身を食べながら大将と楽しい会話が楽しくできる日本酒と刺し身好きにはたまらない人気の寿司割烹です。

佐伯の寿司海道提供店8:竹寿し

佐伯の寿司海道提供店8は、海道メニューが黒潮の極佐伯地魚にぎりずしの「竹寿し」です。行き方は、1で紹介した亀八寿司の通りを真っすぐ行って小川も超え一番目の信号を左に曲がったところにあります。黒潮の極佐伯地魚にぎりずしは、車エビやアワビに赤うになど最高級のネタを9貫を大将自ら港に行って仕入れたものをにぎりにしたものです。

営業時間は、ランチタイムは、11時から14時半でディナータイムが16時半から22時で水曜日が定休日になっています。ランチメニューは、ちらし寿しランチと寿しランチがどちらも1800円で、上寿しランチが3200円の3種類になっていてどれも人気があります。

にぎり寿しは、1200円からあり中、上、特上の4種類あり、それに天ぷらを付けたセットや茶碗蒸しなどが付いた御膳などがありおすすめです。バッテラ寿しなどの押し寿しもあり持ち帰りができます。

佐伯の寿司海道提供店9:錦寿司

佐伯の寿司海道提供店9は、海道メニューがおまかせセットの「錦寿司」です。行き方は、JR日豊本線佐伯駅から駅前にあるひきちゃまんじゅう本店の横の通りを歩き、大分バスを超えて徒歩約5分の場所にあります。おまかせセットは、大将がその日の朝に仕入れて生きのいい地魚を8貫盛り合わせた人気のお寿司です。

営業時間は、ランチタイムが11時から14時でディナータイムが16時から21時になり水曜日が定休日になります。錦寿司の寿司は、地元の方のみでなく観光客の方にも有名なお店で、大分県内でけだなく九州全土や本州からお客が来る人気店です。

グルメマンガの美味しんぼにも名前がでたほどの有名店で俳優の風間杜夫さんや元日本サッカー代表監督の岡田武史さん、お笑いのカラテカなどの芸能人や有名人が数々訪れています。大将に言えば、半分に切ってもらえるくらい寿しのネタがすごく大きく有名です。

ランチにおまかせセットを頼むとアラのお吸い物とイカゲソ焼きがついてきます。注文すれば、お持ち帰り用のお寿司を握ってくれますが、お持ち帰りにお店のおすすめがトレンディたまごで、厚いところが3cmもある一枚のだし巻きたまご1本を半分にしたシャリが小さいたまご寿しで女性に人気があります。

お持ち帰りでなく、取り寄せ用の寿しもあり、飾り寿しの寿し竜宮や錦寿司特製の炙り鯛ハムを使った鯛ハム寿しなどをインターネットで受注して宅配していておすすめです。

佐伯の寿司海道提供店10:福寿司

佐伯の寿司海道提供店10は、海道メニューが豊後の和みの「福寿司」です。行き方は、6で紹介した第二金波の裏で佐伯市役所の近くにあります。豊後の和みは、伊勢海老のお味噌汁付きで鯛、ウニやトコブシに車エビなど食材の味を堪能でき岩塩で食べれる寿しを厳選して9貫盛り付けらてている佐伯産の魚介類を使用した人気の寿しです。

営業時間は、ランチタイムが11時から14時でディナータイム17時から22時で冬季はディナータイムが30分早く営業します。定休日が日曜日ですが、月1回日曜と月曜の2連休するときがありますが、2連休した次の日曜日は営業するという不定期があります。

店内は、カウンター席が8席とお座敷の個室が1部屋しかないこじんまりしたお店で、40年以上熟練した職人の大将の技が味わえます。メニューは、にぎり寿しの並と中、上、特上とちらしの並と上にかにの3種類と巻物10種類しか書いてないので、ネタケースの中と大将と話しながら注文するのをおすすめします。持ち帰りもできますので、大将に言いましょう。

佐伯の寿司海道提供店11:味処まこと寿し

佐伯の寿司海道提供店11は、海道メニューがさいき寿司の「味処まこと寿し」です。行き方は、JR日豊本線の佐伯駅から国道217号線を進み大手前交差点を左に曲がってすぐ左に入ったところにあります。さいき寿司は、佐伯でその日水揚げされた新鮮な地魚の中から大将が厳選したネタで9貫握った寿司が盛られていています。

さいき寿司には、汁物とコーヒーゼリーが付いていてコーヒーゼリーは女性に人気です。営業時間は、ランチタイムが11時半から14時でディナータイムが17時から22時までで月曜日が定休日です。

平日限定のランチメニューはあり、850円で8貫のにぎり鮨かちらし寿司が食べれて、1000円で10貫のよくばり寿司が食べれておすすめで汁物がサービスで付いてきます。

このまこと寿しのこだわりは、お客様から注文をもらってから初めてネタを取りネタに包丁を入れることで、最高の鮮度を保ってお客様に最高の状態で食べてもらえるようにしています。多少時間がかかっても怒らないようにしてください。穴子などの手間がかかるものは、仕込みに時間をかけてふんわりと口に運べる状態に仕上げてあります。

お寿司などをお持ち帰りしたい人は、大将に何人前と予算などを言えばお土産用を作ってくれます。ネタは大将が朝選んで仕入れした地元の魚介類がほとんどの人気のお寿司屋です。

佐伯の寿司海道提供店12:ますの寿司

佐伯の寿司海道提供店12は、海道メニューが蒲江海の宝の「寿司ますの寿司」です。行き方は、JR日豊本線の佐伯駅か隣の上岡駅からタクシーで東九州自動車道を使い蒲江ICで降りて約30分で着き、自動車では 大分方面から東九州自動車道で蒲江ICで降りて国道388号を背平山方面に行き森崎海産の近くにあります。

蒲江海の宝は、屋形船をイメージした大笹の上に盛られたウニやヒラメ、タイラギ貝に檜扇貝などの魚介類を使用したお寿司で、蒲江の豊富な海の食材が魅力で、郷土料理のぶえん汁という、漁師町ならではの新鮮な魚の入った味噌汁が付いてます。

営業時間は、12時から22時で火曜日が定休日になっています。佐伯市最南端の漁師町にあり、佐伯駅近くの市場ではなく、地元の漁師から直接連絡が来て新鮮な魚介類を仕入れしています。

おすすめのランチメニューは、にぎり寿司定食と海鮮ちらし御膳の1000円で食べれる2種類ですが、にぎり寿司定食は寿司の他に付け出しとお造りに汁物が付いてどちらもフルーツのデザートが食べれます。並寿司840円からありますが上寿司でも1680円と安くお造りなどもありますが全てが安くおすすめです。

佐伯の寿司海道提供店13:鮨駒

佐伯の寿司海道提供店13は、海道メニューが豊後地物寿司の「鮨駒」です。行き方は、3で紹介したしらなみ鮨の近くで、佐伯駅方面の隣駅の朝海井駅からしらなみ鮨方面に徒歩約20分でタクシーで約4分です。豊後地物寿司は、タイやカンパチ、トコブシ、イカ、ウニ、アジ、サバ、車エビにカツオの佐伯の獲れた魚介類9貫のおすすめのお寿司です。

サバなどの光り物にのせた薬味は、鮨駒店主が考えたオリジナルの薬味で光り物との相性がバッグンな薬味で人気です。営業時間は、ランチタイムが11時半から14時でディナータイムが17時半から21時なり、火曜日が定休日になります。

ランチメニューが有り、人気の平日限定ランチですが汁物とサラダ付きの寿司ランチとちらしランチに汁物と香の物が付いた天丼ランチが各1260円であります。この鮨駒は、寿司屋ですが変わっていて鉄板焼とお持ち帰り用のお弁当もやっています。

鉄板焼きは、海鮮たっぷりのお好み焼きとソース味の各種もんじゃ焼きとしょうゆの各種もんじゃ焼が食べれて人気があります。運動会や会議などで食べれる1000円からのお弁当は、寿司はもちろんハンバーグや焼き魚などの具だくさんのお弁当を受けっけているのとおせちなども受けており、お持ち帰りでき便利で人気です。

マグロが自慢で、青森県大間や北海道戸井で水揚げする天然本マグロと優先的に仕入れられる地元上浦沖で養殖している本マヅロを仕入れていて、めずらしいまぐろの内臓を使った料理も食べることができます。

地元で獲れる魚介類をふんだんに使った会席が3000円から食べられて人気で、慶事や法事などで土日が貸切になることが多いので土日に行きたい方は、連絡してから行くことをおすすめします。

佐伯の寿司海道提供店14:佐伯回転寿司マルマン

佐伯の寿司海道提供店14は、海道メニューが佐伯づくしの「佐伯回転寿司マルマン」です。行き方は、JR日豊本線佐伯駅から国道217号線の佐伯鶴城高校入口交差点を右に入り、すぐの道を左に行ったところにあります佐伯づくしは、佐伯で獲れた魚介類を8貫と汁物と茶碗蒸しが付いています。

営業時間は、平日ランチタイムが11時から14時でディナータイムが17時から21時まで、土日祝日が11時から21時まで年中無休です。ランチメニューがあり、日替わり定食と海鮮丼があります。

回らない回転寿司で有名で、大分県だけでなく九州各地や全国からお客がきます。お持ち帰りのメニューも多くあり、隣に隣接の魚惣菜店でお弁当や惣菜に佐伯の農産物まで購入できおすすめです。

佐伯に行って寿司街道を食べましょう!

大分の佐伯寿司の佐伯寿司海道を調査して紹介してきました、佐伯は、美味しい寿司を出すお店ばっかりで行ってみたいと思ったでしょう。大分の別府温泉など、九州に行ったら行ってもらいたい場所で、本マグオの養殖もしている佐伯に行ってこだわりの佐伯寿司海道を食べに行きましょう。

関連するキーワード

Original
この記事のライター
Udont

人気の記事

人気のあるまとめランキング