奈良・明日香村の観光特集!人気ランチや彼岸花・レンタサイクル情報を紹介!

奈良県の明日香村は今から1400年前の飛鳥時代に都が置かれた場所です。のどかな田園風景の中に史跡や古墳が点在し、歴史ロマンを感じさせる観光地です。ここではそんな奈良・明日香村のおすすめ観光スポットやレンタサイクル情報、ランチスポットなどを紹介します。

奈良・明日香村の観光特集!人気ランチや彼岸花・レンタサイクル情報を紹介!のイメージ

目次

  1. 1奈良県の明日香村は歴史ロマンあふれる観光地!
  2. 2奈良・明日香村ってどんなところ?
  3. 3奈良・明日香村の観光はレンタサイクルがおすすめ!
  4. 4奈良・明日香村の観光スポット1:飛鳥びとの館
  5. 5奈良・明日香村の観光スポット2:高松塚古墳
  6. 6奈良・明日香村の観光スポット3:キトラ古墳壁画体験館「四神の館」
  7. 7奈良・明日香村の観光スポット4:稲渕の棚田
  8. 8奈良・明日香村の観光スポット5:亀石
  9. 9奈良・明日香村の観光スポット6:橘寺
  10. 10奈良・明日香村の観光スポット7:石舞台古墳
  11. 11奈良・明日香村の観光スポット8:酒船石遺跡
  12. 12奈良・明日香村の観光スポット9:岡寺
  13. 13奈良・明日香村の観光スポット10:奈良県立万葉文化館
  14. 14奈良・明日香村の観光スポット11:飛鳥寺
  15. 15奈良・明日香村の観光スポット12:甘樫丘
  16. 16奈良・明日香村の観光でおすすめランチ1:cafe ことだま
  17. 17奈良・明日香村の観光でおすすめランチ2:コッコロ カフェ
  18. 18奈良・明日香村の観光でおすすめランチ3:あすかの食卓
  19. 19奈良・明日香村の観光でおすすめの宿泊施設
  20. 20奈良・明日香村の観光に行こう!

奈良県の明日香村は歴史ロマンあふれる観光地!

奈良県の明日香村は飛鳥時代の中心都市として栄えた場所で、有名な高松塚古墳を始め多くの史跡が残されています。現在は自然豊かな田園風景が広がり、レンタサイクルを利用して観光をするのがおすすめです。ここではそんな明日香村の見どころやレンタサイクル情報、ランチスポット、宿泊施設について紹介しましょう。

Thumb奈良の観光スポット大集合!名所を含むモデルコースや子供も楽しい施設は?
奈良には数多くの観光スポットが存在している人気の地域として、国内外を問わず人気を集めています...

奈良・明日香村ってどんなところ?

奈良県の明日香村は、観光名所が多い奈良市の南、電車で約1時間のところに位置します。今から1300年~1400年前の飛鳥時代の都となった場所で、聖徳太子の生誕の地でもあり、また大化の改新の舞台ともなりました。明日香村は日本の律令国家が始まった場所で、当時の史跡が多く発掘されていて古代歴史のロマンを感じる場所です。

明日香村は村全体が保存の対象となっていて、多くの史跡が保護されています。史跡の他にも、彼岸花で有名な棚田や田園風景、博物館や資料館などもあり、子供から大人まで多くの人が観光を楽しんでいます。

奈良・明日香村の観光はレンタサイクルがおすすめ!

奈良・明日香村は広く、史跡が点在しているため徒歩で回るのは難しく、バス、車、自転車などで回るのがいいでしょう。明日香村を周遊する路線バスが運行されていて、1日フリー乗車券も販売されています。しかし、バスは待ち時間があるので、効率よく回るにはレンタサイクルがおすすめです。春や秋は気持ちのいいサイクリングが楽しめます。

近鉄飛鳥駅前にはレンタサイクルの事業所が数件並んでいます。また、近鉄橿原神宮前駅や石舞台古墳前などにもレンタサイクルの事業所があります。レンタサイクルはサイズも豊富で、電動自転車も用意されています。

明日香レンタサイクルの料金は、平日1日900円、土日祝1000円です。幼児座席付自転車や子供用の自転車も用意されています。

また、明日香レンタサイクルでは、プラス料金を払うと希望の事業所で返却することができます。近鉄飛鳥駅を出発し、レンタサイクルで飛鳥路をぐるりと回ると、所要時間の目安は約6時間です。途中、ランチを取ったり、資料館をゆっくりと見学したりする場合は、もう少し時間が必要です。

奈良・明日香村の観光スポット1:飛鳥びとの館

奈良・明日香村の観光のスタートは、近鉄飛鳥駅です。奈良市内からは大和西大寺駅で乗り換えます。飛鳥駅に着いたらまず最初に訪れたいのが、駅の改札口を出てすぐのところにある観光案内所「飛鳥びとの館」です。2018年9月にリニューアルされ、新しくなりました。

観光情報の他、お土産や書籍を販売しています。隣接してレンタサイクル、レンタカー、24時間利用できる公衆トイレ、農産物直売所などがあります。

観光案内所「飛鳥びとの館」では、100円で販売されている「飛鳥王国パスポート」を手に入れましょう。中には便利な観光マップ、観光スポットの解説、観光モデルコースなどが記載されている他、各施設で使える割引クーポンが入っています。

住所 奈良県高市郡明日香村越6-3
電話番号 0744-54-3240

奈良・明日香村の観光スポット2:高松塚古墳

飛鳥駅でレンタサイクルを手配したら、明日香村の高松塚古墳へ向かいましょう。石室に残された壁画が有名で、特に西側の色鮮やかな女子群像は歴史の教科書にも記載されています。高松塚古墳は国営飛鳥歴史公園内に位置し、直径23メートル、高さ8メートルと高さ5メートルの二段式の円墳です。

かつては7世紀末から8世紀初頭にかけて作られたものとされてましたが、2005年の発掘調査によって藤原京期(694~710年)のものと推定されています。被葬者は確定されておらず、天武天皇の皇子や朝鮮半島系王族など諸説があります。

明日香村の高松塚古墳の西側には高松塚壁画館があります。壁画のレプリカや棺を納めていた石造りの部屋の模型、出土品のレプリカなどが展示されていて、高松塚古墳の全貌が分かるようになっています。貴重な資料として観光客も多く訪れます。

住所 奈良県高市郡明日香村大字平田439
電話番号 0744-54-3340

奈良・明日香村の観光スポット3:キトラ古墳壁画体験館「四神の館」

続いてレンタサイクルで訪れたい観光スポットは、国営飛鳥歴史公園のキトラ古墳壁画体験館「四神の館」です。2016年にオープンした新し施設で、本館と別館の2つの建物があります。本館にはキトラ古墳の原寸大石室模型や壁画の映像の他、期間限定で実物の壁画が展示されています。

キトラ古墳は、高松塚古墳と同じような二段式の円墳で、7世紀末~8世紀初頭に作られたと考えられています。石室には天文図、四神、十二支など鮮やかな壁画が残されています。高松塚古墳では四神のうち1つが盗難によって失われていたため、四神が残る壁画は日本ではこのキトラ古墳のみです。

キトラ古墳壁画体験館では、この壁画を高精細映像で実物の最大100倍規模で鑑賞することができ、多くの観光客が訪れています。

住所 奈良県高市郡明日香村阿部山67
電話番号 0744-54-5105

奈良・明日香村の観光スポット4:稲渕の棚田

稲渕の棚田は、明日香村の国営飛鳥歴史公園からレンタサイクルで南へ進んだところにあります。平安~室町時代に開墾された古い棚田で、300枚あまりの水田と畑から成っています。「日本の棚田100選」にも選ばれていて、明日香村の美しい歴史的景観として人気があります。

彼岸花祭り

明日香村の稲渕の棚田では、年間を通じて日本の原風景が楽しめます。特に秋には棚田のあぜ道に自生している彼岸花が一斉に咲き誇り、彼岸花の光景を見ようと観光客が訪れます。彼岸花の見ごろは9月のお彼岸頃で、彼岸花の開花に合せて彼岸花祭りが2日間にわたって開催されます。

彼岸花祭りでは、棚田に沿った「案山子ロード」に地元の人たちが作った案山子がずらりと並びます。彼岸花祭りの期間中に期間中に投票による案山子コンテストが開催されます。彼岸花を背景に並ぶユーモラスな案山子は稲渕の棚田の名物として有名です。彼岸花と一緒にぜひ写真を撮ってください。

彼岸花は一般に赤い花と思われていますが、白や黄色い花が咲く種類もあります。明日香村の稲渕の棚田では、赤い彼岸花の他にも土手一面に白や黄色の彼岸花が咲いていて、珍しい光景が楽しめます。

住所 奈良県高市郡明日香村稲渕

奈良・明日香村の観光スポット5:亀石

明日香村の稲渕の棚田からレンタサイクルで飛鳥路に戻ると、亀石があります。田園風景の中に突然現れる大きな石で、亀そっくりのユニークな顔が掘られています。いつ誰が何のために作ったものなのか分かっておらず、明日香を代表する謎の石造物のひとつとなっています。

蛇が悪さをして湖が干上がってしまい、死んでしまった亀を弔ったものという言い伝えがあります。元は北向きだったのが現在は南西を向いていて、西を向くと奈良盆地に大きな洪水が起こるとも伝えられています。

住所 奈良県高市郡明日香村川原108

奈良・明日香村の観光スポット6:橘寺

亀石からレンタサイクルで飛鳥路を進んだところに橘寺(たちばなでら)があります。聖徳太子(厩戸皇子)生誕の地と言われていて、後に聖徳太子が自ら建立した7カ寺の1つです。8世紀には66もの堂宇が立ち並んだ大きな寺院でしたが、建物のほとんどが焼失してしまい、現在は江戸時代に再建された本殿が残っています。

見どころは本堂に祀られている室町時代の聖徳太子坐像や、春と秋に特別公開される聖倉殿(収蔵庫)です。また、観音堂には平安時代に作られた如意輪観音像が祀られています。

境内には奈良・明日香村の謎の石造物のひとつとして有名な二面石があります。高さは1メートルほどで、左右に人の顔が掘られています。人の心の善と悪を表したものとされています。

住所 奈良県高市郡明日香村橘532
電話番号 0744-54-2026

奈良・明日香村の観光スポット7:石舞台古墳

奈良・明日香村の橘寺を出て飛鳥路をしばらく進むと、石舞台古墳があります。これは古墳時代後期の古墳で、6世紀頃に作られたと推定されています。巨石30個を積み上げて作った巨大な横穴式石室を持つ古墳です。長さ約19メートル、高さ4.7メートル、幅3.5メートルあり、日本で最大級の大きさの石室古墳です。

この古墳は上部が平になっていることから、石舞台と呼ばれています。誰が埋葬されていたのかは不明で、付近に蘇我馬子の庭園があることから、蘇我馬子の墓とする説が有力です。天井に使われている巨石は77トンもあり、当時の土木技術の高さに驚かされます。

石舞台古墳の周辺は桜の名所としても知られています。見ごろは3月下旬~4月上旬で、桜の開花に合わせて夜桜ライトアップが行われます。また、寸劇やライブ演奏もあり観光名所として注目されています。

住所 奈良県高市郡明日香村島庄254
電話番号 0744-54-4577

奈良・明日香村の観光スポット8:酒船石遺跡

酒船石(さかふねいし)は、亀石と同じように奈良・明日香村にある謎の石造物です。長さ5.3メートル、幅2.3メートル、厚さ1メートルの平たい石の上に円や楕円形と、それらを結ぶ直線が掘られています。昔、酒の酒の醸造に使われたという説がることから酒船石と呼ばれていますが、詳しいことは分かっていません。

酒船石のある丘のふもとで、2000年に不思議な石造物が発見されました。亀形石造物と小判型石造物と名付けられましたが、どちらも石で作られた水槽と見られ、水が流れるようになっています。

全体を囲むように石垣が作られていて、祭祀が行われた跡とも推定されていますが、詳しいことはわかっていません。

住所 奈良県高市郡明日香村岡

奈良・明日香村の観光スポット9:岡寺

岡寺は奈良県明日香村の東の岡山の中腹に位置する真言宗豊山派の寺院です。633年の創建とされ、正式名称を龍蓋寺といいます。西国三十三ヶ所観音霊場の第七番札所で、日本で初めてのやくよけ霊場としても知られています。見どころは、江戸時代に建てられた書院や仁王門、本殿などです。

本尊に祀られている如意輪観音坐像は、高さが4.6メートルあり日本で最大の塑像とされています。女性の厄除け観音として広く信仰を集めています。

「花の寺」としても有名で、春には3000株もの石楠花(シャクナゲ)が咲き誇ります。またサツキ、牡丹、ツツジ、天竺牡丹(ダリア)などが次々と花を咲かせ、まるで極楽浄土のような光景となります。

住所 奈良県高市郡明日香村岡806
電話番号 0744-54-2007

Thumb奈良・岡寺(龍蓋寺)の御朱印や駐車場・アクセスは?ライトアップ情報も!
奈良にある岡寺(龍蓋寺)は、花のお寺として有名です。季節によっては、美しい花が境内に咲き乱れ...

奈良・明日香村の観光スポット10:奈良県立万葉文化館

奈良県立万葉文化館は奈良・明日香村にある美術館・博物館で、酒船石から飛鳥路を少し進んだところにあります。「万葉集」をテーマにした博物館で、日本の古代文化について楽しみながら学ぶことができます。1階には日本を代表する画家が万葉集をテーマにして描いた作品が展示されています。

地下1階には劇場があり、万葉集をテーマにした人形劇やアニメーションなどが上演・上映されています。その他にもゲーム感覚で学べる展示もあり、子供から大人まで古代文化について詳しく知ることができます。

建物の周囲には万葉集で読まれた植物を集めた庭園が作られていて、散策が楽しめます。日本最古の貨幣とも言われている富本銭が発掘された飛鳥池工房遺跡も必見です。

住所 奈良県高市郡明日香村飛鳥10
電話番号 0744-54ー1850

奈良・明日香村の観光スポット11:飛鳥寺

奈良・明日香村にある飛鳥寺は、6世紀末に蘇我馬子が創建した日本最古の本格的寺院です。五重塔や東西の金堂などを備えた巨大なお寺でしたが、創建時の建物はほとんど残されていません。現在あるのは後に再建されたものです。飛鳥寺の本尊の釈迦如来坐像は飛鳥大仏と呼ばれていて、日本最古の仏像として有名です。

飛鳥大仏は座高の高さが約272メートルもあり、見上げるほどの大きさです。創建当時は金箔が張られていたそうですが、現在は銅の姿をしています。飛鳥大仏の左奥には聖徳太子像が祀られています。この像は聖徳太子が16歳のときの像とされています。また境内の外には蘇我入鹿の首塚と呼ばれる五輪塔が建っています。

住所 奈良県高市郡明日香村飛鳥682
電話番号 0744-54-2126

奈良・明日香村の観光スポット12:甘樫丘

奈良・明日香村豊浦にある甘樫丘(あまかしのおか)は、明日香村を一望できるスポットとして観光客に人気があります。標高150メートルの丘で、遠くに耳成山、畝傍山、天香久山の大和三山も眺めることができます。蘇我蝦夷・蘇我入鹿親子が丘の麓に居宅を築いた場所とも言われ、歴史を感じるスポットでもあります。

頂上にはベンチも置かれ、座ってゆっくりと風景が楽しめます。また遊歩道が整備されていて、桜やコスモスなど四季折々の花々が楽しめるスポットとなっています。この丘から見る夕暮れの風景も美しく、1日の締めくくりに訪れるのもおすすめです。

住所 奈良県高市郡明日香村大字豊浦

奈良・明日香村の観光でおすすめランチ1:cafe ことだま

ここからは、奈良・明日香村の観光で訪れたいランチスポットを紹介しましょう。まず最初に紹介する「cafe ことだま」は、築170年の歴史ある酒蔵を改装して作られたカフェです。明日香村に魅せられて移住したご夫婦がオープンしたカフェで、店内には村の人々から譲り受けた懐かしい調度品の数々が並んでいます。

ランチにおすすめなのは「こどだまランチ」で、明日香村で作られた新鮮な野菜を使ったお料理が中心です。「こどだまランチ」は数量限定のため予約が優先となります。内容は2週間ごとに変わります。

「こどだまランチ」は盛り付けもかわいく、女性にも人気があるランチセットです。値段は1620円で、明日香村の恵みを堪能できます。

住所 奈良県高市郡明日香村岡1223
電話番号 0744-54-4010

奈良・明日香村の観光でおすすめランチ2:コッコロ カフェ

次に紹介する明日香村のおすすめランチは、近鉄飛鳥駅近くにある「コッコロ カフェ」です。コンセプトは「お茶とおやつと小麦粉料理の店」で、朝食からランチ、ディナーと楽しめます。モーニングは焼き立てパンと地元野菜のサラダのセットが550円でいただけます。

ランチには、十五穀ごはんに旬の食材を使った週替わりランチが1000円でいただけます。色々なお料理がひとつのお皿に盛られたプレートランチで、かわいく盛り付けられたランチは女性にも大好評です。

手作りケーキも用意されていて、ランチ後のデザートにもおすすめです。天井が高く、ウッディな雰囲気のお店で居心地もよく、ゆったりとランチが楽しめます。

住所 奈良県高市郡明日香村御園137-1
電話番号 0744-54-3039

奈良・明日香村の観光でおすすめランチ3:あすかの食卓

続いて紹介する奈良・明日香村のおすすめランチスポットは、「あすかの食卓」です。近鉄岡寺駅から約2キロ離れたところにある完全予約制のカフェです。ライフワークとして40年以上、料理に携わって来た女性がご主人とオープンしたお店で、ゆったりとした空間の中で地元の食材を使ったランチとディナーが味わえます。

こちらのお店では、100近い食材を使った創作料理を作っています。ランチはおまかせのコースが3300円からで、野菜たっぷりの前菜や豆乳スープ、グラタンなど丁寧に作られたお料理が楽しめます。明日香村でゆったりとランチをお楽しみください。

住所 奈良県高市郡明日香村飛鳥631
電話番号 0744-54-3699

奈良・明日香村の観光でおすすめの宿泊施設

奈良・明日香村では、民宿、ゲストハウス、民泊などの宿泊施設がメインです。農家民泊、古民家棟貸しなどの宿泊施設もあり、昔ながらの雰囲気をたっぷりと味わうことができます。これらの宿泊施設では農業体験や郷土料理などの体験プログラムも提供していて、明日香村の観光とともに楽しむことができます。

民宿

明日香村の宿泊でおすすめなのは民宿です。家庭的な雰囲気が人気で、まるで知人や田舎の親戚の家に宿泊するような気分を味わうことができます。家人が生活している家に宿泊するので、ホテルとは違った雰囲気を味わうことができます。明日香村の民宿は、1泊2食付で6000円とリーズナブルな料金で宿泊できます。

祝戸荘

祝戸荘は、国営飛鳥歴史公園内にある唯一の宿泊施設で、自然の中に点在するロッジ風の建物です。会議室やセミナールームも用意されていて、各種研修や学生の団体旅行の宿泊にも利用されています。レストランも併設されていて、食事だけの利用も可能です。レストランでは、万葉あすか葉盛り御膳(古代食)が人気があります。

住所 奈良県高市郡明日香村祝戸303
電話番号 0744-54-3551

あすか癒俚の里 森羅塾

「あすか癒俚の里 森羅塾」は、明日香村の北西の雷丘(いかずちのおか)にある宿泊施設です。宿泊は1日1組限定の古民家宿で、目の前に広がる田園風景を楽しみながらゆったりとした時間を過ごすことができます。築80年の農家を宿泊施設としているもので、素泊まりのみの宿泊となっています。

住所 奈良県高市郡明日香村雷35

奈良・明日香村の観光に行こう!

歴史ロマンあふれる奈良・明日香村の観光情報やレンタサイクル、宿泊情報、おすすめのランチスポットなどについて紹介しました。明日香村は史跡だけではなく、彼岸花が咲き誇る棚田などのどかな田園風景も楽しめます。旅程に余裕があれば、ぜひ宿泊して明日香村の観光を楽しんでください。

関連記事

Original
この記事のライター
Momoko

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ