奈良『大神神社』の御朱印やアクセスは?強力パワースポットへ登山!

奈良最大のパワースポットとも言える「大神神社」は、神聖な場所として崇められています。奈良県三輪山の山麓に建てられている「大神神社」ですが、三輪山自体がご神体とされる特有なロケーションに在ります。山がご神体である事から本殿は無く、拝殿が本殿の代わりをしています。

奈良『大神神社』の御朱印やアクセスは?強力パワースポットへ登山!のイメージ

目次

  1. 1奈良「大神神社」って
  2. 2奈良「大神神社」へのアクセス
  3. 3奈良「大神神社」営業詳細について
  4. 4奈良「大神神社」見どころ1:大鳥居
  5. 5奈良「大神神社」見どころ2:しめ縄
  6. 6奈良「大神神社」見どころ3:大物主大神にまつわる動物
  7. 7奈良「大神神社」見どころ4:ご神木
  8. 8奈良「大神神社」見どころ5:ささゆり園
  9. 9奈良「大神神社」見どころ6:四季のおまつり
  10. 10奈良「大神神社」見どころ7:三輪山登山
  11. 11奈良「大神神社」御朱印を頂こう
  12. 12奈良「大神神社」周辺宿泊所1:町屋ゲストハウス三輪
  13. 13奈良「大神神社」周辺宿泊所2:料理旅館・大正楼
  14. 14奈良「大神神社」周辺宿泊所3:ラビットハウスさくらい
  15. 15奈良「大神神社」へ参拝しよう

奈良「大神神社」って

神なる山三輪山に抱かれるように存在する「大神神社」は、奈良の偉大なるパワースポットとして知られています。そんな「大神神社」からアクセスや見どころ、御朱印についてご紹介して参りたいと思います。ご神体であるパワースポット三輪山への登山の方法や、周辺の宿泊施設に付いても3か所ご紹介して行きたいと思います。

奈良「大神神社」へのアクセス

奈良「大神神社」へのアクセスをご紹介したいと思います。「大神神社」へのアクセスは、JR西日本の桜井線(万葉まほろば線)の「三輪駅」で下車徒歩約10分でアクセス出来ます。

「三輪駅」を降りて少し行くと、有名な「大鳥居」が現れます。実は参道の中を、「万葉まほろば線」が走っています。お車で行かれる場合は、大鳥居を抜けてまっすぐ進むと「大神神社」の駐車場にアクセス出来ます。

住所 奈良県桜井市三輪1422
電話番号 0744-42-0001

奈良「大神神社」営業詳細について

奈良「大神神社」は、日本で最古の神社の一つに数えられています。祭神は「大物主大神」で、蛇神様と云われています。

「大神神社」には本殿は無くて、拝殿の奥の「三ツ鳥居」から三輪山を拝む形になります。三輪山がご神体となっている、「大神神社」ならではの参拝の仕方となっています。

奈良「大神神社」の参拝時間は終日出来ますが、授与所の営業時間は9時から17時となっています。参拝には料金は発生しませんので、ぜひ参拝されてみては如何でしょうか。

御祈祷をお願いされたい場合は、9時から17時までに参集殿で申し込みをされて下さい。御祈祷料に関しては、4000円から10000万円以上迄ありますのでお問合せ下さい。

奈良「大神神社」見どころ1:大鳥居

奈良「大神神社」の最寄り駅「三輪駅」を降りると見えて来るのが、立派な「大鳥居」です。この「大鳥居」の大きさは、高さが32メートルととても大きいです。

直径が3メートルの柱と柱の間は、何と23メートルもあります。このとてつもなく大きな鳥居は比較的新しく、昭和59年10月13日に天皇陛下が御親拝されたのを記念して建造されたものなのです。

三ツ鳥居

奈良「大神神社」には有名な大鳥居の他にも、一の鳥居や二の鳥居そして「三ツ鳥居」と呼ばれる重要な鳥居が存在します。

この「三ツ鳥居」は拝殿の裏側に在って、この鳥居から三輪山を望み拝むのです。「大神神社」に本殿が存在しないのは、この三輪山こそが神として奉られているからなのです。「三ツ鳥居」は、神様のおられる三輪山と拝殿を区切る場所として存在しているのです。

この重要な鳥居「三ツ鳥居」は国の重要文化財に認定されていて、見学する事も出来ます。見学されたい方は、参集殿にて申し込みが必要となります。とても貴重な建造物で、しかも絶大なるパワースポットへの玄関口でもあります。きっとこの場所に建つと、神聖な空気をビシビシと感じるに違いありません。

奈良「大神神社」見どころ2:しめ縄

奈良「大神神社」の鳥居や拝殿、境内のお社など各所に多数のしめ縄を見る事が出来ます。縄の太さは様々ですが、統一されている事が有ります。

通常しめ縄は向かって右側が太くて、左側が細くなっています。太い方が編み始めなのですが、「大神神社」では注意してみると向かって左側が太い事に気付きます。その秘密を「大神神社」の神職さんに訪ねてみられた方がおられます。

その方の話によると、その神職さんはこの様に云われたそうです。「大神神社」では向かって左側が太く、右に向かって細くなっています。これは左から右へ力が流れて行くからです。注意深く観察してみると、「大神神社」のしめ縄は全てこの形で飾られているのが分かります。しめ縄は太いものを大根注連、細いものは牛蒡注連と呼ばれるそうです。

奈良「大神神社」見どころ3:大物主大神にまつわる動物

奈良最大のパワースポット三輪山に抱かれる「大神神社」ですが、三輪山に在られる「大物主大神」は蛇が化身だと云われています。そして「大物主大神」は出雲の神様「大国主神」と同じ神様だとも云われています。

その様な事から、「因幡の白兎」伝説もゆかりの在る神社という事になります。「大神神社」の境内には手水舎の所には龍ではなく蛇があしらわれているのです。少しリアルな形をしていて、知らずに訪れた参拝客は一瞬驚かれる方も多い様です。

そして参集殿の入り口には「因幡の白兎」に因んで、「撫でうさぎ」と呼ばれるうさぎの像が鎮座しています。そのうさぎを撫でると痛い所が治癒したり、願い事を叶えてくれたりすると云われています。多くの参拝客が「撫でうさぎ」を撫でて行かれるので、鉄製のうさぎはピカピカに光っているそうです。

奈良「大神神社」見どころ4:ご神木

次にご紹介する奈良「大神神社」の見どころは、境内のご神木と神聖なる杉の木々です。拝殿そばの広場にはパワースポットの一つ、「巳の神杉」と呼ばれるご神木が在ります。

「大神神社」の神様と云われる、「大物主大神」の化身である蛇が宿ると云われている杉の木です。ご神木の前には蛇の鉱物の卵や、お酒等がお供えされています。昔は二股に分かれている、杉の木の部分に卵を備える事が出来たそうです。

奈良「大神神社」の境内には、切り株となっている杉の木も大切にされて奉られています。大昔神様が宿ったとされる杉の木で、今も大切に守られているのです。至る所にパワーを頂けるスポットが点在していますので、見逃さない様に参拝されて下さい。「夫婦岩」や「御神水」が湧き出るパワースポットも在ります。

奈良「大神神社」見どころ5:ささゆり園

奈良「大神神社」の見どころ5番目は、境内に在る「ささゆり園」です。見頃時期は、例年5月下旬から6月上旬となっています。可憐な白い花が咲く姿は、清楚でとても美しい景観を醸し出しています。

元々「大物主大神」の在られる三輪山周辺には、ささゆりが原生していました。それが段々数が少なくなって来て、奉仕団がささゆりの保護を行い現在の様な「ささゆり園」が出来たのです。

奈良「大神神社」見どころ6:四季のおまつり

奈良「大神神社」では、年間を通して祭事やお祭りが沢山行われています。冬の時期には「ご神火まつり」や節分行事、春には例祭や大祭など様々な行事がしめやかに執り行われます。

「ご神火まつり」は奈良県内で、最も早く行われる行事となっています。春には巫女さんが舞い踊るお祭りや、神輿が三輪の街中を練り歩くお祭り等も有って見応えが有ります。時代装束に身を包んだ神職関係の方々の姿がとても美しいです。

そして夏になると7月の終わりには夏の祭典、パレードや盆踊り等でたいへん盛り上がります。広場では様々な演芸も行われて奉納されます。ぜひ夏の「大神神社」へ、お出かけされては如何でしょうか。

そのお祭りの一環として花火大会も開催されて、夏の夜空に大きな花が咲き乱れます。暑さを忘れてしばし大きな花火に酔いしれるのも、風情があって良いと思います。

奈良「大神神社」見どころ7:三輪山登山

奈良「大神神社」の神様は三輪山に在られ、三輪山は古来から神聖な場所として崇められて来ました。そんな三輪山への登山は、永い年月許されていませんでした。

でもそんな三輪山への登山が、今では許される様になっています。登山が出来ると言っても、観光でハイキングや登山をする様な目的では入山する事は出来ません。今でも神様が宿る神聖な場所として、崇められているのは同じなのです。

三輪山へ入山する目的はあくまでも登山ではなく、登拝でなくてはならないのです。それだけに、きちんと守らなければならないルールも在ります。三輪山の標高は467メートルとそれ程高くは有りませんが、勾配がかなり急ですのでそれなりの体力は必要となります。普段登山等はしない初心者の方でしたら、往復で約2、3時間かかります。

奈良「三輪山」へのアクセスは「大神神社」の中にいくつも在るお社、その中の一つ病気治癒の神様「狭井神社」(さいじんじゃ)の中から登る事が出来ます。登山をされたい方は、この「狭井神社」で申し込みをします。

受付時間は9時から14時迄、下山時間は16時迄で時間厳守となります。登山料(登拝料)は、お一人300円となります。一年の内には、入山が禁止されている日が在ります。新年三が日と2月17日、4月9日と18日、10月24日と11月23日が入山出来ない日です。

普段から登山をされる方ですと、約1時間30分から2時間以内で往復出来る様です。三輪山の中は杉や桧がうっそうと茂り、古来から守り継がれて来た様子が感じられます。急こう配が多くて体力も必要なのですが、途中で休憩出来る休舎も有って水分補給等で休憩が出来ます。ただし水分補給以外の飲食は禁止されているので気を付けましょう。

奈良「大神神社」御朱印を頂こう

さて、奈良の絶大なるパワースポット「三輪神社」を訪れたら、忘れてはならない事が有ります。それは、御朱印を頂いて帰る事です。全ての事に関してご利益があるとされる、「大神神社」の御朱印を頂かない理由がありません。

「大神神社」の御朱印は拝殿の向かい側の授与所で頂く事が出来ます。御朱印を授与出来る時間帯は9時から17時(3月から11月)、9時から16時30分(12月から2月)となっています。もちろん御朱印帳も、「大神神社」オリジナル御朱印帳を購入する事が出来ます。

オリジナル御朱印帳は、拝殿と三輪山があしらわれた素敵な御朱印帳です。「大神神社」の境内には三輪山へのアクセス口ともなっている、「狭井神社」が在ります。こちらの「狭井神社」でも、御朱印を頂く事が出来ます。「大神神社」の授与所で一緒に頂く事は出来ませんので、「狭井神社」の御朱印は「狭井神社」でお願い致しましょう。

奈良「大神神社」周辺宿泊所1:町屋ゲストハウス三輪

ここからはパワースポット「大神神社」周辺から、宿泊施設をご紹介して参りましょう。先ずは口コミでも評判の良い、「町屋ゲストハウス三輪」さんからご紹介致します。

少人数の宿泊客を受け入れるゲストハウスですので、自然と宿泊客同士が打ち解け合うのが魅力の宿泊施設です。隅々まできれいにお掃除が行き届き、接客もとても親切で感じが良く宿泊客は皆満足して帰られる様です。

「大神神社」へのアクセスも良く、約5分程で辿り着く事が出来る宿泊施設となっています。三輪山へ登拝されて、疲れた身体を癒すのに一泊されるのにおすすめのお宿です。前日三輪観光をされて、一泊して次の日朝から参拝するのも良いかも知れません。お部屋も設備も奇麗で、おかみさんも優しく親切とくれば文句なしのおすすめ宿です。

「町屋ゲストハウス三輪」のお勧めポイントは、朝食にもあります。品数も多く季節の食材を使い、心を込めて造られています。美味しくて、つい食べ過ぎてしまいそうなお料理となっています。

そんな「町屋ゲストハウス三輪」へのアクセスは、JR西日本万葉まほろば線「三輪駅」を出てまっすぐに進みます。3分程歩くと四つ角が在りますので、「鳥敏」の所を右に曲がると到着します。駐車場も予約して頂くと、1泊500円で駐車出来ます。

住所 奈良県桜井市三輪400
電話番号 0744-56-1264

奈良「大神神社」周辺宿泊所2:料理旅館・大正楼

奈良パワースポット「大神神社」と三輪山を参拝して、ゆっくりと旅館で寛ぎたい方にお勧めなのが「料理旅館・大正楼」です。奈良桜井市で一番人気の宿泊施設となっています。

古の都奈良ならではの落ち着いた佇まいと、情緒たっぷりの風情に癒される旅館です。忘れていた日本の良い文化を、思い出させてくれる様な素敵なお宿です。

料理旅館と謳われている所からも、満足の行くお料理を食べさせてくれる宿泊施設となっています。神聖なる三輪山と「大神神社」、そして古き良き日本の情緒を丸ごと堪能されたい方にお勧めです。

「料理旅館・大正楼」へのアクセスは、JR西日本万葉まほろば線「三輪駅」から歩いて約2分です。近鉄「桜井駅」からは車で約5分となっています。「大神神社」ご用達の宿泊施設となっています。

住所 奈良県桜井市三輪459
電話番号 0744-42-6003

Thumb三輪そうめんは奈良のおすすめグルメ!ランチが人気のお店は?
「そうめん」といえば日本の夏の風物詩ですが、そうめんの発祥は奈良県の三輪という場所だというこ...

奈良「大神神社」周辺宿泊所3:ラビットハウスさくらい

もっとお得に宿泊したいとおっしゃる方にお勧めなのが、「ラビットハウスさくらい」です。先の二軒よりは距離が離れますが、コスパが良いので節約されたい方にお勧めです。

宿泊施設の方は親切でアットホームな感じで、まるで親戚のおばあちゃんの家にお邪魔した様なそんな気持ちにさせてくれるお宿です。キッチンは、共用での使用となりますがお勧めです。

住所 奈良県桜井市谷131-9
電話番号 0744-35-2745

奈良「大神神社」へ参拝しよう

奈良県三輪山に抱かれる様に在る「大神神社」は、三輪山自体がご神体である強力なパワースポットとして多くの参拝者が訪れる場所です。営業詳細や境内の見どころ、三輪山への登山方法などもご紹介して参りました。周辺の周博施設も3か所ご紹介致しました。ぜひゆっくりと宿泊されて、三輪山のパワーを頂いて帰られては如何でしょうか。

関連記事

Original
この記事のライター
Hana Smith

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ