マルタウグイは多摩川で釣れる!釣り方や食べ方のポイントを詳しく紹介!

なんとマルタウグイが多摩川で釣れると噂になっています。食べられる魚で釣りの引きもいいのでとっても人気のマルタウグイですが、一体どこで釣ることができるのでしょうか?今回は多摩川で釣ることができるマルタウグイについて見ていきます。

マルタウグイは多摩川で釣れる!釣り方や食べ方のポイントを詳しく紹介!のイメージ

目次

  1. 1マルタウグイは多摩川で釣れる?
  2. 2マルタウグイは釣りで大人気?
  3. 3マルタウグイは本来どこに生息している?
  4. 4マルタウグイの釣れる季節は?
  5. 5マルタウグイの釣り方は?
  6. 6多摩川のマルタウグイはルアーで釣ろう
  7. 7多摩川のマルタウグイをフライで釣ろう
  8. 8マルタウグイは引きがいい魚!
  9. 9マルタウグイの釣れる多摩川の水質は?
  10. 10多摩川のマルタウグイは食べれる?
  11. 11マルタウグイの食べ方1:塩焼き
  12. 12マルタウグイの食べ方2:煮付け
  13. 13マルタウグイの食べ方3:たたき
  14. 14マルタウグイの食べ方4:フライ
  15. 15マルタウグイは美味しい?
  16. 16多摩川のマルタウグイを食べる時の注意!
  17. 17多摩川のマルタウグイの釣れるポイント
  18. 18マルタウグイを釣るための釣り竿は?
  19. 19多摩川のマルタウグイの餌は?
  20. 20多摩川のマルタウグイを釣るコツは?
  21. 21多摩川のマルタウグイを安全に釣ろう!
  22. 22多摩川でマルタウグイを釣ろう!

マルタウグイは多摩川で釣れる?

マルタウグイが多摩川で釣れるのはご存知でしょうか?マルタウグイとはウグイの一種で、大きいものでは50cmから60cmくらいもあります。重さもあることから重量感があり、引きが強い魚として知られています。魚を釣るのが好きな人にとっては人気のある魚で、なんと多摩川で釣ることができると噂なのです。今回は食べ方も見ていきます。

マルタウグイは釣りで大人気?

マルタウグイはコイの一種です。引きが強いことで有名で釣りをする人にとって引きを楽しむことができるのでとても人気のある魚です。大きいものでは50cmくらいの魚がいるので、非常に重量感のある魚です。今このマルタウグイを釣るのがとっても人気なのです。しかもこのマルタウグイはなんと多摩川でも釣れると噂なのです。

元々多摩川周辺ではマルタウグイが生息していて、水質汚染によって一旦少なくなりましたが、玉川はだんだんきれいになってきたので再びマルタウグイが復活しているようです。関東では神奈川や東京周辺で釣ることができる魚として人気があります。

神奈川方面は海がたくさんありますので海釣りに行かれる方が多いかと思いますが、都会の中の憩いの場所多摩川周辺でもマルタウグイなどの引きの強い魚を釣ることができますので、釣り人にとってはとても人気のある魚なのです。

マルタウグイは本来どこに生息している?

マルタウグイは本来どこに生息しているのでしょうか。マルタウグイは朝鮮半島やロシアにいる魚として知られており、海外の魚で有名です。もちろん日本にもマルタウグイ買います。富山や関東では神奈川や東京近辺にもマルタウグイがいるとされています。青森にもジュウサンウグイという似たような種類の魚がいたりします。

場所によって大きさが異なりますが、関東地方のマルタウグイは50cmから60cmぐらいのものまで釣ることができるでしょう。皆さんルアーフィッシングやフライフィッシングなどを使ってマルタウグイに挑戦している人が多いです。

マルタウグイの釣れる季節は?

マルタウグイが釣れる季節は一体いつなのでしょうか。多摩川でマルタウグイを釣ることができる季節は春と言われています。春頃から産卵しに来るのでマルタウグイが釣れるようになるようです。多摩川の登戸方面に行くと広々としたあまり人がいないスポットなどがあります。春頃になると過ごしたところでマルタウグイを釣っている釣り人がいます。

2月から5月あたりにかけて産卵しに行きますのでマルタウグイが釣れるシーズンと呼ばれています。マルタウグイを釣りに行きたいなら是非とも春を狙って行ってみるのが良いでしょう。春頃は玉川は桜も綺麗なのでベストシーズンです。

マルタウグイの釣り方は?

マルタウグイは一体どうやって釣ればいいのでしょうか。マルタウグイの釣り方を見ていきたいと思います。大きい魚なので釣り方が分からないと、初心者では釣るのが難しいでしょう。マルタウグイはなかなか釣るのが難しい魚と言えます。シーズンがありますので先ほどご紹介したように春頃のシーズンに行くのがベストになっています。

多摩川はゴールデンウィーク周辺はとても混雑していますので、多摩川に釣りをしに行く場合は周りの人に注意して釣りをしなければいけません。さらに多摩川のマルタウグイはルアーなどを使って釣るので、ルアーの釣り方がわからないとなかなか難しいです。

餌でももちろん釣ることができますが、ミミズを使うので女性の方などはなかなか抵抗があるのではないでしょうか。ミノーやスピナーなどの定番のルアーを用意しておくといいでしょう。ルアーでの釣り方がおすすめです。

多摩川のマルタウグイはルアーで釣ろう

多摩川マルタウグイを釣るなら是非ともルアーを使うのがいいでしょうルアーで釣りをしている人はたくさんいらっしゃいますので、ルアーでの釣り方が最適です。ミノーやスピナー以外にも、水中でキラキラと光るスプーンを使うのもいいでしょう。スプーンがあると光に反応してマルタウグイが近寄ってきます。

引きの強い魚ですのでロッドは大きくて丈夫なものを使う必要があります。川釣り用のロッドは安いものを買うととても細いので、なるべく丈夫なものが必要になります。丈夫なロッドを使って大きいサイズのマルタウグイを狙いましょう。

50cmを超える大きいサイズのものが釣れる必要がありますのでバケツと網を持っておく必要があります。大きいサイズの魚を釣る時は網がないとなかなか釣ることができません。また、多摩川のマルタウグイはフライフィッシングでも釣ることができます。

多摩川のマルタウグイをフライで釣ろう

多摩川ではフライフィッシングをしている人もいらっしゃいますので、フライフィッシングでマルタウグイを狙いに行くのもいいでしょう。フライフィッシングはキャスティングがなかなか難しいので初心者には向いていませんが、フライを使えば彼は魚を釣ることができるようになりますのでおすすめです。

フライはエッグフライなどを使って、川の流れをよくつかんで釣るのがいいです。岸からでも釣ることができますが、川に入れるように防水のズボンを持っておくといいでしょう。都会でなかなかフライフィッシングをしている人は聞きませんがおすすめです。

多摩川のマルタウグイでも調理すれば食べることができますので、エサ釣りが気持ち悪いという人はルアーかフライフィッシングで挑戦してみるのが良いのではないでしょうか。フライフィッシングなら魚を傷つけないので安心です。

マルタウグイは引きがいい魚!

マルタウグイという魚は非常に引きがいいので、釣っていて楽しい魚と言えるでしょう。魚の種類によって味はおいしいけど引きが良くなくて、逆に味はおいしくないけれどひきがいいので釣るのだけ楽しいという魚もいます。マルタウグイの場合は引きが強くてあまり味は美味しくないという魚です。

釣りの練習をするには最適ですので、多摩川のマルタウグイでも釣った後は多摩川に返している人が多いのではないでしょうか。全国各地でマルタウグイをすることができる場所がありますが、他の地方では持って帰って料理してる人もいます。

しかし多摩川のマルタウグイは多摩川で釣るので食べたくない人が多く、釣っても戻してしまう人が多いでしょう。多摩川のマルタウグイは引きの強さを感じるのに最適な魚といえます。大物のマルタウグイを狙って釣りを楽しみましょう。

マルタウグイの釣れる多摩川の水質は?

マルタウグイを釣ることができる多摩川の水質は大丈夫なのでしょうか。非常に水質が気になるところですが、マルタウグイを釣ることが出来る多摩川は、現在は汚染が少なくなってきていますので綺麗な川に戻りつつあります。一時期は工場排水などによって水質が汚染され、川の魚が少なくなったりした時代もありました。

マルタウグイも水質汚染によって一時的になくなっていた魚ですが、現在は水質改善によってマルタウグイが徐々に戻りつつあります。とはいってもマルタウグイを釣ってきて食べるのは少し抵抗があるという人が多いのではないでしょうか。

マルタウグイは川の魚なのでもちろん釣ってきたものを食べることができますが、食べたくない場合は無理して食べない方がいいのではないでしょうか。引きが強いので食べるよりも、釣りを楽しむのにおすすめな魚と言えるでしょう。

多摩川のマルタウグイは食べれる?

多摩川のマルタウグイは食べることができますので、是非ともつったら調理して食べるのがいいでしょう。マルタウグイはコイの一種ですが、塩焼きにしたり、煮付けにしたりして食べることができます。いろんな食べ方でマルタウグイを楽しむことができますので、是非とも多摩川でマルタウグイを釣ったら料理してみてはいかがでしょうか。

マルタウグイの食べ方1:塩焼き

川魚の定番の料理方法はやはり塩焼きにすることです。塩焼きにすれば特別な料理をする必要もありませんし、魚本来の味を感じることができるのでとてもおすすめです。大根おろしなどを使って醤油と一緒に頂くのもいいし、バターと醤油を使っていただくのもいいし、塩味でそのままいただくのも良いでしょう。

内臓などを取り出してきれいにさばいて塩焼きにすれば、しっかりとした料理で楽しむことができます。炭火などがあれば炭火で焼いたりしてマルタウグイを楽しむことができます。バーベキューをするときなどにも簡単な料理です。

かなり大きめの魚ですので塩焼きなどにするととても簡単です。さばいたり料理したりするのが面倒な場合には、塩焼きにしてさっと焼いてビールなどと一緒に、おつまみにしてお酒を楽しむといいのではないでしょうか。

マルタウグイの食べ方2:煮付け

2月は難しそうですが実はとても簡単な料理方法です。マルタウグイの食べ方に困っているなら、魚の臭みなども取ることができるので煮付けてしまうのがおすすめです。スーパーなどで販売されているそばつゆやみりんや砂糖などの簡単な調味料だけで煮付けにすることができます。ご飯と相性抜群なのでおすすめです。

海の魚であるカサゴやメバルなどはにつけていただく人が多く、簡単に調理ができるし、出汁が聞いて美味しいのでおすすめですが、マルタウグイも見つけて美味しい料理の一つです。長ネギなど一緒に煮付けるとさらに美味しくいただくことができます。

料理の仕方は簡単で、鱗などを包丁で軽くとって、お腹に切り込みを入れるか、何枚かにさばいて内臓を取り除きます。下処理ができたら沸騰したお湯に魚を入れて調味料を入れて料理をするだけです。時間は少しかかりますが簡単な料理です。

マルタウグイの食べ方3:たたき

マルタウグイはなめろうにしていただくのもとても人気がありますので、たたきを作ってもいいでしょう。ねぎや味噌などと一緒に包丁で細かく叩いて、ご飯のおかずにしたりお酒のおつまみにしたりするのが最適です。非常に簡単な食べ方で、誰でも出来る料理方法なのでおすすめです。なめろうはやはりお酒のつまみに大人気です。

普通はお刺身用のアジなどを使ってネギや生姜などを使っていただきますが、マルタウグイでもできます。包丁で細かく叩いて、お好みで味噌、ネギ、生姜などを加えてさらに叩いていきます。後からネギは入れても大丈夫です。

出来上がったなめろうをご飯に盛り付けていただくのもいいし、お茶をかけてお茶漬けにするのもいいです。お酒との相性も非常に良いので、ビールだけでなく日本酒と一緒におつまみにしていただくのもおすすめです。

マルタウグイの食べ方4:フライ

アジフライ定食などがとっても定食屋さんで人気がありますが、マルタウグイはフライにしていただくのもおすすめです。多摩川で釣ってきたマルタウグイを簡単な食べ方で食べたいという人には、匂いも気にならないし、料理も簡単なフライにするのがいいでしょう。大きなマルタウグイなら3枚くらいに下ろして小麦粉をつけます。

小麦粉とパン粉と卵をつけて、油で170度くらいで揚げていきます。油を使うのがもったいないので料理をする時は、何枚かマルタウグイがあると良いでしょう。アジなどの他の魚を一緒にフライにするのもおすすめです。

マルタウグイだけでなく、一緒にお野菜の天ぷらなども作ってみると良いでしょう。なめろうや煮付け料理と比べてさばいたりパン粉をつけたりして時間がかかりますが、川で釣って来た魚をそのまま食べたくないという人にはおすすめの食べ方です。

マルタウグイは美味しい?

マルタウグイは美味しいのかも気になるところです。多摩川で釣れる魚はいっぱい美味しいのか、なかなか抵抗があって食べれないという人も多いのではないでしょうか。マルタウグイは料理の仕方によって美味しくいただくことができます。川魚なので下処理をしっかりしないと臭みが残ってしまいますので、注意が必要です。

フライなどにすると身がそれなりにあるのでボリュームを感じることができます。しかし小さな骨などが多いので、小骨が口に刺され場合がありますので注意が必要です。骨が気になる場合はなめろうにして細かく砕いてしまうのがおすすめです。

マルタウグイは多摩川で釣ってきたものでも食べることができるのですが、アジやカサゴやメバルなどと違って料理の相性がそれほど良いとは言えません。うまく下処理をして料理をすることができるなら美味しく作ることができますが、少し大変です。

多摩川のマルタウグイを食べる時の注意!

多摩川ではマルタウグイが釣れて食べると紹介しましたが、食べる時には注意が必要です。食べ方はなんでもいのですが、食べ方によっては魚には寄生虫がいるので、体を壊してしまうことがあります。食べる時には幾つかの注意が必要です。今度は食べ方の他に注意を見ていきましょう。

魚の有名な寄生虫にアニサキスがいますが、鯖やタラについている寄生虫として有名です。マルタウグイについているかどうかは調べてみないとわからないのですが、魚の生態している場所によっては何かしらの悪いものがついている可能性があります。

多摩川でせっかくマルタウグイを釣ったのだから食べてみたいと思うかもしれませんが、無理して食べる必要はありません。引きのいい魚なので、危険な目に会いたくない場合は、食べないで釣る楽しみだけを味わうのがおすすめです。

多摩川のマルタウグイの釣れるポイント

マルタウグイはシーズンに川の瀬にいるとされています。あまり橋のそばを離れないようにして、六郷鉄橋などの近くで川の瀬を探すといいでしょう。ポイントによってはたくさん釣れるし、ポイントによってはあまり釣れない可能性があります。釣れるポイントを探しましょう。

マルタウグイの釣れるポイントは他にも幾つかありますが、川が浅くて流れが速いところを選んで釣るのがおすすめです。あまり川の流れが速いポイントは危ないので子供と一緒にポイントを探す時は注意が必要です。ポイントに釣り師がいないかもチェックです。

他の人が釣っているポイントは場所が取られている可能性があるので、心配だったらポイントで釣っている人に声をかけておくのがおすすめです。釣りのポイントでもめごとにならないように、お互いの猟場を確認しあっておくことも需要です。

マルタウグイを釣るための釣り竿は?

マルタウグイを釣るためにはどんな釣り竿が必要なのでしょうか?今度はマルタウグイを釣るためのロッドも見ていきましょう。マルタウグイ川や海の近くにいる魚なので、フライなどの川釣りの道具がない場合はシーバスロッドや海釣り用のしっかりしたエギングなどを使ってもいいでしょう。竿であればなんでもいいですが、強いのがいいです。

ラインは強いものがあるといいでしょう。引きがあるので、強いものでないと切れて餌やルアーだけで持って行かれることがあります。強い魚は針を引っ掛けるのも難しいので、ラインが丈夫なもので、ロッドもしなりのいいものなどを使うといいです。

基本的にフライフィッシングの竿は高いので、なかなか初心者は買うことができませんが、海釣り用の竿なら気軽に安価な値段で買うことができます。川の瀬を狙うので、軽く投げることができるものがあるといいでしょう。長めのものがあると便利です。

多摩川のマルタウグイの餌は?

マルタウグイを釣るための餌はどんなものがあるといいでしょうか?多摩川は川なので、フライならフライの餌があるといいでしょう。海釣りの竿を持っていくならルアーやミノーなどを持っていくといいでしょう。しかしあまりいいルアーを持っていくと川の石に当たって壊れてしまう可能性があるの注意が必要です。

高価なルアーなどを使って釣る時は、根掛かりや川の石にぶつけて破損させないように注意が必要です。あまり遠くまで投げるなら引っかからないように、長靴などを持って行って、川にある程度入って釣るといいでしょう。防水のズボンなどもあるといいでしょう。

ルアーならスプーンやスピナーなどを使って釣ることが多いです。ポイントを見つけたらどんなスプーンやスピナーなどが釣れるかいろいろ変えて試してみることが重要です。釣り人が多い場合は同じものを使っていると釣れないことが多いです。

多摩川のマルタウグイを釣るコツは?

多摩川のマルタウグイは産卵の時期に釣ることができる言われていますが、産卵の時期は非常に食いつきがいいので、初心者でも釣ることができます。まずは釣れる時期である産卵の時期にいくのがいいでしょう。マルタウグイが釣れるのは春頃からです。釣り人もだんだん多くなる時期でもあります。

春頃から産卵で多摩川に来るので、この時期に餌やルアーを投げると追っかけてきます。追っかける勢いがあるので、魚が追えるようにルアーなどを使ってうまく踊らせたり、動かすことができるいいでしょう。またポイントがコロコロ変わるので場所も重要です。

産卵の時期なのでいろんなところに動いています。いろんなところに動いているので、いろいろポイントを移動して釣れるところを探すといいでしょう。釣れないと思ったらすぐにポイントををどうして、周りの釣り師が狙っていない場所を探すのがおすすめです。

多摩川のマルタウグイを安全に釣ろう!

海よりも川は比較的安心ですが、子供と一緒にいくなら安全に釣るのがおすすめです。マルタウグイは結構川の流れが速いところにいるので、油断していると川の流れで転んでしまったりもします。川の流れに気をつけて、安全に釣りを楽しむのがおすすめです。特にファミリーでいく場合は注意が必要です。

また周りの人にも注意して、人のポイントを取らないように注意するのも必要です。周りに子供がいる場合は釣りの糸が伸びて行って、服や靴に引っ掛けてしまうこともよくあります。時期にいくと人も多いので、安全な準備と心がけをして釣りを楽しんでください。

多摩川でマルタウグイを釣ろう!

いかがでしたか?多摩川マルタウグイを釣ることができるポイントがいくつかあり、大きいサイズのマルタウグイを釣ることができます。料理にしていただくこともできるし、食べ方も色々あります。美味しいかどうかはさておき、引きが強いので釣っていて楽しい魚でもあります。マルタウグイをいろんな食べ方で食べてみてください。

関連記事

Original
この記事のライター
tabito

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ