千疋屋のパフェ特集!おすすめの人気メニューを徹底リサーチ!

高級フルーツの輸入や販売で有名な千疋屋。贈答用フルーツを購入する時の定番のお店ですが、フルーツパーラー併設の店舗もあり、そこでは千疋屋ならではの高級フルーツを使ったパフェを楽しめるそうです。そこで今回は千疋屋で楽しめるパフェについて調べてみました。

千疋屋のパフェ特集!おすすめの人気メニューを徹底リサーチ!のイメージ

目次

  1. 1高級フルーツを使ったパフェが人気の「千疋屋」
  2. 2千疋屋のパフェには定番と季節限定がある
  3. 3千疋屋のおすすめパフェメニュー1:千疋屋スペシャルパフェ
  4. 4千疋屋のおすすめパフェメニュー2:マスクメロンパフェ
  5. 5千疋屋のおすすめパフェメニュー3:バナナチョコレートパフェ
  6. 6千疋屋では季節のパフェメニューもおすすめ
  7. 7千疋屋のパフェを楽しめるのは東京と神奈川だけ
  8. 8千疋屋のパフェを楽しめる店舗1:日本橋本店
  9. 9千疋屋のパフェを楽しめる店舗2:日本橋高島屋フルーツパーラー店
  10. 10千疋屋のパフェを楽しめる店舗3:アトレヴィ信濃町店
  11. 11千疋屋のパフェを楽しめる店舗4:池袋西武店
  12. 12千疋屋のパフェを楽しめる店舗5:KITTE丸の内店
  13. 13千疋屋のパフェを楽しめる店舗6:港南台髙島屋店
  14. 14千疋屋のパフェを楽しめる店舗7:タカシマヤフードメゾン新横浜店
  15. 15千疋屋のパフェを食べに行ってみよう!

高級フルーツを使ったパフェが人気の「千疋屋」

千疋屋は東京の日本橋に本店がある有名なフルーツ店です。フルーツの輸入や販売を行い、また扱うフルーツは高級なものばかり。そんなフルーツのブランド店である千疋屋で人気になっているのは、自慢の高級フルーツを使った豪華で華やかなパフェメニューです。そこで今回は女性を中心に大人気の千疋屋のパフェについてリサーチしてみました。

千疋屋のパフェには定番と季節限定がある

千疋屋で人気のパフェには大きく分けて2タイプがあります。1つは一年中楽しむことが出来る定番のパフェメニュー。定番パフェの種類は少なく、3種類のみの提供となります。

千疋屋のもう1つのタイプのパフェは、季節ごとに登場する期間限定のパフェ。その時期に旬を迎えるフルーツをふんだんに使ったパフェメニューです。まず最初に、いつでも楽しむことが出来る千疋屋の定番パフェメニュー3種類からご紹介します。

千疋屋のおすすめパフェメニュー1:千疋屋スペシャルパフェ

千疋屋の定番パフェメニューの1つである「千疋屋スペシャルパフェ」は、高級なフルーツをふんだんに使った、千疋屋らしさを思う存分味わえる一番人気のパフェです。

千疋屋スペシャルパフェには、イチゴやメロン、パイナップルなど、季節の高級フルーツが7種類も使われています。使用されるフルーツはシーズンで若干異なるようです。

グラスのなかはイチゴとマンゴーの2種のソースと3種のアイスクリームが層を重ねています。赤や黄色のソースで色鮮やかなグラスのなかは、虹をイメージしているそうです。

上には生クリームがトッピングされ、そのクリームの周囲を色とりどりの高級カットフルーツが飾ります。美しくていつまでも眺めていたくなる、全店舗人気No1のパフェです。

千疋屋のおすすめパフェメニュー2:マスクメロンパフェ

数々の高級フルーツを取り扱う千疋屋ですが、なかでも静岡県産マスクメロンは千疋屋の看板商品とも言われています。そのマスクメロンを使ったパフェも人気が高い一品です。

千疋屋自慢の「マスクメロンパフェ」は、高級マスクメロンをたっぷりと使ったメロン好きの方におすすめのパフェ。美しくカットされたマスクメロンが5片飾られています。

専門スタッフによって吟味された完熟のマスクメロンだけがパフェに使われます。香り高く、また甘いメロンを食べてみると、口のなかでとろけて行くような感覚を楽しめます。

マスクメロンパフェの構造はシンプルです。マスクメロンとバニラアイス、そして生クリームのトッピングのみ。シンプルだからこそ、その美味しさを堪能出来る人気商品です。

千疋屋のおすすめパフェメニュー3:バナナチョコレートパフェ

甘く濃厚な風味を楽しめるバナナは、アイスクリームやチョコレートとの相性が抜群。そんな3つの素材を合わせたのが子供にもおすすめの「バナナチョコレートパフェ」です。

バナナチョコレートパフェに使われるのはもちろん千疋屋のプロの目で選ばれた完熟バナナ。甘くて濃厚なコクのある風味だけでなく、滑らかな舌ざわりも楽しめます。

バナナチョコレートパフェに使われるのはバナナアイスクリーム。甘さ控えめのホイップクリームとチョコレートソースを合わせました。千疋屋ならではの高級食材を使った、誰にでも美味しいと思える上品で美しい盛り付けのパフェに仕上げています。

千疋屋では季節のパフェメニューもおすすめ

千疋屋では先にご紹介した3種の定番パフェメニューのほか、期間限定で販売される季節のおすすめパフェも人気です。年間を通して6種類のパフェメニューを楽しめます。

旬のフルーツを使うパフェは、期間が短いものでは1か月ほどしか販売期間がないものもあります。好きなパフェが毎年登場する時期を楽しみにしている人も多いようです。

クイーンストロベリーパフェ

香川県産のイチゴ「クイーンストロベリー」をたっぷり使う「クイーンストロベリーパフェ」は、真っ赤なイチゴをティアラのように飾った華やかなパフェメニューです。

甘酸っぱいクイーンストロベリーは、滑らかで優しい甘さのホイップクリームとの相性が抜群です。販売期間はほかのパフェよりも長く、12月26日から5月初旬頃となります。

宮崎県産 完熟マンゴーパフェ

高級ブランドフルーツとして知られる宮崎県産の完熟マンゴーをたっぷりと使った「宮崎県産 完熟マンゴーパフェ」は、マンゴー好きの人にはたまらないパフェです。

大きくカットして盛り付けられた完熟マンゴーは口のなかでとろける柔らかさ。濃厚な風味だけでなく豊かな香りも楽しめます。販売は6月1日から8月中旬頃までとなります。

ピーチパフェ

夏のお楽しみパフェとしてファンが多い「ピーチパフェ」。完熟となるまで寝かされた桃を更にパフェ用に厳選、ジューシーで香り高い桃を堪能出来る夏のおすすめパフェです。

大きくカットされた桃とホイップクリームで飾られたパフェのなかには、バニラアイスクリームとピーチシャーベットが入っています。販売は7月1日から8月下旬頃までです。

シャインマスカットパフェ

パリッとした食感とジューシーな果実が大人気のブドウ、シャインマスカット。シャインマスカットをたっぷりと盛った「シャインマスカットパフェ」は初秋の人気商品です。

みずみずしいシャインマスカットにライムゼリーとシャーベットとヨーグルトアイスクリームを合わせ、爽やかに仕上げています。販売期間は8月上旬頃から9月下旬頃までです。

国産和栗の渋皮煮パルフェ

栗好きにおすすめなのは「国産和栗の渋皮煮パルフェ」。渋皮がついたまま甘露煮された国産の栗を3種類のアイスクリームと一緒にいただく、秋の人気パフェです。

グラスのなかのアイスクリームにはきな粉がたっぷりと使われ、和洋がミックスした絶妙な味わいを満喫出来ます。販売期間は10月1日から11月30日までとなります。

秋の味覚パフェ

「秋の味覚パフェ」は、秋が旬の高級フルーツを美しくグラスに盛った期間限定パフェです。リンゴやブドウ、西洋梨などの秋ならではのフルーツをたっぷり楽しめます。

パフェのなかにはラ・フランスのシャーベットや柿のソースが入り、全体的に爽やかな風味を楽しめるパフェとなっています。販売期間は11月1日から11月30日までです。

Thumb千疋屋の食べ放題が大人気!予約の取り方のコツや料金まで徹底紹介!
千疋屋は人気のフルーツの食べ放題ができることで話題です。高級フルーツの専門店である千疋屋のフ...

千疋屋のパフェを楽しめるのは東京と神奈川だけ

千疋屋ならではの高級フルーツを使ったパフェの数々は、スイーツ好き・フルーツ好きだったら千疋屋の店舗を訪れて、是非味わってみたくなるデザートメニューでしょう。

千疋屋の店舗があるのは現在、東京・神奈川・千葉・埼玉のみで、そのうちパフェなどのフードメニューを楽しめるフルーツパーラーがあるのは東京と神奈川の数店舗だけです。

ここからはフルーツパーラーを併設している千疋屋の店舗情報をご紹介します。都内には日本橋の本店を含めて5店舗、神奈川県の横浜市内には2店舗の、合計7店舗があります。

千疋屋のパフェを楽しめる店舗1:日本橋本店

千疋屋のパフェメニューを楽しめる店舗でまずご紹介するのは、日本橋にある千疋屋の本店です。日本橋三井タワー内にある千疋屋本店はラグジュアリー感あふれる空間です。

パフェメニューを提供しているフルーツパーラーは2階にあります。白で統一された上品な空間は広く、全席で約100席もあり、ゆっくりと落ち着いて過ごすことが出来ます。

窓から日本橋の街並みを眺めることが出来る窓側席も人気ですが、フルーツパティシエがフルーツを扱う技を間近に見ることが出来るカウンター席もまた人気が高い席です。

千疋屋日本橋本店のフルーツパーラーの営業は11時から21時まで。年末年始は短縮営業を行なっています。定休日は元旦のみで、そのほか不定休を取る時があるようです。

アクセスは東京メトロ銀座線の三越前駅からが便利。地下の通路を利用すれば徒歩約1分で到着です。JR総武線の新日本橋駅からならばやはり地下通路を利用して約5分です。

住所 東京都中央区日本橋室町2-1-2 日本橋三井タワー内
電話番号 03-3241-1630

千疋屋のパフェを楽しめる店舗2:日本橋高島屋フルーツパーラー店

千疋屋は日本橋にもう1店舗あります。日本橋高島屋内にある千疋屋は、地下1階にフルーツやスイーツを扱う店舗があり、4階にパフェを楽しめるフルーツパーラーがあります。

日本橋高島屋フルーツパーラー店は、4階フロアのはじにある、ちょっと目立たない店舗です。フルーツパーラーらしい明るくカジュアルなインテリアにまとめられています。

千疋屋の日本橋高島屋フルーツパーラー店の営業時間は10時30分から19時30分まで。本店よりも30分早い開店時間です。お休みは不定休で、日本橋髙島屋の休日に準じます。

日本橋高島屋フルーツパーラー店へのアクセスは東京メトロの銀座線・東西線の日本橋駅からがおすすめです。B4出口を利用します。また少し離れていますが、JR東京駅の八重洲北口からも歩くことが可能です。その場合は5分ほどのアクセス時間で到着出来ます。

住所 東京都中央区日本橋2-4-1 日本橋髙島屋 4F
電話番号 03-3272-6867

千疋屋のパフェを楽しめる店舗3:アトレヴィ信濃町店

新宿方面で千疋屋のパフェを食べたくなった時には、JR信濃町駅直結の人気ショッピングモール「アトレヴィ信濃町」内にある千疋屋アトレヴィ信濃町店がおすすめです。

白やブラウン、グリーンといったナチュラルカラーでまとめられた店内は約50席。通路に面した店舗ですがカーテンが引かれているので通行人が気になることはありません。

千疋屋アトレヴィ信濃町店は、フルーツパーラーとフルーツやスイーツショップの一体型店舗です。パフェを楽しんだあとはショップでケーキなどを買って帰ることが出来ます。

千疋屋アトレヴィ信濃町店の営業時間はほかの千疋屋の店舗よりも朝が早く、9時から20時までとなります。お休みは不定休で、アトレヴィ信濃町の休日に準じます。

千疋屋アトレヴィ信濃町店があるのは、JR信濃町駅直結のアトレヴィ信濃町の1階です。信濃町駅の改札を出て左方向に歩けば、千疋屋の上品な店舗をすぐ発見出来ます。

住所 東京都新宿区信濃町34 アトレヴィ信濃町 1F
電話番号 03-3352-4741

千疋屋のパフェを楽しめる店舗4:池袋西武店

埼玉方面からのアクセスの良い池袋エリアでも、千疋屋のパフェを楽しめる店舗があります。JR池袋駅から近い西武池袋本店の4階に千疋屋のフルーツパーラーが入っています。

グリーンの椅子と白いテーブルのシンプルな内装のフルーツパーラーには、デパートの4階という場所にありながらフルーツやスイーツを扱うショップが併設されています。

千疋屋西武池袋店の営業時間は月曜から土曜までは10時から21時まで。日曜と祝日は10時から20時までの営業となります。お休みは不定休で、西武池袋本店の休日に準じます。

千疋屋西武池袋店へのアクセスは、西武池袋本店のすぐそばにあるJR池袋駅からが簡単です。また、東京メトロの有楽町線や丸ノ内線、副都心線の池袋駅からもすぐです。

住所 東京都豊島区南池袋1-28-1 西武池袋本店 4F
電話番号 03-5949-2107

千疋屋のパフェを楽しめる店舗5:KITTE丸の内店

JR東京駅近辺で千疋屋のパフェを楽しめるのは日本橋エリアだけではありません。丸の内側にある商業施設「KITTE丸の内」のなかにも千疋屋のフルーツパーラーがあります。

千疋屋KITTE丸の内店は高い天井と華やかな内装が特徴のお店。まるでホテルのカフェを訪れているかのような、優雅な気持ちにさせてくれます。席数は54席です。

千疋屋KITTE丸の内店の営業は11時から21時まで。お休みはKITTE丸の内の休日に準じます。こちらの店舗も、フルーツやスイーツを販売するショップが併設となっています。

KITTE丸の内はJR東京駅の丸の内側改札を出て左にある商業施設です。また東京メトロ丸の内線の東京駅からならば地下通路で直結しています。千疋屋は館内1階にあります。

住所 東京都千代田区丸の内2-7-2 KITTE丸の内 1F
電話番号 03-3217-2018

千疋屋のパフェを楽しめる店舗6:港南台髙島屋店

高級感あるデパートとして知られる高島屋ですが、横浜の港南台高島屋はちょっと庶民的な雰囲気のある店舗です。この地下1階に千疋屋のフルーツパーラーがあります。

港南台高島屋の地下1階はフーズフロア。駐車場の連絡口そばにある千疋屋は、他の千疋屋フルーツパーラーと比べるとかなり地味な印象。その分、穴場感のあるお店です。

千疋屋港南台高島屋店の営業は10時から19時30分まで。お休みは港南台高島屋の休日に準じます。港南台高島屋はJR港南台駅からすぐの店舗で、駅改札から徒歩約1分の距離です。なおこちらのフルーツパーラーもフルーツとスイーツのショップを併設しています。

住所 神奈川県横浜市港南区港南台3-1-3 港南台高島屋 B1F
電話番号 045-832-6167

千疋屋のパフェを楽しめる店舗7:タカシマヤフードメゾン新横浜店

千疋屋のパフェを楽しめるフルーツパーラー、最後のご紹介は東海道新幹線の駅がある新横浜の店舗です。駅直結の商業施設「キュービックプラザ新横浜」内にあります。

4階にある千疋屋タカシマヤフードメゾン新横浜店は全席約20席の小さな店舗ですが、ブラウンと白でまとめられたインテリアがすっきりと上品で、居心地の良いお店です。

千疋屋タカシマヤフードメゾン新横浜店の営業は10時から20時まで。お休みはキュービックプラザ新横浜の休日に準じます。JR新横浜駅から駅直結の施設内なので、駅からはすぐに行くことが出来ます。こちらもフルーツとスイーツを販売するショップが併設です。

住所 神奈川県横浜市港北区新横浜2-100-45
キュービックプラザ新横浜 4F
電話番号 045-478-6310

Thumb新横浜の有名なケーキ屋を徹底リサーチ!カフェ利用や誕生日にもおすすめ!
新横浜周辺にはケーキ屋がたくさんありますが、誕生日・お土産のケーキをどのお店で購入すれば良い...

千疋屋のパフェを食べに行ってみよう!

高級フルーツの有名店である千疋屋で楽しめるパフェのご紹介、いかがでしたか。高級フルーツをふんだんに使う千疋屋のパフェは平均価格が2000円前後ですが、それだけの価値がある華やかな見た目と美味しさを堪能することが出来ます。パフェを食べることが出来る店舗が少ないのが残念ですが、機会があれば是非食べに行ってみてください。

関連記事

Original
この記事のライター
savannah

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ