金剛山登山ガイド!初心者におすすめのコースや服装・難易度は?

大阪にある金剛山は、大阪府や周辺に住む方の間では、すでに有名な山です。都会の喧騒を離れて、自然の中でゆっくりと流れる時間を過ごせるため、週末には多くの登山客でにぎわいます。大阪・金剛山は登山初心者でも楽しめる山なのでしょうか。その魅力を改めて掘り下げてみます。

金剛山登山ガイド!初心者におすすめのコースや服装・難易度は?のイメージ

目次

  1. 1大阪・金剛山とは!
  2. 2大阪・金剛山登山におすすめの登山客層は
  3. 3大阪・金剛山登山の難易度は?
  4. 4大阪・金剛山では登山回数のカウントシステムがある
  5. 5大阪・金剛山登山のベストシーズンは?
  6. 6大阪・金剛山登山の桜のシーズン
  7. 7大阪・金剛山登山の紅葉見頃はいつ?
  8. 8大阪・金剛山登山では初日の出も見ごたえあり! 
  9. 9大阪・金剛山登山の初心者におすすめの服装
  10. 10大阪・金剛山登山の初心者におすすめルートをご紹介
  11. 11大阪・金剛山登山の初心者おすすめルート1:千早本道ルートでちはや園地を目指す
  12. 12大阪・金剛山登山の初心者おすすめルート2:念仏坂ルートでちはや園地を目指す
  13. 13大阪・金剛山登山の初心者おすすめルート3:車で念仏坂ルートを登りに行くときは
  14. 14大阪・金剛山登山のちはや園地の施設はこんなに充実している!
  15. 15大阪・金剛山登山ではバーベキューができる!
  16. 16大阪・金剛山登山のちはや園地の常設テントサイトは嬉しい低料金!
  17. 17大阪・金剛山登山のちはや園地のその他の施設も充実!
  18. 18大阪・金剛山登山のちはや園地は絶好の日の出スポットでもある
  19. 19大阪・金剛山登山ではロープウェイで一気に山頂まで行くことができる
  20. 20大阪・金剛山登山のおすすめ周辺観光・グルメ情報1:山の豆腐
  21. 21大阪・金剛山登山のおすすめ周辺観光・グルメ情報2:ちはや星と自然のミュージアム
  22. 22大阪・金剛山登山に行こう!

大阪・金剛山とは!

大阪の名山「金剛山」は奈良県御所市と大阪府南河内郡千早赤阪村に挟まれた山です。読み方は「こんごうさん」「こんごうざん」といい、過去には金剛山根名称ではなく高間山(たかまやま)や葛城嶺(かづらきのみね)とも呼ばれていました。

標高1,125mの金剛山は、大阪で1番高い山ということでも知られます。大阪・金剛山の名前の由来は諸説ありますが大阪・金剛山にあるお寺「転法輪寺」の山号「金剛山」が略称として定着した説が有力とされています。

大阪・金剛地の最高地点は神域となっており立ち入ることはできません。そのため国見城跡の広場を山頂としています。大阪と奈良を一望できる立地のため「防災行政無線」「電源開発」「関西電力」などの無線中継所が設置されています。

大阪・金剛山登山におすすめの登山客層は

大阪・金剛山は初心者にも優しいコースがあるので、ちいさな子供がいるご家族にもおすすめできることが特徴の山です。

大阪を代表するような名山であるにも関わらず、登山初心者が登るのにもちょうどよいのが人気の秘密のひとつです。誰にでも気軽な登山がおすすめできるのが大阪・金剛山です。

どなたもぜひ、気軽に遊びに行ってみましょう。登頂前には、ご家族向けのバーベキューができるスポットやアスレチックなどもあるので、子供がいらっしゃるご家族も気軽に、一緒に出掛けてみましょう。

Thumb大阪から日帰りで行ける!観光におすすめの関西エリアのスポット紹介!
大阪を含む関西エリアには様々な観光スポットがありますが、大阪からの日帰り観光にもぴったりなス...

大阪・金剛山登山の難易度は?

熟練の登山者たちからの大阪・金剛山の難易度評価は「中級程度」ということです。もちろんこの評価は初心者ルートではなく、あくまで熟練の登山者たちによるルートをたどった場合です。

大阪・金剛山には初心者にも歩きやすい「初心者ルート」が用意されているので、さまざまな楽しみに対応している山であるといえます。どなたも安心して登山を楽しみましょう。

Thumb関西の登山ガイド!初心者にもおすすめのスポットや日帰りハイキングあり!
関西には登山の初心者にもおすすめの場所がたくさんあります。日帰りハイキングを楽しんだり、紅葉...

大阪・金剛山では登山回数のカウントシステムがある

大阪・金剛山は登山回数を記録するという、めずらしい独自のシステムがあることでも知られています。「金剛山練成会」に入会すると、登山回数をカウントするシステムを利用することができるようになります。

このシステムのため、毎日のようにこの山に登る人もいるそうです。なかには1万回と登山している人もいるのだとか。登山回数ごとのバッチがもらえます。

このシステムが登山者に受け、なかには出勤前、退勤後に登る方もいるようです。気軽に登れることから、小さいころから馴染みの山である登山者が多くいることも影響しているのかもしれません。

大阪・金剛山登山のベストシーズンは?

大阪・金剛山は年間を通して、そのシーズンごとを感じられる景色が広がることでおなじみの山です。そのためどのシーズンも、週末や連休ともなれば多くの観光客、登山客でにぎわいます。

大阪・金剛山登山では、いつがベストシーズン!というよりも、シーズンごとに見せてくれる顔を楽しむスタイルでいることが、もっとも楽しめそうです。
 

春は桜、新緑や紅葉のブナ、冬には霧氷が見られるなど、大阪・金剛山では年間を通して四季折々の姿を楽しむことができます。景色に関しては、年間を通してトップシーズンといえますが、注意が必要なのは12月から3月のシーズン。10cm以上の積雪になることがあるため、軽アイゼンや登山用防寒具といった本格的な装備が必要なシーズンです。

大阪・金剛山登山の桜のシーズン

大阪・金剛山の桜は4月上旬から4月下旬にかけてシーズンを迎えます。山麓では八重桜や枝垂桜などの桜が咲き誇り、5月初旬には国見城跡周辺での「金剛桜」が楽しめます。

この金剛桜はうす緑色の花を咲かせるという、珍しい桜です。毎年5月3日に開催される「金剛山さくら祭り」では、登山記録100回以上の登山者が表彰されており、恒例の盛り上がりを見せています。

Thumb大阪の桜の名所まとめ!人気のお花見スポットからおすすめの穴場もあり!
大阪には桜の名所が数多く存在します。お花見に最適なおすすめスポットもたくさんあり、穴場的な場...
Thumb大阪の夜桜スポットまとめ!ライトアップの名所やデートにおすすめの穴場もあり!
国内屈指の観光名所としても有名な大阪には夜桜鑑賞も楽しめる人気スポットもたくさんあります。有...

大阪・金剛山登山の紅葉見頃はいつ?

大阪・金剛山の紅葉の見頃は、10月中旬から11月上旬頃にかけてがベストシーズンです。大阪・金剛山は黄色や橙色に染まるブナの美林で知られます。

登山時にはもちろんのこと、ロープウェイからの眺望も見ごたえがありおすすめです。「体育の日」に開催されるもみじまつりには、毎年多くの人が訪れ、賑わいをみせています。

大阪・金剛山登山では初日の出も見ごたえあり! 

大阪・金剛山は大阪市内からアクセスしやすく、毎年多くの観光客が初日の出を目的に訪れます。元日の7時前に日の出を望めます。当日は5時台から臨時バスも運行しており、とくに人気のスポットは、ちはや園地ピクニック広場と展望台。

大峰山の方向から昇る初日の出を見ることができます。その光景はまさに神秘的であり、大阪市内からほど近い場所から拝める日の出とは思えません。この光景を見に多くの登山客が、毎年この場所に訪れます。

大阪・金剛山登山の初心者におすすめの服装

登山の際に誰もが気になることのひとつに服装があります。大阪・金剛山は標高が約1,000mと、大阪府の中では最大とはいえ、登山になれた登山者にとってはそこまで難易度の高い山ではなさそうです。ここではシーズンごとに適した、おすすめの服装をご紹介しますので、参考にしてみてください。

おすすめの服装1:靴

靴底があまり硬くなく、全体的に柔らかめのトレッキングシューズをおすすめします。ハイカットは足首が固定されて下山時に降りづらくなるのでおすすめしませんが、ロープウェイを使うのであればかまいません。

ロープウェイを頻繁に活用する場合であれば、初心者の方でも気軽に、ウォーキングシューズでも大阪・金剛山での登山を楽しめるでしょう。

おすすめの服装2:長めの服装を

怪我と虫に対する予備のためにも、基本的には真夏や冬以外、長袖や長ズボンの服装をおすすめします。もし暑くても水分補給をこまめにすることで乗り切ることが理想的です。

ただ山頂や休憩時に気温が低いこともあります。また急な悪天候にも備えて雨具があれば、ほとんどの場面の寒さ対策としても十分です。

おすすめの服装3:冬の服装には細心の注意を

注意が必要なのは12月から3月のシーズンで、この間は10cm以上の雪が積もることがあるあります。登山用の防寒具はもちろん、軽アイゼンなど本格的な装備が必要なシーズンです。

標高1,000mほどと気軽に登れるので失念しがちですが、大阪・金剛山はあくまでも山なので、とくに冬場の防寒対策はしすぎるぐらいでちょうどよいでしょう。

おすすめの服装4:急に温度が変化したときの服装

これは大阪・金剛山での服装に限った話ではありませんが、登山中に急な温度変化が発生することはよくあります。その際の服装で注目したいのが、その服装の速乾性です。当然ながら汗をかくと体温は急激に下がります。その時に汗が乾かないと体を冷やす原因となります。

そのため、速乾性のあるアンダーウェアを選ぶことが大切です。最近では登山・ハイキング専門店だけでなく、大手量販店のプライベートブランドでも扱いが増えています。

大阪・金剛山登山の初心者におすすめルートをご紹介

初心者におすすめのルートで山頂に向かうには「千早本道」「念仏坂」の2つのルートがあります。どちらも初心者に優しいルートですが、より身体へ負担をかけずに楽しみたい方、体力に自信のない方は千早本道をおすすめします。どちらを選択しても山頂を目指すための休憩に適した「ちはや園地」を経由することになります。

大阪・金剛山登山の初心者おすすめルート1:千早本道ルートでちはや園地を目指す

千早本道ルートは階段で登りやすく、一番早くちはや園地に到着します。千早本道は階段が整備されているため、初心者におすすめのルートです。階段で金剛山を登りたい方は千早本道を登りましょう。

てっとり早く、ちはや園地に向かうことができるでしょう。油断こそ禁物ですが、通常の体調であれば誰もがちはや園地までは到達できるであろう、初心者にもやさしいルートです。

大阪・金剛山登山の初心者おすすめルート2:念仏坂ルートでちはや園地を目指す

杉林に囲まれた登山道を登る念仏坂を経由するルートでは歩く距離は長くなり、また千早本道のように階段がないのですが、こちらも十分に初心者向けのコースとなっています。

基本手金は坂を登って行くコースであり、最初は緩やかですがコンクリート道なのでヒザへの衝撃がすこし強いです。その後もほとんどがコンクリートで舗装された坂道なので、足腰への負担はなかなか大きいです。休憩しながら登山しましょう。

大阪府指定天然記念物「千早のトチノキ」

念仏坂を登っていると途中に巨大な木「千早のトチノキ」があります。これは府が指定した天然記念物であり、その特徴はとにかく大きく、下から見上げると目が眩むような錯覚に陥ります。幹の周囲は約4.30m、高さ約25m、樹齢およそ300年です。

トチノキは落葉樹であり、冬に葉が落ちます。念仏坂から大阪・金剛山へ続く登山道はトチノキの巨木が何度か見られるでしょう。ちなみに金剛山山頂付近には「仁王杉」や「夫婦杉」があります。こちらも必見です。 

大阪・金剛山登山の初心者おすすめルート3:車で念仏坂ルートを登りに行くときは

念仏坂から自家用車で登山するときは、ロープウェイ乗り場近くまで行きましょう。道中、個人で貸しているような駐車場がたくさんあります。人気だったり、狭かったりで満車であることが多いです。そんな時は大阪府立金剛登山道駐車場に車を止めましょう。

大阪府立金剛登山道駐車場が広いからか、いつでも空いています。大阪府立金剛登山道駐車場からは、念仏坂起点までも近いのでおすすめの駐車場です。駐車料金は1日停めても600円とお手ごろです。

金剛山ロープウェイの乗り場に1番近い駐車場であり、ロープウェイで登る登山客もたくさんいます。周辺には公衆トイレや自動販売機、靴洗い場があり、たいへん便利です。ぜひ活用しましょう。

念仏坂の起点へは整備されているので迷うことはないでしょう。百ヶ辻橋(もまつじばし)と呼ばれる橋があり、この百ヶ辻橋を渡ってすぐ右側に立つ白い看板が念仏坂起点です。

大阪・金剛山登山のちはや園地の施設はこんなに充実している!

いよいよちはや園に到着したら、山頂までの登山のために休憩しておきましょう。ちはや園地ピクニック広場は、休憩だけでなく、遊んだりご飯を食べたりできますよ。夏は緑に囲まれた芝生の公園で、冬は雪遊びができる公園に大変身します。

1年を通して休憩や遊び場として楽しめます。とくに冬に雪が降ると、ソリ遊びができるほど積もることもあるので、子供達も大喜び間違いなしです。さらに子供が大好きなアスレチックの遊具もあり、子供たちにとってはかなりスリルがあり楽しめるようです。

Thumb大阪の公園特集!デートや子供とのピクニックなどのおすすめスポットを紹介!
大阪にはたくさんの公園があります。広々とした広場でピクニックをしたり、アスレチック遊具で楽し...

大阪・金剛山登山ではバーベキューができる!

ちはや園地ピクニック広場はお昼休憩に最適です。炊事用具・食器がレンタルできるので、ここでバーベキューすることもできます。シーズンには実際にバーベキュー利用客もちらほらと見かけることでしょう。

また、ちはや園地にはピクニック広場やアスレチックなどがあり子供達の遊びの場としても、かなり使えます。充実した設備と自然の融合されたこのエリアでのびのびと遊んでいくのもよいかもしれません。

ロープウェイでお肉や野菜などのバーベキューの具材を持ってこれるので、登山が苦手な方も気軽にバーベキューが楽しめます。おもなバーベキュー設備である「バーベキューコンロ」「かまど」「ピザ釜」「炊事用具」「食器」など、必要なものは全てレンタルできます。

大阪・金剛山登山のちはや園地の常設テントサイトは嬉しい低料金!

ちはや園地では、持ち込みテントを張れるテントサイトがあります。テントを持ってない方が手軽にテントを利用できるように、また持ち込みテントサイトなら、グランド式が1張500円という格安の金額設定なのでとても良心的です。これによりお手軽に宿泊することができると言えます。

常設テントは例えば夏期キャンプ期間であれば、6人用1張4,500円ほどです。登山の疲れを、都会のオアシスちはや園地で癒し、翌日山頂に向かうという楽しみ方もできます。

周辺は星空の観測ができるスポットが存在していますので、都心近くにおいてはとても貴重な場所といえます。

このちはや園地にある常設テントサイトをうまく使うことで、大阪・金剛山の登山は一気に楽しみ方が広がります。ぜひとも活用をおすすめします。

ちはや園地利用時の注意点

ガスコンロはピクニック広場での使用は禁止されています。ガスコンロを使えるのは大屋根広場だけ。大屋根広場では火気が使用できる指定場所になっているので、ピクニック広場の隣、大屋根広場でガスコンロは使用しましょう。

大屋根広場の奥には洗い場があり、山では貴重な水で食器も洗えます。ガスコンロで水を沸かしたりと、貴重な水を活用する人が目立ちます。大屋根広場は名前の通り、大きな屋根があるのですぐに分かるでしょう。また大屋根広場は万が一、雨が降ってきたときの雨宿りとしても活躍してくれます。

大阪・金剛山登山のちはや園地のその他の施設も充実!

ちはや園地の休憩所ログハウスは、登山者の憩いの場になっています。そこでは自動販売機はもちろん、ソフトクリームやドリンク、カップヌードルなどの軽食も販売してくれています。

周辺には「香楠荘」という温泉施設があり、大人1名510円で入浴ができますので、登山の疲れを癒していくことができます。ちはや園地金剛山キャンプ場のお手洗いは登山道に隣接しています。

もちろんキャンプ利用者だけでなく、一般の登山者も自由に使うことができます。こちらのお手洗いはウォシュレットに、寒い日にありがたいあたため便座の機能が付いています。当然ですが、山には限られた場所にしかお手洗いはありません。

山頂に向けて出発する前に、利用しておきましょう。また水は貴重なので節水は心がけましょう。さらに周辺には展望台もあります。ここは大阪・金剛山を代表する、初日の出スポットでもあります。

大阪・金剛山登山のちはや園地は絶好の日の出スポットでもある

大阪・金剛山は大阪市内からアクセスしやすく、初日の出スポットということで、毎年多くの観光客が訪れます。元日の7時前に日の出を望めます。元旦当日は朝の5時から臨時バスも運行しています。

南東の方角にある、大峰山から昇る初日の出を見ることができます。もちろん日の出でなくてもここからの眺めは最高で、いつも観光客でにぎわう人気の高いビューポイントです。

大阪・金剛山登山ではロープウェイで一気に山頂まで行くことができる

ここから先は、大阪府最高地点の標高1,053mの山頂に向かいます。美しいブナ林を抜け湧出岳の麓を過ぎたあたり、関西では貴重な大社造りの金剛山葛城神社。さらにその先には大阪平野が一望できるスポット「山頂広場」が現れます。

初心者の方には、ちはや駅からはロープウェイで手軽に大阪・金剛山へ向かってしまうことをおすすめします。気軽に絶景だけを楽しむことができるので、もし体力に余裕があったり、物足りないと感じても、降りでロープウェイを使わずに行けばよいからです。体力を温存しておくに越したことはありません。

標高708mの「ちはや駅」でロープウェイに乗れば約6分で「こんごうさん駅」に到着します。ロープウェイのなかからは金剛山の山頂までを見渡すことができます。

さらに眼下に目を向ければ四季折々の表情を見せる山を、冬であれば樹氷の姿を一望できます。天候のよい日や空気の住んでいるときには、大阪湾や関空、淡路島も見渡すことができるのでロープウェイでの移動時間もかなり楽しむことができるでしょう。こんごうさん駅を下車後は、山頂広場までは約45分の徒歩で到着します。

ロープウェイ利用時の注意点

当然ながらロープウェイは気象状況が悪い場合、運休することがあります。また基本的に風が強いと運休になります。台風が近づいてる、強風が吹き荒れている、その他何かしらの原因でロープウェイの運行が危険と判断されたとき、安全の確保のために運休します。

平野部ですこしでも風が強いと思ったら、山の上ではもっと強いと思った方がいいでしょう。とくに注意が必要なのは、登ったあとにロープウェイが運休して下山できなくなることです。

その場合は歩いて降りれればよいのですが、おそらく「金剛山ロープウェイ駅」「香楠荘」「ちはや星と自然のミュージアム」などで避難することになるはずです。

金剛山ロープウェイ駅や香楠荘、ちはや星と自然のミュージアムなど、現地にある施設が一番状況を把握しているはずなので、すこしでも天候が怪しい、もしくは天候が怪しくなる予報があれば必ず電話で確認しましょう。

大阪・金剛山登山のおすすめ周辺観光・グルメ情報1:山の豆腐

大阪府唯一の村「千早赤阪村」にある、大阪・金剛山の銘水から作る「金剛山・山の豆腐」がおいしすぎる豆腐!と話題です。黒大豆を贅沢に使った「限定生産」「黒豆豆腐」は千早赤阪村の誇る、ここでしか食べられない貴重なグルメです。そのためお土産にも喜ばれるでしょう。

大阪・金剛山登山のお土産にはこの黒豆豆腐がうってつけです。大阪・金剛山での登山の、思い出深い一品となること間違いなし。

住所 大阪府南河内郡千早赤阪村千早950
電話番号 0721-74-0015

Thumb大阪のお土産人気ランキング!定番の商品などおすすめばかりを網羅!
大阪には本当にたくさんのお土産が販売されています。今回は人気ランキング形式で大阪に来たら絶対...

大阪・金剛山登山のおすすめ周辺観光・グルメ情報2:ちはや星と自然のミュージアム

ちはや星と自然のミュージアムの館内には、ミュージアム周辺の豊かな自然について知ってもらうための「展示スペース」「学習スペース」や、観察などをおこなう活動スペースで構成された施設です。

来館者が、大阪・金剛山の周辺で気になった疑問・見つけた疑問に答えるための資料や、新たな発見の手掛かりとなるようなシステムが用意されています。またそこから見える周辺の星空の情報拠点となる施設でもあります。

ガイドウォークをはじめ、シーズンごとにかわる野生動物や植物の観察会が開催されるなど、気軽に自然とふれあえる工夫が施されています。

住所 大阪府南河内郡千早赤阪村千早
電話番号 0721-74-0056

大阪・金剛山登山に行こう!

ここでは大阪・金剛山の登山時に気になる服装やベストシーズン、おすすめルートについて詳しくご紹介しました。大阪・金剛山は大阪市に近く、大阪市以外からのアクセスもよいので、かなりの登山客がシーズンごとに訪れます。

とくに大阪・金剛山は登山の初心者にもやさしい複数のルートが用意されているので、大きな支持を集めているのかもしれません。もちろん本格登山者であれば、さらに手軽に都会の絶景を楽しめる大阪・金剛山。週末は魅力にあふれた大阪・金剛山に行き、気軽な登山を楽しみましょう。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
小松

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ