談山神社は奈良の紅葉名所!アクセスや駐車場・御朱印は?周辺ランチもあり!

多くの由緒正しい神社や寺院がある事で有名な奈良県ですが、そんな奈良県の中でも桜や紅葉の名所として有名な談山神社は、奈良県の縁結びのパワースポットとしても有名です。ここでは、談山神社へのアクセス方法や駐車場、そして御朱印情報等を周辺のランチ情報と共に紹介します。

談山神社は奈良の紅葉名所!アクセスや駐車場・御朱印は?周辺ランチもあり!のイメージ

目次

  1. 1奈良の紅葉名所「談山神社」へ参拝に行こう!
  2. 2奈良の紅葉名所「談山神社」について
  3. 3奈良の紅葉名所「談山神社」の歴史
  4. 4「談山神社」の見どころ1:十三重塔
  5. 5「談山神社」の見どころ2:談山神社本殿
  6. 6「談山神社」の見どころ3:恋神社とむすびの岩座
  7. 7奈良の紅葉名所「談山神社」のご利益
  8. 8奈良の紅葉名所「談山神社」の御朱印
  9. 9奈良の紅葉名所「談山神社」で桜を楽しむ
  10. 10奈良の紅葉名所「談山神社」で紅葉を楽しむ
  11. 11「談山神社」周辺でランチを楽しむ1:グリル紅葉
  12. 12「談山神社」周辺でランチを楽しむ2:田舎茶屋・千恵
  13. 13「談山神社」周辺でランチを楽しむ3:夢市茶屋
  14. 14「談山神社」周辺でランチを楽しむ4:Cafeことだま
  15. 15奈良の紅葉名所「談山神社」の基本情報
  16. 16奈良の紅葉名所「談山神社」へのアクセス方法
  17. 17奈良の紅葉名所「談山神社」の駐車場情報
  18. 182019年は奈良の「談山神社」へ初詣に行ってみませんか?

奈良の紅葉名所「談山神社」へ参拝に行こう!

奈良県桜井市に聳える多武峰(とうのみね)の山中に鎮座する「談山神社(たんざんじんじゃ)」は、奈良県の桜や紅葉の名所として有名であり、観光シーズンになると大勢の参拝者や観光客で賑わいます。徳川家康が「日光東照宮」のモデルにしたと伝わり、「関西の日光」とも言われる奈良県のパワースポット「談山神社」へ参拝に行ってみましょう!

Thumb奈良のライトアップおすすめは?公園の紅葉や冬デートに人気の場所!
歴史スポットが多い人気観光地の奈良。季節ごとにさまざまなライトアップのイベントが行われていて...

奈良の紅葉名所「談山神社」について

奈良県桜井市に聳える多武峰の山中に鎮座する「談山神社」は、藤原鎌足公(談山大明神、談山権現)を主祭神として祀る神社です。春は美しい桜の名所として、秋は鮮やかな紅葉の名所としても有名で大勢の参拝者や観光客が日本全国から訪れ賑わいます。

徳川家康が「日光東照宮」のモデルにした事により「関西の日光」とも呼ばれる「談山神社」には、日本の神社建築様式の1つである春日造りが使用されている本殿や拝殿、木造十三重塔として世界には類が無く「談山神社」のシンボルである「十三重塔」、摂社の「東殿」、末社の「神明神社」「稲荷神社」「龍神社」などがある事でも有名です。

「談山神社」の本殿や拝殿、十三重塔や楼門、東透廊や西透廊、東宝庫や西宝庫、摂社東殿や末社惣杜本殿、摩尼輪塔など数多くの建築物が重要文化財に指定されています。

「談山神社」では、後の藤原鎌足公(ふじわらのかまたり)である中臣鎌足(なかとみのかまたり)と、中大兄皇子(なかのおおえのおうじ)として有名な天智天皇(てんぢてんのう)が出会うきっかけとなった「けまり」に因み、「春のけまり祭」が昭和の日の4月29日に、「秋のけまり祭」が文化の日の11月3日に、1年に2回開催されます。

Thumb奈良の神社はパワースポット揃い?有名社の御朱印や初詣におすすめなのは?
古都奈良を訪れたら、神社やお寺を巡って御朱印をいただくのもおすすめです。ここではパワースポッ...

奈良の紅葉名所「談山神社」の歴史

現在の「飛鳥寺」である飛鳥の「法興寺」にて「蹴鞠会(けまりえ)」が開催された時に、後の藤原鎌足公である中臣鎌足は、後の天智天皇である中大兄皇子に出会いました。舒明・皇極二代の天皇の時代であったその当時、蘇我蝦夷と入鹿親子は凄い勢力を持ち、天皇や国の政治を自分の思うがままにしていました。

これに対し、中大兄皇子と中臣鎌足は協力しあい、蘇我蝦夷と入鹿親子を倒し滅ぼします。そしてその後、中大兄皇子は天皇が権限を持つ新しい政治を行います。「大化の改新」とは蘇我滅亡の後に行った新しい政治の事を指します。そして「大化改新」について談合を行った多武峰を「談い山(かたらい)」「談所ヶ森」と呼ぶようになりました。

このように国の重大な改革が行われ、「談い山」や「談所ヶ森」と呼ばれるようになった多武峰が「談山神社」の社号の由来となっています。一生を国政に尽くしてきた中臣鎌足が思い病にかかると、天智天皇は彼を内大臣に任じ、藤原の姓を授けました。

その後、藤原鎌足公が亡くなると、唐に留学中だった長男の定慧和尚は帰国、そして藤原鎌足公の遺骨を摂津国阿威山から多武峰に移し、重要文化財である木造十三重塔を建てました。その後、弟の藤原不比等が本殿を建て、藤原鎌足公の像を安置して祀りました。

明治の初めに出された神仏分離令により、かつて「妙楽寺」という寺と一体だった「談山神社」は、現在のような神社のみが残る形となりました。

Thumb奈良の最強パワースポット巡り!恋愛運や金運アップの名所を厳選!
奈良と言えば古都の町として知られていて、東大寺や法隆寺などの有名な寺院や神社なども多く、古く...

「談山神社」の見どころ1:十三重塔

木造十三重塔として世界には類の無い「十三重塔」は、西暦678年に藤原鎌足の長男・定慧と次男・不比等が藤原鎌足の供養の為に立てた重要文化財に指定されている建築物です。唐の清涼山宝池院の塔がモデルとなっている、高さ約17メートルの現在の「十三重塔」は、1532年に再建された物で、伝統的な檜皮葺きの屋根が使用されています。

Thumb奈良の紅葉名所の見ごろは?ライトアップの時期や穴場も紹介!
奈良では10月中旬ごろから紅葉シーズンが始まり、例年11月上旬から下旬が見ごろとなります。こ...

「談山神社」の見どころ2:談山神社本殿

主祭神に藤原鎌足公を祀る「談山神社」の本殿は日本の神社建築様式の1つ春日造り(かすがづくり)となっていて重要文化財に指定されています。「春日大社」の神社建築様式として有名な春日造りは切妻造・妻入で曲線を描き、反っている屋根に特徴があります。

701年に建てられた極彩や模様、そして花鳥などの彫刻が繊細で美しい「談山神社」の本殿は、身舎正面の柱間が3間で4本の柱がある三間社春日造りとなっています。また、「日光東照宮」のモデルになった事でも有名な、現在の「談山神社」の本殿は1850年に建て替えられた物です。

Thumb奈良『春日大社』の御朱印や見どころは?アクセス&駐車場・ランチも!
奈良県奈良市にある春日大社は、全国に約1000社ある春日神社の総本社です。世界遺産にも登録さ...

「談山神社」の見どころ3:恋神社とむすびの岩座

「談山神社」には摂社として「東殿」があり、藤原鎌足公の正妻・鏡女王(かがみのおおきみ)が祀られています。実はこの東殿は「恋神社」とも呼ばれており、その社名の通り鏡女王は恋愛や結婚、人間関係などの縁結びや縁組みの神様として崇拝されています。「恋神社」に訪れる参拝者は、縁結びや縁組みの有難いご利益を頂く事ができます。

「恋神社」の看板が置いてある拝殿下の鳥居から、「恋神社」と呼ばれる「東殿」への道のりは「恋の道」と呼ばれています。万葉の歌人として有名だった鏡女王は、同じく万葉の歌人として有名だった額田王(ぬかたのおおきみ)の姉にあたります。鏡女王は当初、天智天皇の妃でしたが、その後、藤原鎌足公の正妻となりました。

鏡女王は夫である藤原鎌足公の病気平癒を祈願して、「興福寺」を建てた事でも有名です。縁結び祈願として人気のある可愛いデザインの鏡女王恋絵馬も参拝者に人気です。

また、「恋神社」の真横には「むすびの岩座(いわくら)」という神が宿る岩もあり、恋愛や人間関係、事業などの「むすびの願い事」を祈願して撫でると、願いを叶えてくれると言われています。是非、こちらの「むすびの岩座」も忘れずに撫でて、有難い「むすびの願い事」のご利益を頂いて下さい。

「むすびの岩座」にて祈願をした後、おみくじをひいたり、お守りを購入すると、より強力な「むすびの願い事」のパワーを頂けるそうです。

奈良の紅葉名所「談山神社」のご利益

中大兄皇子として有名な天智天皇と、後の藤原鎌足である中臣鎌足が「蹴鞠会」で出会い、国を大きく変えた「大化の改新」に繋がっていく蘇我蝦夷と入鹿親子を倒す為の談合をこの地でした事から、縁結びのご利益を頂く事ができると言われる様になりました。

「恋神社」と呼ばれる「東殿」には、藤原鎌足公の妻・鏡女王が祀られており恋愛や結婚、人間関係などの縁結びや縁組みのご利益を頂く事ができます。「恋神社」の真横にある「むすびの岩座」でも同じ「むすびの願い事」などのご利益を頂く事ができます。

「談山神社」では、縁結びのご利益がある可愛いイラスト入りの「鏡女王恋絵馬」400円、そして縁結びにご利益のある美しい紅葉のデザイン入りの「えんむすび守」600円を購入する事ができます。

奈良の紅葉名所「談山神社」の御朱印

「談山神社」では今、若い人からお年寄りまで人気の御朱印を頂く事ができます。「談山神社」の御朱印には、赤い「談山神社」の社名ハンコに談山明神と達筆な字で書かれた「談山神社」の御朱印、十三重塔のデザインの赤いハンコに神廟と達筆な字で書かれた「神廟」の御朱印など見事な御朱印を頂く事ができます。
 

また、藤原鎌足公の赤いハンコが押された神像の御朱印、赤いハンコの上に福禄寿神と達筆な字で書かれた御朱印など、全部で4種類の御朱印を「談山神社」の楼門の横にある授与所にて頂く事ができます。どの「談山神社」の御朱印も御朱印料300円となります。

Thumb奈良で御朱印巡りの旅!珍しい限定物や人気のかわいい御朱印帳を紹介!
奈良県内には有名な神社が多くあります。観光名所や人気のパワースポットとして知られる場所もあり...

奈良の紅葉名所「談山神社」で桜を楽しむ

奈良の紅葉名所として有名な「談山神社」では4月上旬から5月中旬にかけて「談山神社」の境内やその周辺にある約500本ものヤマザクラ・ソメイヨシノ・シダレザクラ・ウスズミザクラなどの桜の花が満開となり、美しい桜の花を楽しむ事ができます。この時期、毎年4月29日の昭和の日には「春のけまり祭り」が「けまりの庭」にて行われます。

「談山神社」が鎮座する多武峰は、吉野や長谷と共に桜の名所として有名です。特に、桜井市指定の天然記念物となっているウスズミ桜は樹齢600年で、「談山神社」の見どころの1つとなっています。「談山神社」では入山料として大人500円、小学生250円が掛かるので注意して下さい。

奈良の紅葉名所「談山神社」で紅葉を楽しむ

奈良の紅葉名所として有名な「談山神社」の紅葉の見頃は、11月中旬から12月上旬頃となっています。「談山神社」が鎮座する多武峰はこの時期になると辺り一面、約3000本ものカエデやモミジ、イチョウなどの紅葉で色とりどりの鮮やかな色で染まり、その美しさは「関西の日光」とも呼ばれています。

11月中旬から下旬頃は、「談山神社」では紅葉の夜間ライトアップが行われ、日中とは違う幻想的な雰囲気を楽しむ事ができます。「談山神社」では入山料として大人500円、小学生250円が掛かるので注意して下さい。またこの時期、毎年11月3日の文化の日には「秋のけまり祭り」が「けまりの庭」にて行われます。

「談山神社」周辺でランチを楽しむ1:グリル紅葉

「多武峰観光ホテル」の5階にある展望レストラン「グリル紅葉」は、レストランと言うより食堂と言う方が相応しい広い店内と、窓から見える絶景を誇るレストランです。「談山神社」から0.1kmという目と鼻の先にある「グリル紅葉」からは、「談山神社」の「十三重塔」が見えます。何種類か定食もあるので美味しいランチを楽しむ事ができます。

「グリル紅葉」では、ランチ以外にもケーキセットや、夏限定の「くずきり」も人気です。コーヒーや紅茶だけでも大丈夫なので、「談山神社」への参拝で歩き疲れた後にゆっくりと寛ぎたい時にピッタリです。

住所 奈良県桜井市多武峰432
電話番号 0744-49-0111

「談山神社」周辺でランチを楽しむ2:田舎茶屋・千恵

滋賀県から移築した築約150年の古民家を使用している「田舎茶屋・千恵」は、「談山神社」からは2.8kmの場所にある上品な味の懐石風コース料理を提供するお店です。繊細でちょっと贅沢な懐石風料理をランチに食べたい方にピッタリです。「田舎茶屋・千恵」の料理には、隣の畑で採れた新鮮な野菜や野山の山菜が使用されています。

「田舎茶屋・千恵」のおすすめランチコースは、懐石風コース料理となっている揚げ物コースの「おまかせ膳」3780円、焼物と揚げ物のコースの「おまかせ膳」4860円、焼物・鉢物・揚げ物のコースの「おまかせ膳」5940円の3種類のランチメニューから選べます。それぞれ先付・前菜・お造り・吸物・飯物・甘味などが付いてきます。

住所  奈良県桜井市高家350
電話番号 0744-43-0247

「談山神社」周辺でランチを楽しむ3:夢市茶屋

「石舞台古墳」の直ぐ隣の公園の一角にある「夢市茶屋」は、「談山神社」からは3.4kmの場所にあります。1階は土産屋、2階はレストランとなっている「夢市茶屋」は、古代米や産地の食材を使用した健康的な料理を提供しています。入口のレジで先ず注文をして、番号札を貰い席に座って自分の番号を呼ばれたら取りに行くシステムです。

この時期の「夢市茶屋」のおすすめランチは、山の芋100%のだんご・冬野菜・鶏肉を昆布だしで煮込んだ鍋料理「小雪鍋御膳」1080円、冬野菜・鶏肉を牛乳と鶏がらスープで煮込んだ鍋料理「飛鳥鍋御膳」1080円です。他にも持ち帰り用のランチ「聖徳弁当」860円や、「古代米おにぎり」360円もランチメニューとして人気です。

住所 奈良県高市郡明日香村島庄154-3
電話番号 0744-54-9450

「談山神社」周辺でランチを楽しむ4:Cafeことだま

奈良県明日香の「飛鳥寺」の近くにある「Cafeことだま」は、「談山神社」からは3.6kmですが無料駐車場があるので車でおいでの方にも便利です。暗めの照明で落ち着いた雰囲気の「Cafeことだま」のおすすめは、デザートと飲み物が付いた「ことだまランチ」で、メイン料理・肉味噌がのった雑穀ごはん・スープ・サラダ等が付いてきます。

「Cafeことだま」の「ことだまランチ」は、このボリュームで1620円!お腹が一杯になる事間違い無しです。また、「ことだまランチ」は数量限定の為、売れ切れになる事があります。必ず電話にて予約と確認の上、来店される事をおすすめ致します。

住所  奈良県高市郡明日香村岡1223
電話番号 0744-54-4010

奈良の紅葉名所「談山神社」の基本情報

「談山神社」の拝観時間受付時間は8時半から17時まで、最終受付は16時半までとなっています。「談山神社」の紅葉ライトアップ期間中の入山最終受付は18時半まで、建物拝観は19時まで、庭鑑賞のみは19時から20時までとなっています。

「談山神社」の拝観料は、中学生以上の大人が600円、小学生は300円、小学生未満は無料となっています。また、「談山神社」では入山料として大人500円、小学生250円が掛かるので注意して下さい。

住所 奈良県桜井市多武峰319
電話番号 0744-49-0001

奈良の紅葉名所「談山神社」へのアクセス方法

「談山神社」へのアクセス方法には、電車とバスによるアクセス方法と、車によるアクセス方法の2種類のアクセス方法があります。

では、電車によるアクセスの後、バスに乗り換えて「談山神社」までアクセスする方法を紹介します。先ず、近鉄大阪線・JR桜井線を使用して桜井駅までアクセスします。京都方面から電車でアクセスする場合は、近鉄京都線・大和八木駅にて乗り換えとなります。その後、桜井駅の桜井駅南口バス停から談山神社行か多武峰行のバスを使用します。

桜井駅からバスを使用する場合は桜井駅南口バス停から乗車して終点の「談山神社」で下車します。所要時間は約25分です。バス停から「談山神社」へは徒歩にて約5分です。桜井駅南口バス停から出るバスは1時間に1本や2時間に1本だったりするので、常時待機しているタクシーを使用すると便利です。春や秋の観光シーズンはバスの本数が増えます。

次に車による「談山神社」へのアクセス方法を紹介します。西名阪自動車道天理インターチェンジから国道169号線を南下して「談山神社」へアクセスの場合、所要時間は約50分となります。

奈良の紅葉名所「談山神社」の駐車場情報

「談山神社」へ車によるアクセスで来られる方の為に、「談山神社」には第1駐車場から第5駐車場まで全部で5つの駐車場があります。これらの駐車場はどれも広い駐車場となっており、全部で約200台の車両を駐車する事ができます。「談山神社」に一番近い駐車場は第5駐車場で、第1駐車場の隣には大型バス専用の駐車場があります。

「談山神社」の駐車場は普通車は無料、バスは2000円となっています。第1駐車場にはお土産屋とトイレがあるので便利です。ただ、春の桜の季節や秋の紅葉の季節などの観光シーズンには、「談山神社」の駐車場は満車となっている事が多いので、渋滞を避ける為にも朝の10時頃までに行かれる事をおすすめします。

「談山神社」の駐車場から約10分程歩くと「談山神社」に到着します。「談山神社」への道なりには、お土産屋や地元特産品などを扱う売店が立ち並んでいて賑やかです。また「談山神社」への道なりでは、重要文化財に指定されている後醍醐天皇御寄進の石灯籠も見る事ができます。

2019年は奈良の「談山神社」へ初詣に行ってみませんか?

奈良県の桜や紅葉の名所として有名な「談山神社」について紹介しましたがいかがでしたか?社殿の殆どが重要文化財に指定されている「談山神社」は恋愛や結婚、人間関係等の縁結びや縁組みのご利益を頂けるパワースポットとして人気があることが分かりました。2019年という新年を迎えるにあたり、「談山神社」へ初詣に行ってみませんか?

関連記事

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
ビジネスキー紀子

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ