奈良『箸墓古墳』のアクセス・おすすめ駐車場紹介!卑弥呼の墓って本当?

最近、卑弥呼の墓ではないかと話題になっているのが箸墓古墳です。本当に卑弥呼の墓なのか今後の研究が期待されます。さらに、日本の歴史上最大の謎、邪馬台国論争にも影響が出てきそうです。そんな、箸墓古墳について、歴史やアクセスや駐車場に周囲の池まで、調べてみましょう。

奈良『箸墓古墳』のアクセス・おすすめ駐車場紹介!卑弥呼の墓って本当?のイメージ

目次

  1. 1奈良県桜井市の箸墓古墳はミステリアス!
  2. 2箸墓古墳がある桜井市
  3. 3箸墓古墳を含む纏向遺跡は大和朝廷?
  4. 4歴史を誇る箸墓古墳は3世紀に造営
  5. 5箸墓古墳は宮内庁が厳格管理
  6. 6魅力たっぷり『日本書紀』の箸墓古墳の記述
  7. 7箸墓古墳と卑弥呼の関係は?
  8. 8箸墓古墳の箸中大池はため池100選の美しさ
  9. 9箸墓古墳へのアクセス
  10. 10箸墓古墳のお得な駐車場
  11. 11箸墓古墳近くのカフェの駐車場はおすすめ
  12. 12桜井市「埋蔵文化財センター」はおすすめの博物館
  13. 13箸墓古墳についての参考になる口コミ
  14. 14箸墓古墳のおすすめのお土産
  15. 15箸墓古墳はこれからが楽しみ!

奈良県桜井市の箸墓古墳はミステリアス!

奈良県桜井市にある、箸墓古墳(はしはかこふん)は卑弥呼の墓ともいわれていて、特に古代史好きな人々から注目を集めています。古代史にあまり興味がない方にも、邪馬台国論争に関係してくる卑弥呼の登場は、興味が湧いてくるはずです。そんな、箸墓古墳へのアクセスや駐車場や古墳周辺の池まで、おすすめ情報を詳しく調べてみましょう。

箸墓古墳がある桜井市

奈良県桜井市は、奈良県北部、奈良盆地南東部に位置しています。大和(やまと)川上流の初瀬川や、大和川支流の寺川が流れています。北東部は大和高原、南東部は竜門山地です。中世から市場町、また伊勢(いせ)街道の宿場町として発達しました。木材、木製品製造業がさかんで、名産品に三輪(みわ)そうめんがあります。

古代大和文化の発祥地の一つで、箸墓古墳だけでなく、多くの古墳があり、古墳や遺跡から出土した貴重な埋蔵品は桜井市埋蔵文化財センターに収蔵されています。

また、古寺や古社も多く、国宝や国指定の重要文化財も多数あります。古来、桜井市の地域が本来のヤマトの地であったともいわれています。

箸墓古墳を含む纏向遺跡は大和朝廷?

箸墓古墳がある一帯を、纒向遺跡(まきむくいせき)といわれています。弥生時代の末期から古墳時代前期にかけての集落の遺跡もあり、国の史跡に指定されています。 

纒向遺跡には20数基の古墳が存在し、大和朝廷の発祥の地という研究者もいます。前方後円墳と判別できる古墳として、箸墓古墳、纒向石塚古墳、矢塚古墳、勝山古墳、東田大塚古墳、ホケノ山古墳があります。これらの古墳は「纒向古墳群」と総称されています。

3世紀に始まる遺跡郡で、一帯が前方後円墳発祥の地とする学者もいます。さらに、この地域を邪馬台国の中心地とする学説もあります。

歴史を誇る箸墓古墳は3世紀に造営

奈良県桜井市にある箸墓古墳は、全長約276メートルの前方後円墳です。宮内庁が第7代孝霊天皇(こうれいてんのう)の皇女の墓として管理しています。巨大古墳の中では最も古く、3世紀後半から3世紀末の古墳とされていますが、古墳から出土した土器などの年代鑑定では、卑弥呼の没年とリンクする3世紀中ごろに築かれたと考える研究者もいます。

近年、分析装置の解析度が進み、発掘された土器の年代分析などで、造られた時代の特定がいっそう正確になってきています。

箸墓古墳についても、造営時期が3世紀中ごろまで遡る可能性が高まり、248年頃に亡くなったとされる卑弥呼の墓として有力視している研究者がいます。ただし、現在まで箸墓古墳の正確な発掘調査は実施されていません。

箸墓古墳は宮内庁が厳格管理

邪馬台国の女王卑弥呼の墓という説もある箸墓古墳は、最初の大王墓といわれていいます。現在は、倭迹迹日百襲姫命(やまとととひももそひめのみこと/やまとととびももそひめのみこと)の墓で、大市墓として宮内庁で管理されています。 

箸墓古墳の全長は、276メートル、後円部の径は約156メートル、高さが約26メートル、前方部の幅が約130メートル、高さは約17メートルあります。後円部は5段、前方部は4段の築成と推測されています。表面には葺石(ふきいし)が確認されています。

特殊器台形埴輪や二重口縁壺の破片などが採集されてます。古墳の墳丘周辺部は発掘調査が行われ、墳丘と外堤を結ぶ渡り堤が確認されています。調査により採集された埴輪や周濠部から出土した土師器などから、前方後円墳としては最も古い時代で3世紀中頃から後半の築造と推定されています。

魅力たっぷり『日本書紀』の箸墓古墳の記述

箸墓古墳について、『日本書紀』には、倭迹々日百襲姫命の墓で崇神天皇のころの築造と書かれています。箸墓古墳は、昼は人が、夜は神が造ったという言い伝えがあります。それにまつわる、悲しい言い伝えも残っています。

倭迹々日百襲姫命(やまとととひももそひめのみこと)は、大物主神(おおものぬしのかみ)の妻になりました。大物主神は、決して昼間は、妻の元へ訪ねてきませんでした。夜来て、夜のうちに帰っていきました。倭迹々姫命は涙ながらに夫に、はっきりとご尊顔やお姿を見たく、朝までいて欲しいと訴えました。

大物主神は、姫からのたってのお願い、申し入れに応えようと「明日の朝、あなたの櫛の引き出し(櫛笥)に入っておくから、どんなことがあっても、決して驚かないように」と、断りを入れて、朝までいました。翌朝、倭迹々姫命が櫛笥を開くと、麗しい小さな蛇がいました。 

その姿や小ささに、倭迹々姫命は驚いて叫んでしまいました。大物主神も、恥ずかしく惨めな思いになり、すぐに人の姿になり、大空を駈けて山に登っていきました。

その一部始終を見た倭迹々姫命は驚き、後悔し、嘆いて倒れ込み、はずみで、箸で陰部(ホト=女性器)をついて亡くなりました。悲しい話です。

箸墓古墳と卑弥呼の関係は?

箸墓古墳を卑弥呼の墓とする説が根強くあります。そこから、邪馬台国畿内説に繋がっていきます。では、箸墓古墳が卑弥呼の墓と推論される根拠について調べてみましょう。学術レベルまでは到底無理ですが、豆知識として、友人や職場の仲間には披露できるレベルまで紹介します。

弥生時代の年代修正

卑弥呼が死亡したのは、『魏志倭人伝』などの文献があり、3世紀中ごろの247年か248年になっています。一方で、従来、古墳が造営された古墳時代の始まりは、3世紀末とされ、おおよそ280年ごろとするのが、考古学界の一般的な見解でし た。そこから邪馬台国も卑弥呼も、古墳時とはあまり関係がない、少し前の時代と思われていました。

最近、年輪年代法の解析が進歩し、古墳の出土物の調査で、近畿の弥生中期、後期の年代を見直す動きが進んでいます。

最近の学説では、古墳時代の開始を3世紀の中ごろとするのが大勢になりつつあります。そうなると、卑弥呼の死亡(247~248年)時期と、一致するように考えることもできます。

そこから、卑弥呼が死んで葬られた墓が、日本で最初に造られた巨大な前方後円墳ではないかという推論もでてきました。

その見解からいくと、日本で最初の巨大な前方後円墳である箸墓古墳が卑弥呼の墓とする見方が注目され始めています。そこから、箸墓古墳=卑弥呼の墓という見方が広まっていったようです。

魏志倭人伝の記述と箸墓古墳の符合

箸墓古墳を卑弥呼の墓とする考え方には、別な観点からのアプローチもあります。箸墓古墳に埋葬されたといわれる、百襲姫と卑弥呼のシャーマン的な存在が共通しています。さらに、箸墓古墳の後円部の大きさが、『魏志倭人伝』にある卑弥呼の墓の大きさと、極めて類似した大きさであるという見解です。

『魏志倭人伝』には、卑弥呼の墓の大きさについて「径百余歩」と記されています。百余歩とは、当時の中国の距離の単位で計算すると、現在の長さでは約150メートルになります。

箸墓古墳の後円部の長さは、約160メートルで、その差は誤差の範囲です。そもそも、それほどの大きさの墓は、その時代に、そうそう多くあったとも考えにくく、同一であると推論する可能性は出てきます。

少し疑問視されていポイント

箸墓古墳=卑弥呼の墓、その見解に疑問となる点もあります。箸墓古墳周辺から出土した土器のなかに、「布留0式」といわれている、土器が含まれている点です。

「布留0式」が西暦でいえば、おおよそ、3世紀後半から4世紀にかけて使われたという意見が一般的です。その説であれば、3世紀前半に死んだ卑弥呼の墓に、4世紀の土器が埋葬されているという事になるので、箸墓古墳=卑弥呼の墓は、少し不自然ともいえます。どちらにしても、今後の科学の進歩と研究の成果を待ちましょう。

箸墓古墳の箸中大池はため池100選の美しさ

箸墓古墳の周囲の堀は、完成した当時と少し形が変わっていますが、今でも、「箸中大池」として残っています。その景観の見事さから、平成22年(2010年)に農林水産省のため池百選に選定されています。

箸中大池は大きさが、3.1ヘクタールあります。正確な築造年代は不明です。場所は、箸中古墳に隣接していて、アクセスはJR桜井線の巻向駅から南へ700メートルです。

平成30年(2018年)、新春に放送予定だった、テレビ東京の人気番組「池の水ぜんぶ抜く作戦」で、 箸中大池の水を抜く番組が予定されていましたが、重要な文化財に当たる池を、宝探し的な企画で水抜きする番組に対して、地元自治体が疑問を呈し収録が中止になっています。古代から続く池です、正しい判断だと思われます。

箸墓古墳へのアクセス

箸墓古墳へのアクセスは、公共交通機関を利用するか車を利用してアクセスします。公共交通機関の鉄道で、箸墓古墳へアクセスする場合は、JRの桜井線にある巻向駅が最寄り駅になります。駅から箸墓古墳までは徒歩で約10分で箸墓古墳にアクセスできます。

車で、箸墓古墳にアクセスする場合は、西名阪道の天理ICを下りて、国道169号線経由で、約10キロメートル、道路状況によりますが約20分でアクセスできます。

箸墓古墳のお得な駐車場

箸墓古墳には専用の駐車場はありません。車で箸墓古墳を観光する人は多いのですが、駐車場の情報はあまり詳しくありません。情報では箸墓古墳の近くの花屋さんの隣に、観光者用に無料で駐車ができる駐車場があるそうです。奈良名物、三輪そうめん山本の従業員駐車場の隣になります。

正式な駐車場ではありませんが、周濠側の道路に停車が可能になるスペースがあります。 しかし、何かあっても完全に自己責任になる駐車場です。

箸墓古墳近くのカフェの駐車場はおすすめ

箸墓古墳に駐車場は無いのですが、箸墓古墳の近くにある「ひみこの庭」というカフェがあり、そのお店の駐車場が利用できます。駐車場料金が100円かかります。カフェを利用すると駐車場代はかかりません。因みに、お店は翡翠磨きの工房で、翡翠磨きの体験コーナーもあるそうです。箸墓古墳の北側になります。

住所 奈良県桜井市箸中772-1
電話番号 0744-46-0570

桜井市「埋蔵文化財センター」はおすすめの博物館

桜井市には、数限りない貴重な文化遺産が残っています。その文化遺産の保護および調査・研究と管理、展示を行う施設として、「埋蔵文化財センター」が、昭和63年(1988年)に建設されています。土器や石器などの遺跡の出土品から、原始時代から古代、中世までの遺跡資料などが時代ごとに展示してあります。

展示室の入館時間は、午前9時~午後4時までです。毎週月曜日、火曜日と祝日の翌日は休館日です。入館料は、大人200円、小人100円です。桜井市立埋蔵文化財センターで、さらに深く箸墓古墳が理解できそうです。

住所 奈良県桜井市芝58番地2
電話番号 0744-42-6005

箸墓古墳についての参考になる口コミ

箸墓古墳については、様々な口コミがあります。直接、古墳に立ち入ってじっくりと観光することはできませんが、箸墓古墳に出向き、少し離れて古墳を眺めた人だけが感じた感想が書き込まれています。参考にできる内容でおすすめです。

箸墓古墳を、そうめんで有名な三輪山本から見ると、前方後円墳がよくわかります。周囲は池になっていて、そばに近寄れませんが、反対側は田んぼが古墳に隣接して、道路に沿って古墳が見学できます。古墳を実感できます。

纒向遺跡の中にある、日本史の教科書にも出てくる古墳です。巨大古墳は全体を俯瞰できないのが難点です。ベストビュースポットもなかなか見つかりません。

国道169号線の箸中交差点から山側に入ると池に囲まれた箸墓古墳が見えます。拝所があり、宮内庁管理で「大市墓」として、第7代考霊天皇皇女倭迩迩日百襲姫命の墓と治定されています。あたりは、纏向遺跡で古墳が多く、ロマンが溢れ雄大な景観で落着けます。

山の辺の道に、いくつかの古墳があり、際だって大きな古墳が「箸墓古墳」です。古墳の中にアクセスできませんが、緑豊かなスポットになっています。

Thumb奈良で古墳めぐりを満喫!有名スポットから博物館・おすすめ壁画も解説!
日本の古代史といえば奈良県が有名です。日本は奈良からスタートしたといってもよいくらいです。奈...

箸墓古墳のおすすめのお土産

箸墓古墳がある桜井市は、歴史ある街だけに様々な美味しいお土産があります。お店も歴史が息づいている名店が多くあります。そんな中から、箸墓古墳をじっくりと観光した後に、桜井市を散策しながら選べる、おすすめのお土産を選びましょう。人気の銘菓や名品があります。

桜井市のおすすめお土産1:吉方庵 本店「いわれ」

吉方庵本店さんは、昭和39年(1964年)11月に創業した老舗和菓子店です。餡にこだわり、和菓子の製造、販売をされています。自然なおいしさを大切にしたお菓子で、看板商品「いわれ」は、生クリームを入れた黄味餡を、バターとミルクをふんだんに使ったソフトな生地で包み焼き上げています。

住所 奈良県桜井市上之庄692-1
電話番号 0744-43-2306

桜井市のおすすめお土産2:白玉屋榮壽の最中「みむろ」

「白玉屋榮壽(しらたまやえいじゅ)」さんは、弘化元年(1844年)に、創業した、ウルトラ老舗の和菓子店です。大神神社の御菓子調進司を承る名店です。特産大納言小豆の餡が程よい甘さの上品な最中が、人気の「みむろ」です。箸墓古墳や桜井市のお土産に最適の品です。

住所 奈良県桜井市三輪 三輪明神大鳥居前
電話番号 0744-43-3668

桜井市のおすすめお土産3:三輪そうめん

桜井市のお土産といえば、やはり、そうめんです。そうめん発祥の地といわれる三輪地域は桜井市になります。全国に知られる「三輪そうめん」の里です。そうめんの歴史は古く、今から1200年以上前に遡ります。

桜井市三輪にある日本最古の神社の一つといわれる「大神神社(おおみわじんじゃ)」の宮司の家族が、三輪の地が小麦の栽培に最適であり、さらに清らかな水に恵まれ、小麦を育て、そうめんを作ったのが三輪そうめんの起源といわれています。桜井市各所で求められます。外れの無いおすすめのお土産です。

Thumb奈良市の人気居酒屋11選!個室がおすすめや安い&一人向けなおすすめ店は?
奈良市といえば、東大寺の大仏など歴史的観光スポットが充実している大人気エリア。ここではそんな...

箸墓古墳はこれからが楽しみ!

箸墓古墳は、卑弥呼の墓の可能性があり、これからが楽しみな古墳です。箸墓古墳をたずねてみると、古代史がいっそう楽しくなってきます。歴史ある街でおすすめのお土産もあり、訪ねて楽しい街です。これから、箸墓古墳の研究は進み、話題になります。そんな、箸墓古墳に出かけましょう。

関連記事

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
yuribayashi

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ