不動明王の真言の効果や唱え方は?ご利益のあるおすすめスポットも紹介!

不動明王の真言は、いろんなご利益があり効果が絶大な言霊として有名です。その真言はどんな唱え方なのでしょうか。またいったいどんな効果があるのでしょうか。不動明王の真言に効果や唱え方について、ご利益があるおすすめスポットとあわせてご紹介します。

不動明王の真言の効果や唱え方は?ご利益のあるおすすめスポットも紹介!のイメージ

目次

  1. 1不動明王の真言は効果絶大な言霊!
  2. 2不動明王とは?
  3. 3真言とはどういうもの?
  4. 4不動明王の真言はどういうものがある?
  5. 5不動明王の真言の唱え方
  6. 6不動明王の真言の効果
  7. 7不動明王の真言のご利益があるおすすめスポット1:瑞巌寺
  8. 8不動明王の真言のご利益があるおすすめスポット2:成田山新勝寺
  9. 9不動明王の真言のご利益があるおすすめスポット3:目黒不動尊
  10. 10不動明王の真言のご利益があるおすすめスポット4:大山寺
  11. 11不動明王の真言のご利益があるおすすめスポット5:東寺
  12. 12不動明王の真言のご利益があるおすすめスポット6:高野山金剛峰寺
  13. 13不動明王の真言のご利益があるおすすめスポット7:蓮台寺
  14. 14不動明王の真言のご利益があるおすすめスポット8:木原不動尊
  15. 15言霊である不動明王の真言を唱えてご利益を受けよう!

不動明王の真言は効果絶大な言霊!

不動明王の真言は古くから唱えられている言霊です。その効果はとても大きく、幾度となく日本を守ってきたと言われているほどなのです。

それほどの効果のある不動明王の真言とはいったいどのようなものなのでしょうか。実際にどのような効果があり、どういう唱え方をすればいいのでしょうか。今回は不動明王の真言について、効果や唱え方、そして不動明王をご本尊としているおすすめスポットをご紹介します。

不動明王とは?

不動明王の真言がどのようなものか知る前に、まず「不動明王」とはどんな神様なのかを知っておきましょう。不動明王は、サンスクリット語では「アチャラナータ」と言います。呪文の王者を意味していて、密教における称号の一つである「明王」の中の一人とされている仏教の神様なのです。

不動明王は明王の中でも特に力のある五大明王の中心とされていて、真言宗をはじめ禅宗や日蓮宗、天台宗、そして日本独自の民族宗教である修験道などにおいて広く信仰されています。

真言密教のご本尊は大日如来ですが、不動明王はその大日如来の化身とも言われていて、「お不動さん」や「不動尊」などという名で人々から親しまれています。

不動明王像は基本的に怒った表情をしていて、背景には炎が表現されています。また顔は1つで腕は2本、右手に悪魔や人々の煩悩を断ち切る剣を持ち、左手に悪を縛ったり人々を救い出すための縄のような羂索(けんさく)を持っているものがほとんどです。

真言とはどういうもの?

次に仏教に詳しい人でない限り、あまり聞きなれない言葉が「真言」です。真言とはいったい何なのでしょうか。「真言」とはサンスクリット語で「マントラ」といい、「真実の言葉、秘密の言葉」という意味を持っています。

真言宗の真言はこのマントラを意味していますが、真言を唱えるのは真言宗だけでなく、多くの仏教宗派において唱えられています。それぞれの仏や宗派によって真言は異なり、真言の意味を理解するというよりは、その真言自体を唱え続けることでご利益の効果を得るという、まさに「言霊」なのです。

不動明王の真言はどういうものがある?

不動明王の真言は長さの違うものがいくつかあります。不動真言として一般的に知られているのが「ノウマク サンマンダ バザラダン カン」というものです。次に長いものが「ノウマク サンマンダ バサラダン センダンマカロシャダヤ ソハタヤ ウンタラタ カンマン」です。

そして最も長いものが「ノウマク サラバタタギャテイビャク サラバボッケイビャク サラバタタラタ センダマカロシャダ ケンギャキギャキ サラバビギナン ウンタラタ カンマン」という真言です。

長いものを覚えるのはかなり大変なので、まずは短いもの、中間のものから覚えましょう。この真言の意味は「激しく大いなる怒りを表す姿をしていて、とても大きな力を示される不動明王よ。私の迷いを打ち砕き、障害を取り除いてください。そしてどうか私の願いを叶えてください。」となります。

不動明王の真言の唱え方

不動明王の真言はどんな唱え方なのでしょうか。より効果を得られる唱え方をご紹介します。その前にまず密教について知っておきましょう。密教の教えの中で大切と言われているのが「三密」です。三密とは「身」「口」「意」を表します。

「身」とは手で印を結ぶこと、「口」とは真言を唱えること、「意」とは自分と仏様が一体となることを示しています。要は「手で印を結び真言を唱えると、仏様から力を得ることができますよ」という教えなのです。

しかし一般の人にはかなり難しいことなのです。そのため僧侶ではない一般の人々はそんな難しいことを考えずに、真言を唱えるだけで仏様からの力をいただくことができると言われています。

不動明王の真言は言霊が宿っているので唱えるだけでも効果はあるのですが、より効果を得られる唱え方があります。それは目を閉じて瞑想しながら唱えるという唱え方です。呼吸を整えて背筋を伸ばし、瞑想しながら頭に不動明王を思い浮かべながら真言を唱えると、より大きな力をもらうことができると言われています。

大きな声で繰り返すといった唱え方にはあまり効果がなく、心を落ち着けて祈るように真言を繰り返すという唱え方の方が、より言霊が宿り力を得られるのです。

不動明王の真言の効果

不動明王の真言にはどのような効果があるのでしょうか。不動明王の真言には様々な効果があると言われています。主には悪霊退散、商売繁盛、除災招福、出世などが挙げられます。日本の歴史でも、元寇の際には不動明王の真言により追い払ったと言われるほどなのです。

それほど力のある不動明王の真言なので、何かを成し遂げる力が欲しい、最近運がなく厄払いをしたいなどというときにぜひ言霊の宿った真言を唱えて不動明王から力をもらいましょう。

不動明王の真言のご利益があるおすすめスポット1:瑞巌寺

ここからは不動明王をお祀りしていて、よりご利益が受けられるとされるおすすめスポットをご紹介します。まずご紹介するのが「瑞巌寺(ずいがんじ)」です。瑞巌寺は日本三景の一つである宮城県の松島にあるお寺です。正式名称は「松島青龍山瑞巌円福禅寺」といいます。

平安時代にこの地に建てられた天台宗のお寺である延福寺が、瑞巌寺の前身となるお寺であると言われています。鎌倉時代に一度お寺は潰れてしまいましたが、その後禅宗のお寺として再建されました。

戦国時代には戦火に巻き込まれふたたび廃墟っとなってしまいましたが、その後また再建され臨済宗の寺院として蘇ったのです。その再建に携わったのが、武将としても名高い伊達政宗です。伊達政宗のおかげで、現在の臨済宗としての瑞巌寺が完成しました。

瑞巌寺にある五大堂の中には五大明王が安置されていて、その中には不動明王もお祀りされています。この五大明王は平安時代に手彫りで作られたもので、33年に一度のみ開帳されることになっています。次は2039年の予定です。

不動明王の姿を安易に見ることはできませんが、ぜひ不動明王の真言を瑞巌寺五大堂の前でお唱えして、不動明王から大きな力をもらいましょう。

不動明王の真言のご利益があるおすすめスポット2:成田山新勝寺

「成田山新勝寺」は、千葉県成田市にある真言宗の寺院です。全国的にも有名なお寺で、初詣の参拝数の多い神社・寺院で全国第2位にも選ばれたことがあるほどなのです。

成田山新勝寺のご本尊は不動明王で、不動明王を信仰している人々の中心地とも言える場所なのです。そのため成田山新勝寺は「成田不動」や「お不動さん」という名前でも親しまれています。まさに不動明王の真言なパワーを最も受けられる場所と言っても過言ではないほどなのです。

成田山新勝寺の創建は、平安時代の平将門の乱まで遡ります。当時の朝廷は関東を守り戦いに勝つことを祈願するために、真言宗の開祖である弘法大師が作った不動明王を京都から持ってきてほしいと依頼しました。

不動明王を成田山に安置しご祈祷したところ、その願いが叶って平将門の乱は静まりました。その後再び京都の地に不動明王を持ち帰ろうとしたところ、不動明王が成田山から動こうとしなかったのです。そのためその地に成田山新勝寺が建てられました。

成田山新勝寺では、御祈祷の際にも不動明王の真言がお唱えされています。おめでたいことがあった時、厄年のときなど、ぜひ御祈祷を受けてみてはいかがでしょうか。またもちろん成田山新勝寺を訪れたときには、ぜひ自分でも真言を唱えてみましょう。言霊が宿って、成田山のお不動さんが強い力を分けてくれるでしょう。

Thumb成田山新勝寺のアクセス・観光の見どころまとめ!人気のグルメやお土産も!
成田山新勝寺は有名ですが、アクセスは電車か車どちらが便利なんでしょう。アクセスを一つ間違えれ...
Thumb成田山新勝寺の御朱印巡りガイド!全6種類の受付場所や時間を完全網羅!
千葉県にある成田山新勝寺は、初詣や節分会の豆まきなど多くの方が訪れています。実は成田山新勝寺...

不動明王の真言のご利益があるおすすめスポット3:目黒不動尊

「目黒不動尊」は、正式には「瀧泉寺(りゅうせんじ)」という東京都目黒区にある天台宗の寺院です。江戸三大不動のひとつであり、不動明王がお祀りされている寺院の中でも特に有名なお寺なのです。

平安時代、当時まだ若かった慈覚大師が比叡山にいる最澄の元を訪れる時に夢をみました。右手に剣を、左手に縄を持った神は慈覚大師に「私はこの地の悪を退散させ、国を平和にしようと思う。もしこの地に来て私に拝めば、願い事を叶えよう」と言ったそうです。

夢から覚めた慈覚大師は自らの手で夢に出てきた神を彫刻で造り、それが現在のご本尊である目黒不動尊であるという言い伝えがあります。

目黒不動尊を訪れたら、ぜひ不動明王の真言をお唱えして、願いを叶えてもらいましょう。また目黒不動尊には、江戸時代の蘭学者でサツマイモを世に広めたと言われている青木昆陽のお墓もあります。国指定の史跡にもなっているので、一緒にみていってはいかがでしょうか。

不動明王の真言のご利益があるおすすめスポット4:大山寺

「大山寺」は神奈川県伊勢原市にある真言宗の寺院です。「大山不動」という名前でも知られていて、関東三大不動の一つにもなっています。ご本尊はもちろん不動明王で、鉄で作られた不動明王像は国の重要文化財にも指定されています。

大山寺の前身となるお寺は、奈良時代に聖武天皇の名によって建てられた寺院が起源となっています。鎌倉時代に入り鉄の不動明王が作られ、ご本尊となりました。波形の炎が大きく燃え上がるように作られていて、いかにもパワーを持っていそうな感じのする不動明王となっています。

大山寺では毎日真言密教の修行の一つでもある護摩祈祷が行われています。このとき不動明王の真言も一緒にお唱えされています。御祈祷をされる人もされない人も、ぜひ大山寺を訪れて言霊を宿した不動明王の真言をお唱えして、不動明王から大きな力を分けてもらいましょう。

不動明王の真言のご利益があるおすすめスポット5:東寺

「東寺」は京都市南区にある真言宗の寺院です。「教王護国寺」とも呼ばれている東寺は、「古都京都の文化財」として世界遺産にも登録されている全国的にも有名なお寺なのです。東寺は平安時代に、京都の守護のために作られたお寺です。その後弘法大師の手に渡り、真言密教の根本道場として使用されるようになりました。

現在も平安時代当時の規模と同じくらいの大きさを保っていて、桜や紅葉の名所としても人気を博しています。また京都のシンボルとも言える五重塔があることでも有名です。

東寺の講堂は重要文化財にも指定されていて、その講堂の中にはたくさんの仏様とともに不動明王が安置されています。また御影堂にも秘仏であり見ることはできませんが不動明王像が安置されています。

1つの寺院に2つの不動明王が安置されていることはほとんどなく、東寺は不動明王の力をたくさん受けることができる寺院なのです。ぜひ東寺を訪れて、不動明王の真言を唱えてみましょう。きっと言霊の力が助けてくれるでしょう。

不動明王の真言のご利益があるおすすめスポット6:高野山金剛峰寺

高野山金剛峰寺は、和歌山県高野山にある真言宗のお寺です。真言宗の開祖である弘法大師が開いたお寺で、真言密教の聖地とも言われています。弘法大師は修行のため唐にに渡り、平安時代になって日本に帰ってきました。その後高野山の地を賜り、そこで真言密教の教えを説いたのです。

金剛峰寺には「不動堂」というお堂があります。12世紀に作られたものが最初で、現在残されているものは14世紀に再建されたもので国宝にもなっています。中には重要文化財である不動明王像が安置されていました。不動明王は現在は霊宝館に移されています。

パワースポットとしても知られている真言密教の開かれた地で、不動明王の真言を唱えてたくさんの力を授けてもらいましょう。

Thumb高野山の空海伝説に迫る!奥の院で毎日食事を届ける「生身供」が見もの!
和歌山県の高野山は世界遺産にも登録された観光地でもあり、仏教の聖地でもあります。ここには現在...

不動明王の真言のご利益があるおすすめスポット7:蓮台寺

「蓮台寺」は、岡山県倉敷市にある真言宗の寺院です。奈良時代に行基によって創建されたとされる蓮台寺はは何度か衰退を繰り返しましたが、現在は年間40万人もの人々が参拝に訪れています。

蓮台寺の不動明王は2007年という近年に作られたものです。高さ7メートルを超える巨大な不動明王像は、日本最大級の木造仏であると言われています。大きな不動明王はその分、効果も絶大です。ぜひ蓮台寺を訪れて不動明王の真言を唱えてみましょう。

不動明王の真言のご利益があるおすすめスポット8:木原不動尊

「木原不動尊」は正式名称を「雁回山(がんかいざん)長寿寺」という天台宗のお寺です。比叡山延暦寺の末寺で、成田山新勝寺、目黒不動尊とともに日本三大不動尊の一つとされています。

8世紀から9世紀にかけて最澄によって建てられたとされる木原不動尊は、何度か力を失いましたが再興され現在に至ります。ご本尊は最澄自身が作ったとされる不動明王像です。木原不動尊の不動明王は、その昔干ばつに苦しんだ人々を救ったという言い伝えから、「水引不動」とも言われています。

言霊である不動明王の真言を唱えてご利益を受けよう!

不動明王の真言についてのご紹介、いかがでしたか?不動明王の真言はまさに言霊で、ものすごいパワーを秘めています。もし困ったことがあったり力が欲しいときには、ぜひ不動明王を真言をお唱えして、力を分けてもらいましょう。

そして不動明王をお祀りしているスポットは全国にもたくさんあるので、ぜひ不動明王の近くで真言を唱えて、より強いご利益を受けましょう。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
りん

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ