「岩戸神社」は大阪八尾のパワースポット!ご利益や見どころは?

岩戸神社は大阪の八尾市にある神社で同じ敷地内に天照大神高座神社もある歴史ある神社です。御神体が岩戸神社がある岩山全てという古いスタイルの岩戸神社は同時に仏教も混ざった神仏習合の神社で、すごく癒される神社として知られています。その岩戸神社についてご紹介します。

「岩戸神社」は大阪八尾のパワースポット!ご利益や見どころは?のイメージ

目次

  1. 1大阪の岩戸神社について御紹介
  2. 2大阪の岩戸神社はどんな神社
  3. 3大阪の岩戸神社の歴史
  4. 4大阪の岩戸神社と天照大神高座神社はセット
  5. 5大阪の岩戸神社と天照大神高座神社の祭神
  6. 6大阪の岩戸神社の見どころ
  7. 7大阪の岩戸神社の横の天照大神高座神社
  8. 8大阪の岩戸神社は強力なパワースポット
  9. 9大阪の岩戸神社の枯れない滝
  10. 10大阪の岩戸神社の神仏習合のなごり
  11. 11大阪の岩戸神社はおすすめのパワースポット
  12. 12大阪の岩戸神社の御朱印
  13. 13大阪の岩戸神社への行き方
  14. 14大阪の岩戸神社での注意
  15. 15大阪の岩戸神社へ行ってみましょう

大阪の岩戸神社について御紹介

大阪八尾市にある岩戸神社は訪れる方は少ないですが、歴史のあるすごく古い神社です。そして参道を挟んだ向かえに天照大神高座神社があり、知らない人が行くと違う神社だとは思わないほどすぐ横にあります。景色の良さや、境内の空気などの感じなどから訪れる方を癒す事で知られおすすめのパワースポットの神社、岩戸神社についてご紹介します。

大阪の岩戸神社はどんな神社

岩戸神社と言うと、長崎の有名なパワースポットで人気の岩戸神社を思い浮かべる方が多いはず。しかし大阪にもある岩戸神社も、隠れた癒しのパワースポットとして密かな人気を持つ神社です。

岩戸神社は、八尾市にある奈良の信貴山の大阪方面にある高安山の中にあって、同じ敷地内というか、同じ境内に天照大神高座神社と一緒にあります。

岩戸神社は同じ境内のなかにある天照大神高座神社と同じで、すごく歴史が古い神社で、御神体が岩戸神社がある岩山全部で、初期の神社の原始的な信仰形式の神社です。しかし、日本でも最古と言われるほど古い神社というのは、本殿がほとんどないのですが、岩戸神社の本殿の置かれてる場所は拝殿する場所からみると、すごく上にある岩盤のところに本殿があります。

天照大神高座神社の末社となってる

岩戸神社は、御祭神は岩谷弁財天で、今現在は御神体と言うと岩山全てですが、その昔はこの弁財天が御神体としてありました。

しかし、弁財天というのは、もともとが日本ではなく、インドの神様でヒンズー教における女神の事で、神社と言っても、日本の仏教のお寺のような感じでした

しばらくはインドの弁財天があり、天照大神高座神社と同じように神仏習合としてはいましたが、神仏の習合が今のように分かれると弁財天像は岩戸神社のすぐ近くにある教興寺へ移り、岩戸神社は祭神を日本の水神である市杵島姫命をまつる神社となって、天照大神高座神社の末社という形になりました。

Thumb大阪のパワースポットといえば神社!縁結びや金運アップなど人気スポット紹介!
歴史ある街、大阪には神社が数多くあります。それぞれの神社に由緒来歴があり、金運、縁結び、開運...

大阪の岩戸神社の歴史

大阪の八尾市にある岩戸神社は、もともとあった天照大神高座神社へ参詣に来ていた空海が、天照大神の御託宣を受けたことにより、今の場所に造られました。

その時に空海は、日本の神や仏ではなく、インドの神である河神の弁財天を祀ったことが、お寺のような雰囲気になった始まりです。この弁財天を祀ったことで、天照大神高座神社では、この日本では仏扱いの弁財天を天照大神などの神と同じに祭神として祀ります。

江戸時代には、大阪の人達からも商売繁盛の神様として人気があり、信仰もあったそうですが、明治に入ると、今の形式である神と仏を別とするようになり、弁財天は教興寺へ移され、岩戸神社では日本の水神である市杵島姫命を祭神としている神社として、今の姿になりました。

空海によって弁財天は仏に

弁財天は、本来ヒンズー教の女神であって、吉祥天と同じ神とされています。ヒンズー教のサラスヴァティが仏教ということで神ではなく仏として空海によって取り込まれたようで、もともと神だった弁財天は空海により仏教の存在になりました。

ちなみに、ヒンズー教の女神と吉祥天が同一として見られていますが、日本神話でも登場する三女神の一人である市杵島姫命も実は同一として見られています。

大阪の岩戸神社と天照大神高座神社はセット

岩戸神社と天照大神高座神社は、いまでこそ別々の神社として八尾市のこの場所にありますが、もともとは同じ祭神を祀り、二社ともに区別はなく、同じ神社でした。しかし、歴史の中で別々の祭神を祀るということで、別の神社としてあります。

しかし、祭神は違いますが、御神体はともに、この岩山であり、拝殿も同じように古来の原始的なスタイルで、神社の始まりのスタイルであるのは同じです。

同じ境内というのも確かにありますが、それでも、この場所というのもあり、この2つの神社は基本的にセットで考えられていて、岩戸神社の歴史などでは、天照大神高座神社は切っても切れない重要な存在であります。

大阪の岩戸神社と天照大神高座神社の祭神

八尾市にある岩戸神社と天照大神高座神社では御神体は岩山全部が御神体となっていて、ほかに祭神が祀られています

祀られているのは、まず岩戸神社では市杵島姫命が祭神として祀られています。これは、岩屋弁財天と呼ばれたり、岩谷弁財天とも呼ばれたりします。

そして、天照大神高座神社の祭神は、まずメインに天照大神があり、そして高皇産霊大神が祀られています。さらに、伊勢津姫命と伊勢津彦命の二体が祀られて、全部で四つの祭神がおかれています。

大阪の岩戸神社の見どころ

大阪の八尾にある岩戸神社の見どころですが、2つの神社があると言っても結構こじんまりというか、敷地は狭いです。車で行く場合も車道が狭くなっているので、車でいくというなら普通の車両よりも軽自動車など小さな車だと楽でおすすめです。

まずは、この場所から見れる景色です。この景色はここを訪れた方の全員と言ってもいいほど、ここからの景色は人気でおすすめです。

そしてたくさんある仏像などは種類も多くあり、古いものは本当に古くちょっと驚いてしまったりします。他に、岩戸神社の岩盤の上にある本殿や、あまり見かけない離れた御神体そこまで広い境内ではなくても、結構見どころはたくさんあります。

大阪の岩戸神社の横の天照大神高座神社

岩戸神社と同じ境内にある天照大神高座神社もその歴史はものすごく長く、最初はこの八尾市の場所ではなく、造られた時は伊勢国宇治山田原にあったのですが、いつ建てられたのかは不明です。

説では、479年に今の場所に移されたそうで、もともとは式内大社高座神社という名前でした。この岩戸神社と天照大神高座神社がパワースポットとして知る人ぞ知る人気のあるところは、まずその歴史です。岩戸神社よりも遥かに古いこの神社は、当時はすごい格式の高い神社でした。

天照大神はひとつだけ

清和天皇の時代には、神階正一位といのも受けており、延喜式という醍醐天皇の時代にあったものでは宮幣大社というものに列していて、これにある神社と言うのは式内社と言われ、朝廷から特別視されていた重要な神社ということです。

その式内社にある神社の中でも、天照大神というのはたった一つで、それが名前の由来にもなり、今現在もパワースポットとして、実はすごいと人気のある理由も、すべてこの場所が関係しています。

大阪の岩戸神社は強力なパワースポット

岩戸神社と天照大神高座神社がある、この場所は高安山と言われていますが、ここの奈良側は信貴山であり、聖徳太子由来の朝護孫子寺があり、ここも同様にパワースポットとして強力な場所ですのでおすすめです。

そして、ここでは、御神体は岩山ですが、正確には岩窟が御神体です。これは岩の洞窟というのは彼岸と言われる異界と比岸と言われる現世のちょうど境界線になる場所と言われています。

そのため、この岩窟によって万物は、この世に生まれ、そしてここに戻りあの世にいくと言われる場所なのです。

弁財天がある場所の特徴

弁財天があり祀られている場所の特徴として、たいてい岩窟といわれる岩の洞窟があり、そして女陰信仰の地というのがあります。

そして、その岩の洞窟の割れ目から万物をこの世に生み出すというのを女性の子宮と重ねているというのがあります。

様々なものを生み出すということで、弁財天が祀られるのですが、ここでは弁財天でもある、市杵島姫命を祭神にし、岩窟を御神体としていて、さらにこの場所からまっすぐ西の方向に行くと、淡路にある式内社石屋神社にあたります。実はこの石屋神社にも岩窟があります。

太陽と岩窟の関係

東に岩戸神社と天照大神高座神社があり、西に石屋神社、そして、その間には住吉大社があります。この住吉大社の位置から、東西を見た時、春分の日と秋分の日になるとちょうど岩戸神社の岩窟から太陽が昇り、石屋神社の岩窟へ太陽が沈むのです。

万物を生み出して、そして帰る場所とされる岩窟へ太陽も生まれ、そして帰るように見えることからも、その歴史や格式、日の出の場所に天照大神高座神社があることなど、岩戸神社のある場所がすごく特別な場所であるのがわかります。

大阪の岩戸神社の枯れない滝

岩戸神社と天照大神高座神社のちょうど間くらいにあります。この滝は白飯之滝と呼ばれていて、弘法大師がこの滝で修行をしていたと伝えられている滝で、干ばつにあっても、この滝の水だけは枯れることがないと言われています。

この白飯之滝も、パワースポットの滝としてあり、この滝の水をペットボトルなどに入れ持ち帰る方がいるほど、この滝の水も人気です。

大阪の岩戸神社の神仏習合のなごり

そして、白飯之滝のところには、白龍大神と黒龍大神があります。そして境内の奥に行くと、柵がされてる場所があり、その先は、柵の扉を開けていくのですが、城山大神と書かれていて、扉を開け進むとすぐにあります。

さらに奥に進んでいくと、神変大菩薩不動明王があります。ほかに八大龍王や、龍神様もったり、神社というよりはお寺の雰囲気のほうが強い感じで、お寺の敷地に神社を作ったような場所です。

そして、奥には末社として他に、北斗七星白龍大神と彫られた石碑などもあります。この北斗七星は、あとになって在日韓国人の方がここに建てたそうですが、もともとの岩窟信仰などは百済などから来た渡来人によって伝わったものだそうです。

大阪の岩戸神社はおすすめのパワースポット

八尾にある、この岩戸神社は、長い歴史があるというのでも、パワースポットとしてご利益がありそうですが、古代の信仰のスタイルというだけでも長い歴史があるのはわかりますが、天照大神高座神社の存在や、岩窟、滝、太陽の昇る場所など、様々なものが重なっている場所にあります。

実際のところ、ここを訪れた方の情報などでは、ほとんどの方が誰もいなかったと言われるほど、ほとんど人のこない場所ですが、誰もが他とは違う癒やされるパワースポットとして伝えていて、ひそかに人気があります。

ご利益は商売繁盛と癒やし

この場所は、江戸時代には商売繁盛として八尾市の地元の人達だけでなく大阪の人達からも人気のあった場所です。しかし今では、山の中腹という高い場所にあるため、そこから見る八尾市の景色も大変素晴らしく、そして、静かで境内の中の空気や、白飯之滝の水の音など、いろいろな要因が重なり、訪れる方は皆癒やされてきます。

そして、ここでは御朱印帳や、宮司さんのお話も実はすごく人気があり、パワースポットとしての要因の一つに、こちらにいる宮司さんの存在もパワースポットだと感じる人も多く、宮司さんも人気があります。

大阪の岩戸神社の御朱印

岩戸神社の御朱印は一種類ですが、天照大神高座神社、岩戸神社と書いてくれる御朱印があります。そしてここでは、他ではあまり見かけない御朱印帳があります。

岩戸神社の御朱印帳は、表紙が木でできた御朱印帳で、数もそれほどないようなので、結構おすすめです。ここの御朱印帳の表紙が木でできている珍しいものということで人気があり、それも目的で来る方もいるようですので、御朱印を集めてる方も、ここで御朱印をもらうときは人気のある珍しい御朱印帳も手に入れることをおすすめします。

そして、御朱印は、ここに来たら確実にもらえるというのはありません。こちらの宮司さんは、他の神社も見ている方らしいので、いないことも多いです。なのでどうしてもほしいという場合は、事前に連絡を入れて確認しておくというのもおすすめです。

大阪の岩戸神社への行き方

岩戸神社までのいきかたですが、車ですとちょっと複雑ですあ、東高野街道を通り郡川交差点を信貴ケーブルの信貴山口に向かって進みます。そこからかなり急な昇りを進み、登りきったあたりで右折して進むと公園があり、その公園を過ぎたら、看板がでてきます。

左にある民家のちょうど横に看板があるのでそこを進み再び登っていくと岩戸神社です。駐車場は入口の右側の細い道です。

徒歩で行く場合は、信貴山口駅から道なりにまっすぐ進みます。住宅街を歩いていくと、市民の森という看板があるので、それをまにきます。

駅から大体10分くらいあるくと、左に入る道があって、鳥居が見えます。鳥居が見える道を進んでいき、鳥居をくぐって、さらに5分ちょっと歩くと岩戸神社につきます。駅から歩いてだいたい15分から20分くらいで到着です。

大阪の岩戸神社での注意

岩戸神社での注意点ですが、まず宮司さんがいつもいるわけではないので、御朱印や御朱印帳がほしい時は事前に確認することをおすすめします。そして、車で行く場合は、神社の道は結構幅が狭いので、軽自動車など小さめの車で行くのがおすすめです。あまり大きな車だと大変です。

歩いて行く場合もですが、靴は履きなれた運動靴がおすすめです。雨が降ったあとだったりすると、結構急な登りだったりするので、滑るときがあるので、注意してください。そして、滝の水を汲むときは、意外と濡れることが多いので、注意して下さい。

大阪の岩戸神社へ行ってみましょう

大阪の岩戸神社は、有名な観光スポットと比べたらほとんど人がいないです。その方がゆっくり静かに参拝出来たりするのでおすすめです。古代からある神社は知る人が少ないですが、境内に入れば景色も綺麗ですので、ゆっくりと敷地内を見てまわれます。パワースポットのご利益を受けに、由緒正しき寺である岩戸神社と天照大神高座神社へ、行ってみましょう。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
Barista Sho

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ