『石上神宮』の御朱印・ご利益・お守りは?奈良のパワースポット周辺のランチも!

日本最大の宗教都市として知られる、奈良県天理市。そんな天理市のパワースポットとして有名なのが「石上神宮」です。石上神宮までのアクセスや、御朱印・ご利益・お守り、見どころなどの参拝情報、そして参拝帰りにおすすめのランチスポットまでをまとめました。

『石上神宮』の御朱印・ご利益・お守りは?奈良のパワースポット周辺のランチも!のイメージ

目次

  1. 1奈良のパワースポット「石上神宮」に行こう!
  2. 2奈良にある日本最古の神宮の一つ「石上神宮」
  3. 3奈良の石上神宮へのアクセス方法を押さえよう!
  4. 4各方面から石上神宮の最寄り駅へのアクセス1:電車
  5. 5各方面から石上神宮の最寄り駅へのアクセス2:車
  6. 6近鉄・JR天理駅前〜石上神宮前間のバスの時刻表
  7. 7駐車料金無料!石上神宮の専用駐車場情報
  8. 8石上神宮の御朱印は2種類!個性的なデザイン
  9. 9金運&仕事運向上!石上神宮のご利益
  10. 10ピンチをチャンスに!石上神宮で人気のお守り
  11. 11石上神宮境内を散策!おすすめの見どころは?
  12. 12石上神宮の見どころ1:楼門
  13. 13石上神宮の見どころ2:拝殿
  14. 14石上神宮の見どころ3:神杉
  15. 15石上神宮参拝後に立ち寄りたいランチスポット
  16. 16石上神宮周辺のランチ1:ル・レーヴ
  17. 17石上神宮周辺のランチ2:天理スタミナラーメン
  18. 18石上神宮周辺のランチ3:うなぎ みしまや
  19. 19石上神宮周辺のランチ4:麺屋 一徳
  20. 20奈良の石上神宮でご利益とパワーをもらおう!

奈良のパワースポット「石上神宮」に行こう!

日本最大の宗教都市として知られている、奈良県天理市。奈良県という土地柄、歴史ある文化的史跡や遺跡の多い天理市ですが、中でも有名なのが「石上神宮」。奈良県屈指のパワースポットの一つとして知られています。石上神宮の御朱印・ご利益・お守りなどの参拝情報、そして参拝帰りに立ち寄りたいおすすめのランチスポットまでをご紹介します。

奈良にある日本最古の神宮の一つ「石上神宮」

日本最大の宗教都市として知られている、奈良県天理市布留町に位置する「石上神宮(いそのかみじんぐう)」。奈良県には文化的史跡や遺跡などいくつものパワースポットが存在しますが、その中でも一際注目を浴びているパワースポットがこちらの石上神宮です。

奈良時代に成立したとされる日本の歴史書であり、日本に伝わり残されている最古の正史として知られる「日本書紀」。そんな日本書紀に記載されているのは日本最高のパワースポットである三重県の「伊勢神宮」と、なんとこの奈良県の「石上神宮」だけなんです。

日本書紀に残されている神宮についての記述によると、石上神宮は日本で初めて設立された神宮、つまり日本最古の神宮であるというのです。日本書紀にその名が残されているほどに深い歴史を持つ石上神宮。パワースポットであると崇められているのにも納得です。

石上神宮の御祭神は「布都御魂大神(ふつのみたまのおおかみ)」「布留御魂大神(ふるのみたまのおおかみ)」「布都斯魂大神(ふつしみたまのおおかみ)」。飛鳥時代の大豪族である物部氏の総氏神とされ、百事成就などの守護神として信仰されてきました。

石上神宮には、古代百済(くだら)から献上されたといわれる「七支刀(ななつさやのたち)」という国宝の鉄剣が収められていることで知られています。そのほかにも、鉄盾や勾玉、管玉など、重要文化財に指定されているほど貴重な品々が多数収められています。

石上神宮の境内は、日本最古の歴史を誇る神宮というだけあって厳かな雰囲気がありながらも、周辺を豊かな緑に囲まれており、清々しく神聖な雰囲気も漂っています。パワースポットと呼ぶにふさわしい、心が浄化されていくような静かで落ち着いた空間です。

奈良の石上神宮へのアクセス方法を押さえよう!

まずは、石上神宮へのアクセス方法についてご紹介していきます。石上神宮の最寄駅は、近鉄・JR「天理」駅になります。奈良県周辺の各方面から近鉄・JR天理駅へ電車でアクセスする方法と、自家用車やレンタカーなど車で直接石上神宮までアクセスする方法の2通りがメインとなります。それぞれのアクセス方法について詳しく見ていきましょう。

各方面から石上神宮の最寄り駅へのアクセス1:電車

まずは、奈良県周辺の各方面から電車を利用して、石上神宮の最寄駅である近鉄・JR天理駅へアクセスする方法についてご紹介します。奈良県の周辺の都道府県から電車を利用して奈良県入りするとなると、大阪府、京都府、兵庫県あたりが拠点となるかと思います。

大阪府を拠点にする場合には、難波の近鉄奈良線「大阪難波」駅を利用しましょう。快速急行または急行の奈良行きに乗車し「大和西大寺」駅で下車します。ここまでの所要時間は、約35分。ここから天理行に乗り換えると、所要時間約20分で天理駅に到着します。

京都府を拠点にする場合には、近鉄京都線「京都」駅を利用しましょう。急行の天理行きに乗車し、所要時間約60分で天理駅に到着します。急行の橿原神宮前行きに乗車する場合は、一旦「平端」駅で下車し、そこから天理行きに乗り換えなければなりません。

兵庫県を拠点にする場合には、神戸の阪神なんば線「三宮」駅を利用しましょう。快速急行の奈良行きに乗車し「大和西大寺」駅で下車します。ここまでの所要時間は、約70分。ここから近鉄奈良線の天理行きに乗り換えると、所要時間約20分で天理駅に到着します。

各方面から石上神宮の最寄り駅へのアクセス2:車

次は、奈良県周辺の各方面から自家用車やレンタカーなどの車を利用して、直接石上神宮にアクセスする方法についてです。愛知県・三重県方面からのアクセス、京都府・滋賀県方面からのアクセス、兵庫県・大阪府方面からのアクセスについてご紹介していきます。

愛知県・三重県方面からアクセスする場合にはまず、四日市ジャンクションから東名阪自動車道に乗ります。それから関ジャンクションから名阪国道に乗り換え、天理東インターチェンジで下ります。そこからさらに5分ほど下道を走ると、石上神宮に到着します。

京都府・滋賀県方面からアクセスする場合にはまず、米原ジャンクションから東阪高速道に乗りましょう。それから巨椋インターチェンジから大久保バイパスを通り、城陽インターチェンジから京奈和自動車道に乗り換えます。木津インターチェンジで下り、国道24号または国道25号を利用して40分ほど走ると、石上神宮に到着することができます。

兵庫県・大阪府方面からアクセスするにはまず、神戸ジャンクションから中国自動車道に乗ります。吹田ジャンクションで近畿自動車道に乗り換え、松原ジャンクションでも西名阪自動車に乗り換えます。天理東インターチェンジを下りたら、5分ほどで到着します。

近鉄・JR天理駅前〜石上神宮前間のバスの時刻表

奈良県周辺の各方面から電車を利用して石上神宮へとアクセスする場合、近鉄・JR天理駅が経由ポイントとなります。ここから石上神宮までは徒歩約30分と歩けないことはありませんが、やはり少し距離があるので、駅前から出ているバスの利用をおすすめします。

石上神宮までのバスは、近鉄・JR天理駅前にある「天理駅」停留所から、石上神宮前にある「石上神宮前」停留所を結ぶ、奈良交通バスの路線を利用しましょう。往復ともに1日に数本しか運行されていないので、以下の時刻表をしっかりと押さえておきましょう。

まずは、天理駅停留所発の行きの時刻表からです。平日は全部で4本で、12時10分(六郷小学校行き)、15時02分(六郷小学校行き)、16時36分(国道針行き)、18時16分(国道針行き)となっています。土日祝日は全部で3本で、12時10分(六郷小学校行き)、16時36分(国道針行き)、18時16分(国道針行き)となっています。

次は、石上神宮前停留所発の帰りの時刻表についてです。平日は全部で4本で、7時57分、9時00分、15時30分、17時57分となっています。土日祝日も同じく全部で4本で、8時00分、9時19分、15時30分、17時57分となっています。本数が少ないため、帰りのバスの時間に合わせて石上神宮の境内をまわるよう、うまく計算しておきましょう。

駐車料金無料!石上神宮の専用駐車場情報

石上神宮へ自家用車やレンタカーなど車でのアクセスをお考えの方は、駐車場情報についても押さえておきましょう。ありがたいことに、石上神宮には広々とした専用駐車場が4箇所も設けられており、そのいずれも無料で利用することができるようになっています。

第1駐車場は乗用車とマイクロカー専用で、駐車台数は20台。第2駐車場も乗用車とマイクロカー専用で、駐車台数は50台となっています。第3駐車場は大型バスの駐車も可能で、駐車台数は80台。第4駐車場は乗用車とマイクロカー専用で駐車台数は50台です。

石上神宮の大鳥居のすぐそばに位置しているのが、最も近い第1駐車場です。それより少しだけ離れたところに、第2駐車場と第4駐車場が並ぶように位置しています。さらに第2駐車場の向かい、県道51号線をまたいだ先に位置しているのが第3駐車場になります。

石上神宮に設けられている各駐車場の利用時間は、6時から18時までとなっています。参拝に訪れる場合、平日であればいつでも自由に利用することができます。ただし、正月三が日や祝祭日などは利用不可となっているので、周辺駐車場を確認しておきましょう。

石上神宮の御朱印は2種類!個性的なデザイン

日本の神社や寺院において、参拝者向けに押印される印章およびその印影のことを「御朱印」と呼ぶのですが、最近、この御朱印集めが密かなブームとなっているんです。この御朱印を求めて寺社を巡る若い女性が急増し「御朱印ガール」という言葉も生まれたほど。

もちろんこの石上神宮でも、御朱印を押印してもらうことができます。石上神宮で用意されている御朱印は2種類。「石上神宮」と描かれた通常の御朱印と、百済から石上神宮に伝来した御神宝「七支刀」が描かれた、石上神宮らしいオリジナルの御朱印があります。

石上神宮の2つの御朱印のどちらにも共通している点であり、注目して頂きたいのが、左側に書かれた日付の年号表記。平成30年であれば「平成戊戌年」というように、石上神宮の御朱印の年号表記は十二支の漢字を使用して表すというおもしろい特徴があります。

金運&仕事運向上!石上神宮のご利益

石上神宮へ参拝に行く前に、石上神宮のご利益についても押さえておきましょう。まず、基本情報として、石上神宮は「巳酉丑(み・とり・うし)」のパワーを授かることのできるパワースポットであるといわれています。ご存知の通り、十二支に含まれる動物です。

「巳(龍)」は世間的な広がりを意味しており、営業や取引などを盛んにしてくれるというご利益があります。「酉(鶏)」は現金収入を意味するご利益があり、また「丑(牛)」は物を貯めるという意味のご利益があるとされています。

つまり、石上神社には金運アップや仕事運アップのご利益があるということになります。金運をアップさせたいという方や仕事関連の悩みを抱えている方に、ぴったりのパワースポットではないでしょうか。石上神宮で、巳酉丑が生み出すご利益に授かりましょう。

また「酉」と「丑」に関しては、陰のエネルギーが作用し、金運以外にもさまざまなパワーに変換することができるといわれています。金運アップや仕事運アップ以外のご利益も授かることができるので、他のご利益を期待している方も一度行ってみる価値ありです。

石上神宮のパワースポットの恩恵を受けるためのポイントとしては、本殿に立ち入る前に「酉」と「丑」の銅像を一目見ておくということ。こうして一目触れておくことで、石上神宮のエネルギーをより一層受けることができるのだそう。ぜひ試してみてください。

ピンチをチャンスに!石上神宮で人気のお守り

パワースポットである神宮を訪れるからには、そのご利益を授かることのできるお守りを購入したいもの。交通安全のお守り、縁結びのお守り、合格祈願のお守り、安産祈願のお守りなど、さまざまなお守りが用意されていますが、一番人気は起死回生のお守りです。

これは「御神劔守(ごしんけんまもり)」というお守りで、百済から献上され、石上神宮に伝来した御神宝「七支刀」の絵が描かれています。ピンチをチャンスに変えてくれるという、頼もしいお守り。ここ石上神宮でしか購入することができないレアなお守りです。

石上神宮境内を散策!おすすめの見どころは?

奈良県を代表するパワースポットである石上神宮がどういうところであるのか、アクセス方法、御朱印・ご利益・お守りについてもなんとなく分かってきたのではないでしょうか。続いては、石上神宮の境内を散策する際の見どころについてご紹介していきます。

日本最古の神宮の一つである石上神宮にはさまざまな見どころがありますが、その中でもパワースポットらしい、大きなパワーを感じることのできる見どころを厳選して集めてみました。境内を散策する際はぜひ、以下でご紹介する見どころに注目してみてください。

石上神宮の見どころ1:楼門

まず最初にご紹介する石上神宮の見どころは、本殿の手前に設けられた「楼門(ろうもん)」です。楼門とは、二重(2階建)になっている門の一種のことで、一重目には縁のみが設けられ、最上重(二重目)に屋根が設けられたもののことを指しています。

石上神宮の楼門は、文保2年(1318年)鎌倉時代末期に建設されたもので、重要文化財にも指定されている大変貴重な建築物になります。明治時代以前には、二重目に鐘が吊るされており「鐘楼門(しょうろうもん)」と呼ばれていたこともあるのだそうです。

石上神宮の見どころ2:拝殿

次にご紹介する石上神宮の見どころは、本殿の手前に設けられた「拝殿」です。拝殿とは、神官による祭典の執行や参拝者による拝礼のため、本殿の前に置かれる建物のことを指しています。これは現存する日本最古の拝殿であり、国宝にも指定されています。

石上神宮の拝殿は、石上神宮を崇め敬っていたとされる第72代白河天皇が、永保元年(1081年)の鎮魂祭(ちんこんさい)のため、宮中の神嘉殿(しんかでん)を寄進されたものであると伝えられています。この場所で、ご祈祷や結婚式なども行われています。

石上神宮の見どころ3:神杉

続いてご紹介する石上神宮の見どころは、大鳥居をまっすぐ進んだ先に佇んでいる「神杉」です。石上神宮の境内では、樹齢300年を超えるとされる数本の杉の木を見ることができます。万葉の時代から「石上布留の神杉」と呼ばれ、信仰されてきたのだそうです。

石上神社にある神杉の高さはなんと30メートルにまで及ぶといいます。堂々とそびえるその姿からは、長い歴史が培ってきた力強さを感じることができるはず。中でも有名なのが、樹齢400年前後、高さ約35メートルの「西側神杉」と、樹齢350年前後、高さ約30メートルの「東側神杉」です。神杉が生み出すパワーをぜひ感じとってみてください。

石上神宮参拝後に立ち寄りたいランチスポット

石上神宮へのアクセス方法、御朱印・ご利益・お守り、見どころなどの参拝情報について押さえたところで、続いては石上神宮周辺のランチスポット情報についてご紹介します。

実は石上神宮周辺には、和洋中のおいしいランチを楽しむことのできるランチスポットが数多く集まっているんです。せっかく石上神宮に参拝に訪れるのであれば、パワースポットの癒しを受けるだけでなく、おいしい食事で胃も満たしてみてはいかがでしょうか?

以下では、石上神宮の参拝後に立ち寄るのにぴったりなランチスポットをいくつかピックアップしてご紹介していきます。石上神宮から1.5キロ内の距離にある、徒歩圏内のところばかりです。どこも地元で評判のランチスポットなので、ぜひ利用してみてください。

Thumb天理のランチスポット17選!おすすめカフェや子連れに人気の個室あり!
日本で唯一、宗教団体の名前が市の名前に取り入れられている奈良県天理市。宗教都市として知られる...

石上神宮周辺のランチ1:ル・レーヴ

まず最初にご紹介する石上神宮周辺のランチスポットは「ル・レーヴ(Le Reve)」。近鉄・JR天理駅からだと車で約5分、石上神宮からだと徒歩約6分のところに位置しているフレンチレストランです。本格的なフレンチランチを頂くなら、ル・レーヴで決まり。

ル・レーヴは、石上神宮からすぐのところに位置していることもあって、普段から店内は参拝帰りに訪れるお客さんで賑わいを見せています。また、天理市にある数少ないフレンチレストランの一つでもあるため、地元天理市の人々からも注目を集めているようです。

ル・レーヴは、古民家を利用して営業を行なっており、店内には木の温もりが溢れ、暖かな雰囲気の中でおいしいフレンチランチを楽しむことができるようになっています。おしゃれな空間で本格的なフレンチランチを味わうことができるというだけあって、女性を中心に大人気。デートや女子会はもちろんのこと、個室完備なので子連れでも安心です。

石上神宮周辺のランチ2:天理スタミナラーメン

次にご紹介する石上神宮周辺のランチスポットは「天理スタミナラーメン」。近鉄・JR天理駅からだと徒歩11分ほど、石上神宮からだと徒歩15分ほどのところに位置しているラーメン屋さんです。ご当地ラーメン「天理ラーメン」の一つとして知られています。

地元天理市の人々の間では「天スタ」の愛称で親しまれている、天理スタミナラーメン。奈良県を中心とした関西地方ではなかなか有名なラーメン屋さんなのですが、その他の地方にお住いの場合は、初めてこの名前を耳にするという方も少なくないかと思います。

天理スタミナラーメンは、麺とスープにこだわって作られているラーメンです。つるっとしたのどごしのいい自家製麺に、白菜をはじめとしたたっぷりの野菜。スープは、他店のラーメンにはないような深いコクが決め手となっています。手軽にお腹いっぱいランチを楽しみたいときには、ぜひ天理スタミナラーメンを味わってみてはいかがでしょうか。

Thumb『天理スタミナラーメン』本店おすすめメニューはコレ!人気店舗・屋台は?
奈良県の天理市で美味しいラーメンが食べられるということで人気となっている、「天理スタミナラー...

石上神宮周辺のランチ3:うなぎ みしまや

続いてご紹介する石上神宮周辺のランチスポットは「うなぎ みしまや」。近鉄・JR天理駅からだと徒歩10分ほど、石上神宮からだと徒歩20分ほどのところに位置しているうなぎ屋さんです。コストパフォーマンスの高い、うなぎランチを楽しむならここで決まり。

うなぎ みしまやは、天理市を代表するうなぎの名店です。うな丼、うな重、ひつまぶしといったさまざまなうなぎ料理を提供しています。価格だけ見ると相場なのですが、驚くのはそのクオリティー。価格以上の上質なうなぎ料理を堪能することができる名店です。

石上神宮周辺のランチ4:麺屋 一徳

最後にご紹介する石上神宮周辺のランチスポットは「麺屋 一徳(いっとく)」。近鉄・JR天理駅からだと徒歩8分ほど、石上神宮からだと徒歩19分ほどのところに位置しています。麺屋 一徳は、なんと天理市で一番の評判を得ているラーメンの名店なんです。

麺屋 一徳では、塩ラーメンと醤油ラーメンの2種類のラーメンだけが提供されています。シンプルであっさりとしていながらも、身体の芯まで染み渡るような深い味わいに、やみつきになるお客さんが続出しています。中でも特におすすめなのは、塩ラーメンです。

奈良の石上神宮でご利益とパワーをもらおう!

いかがでしたか?日本最大の宗教都市、奈良県天理市にある有名なパワースポット「石上神宮」。石上神宮までのアクセス、御朱印・ご利益・お守り、見どころなどの参拝情報、周辺のランチスポット情報までをまとめてご紹介しました。金運や仕事運アップが期待できる石上神宮。御朱印やお守りをもらい、石上神宮のご利益とパワーを授かりましょう。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
rikorea.jp

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ