「高槻フィールドアスレチック」完全ガイド!バーベキューや料金・駐車場も紹介!

大阪にある高槻フィールドアスレチックは大人も子どもも楽しめるアスレチックで人気を得ています。バーベキューや自然の中を駆け抜けるモノレールに乗って遊んだりもできます。高槻フィールドアスレチックの入場料金、駐車場情報なども合わせてご紹介していきます!

「高槻フィールドアスレチック」完全ガイド!バーベキューや料金・駐車場も紹介!のイメージ

目次

  1. 1「高槻フィールドアスレチック」完全ガイド!
  2. 2「高槻フィールドアスレチック」の魅力
  3. 3「高槻フィールドアスレチック」のコース1:史跡コース
  4. 4「高槻フィールドアスレチック」のコース2:民話コース
  5. 5「高槻フィールドアスレチック」利用時の注意点
  6. 6「高槻フィールドアスレチック」コース入口に休憩スペース
  7. 7「高槻フィールドアスレチック」にはコインロッカーも
  8. 8「高槻フィールドアスレチック」はペット同伴禁止
  9. 9「高槻フィールドアスレチック」でモノレールを楽しむ
  10. 10「高槻フィールドアスレチック」でバーベキュー1:自然豊かな山中で
  11. 11「高槻フィールドアスレチック」でバーベキュー2:用意するのは食材と食器のみ
  12. 12「高槻フィールドアスレチック」でバーベキュー3:事前に予約しよう
  13. 13「高槻フィールドアスレチック」でバーベキュー4:花見や紅葉も
  14. 14「高槻フィールドアスレチック」の営業時間と料金
  15. 15「高槻フィールドアスレチック」のバーベキュー料金
  16. 16「高槻フィールドアスレチック」へは昼食持参で行こう
  17. 17「高槻フィールドアスレチック」のトイレは1か所のみ
  18. 18「高槻フィールドアスレチック」の駐車場
  19. 19「高槻フィールドアスレチック」へのアクセス方法
  20. 20「高槻フィールドアスレチック」に行くときの服装
  21. 21「高槻フィールドアスレチック」に行ってみよう!

「高槻フィールドアスレチック」完全ガイド!

大阪の茨木市中心部から少し離れた郊外、車で40分ほど行った所に大人も子どもも楽しめるアスレチックがあるのをご存知ですか?「高槻フィールドアスレチック」といって山の斜面を活かした創作アスレチックがたくさんあるおすすめフィールドアスレチックです。

家族経営のアスレチックで手作り感あふれる遊具がなんと35種類!大阪の地元の人たちに昔から愛されている、親子連れ中心に人気のあるアスレチックです。

大阪の「高槻フィールドアスレチック」の魅力はどんなものでしょうか。アスレチックにはどんな種類がありますか?高槻フィールドアスレチックにあるバーベキュー施設の特徴やその料金、高槻フィールドアスレチックの駐車場についてもご紹介していきます。

「高槻フィールドアスレチック」の魅力

大阪の「高槻フィールドアスレチック」の魅力はなんといっても大人も子どもも楽しめる充実感あるアスレチックでしょう。大阪府高槻市にあり、毎日子どもを連れた家族連れが訪れています。

高槻も大阪の中では大きな街。大阪で忙しい毎日を送っていながら休みの日には子どもたちと楽しい時間を過ごしたい。そんな人たちに人気です。アスレチックは思った以上に種類も豊富でコースを完走するのになかなかな時間がかかります。

子どもの付き合いで来た大人たちもかなりの満足感を得ることが出来るのだとか。自然に触れられることも人気の理由の一つです。また高槻フィールドアスレチックはアスレチックがあるだけではありません。それ以外にもいろいろな遊び方があります。

特に人気はバーベキュー。たくさん遊んでたくさん汗をかいて。お腹がすいたらみんなでバーベキューを楽しむこともできます。

またお昼を持参でいくならばベンチなどの休憩所も多いのでちょっと座ってランチタイムも取ることが出来ます。休憩場所が多く、疲れたら座って休むことが出来るスポットもたくさんあっておすすめです。

頂上付近からの景色は絶景

大阪の高槻フィールドアスレチックは山肌に沿って山の高いところに作られているアスレチックです。アスレチック自体が起伏のある所にあるために坂が多いですが、頂上付近に近づきますとそこからの景色は絶景。大阪の街並み全体を見渡すことが出来おすすめです。

アスレティックで疲れてしまっても大阪の、高槻の街並みを見渡していると何とも言えない解放感に満たされます。この景色を見るのもここ高槻フィールドアスレチックの醍醐味です。

Thumb大阪でアスレチックが楽しめる公園特集!無料で大人も子供も一緒に遊べる!
大阪でアスレチック遊具がある公園をたっぷりと紹介します。無料で利用できる公園もたくさんあり、...

「高槻フィールドアスレチック」のコース1:史跡コース

人気のアスレチックコースには2種類のコースがあります。一つは史跡コース、もう一つは民話コースです。史跡、民話にちなんでそれぞれの話の特徴が遊具に表されています。それをクリアしていくことによって歴史を学んだりできるという凝った作りです。

たとえば史跡コースを行くとすると、大体所要時間は40分程となっています。アスレチックは子どもたちでも難なくクリアできる簡単なものから付き添いの大人たちが助けてあげてクリアできる難しいものまで変化に富んでいてどんな年齢の人でも楽しめます。

飛んだり降りたり登ったり意外と大人でもぐったりするほど体力を使いますので覚悟してチャレンジしましょう。

たとえば「稲作わたり」とあると稲作をイメージしたアスレチック、「船こぎ」とあると舟をこいでいるような形のもの、「埴輪くぐり」とくると体を低くして潜り抜けていくタイプのアスレチック。それぞれのアスレチックに話の流れに合わせて名前があって、その名前にそった動きをするようなアスレチックがあるというわけです。

子どもたちでも楽しめる面白いアイディアで、遊びながら歴史を学ぶ事ができるのが人気の理由でもあります。このアスレチック史跡コースにあるアスレティックの遊具の数は全部で25個。25個もクリアしないとゴールが見えてこないので意外とボリューム満点です。

大人たちも思わずゴールに向けて必死に子供と一緒にクリアしていくことになります。親子で楽しめ、それでいて安全な造りになっているので安心で人気です。

「高槻フィールドアスレチック」のコース2:民話コース

もう一つは民話コースです。すべてクリアするのに1時間ほどの時間を要します。こちらは先ほどの史跡コースよりも少しレベルが高くロープを使った遊具がたくさん用意されています。小さい子でも十分楽しむことが出来るものもたくさんありますが大人も一緒についていきましょう。

山の斜面を利用したサバイバルな場面もたくさんあります。道がないところを木の枝を頼りに登って行ったり、ふざけていたら落ちそうな吊り橋もあります。万が一落ちても深さのない水が下を流れていますがそれでも落ちると大変!注意して進んでください。

たとえば摂津の国(三島郡)に言い伝えられている有名な民話を取り上げたアスレチックの場合。まず民話の入りは「昔むかしある森の奥にはげ山がありそれは大きなものでした」と始まります。すると最初のアスレチックは「はげ山のぼり」です。

昔話の続きが「そのはげ山にある崖の上にはたくさんのタカがいます。そのタカたちは毎日宴会を開くために集まっていました」となっています。それで次のアスレチックは「崖のぼり」になります。お話の続きは「タカたちは飲んで歌って賑やかに宴会を楽しみました」となっています。そのため次のアスレチックは「鳴子打ち」です。

こういったかたちで民話に合わせて沿ってアスレチックが作られているのでどんな民話か考えながら楽しみながらアスレチックを進んでいくことが出来るようになっています。日本に古くから伝わる民話にふれることができる良い機会となっています。この民話コースは全部で35個のアスレチックからなっています。

「高槻フィールドアスレチック」利用時の注意点

平日は比較的すいていますが祝日や連休など少し混雑するときもあります。そのような混雑時にはアスレチックを回るのに前の人が行くのを待っていたり、譲り合わないといけないこともあります。我先にという思いでするのではなくマナーを守って楽しく遊ぶようにしましょう。

また綱が揺れたり遊具が動いたりしますので前の人が終わるまで少し離れて待つようにしましょう。子どもたちが他の人が遊んでいるアスレチックの遊具でけがをすることがないように大人たちは気をつけて目を配るようにしてください。

あとでまたご紹介しますが休憩スペースにコインロッカーがあります。アスレチック内には荷物は持ち込めませんのでコインロッカーに荷物は預けることをおすすめします。車の中などに荷物を置いて置かれる方もおられますが、駐車場を管理しているスタッフは一切責任を負いませんので自己責任で管理をお願いいたします。

またなかなかサバイバルなアスレチックなので体をひねったりぶら下がったり激しい動きをすることもあります。ポケットに入っている鍵やスマホ、財布など気づいたら無くなっていたなんていうこともあり得ます。うっかり落としてしまうことがないよう、貴重品の管理は自己責任でお願いいたします。

山の中をぬうようにアスレチックがあるために落としたことに気づいても山の中で探すのは難しくなります。チャックのついたポケットに入れる、ウエストポーチをするなど工夫しましょう。

「高槻フィールドアスレチック」コース入口に休憩スペース

高槻フィールドアスレチックにはコースの入口に休憩スペースが準備されています。この休憩スペースには小さな売店もありますし、アイスクリームやフランクフルト、自動販売機で飲み物の購入も可能です。缶ビールもありますので一通りアスレチックで遊んできた帰りに大人たちはビールを楽しむのもおすすめです。

この休憩スペースの外にはテーブル席もありますのでお弁当を持ってきてここで食事をとることもできます。この休憩スペースの売店にはちゃんとした食事は売っていませんので食べ物は持参で来ることをおすすめします。

実際にアスレチックのコースに入ったらひたすら前に進むのみ。休憩スペースはありませんのでここで水分補給と休憩をしてから進みましょう。

「高槻フィールドアスレチック」にはコインロッカーも

高槻フィールドアスレチックにはコインロッカーがあります。子どもたちを連れて出かけると万が一の時のための着替えやおむつ、飲み物やタオルなどなど、どうしても荷物が多くなってしまいがちです。その場合このコインロッカーに荷物を預けておけば子どもたちと一緒にアスレチックに没頭することが出来ます。

たくさんの荷物を抱えたままでは思う存分遊ぶことはできません。貴重品などは自己責任ですので肌身離さず持ち歩くようにしましょう。それ以外の荷物はコインロッカーに預けて身軽にアスレチックを楽しみましょう。

「高槻フィールドアスレチック」はペット同伴禁止

高槻フィールドアスレチックは自然の中で遊ぶことが出来る施設ですが残念ながらペットは同伴で入ることができません。あくまでも子どもたちとアスレチックを楽しむ場ですのでペットは連れてこないようにしましょう。アスレチックはできる限り安全なものが多いですがそれでもスリリングなものもあります。子どもから注意をそらさないようにしましょう。

「高槻フィールドアスレチック」でモノレールを楽しむ

高槻フィールドアスレチックにはアスレチックの他傾斜を使ったモノレールのような人気の乗り物があります。モノレールというとかなり大きな乗り物のイメージがありますがこのモノレールは数人しか乗れない小型の斜面を走り抜ける乗り物です。

1本のレールの上を走りますが発動機がついているのでそれを利用してモノレールが走ります。全長は約400メートルあり、そこを約10分で駆け抜けます。大人も乗れますので子どもたちと一緒に乗車できます。

この10分間、それほどスピードはないので安心して小さな子どもたちも大人と一緒に乗ることが出来ますが、急斜面や木々の間を登ったり下りたり、潜り抜けたり曲がったりとなかなか面白い動きをすると人気で評判です。乗車料金はたったの300円。ちいさい子どもたちも大人と一緒なら安心なので人気のモノレール、ぜひ親子で乗ってみましょう。

「高槻フィールドアスレチック」でバーベキュー1:自然豊かな山中で

高槻フィールドアスレチックで体を思いっきり動かすと、大人も子どももすっかりお腹が空いてしまいます。そんな時におすすめで人気なのがここ高槻フィールドアスレチックにあるバーベキュー施設です。

思いっきり運動した後のバーベキューはとりわけおいしい!冬は寒いために利用者が少ないですが自然の中でアスレチックを楽しむことに加えてバーベキューができるという場所はあまり他にないために人気を得ています。

どの季節にきても自然の中で楽しめるので季節感を味わえます。バーベキューはアスレチックを楽しんだ人達のためのものなのでアスレチックを利用せずバーベキューだけを利用するということはできませんのでご注意ください。

「高槻フィールドアスレチック」でバーベキュー2:用意するのは食材と食器のみ

高槻フィールドアスレチックでバーベキューを楽しむ場合、食材は自分たちで用意することになります。高槻フィールドアスレチックには、備え付けのバーベキュー炉があります。

そして施設の係の方が鉄板や網、炭などを用意してくださいますので利用する人達は肉や野菜などの食材、食器、ティッシュなどの雑貨を用意するだけでバーベキューを楽しむことができます。バーベキューを楽しむときに火おこしが非常に難しく感じますが高槻フィールドアスレチックでは火おこしも施設の係の方がやってくださいます。

平成29年の6月より、この施設へのカセットコンロやバーベキューコンロなどの火気は持ち込めないこととなりました。火元の安全確保のためです。より安心してバーベキューを楽しむことが出来ます。係の人がいろいろと準備してくださり火もおこしてくださいますのでバーベキューを利用するためには事前に予約をする必要があります。

当日実際に行ってみて空いていたら予約なしでも利用できますが食材などの用意の都合もありますから行くと決まった時点で予約を入れておくことをおすすめします。

アスレチックで遊ぶ間は食材や食器などの荷物はロッカーや車の中に入れておき、バーベキューを楽しむときに出してくればアスレチックも荷物の心配をすることなく楽しむことが出来るでしょう。

「高槻フィールドアスレチック」でバーベキュー3:事前に予約しよう

先に少し述べましたように、高槻フィールドアスレチックのバーベキュー施設は予約制になっています。備え付けのU字溝でバーベキューをするために、施設の方がU字溝の上にバーベキューの準備としてドラム型のコンロを設置してくださいます。そして予約時間が近づいたら炭火の火おこしをしてくださいます。事前の予約は忘れないようにしましょう。

「高槻フィールドアスレチック」でバーベキュー4:花見や紅葉も

高槻フィールドアスレチックは自然の中にあり、山肌にありますので様々な木や花を楽しむことが出来ておすすめです。どの季節に訪れたとしても四季折々の美しい自然を見ながらアスレチックを楽しめます。花を眺めながらのバーベキューはまた格別です。

たとえば春ですと満開のあわいピンク色の桜が一斉に咲き誇ります。桜の花見は日本人の楽しみの一つです。この時期に合わせて高槻フィールドアスレチックにバーベキューに訪れる人もたくさんいます。バーベキューを見ながらの花見客です。春は桜以外にも椿や馬酔木、ツツジ、水仙など春の訪れを知らせてくれる花々を楽しむことができます。

また秋は紅葉が楽しめます。カエデや紅葉など施設内の木々が一斉に赤や黄色に染まります。この季節もバーベキューをするのに絶好の季節です。いつも以上にバーベキューが美味しく感じることでしょう。

一年中美しい自然が楽しめる

高槻フィールドアスレチックは山の中にありますので春はお花見、秋は紅葉狩りとバーベキューで食を楽しみながら目も楽しむこともできます。

同じ施設内にありますからアスレチックで思いっきり遊んで、疲れたら季節の花々を眺めながら綺麗な景色を堪能できるバーベキューを楽しみ、そのあと再びモノレールにのったりと自然の中で遊ぶというのもおすすめです。もちろんバーベキューをしなくてもお弁当を持参して休憩所などで座って食べても大丈夫です。

大阪や京都などの関西地方には春や秋にお花見を楽しむことが出来る人気スポットがありますが、ここ高槻フィールドアスレチックのようにアスレチックを楽しみながら自然そのままの花々や木々の景観を楽しむことができる所というのはあまりありません。

また大阪の中で有名すぎるところではないために意外と穴場なのもありがたい。春や秋はそれほど寒すぎず、暑くもないという気候も比較的穏やかで安定している季節なので快適に楽しめます。春や秋以外ももちろん楽しめおすすめです。

夏は青々とした緑が生い茂る自然を楽しめ、木々の心地よい木陰の中でアスレチックを楽しめますし、冬は土と木々の香りがする空気の中で自然を堪能できます。大阪の高槻市という都会の中でいつ行っても自然と触れ合うことが出来る貴重な場所です。

「高槻フィールドアスレチック」の営業時間と料金

高槻フィールドアスレチックの入場料金をお知らせいたします。高槻フィールドアスレチックの入場料金は高校生以上の大人が700円、小中学生の子どもが500円、そして3歳以上の幼児が300円となっております。団体割引もあります。もし20名以上の団体で行った場合には1人あたり50円引きとなります。

入場料を払うとそこで高槻フィールドアスレチックマップとゼッケンが一人一人に渡されます。高槻アスレチックの利用時間ですが、午前9時から午後5時までになります。思いっきり遊べるのに大人が1000円以下なので比較的良心的な値段設定かもしれません。

12月31日から1月2日までの年末年始は休みとなっています。詳しくは高槻フィールドアスレチックのホームページをご確認ください。

「高槻フィールドアスレチック」のバーベキュー料金

高槻フィールドアスレチックのバーベキュー料金をお知らせいたします。高槻フィールドアスレチックのバーベキュー料金は10人くらいまで利用できる1セットが3000円となっています。これには炭や網、トング、鉄板が付いています。

近くに売店などはありませんので必要なもの、肉や野菜などの食材、お箸、お皿、タレ、コップ、飲み物などは自分で準備しましょう。これらの料金は高槻フィールドアスレチックの入場料金とは別になります。雨天の場合当日キャンセルも可能です。詳しくは予約時に施設にご確認ください。

「高槻フィールドアスレチック」へは昼食持参で行こう

高槻フィールドアスレチックの食事処はありません。休憩スペースに少しおやつ程度のものがあるのとバーベキューを予約している人がバーベキューをすることが出来るだけとなっています。ちょっと座って休憩できるようなベンチがたくさんありますのでお弁当を持参しましょう。子ども連れの場合にはこまめに休憩したいもの。ベンチが多いのはありがたいことです。

Thumb大阪の公園特集!デートや子供とのピクニックなどのおすすめスポットを紹介!
大阪にはたくさんの公園があります。広々とした広場でピクニックをしたり、アスレチック遊具で楽し...

「高槻フィールドアスレチック」のトイレは1か所のみ

高槻フィールドアスレチックのトイレは一カ所のみとなっています。実際にアスレチックのコースに入ってしまうとコース内にトイレはありませんので休憩スペース近くにあるトイレに行っておくことをおすすめします。子どもたちはトイレに行くのを忘れて遊びだそうとするかもしれませんのでアスレチックコースに入る前に子どもたちもトイレに行かせましょう。

「高槻フィールドアスレチック」の駐車場

高槻フィールドアスレチックには駐車場もあります。駐車場は30台置くことが出来ます。駐車料金は無料です。休日や祝日などで混雑が予想される日は臨時駐車場が特別に用意されます。入口より手前に臨時駐車場が用意されます。車の中に荷物を置いて車を離れる場合は外から見えないところに荷物を置くなどして防犯対策をおすすめします。

「高槻フィールドアスレチック」へのアクセス方法

高槻フィールドアスレチックにバスで行かれる場合には市営バスを利用します。大阪のJR高槻駅と阪急高槻駅からバスが出ています。川久保行きまたは上成合行きに乗車してください。JR高槻駅利用の場合は南口に出てください。南口の市バス6番乗り場から出ているバスに乗車し、上成合停留所で下車します。最寄りの駅のJR高槻駅から車で約15分です。

「高槻フィールドアスレチック」に行くときの服装

高槻フィールドアスレチックに行かれるときには水筒や虫よけスプレー、タオルなどを持っていくことをおすすめします。特に夏場はこまめに水分補給を行いアスレチックに夢中になるばかりに脱水症状を起こすことのないよう注意しましょう。

また高槻フィールドアスレチックは山中にあるので天気も変わりやすいです。雨が降ると遊具が滑りやすくなったりしますので天気を確認してから出かけるようにしましょう。念のため荷物の中に折り畳み傘やレインコートを入れておくことをおすすめします。

「高槻フィールドアスレチック」に行ってみよう!

高槻フィールドアスレチックは大人も子どもも楽しめるアスレチックやバーベキュー、モノレールなどがある大阪で人気のおすすめ施設です。自然の中にあるために景色も良く、バーベキューをしながら、または持ってきたお弁当を食べながら花見もできる人気の美しい公園です。

大都市大阪の高槻市にありながら自然の季節の移り変わりを眺めることが出来る高槻フィールドアスレチックは普段忙しい毎日お送っている大人や学校が休みの子どもたちの憩いの場となっています。ぜひ次の休みに出かけてみましょう!

関連記事

Original
この記事のライター
Canna

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ