世界遺産グリーン島の魅力とは?観光時の過ごし方や人気アクティビティを紹介!

オーストラリアの世界遺産グレートバリアリーフの広大な海の中にあるグリーン島。珊瑚が堆積してできた島で唯一、熱帯雨林の樹々が生い茂っています。アクセスもいいグリーン島での観光、シュノーケリングやダイビングなどのアクティビティ、宿泊施設なども紹介します。

世界遺産グリーン島の魅力とは?観光時の過ごし方や人気アクティビティを紹介!のイメージ

目次

  1. 1グリーン島観光の過ごし方を見る前に
  2. 2グリーン島観光の過ごし方とアクティビティ1:オーストラリアのどこ
  3. 3グリーン島観光の過ごし方とアクティビティ2:気温
  4. 4グリーン島観光の過ごし方とアクティビティ3:いつ行けば楽しめる
  5. 5グリーン島観光の過ごし方とアクティビティ4:人気の訳
  6. 6グリーン島観光の過ごし方とアクティビティ5:1日クルーズ
  7. 7グリーン島観光の過ごし方とアクティビティ6:海で遊ぶなら何がいい
  8. 8グリーン島観光の過ごし方とアクティビティ7:パラセーリング
  9. 9グリーン島観光の過ごし方とアクティビティ8:アウターリーフを楽しむ
  10. 10グリーン島観光の過ごし方とアクティビティ9:グリーン島
  11. 11グリーン島観光の過ごし方とアクティビティ10:熱気球遊覧飛行
  12. 12グリーン島観光の過ごし方とアクティビティ11:ヘリコプター遊覧飛行
  13. 13グリーン島観光の過ごし方とアクティビティ12:スカイダイビング
  14. 14グリーン島観光の過ごし方とアクティビティ13:動物探検
  15. 15グリーン島観光の過ごし方とアクティビティ14:コアラ抱っこ
  16. 16グリーン島観光の過ごし方とアクティビティ15:オイルマッサージ
  17. 17グリーン島観光の過ごし方とアクティビティ16:グリーン島内で宿泊
  18. 18グリーン島観光の過ごし方とアクティビティ17:グリーン島外で宿泊
  19. 19グリーン島観光の過ごし方とアクティビティ18:注意したいこと
  20. 20グリーン島観光の過ごし方とアクティビティを見てからグリーン島へ

グリーン島観光の過ごし方を見る前に

オーストラリア・グレートバリアリーフにあるグリーン島は、アクティビティが豊富で家族でも二人でも遊べ楽しめます。グリーン島でしか体験できないダイビングやシュノーケリング、ヘリコプター遊覧など豊富なアクティビティの中から選べます。グリーン島観光の過ごし方やアクティビティも紹介します。

グリーン島観光の過ごし方とアクティビティ1:オーストラリアのどこ

グリーン島はオーストラリアの世界遺産グレートバリアリーフの玄関口でもあるケアンズから、わずか27キロメートル沖合に浮かぶ島で、ケアンズから高速艇で約45分ぐらいで行くことが出来ます。

グリーン島はサンゴ礁グリーンアイランドリーフの北西にあって、インナーリーフに位置しています。

グレートバリアリーフの内側にあることをインナーリーフと呼び、反対にグレートバリアリーフの外側をアウターリーフ外海と呼んでいます。

グリーン島観光の過ごし方とアクティビティ2:気温

グリーン島の1年を通しての平均気温は、1月が27.5度、2月が27.4度、3月が26.8度、4月が25.4度、5月が23.7度、6月が21.8度、7月が21.3度、8月が22.0度、9月が23.3度、10月が25.0度、11月が26.5度、12月が27.3度となっています。

1年を通してグリーン島の平均気温は21.3度以上から27.5度以内に収まっています。天候は1月・2月は雨が多いのも特徴ですが、熱帯性気候で雨季と乾季に別れていて、午後には激しいスコールが降ることもあり、乾季は5月ごろから11月頃です。

Thumbオーストラリアの季節や気候の特徴は?服装や旅行のベストシーズンも紹介!
オーストラリアは日本からも旅行で行く方が多い人気の観光地です。日本とは逆の季節のオーストラリ...

グリーン島観光の過ごし方とアクティビティ3:いつ行けば楽しめる

オーストラリアは南半球にあるため、日本とは季節が逆です。そのためシーズンはオーストラリアの夏12月から3月を少しずらして、5月から11月がベストです。オーストラリアの5月は日中なら25度前後あって、朝夕が少し冷えるぐらいで十分、海で遊べます。

グリーン島観光の過ごし方とアクティビティ4:人気の訳

個人的な好みもありますが、人気の訳は大きく3つあります。アクセスがケアンズからわずか45分ほどなのと、グレートバリアリーフの900にものぼる島々の中で唯一、緑が生い茂っていることが挙げられます。緑があればそれに伴い、自然豊かな生物や動物がいて、触らないまでも自然に触れあえる時間が持てます。

それに東京ドーム2個分のグリーン島には宿泊施設が整っています。グリーン島に行けば、自然の中にどっぷりと浸ることが簡単に出来、さらに宿泊施設が整っているので、食事にも困らない点が人気の理由です。

グリーン島観光の過ごし方とアクティビティ5:1日クルーズ

海水が苦手な方でも大丈夫。泳ぎたくないけれど、海中は見たい方向けのクルーズもあります。半潜水艇(セミサブ)に乗れば、シュノーケリングやダイビングでしか観れない海の景色が、まるで海の中にいるように眺められます。

座席は水面下1.5メートルの所にあって、両側は耐圧ガラスで、エアコンも効いているので、快適です。1日2便から4便運行されます。所要時間は25分ぐらい。また、グラスボトムボートに乗って、海中を観察するよりも船酔いすることがないのだとか。

ツアー開始時間はその時々で異なりますが、8:15から10:30までに開始し、終了は17:00の予定です。料金は大人オーストラリアドル110、子供(4歳から14歳)オーストラリアドル55。

ファミリー(大人2人と子供2人)なら、オーストラリアドル292.5のサービス料金になっています。

また、ツアーには食事つきのものなど、色々なタイプがあるので、自分のスタイルにあったツアーをチョイスし、それに伴って参加費用も異なって来ます。

グリーン島観光の過ごし方とアクティビティ6:海で遊ぶなら何がいい

グレートバリアリーフのグリーン島で遊ぶなら、絶対外せないのが海のアクティビティ。ダイビングばかりではない、海のアクティビティを紹介します。

約6000年の時間をかけて造られたサンゴ礁の島であるグリーン島の周辺の海は、透明度が高くエメラルドグリーンの海中を満喫できます。

ダイビング

ダイビングの参加者とシュノーケリングの参加者が一緒に、ダイビングスポットまで向かいます。簡単な説明だけを受けて行くので、初心者よりも少し経験のある方に向いているかもしれません。泳げることは必須のプランです。

泳げることは当然で、ダイビングの免許を持っている方と免許をもっていなくて体験だけの方の2タイプあります。

グリーン島内の宿泊施設を利用されている方は、シュノーケル、ライフジャケット、フィン、クラゲ避けのスーツのレンタル料金は無料でさらに、タオルも借りられます。

また、ダイビングの格好をしたまま、宿泊施設に戻れるのもメリットです。グリーン島内の宿泊施設を利用すれば、かなり優遇されます。

シュノーケリング

グリーン島ではシュノーケリングは比較的体験しやすいものの一つです。あまり泳ぎが得意でなくともフィンをつければ、シュノーケリングで泳ぐことが出来ます。シュノーケリングはシーウォーカーよりも敷居は低いかも知れません。

シュノーケリングはグリーン島の浅瀬でも大丈夫ですが、沖合に出れば、サンゴ礁が美しいのでおすすめです。船に上がって休みながらシュノーケリングをするのもありです。

波の高さでシュノーケリングそのものが中止になる場合もあります。シュノーケリングのツアーが開催されているということは、シュノーケリングをしても大丈夫ということなので、心配であれば船の側でシュノーケリングをすればいいだけです。

シュノーケリングのプラン料金はオーストラリアドル45で、宿泊施設での予約もしくはダイビングショップで時間の予約が必要です。

また、グリーン島内の宿泊施設を利用されている方は、ダイブショップで時間の予約と用具のレンタルだけで大丈夫、宿泊プランに含まれているため、シュノーケリングツアーの予約は不用です。

グリーン島内の宿泊施設を利用されている場合は、用具を借りっぱなしにできるため、宿泊している間好きな時間にシュノーケリングができるのが最大のメリットでもあります。

グリーン島の浅瀬でシュノーケリングができるので、あえてシュノーケリングツアーに参加することもない分けです。

シーウォーカー

水中にもぐると水圧がかかって来ることは、ご存知の方も多いですが、人間の身体で一番に水圧を感じるのが耳の機関です。耳がツーンと痛くなって来たりします。

シーウオーカーでは、耳抜きをする必要があります。コツさえつかめば、何のことはないのですが、個人差があって、簡単に出来る方と、上手く出来ない方もおられます。直前に講習も開かれるので大丈夫です。もぐるときは一人ずつインストラクターが付いてくれます。

耳抜き

おおよそ1メートルもぐると1気圧の水圧がかかって来ますので、その前に「耳抜き」の動作を行います。早め早めに行って行くのがベスト。

鼻をつまんで、ゆっくりと鼻をかむ要領で、鼻から息をはきます。鼻をかむ感じで鼻から息を「チーン」と抜きます。この時けっして、強くしないことが重要です。コツとしては優しくゆっくりと「チー~ン」です。

鼻をかむときみたいに、力を入れてはダメです。あくまでも優しく、ゆっくりと息を鼻から出します。

耳の鼓膜が外へ広がる感じがして、空気が送られている感じがすれば大丈夫。また、鼻をつまんで、ゴックンつばを飲み込んででも出来ます。飛行機に乗ったときに耳がツーンとしてきたら、唾を飲めば治るのと同じことです。

唾が出て来ない場合の時は、唾なしでその動作を行って下さい。それで耳が痛くなければ大丈夫です。この動作を何回か繰り返して行います。1メートルもぐる度に耳抜きの動作を、耳が痛くなる前に行いましょう。

海底

海底では、名物の餌付けショーが行われて、かわいい魚たちが群れ泳ぐ様が見れます。水中写真も撮ったり時間はアッと言いう間に過ぎてしまいます。

気分はスキューバダイビングをしているのと同じで、海底を歩いて楽しめます。耳の下辺りまで海水は来ますが、それ以上は上がってこないので顔が濡れません。

12歳以上の年齢制限があります。年配の方は元気な方であれば大丈夫です。所要時間は約1時間となっています。ヘルメットに直接ホースを通って空気が送られ酸素が供給されるシステムです。

グラスボトムボート

グラスボトムボートの特徴は泳げない人でも、服を着替えなくても大丈夫なところで、人気の手軽なアクティビティと言えます。船の底がガラスになっていて、熱帯魚が泳ぐ様子やサンゴ礁を観ることができます。

日帰りツアーの、送迎なしの最安プランなら、グリーン島往復料金オーストラリアドル90にグラスボトムボート料金オーストラリアドル18を足した料金が費用になります。比較的安い料金で体験できます。

ただ、海の底をずっと観察しているので、船酔いになることもあり、その辺り個人差もありますので、乗物の揺れに弱い方はこのアクティビティは参加しない方がいいかも。

グリーン島内の宿泊施設を利用されている方は、宿泊プランに含まれていますので、ホテルのフロントで予約をするだけで大丈夫。料金はかかりません。

グリーン島観光の過ごし方とアクティビティ7:パラセーリング

グリーン島を50メートル上空から望むことができます。もう気分は最高。グリーン島の海は透き通っているので、上空からサンゴ礁が見えて、素晴らしいの一言に尽きます。

グリーン島でのパラセーリングの料金はオーストラリアドル140ぐらいで、大人も子供も同じ料金のツアーもあれば、別料金のツアーもあるので、申し込む前に確認するのがベスト。

子供の年齢制限がある場合など、申し込むツアーで異なってきますが、おおむね3歳から13未満が子供として扱われます。

海岸でハーネスを装着して、小型のボートかジェットスキーが引っ張るタイミングに合わせて走り、パラシュートが開いて浮き上がる一人で飛ぶタイプや、二人で飛ぶタイプなどもあります。

グリーン島のパラセーリングは二人で飛ぶタイプです。椅子に二人が座った状態でボートが風に向かって引っ張ると、二人掛けの椅子が浮き上がります。ゆっくりとパラシュートが開いて飛び上がり、またゆっくり降りて来ますので、服が濡れません。

所要時間は混雑具合でかわってきますが、おおむね30分から1時間です。空から望める1回の時間は10分ほどで、同じボートに6組ほどが乗船し、交代で楽しむことが出来ます。

パラセーリングは天気が良くないと出来ないので、乾季が始まる5月から11月のオーストラリアがベストです。

グリーン島観光の過ごし方とアクティビティ8:アウターリーフを楽しむ

グリーン島はグレートバリアリーフの内側にあって、グレートバリアリーフの一部で、内海になります。それに引き換え、アウターリーフはグレートバリアリーフの外側の海、外洋になります。

グリーン島からボートで1時間ほど沖合に出て、ダイビングを楽しみます。グレートバリアリーフの外洋からサンゴ礁などが観察でき、透明度や魚の種類や大きさ、サンゴ礁の大きさや鮮やかさは、アウターリーフの方が素晴らしい眺めです。

グリーン島観光の過ごし方とアクティビティ9:グリーン島

グリーン島は熱帯雨林の森が広がっていて、熱帯の植物や動物が生息しています。ビーチは桟橋の左に広がるメインビーチと桟橋周辺の桟橋ビーチがあります。

メインビーチは波が穏やかで、子供やあまり泳ぎに自信のない方でも大丈夫です。昼ならウミガメと遭遇できる確率はかなり高く、20分に一度は呼吸をするために海面にウミガメが上がってくるのだとか。

桟橋ビーチは風の影響で波がうねることもあり、中上級者向きの海岸ともいえ、サンゴ礁がきれいなので、シュノーケリングをするには最適と言えます。

アイランドウォーク

グリーン島の内部を探検できます。グリーン島の内部は30分から40分もあれば、一周できて、熱帯雨林の中を散策できます。49種類にも及ぶ熱帯の初めて見る樹々もあり、昆虫や鳥など、自然がいっぱいです。

グリーン島内にはインフォメーションセンターがあって、日本語のガイドの手配もでき、グリーン島に着いてすぐに日本語ガイドを申し込めば、アイランドウォークも日本語の説明が聞けて楽しめます。

マリンランド・メラネシア(Marineland Crocodile Park)

グリーン島桟橋からボードウォークを奥に向かって3分ほど進めば、グリーン島の「マリンランド・メラネシア」があります。グリーン島の「マリンランド・メラネシア」には100頭ほどのワニやカメ、グリーン島周辺の熱帯魚が飼育されています。

マリンランド・メラネシアの目玉ともいえる、体長5メートルにも及ぶワニの「カシウス」は世界最大クラスで迫力十分。毎日2回ワニやカメの餌付けショーもあり、赤ちゃんワニの抱っこも出来ます。

営業時間は9:30から16:00で、入場料金は大人オーストラリアドル19、子供オーストラリアドル9です。

住所  Green Island, Queensland 4871, Australia
電話番号 +61 7 4051 4032

グリーン島観光の過ごし方とアクティビティ10:熱気球遊覧飛行

5:30頃に離陸地点であるマリーバに到着し、気球を膨らます準備時間の1時間も慌ただしく過ぎ、いざ搭乗、最大24人まで乗れ、バスケットはゆっくりと地上を離れます。深い緑に覆われたアサートン高原の上空を、気流に乗って遊覧し、360度遮るものがない景色を堪能できます。

熱気球のバーナーを消した後は、驚くほど静かな世界が待っていて、鳥の泣き声が響き、揺れもほとんど感じることもなく、上空を遊覧できます。

当日の天候次第で、朝日が昇る瞬間が望めたり、朝日が段々と姿を現す絶景が自分の物になります。また運が良ければ、一面の雲海が観れることもあります。安定した大気の層に一定の湿度、放射冷却などの条件が整えば、観れることも。

木の高さから900メートル上空を飛行するので、地上を走る野生のカンガルーやワラビーが見え楽しめます。飛行時間は約30分、記念のフライト証明書の発行もあります。

料金は大人オーストラリアドル284、子供オーストラリアドル224です。送迎から全ての所要時間は13時間以上はかかります。

グリーン島までの乗船料金、英語のガイド、グリーン島でのシュノーケリングかグラスボトムボートの参加料金、リゾートプールの入場料金などが含まれています。

グリーン島観光の過ごし方とアクティビティ11:ヘリコプター遊覧飛行

ケアンズからグリーン島までヘリコプターで、グレートバリアリーフの上空を遊覧飛行できます。所要時間は20分。グリーン島の滞在時間が1時間半か4時間か選べます。

料金にはリゾートのプール入場料金、シュノーケリング用具の貸し出し、グラスボトムボートの入場料金も含まれています。料金は大人も子供も同じでオーストラリアドル499です。ツアーの料金は変更になることもあるので参加するときに確認をして下さい。

グリーン島観光の過ごし方とアクティビティ12:スカイダイビング

約4500メートル上空から、最高時速200キロメートルで、60秒間フリーフォールの体験ができます。ベテランのインストラクターと一緒に落下していくので、操縦はインストラクターに任せておけば安心。

眼下に広がるグリーン島の熱帯雨林やグレートバリアリーフを眺め、恐怖と絶景の二つの瞬間を同時に体験できます。

経験豊富なインストラクターが帯同してのスカイダイビングです。ケアンズで事前の安全講習を受けて臨み、空中姿勢や着地姿勢の指導が行われます。

体重制限で95キログラム以上の方は運動神経の確認が行われ、燃料サーチャージ料金の負担もあります。子供は3歳以上12歳以下対象。料金はおおよそ21800円からとなっています。

スキューバダイビング経験後24時間は減圧症のためスカイダイビングは出来ないので、注意が必要です。

グリーン島観光の過ごし方とアクティビティ13:動物探検

午前中はグリーン島でのアクティビティに参加して、午後はケアンズに戻って、動物探検をするツアーが小学校低学年の子供に人気です。ツアーには、グリーン島でのシュノーケリング、グラスボトムボートの入場料金やレンタル料金、高速艇の乗船料金なども含まれています。

足元の悪い場所を歩くため、歩きやすいスポーツシューズか長靴などがあれば最適です。13歳以上は大人でオーストラリアドル260、子供(3歳から12歳)はオーストラリアドル160です。

グリーン島観光の過ごし方とアクティビティ14:コアラ抱っこ

グリーン島でのグラスボトムボート体験やシュノーケリングセットレンタルのとちらか一つ体験でき、その後子ワニやコアラ抱っこで触れ合えるハートリーズ・クロコダイル・アドベンチャーズへ行きます。

大人13歳以上で、オーストラリアドル約220、子供は12歳以下3歳まででオーストラリアドル約140となっています。

Thumbオーストラリアでコアラに会えるスポットは?抱っこできる場所やツアーを調査!
オーストラリアと言えばコアラをイメージする人も多いと思いますが、オーストラリアのどこに行って...

グリーン島観光の過ごし方とアクティビティ15:オイルマッサージ

グリーン島には、オイルマッサージが行えるサロン「オイルド」があります。オーストラリア産のゴールデンホホバオイルを使って行うマッサージや指圧が行え、心身ともにリラックスできます。

30分がオーストラリアドル40、60分がオーストラリアドル80、90分がオーストラリアドル120、120分がオーストラリアドル160となっていて選べます。

グリーン島観光の過ごし方とアクティビティ16:グリーン島内で宿泊

グリーン島唯一の宿泊施設である、グリーン・アイランド・リゾート(Green Island Resort)は全室スイートルームです。

自然と融合できるように濃い緑と木を多用した内装にこだわっています。水平線に沈む夕日や満点の星も眺められ、昼のグリーン島とは趣の違った横顔を見せていて楽しめます。

宿拍した者だけの特権の、スパとプールが楽しめます。グリーン・アイランド・リゾート経由で申し込めば、グラスボトムボートが無料で利用できたり、シュノーケルなどの4点セットが無料貸し出し、ワニ・カメの夕方からの餌付け体験、サンセットドリンクが無料で飲めたり、ガイドと行くナイトツアーも無料。

宿泊料金は2タイプあります。アイスランドスイートはオーストラリアドル695から、リーフスイートはオーストラリアドル799からがあります。

住所 Cairns Reef Fleet Terminal, 1Spence St, Cairns, 4870Green island, Australia
電話番号 +61 7 4031 3300

グリーン島観光の過ごし方とアクティビティ17:グリーン島外で宿泊

ヒルトン・ケアンズはケアンズ国際空港から車で10分の所にあり、全室バルコニー付きの高級感あふれるホテルです。3つのレストランとバーを併設していて便利。高速インターネットも利用できます。料金は16500円ぐらいから利用できます。

シャングリ・ラホテル・ザ マリーナ ケアンズは20000円ぐらいからあります。無料WiFiにプールがあるので、利用できます。

リーフ パームズ ケアンズ アパーツメンツは郊外にある分安く利用でき、約9000円ぐらいですので割安感があり、無料WiFiも使えます。

クオリティ ホテル シェリダン プラザはケアンズの中心地から1.9キロメートル離れている分、宿泊料が安いのが特徴です。約11000円ぐらいから利用できます。

ケアンズ ホリデイ ココナッツ リゾートは2018年のトラベラーズチョイスに選ばれています。レストランもありますが、基本が自炊で、買い出しも自分たちでするのだとか、車があれば便利で、どこにもいかなくても小さい子供なら納得してしまうみたいです。

グリーン島観光の過ごし方とアクティビティ18:注意したいこと

グリーン島の発着エリアにあたる、桟橋の右側の真下で、シュノーケリングをするのは危険です。誤って発着エリアに入り込まないように気をつけねばなりません。重大な事故を起こす可能性もあるので注意しましょう。

危険エリアのチェックと予約は必至

きれいな海に感動し、シュノーケリングに夢中になっていて、知らないうちに危険エリアに紛れ込まないように注意が必要です。

グリーン島内でアクティビティに参加希望の方は、グリーン・アイランド・リゾート内のインフォメーションセンターにて、事前の予約を必ずしましょう。

日焼けと熱中症対策

オーストラリアの日差しは日本のそれよりはるかに強いので、十分な日焼け止め対策が必要です。グリーン島内では、パラソルと椅子2脚のセットがオーストラリアドル40でレンタル出来ます。事前にレンタルしておけば安心です。

水分の補給も忘れずに、水をこまめに飲むようにしましょう。ペットボトルを携帯してのむようにしましょう。

船酔い

天候により風が出ると波は高くなるため、高速艇も揺れます。ケアンズからグリーン島まで45分間の乗船時間ですが、船酔いするので有名です。

船酔いするかも知れないと考えていたら、乗船2時間前には簡単な食事とり、酔い止めの薬を服用しておけば安心です。

グリーン島観光の過ごし方とアクティビティを見てからグリーン島へ

グリーン島の観光は海は言うまでもなく、グリーン島内の散歩も十分に堪能できます。熱帯の樹々は新鮮に見えるはず、熱帯に住む動物も記憶に残るでしょう。雨季の雨はかなり続きますし、午後のスコールも出来れば避けたいものです。比較的気温の推移が少なく、天候も落ち着いている乾季にグリーン島へ行きましょう。

関連記事

Original
この記事のライター
マッシュ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ