オーストラリア入国カードの記入方法!薬や食べ物の持ち込みで注意する点も!

オーストラリアは日本人がたくさん訪れる国です。海外旅行に行ったことがある人ならばわかるはずですが、他の国に入国するには入国カードが必要になります。ここでは、オーストラリアの入国カードの記入方法を紹介します。ぜひ参考にしてください。

オーストラリア入国カードの記入方法!薬や食べ物の持ち込みで注意する点も!のイメージ

目次

  1. 1オーストラリアの入国カードの書き方を紹介!
  2. 2オーストラリアの入国カードとは?
  3. 3オーストラリアの入国カード表の書き方1:日本語入国カードをもらう
  4. 4オーストラリアの入国カード表の書き方2:名前
  5. 5オーストラリアの入国カード表の書き方3:パスポートナンバー
  6. 6オーストラリアの入国カード表の書き方4:滞在先・滞在予定期間
  7. 7オーストラリアの入国カード表の書き方5:結核・犯罪歴
  8. 8オーストラリアの入国カード表の書き方6:持込物
  9. 9オーストラリアの入国カード表の書き方7:署名・日付
  10. 10オーストラリアの入国カード裏も忘れずに!
  11. 11オーストラリアの入国カード記入での注意点1:嘘を書かない
  12. 12オーストラリアの入国カード記入での注意点2:薬や食べ物の持込
  13. 13オーストラリアの入国カード記入での注意点3:記入例を用意する
  14. 14オーストラリアの入国カード記入での注意点4:間違えないように書く
  15. 15オーストラリアの入国カードはどこで見せれば良い?
  16. 16オーストラリアの入国カードの記入方法を知っておこう!

オーストラリアの入国カードの書き方を紹介!

オーストラリアをはじめとして海外旅行に行く時に必要となるのが入国カードです。入国カードは、自分のいろいろな情報を記入しなければいけないため、非常に面倒くさいと思っている人も少なくありません。特に初めての人はどうして良いのかわからない人もいるでしょう。オーストラリアの入国カードの書き方をぜひ知ってください。

Thumbオーストラリアの文化は日本と何が違う?旅行前にマナーや習慣を知ろう!
日本からも比較的すぐに行くことができるオーストラリアは日本人観光客もよく訪れる代表的な観光ス...

オーストラリアの入国カードとは?

オーストラリアに限らず、日本以外の国に入国する際には入国カードが必要になります。入国カードとは、入国者の情報をその国に伝えるものです。入国カードとパスポートがオーストラリアに入国するために必要になり、どちらか1つかが欠けても入国できません。入国カードはオーストラリアに向かう飛行機の中で渡されます。

入国カードは税関申告書も兼ねており、質問に従って正直に答えてください。YesかNoで答える形式なので、簡単に答えられるでしょう。税関申告書は、オーストラリアに持ち込めないものを見つけるためのものです。入国カードと兼ねているため楽です。

入国カードはオーストラリアに入国する第一歩となるものなので、面倒くさがらず書くようにしましょう。飛行機の中で空いている時間に書きましょう。

オーストラリアの入国カード表の書き方1:日本語入国カードをもらう

オーストラリアに行く飛行機の中で入国カードがもらえます。入国カードには英語版と日本語版があります。日本人とわかってもらえれば、日本語版のカードがもらえるでしょう。しかし、飛行機によっては英語版しか配布していないケースがあるかもしれません。英語版の入国カードが配布された場合、日本語版はないのか聞いてみましょう。

日本語版の入国カードがないか聞いてないと言われれば、英語版の入国カードで記入するしかありません。英語版の入国カードしかない場合に備えて、英語版の入国カードの記入例を用意した方が良いかもしれません。ただ、このケースは現在では少なくなりました。

飛行機の中で日本人かどうか聞かれることが多いので、日本人であることをアピールしましょう。入国カードをもらってからがオーストラリア入国へのはじまりです。

オーストラリアの入国カード表の書き方2:名前

オーストラリアの入国カードで最初に記入するのが名前です。日本語版のオーストラリアの入国カードだから日本語で名前を書けば良いのかと思われるかもしれませんが、日本語では書かないように注意しましょう。姓のところには苗字を名のところには名前をローマ字で書きましょう。カードの最初に英語で記入してくださいという注意書きがあります。

自分の苗字と名前は、必ずパスポートと同じものを記入してください。オーストラリアに入国する際にパスポートと見比べるため、少しでも違った場合は、違う人物と見なされてしまう可能性があります。うっかり間違いも認められません。

よくわからない場合は、記入例を参考にして記入しましょう。念のためパスポートを見ながら記入すると間違いありません。ここは注意しすぎるぐらいがちょうど良いです。

オーストラリアの入国カード表の書き方3:パスポートナンバー

オーストラリアの入国カードに記入する重要な事項がパスポートナンバーです。パスポートナンバーは、パスポートの1ページ目に記載されている番号です。全部で12ケタあるため、しっかりとパスポートの番号を見ながら書かなければいけません。パスポートナンバーも1つでも間違っていると、同一人物と見なされない可能性があります。

オーストラリアに向かう飛行機の中でパスポートナンバーを記入する時は、手元にパスポートを置いて記入するようにしましょう。パスポートナンバーをメモしたものを見ながらでも良いですが、そのメモが絶対に間違っていないことを確認しておきましょう。

入国カードにおいて最重要項目といえるため、慎重に記入しましょう。一度記入してから間違っていないかを見直すと良いです。

オーストラリアの入国カード表の書き方4:滞在先・滞在予定期間

オーストラリアの入国カードには、滞在先や滞在予定期間を記入する項目があります。オーストラリアにいる家族や友人のところに滞在する場合は、そこの住所を記載しましょう。オーストラリアに家族や友人がおらず、どこかのホテルに滞在する場合は、そのホテルの住所を記載しましょう。ホテルの住所がわかるものを手元に置いておきましょう。

滞在予定期間は、1年にわたって滞在する予定ですかという質問があります。「はい」か「いいえ」で答えるもので、旅行などの短期間滞在ならば「いいえ」にチェックを入れてください。間違って「はい」にチェックを入れると質問攻めにあうはずです。

オーストラリアのどこに滞在するのかを記入することは、何かあった場合に役に立つからです。滞在先の住所はしっかりと把握しておきましょう。

オーストラリアの入国カード表の書き方5:結核・犯罪歴

オーストラリアの入国カードには、結核と犯罪歴を記入する項目があります。結核にかかっていますかという項目があり「はい」か「いいえ」で答えます。現在結核にかかっている場合は「はい」にチェックを入れ、かかっていない場合は「いいえ」にチェックを入れます。これは大部分の人は「いいえ」に該当するはずです。

結核の下に犯罪歴はありますかという項目があり、これも「はい」か「いいえ」で答えます。この項目に「はい」と答えると、別室に連れていかれる可能性が高いです。過去どのような犯罪をしたのかを細かく聞かれるに違いありません。

どちらの項目も大多数の人は「いいえ」にチェックすれば良いので問題ありません。もしも結核にかかっていたらオーストラリアに行けないでしょう。

オーストラリアの入国カード表の書き方6:持込物

オーストラリアの入国カードで一番気を遣わないといけないのが持込物です。オーストラリアには、特に薬や食べ物を持込むためには申告が必要になります。薬や食べ物を持込む場合は該当欄には「はい」をチェックしてください。風邪薬や胃薬といった小さな薬ならば大丈夫だろうと思う人もいますが、検疫が厳しいため引っかかる可能性があります。

食べ物に関しても、オーストラリアでは手に入らない食べ物を持って行く場合は、検疫に引っかかる可能性があります。薬や食べ物以外にも、入国カードに該当するものを持込む場合は、該当欄には「はい」をチェックしてください。

ちょっとした薬や食べ物を持込んでも大丈夫だろうと思っていると、入国までに時間がかかってしまう可能性あるので注意しましょう。

オーストラリアの入国カード表の書き方7:署名・日付

オーストラリアの入国カードの表面の最後に、記入者の署名と日付を書く項目があります。署名は記入者の名前を記入します。署名の書き方は、パスポートに記入した時と同じように書きましょう。芸能人などが書くサインのように、一見してわかりづらいものやパスポートと一致しない署名だと、細かく質問されてしまう可能性があります。

日付はオーストラリアに入国する「日」「月」「西暦」の順番で記入します。ここはたとえ間違っていても訂正を求められるだけで済むでしょう。入国カードを飛行機の中ではなく、事前に手に入れて記入すると間違えやすいです。

署名と日付もとても重要であるため、必ず記入しましょう。署名欄にはローマ字ではなく、漢字で記入してもかまいません。

オーストラリアの入国カード裏も忘れずに!

オーストラリアの入国カードで注意しないといけないのは、表だけでなく裏もあることです。表だけ記入して裏の存在に気づかない人もいます。いざ、税関に行った時に裏面があることを知り、入国までに時間がかかってしまったという例もあります。入国カードは表と裏をすべて記入して完璧なので、裏の存在を忘れないようにしましょう。

裏は表と似たような項目が多いため、表が記入できれば問題ないはずです。表と同様に間違えの無いように記入してください。オーストラリアに帰国する居住者という項目がありますが、オーストラリアに居住していなければ、記入しなくても大丈夫です。

表をすべて記入したら、裏も忘れずに記入しましょう。裏の記入を忘れたために、入国に時間がかかることがないようにしてください。

オーストラリアの入国カード記入での注意点1:嘘を書かない

ここからはオーストラリアの入国カードの記入するうえでの注意点を紹介します。まずは嘘を書かないということです。嘘を書いてしまうと、後々面倒くさいことになってしまう可能性があるからです。嘘を書いてもばれないと思っていると、ばれることが多々あります。正直に記入すれば、時間がかからない場合が多いのでもったいないです。

オーストラリアに入国をすることは大変厳しいと思わないといけません。初めて海外旅行をする人は、入国するための手続きが面倒くさいことに驚いた人もいるでしょう。入国させた国側では、何か問題を起こされたらたまらないので、厳しくせざるを得ないです。

たかが入国カードと思わずに、重要な書類と思って記入しましょう。入国する人すべてがしっかりと記入しているので、面倒くさいと思わずに正直に記入してください。

オーストラリアの入国カード記入での注意点2:薬や食べ物の持込

前述したように薬や食べ物を持込む場合は、検疫が必要になります。オーストラリアを旅行している時に体調が悪くなった場合や、いつも使っている薬を持って行きたい時には、きちんと申告しましょう。薬を持参するつもりはなく、気づかずにキャリーバッグの片隅に入っていた場合でも検疫に引っかかる可能性があるので、注意してください。

食べ物に関しても同じことが言えます。小さなお菓子が紛れ込んでいた場合でも、検疫に引っかかる可能性があります。こういったことは仕方ないことと言えますが、検疫が厳しいため、入国に時間がかかる可能性あります。出発前にチェックしておきましょう。

オーストラリアに薬や食べ物を持参する場合は、とても大変な手続きが必要となるため、可能であれば持参しないようにしましょう。

オーストラリアの入国カード記入での注意点3:記入例を用意する

入国カードを記入するために記入例を用意しておくと良いでしょう。記入例はインターネットから手に入ります。記入例があれば、入国カードを記入する助けになります。入国カードの記入に慣れていない人は、記入例がないとかなり苦労するかもしれません。時々記入例と全く同じ書き方をする人もいますが、自分の情報を記入してください。

記入例があると助けられる点は、裏面の存在に気づくことです。前述したように入国カードの裏面に気づかない人もいます。日本語版の記入例だけでなく、英語版の記入例も用意しておくと、英語版入国カードが配られた時の書き方で役に立つかもしれません。

入国カードの記入例を参考にして、しっかりと記入しましょう。初めてオーストラリアを訪れる人でも安心できるでしょう。

オーストラリアの入国カード記入での注意点4:間違えないように書く

入国カードを記入する際には間違えがないようにしてください。慎重に書いても間違えることはあります。そこで大切なことは、書いた後にしっかりと見直すことです。見直すことで、書いている時に気づかなかった間違いがわかるはずです。誰かと一緒にいる場合は、その人に見直してもらっても良いでしょう。よりしっかりと見直しができます。

間違いに気づかずに提出してしまうと、入国に時間がかかってしまう可能性があります。特に名前やパスポートナンバーといった項目で間違いがあると、面倒くさい質問を受けることになるかもしれません。オーストラリアで楽しむため、すんなりと入国しましょう。

間違いを防ぐためには、適当に入国カードを記入するのではなく、真剣な気持ちで書かなければいけません。そうすることでオーストラリアで楽しめるはずです。

オーストラリアの入国カードはどこで見せれば良い?

オーストラリアの入国カードは、空港の入国審査の時にパスポートと共に提出しましょう。ここでパスポートと入国カードのチェックがあります。入国カードに無記入のところがあったり、疑問があったりする場合は質問されることがあり、オーストラリアに入国するまでに時間がかかる場合があります。問題がなければすんなり入国できるでしょう。

海外旅行に行ったことがある人ならばわかるでしょうが、他の国に入国する瞬間は大変緊張する人が多いです。日本語が通じる国であれば問題ありませんが、ほとんどの国が日本語が通じないと思った方が良いでしょう。多少の英語は知っておくと良いです。

間違いなく記入していればすんなり入国できるため、堂々と乗り切りましょう。入国審査官とコミュニケーションを取るくらいの気持ちで行きましょう。

オーストラリアの入国カードの記入方法を知っておこう!

オーストラリアの入国カードの記入方法について紹介してきましたが、基本的に難しいことはありません。しかし、正確に正直に記入しなければいけないため、慎重に記入する必要があります。特に薬や食べ物の持込はかなり厳しいため、正確に申告しましょう。オーストラリアに行く前に薬や食べ物の持込について確認しておきましょう。

関連記事

Original
この記事のライター
ベロニカ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ