オーストラリアの治安は安全なの?旅行におすすめの都市や注意点をチェック!

オセアニアの中でも特に旅行先の人気となっているのがオーストラリアです。日本人観光客はもちろん、外国人観光客も多く訪れている多国籍国家のオーストラリアは治安も気になるところ。今回はオーストラリアの治安について紹介します。注意点も紹介していきましょう。

オーストラリアの治安は安全なの?旅行におすすめの都市や注意点をチェック!のイメージ

目次

  1. 1オーストラリアの治安を調査!
  2. 2オーストラリアの治安の実態
  3. 3オーストラリアの治安を知る前に
  4. 4オーストラリアの都市は治安が悪い?
  5. 5オーストラリアの治安の良いおすすめの都市は?
  6. 6オーストラリアの治安情報1:詐欺に巻き込まれないように
  7. 7オーストラリアの治安情報2:ひったくりが多発
  8. 8オーストラリアの治安情報3:ATMでは注意が必要
  9. 9オーストラリアの治安情報4:公共交通機関の使用時
  10. 10オーストラリアの治安情報5:テロの危険性
  11. 11オーストラリアの治安情報6:夜間の一人歩きは注意
  12. 12オーストラリアの治安!旅行で注意したい点1:厳しい罰金に注意しよう
  13. 13オーストラリアの治安!旅行で注意したい点2:スリやひったくり
  14. 14オーストラリアの治安!旅行で注意したい点3:ホテルへの侵入
  15. 15オーストラリアの治安!旅行で注意したい点4:知らない間に運び屋に
  16. 16オーストラリアの治安をより知ろう!

オーストラリアの治安を調査!

日本人観光客も多く訪れているオーストラリアは海外でも人気観光地となっており、ワーキングホリデーや留学先としても人気があります。そんなオーストラリアで滞在する際に気になるのが治安のことでしょう。オーストラリアの治安は悪いのか気になるところです。

今回はそんな観光やビジネスにも人気のオーストラリアの治安について知っていきましょう。治安情報はもちろんテロの情報や治安の悪い都市情報、旅行の際の注意点など詳しく説明していきますので、ぜひオーストラリアを訪れた際の参考にしてみましょう。

オーストラリアの治安の実態

オーストラリアは治安が悪いという印象を持っている方もいるのではないでしょうか。オーストラリアは日本人旅行者も多く訪れる場所となっていますが、旅行者のみならずワーキングホリデーや留学先としても人気となっています。そのため多くの人種の方が多く訪れる多国籍国家ともなっており、それぞれの文化を持っている国となっています。

文化が異なるため、その分マナーができていないなどのトラブルも多く、日本人が巻き込まれたということも少なくありません。

オーストラリアの治安を知る前に

オーストラリアの治安を知る前に、多国籍国家となっているオーストラリアの国民性を知っておく必要があるでしょう。国民性をより深く知ることで、未然にトラブルも防げるかもしれません。また国民性を知ることで旅行の際の注意点としても役立つこともあるかもしれません。

オーストラリアの人口は2400万人ほどと言われており、その多くが人種がバラバラであり多国籍国家とも言われています。6つの州と2つの準州からなっており、多くの土地は砂漠化としている場所もあるので、大都市に人口が集中しがちです。

オーストラリアの国民性は?

オーストラリアの方の国民性は非常に陽気な方が多いとされています。また歴史的な文化や習慣から時間にルーズなところがありますので、せっかちする方も多くはいません。オーストラリアの土地柄、自然が多い場所とされていますので、山や川が好きな方が多くいます。

アウトドアブランドもオーストラリア発祥のブランドも多く、アウトドア好きな方がいるおかげかもしれません。日本ではあまり見られない休日の楽しみ方をしているオーストラリア人ですので、温厚な方も多いかもしれません。

しかしオーストラリア人の多くの方は自分を大切にする傾向があり少し自己中心的な考え押している方も少なからずはいます。またプライドが高い方もいらっしゃいますので、話す時など接する際は注意が必要です。

Thumbオーストラリアの季節や気候の特徴は?服装や旅行のベストシーズンも紹介!
オーストラリアは日本からも旅行で行く方が多い人気の観光地です。日本とは逆の季節のオーストラリ...
Thumbオーストラリアの文化は日本と何が違う?旅行前にマナーや習慣を知ろう!
日本からも比較的すぐに行くことができるオーストラリアは日本人観光客もよく訪れる代表的な観光ス...

オーストラリアの都市は治安が悪い?

オーストラリアは日本と比較しても治安が悪い訳ではありません。むしろ治安はいい方とされており、「エコノミストが行った2017年の安全な都市調査」という治安の世界ランキングを見ても、メルボルンやシドニーといった都市が上位に入っています。

都市別の治安の悪い都市を見てもそこまで治安が悪い場所もなく、オーストラリアは比較的治安がいい場所とされています。そのため留学先やワーキングホリデーの場所として選ばれるのでしょう。

しかし治安がいいからといって日本のように安心してはいけません。大都市に行くほど人が多くなりますので、それだけ犯罪に巻き込まれるケースは高くなります。事実、シドニーやキャンベラなどの大都市においては強盗などの犯罪の割合が高い傾向があります。治安は悪いということはありませんが、そのような犯罪もおきているということを理解しておきましょう。

オーストラリアの治安の良いおすすめの都市は?

オーストラリア全体を見ても治安のいい国として知られていますが、特に治安の良い都市を紹介していきます。旅行にもぴったりな場所や留学やワーキングホリデーがしやすい都市をピックアップしてみましたので、ぜひ参考にしてみてください。

治安の良いおすすめの都市1:ブリスベン

大都会でもなく、自然と都会が混じり合っている住みやすい街としても人気なブリスベンは治安も比較的良い都市となっています。年間を通しても晴れの日が多く、冬の時期でも暖かい傾向があります。

留学生の訪れた今ととしても人気でもあり、中規模的な企業がたくさんあるため、ワーキングホリデーの場所としてもおすすめとなっています。

治安の良いおすすめの都市2:シドニー

オーストラリアの最大都市といえばシドニーでしょう。オーストラリアの歴史や文化を学べる場所であり、オーストラリアの経済の中心地でもあります。

大都市にいながら自然を満喫できる公園や美しいビーチも揃っており、観光にもおすすめの都市となっています。治安は良いですが人がたくさん集まるため窃盗などの犯罪に巻き込まれないように注意が必要です。

治安の良いおすすめの都市3:ゴールドコースト

世界有数のビーチリゾートとしても数えられているゴールドコーストは、オーストラリア最大の観光保養地として世界的に有名です。年間の晴天日もかなり多くサーフィンができる有名な場所となっています。

多くの移民が住む街でもあり治安も比較的良い場所と知られています。さまざまな文化が入り混じっているため世界中からの留学生も多く、治安も良い場所と知られています。

オーストラリアの治安情報1:詐欺に巻き込まれないように

オーストラリアは温厚な人がいるから安心だと思っているうちに自身も詐欺に遭う可能性があります。しばしばオーストラリアでは日本人旅行客をターゲットとした詐欺事件も発生しています。日本人の優しさを裏目に取った犯罪です。

例えば、身なりが整ったオーストラリア人に「財布を無くしたからお金を貸して欲しい」と言われることがあります。そのようなことはほとんどが詐欺となっていますので、相手にしないほうがいいでしょう。

お金の関係で声をかけてくる方はほとんどの場合は詐欺と思っていても問題ありません。街を歩いていて声をかけられたら注意をしましょう。

オーストラリアの治安情報2:ひったくりが多発

知り合いとしゃべっている時や街を歩いている時など、ひったくりの危険性は十分にあります。特に油断が多い日本人旅行者はターゲットにされやすい傾向があります。背後からゆっくりやって来て知らないうちに盗まれていたということも少なくありません。

人が集まる大都市に多い傾向がありますが、人がたくさんいるところなどは貴重品は肌身離さずきちんと管理をしたほうがいいでしょう。

オーストラリアの治安情報3:ATMでは注意が必要

オーストラリアで現金がないときに必要となってくるのがATMです。日本でもお馴染みの現金を引き出すことができるATMですが、オーストラリアでATMを使用する際は注意が必要です。

日本のATMは他の人に見られないように囲いがついているものがほとんどですが、オーストラリアのATMでは囲いがついていないのが一般的です。街を歩いていると突然出てくるATMは歩道にむき出しの状態です。そのため周囲の目も多く、ATMから現金を引き出した後に狙われる可能性も高いです。

中には現金を引き出した直後に強盗に襲われるケースもありますので、都市部などの治安が悪いような場所ではなるべくATMを使用する際は注意が必要です。

オーストラリアの治安情報4:公共交通機関の使用時

オーストラリアで公共機関を使うときも注意が必要となっています。オーストラリアは国民性から時間にルーズな方が多く、公共交通機関も遅れてやってくるのが当たり前です。また同時にバスや電車を利用する際でも注意が必要です。

都市部では人の乗客率も高く、それほど心配する必要はありませんが、郊外にいくにつれて乗客がまばらになった時は脅しや強盗などに注意が必要です。

特に夜間など郊外へ行く際は注意が必要であり、脅しや強盗のような事件が起きているのも確かです。また電車などの駅でも無人駅が多く、電車を降りた瞬間に脅されるケースも少なくありません。ワーキングホリデーなど宿泊先を選ぶ際でも都市部にある場所を選ぶなど注意が必要です。

オーストラリアの治安情報5:テロの危険性

一瞬にして多くの人たちの生命を脅かすテロは世界中の脅威となっています。2018年では実際にオーストラリアで犯罪集団がテロを表明した事件もあります。

オーストラリアでは2018年までに大きなテロ事件は発生していませんが、少なからずテロの脅威には備えておく必要があります。

オーストラリアは先進国のためテロが起きる確率も高くなっています。同時にオーストラリア政府が公表しているテロ警戒レベルの指数を見ても、全体で5段階のうち上から3番目の「テロが起こりそうである(PROBABLE)」に設定さてれいます。テロは起きる可能性があるということを十分に把握してからオーストラリアを訪れるようにしましょう。

またテロに関連して誘拐事件もおおっ句あるのあオーストラリアの犯罪の特徴です。毎年500件ほどの誘拐事件も起きていますので、自分の身は自分で守るようにしましょう。

オーストラリアの治安情報6:夜間の一人歩きは注意

オーストラリアでは女性を狙った性犯罪が増えているのも事実です。治安が悪い都市部に多い傾向があり、人通りの少ない場所で犯罪に巻き込まれるケースが後を絶ちません。実際に女性が夜間出歩いており性犯罪に巻き込まれ殺害されたという事件も起こっています。

オーストラリア全体は決して治安が悪いということはありませんが、どうしても人が増えるにつれてそのような犯罪が増えていくのも事実です。本来ならば女性が一人で歩いても安心できる街が理想ですが、まだオーストラリアはそのような環境ではありませんので、夜間に女性一人で歩くことは避けましょう。

オーストラリアの治安!旅行で注意したい点1:厳しい罰金に注意しよう

オーストラリアはとにかくルールが厳しいところがあります。日本では当たり甘えに許されることであっても年によっては違反であり罰金を科されることも少なからずあります。また見逃してはくれず必ず罰金を科されることがあるでしょう。

例えば入国の際を例にとると、オーストラリアは食品の持ち込みが厳しい国となっていますので、持ち込める食品は限られています。事前に審査に通しておかないと、違反の食品を持ち込んだ場合、罰金を科されることがありますので、旅行の際は注意をしましょう。

オーストラリアの治安!旅行で注意したい点2:スリやひったくり

日本ではあまり大胆には見かけないスリやひったくりは、オーストラリアでは頻繁に行われている半浅井です。例えば日本人がよくしがちなレストランなどで席を確保するためにカバンを置いて場所を離れる行為。オーストラリアでは確実にひったくりに遭いますので、席を離れる際は必ず貴重品は身につけておきましょう。

またスリにも注意です。治安の悪いとしに行くとスリは常習化しつつあり、リュックサックを背負って口を閉めていてもスリに遭うと言われています。

そのためカバンを身につける際は自分が目に届く範囲で持ち歩かなければいけません。貴重品をズボンのポケットなどにしまっておくのも言語道断であり、犯罪に巻き込まれますので、注意をしましょう。

オーストラリアの治安!旅行で注意したい点3:ホテルへの侵入

オーストラリアを訪れるとホテルなどの宿泊地に泊まりますが、留守中にホテルへ侵入されるケースも少なくありません。高級ホテルや警備がしっかりしているホテルなど、施錠をしっかりしていればそのような犯罪に巻き込まれないで済みますが、ホステルなどの簡易宿泊所などでは貴重品は必ず身につけて外出するようにしましょう。

もちろん知っている人、信頼している人がいるから貴重品を置いていくのもいけません。思わぬところで盗まれたりしますので、しっかりと貴重品は持っておくようにしましょう。心配でしたらホテルなどの部屋に取り付けてある金庫を利用するといいでしょう。

オーストラリアの治安!旅行で注意したい点4:知らない間に運び屋に

オーストラリアでは昔から麻薬が流行しており、今でも薬物常習犯が街をうろついています。そのためちょっとしたことがきっかけで、安易に声をかけられ薬物をすすめられる可能性もあります。そのため少しでも怪しいと思えば、きっぱりと断る勇気が必要です。

また意図しない場合であっても自身が薬物の運び屋になっているケースも少なくありません。オーストラリアで知り合った知り合いを信用して、日本の友人に渡してほしいと頼まれ持っていったものが、実は薬物であったというケースはよくあります。

「無料で海外旅行ができる」「高額バイト」など簡単なうたい文句に誘われてしまうと後で後悔してしまいますので、悪いとこは悪いという気持ちが貫きましょう。

海外での薬物使用はかなり重い犯罪となりますが、密輸はそれを超える重犯罪となってしまいます。実際に過去には「メルボルン事件」と呼ばれる薬物の密輸事件もありました。自分は全く落ち度がなくても実際には犯罪に手を染めている場合もありますので、薬物に関してはしっかり知識を蓄えた上で旅行やワーキングホリデーに向かうようにしましょう。

Thumbオーストラリア入国カードの記入方法!薬や食べ物の持ち込みで注意する点も!
オーストラリアは日本人がたくさん訪れる国です。海外旅行に行ったことがある人ならばわかるはずで...

オーストラリアの治安をより知ろう!

オーストラリアの治安情報はいかがでしたでしょうか。旅行やビジネスにも人気のオーストラリアのリアン情報がより詳しくわかったかと思います。

オーストラリアのテロ情報や旅行の際の注意点などより詳しいことをしっかりと頭に入れて、オーストラリアを訪れた際の参考にしてみてください。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
小松

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ