チェコと日本の時差は何時間?サマータイムや飛行時間を把握して旅行を快適に!

チェコと言えば、数多くの世界遺産が存在している人気の高い観光地となっております。そんなチェコですが、ヨーロッパの地域に存在しておりますので、時差も日本と比べると多くの時差があります。そこでチェコと日本の時差について紹介します。

チェコと日本の時差は何時間?サマータイムや飛行時間を把握して旅行を快適に!のイメージ

目次

  1. 1チェコと日本の時差について紹介!旅行に行くときの飛行時間も!
  2. 2チェコとは?
  3. 3チェコとは観光地に向いたおすすめのスポット!
  4. 4時差を知ることはチェス旅行を楽しむために大切!
  5. 5チェコにサマータイムは有る?
  6. 6サマータイムとは?
  7. 7サマータイムとは時差を計算するときに大切なもの!
  8. 8サマータイムを考慮しないときのチェコの時差は?
  9. 9サマータイムを考慮しないときのチェコの時差の計算方法は?
  10. 10サマータイムを考慮したチェコの時差は?
  11. 11サマータイムを考慮したチェコの時差の計算方法は?
  12. 12日本からチェコに行くときの飛行時間は?
  13. 13時差ボケを防止してチェコ旅行を楽しむ方法を知ろう!
  14. 14時差ボケを防止してチェコ旅行を楽しむ方法1「旅行先の生活に合わせる」
  15. 15時差ボケを防止してチェコ旅行を楽しむ方法2「水分補給を行う」
  16. 16チェコと日本の時差を知ろう!時差と飛行時間を知って旅行を快適に!

チェコと日本の時差について紹介!旅行に行くときの飛行時間も!

今回はチェコと日本の時差について紹介させていただきます。チェコと言えば、多くの観光客が訪れる人気の高い観光スポットです。世界遺産も数多く存在するので、バカンスにもおすすめとなっております。そんなチェコに旅行に行くときに大切な、時差や飛行時間、そしてサマータイムの有無などについて紹介させていただきます。

チェコとは?

チェコとは、歴史的な建築物がたくさん立ち並んでおり、レトロで過去にタイムスリップしたかのような気分になれる人気の観光地となっております。チェコの首都はプラハとなっており、古くから人気のエリアです。

こちらの美しい街並みが人気の高い観光地でも有るチェコ(プラハ)ですが、ヨーロッパの内陸部分に位置しております。そしてドイツやポーランド、オーストラリア、スロバキアなどとも隣接しております。

比較的温暖な地域で、季節の違いがはっきりとしているので、日本の方からも比較的馴染みやすい機構となっております。夏になると気温が30度近くなっておりまして、冬になると0度以下になり、雪が降ることも有るようなエリアです。

また、チェコの四季はそれぞれ大きな特徴があります。4月から5月までの時期は春となっており、新緑のシーズンとなっております。チェコの花であるマロニエやライラックなどが咲き乱れる美しい時期となっております。

そして夏になると、先述したとおり、基本的には30度を超える温かい時期となっております。また梅雨などはありませんので、雨季などを気にせず観光を楽しむことができるようにもなっております。

また9月から10月になると、日本で言う秋と同じ景色になり、紅葉を楽しむことができるようなシーズンとなっております。また暑すぎず寒すぎないちょうどよい気候となっております。一番のおすすめの旅行時期です。

また、11月から3月は冬になっております。冬になると山間部で多くの雨が降ります。また先述したとおり、マイナスの気温になることもしばしばありますので、注意しておきましょう。ただしそこまで寒くないので安心です。

また、公用語などはチェコ語となっておりますし、チェコに住んでいる民族はスラブ系民族のチェコ人となっております。さらにチェコの通過は、チェココルナとなっております。EU諸国の一部ですが、ユーロは導入されておりません。

Thumbチェコのプラハ観光ガイド!旅行客に人気の名所やモデルコースを紹介!
チェコのプラハは観光にぴったりのヨーロッパでも有数の古都です。そんなチェコの首都プラハの観光...

チェコとは観光地に向いたおすすめのスポット!

チェコと言えば、数多くの世界遺産が存在している人気の高い旅行にもおすすめの場所となっております。特に首都であるプラハは人気が高くなっております。プラハ歴史地区は文化遺産にも登録されております。

その他にも、「チェスキー・クルムロフ歴史地区」や「聖ヨハネ巡礼教会」などが文化遺産に登録されております。ほかにもリトミシュル城やプロコピウス聖堂など人気の世界遺産が数多く存在しております。また建築物も価値の高いものがてんこ盛りです。

例えば、ロマネスク様式や、ゴシック様式、またルネサンス様式やロココ様式など数多くの様式が存在しております。首都プラハには非常に多く存在しておりますし、それ以外にも各地に点在しておりますのでおすすめです。

また、その他にも古城が数多くあったり、チェコビールも人気です。それ以外にもマリオネットなど伝統的な工芸品などが存在しております。そのため、見どころが数多くありますので、観光客からも旅行に人気の高いエリアとなっております。

Thumbチェコの観光旅行を楽しむコツ!おすすめの名所や治安の注意点も紹介!
中世の街並みが色濃く残るチェコは治安もよく、旅行におすすめの観光地です。プラハをはじめ、世界...

時差を知ることはチェス旅行を楽しむために大切!

日本から海外に行くときに大切になってくるのが、時差となっております。時差は比較的眺めの時差となってしまうと、体調を崩してしまうこともあったりと、チェス旅行を十分に楽しむことができなくなってしまいます。

そのため、国内からチェコのプラハに行くときには、必ず時差について理解しておくことが大切になってきます。時差を知っておけば、時差ボケを防止することが出来ますし、それに合わせて生活リズムを整えることもできるようになっております。

そのため時差を知ることは非常に大切です。飛行時間や旅行の計画をたてる上でも大切になってきます。また、日本にはないようなサマータイムなどについても存在しているのであれば、理解しておかないと困ることになるので、合わせて紹介させていただきます。

チェコにサマータイムは有る?

それでは続いて、チェコ(プラハ)にサマータイムが有るかどうかについて説明させていただきます。チェコ(プラハ)にはサマータイムというものが存在しております。日本では、サマータイムというものは導入されていないので耳馴染みがないでしょう。

そのため、サマータイムの文化については、日本に住んでいるような方には馴染みがないでしょう。しかし、サマータイムについて理解しておかないと非常に困る状況に巻き込まれる心配もございます。そのためしっかりと覚えておきましょう。

サマータイムは適応されている期間が決まっているので、ほとんど意識する必要なく旅行を楽しむことができるようになっております。意識するのは、飛行時間だけとなっておりますので、旅行は基本的には普通に楽しめます。

しかしながら、サマータイムの切り替わりの時期になると、切り替わり前と切り替え後で1時間すべての公共交通機関で時間がずれてしまいます。そのため時計の針などを変更していないと時間を勘違いしてしまう恐れもあります。

そのため、サマータイムはしっかりと理解しておくことが大切になっております。サマータイムの適応時期や、サマータイムの概要などについてちゃんと覚えておきましょう。非常に大切になっております。

サマータイムとは?

それでは続いて、サマータイムとは何なのかについて説明させていただきます。サマータイムとは、日が昇っている期間に、時計の針を1時間進める制度のことを指しています。一般的に3月から11月までの期間に施行されております。

また、このサマータイムを施行すること有用なことが数多く存在しております。その中でも最も効果的なのが、太陽が出ている時間帯を有効に活用することができるということです。欧米やEU諸国を中心に導入されております。

また、サマータイムと言うと、海外でも通じるような英語のように感じるかもしれませんが、実際はサマータイムは和製英語となっております。アメリカなどでは、「デイライト・セイビング・タイム」というふうに呼ばれております。

サマータイムとは時差を計算するときに大切なもの!

先述したとおり、サマータイムは、時間を1時間ずらして1日の時間を有効活用することができる制度となっております。そのため、時差を計算するとなると、サマータイム適応時期と、サマータイムを適応していない時期によって日本とチェコ(プラハ)の時差の計算方法が異なってきます。

サマータイムを考慮しないときのチェコの時差は?

サマータイムを考慮しないときのチェコの時差についてまず説明させていただきます。サマータイムを考慮しないときのチェコの時差についてですが、結論だけ言うと、日本とチェコの時差は8時間となっております。

そして、チェコのほうが日本よりも8時間遅れております。反対に言うと日本の方が、進んでいるということになります。そのため、日本が午前10時の場合は、チェコの現地時間は8時間引き算した午前2時となっております。

一方で、チェコが午前10時のときの日本の現在時間は、8時間足し算した値となります。そのためチェコが午前10時のときの日本の現在時刻は、夕方の18時となっております。8時間足し引きすることで、現地時間や現在時刻がわかります。

サマータイムを考慮しないときのチェコの時差の計算方法は?

サマータイムを考慮しないときのチェコの時差の計算方法について説明させていただきます。サマータイムを考慮しないときのチェコの時差の計算方法についてですが、日本とチェコの経度差から計算することが出来ます。

サマータイムを考慮しないときのチェコの経度は、東経15度となっております。また日本の東経は、135度となっております。そのためチェコと日本の経度差を計算すると、135から15を引き算して、120度となっております。

また、時差は、経度差が15度につき、1時間の時差が生じるようになっております。そのためチェコと日本の時差を計算すると、120度を15度で割り算したときの値である、8時間となっております。

そのため、日本とチェコの時差は、8時間となります。加えて、日本のほうが、チェコに比べると日付変更線に近くなっておりますので、そのため日本のほうが8時間進んでいるということになっております。

サマータイムを考慮したチェコの時差は?

続いて、サマータイムを考慮したチェコの時差について説明させていただきます。サマータイムを考慮したチェコの時差についてですが、チェコにはサマータイムが導入されておりますので、サマータイム施行中は時差が異なります。

サマータイムを考慮したときのチェコの時差についてですが、結論から言いますと7時間となっております。サマータイムを施行していないときと比べると1時間短くなっております。サマータイム中は時差が短くなっております。

そのため、サマータイムの期間中であれば、日本が午前10時であるときは、チェコの時刻は10時から7時間を引き算した、午前3時となります。またチェコが15時の場合は、日本の現地時間は7時間足し算して22時となります。

また、チェコのサマータイム施行期間ですが、毎年、3月の最終日曜日の深夜2時からとなっております。そのため3月の最終日曜日の深夜2時になると、自動的に時計の針が1時間進み、3時になることになります。

また、チェコのサマータイムの終了時間についてですが、10月の最終日曜日となっております。10月の最終日曜日の深夜3時になると、自動的に2時に戻ることとなります。そのためサマータイム期間中は時差が1時間短くなります。

サマータイムを考慮したチェコの時差の計算方法は?

サマータイムを考慮したチェコの時差の計算方法について説明させていただきます。サマータイムを考慮したチェコの時差の計算方法についてですが、経度差を用いて計算するところまでは、先述したところと同じになります。

しかしサマータイムの期間中は、チェコの現地時間が1時間進むこととなります。日本はサマータイムがありませんので、その分、1時間時差も小さくなります。そのため8時間から1時間を引き算した値である7時間となります。

日本からチェコに行くときの飛行時間は?

日本からチェコに行くときの飛行時間について説明させていただきます。日本からチェコに行くときの飛行時間についてですが、そもそも日本からチェコ(プラハ)への直行便は存在しておりません。

そのため、ドイツやフィンランドなどのヨーロッパの都市を経由しながら向かうこととなります。そのため日本からチェコ(プラハ)に行くときの飛行時間は、乗り換え時間も踏まえて、14時間から15時間近く飛行時間がかかります。

例えば、フィンランドのヘルシンキに向かう場合は、日本からフィンランドまでおおよそ10時間の飛行時間となり、フィンランドからチェコ(プラハ)までは2時間程度となります。また、韓国のソウルからは直行便があります。

時差ボケを防止してチェコ旅行を楽しむ方法を知ろう!

続いて、時差を防止しながらチェコ旅行を楽しむ方法について説明させていただきます。時差は7時間以上存在していると、時差ボケを起こしてしまう恐れがあります。時差ボケを起こしてしまうと体調を崩してしまいますので、チェコ旅行をたっぷり楽しめなくなります。そのため旅行に行くときはしっかりと対策が必須です。

時差ボケを防止してチェコ旅行を楽しむ方法1「旅行先の生活に合わせる」

時差ボケを防止してチェコ旅行を楽しむ方法1つ目は「旅行先の生活に合わせる」となっております。出発する前から、チェコの生活リズムに合うように生活するように徐々に生活リズムを変えていくようにします。チェコに行く場合は、遅寝、遅起きを心がけることで、時差ボケを比較的防止することができるようになて取ります。

時差ボケを防止してチェコ旅行を楽しむ方法2「水分補給を行う」

時差ボケを防止してチェコ旅行を楽しむ方法2つ目は「水分補給を行う」となっております。脱水症状になると、激しく時差ボケを引き起こしてしまう要因となっております。また水分補給は、エコノミー症候群を防ぐためにも大切となっております。そのため時差ボケを防ぎながらエコノミー症候群を防ぐために水を飲みましょう。

チェコと日本の時差を知ろう!時差と飛行時間を知って旅行を快適に!

いかがでしたか。今回はチェコと日本の時差などについて紹介させていただきました。チェコと日本の時差は8時間もありますし、サマータイムにもなると7時間と少し短くなります。またチェコは季節の変化が日本と似ておりますので、観光にも抜群となっております。飛行時間などを知って旅行を快適に行いましょう。

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
Sytry

人気の記事

人気のあるまとめランキング