オーストラリアと日本の時差は?飛行時間や時差ぼけを軽減する方法紹介!

オーストラリアは日本から南にあり飛行時間も10時間ほどあります。時差ぼけはどれくらいになるのでしょうか。海外旅行に行くと必ず気になる時差ぼけ。今回はオーストラリアの飛行時間や、どれくらい時差ぼけになるのかを見ていき、その対策方法も考えていきましょう。

オーストラリアと日本の時差は?飛行時間や時差ぼけを軽減する方法紹介!のイメージ

目次

  1. 1オーストラリアは時差ぼけの心配がない?
  2. 2オーストラリアは飛行時間が長い!
  3. 3オーストラリアの飛行時間は?
  4. 4飛行時間の長いオーストラリアの時差は場所による?
  5. 5飛行時間の長いオーストラリアの東部の時差は?
  6. 6飛行時間の長いオーストラリアの中部の時差は?
  7. 7飛行時間の長いオーストラリアの西部の時差は?
  8. 8飛行時間の長いオーストラリアのサマータイムの時差は?
  9. 9飛行時間の長いオーストラリアは時差ぼけがない?
  10. 10飛行時間の長いオーストラリアの時差ぼけの軽減は時間がかかる?
  11. 11飛行時間の長いオーストラリアで時差ぼけは無理をしない
  12. 12飛行時間の長いオーストラリアで時差ぼけにあった時は?
  13. 13飛行時間の長いオーストラリアで時差ぼけにあったら休憩が第一
  14. 14飛行時間の長いオーストラリアで時差ぼけにあったら太陽を浴びよう!
  15. 15オーストラリアで時差ぼけの時は帽子とサングラスは必須!
  16. 16飛行時間の長いオーストラリアで時差ぼけにあったら食事で治す
  17. 17飛行時間の長いオーストラリアで時差ぼけにあったら朝食で治す
  18. 18飛行時間の長いオーストラリアでは現地の生活に合わせる
  19. 19飛行時間の長いオーストラリアは時差ぼけでなく季節ぼけ?
  20. 20飛行時間の長いオーストラリアは時差ぼけならぬ季節ぼけを楽しむ
  21. 21飛行時間の長いオーストラリアの旅行はいつがいい?
  22. 22オーストラリアで時差ぼけ対策は飛行機の過ごし方?
  23. 23飛行時間の長いオーストラリアでは時差ぼけに注意しよう

オーストラリアは時差ぼけの心配がない?

オーストラリアに旅行に行くときまず心配になるのが時差のことです。オーストラリアと日本では時差はどれくらいなのでしょうか。時差ボケになる心配があるので、あらかじめ日本にいる時に時間をずらして生活する人も多いのではないでしょうか。しかしオーストラリアと日本の時差は少ないです。時差ボケの心配はそもそもないのです。

オーストラリアは飛行時間が長い!

オーストラリアは非常に飛行時間が長いことでも有名です。南にあるのでハワイなどと同じように気軽に行くことができる観光地に思いますが、オーストラリアはヨーロッパに行くのと同じぐらいの飛行時間がかかります。飛行時間がたくさんかかるにも関わらず、意外と時差ぼけがないのが不思議なところなのです。

オーストラリアの飛行時間は?

オーストラリアの飛行時間はいったいどれくらいなのでしょうか。時差ぼけの前に行く時間についてみていきたいと思います。オーストラリアの飛行時間は場所によって微妙に変わります。人気観光地のシドニーは9時間以上かかります。メルボルンの飛行時間は10時間以上かかります。場所によって飛行時間が変わるのですが、だいたい9時間ほどです。

ケアンズまでは北側にありますので飛行時間は7時間半ぐらいで着きます。ブリスベンまでの飛行時間は9時間ほどです。さらにゴールドコーストまでの飛行時間は同じく9時間ほどになっています。ヨーロッパのように飛行時間が長いです。

オーストラリアは飛行時間が長いので時差も大きいかと思いますが、飛行時間に対して時差は短いです。それほど大きく時差ボケをするというわけでもありませんので、旅行するには快適なのです。

飛行時間の長いオーストラリアの時差は場所による?

オーストラリアの時差は日本とあまり時差が少ないので時差ぼけの心配もないとよく言われます。オーストラリアの場所によって時差が変わります。横に広がっていますので東と西とでは時差の時間が微妙に違います。例えばオーストラリア東部では日本の時差は1時間ほどで、中部では30分ほどです。

日本とオーストラリアの時差は1時間から2時間程度ですのでかなり快適に旅行することができるのが分かります。日本人からの観光客が多いのもよく分かります。時差が少ないので当然時差ボケを直すのも早いです。

オーストラリアは地域によって季節は変わったりもします。オーストラリアはとても土地が広いので東と西とでは気温や気候の変化も違いがあるのです。7時間で行けるところもあれば12時間の飛行時間が必要なところもあります。

飛行時間の長いオーストラリアの東部の時差は?

オーストラリアは場所によって時差が変わります。場所によって時差は変わるのですがそれほど大きく変わるということもありません。日本の20倍近い広大な土地を持っているオーストラリアは、当然東側と西側とでは全然時差が違います。日本と時差がそれほどないのは中部です。オーストラリアの真ん中は時差が少ないです。

東側はオーストラリアの人気観光地であるシドニーなどがあります。シドニー以外にもメルボルンやブリスベンやケアンズなどがあります。観光客で日本から訪れる人も多いのではないでしょうか。東側の時差は1時間ほどです。

飛行時間の長いオーストラリアの中部の時差は?

続いてオーストラリアの中部の時差を見ていきたいと思います。オーストラリアの真ん中は時差がとても少ないです。シーズンによってはほとんど時差を感じることがないこともあります。30分から1時間ぐらいの時差です。中部でも場所によって微妙に時差が違ったりしますが、0.5時間くらいが中部の時差です。

飛行時間の長いオーストラリアの西部の時差は?

オーストラリアの西側の時差はどれくらいなのでしょうか。オーストラリアの西側の時差は東側と同じぐらいの1時間になっています。砂漠が広がっているエリアですので移住したりする人も多く住みやすい街として知られています。有名な観光地やビーチなどもありますので、遊びに行く日本人観光客もたくさんいます。

飛行時間の長いオーストラリアのサマータイムの時差は?

オーストラリアにはサマータイムがあります。サマータイムという聞きなれない言葉ですが、日が出ている時間が長い夏の期間だけ時間を1時間進めるという制度がサマータイムです。サマータイムの時給は当然時差も変わります。標準時間が1時間進むので時差は1時間短くなるということです。オーストラリアでも同じです。

オーストラリアではほとんどの州が毎年10月の第1日曜日から4月の第1日曜日までサマータイムの時間になっています。シドニーやキャンベラ、メルボルンなど有名な都市でサマータイムが実施されています。

オーストラリアには三つのタイムゾーンがあり、東と中部と西部の三つのタイムゾーンがあります。東はブリスベンやシドニーなど。中部はアデレードなどで、西部はパースなどです。この三つのタイムゾーンでサマータイムの時間なども決まります。

飛行時間の長いオーストラリアは時差ぼけがない?

オーストラリアは時差ぼけにならないことでも有名です。時差が少ないのでそもそも時差ぼけになる可能性が低いのです。オーストラリアに行ってもあまり時差ぼけにならなかったという人も多いのではないでしょうか。オーストラリアは時差が少ないので非常に時差ぼけの心配が少ないのです。

オーストラリアの時差は少ないところでは1時間前後で多くても2時間ぐらいです。シドニーは時差が2時間ぐらいですので、日本時間にプラス2時間ぐらいです。日本とオーストラリアで連絡するのも非常に楽で、時差が少ないので生活時間が似ています。

生活時間が似ていますので食事の時間なども日本にいた時と同じような時間に食事を取りたくなります。違う時間に食べると美味しく食べれないことが多いですが、オーストラリアと日本の時差は同じくらいですので、食事も美味しく食べれます。

飛行時間の長いオーストラリアの時差ぼけの軽減は時間がかかる?

オーストラリアに旅行に行くと飛行時間が長いので必ず時差ボケになってしまいますが、実はこの時差ぼけはかなり治すのに時間がかかるのです。時差ボケというの体の体内時計が狂っているということですが、体の体内時計を治すのには1日で2時間程度しか治すことができないようになっています。ヨーロッパなど時差が大きいところは大変です。

イギリスの後は8時間から9時間ほど時差がありますが、あまりに時差が大きいので1日2時間ずつしか治せないのであれば、最低4日間は時差を治すための時間が必要になるということです。しかしオーストラリアは時差が少ないので安心です。

2時間ほどの時差ですので、オーストラリアで持参を治す時は、1日で治るということになります。時間がかかっても2日後ぐらいには時差ぼけがなくなっていますので、オーストラリアの旅行が快適なことがわかります。

飛行時間の長いオーストラリアで時差ぼけは無理をしない

体内時計がずれているだけなのでそれほど心配もないもんだろうと、オーストラリアでそのままマリンスポーツやトレッキングを楽しんだりする人も多いのではないでしょうか。しかしオーストラリアで時差ぼけに会った時は、なるべく無理して体を動かすことをやめたほうがいいでしょう。意外と大変なので時差ぼけです。

スポーツ選手でも時差ぼけになっている時は昼間の運動で休憩を入れて行なったり、突然倒れてしまったりしないように十分注意しているようです。体はだるくて気持ちが沈んだりすることもありますので、何をやるのも弱気になったりします。

時差ぼけに会った時はホテルの周辺で観光するようにしたり、日差しが強い時はこまめに水分をとったり日陰のところで休憩したりするのがおすすめです。オーストラリアは日光が暖かいので症状がより悪化してしまう可能性もあります。

飛行時間の長いオーストラリアで時差ぼけにあった時は?

オーストラリアで時差ぼけに会った時はどうすればいいのでしょうか。時差ぼけは基本的に5時間以上かかる距離のところで時差ボケに会うと言われています。飛行機に乗って時差があまりにも長いので5時間以上もあると現地に行った時時差ぼけを発症する可能性があるのです。時差ぼけにあった時にはどうすればいいのでしょうか。

オーストラリアで時差ぼけに会った時はすぐに休憩するのがいいでしょう。無理して観光を続けたり、友達と旅行に行っているときは友達に合わせて時差ぼけしているのに無理して遊んだりしていると症状が大きくなってしまう可能性があります。

時差ぼけしている時は疲労感や頭痛などを感じますので、疲れたらすぐに休めるようにしておくといいでしょう。体が疲れている時はすぐに休めるところを探しておくといいです。無理にコーヒーを飲んで眠気を覚ましたりするのもあまり良くありません。

飛行時間の長いオーストラリアで時差ぼけにあったら休憩が第一

時差ボケの原因は眠さや、睡眠のリズムが狂っているので体が疲れてしまうということです。時差ボケで歩くのも疲れるという場合はホテルに行って休憩するのがいいでしょう。あまり無理して観光していると次の日も時差ぼけが治らなかったりするので、せっかくのオーストラリア旅行の全ての日数を時差ボケで使ってしまいそうです。

オーストラリアの時差ならば1日で治すことができますので、時差ボケの時は無理せずにホテルに行って仮眠をとったり、最初の1日はすぐにベッドに入って休むなどをすると良いでしょう。翌日は朝早く起きて朝から観光するのがおすすめです。

寝るというのが一番時差ボケ解消にはいいので、布団に入ってゆっくりと休むようにしましょう。現地の人と同じ時間に食事をとったり、同じ時間に寝たりすると言う、生活リズムを合わせるのが一番時差ぼけ解消にいいです。

飛行時間の長いオーストラリアで時差ぼけにあったら太陽を浴びよう!

オーストラリアで時差ぼけにあって、なかなか生活リズムが治らない場合は、太陽の光を浴びるようにしましょう。太陽の光を浴びると1日のリズムを整えることができますので、午前中から観光して、外で太陽の光を浴びるといいでしょう。太陽の光を浴びていると気持ちも落ち着くし、時差ぼけを治すことができます。

季節によっては日が出ていない日があったり、雨が降っていたりする時もありますが、時差ぼけの時は是非とも、太陽の出ている日は外に出て遊ぶようにしましょう。太陽の光を使って生活リズムを整えるのも時差ぼけ解消方法の一つです。

オーストラリアは年間を通して日差しがとても強いです。外に出るときは日焼け止めなどを持っておくといいでしょう。サングラスなども重要です。日差しを浴びることは重要ですが、時差ぼけのフラフラした状態で行くと大変なので帽子があるといいです。

オーストラリアで時差ぼけの時は帽子とサングラスは必須!

オーストラリアは日差しが非常に強いので、外を散歩する時は必ず日焼け止めとサングラスと帽子を持っていくと良いでしょう。外を観光しているととても日差しが気になります。日差しがあまりにも強いので日光で頭がふらふらして余計疲れてしまうことがあります。時差ボケの時に外に出るときは十分日光に注意した方がいいでしょう。

サングラスをかけている人はほとんどです。日差しが強くて紫外線も強いので、外を歩く時は必ずサングラスと帽子をかぶってる人がいらっしゃいます。外に行くときは万全の準備をしておくといいでしょう。お肌にも悪いので紫外線対策も重要です。

紫外線カットのサングラスなどが販売されていますので、そうした商品を利用するのも良いでしょう。オーストラリアで朝方にジョギングする時はスポーツ用のサングラスを持っておくのもいいです。通気性の良い帽子をかぶって出歩くのもおすすめです。

飛行時間の長いオーストラリアで時差ぼけにあったら食事で治す

オーストラリアで時差ぼけに会ってしまった時は食事をコントロールするのがいいでしょう。食事の時間によって寝る時間が変わります。寝る前に食事をとるとなかなか眠れなくなりますので、時差ぼけを早く解消したいなら夜早く寝るために、なるべく早めにお食事をするといいでしょう。前日の食事の時間なども重要です。

前日と同じような時間に食事をとりたくなるものですので、前日から食事のコントロールをしておくといいでしょう。ヨーロッパなどを10時間以上もフライトをしているところでは、時差も大きくなるので食事は非常に重要になります。

日本とオーストラリアは時差は2時間ほどしかありませんので、それほど食事の時間を気にする必要もありませんが、夜早く寝るためになるべく早めに食事を取ってホテルで休息をとると良いでしょう。

飛行時間の長いオーストラリアで時差ぼけにあったら朝食で治す

オーストラリアで時差ぼけに行ったら朝食を見直してみるのも良いでしょう。オーストラリアで時差ぼけに会った時に、タンパク質や炭水化物、それから魚の脂などが時差ボケ解消に良いと知られています。魚の油は体内時計を直してくれる栄養素がありますので、脳にも非常に良くて時差ぼけ解消につながります。

オーストラリアはモーニングをやっているカフェなどがあり、エッグベネディクトやワッフルやパンケーキなど定番の朝食があります。朝から食べたいものがたくさんありますが、お魚を使ったお料理を出しているモーニングを探してみるのも良いでしょう。

時差ぼけを治すために1日目の朝食は時差ボケ解消にあった栄養素の高いものを選んでモーニングをするといいかもしれません。食事をきちんととるだけでも時差ボケ解消につながりますので、1日目の朝食はとても重要です。

飛行時間の長いオーストラリアでは現地の生活に合わせる

オーストラリアで時差ぼけを治したいならばなるべく現地の時間に合わせて生活をするというのがおすすめです。現地の時間にあった生活をしていると、時差ぼけを解消することができます。睡眠時間や食事で治すのもいいですが、現地の人と同じ時間に朝食をとったり、夕食をとったり、睡眠時間を同じにするというのもとても大事です。

生活習慣を現地の人と全く同じにしていくのが時差ボケ解消につながります。エネルギーが有り余って夜中まで遊びたい時でも、最初の一日くらいは時差ぼけを解消するためになるべく早く寝るといいでしょう。

オーストラリアでは現地の時間に生活を合わせるために、1日3回の食事の時間をしっかりと現地の人と同じ時間に取るのがいいでしょう。日本の時間に合わせて食事をとると、なかなか時差ぼけが治らないので、現地時間に合わせるのがおすすめです。

飛行時間の長いオーストラリアは時差ぼけでなく季節ぼけ?

オーストラリアは実は時差ボケでなく季節ぼけするとよく言われています。時差ボケよりも季節がいつも暖かくて日本と全く違いますので、季節ぼけをしてしまうという心配があります。長い飛行時間によって南の方に飛んで行きますから、季節ぼけする可能性が高いのです。日本が夏の時には向こうが冬と真逆なのです。

さらに一年中340日以上暖かくて晴れています。一年中過ごしやすいのですが、南半球と北半球では季節が逆になりますので、日本で冬が夏になり、日本で夏がオーストラリアでは冬になっているので季節が全然違います。

季節が違うので日本で寒い季節を過ごしたくない人はオーストラリアに行ったりするのです。時差ボケの問題よりかオーストラリアは季節ボケの心配がありますので、オーストラリアにいると季節が分からなくなります。

飛行時間の長いオーストラリアは時差ぼけならぬ季節ぼけを楽しむ

オーストラリアは時差ボケよりも季節ぼけになることが多いので、季節を選んでいくといいでしょう。12月から2月までの間は日本では冬になっていますがオーストラリアでは夏になっています。少しでも暖かい季節を過ごしたいならば、オーストラリアに冬の季節に旅行してみるのもいいでしょう。季節を楽しむことができます。

オーストラリアは冬の間でも半袖で過ごせるほど暖かいのですが、一応6月から8月の間は冬とされています。11月から3月までは雨季になっており、雨が多く降ったりします。日本と季節が全然違いますので季節を楽しむのがいいでしょう。

また季節だけでなく昼と夜でも気温の差が激しいことでも有名です。夜になると急に涼しくなったり、昼間は暑すぎて過ごすことができないほど暑かったりします。夜に比べて昼間はとても暑く日射病にも注意が必要なのです。

飛行時間の長いオーストラリアの旅行はいつがいい?

では、オーストラリアの旅行はどのシーズンがいいのでしょうか。季節が全く違いますので季節の違いを利用してオーストラリアに旅行しに行かれる方もたくさんいらっしゃるでしょう。旅行の季節は非常に重要になってきます。オーストラリア全体で、州によっても季節や気候が変わりますので、そうしたところも注意です。

エアーズロックがあるような砂漠性気候の地域は雨が少なかったり、一年中暖かくてと海が広がっているシードには日本のように季節の変化を楽しむことができたりもします。12月から2月頃はオーストラリアは暖かいので、この時期もおすすめです。

地中海性気候に属しているパースでは美しい季節を楽しむことができたりもします。旅行のベストシーズンを探すならばオーストラリアで何を見たいか、どういう季節の時期に行きたいのか考えて旅行してみると良いでしょう。

オーストラリアで時差ぼけ対策は飛行機の過ごし方?

オーストラリアで時差ぼけ対策をするなら、飛行機の時間の過ごし方が重要です。飛行時間があまりにも長いので飛行機の中でしっかりと休息をとったり、食事をとったりしてリラックスするといいでしょう。旅行中に疲れてしまわないように飛行機の過ごし方はとても重要になります。

飛行時間は10時間ほどありますので必ず寝ることになると思います。夜のフライトで行く場合はしっかりと眠らなければいけないので、イヤホンや耳栓、アイマスクなど、飛行機で使うことができるものを用意しておくといいでしょう。

飛行時間が長いのでお食事が出ます。フライト中はしっかりと食事をとって、次の日元気で旅行することができるように万全の準備をしておくといいでしょう。飛行機でゆっくり過ごせることが時差ボケ対策にもつながります。

Thumbオーストラリアの季節や気候の特徴は?服装や旅行のベストシーズンも紹介!
オーストラリアは日本からも旅行で行く方が多い人気の観光地です。日本とは逆の季節のオーストラリ...

飛行時間の長いオーストラリアでは時差ぼけに注意しよう

いかがでしたか?オーストラリアで時差ぼけに会った時は無理をせずに休息をとるのがおすすめです。外に出て太陽の光を浴びれば治ることが多いので、是非とも外を散歩してみると良いでしょう。時差ぼけはオーストラリアは時差が少ないので治る可能性も高いです。オーストラリアで時差ぼけに会ったらすぐに休息をとるようにしましょう。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
tabito

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ