メルボルン空港から市内へのアクセスは?免税店や周辺のホテルもチェック!

メルボルン空港はオーストラリアの空港です。快適で使いやすいメルボルン空港から、市内にアクセスするにはどうすればいいのでしょうか。今回はメルボルン空港から市内までのアクセス方法と、免税店やホテル、ラウンジの情報などを見ていきます。

メルボルン空港から市内へのアクセスは?免税店や周辺のホテルもチェック!のイメージ

目次

  1. 1メルボルン空港から市内にアクセスしたい!
  2. 2メルボルン空港から市内へアクセスするには?
  3. 3メルボルン空港から市内へはバスが一番?
  4. 4メルボルン空港からバスで市内に移動する料金は?
  5. 5メルボルン空港から市内に行くスカイバスのチケット売り場は?
  6. 6メルボルン空港からスカイバスで市内に移動する時間は?
  7. 7メルボルン空港からスカイバスで市内に行くならオンラインで!
  8. 8メルボルン空港から市内にタクシーで行く場合は?
  9. 9メルボルン空港から市内までのタクシーは高い?
  10. 10メルボルン空港でお土産を買おう!
  11. 11メルボルン空港の人気お土産屋1:ザ・チョコレート・ボックス
  12. 12メルボルン空港の人気お土産屋2:メルボルン・デューティーフリー
  13. 13メルボルン空港の人気お土産屋3:オーストラリアン・プロデュース・ストア
  14. 14メルボルン空港で買うべきお土産1:コスメ
  15. 15メルボルン空港で買うべきお土産2:チョコレート
  16. 16メルボルン空港で買うべきお土産3:カンガルーグッズ
  17. 17メルボルン空港付近でホテルを取るより市内に出たほうがいい?
  18. 18メルボルン空港にラウンジはある?
  19. 19メルボルン空港の中にレストランはある?
  20. 20メルボルン空港にWi-Fiはある?
  21. 21メルボルン空港に泊まることができる?
  22. 22メルボルン空港から市内までの移動は簡単!

メルボルン空港から市内にアクセスしたい!

メルボルン空港からサザンクロス駅など鉄道が走っているところまでどうやってアクセスすればいいのでしょうか。メルボルン空港からは長距離の電車などが出ていませんので、タクシーか長距離バスを利用することになります。今回はメルボルン空港から市内までのアクセスや空港の免税店に周辺のホテルを見ていきます。

メルボルン空港から市内へアクセスするには?

メルボルン空港から市内へどうやってアクセスすれば良いのでしょうか。まず最初にオーストラリアの都市メルボルンの空港から市内へアクセスする方法を見ていきたいと思います。空港からはシャトルバスが出ていますのでバスで行くこともできます。タクシーが出ているのでタクシーでも大丈夫です。

その中でも安く行くことができると言われているのがスカイバスでの移動です。海外は日本と違ってかなり土地が広く、長距離のバスなどが空港から運行している場合があります。オーストラリアの場合も長距離バスで移動する方がメリットが高いのです。

長距離バスはタクシーに比べてかなり安い値段で利用することができるのが良いところです。家族連れのお客さんでもグループで利用する場合は子供の料金がかからなかったりしてとても利用しやすいのです。

メルボルン空港から市内へはバスが一番?

メルボルン空港から市内にアクセスするにはスカイバスというのが走っていますので、スカイバスを使って長距離移動すると良いでしょう。メルボルン空港にスカイバスというのが来ますので、空港からスカイバスに乗って市内まで3、40分で行くことができるようになっています。空港からはバスを使いましょう。

メルボルン空港からスカイバスを使うとサザンクロス駅までは40分に行くことができるようになっています。24時間運行していますので、夜にサザンクロス駅に行くこともできるようになっています。大人1人料金で16歳以下の子供は無料で乗ることができます。

さらに、スカイバスの車内ではWi-Fiを無料で使うことが出来るのも良いところです。大きなスーツケースを預ける時はどうすればいいのか困ってしまいますが、スーツケースももちろんちゃんと預けることができるようになっています。

メルボルン空港からバスで市内に移動する料金は?

メルボルン空港からサザンクロス駅に移動するにはどれくらいの料金でアクセスすることができるのでしょうか。メルボルン空港からサザンクロス駅までの片道切符は20ドル以下になっています。タクシーに乗るよりもはるかに安い値段で移動することができます。子供料金も16歳以下は、大人料金が支払われていれば無料になります。

大人1人と子供が4人いる場合は、子供が16歳以下の場合大人1人分の19.5ドルだけ支払えばバスに乗ることができるようになるのです。子供がたくさんいる家族にとってスカイバスは市内に移動するのに非常に便利で安い高速バスなのです。

さらにオンラインで予約することができますので、オンラインでスカイバスを予約する場合は通常の料金よりもちょっとだけ安くなります。通常のスカイバスの料金が片道19.5ドルですが、オンラインで予約すると18ドルで利用することができるようになります。

メルボルン空港から市内に行くスカイバスのチケット売り場は?

メルボルン空港からサザンクロス駅まで長距離移動することができるスカイバスのチケットはどこに販売されているのでしょうか。メルボルン空港でスカイバスのチケット売り場は、スカイバスの乗り場の隣に併設されていますので、そちらでチケットを購入することができるようになっています。オンラインでないなら現場で買うと良いでしょう。

スカイバスの乗り場はメルボルン空港のターミナル1と3と4の3つあります。どちらからでも乗ることができ、大型のバスが止まっているので、スカイバスの乗り場は外に出ればすぐにわかるでしょう。チケットは往復と片道があります。

チケット売り場で乗車する人数と片道料金か往復料金か売り場の人に伝えます。他にも乗り場の近くには自動で購入することができる券売機がありますのでそちらで購入するのも良いでしょう。時間に余裕がある時はオンラインで購入するのが1番いいです。

メルボルン空港からスカイバスで市内に移動する時間は?

メルボルン空港からサザンクロス駅までアクセスするのにどれくらい時間がかかるのでしょうか。空港から市内まで結構な距離が離れていますが、時間によっては最短で30分くらいで到着します。30分から40分ほどで市内まで行くことができると考えておくと良いでしょう。バスの本数も10分間隔でありますので深夜までたくさんバスが走っています。

夜に空港に着く人もいらっしゃるでしょう。夜でも15分から30分ほどの間隔でバスが運行しています。深夜と早朝はバスの運行回数が少ないのですが、昼間の場合は普通のバスを利用するのと同じ位の本数で乗ることができるようになっています。

メルボルン空港からスカイバスで市内に行くならオンラインで!

あらかじめ空港からバスに乗ることがわかっているならば、空港に着いた時に少し時間があるならば、オンラインで購入してしまうのが1番いいです。オンラインで購入すれば現金を両替する必要もないし、クレジットカードで支払うことができるのが良いところです。さらにオンラインで購入すれば割引料金で購入することができます。

オンラインだとクーポンを使える時がありますので18ドルからさらにクーポンで割引料金で購入することができたりします。なるべく移動するための料金を安くしたいならば、オンラインで予約してしまうのが1番良いのではないでしょうか。

メルボルン空港から市内にタクシーで行く場合は?

メルボルン空港からはタクシーが出ていますので、タクシーでアクセスするのも1つの移動手段であります。市内までタクシーで駅に行くことができますので、友達やグループで行く場合はタクシーを利用する人もいるのではないでしょうか。しかし、タクシーで市内まで行く場合はスカイバスのようなコストパフォーマンスを望むことができません。

メルボルン空港から市内までタクシーを利用すると80ドルほどと高速道路の費用等がかかりますので、乗車料金の他にも別途料金がかかってしまい、かなりの料金になってしまいます。20ドル以下で行けるスカイバスと比べて3倍以上の料金がかかります。

バスで隣の人同士と座って市内までアクセスしたくないと言う人であればタクシーを使う方が良いでしょう。しかし30分ほどの距離ですので荷物もちゃんと運んでもらえるスカイバスを利用する方が普通の人ははるかにメリットが高いのではないでしょうか。

メルボルン空港から市内までのタクシーは高い?

メルボルン空港から市内までタクシーの料金が高いことがわかりました。ターミナルの到着ロビーの外にあるのですぐにタクシーを拾うことができるのですが、大体オーストラリアドルで60ドルから80ドルほどタクシー料金がかかるので注意が必要です。さらに空港利用料というのを支払わなければいけないのも注意が必要です。

メルボルン空港から市内までタクシーでアクセスするには、タクシーの移動料金と一緒に、空港に止まっているので空港の利用料金が3.6ドルほどかかります。高速料金も乗るので高速料金の利用料金も支払わなければいけなくなるのです。深夜料金もあります。

深夜には深夜料金というのがありますので料金が2割ほど増加する可能性がありますので注意が必要です。深夜でも使いますが走っていますので、深夜で市内に移動する場合はスカイバスのほうがはるかにお得になると考えておいた方が良いのではないでしょうか。

メルボルン空港でお土産を買おう!

メルボルン空港から市内までバスで移動する場合は10分から15分間隔でバスが運行していますのでいつ出発しても大丈夫です。空港にせっかくついたのだからお金を両替したり、免税店などでお買い物をしたり、帰りに買うものをチェックしておきたいところです。メルボルン空港で買うことができるお土産なども見ていきましょう。

メルボルン空港では4つのターミナルがあります。空港の中に素敵なオーストラリアらしいお土産屋さんがあります。カンガルーグッズを集めているお店から、オーストラリアのご当地のお土産などを購入することができるところがあります。ブランド店もあります。

オーストラリアの有名なブランドのお店などがありますので、免税店で安く素敵なファッションを購入するのも良いでしょう。オーストラリアはチョコレートが有名で、お土産でチョコレートを買う人も多いかもしれませんが、チョコレートの専門店もあります。

メルボルン空港の人気お土産屋1:ザ・チョコレート・ボックス

ザ・チョコレート・ボックスはメルボルン空港にある人気のチョコレートのお店です。免税店などでチョコレートのお土産を購入することができますが、こちらのお店はチョコレートの専門店ですので素敵なチョコレートのお土産を購入することができるようになっています。ばらまき用のお菓子で最適なチョコレートがあります。

1858年に創業した老舗のチョコレート専門店で、ターミナル1にありますのでぜひとも寄ってみてはいかがでしょうか。本格的な上品なチョコレートが販売されていますので、お家に買って帰るのもいいし、友達にあげるのも良いでしょう。

メルボルン空港の人気お土産屋2:メルボルン・デューティーフリー

こちらはメルボルン空港の免税店になっています。大きく免税店と言う看板がありますので、ターミナル2にとても大きな免税店があります。免税店の近くにはカフェなどもあって非常に利用しやすいです。オーストラリアの名産品からお酒なども購入することができますので、非常に便利な免税店になっています。

メルボルン空港の人気お土産屋3:オーストラリアン・プロデュース・ストア

メルボルン空港でお土産を買いたいなら、「オーストラリアン・プロデュース・ストア」というお店がおすすめです。こちらのお店はメルボルン空港の中でオーストラリアのご当地お土産を買うことができる免税店として知られています。オーストラリアと言ったらチョコレートのお菓子からワインからアボリジニなどいろんな名産があります。

メルボルン空港に着いた時に先にオーストラリアのご当地お土産を免税店でチェックしておくのが良いでしょう。チェックしておけば市内に出たとき空港で買えるものを購入しなくて済むようになります。荷物移動も楽になるのでおすすめです。

マヌカハニーなどオーストラリアで人気の蜂蜜なども購入することができます。もちろんクレジットカードなどで支払うことが可能ですので支払いも便利です。オーストラリアの動物グッズからオーストラリアで人気のワインのお土産などもあります。

メルボルン空港で買うべきお土産1:コスメ

オーストラリアと言ったら自然派のコスメやスキンケアなどが売っていることでも有名です。スーパーなどでも気軽にコスメを購入することができたり石鹸を購入することができたりしますので、オーストラリアのコスメは非常に人気があります。メルボルン空港でもコスメを購入することができますのでお土産に最適です。

免税店ではマヌカハニーなども販売されています。殺菌作用があるため美容にこだわる人にとって定番のアイテムです。メルボルン空港にももちろん免税店などで販売されていますのでお土産として買って帰るものも良いのではないでしょうか。

メルボルン空港で買うべきお土産2:チョコレート

オーストラリアといったらやはりチョコレートが人気があります。飛行機に乗るとお茶菓子としてティムタムが配られたりすることがありますが、オーストラリアのアーノッツと言う会社が作っている老舗のチョコレートのビスケットのお菓子で、日本でも大人気の商品です。オーストラリアには限定のティムタムなども販売されています。

チョコレートのブランドがたくさんありますが、オーストラリアではティムタムと言うクッキーでチョコレートクリームをサンドしたチョコレートビスケットが非常に人気があります。日本でもカルディーなどで購入することができる人気のお菓子です。

メルボルン空港のお土産屋さんや免税店なので購入することができますので、ぜひともティムタムのお土産を購入してみてはいかがでしょうか。ティムタムは味の種類がたくさんあり、日本で買えない味などもありますので探してみると良いでしょう。

メルボルン空港で買うべきお土産3:カンガルーグッズ

オーストラリアと言ったらコアラが有名なイメージがありますが、実は国民的な動物はカンガルーです。オーストラリアのコインなどにも描かれていたりしますので、国民的な人気動物として知られています。オーストラリアのメルボルン空港ではカンガルーのお土産がある「オーストラリアン・プロデュース・ストア」があります。

子供に大人気の可愛い顔があるのぬいぐるみ等を始め、カンガルーなどのお土産を見つけることができるお店です。もちろんカンガルーだけでなくオーストラリアの動物のお土産から、オーストラリアのマヌカハニーなども販売されています。

カンガルーのお土産を見つけたい人がたくさんいらっしゃるでしょう。メルボルン空港でも気軽に購入することができますので、こちらのお店もチェックしてみると良いでしょう。カンガルーの土産なら市内に出て動物園に行ってから買ってもいいでしょう。

Thumbメルボルンのお土産25選!おすすめのお菓子や雑貨など人気商品をチェック!
オーストラリアのメルボルンは、テニスの全豪オープンが開催される伝統ある都市です。観光名所も多...

メルボルン空港付近でホテルを取るより市内に出たほうがいい?

メルボルン空港の周辺で宿泊することができるホテルがあるのでしょうか。空港の近くのホテルに宿泊したいと言う人も多いのではないでしょうか。ラウンジがあり、そちらで休憩することもできますが、待ち合わせに時間があったり、仕事で行ったりした場合、空港の近くにホテルがあるか気になるところです。

メルボルン空港には「マルハバラウンジ」というのがあるので、ホテルに宿泊しなくてもこちらのラウンジを使って休憩してしまえば済むと言うこともあります。ラウンジは日本語対応してくれたりしますので非常に使いやすいラウンジです。

空港の近くにもパークロイヤルホテルなどいやイビスバジェットメルボルンホテルなどがあります。空港の近くにいくつかホテルがありますのでホテルに宿泊するのも簡単です。高級ホテルから比較的リーズナブルに泊まることができるビジネスホテルもあります。

メルボルン空港にラウンジはある?

メルボルン空港にラウンジがあるのか気になるところです。メルボルン空港には「マルハバラウンジ」と言うラウンジがあります。周辺のホテルは歩いて行ける圏内にありますが、混雑している時などはラウンジで休憩して次の予定に行くの方が無駄がなかったりします。ラウンジは広々とした休憩スペースがありしっかりとしています。

ラウンジではテーブル席などがありますのでクレープでテーブル席でお食事を取ったりすることもできます。数は少ないですが何種類かちゃんとしたお料理を楽しむことができます。スパゲティーからカレーなど日本人の口にも合うようなお食事があります。

バターやジャムなどをつけていただくことができるメニューが用意されていたり、フルーツが用意されていたりケーキが用意されていたりしますので、お茶をするのにも最適です。ドリンクメニューもアルコール等がありますのでラウンジでビールなども飲めます。

メルボルン空港の中にレストランはある?

メルボルン空港の中でお食事を取りたいものです。メルボルン空港の中にはどんなお食事処があるのでしょうか?メルボルン空港は空港の外にレストランがあったり空港の中で簡単にお食事をとれるところがあります。「Able Baker Charlie」はエルボルン空港の中にあるピザなどを楽しむことができるお店です。朝食などに便利です。

「P. J. O'Brien's」などもメルボルン空港の中にあるチキンやポテトなどの軽食をいただくことができるカフェです。アイルランド系の料理を楽しむことができるパブのようなところです。お酒を楽しむことができますのでカクテルやビールも飲めます。

エネルギーをつけるためにチキンやサンドなどボリュームのあるものを食べたい時に便利です。サラダのプレートがあったり、ハンバーガーなども食べることができますのでファーストフードを食べに行くには最適なカフェです。

メルボルン空港にWi-Fiはある?

空港利用するときにどうしても気になってしまうのかフリーWi-Fiのスポットがあるかと言うことです。Wi-Fiをつなぐことができればターミナルで待ち時間も安心です。ラウンジなどは必ずフリーWi-Fiがついていますが、空港ではどうなのでしょうか。もちろんオーストラリアの空港ではフリーWi-Fiのスポットがしっかりと用意されています。

オーストラリアの空港では無料で利用することができるフリーWi-Fiがあります。接続方法も非常に簡単で、ログインしてWi-Fiにつなぐことができる仕組みです。フリーWi-Fiのスポットによっては混雑していると混線してしまいますが比較的大丈夫です。

ログインにはメールアドレスから郵便番号から自分の名前とパスワードを入力して使うことができるようになっています。ある程度のログイン過程がありますのでセキュリティーは少しだけ安心のようですが、心配な場合は繋げない方が良いでしょう。

メルボルン空港に泊まることができる?

空港の時間によっては空港に宿泊しなければいけなくなったりします。メルボルン空港は24時間やっていますが、宿泊するのに最適な場所はあるのでしょうか。シャワーなども使いたいところです。実はメルボルン空港には誰でも使うことができるシャワーがあります。ちょっと宿泊したい人にもおすすめです。

ファーストフード店などは24時間営業しているところがありますが、横になって眠る場所も欲しいところです。しかしメルボルン空港は関西国際空港や成田空港にあるような横になって眠れそうな場所がありません。ベンチなどに座って眠るしかないです。

スマホの充電設備と言うのもメルボルン空港の設備にはありませんが、コーヒーショップ等に入ると電源を貸してくれるところがあります。先ほどご紹介したラウンジでも電源がありますのでラウンジに入ってしまうのもいいかもしれません。

メルボルン空港から市内までの移動は簡単!

メルボルン空港から市内までは30分から40分ほどで簡単にアクセスすることができました。アクセス方法はタクシーかスカイバスと言う長距離バスを使うことです。料金を安く済ませたいならスカイバスを利用した方が良いでしょう。空港には免税店もあるのでお土産も帰るし、周辺にホテルもあるので、ホテルに泊まるのもいいでしょう。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
tabito

新着一覧

最近公開されたまとめ