ブリスベンの天気や気温の特徴は?旅行のベストシーズンや服装もチェック!

オーストラリアの第三の都市である「ブリスベン」は、観光地として高い人気を集めている街です。ブリスベンの天気や気温の特徴をシーズンごとにまとめました。ブリスベン旅行に適した天気のベストシーズンや、気候に合った服装についてもチェックしてみましょう。

ブリスベンの天気や気温の特徴は?旅行のベストシーズンや服装もチェック!のイメージ

目次

  1. 1ブリスベンの天気や気温の特徴を押さえよう!
  2. 2ブリスベンは「亜熱帯気候」に属している
  3. 3年間を通したブリスベンの天気と気温の特徴
  4. 4シーズンごとのブリスベンの天気と気温の特徴
  5. 5ブリスベンの天気と気温の特徴1:春
  6. 6ブリスベンの天気と気温の特徴2:夏
  7. 7ブリスベンの天気と気温の特徴3:秋
  8. 8ブリスベンの天気と気温の特徴4:冬
  9. 9ブリスベン旅行のベストシーズンはいつ?
  10. 10シーズンごとのブリスベンの天気に適した服装
  11. 11ブリスベンの天気に適した服装1:春
  12. 12ブリスベンの天気に適した服装2:夏
  13. 13ブリスベンの天気に適した服装3:秋
  14. 14ブリスベンの天気に適した服装4:冬
  15. 15天気に適した服装でブリスベン旅行を楽しもう!

ブリスベンの天気や気温の特徴を押さえよう!

首都シドニー(Sydney)メルボルン(Melbourne)に続く、オーストラリア第三の都市「ブリスベン(Brisbane)」。都会と自然が融合した街で、観光地として高い人気を集めています。ブリスベンの天気や気温の特徴をシーズンごとにまとめてみました。ブリスベン旅行に適しているベストシーズンや、気候に合った服装についても要チェックです。

ブリスベンは「亜熱帯気候」に属している

オーストラリアは、世界で6番目に大きな面積を誇っている国として知られています。その国土面積は、約770万平方キロメートル。日本の国土面積が約37万8000平方キロメートルなので、オーストラリアは日本の約21倍の広さを持っているということになります。

これだけ広大な国土面積を持ち、さらに南半球に位置しているオーストラリア。一つの国でありながらも、国内の各地域によって「熱帯性気候」「亜熱帯性気候」「温帯性気候」「砂漠性気候」「熱帯雨林性気候」という、五つもの異なる気候帯を持っているんです。

気候帯が異なると気温や降水量に違いが見られます。同じシーズンであっても、オーストラリアでは地域ごとに気温や降水量に大きな差が生じるのです。とはいえ、国全体が温暖な気候となっており、冬でも氷点下になることは少なく過ごしやすい国となっています。

オーストラリアの首都であるシドニーは、温帯性気候寄りの亜熱帯性気候に属しています。温帯性気候と亜熱帯性気候の境い目あたりに位置しており、日本でいうところの沖縄県のような位置付けです。第二の都市であるメルボルンは、温帯性気候に属しています。

オーストラリア第三の都市であるブリスベンはというと、亜熱帯性気候に属しています。亜熱帯性気候の大きな特徴として挙げられるのが「高温多湿」です。年間平均気温が22度と非常に温暖で、オーストラリアの年間平均気温である17度を大きく上回っています。

一年中温暖な気候が続き、年間を通してとても過ごしやすいブリスベンですが、湿度が高いため他の地域よりも雨が降りやすいという特徴も持っています。同じ亜熱帯性気候に属している主要都市は、人気観光地として知られるゴールドコーストなどが挙げられます。

年間を通したブリスベンの天気と気温の特徴

年間平均気温が22度と、温暖なブリスベン。年間の平均最高気温は24.6度で、平均最低気温は16度となっています。全体的に温暖な気候の国であるオーストラリアですが、ブリスベンはそんなオーストラリアの中でも特に暖かい地域であるということになります。

ブリスベンにも日本と同じように四季がありますが、南半球に位置しているため季節は逆になります。夏にあたる12月から2月にかけてが最も気温が上がる時期なのですが、それでも平均気温は29.5度。多湿ではありますが、日本の真夏よりも過ごしやすい気候です。

ブリスベンの年間平均降水量は、83ミリとなっています。オーストラリアの中では比較的雨が降りやすい地域であるとされていますが、そもそもオーストラリアは雨の少ない国です。そのため、雨がよく降るとはいえ、日本よりは天気のいい晴れた日が多くなります。

ただしこれは年間を通しての降水量の話であって、もちろん集中的にたくさん雨が降るシーズンもあります。降水量の多いシーズンは短期間に集中しているので、旅行の時期を決めるのは比較的簡単です。各シーズンの降水量については、後ほど詳しくご説明します。

ブリスベンの日照時間も当然、シーズンによって異なってきます。日照時間が長いのは12月から2月にかけての夏の時期で、そのうち最も日照時間が長い月は12月となっています。それに対し日照時間が短いのは6月から8月にかけての冬で、6月が最短となります。

一年間のうち、最も日照時間の長い12月は、午前5時ごろに日が昇りはじめます。そして、日が沈みはじめるのは午後7時前後。それに対し、一年間のうち最も日照時間の短い6月は、午前7時ごろに日が昇りはじめ、再び日が沈むのは午後5時ごろとなっています。

Thumbオーストラリアの季節や気候の特徴は?服装や旅行のベストシーズンも紹介!
オーストラリアは日本からも旅行で行く方が多い人気の観光地です。日本とは逆の季節のオーストラリ...

シーズンごとのブリスベンの天気と気温の特徴

前述したように、ブリスベンには日本と同じように四季が存在しています。年間を通した天気と気温についての特徴を押さえることができたところで、続いてはシーズンごとの天気と気温の特徴について見ていくことにしましょう。南半球に位置しているオーストラリアは、日本とは季節が逆になっています。その点についてもよくチェックしましょう。

ブリスベンの天気と気温の特徴1:春

それではまず、ブリスベンの春の天気と気温の特徴についてです。日本の春は3月から5月にかけての時期であるのに対し、ブリスベンでは9月から11月にかけての時期が春となります。ブリスベンの春は爽やかな晴れの日が多くとても快適な天気であるのが特徴です。

ブリスベンの春の気温は、平均最高気温が26.9度、平均最低気温が16.2度となっています。湿度は50パーセントから60パーセントほどです。ブリスベンの春は日本の春よりも暖かくぽかぽかとした天気の日が続き、とても過ごしやすいシーズンとなっています。

ブリスベンの春の平均降水量は、69.3ミリとなっています。9月から11月にかけての時期のうち、9月の降水量は少なめですが、10月、11月と夏に近付くにつれて降水量が増していきます。11月ごろになると急な雨に振られる可能性もあるため、注意が必要です。

ブリスベンの天気と気温の特徴2:夏

次に、ブリスベンの夏の天気と気温の特徴についてです。日本の夏は6月から8月にかけての時期であるのに対し、ブリスベンでは12月から1月にかけての時期が夏となります。ブリスベンの夏は、カラッとした天気ではなく、湿度が高くじめっとした空気が特徴です。

ブリスベンの夏の気温は、平均最高気温が29.5度、平均最低気温が21度となっています。湿度は65パーセントから70パーセントほどにまで上がります。日本の真夏よりも気温が低いという点では過ごしやすいのですが、湿度の高い日には鬱陶しさも感じます。

ブリスベンの夏の平均降水量は、145ミリとなっています。ブリスベンの夏は、一年間の中で最も雨がよく降るシーズンなのです。急な雨に降られることも多いので、夏のブリスベンを旅行する際には、天気のいい日でも必ず折り畳み傘を持ち歩くようにしましょう。

ブリスベンの天気と気温の特徴3:秋

続いて、ブリスベンの秋の天気と気温の特徴についてです。日本の秋は9月から11月にかけての時期であるのに対し、ブリスベンでは3月から5月にかけての時期が秋となります。ブリスベンの秋は夏に比べて湿度が下がり、春と同じような天気になるのが特徴です。

ブリスベンの秋の気温は、平均最高気温が26.8度、平均最低気温が16.9度となっています。湿度は再び50パーセントから60パーセントほどに落ち着きます。ブリスベンの秋は肌寒い日本の秋と比較しても温暖で、春のような過ごしやすいシーズンとなっています。

ブリスベンの秋の平均降水量は、77.8ミリとなっています。夏から秋にかけての季節の変わり目にはまだ雨が降ることも多いですが、4月、5月と冬に近付くにつれて降水量は少なくなっていきます。5月ごろになると、降水量は50ミリ前後まで落ち着いてきます。

ブリスベンの天気と気温の特徴4:冬

それでは最後に、ブリスベンの冬の天気と気温の特徴についてです。日本の秋は12月から2月にかけての時期であるのに対し、ブリスベンでは6月から8月にかけての時期が冬となります。冬といっても、ブリスベンの冬は日本のような厳しい寒さはないのが特徴です。

ブリスベンの冬の気温は、平均最高気温が22度、平均最低気温が14.1度となっています。亜熱帯性気候に属しているブリスベンは冬でもこんなに暖かく、湿度に関しても50パーセントほどあり、日本の冬のように空気がひどく乾燥してしまうこともありません。

ブリスベンの冬の平均降水量は、41.4ミリとなっています。ブリスベンの冬は、一年間で最も降水量の少ないシーズンです。雨が降らないため、雨が降ったあとに気温がぐっと下がってしまうという心配もなし。ブリスベンでは冬でも快適に過ごすことができます。

ブリスベン旅行のベストシーズンはいつ?

以上のことから、ブリスベンは年間を通して温暖で過ごしやすい街であることが分かります。平均降水量が多く、雨の降る可能性の高い夏のシーズンは避けたほうがいいように思えますが、それ以外のシーズンは割といつでも旅行に適しているように見えるものです。

でも、せっかくブリスベンに旅行に行くのであれば、旅行に最も適しているベストシーズンを選んでみるのはいかがでしょう?ブリスベンは一年中温暖かつ穏やかでとても過ごしやすい街ですが、特に快適な旅行を楽しむことのできるベストシーズンをご紹介します。

ブリスベン旅行に最も適しているベストシーズンは、ずばり9月です。それでは、なぜ9月がベストシーズンなのでしょうか?ブリスベンの9月は春ですが、春といっても冬を終えたばかりの時期なので、まだまだ寒いのでは?というイメージがあるかもしれません。

日本の3月あたりを想像すると、確かにまだ冬の寒さが残っているような気がします。しかし、ブリスベンは冬も温暖な街。ブリスベンの9月の平均最高気温は25.7度と春先にしては非常に暖かくとても過ごしやすいため、旅行のべストシーズンとなっているのです。

9月が旅行のベストシーズンとされているのは、気温の高さだけではありません。ブリスベンの9月は、一年間のうちかなり降水量の少ない月になります。9月の平均降水量はわずか28.8ミリ。つまり、9月のブリスベンではほとんど雨が降らず晴れた日が続くのです。

降水量の少なさだけで見ると、ブリスベンでは7月が最も降水量が少ない月となっています。その降水量は9月の28.8ミリをさらに下回る24.7ミリ。この数字から判断すると、7月がブリスベン旅行のベストシーズンなのでは?とも考えることができるのも確かです。

しかしブリスベンの7月は冬真っ只中。日本の冬に比べればもちろん温暖で過ごしやすいのですが、日中はいいにしても朝夜はぐっと気温が下がり冷え込むということも珍しくありません。そのため、気温も高く降水量も少ない9月が旅行のベストシーズンなのです。

シーズンごとのブリスベンの天気に適した服装

ブリスベンを旅行するにあたり、天気や気温だけでなく、どういった服装が適しているのかという点も気になるところではないかと思います。年間を通して温暖で過ごしやすいブリスベンですが、やはりシーズンごとに適した服装というのは異なってきます。以下で、それぞれのシーズンに適した服装をまとめました。服装選びの際にぜひご参考ください。

ブリスベンの天気に適した服装1:春

それではまず、ブリスベンの春に適した服装についてです。ブリスベンの春は日本よりも暖かいので、日本の夏のような服装をするのがいいでしょう。気温の高い日だと、日中は半袖のトップスだけでも十分です。朝と夜は気温が下がり冷え込む可能性もあるため、薄手の長袖や羽織りを用意しておきましょう。11月には、折り畳み傘は必須アイテムです。

ブリスベンの天気に適した服装2:夏

次に、ブリスベンの夏に適した服装についてです。ブリスベンの夏は日本の真夏ほど暑くはないと説明しましたが、服装に関しては日本の夏のような服装をしておけば問題はありません。このシーズンはかなり湿度が高くじめっとしているので、通気性のいい素材のものを選ぶといいでしょう。日中は日差しが強いので、帽子やサングラスなども必須です。

ブリスベンの天気に適した服装3:秋

続いて、ブリスベンの秋に適した服装についてです。日本の秋は涼しく、時には肌寒い日が続きますが、ブリスベンの秋はまだまだ夏の余韻を残しており暑い日が続きます。そのため、秋の服装も夏のような服装をしていて問題はありません。春と同じく朝と夜は冷え込む可能性があるので、薄手の長袖や羽織りなどを用意しておくと重宝するでしょう。

ブリスベンの天気に適した服装4:冬

それでは最後に、ブリスベンの冬に適した服装についてです。年中温暖な気候が続く、ブリスベン。最も気温が下がる冬ですが、それでも日本の冬とは比べものにならないほどの暖かさです。気温の高い日には、半袖一枚で過ごすことができることも。基本的には厚手のセーターやコートなどの防寒具も必要なく、薄手の長袖一枚で過ごすことができます。

天気に適した服装でブリスベン旅行を楽しもう!

いかがでしたか?オーストラリア第三の都市でありオーストラリア屈指の観光地である「ブリスベン」の天気と気温の特徴、旅行のベストシーズンや気候に適した服装をご紹介しました。亜熱帯気候に属し、年間を通して暖かい気候が続き、非常に過ごしやすいブリスベン。降水量の多い1月はできるだけ避け、ブリスベン旅行を快適に楽しみましょう。

関連記事

Original
この記事のライター
rikorea.jp

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ