オーストラリアの伝統料理と人気の食べ物27選!現地の有名グルメを徹底調査!

移民の国として知られるオーストラリア。そんなオーストラリアの伝統料理や食べ物は、植民地時代から続く西洋料理だけでなく、中国やアジアから流入した食べ物もたくさんあります。今回は、オーストラリアの有名グルメをご紹介すると共に、それぞれの特徴もまとめます。

オーストラリアの伝統料理と人気の食べ物27選!現地の有名グルメを徹底調査!のイメージ

目次

  1. 1オーストラリアの伝統料理や有名な食べ物をご紹介!
  2. 2オーストラリア料理と有名な食べ物1:ラムチョップ
  3. 3オーストラリア料理と有名な食べ物2:カンガルー
  4. 4オーストラリア料理と有名な食べ物3:エミュ
  5. 5オーストラリア料理と有名な食べ物4:クロコダイル
  6. 6オーストラリア料理と有名な食べ物5:チキン・シュニッツェル
  7. 7オーストラリア料理と有名な食べ物6:バラマンディ
  8. 8オーストラリア料理と有名な食べ物7:フィッシュアンドチップス
  9. 9オーストラリア料理と有名な食べ物8:トラウトサーモン
  10. 10オーストラリア料理と有名な食べ物9:ロブスター
  11. 11オーストラリア料理と有名な食べ物10:シュリンプカクテル
  12. 12オーストラリア料理と有名な食べ物11:ミートパイ
  13. 13オーストラリア料理と有名な食べ物12:ビーツ入りハンバーガー
  14. 14オーストラリア料理と有名な食べ物13:チコロール
  15. 15オーストラリア料理と有名な食べ物14:バーベキュー
  16. 16オーストラリア料理と有名な食べ物15:ソーセージロール
  17. 17オーストラリア料理と有名な食べ物16:チキン・パルミジャーナ
  18. 18オーストラリア料理と有名な食べ物17:フェアリー・ブレッド
  19. 19オーストラリア料理と有名な食べ物18:ベジマイト
  20. 20オーストラリア料理と有名な食べ物19:ヌテラ
  21. 21オーストラリア料理と有名な食べ物20:ティムタム
  22. 22オーストラリア料理と有名な食べ物21:パブロヴァ
  23. 23オーストラリア料理と有名な食べ物22:バニラスライス
  24. 24オーストラリア料理と有名な食べ物23:ラミントン
  25. 25オーストラリア料理と有名な食べ物24:ウィートビックス
  26. 26オーストラリア料理と有名な食べ物25:アンザック・ビスケット
  27. 27オーストラリア料理と有名な食べ物26:パンケーキ
  28. 28オーストラリア料理と有名な食べ物27:幼虫
  29. 29オーストラリアの伝統料理や有名な食べ物を食べてみよう!

オーストラリアの伝統料理や有名な食べ物をご紹介!

オーストラリアに白人の入植が始まったのは、1788年。植民地時代を経て231年が過ぎたこの国には、ヨーロッパだけでなく、中国、東南アジアなど、様々な地域から移民が流入しています。

そんなオーストラリアの料理は、各国文化を多彩に取り入れているという特徴があり、地域特有の食材を使ったちょっとゲテモノ料理のようなものから、西洋料理の影響を受けた甘い食べ物など、おすすめグルメが満載です。

今回は、現地で食べたいオーストラリアグルメを27選ピックアップし、それぞれの味の特徴やおすすめポイントなど、盛りだくさんでお届けします!

オーストラリア料理と有名な食べ物1:ラムチョップ

オーストラリア料理と有名な食べ物、まずは、メインディッシュとなる肉料理や魚料理を中心におすすめをご紹介していきます。

オーストラリアを代表するグルメと言えば、やっぱりラム。ニュージーランドと同じく、オーストラリアは羊の放牧が盛んで、ラムチョップやラムを使った料理を日頃から食べる習慣があります。

ラムチョップ以外にもおすすめの料理としては、ラムシャンクがあります。柔らかくなるまで煮込んだラムシャンクは、肉が骨からホロリと外れるのが特徴で、シチューのようなソースと一緒にいただきます。

ラムは独特の匂いがあるのが特徴で、筆者は苦手な食材です。オーストラリアのラムは臭くないという方が多いですが、その真相は「食べた人のみぞ知る!」です。

Thumbオーストラリアワインのおすすめランキング!お土産に人気の高級品も!
世界屈指のワイン生産国として有名な、オーストラリア。オーストラリアワインは高品質であるにも関...

オーストラリア料理と有名な食べ物2:カンガルー

オーストラリア料理でおすすめしたいメニューと言えば、カンガルーミート。動物園でもお馴染みのあのカンガルーはオーストラリアを代表するグルメです。

あんなにかわいいカンガルーを、オーストラリアでは、食用肉として扱われていることに、驚く方も多いのではないでしょうか?

カンガルーの肉は、牛肉のような赤身で、比較的さっぱりしているという特徴があります。スーパーなどでも販売されており、家庭で調理するならステーキがおすすめです。

オーストラリア料理と有名な食べ物3:エミュ

オーストラリアでおすすめの料理、続いての食材は、ダチョウによく似た鳥類「エミュ」。砂漠地帯で暮らすオーストラリアの有名な野生動物です。

まず、日本ではお目にかかることのないこの食材、やはりオーストラリアならではのお料理を食べたいという方におすすめです。

エミュの肉は、脂肪がなくさっぱりとしているのが特徴で、スモークにして、ピザのトッピングなどにも使用されています。ちょっとユニークなオーストラリアグルメです。

オーストラリア料理と有名な食べ物4:クロコダイル

オーストラリア料理でおすすめの食べ物、続いての食材はクロコダイル。爬虫類の王様「ワニ」も、オーストラリアを代表するグルメ食材の一つ。

見かけがかなり怖いワニですが、オーストラリアでは、アメリカ南部(スワンプエリア)と同じく、ワニを食べる習慣があります。

ワニの肉は、鶏肉よりもあっさりとしているのが特徴です。オーストラリアでは、ワニ革はバッグやお財布になりますが、身は食べ物としていただきます!

オーストラリア料理と有名な食べ物5:チキン・シュニッツェル

続いてご紹介するオーストラリアのおすすめグルメは「チキン・シュニッツェル」。シュニッツェルは、元々ドイツで生まれた料理です。

シュニッツェルは、豚肉などを使うものもあり、薄い豚肉の間にチーズをはさんで衣をつけ揚げて調理しますが、ドイツ以外にオーストリアなど周辺国でも伝統料理として食べられています。

薄く叩いた鶏肉に、とんかつのようにパン粉を付けて揚げたチキン・シュニッツェルは、サクサクとした食感が特徴です。オーストラリアのレストランで気軽に食べられる一品。

オーストラリア料理と有名な食べ物6:バラマンディ

オーストラリアのおすすめグルメ、続いての食材はバラマンディ。白身のあっさりした味わいが特徴の魚で、ソテーでいただくのがおすすめです。

オーストラリア人は、他の白人文化圏と同じく、あまり魚を食べない人たちですが、バラマンディーは比較的どこでも入手できるお魚の一種です。

同じく白身魚の種類としては「ジョン・ドーリー・フィッシュ」という魚が有名です。オーストラリアではあまり青魚は手に入りませんが、鯖とイワシはたまに見かけるようです。

オーストラリア料理と有名な食べ物7:フィッシュアンドチップス

オーストラリアでおすすめの食べ物、続いてはフィッシュ・アンド・チップス。フィッシュ・アンド・チップスは、イギリスの伝統料理で、オーストラリアでも人気のあるメニュー。

ストリートグルメやキッズメニューの定番でもあり、何も食べるものがないと思ったときに、いつでもオーダーできるお料理です。

白身魚にビールと小麦粉を使った衣をつけ、さっと油で揚げたシンプルなお料理です。付け合わせのチップス(フライドポテト)の他、マッシーピー(グリーンピースのマッシュ)などを添えていただくことも。

オーストラリア料理と有名な食べ物8:トラウトサーモン

オーストラリアのおすすめ料理、続いての食材はトラウト・サーモン。世界的に食されているサーモンは、オーストラリアでも人気の食材。

オーストラリアで流通しているのはトラウトサーモンで、脂が乗ってジューシーな食感が特徴です。オーストラリアで魚料理が恋しくなったら、何はともあれサーモンです!

ソテーして食べるのが一般的ですが、一部の高級レストランやフランス系のレストランでは、サーモンのタルタルなど半生調理されているものも味わえます。

オーストラリア料理と有名な食べ物9:ロブスター

オーストラリアのおすすめ料理、続いての食材は、ロブスター。大きな爪が特徴のロブスターは、オーストラリアでも高級グルメの一つ。

海に面したオーストラリアでは、ロブスターの漁獲高も多く、新鮮なものが手に入りやすいという特徴があります。ロブスターカクテルやグリルなど、どれも絶品です!ボイルしてシンプルにレモンとバターでいただくのがオーストラリア流。

シドニーなど都心部では、オイスター(牡蠣)も有名で、ロブスターを出すレストランでは大抵フレッシュオイスターを味わえます。その他の魚介類としては、ムール貝も人気で、蒸したムール貝をバケツいっぱい味わえます!

オーストラリア料理と有名な食べ物10:シュリンプカクテル

オーストラリアのおすすめグルメ、続いては、シュリンプカクテル。魚はあまり食べないオーストラリア人ですが、シーフードを好む人はたくさんいます。

オーストラリアでは、ピザも人気のあるお料理ですが、シーフードピザは特に人気のあるトッピングです。タスマニアで水揚げされたシーフードは、特に鮮度抜群で人気があります。

前菜としても人気のシュリンプカクテルの他、小ぶりのイカを揚げた「カラマリ・フリット」などもおすすめです。

オーストラリア料理と有名な食べ物11:ミートパイ

続いてご紹介するオーストラリア料理は、おやつや軽食にもおすすめのミートパイ。牛挽き肉だけでなく、ラム挽き肉を使ったミートパイがあるのが特徴です。

ミートパイも、イギリス文化の影響でオーストラリアに広まった食べ物で、カフェなどで気軽に食べられるおすすめのご当地グルメです。

オーストラリアのミートパイは、直径7cmから10cmほどの小ぶりのものが多く、スターバックスのショーケースなどにも並んでいます。温め直して食べるのが一般的です。

オーストラリア料理と有名な食べ物12:ビーツ入りハンバーガー

オーストラリア料理でおすすめの食べ物、続いては「ビーツ」の入ったハンバーガー。ロシア料理などにも多く使われる「ビーツ」は、濃い赤紫色をした根菜類。

味もほとんどななく、くせがないのが特徴で、オーストラリアでは、ハンバーガーにはさんで食べたり、サラダなどにもトッピングされています。

オージービーフ100%のジューシーなパテに、カリッとしたビーツの食感がよいアクセントにもなります。この他、ビーツのスムージーなども人気です。

オーストラリア料理と有名な食べ物13:チコロール

オーストラリアのおすすめグルメ、続いては、中国文化の影響で誕生した「チコロール」(Chiko roll)。

オーストラリアには、たくさんの中国系移民がいるため、中華料理はオーストラリア国民にとって非常に身近なお料理です。チコロールは、春巻きのような外見をしていますが、中には牛挽き肉やキャベツ、大麦などで作った具材が入っているのが特徴です。

フィッシュアンドチップスのスタンドなどで販売されており、オーストラリアを代表するストリートグルメで、買い食いしながら町を歩くオーストラリア人や観光客をよく町で見かけます。

オーストラリア料理と有名な食べ物14:バーベキュー

オーストラリアの伝統料理、続いてはおすすめするのはバーベキュー。オーストラリアではキャンプでなくても、バーベキューを日常的に食べます。

肉類をメインに焼きますが、オーストラリアのバーベキューに欠かせない特徴ある食材と言えばsnagと呼ばれる小ぶりのソーセージ。牛肉や豚肉の挽き肉にハーブなどを加えています。

オージービーフはもちろん、ラムやポークリブなども人気の食材で、野菜と肉を交互に刺したスキュアーなども好まれます。味付けは非常にシンプルで塩コショウのみの場合が多いようです。

オーストラリア料理と有名な食べ物15:ソーセージロール

オーストラリアのおすすめグルメ、続いてご紹介する食べ物は「ソーセージロール」。オーストラリアの人は、Pigs in a blanketと呼びます。

豚肉だけでなく、牛肉を使ったソーセージなどもあります。とにかく肉が入ってパン生地やペイストリー生地で包まれているというのがソーセージロールの特徴です。

町のパン屋さんはもちろん、スーパーのパンコーナーやカフェのテイクアウェイのコーナーなど、どこでも気軽に購入することができます。オーストラリア人にとっては、手軽なスナックといった感じの位置づけです。

オーストラリア料理と有名な食べ物16:チキン・パルミジャーナ

続いてご紹介するオーストラリアのおすすめグルメは、チキン・パルミジャーナ。イタリア系移民も非常に多いオーストラリアで、広く人気があるのがこのお料理。

イタリアンスタイルの鶏肉料理で、パルメザンチーズをたっぷりとかけているのが特徴です。ソテーした鶏肉とチーズは、オーストラリアワインとの相性も抜群です。

付け合わせには、ルッコラのサラダにバルサミコソースとオリーブオイルをかけたものなどがおすすめ。シンプルで飽きのこないメニューです。

オーストラリア料理と有名な食べ物17:フェアリー・ブレッド

ここからは、オーストラリアで朝食やブランチなどに食べられている定番料理をご紹介していきます。トップバッターは、カラフルなチョコスプレーがかかったフェアリー・ブレッド。

英語でフェアリーは妖精、ブレッドはパンのことですが、フェアリーブレッドは、通常トースト用のパンを三角に切り、そこにマーガリンなどを塗って上からスプレーチョコをたっぷりトッピングしたものです。

子供向けの軽食として、オーストラリアの家庭でよく用意される食べ物です。どこの国の料理というわけでもなさそうな感じですが、アメリカチックです!

オーストラリア料理と有名な食べ物18:ベジマイト

オーストラリアの有名な食べ物、続いては茶色いクリームのような物体が瓶に詰まった「ベジマイト」。商品名は、別名「マーマイト」もありますが、どちらもイーストを使ったペーストです。

ベジマイトの味の特徴は、とにかくしょっぱいの一言に尽きます!オーストラリアでは、トーストにベジマイトを塗って食べるのが朝食や軽食の定番となっています。

ベジマイトは、オーストラリアだけでなく、シンガポールやマレーシアなど、旧イギリスの植民地で広く普及している食品で、中華料理の中には、このベジマイトをエビに絡めたエビのベジマイト炒めのようなお料理もあります!

オーストラリア料理と有名な食べ物19:ヌテラ

いろいろとジャンクな朝ご飯が多そうなオーストラリアグルメ。続いてはオーストラリアでもっとも有名なチョコレート・スプレッド「ヌテラ」。

ヘーゼルナッツをたっぷり練り込んだチョコレートスプレッドで、パンに塗って食べるのが、オーストラリアの定番朝ご飯の一つとなっています。

ヌテラはお菓子にも使用されたり、ヌテラ味のキャンディーやコーティングクッキーなども販売されており、とても人気があります。オーストラリアのお土産にもヌテラがおすすめです!

オーストラリア料理と有名な食べ物20:ティムタム

様々な国の料理から影響を受けているオーストラリアグルメ、続いてご紹介するのはティムタム。オーストラリアのお菓子と言えばこれ!というほど、知名度の高いスイーツです。

クッキーとビスケットの間の子のような歯ごたえのある生地に、チョコレートをかけて固めたティムタムは、スーパーなどで気軽に購入することができるおすすめの食べ物です。

おやつだけでなく、エナジーバーなどの代わりにスナックとしてティムタムを食べるオーストラリア人も多く、かなり知名度の高い有名なお菓子です。特別なグルメというわけではありませんが、オーストラリアを代表する食べ物です。

Thumbオーストラリアのお土産BEST25!お菓子など定番の品をピックアップ!
オーストラリアには素敵なお土産がたくさんあります。ココナッツからマカダミアナッツなど、オース...

オーストラリア料理と有名な食べ物21:パブロヴァ

オーストラリア料理ではなく、ニュージーランド料理と主張する人もいる有名なデザートがあります。それは、メレンゲ生地にたっぷりのクリームとフルーツをトッピングした「パブロヴァ」。

1920年代にオーストラリアを訪れたロシアの人気バレリーナ「アンナ・パブロヴァ」を記念して作られたケーキで、メレンゲのサクサクとした食感が特徴です。クリームもメレンゲ生地もかなり甘く、1スライスがとにかく大きくてボリューム満点です。

ニュージーランド発祥とも言われていますが、オーストラリアではどこでも食べられる人気のケーキです。とても甘いのでストレートティーと一緒に食べるのがおすすめです。

オーストラリア料理と有名な食べ物22:バニラスライス

オーストラリアの有名な料理、続いては、甘いカスタードにバニラで風味付けされたクリームがたっぷり入った「バニラスライス」。

これは、フランスの伝統菓子ミルフィーユのオーストラリア版です。フランスのミルフィーユは、3層から5層ぐらいのパイ生地がはさまれていますが、オーストラリアのバニラスライスは、上下2層のものが主流です。

カスタードクリームもたっぷりで、トップには、粉砂糖とココアで模様が付けられたデザインのものなどが多いようです。観光で疲れた時に、ぜひ食べていただきたいおすすめのオーストラリアグルメです。

オーストラリア料理と有名な食べ物23:ラミントン

様々なスイーツが楽しめるオーストラリアで、特に長い伝統を持つお菓子と言えば「ラミントン」。スポンジケーキをチョコレートでコーティングし、ココナッツパウダーをまぶした甘いデザートです。

ラミントンの特徴は、激甘の一言に尽きます!歯が溶けそうなほど甘いお菓子は、オーストラリアならではといった感じでしょうか。

カフェなどでも食べられますが、スーパーでも販売していますので、おうちで気軽に食べてみたいという方は、スーパーでお土産として購入してみるのもおすすめです。

オーストラリア料理と有名な食べ物24:ウィートビックス

オーストラリアの子供たちが朝食に好んで食べる食べ物と言えば「ウィートビックス」(weet-bix)。食物繊維がたっぷりの煉瓦のような形をしたシリアルのような食べ物です。

1930年に誕生した人気食品の特徴は、とにかく食物繊維が豊富なこと。ホールグレインと呼ばれる穀物が主成分で、バナナやベリーなどフルーツと一緒に食べるのもおすすめです。

オーストラリアやニュージーランドのほとんどの子供がこのウィートビックスで育ったと言っても過言ではありません。とにかく有名な食べ物ですので、スーパーやコンビ二など、どこでも入手可能です。

オーストラリア料理と有名な食べ物25:アンザック・ビスケット

4月25日に制定されているオーストラリアの祝日「アンザック・デー」(ANZAC Day)。この祝日を記念して誕生したビスケットがアンザック・ビスケットです。

ANZACとは、オーストラリアとニュージーランドの志願兵で結成され、第一次世界大戦と第二次世界大戦を戦った勇敢な兵士達の軍団です。

兵士たちの食べ物として遠い戦地へ持っていけるようにと、オーツや小麦粉を使って作った素朴なクッキーが誕生しました。オーストラリアでは、どこでも購入できますが、簡単ですので、家庭で焼いてみるのもおすすめです。

オーストラリア料理と有名な食べ物26:パンケーキ

オーストラリアでぜひおすすめしたいデザート系の食べ物には、パンケーキもあります。パンケーキと言うと、アメリカが有名ですが、オーストラリアにもおいしいパンケーキがたくさんあります。

日本のホットケーキと違って、オーストラリアのパンケーキは小ぶりで薄めに焼いてあるのが特徴です。何枚も重ねてベリーやクリームなどを載せていただきます。

オーストラリアは、オーガニック食品が豊富で、パンケーキも素材にこだわったオーガニックのミックスなどがたくさん販売されています。グルメなママ友達へのお土産に、オーストラリア産のオーガニックパンケーキミックスを購入するのはいかがでしょうか?

オーストラリア料理と有名な食べ物27:幼虫

様々な食べ物があるオーストラリア料理の中で、できればあまり食べたくない料理と言えば「幼虫料理」。Witchetty grubsと呼ばれる、まるまると太った幼虫は、オーストラリアのアボリジニに伝わる伝統料理です。

料理と言うより、砂漠の木の洞(うろ)から幼虫を掘り起こし、そのまま生でいただくだけなのですが、そのグロテスクなルックスに反してナッツのような甘くておいしい味がするのだそうです!

できれば食べたくないと思いますが、グルメな方は果敢にチャレンジされるようです。オーストラリア観光の記念に、一度試してみてはいかがでしょうか?

オーストラリアの伝統料理や有名な食べ物を食べてみよう!

オーストラリアの伝統料理や有名な食べ物を27選、厳選してご紹介致しました。移民の国オーストラリアでは、イギリス、イタリア、ドイツをはじめ、様々な国からやってきたバラエティ豊かなお料理が楽しめます。

また、クロコダイルやエミュ、そしてカンガルーなど、他の地域ではまずお目にかかることのない珍しい食材を使った料理を味わえるのも、オーストラリアグルメの醍醐味です。

お土産にもおすすめのティムタムや、ロシアのバレリーナをイメージして作られたエレガントなデザート「パブロヴァ」など、スイーツメニューも豊富です。好き嫌いが多い方も、そうでない方も、ぜひ、オーストラリアで現地料理を試してみてください!

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
Yukilifegoeson

新着一覧

最近公開されたまとめ