『常滑チャーシュー』の極厚焼豚はボリューム満点!ラーメンなどメニュー紹介!

愛知県常滑市と言えば焼き物で有名です。そんな常滑市では有名な人気ランキング上位店、朝から行列のできるラーメン店が揃っています。常滑チャーシューを贅沢に使った店や、常滑チャーシューのアレンジメニュー、濃厚な味の秘密をご案内します。

『常滑チャーシュー』の極厚焼豚はボリューム満点!ラーメンなどメニュー紹介!のイメージ

目次

  1. 1ご当地ラーメンを楽しもう!
  2. 2「常滑チャーシュー」とは
  3. 3「常滑チャーシュー」の評判
  4. 4「常滑チャーシュー」の歴史
  5. 5「常滑チャーシュー」が人気店になった日
  6. 6「常滑チャーシュー」と中華そば
  7. 7「常滑チャーシュー」と有名なラーメン店を紹介
  8. 8名代中華そば常滑チャーシュー
  9. 9個性的なラーメン店「中華そば常滑チャーシュー」
  10. 10名代中華そば・ばら
  11. 11常滑チャーシューやこう
  12. 12「常滑チャーシュー」のチャーシューを使ったメニュー
  13. 13「常滑チャーシュー」の別売りチャーシュー
  14. 14ラーメンと常滑チャーシューの相性
  15. 15常滑市で有名な招き猫
  16. 16「常滑チャーシュー」を食べに出かけよう!

ご当地ラーメンを楽しもう!

地域ごと名物、名産品があり、ご当地グルメを楽しむのも、旅行の醍醐味ではないでしょうか。実は、ラーメンも地域ごと独特の味付けや、盛り付けが違うのです。

愛知県常滑市発祥のラーメン「常滑ラーメン」も、普通のラーメンとは一味違う独特のラーメンと巷で人気となっています。今回は、常滑ラーメンの人気の秘密をご紹介します。

「常滑チャーシュー」とは

「常滑チャーシュー」ではステーキかと思うような分厚さのチャーシューの事と知っているファンの方々もいらっしゃるでしょう。この人気の高い「常滑チャーシュー」はラーメン店の名にそのまま使われています。

「常滑チャーシュー」という名のラーメン店が出すラーメンにトッピングされていたチャーシューに人気が集まり、ラーメンどんぶりの中でいつしか麵とチャーシューは主役が入れ替わってしまったようです。

生みの親とも言える店主が居る「常滑チャーシュー」の元祖店ラーメン店は現在営業されていませんが。人気の高いボリュームのあるチャーシューは「常滑チャーシュー」として受け継がれたラーメン店があり今も人気の高いメニューを提供しています。

「常滑チャーシュー」の評判

ラーメン大好きな方は専門雑誌が出るほど、全国のラーメン店の人気メニューや営業時間などの情報をよくご存知です。特にご当地ラーメン店には興味深い方が多く、遠方までラーメンを食べに行く事もあるそうです。

元祖、特大チャーシューとしてラーメンの専門誌に掲載された2003年12月の記事には大きな写真が、そのボリュームのあるチャーシューの存在感を伝えてくれました。

「常滑チャーシュー」の歴史

1962年に大衆食堂として開店したお店は、徐々に地元の方々に人気となりますが、ある日一番人気のあったラーメンにメニューを絞って、ラーメン専門店になっていきます。

麵と真っ黒に見える醬油味のラーメンがベースでしたが、遠方からの客が並ぶほど人気になった理由は、当時としては珍しいとってもボリュームのあるチャーシューでした。「常滑チャーシュー」の人気はここから生まれたといわれています。

「常滑チャーシュー」が人気店になった日

ラーメン専門店になったお店の店内に書かれているメニューは中華そば・ライス・おにぎりの3メニューのみでした。営業時間は10時から14時半まで。元々、漁師町なので朝早くから仕事をする漁師さんたちのお昼ご飯として人気が高かったようです。

確かに漁師さん達は朝が早い仕事です。船の上や漁港での仕事など外での仕事を午前中に終われば、腹ごしらえとしてボリュームのあるメニューを選びたいようです。冬は温かい物、夏は汗を流すので、塩分の多いメニューが欲しくなります。ラーメンに人気が集まった理由はここからかもしれません。

男性が多い漁港で朝早くからの仕事を終わる時間になると、自然にそのまま仲間同士で昼食を何処に食べに行くことが多かったのでしょう。仲間の労をねぎらいながら集まって美味しい物を食べる。それがまた明日への活力を支えていたのでしょう。

「常滑チャーシュー」と中華そば

中華そばの専門店として営業を始めた当初は、それまでのメニューを一変して麵を中心とした店となりました。スープを応用して塩チャーシュー麵などや、トッピングを応用するとコーンラーメン、もやしラーメンなどをメニューに加える事を検討してみます。

厚切りチャーシューを中心にしたラーメンを考えると、麵とスープ、チャーシューの味をバランス良く引き立てるのは、中華そばだったのです。チャーシューを煮る時に使う地元知多半島産のたまり醬油が、中華そばに相性が良く合いました。

「常滑チャーシュー」と有名なラーメン店を紹介

1962年に開業した大衆食堂からスタートした元祖と言われる「常滑チャーシュー」をだすラーメン店は残念なことに惜しまれながら2012年に閉店しましたが、現在はここで修行したお弟子さんが常滑市でラーメン店を営業しています。

大人気だった元祖と言われる、ボリュームのあるチャーシューはしっかりと受け継がれ、人気店になっています。メニューはどうだろうと気になりますので、しっかりとご紹介します。

Thumb常滑のおすすめランチまとめ!海鮮の人気店・おしゃれなカフェは?
愛知県の西部、中部国際空港がある常滑は、歴史風土が残る観光スポットとして有名です。そんな、常...

名代中華そば常滑チャーシュー

店名は「名代中華そば常滑チャーシュー」名前からチャーシューに期待が高まります。蒲池駅から徒5分のこじんまりしたお店です。開業は2012年です。朝から行列が?と聞くと元祖店とは営業時間がちがうのでしょうか。

やはり遠方から来ているお客様の為に、土日祝日は朝9時半からの営業時間となっています。土日祝日は14時半までの営業時間になっています。平日の営業時間は午前10時から15時までです。

ここで気をつけたいのは「但しスープがなくなり次第、終了させていただきます。」と店内に貼ってある貼り紙です。普通に考えると、昼食時間で終わる可能性が高いと思います。営業時間内でも品切れの場合があります。

店舗はわかりやすいよう大きな看板が目立ちます。店舗名がそのまま「名代中華そば常滑チャーシュー」と書かれています。店内は綺麗でシンプルです。テーブル席とカウンター席があります。人気店ですので営業時間内でも売り切れの場合があります。

気になるメニューですが元祖店と同様に3品だけです。中華そば830円とライス120円おにぎり180円のみです。中華そばには、あの期待のステーキのようなボリュームのある常滑チャーシューが2枚入っています。

中華そばの麵は中太の縮れ麵です。スープは想像以上に黒いです。海苔と刻んだねぎと厚みのあるチャーシューが2枚入っています。チャーシューの厚みにおどろきますがスープに染み出している油をみただけで期待が高まります。

豚バラ肉のチャーシューは厚みがあるだけあって脂のトロトロ感が強いので、口の中に入れた時の柔らかさに感動します。スープは黒い色ですが醬油のしょっぱさはありません。コクのあるスープです。何故か黒いスープの秘密はチャーシューの煮汁をスープに加えているからです。

チャーシューは地元である知多半島の特産たまり醬油を使っています。普通の濃い口醬油よりもあじが濃いために、チャーシューの煮汁を加えたスープの色は黒いスープとなるのです。このチャーシューの煮汁は50年以上継ぎ足しています。濃厚なコクが出るひみつです。

このチャーシューは1枚150gあるので2枚では300gです。濃厚で柔らかく美味しいとは言え女性の方など胃袋の小さい方などは完食が難しいかもしれません。

そこでこの「名代中華そば常滑チャーシュー」ならではのサービスがあります。営業時間の終了にかからわず早めの来店をおすすめします。

個性的なラーメン店「中華そば常滑チャーシュー」

厚みのあるチャーシューが2枚を一度のは食べきれない方のために「名代中華そば常滑チャーシュー」の特典はチャーシューの持ち帰りができる事です。テーブルにお持ち帰り用のビニール袋が備え付けてあります。

人気のラーメン店ですので当然、常連客の方々もいらっしゃるのですがボリュームのある濃厚なチャーシューをあえて店内で1枚食べて、もう1枚は始めから持ち帰って楽しもうと考える方もいらっしゃいます。

もう一つの特典は、店内でチャーシューの販売もしてくれるというサービスがあります。1000円で販売されています。ここで注意したいのは、このチャーシュー販売は店内で飲食された1家族1枚の限定となっている事です。定休日は火曜日です。

住所 愛知県常滑市榎戸町1-83
電話番号 0569-42-3355

名代中華そば・ばら

「名代中華そば常滑チャーシュー」では姉妹店があります。名古屋市内にある「名代中華そば ばら」です。常滑市の「名代中華そば常滑チャーシュー」で修行したお弟子さんが出店しています。もちろん濃厚なボリュームのあるチャーシューを食べることができます。

「名代中華そば ばら」は昭和高校近くにあります。店舗入り口には「常滑発祥・厚切りチャーシュー」と店名を書いたおおきな看板がありますので、わかりやすいです。

「名代中華そば常滑チャーシュー」は中華そばのみでしたが、「名代中華そば ばら」では中華そば以外のメニューがあります。人気があるのはネギ塩チャーシュー麵です。上にのるチャーシューは2枚と3枚が選べます。

「名代中華そば ばら」で人気のあるネギ塩チャーシュー麵に入るチャーシューは、ボリュームがありますが柔らかくてネギ塩のスープに合わせた味に仕上がっています。塩ラーメンが好きな方におすすめします。

定休日は木曜日と第4日曜日です。営業時間は11時半から14時まで、18時から22時までとなっています。営業時間内でも中華そばのスープが終了する場合があります。

住所 愛知県名古屋市瑞穂区白砂町3-11-18
電話番号 052-834-6077

常滑チャーシューやこう

福井県福井市に2017年に「名代中華そば常滑チャーシュー」の姉妹店が開店しました。やはり常滑市の「名代中華そば常滑チャーシュー」で修行されたお弟子さんが開店しました。

中華そばの人気はもちろんですが、ネギ塩チャーシュー麵、黒ごま担々麵の3種類のメニューがあります。サイドメニューもたのしめます。から揚げと餃子もそろっています。

チャーシューは濃厚なコクのあるボリューム感たっぷりで、厚さは「名代中華そば常滑チャーシュー」の味をしっかりと受け継いでいます。注文の時にチャーシューの枚数をシングル・ダブル・トリプルを始めから選ぶことができます。もちろん追加もできます。

黒いスープの中華そばは「びっくりチャーシュー麵」というメニュー名になっています。チャーシューの煮汁をスープに使っているので黒くなるのですが、チャーシューのコクが出るスープの色はインパクトがあります。

営業時間は平日11時10分から14時半まで、18時から21時まで。土日祝日は11時から15時まで、18時から21時までです。注意したいのは、営業時間内でもスープがなくなり次第終了となることです。また、定休日は月曜日です。

住所 福井県福井市日光2-1-2
電話番号 0776-26-2488

「常滑チャーシュー」のチャーシューを使ったメニュー

「名代中華そば常滑チャーシュー」ではチャーシューのテイクアウトができます。食べきれなかったチャーシューを持ち帰ったり、単品でチャーシューだけ買うことができます。家で食べようと持ち帰る場合に一番人気の食べ方は、薄く切って温めてマヨネーズをかけておつまみにする事です。

チャーシューを使った料理を思い浮かべると、チャーハンも作ってみたくなるメニューです。チャーシューの味にコクがあるので美味しいチャーハンができます。

こくがあり柔らかさもある絶品のチャーシューですので、パンにはさんでハンバーガーとして食べてもたのしめます。チャーシューの味が濃いのでソースは加えず、そのままパンとの相性も抜群です。キャベツかレタスと一緒に挟むとより一層美味しくなります。

「常滑チャーシュー」の別売りチャーシュー

「名代中華そば常滑チャーシュー」で別売りのチャーシューを家に買って帰ってきた場合は、温かいご飯の上にそのまま載せて食べてみてください。温かいチャーシューから煮汁がご飯に染みて、丼物として楽しめます。チャーシューのコクと柔らかさがご飯の柔らかさとマッチします。

チャーシューから煮汁が出ているタイミングがいいのは、家までの距離が近くだといいのですが時間が長いと変わってしまう場合があります。もう一度温めておめしあがりください。

「名代中華そば常滑チャーシュー」のメニューで中華そば以外にライスがあるの理由がわかります。ご飯の上に中華そばの中のチャーシューを、そのまま乗せて食べるのも人気だからです。ボリュームのあるチャーシュー丼もおすすめします。

ラーメンと常滑チャーシューの相性

元祖店と言われた中華そば店の店主が、地元知多半島産のたまり醬油で煮たチャーシューは、醬油味が濃いのが特徴的です。元々この知多半島では醬油といえばたまり醬油の事で、料理に使う醬油は知多半島産のたまり醬油を使うことが一般的だったのです。ですので開業当初よりチャーシューを煮るのに使う醬油は自然にたまり醤油だったのでしょう。

常滑市で有名な招き猫

常滑市といえば招き猫が有名です。名鉄「常滑駅」から陶磁器会館に向かう道路沿いの壁を見ていると常滑市で活躍する陶芸作家39人の作品が並んでいます。一つ一つ個性的な作品が通る人達の楽しみを誘い、遠方から観光で見に来る人達も多くなりました。招き猫通りと呼ばれるようになりました。

招き猫といえば、猫が片手を挙げているポーズです。このポーズが福を招く言われていて、特に商店の店内で見かけることもあります。「名代中華そば常滑チャーシュー」の店内にも可愛い招き猫がお出迎えしています。

Thumb常滑『やきもの散歩道』散策が人気!おしゃれカフェやランチ・駐車場を紹介!
この記事では、常滑市の『やきもの散歩道』の散策ルートを紹介します。やきもの散歩道には、おしゃ...

「常滑チャーシュー」を食べに出かけよう!

元祖店と同じ常滑市にある「名代中華そば常滑チャーシュー」で濃厚なチャーシューを味わうのが一番のおすすめですが、まずは近隣の姉妹店で中華そばを味わってみてはいかがでしょう。

人気のラーメン店「名代中華そば常滑チャーシュー」は50年以上継ぎ足す「たまり醬油」で煮たチャーシュー。長い間愛されてきた変わらぬ味をおすすめします。愛知に旅行の際は、歴史ある常滑チャーシューを食べに、出かけましょう!

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
Miee2430

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ