ホワイトヘブンビーチへの行き方&旅行のベストシーズンは?人気ホテルも紹介!

ホワイトヘブンビーチは世界中のビーチの中で一番自然の状態にある真っ白な砂浜が特徴のビーチです。世界遺産のグレートバリアリーフのほぼ中心にあって、日本では新婚旅行で訪れる方も多い場所です。そのホワイトヘブンビーチの行き方やベストシーズン、ホテルなどご紹介します。

ホワイトヘブンビーチへの行き方&旅行のベストシーズンは?人気ホテルも紹介!のイメージ

目次

  1. 1ホワイトヘブンビーチについてご紹介
  2. 2ホワイトヘブンビーチはどこにあるのか
  3. 3ホワイトヘブンビーチ旅行いつがベストシーズン
  4. 4ホワイトヘブンビーチ旅行の拠点
  5. 5ホワイトヘブンビーチへの行き方
  6. 6ホワイトヘブンビーチへの船での行き方
  7. 7ホワイトヘブンビーチへの空路での行き方
  8. 8ホワイトヘブンビーチへのおすすめの行き方
  9. 9ホワイトヘブンビーチ旅行で必要な持ち物
  10. 10ホワイトヘブンビーチ旅行の持ち物1:運転免許証
  11. 11ホワイトヘブンビーチ旅行の持ち物2:日焼け止め
  12. 12ホワイトヘブンビーチ旅行の持ち物3:帽子や長袖
  13. 13ホワイトヘブンビーチ旅行の持ち物4:上着
  14. 14ホワイトヘブンビーチ旅行の持ち物5:ビニールバッグやジップロック
  15. 15ホワイトヘブンビーチ旅行の持ち物6:虫除け
  16. 16ホワイトヘブンビーチ旅行の持ち物7:クレジットカード
  17. 17ホワイトヘブンビーチ旅行では様々なホテルがある
  18. 18ホワイトヘブンビーチ旅行の際のおすすめホテル1:qualia(クオリア)
  19. 19ホワイトヘブンビーチ旅行の際のおすすめホテル2:リーフビューホテルハミルトン
  20. 20ホワイトヘブンビーチ旅行の際のおすすめホテル3:ビーチクラブ
  21. 21ホワイトヘブンビーチのホテルは利用目的に合わせて
  22. 22世界一の美しい白い砂浜ホワイトヘブンビーチを見てきましょう

ホワイトヘブンビーチについてご紹介

ホワイトヘブンビーチはオーストラリアの世界遺産であるグレートバリアリーフにあります。真っ白な砂浜があり、世界でもあまりない自然のままの環境が残されている場所で、その白い砂浜と透明度の高い海は誰もが魅了される美しさを持っています。そのホワイトヘブンビーチへの行き方やおすすめのホテル、旅行のベストシーズンなどご紹介します。

Thumbオーストラリアの海で一番美しいのはどこ?人気のビーチや海水浴場を厳選!
日本からの観光旅行に人気のオーストラリア。オーストラリアは海に囲まれているので、観光で美しい...

ホワイトヘブンビーチはどこにあるのか

ホワイトヘブンビーチはオーストラリアの東側にあるハミルトン島から更に東、ウェットサンデー諸島にあります。ハミルトン島からは約10kmくらい離れていて、フェリーでだいたい30分くらいの場所にあります。

世界にあるビーチのなかでも、その美しさからトップエコフレンドリービーチに選ばれていて、オーストラリアのクイーンズランド州のなかでも、一番美しく、クリーンなビーチとしても選ばれている場所です。

ホワイトヘブンビーチってどんなところ

ホワイトヘブンビーチはガラスの原料にもなるシリカでできた砂浜で、その真っ白い砂浜は、7kmにもなります。透明度の高い海は絵に描いたような青さがあり、その海の青と砂浜の白さはまさしく絶景の一言です。

とくにホワイトヘブンビーチを訪れる旅行者は北側にある白い砂浜と青い海が縞模様になっているヒルインレットや南側に行くことが多いのですが、内陸部のビーチは旅行者も少ないため、ホワイトヘブンビーチをプライベートビーチのように感じることができおすすめです。

ホワイトヘブンビーチは砂の特徴でもあり、熱を持たない砂で、すごく細かな砂のため、暑い日でも全く熱くならず、歩くと音がなり、青い海と真っ白な砂浜のコントラストの美しさもあり、日本では特に新婚旅行で人気のビーチになっています。

ホワイトヘブンビーチ旅行いつがベストシーズン

ホワイトヘブンビーチはオーストラリアですので、基本的に一年中、ベストシーズンと言っても良いほど、基本的にはいつ旅行でいってもベストシーズンと感じるほど良いです。

しかし、そのなかでも、オーストラリア旅行でのベストシーズンと呼ばれる時期は特におすすめで、ホワイトヘブンビーチの一年でベストシーズンとあえて言うのなら、春と秋になる9月から11月と3月から5月がベストシーズンになります。

この時期は真夏よりは気温も高くなく、そして海の透明度がとくに高くなる時と言われていて、ホワイトヘブンビーチのベストシーズンと言われています。特にセスナなどで上空からみるホワイトヘブンビーチは大変素晴らしく、ベストシーズンと言われる時期は海の色もすごく綺麗でおすすめです。

特におすすめは9月から11月

現地の方によると、春、秋がベストシーズンではあるけど、やはりこれから暖かくなるという時期である春の時期がベストシーズンと言われます。

気温的にはやはり冬の時期はちょっと低くなるのですが、1年で一番降水量が少ないのが8月9月で、そして10月11月と続きます。8月はまだ冬ですので、9月から11月の春が、降雨量も少なくベストシーズンと言われています。

ホワイトヘブンビーチ旅行の拠点

ホワイトヘブンビーチに旅行に行くには、大抵はハミルトン島を拠点にホワイトヘブンビーチへ行きます。ホワイトヘブンビーチへはハミルトン島で宿泊し、現地のツアーに参加してホワイトヘブンビーチへ行きます。

ハミルトン島ではホテルも色々なタイプのホテルがあり、リゾートホテルもあれば、お子さんは宿泊できないホテル、長期滞在者向けの宿泊施設などがあり、ホワイトヘブンビーチだけでなく、その周辺の美しい海や景色も楽しめます。

9月は1年で一番降雨量が少ないので、それだけ晴れてる日が多いというのもあり、どうせ行くならベストシーズンが良いのは当然ですから、9月10月11月のベストシーズンに行くのがおすすめです。

ホワイトヘブンビーチへの行き方

ホワイトヘブンビーチへの行き方ですが、行き方としては色々あります。それはホワイトヘブンビーチをどのように楽しむか、ツアー内容によっても違い、半日のツアーや一日かけてのツアー、そしてセスナなど水上飛行機、ヘリコプター、船と行き方はツアーによっても違います。

ホワイトヘブンビーチへの船での行き方

船での行き方ですと、ハミルトン島ではなくオーストラリアのアーリービーチからのツアーだとヨットで行くツアーもあり、ヨットでの行き方になるとヨットで宿泊したり、ヨットのスピードや作業など体験しながらの行き方になるので、ヨット好きな方にはおすすめです。

ハミルトン島からだと、だいたい30分ほどでホワイトヘブンビーチにつき、真っ白な砂浜をピクニックしたり、現地の先住民のことも聞いたりもできるブッシュウォーなどができます。船での行き方を選ぶと、水上飛行機などが帰った後、比較的最後までホワイトヘブンビーチにいることができ、完全にプライベートビーチのような時間を過ごすこともできます。

チャーターすれば宿泊も可能

ホワイトヘブンビーチでは、ツアーではなく個人でヨットや2つの船体をつないでひとつの船にしているカタマランをチャーターしプライベートツアーの様にする行き方でればホワイトヘブンビーチの近くに停泊しながら宿泊もでき、そうすれば夜や夕方、朝焼けのホワイトヘブンビーチを見ることもでき、贅沢な時間を味わえます。

ホワイトヘブンビーチへの空路での行き方

ホワイトヘブンビーチへの行き方では、上空からのホワイトヘブンビーチを観ることができ、遊覧飛行も出来るため、かなりおすすめの行き方で、多くの旅行者が飛行機でホワイトヘブンビーチへ行きます。

空路では主に水上飛行機でホワイトヘブンビーチへ行き、ランチもついたピクニックなどを楽しむツアーと、上空からホワイトヘブンビーチや上空からしか見れないアウターリーフ、特にハートリーフなどを観る遊覧飛行だけのものあったりします。

ホワイトヘブンビーチへのおすすめの行き方

ホワイトヘブンビーチへのおすすめの行き方は、旅行に行く目的や、滞在時間にもよりますが、ほとんどがツアーでないと、ホワイトヘブンビーチへは行けないので、せっかく行くなら上空からの青い海と白い砂浜のコントラストなど上空からの景色も観てみたいものです。

通常なら断然飛行機での行き方がおすすめになるのですが、ホワイトヘブンビーチへの行き方が船のツアーを選ぶと、帰りの時間が飛行機よりも遅い場合が多く、さらに滞在時間も長い場合が多いので、ホワイトヘブンビーチの展望台から夕焼けを観ることができたり、自分たちだけのプライベートビーチ感を味わえたりします。

行き方にもそれぞれの魅力がある

どちらも捨てがたい魅力があるので、一番良いのは数日ハミルトン島に滞在し二日間ツアーに参加し、違う行き方で2回もしくは3回と飛行機、ヘリコプター、船と別々の行き方を堪能するのが良いですが、費用を考えるとちょっと難しいものもあったりします。

もちろん、直接ホワイトヘブンビーチに行く行き方もあれば、他の場所でのダイビングやシュノーケリングなどを楽しめるツアーとセットのもあるので、現地でどのツアーを選ぶか、事前に調べて行くと良いです。

シュノーケルなど、ホワイトヘブンビーチの海を潜ると透明度はすごいので感動しますが、サンゴ礁がホワイトヘブンビーチにはないので、魚はほとんどいません。綺麗な海の中で沢山の魚の姿などみたいなら、別の場所でのダイビングやシュノーケリングのツアーとセットのもので行くと良いです。

ホワイトヘブンビーチ旅行で必要な持ち物

ホワイトヘブンビーチへ旅行に行くうえで必要な持ち物ですが、いくつか、これだけは持って行ったほうが良い持ち物は実際あります。どれだけ滞在するかにもよって、持ち物の量が増えてくるというのもありますが、物価の高いオーストラリアですので、旅行に行く際に日本でしっかり揃えていくと良いです。

ホワイトヘブンビーチ旅行の持ち物1:運転免許証

免許証はハミルトン島で滞在する場合、滞在先のホテルによっては送迎してくれるホテルもあったり、場所によっては、あまり必要性の無い場合もあるのですが、ハミルトン島での移動手段は、主にバギーを使うため、その運転をする時に必要になります。

日本国内で使っている、運転免許証で運転することが出来るため、ハミルトン島を拠点にし、ホワイトヘブンビーチへ旅行する場合、数日ハミルトン島に滞在するなら、ハミルトン島の観光もおすすめなので、その時の移動手段としてバギーを乗る時に免許証があれば運転できますので、持ち物に入れておくと良いです。

ホワイトヘブンビーチ旅行の持ち物2:日焼け止め

オーストラリア旅行でも必要ですが、ホワイトヘブンビーチへ旅行する時はもちろん、ハミルトン島滞在中にもかなり必要な持ち物です。

とくにオーストラリアは湿度は低いのですが、日差し、特に紫外線はかなりキツイです。ホワイトヘブンビーチもですが、拠点になるハミルトン島も紫外線はかなりキツく、時期にもよりますが、日本と比べて3倍から5倍の強さがあると言われています。

なので、日焼け止めを定期的に、かなり念入りに塗る必要があります。しっかり塗っていても、1日外にいることが多いので、思った以上に日焼けします。ハミルトン島でも販売はしていますが、かなり値段は高いので、旅行に行く時に多めに購入しておくと良いです。

ホワイトヘブンビーチ旅行の持ち物3:帽子や長袖

こちらも、日焼け止め同様に、日差し対策で、必要になります。特に日本が冬の時期はオーストラリアは真夏ですし、そうなると、日本の日差しよりもかなりキツイ日差しになります。突然環境が変わり、肌の弱い方などは、日焼けというよりも火傷状態になる場合もあります。

日差し対策として、紫外線から目を護るためのサングラス、帽子、そして肌を護るため、薄手で風通しの良い長袖を持ち物に入れておくと良いです。

たった数時間でも、一気に日焼けしますので、紫外線対策として、薄手の長袖の羽織れるもので良いので、一枚あると良いです。

ホワイトヘブンビーチ旅行の持ち物4:上着

ホワイトヘブンビーチもハミルトン島も1年を通じて暖かいので、オーストラリア大陸に比べると、そこまで寒さもないのですが、12月から2月の夏の時期に比べるとベストシーズと言われる春や秋、そして冬の時期にあたる6月から8月は、昼間は大丈夫ですが、朝晩ちょっと寒いことがあります。

特に冬の6月から8月とその前後の5月と9月も合わせて、日本は夏の時期ですので、朝晩が体感の気温差もあって寒く感じる時がありますので、羽織れるもので、昼間の日差し対策の羽織れるものよりも気持ち厚めの羽織れるものがあると良いです。

6月から8月はあったほうが無難

とくに冬の時期はホワイトヘブンビーチやハミルトン島でも海で泳ぐのはちょっと寒いと言われたりします。しかし、せっかくホワイトヘブンビーチやハミルトン島に行って、綺麗な海を見れば入りたくもなります。

海に入るなら、特に陸に上がった時に寒く感じる事も多いので、春先や秋に着るようなパーカーなどあったほうが良いです。日差しがあれば、結構暑く感じるのですが、天気が雨や曇っていたりして風もあればちょっと寒く感じますので、一応一枚持ち物に入れておくのをおすすめします。

ホワイトヘブンビーチ旅行の持ち物5:ビニールバッグやジップロック

ホワイトヘブンビーチの砂浜はシリカというガラスの材料に使われるもので出来ていて、ほぼ100%砂浜はこのシリカで、その細かさは、すごく細かくサラサラしています。

ホワイトヘブンビーチでは、砂浜の砂が細かすぎるため、例えばスマホやデジカメを万が一砂浜に落としたとなると、それだけで内部に砂が入り込んで壊れてしまいます。ホワイトヘブンビーチでは、スマホなど砂浜に落としてしまい壊れるというのは、結構よくあることですので注意してください。

ホワイトヘブンビーチに行けば写真も撮るでしょうし、ランチがセットのツアーが多いので、その様子の写真など撮る場合など、砂浜に直接カメラなど置くのも砂混入の原因なので、小さなビニールシートや、砂からまもるためのビニールのバッグや、大きめのジップロックでも良いので持ち物に入れておくと安心です。

ホワイトヘブンビーチ旅行の持ち物6:虫除け

飛行機で行くとガスの入ったスプレーは持ち込みできないので、オーストラリアについた時に購入するしかないのですが、虫除けスプレーと、虫が苦手な方は殺虫剤なども購入すると良いです。

ただし、ハミルトン島に例えばケアンズから飛行機で行く場合もガスが入ったスプレータイプは持ち込めないので、注意してください。

必須の持ち物という訳ではない

これはホテルにもよりますし、部屋にもよるのですが、ホテルでも階層の高い部屋なら良いですが、一階や二階という低層階の場合、アリなどの虫が大量にいる場合があって、部屋で何か食べたり、飲んだりすると、ものすごい数の虫がいる場合があります。

そしてこれは、自分たちが宿泊する前の人達の利用の仕方にもより、チェックインして部屋に入ったらすごい数の虫がいたという声も多いため、滞在中に虫が沢山侵入してくる場合もあるので、注意してください。

ホワイトヘブンビーチ旅行の持ち物7:クレジットカード

クレジットカードに関しては、ほとんどの方が持っていくはずなので、大丈夫かと思いますが、ホワイトヘブンビーチでは、ビーチだけですので、まずお金は使うことはありません。あるとしたら、拠点となり、宿泊するホテルばあるハミルトン島になるのですが、ハミルトン島では、ホテルに宿泊しているならルームチャージができます。

ルームチャージができるため、チェックアウトの際にすべてまとめて支払いすることができます。逆に言うと必要以上の現金を持っていっても使いません。場合によっては、両替をしすぎてしまい、使い切るのに大変だったという方もいたりします。現金は最低限にしておけば良いので、クレジットカードは忘れずに持っていきましょう。

ホワイトヘブンビーチ旅行では様々なホテルがある

ホワイトヘブンビーチの旅行では、まず拠点として、多くの旅行者はハミルトン島のホテルに滞在します。ハミルトン島のホテルはホワイトヘブンビーチ同様に綺麗な海を見渡せる部屋も多く、そして、利用目的にあったホテルも多くあります。

地元のオーストラリアでは家族で過ごす場所として人気のハミルトン島なので、子供は無料になるホテルや、静かにゆっくりと過ごしたい方用に子供は禁止のホテルなどもありますし、長期滞在用の施設もあっり、色々なタイプのホテルがあります。

一般的には、日本から旅行でハミルトン島に行く方はほとんどがホワイトヘブンビーチに行く旅行者で、ツアーで行く方も多いため、ホテルを利用する方が多いです。あまり、キッチン付きの長期滞在型のコンドミディアムタイプやバンガローの利用者は少ないです。

日本語デスクもある

ホワイトヘブンビーチ旅行での拠点となるハミルトン島では、ほぼすべてのホテルから日本語デスクを使うことができます。ホテルに日本語デスクがあるところもありますが、電話をすればレストランの予約だったり、ツアーなどの予約など言葉に不安であっても日本語で相談できるので、ハミルトン島にいる時には利用すると良いです。

ホワイトヘブンビーチ旅行の際のおすすめホテル1:qualia(クオリア)

クオリアはホワイトヘブンビーチへ旅行に行く日本人旅行者からも人気のホテルで、ツアーで宿泊する時にもハミルトン島での滞在では利用される方が多いホテルです。世界で一番のリゾートホテルとして選ばれたことがあるホテルで大変有名なホテルでもあります。

このクオリアではビーチはもちろん、スパもあって、すごく優雅な時間を過ごすことができるホテルで、部屋からの景色など、ロケーションも大変素晴らしいホテルです。

ホワイトヘブンビーチ旅行の際のおすすめホテル2:リーフビューホテルハミルトン

リーフビューホテルもハミルトン島での宿泊ではよく利用される人気のホテルで、こちらのホテルは新婚旅行だったり、ツアー、家族旅行など、お子さん連れでも利用でき、色々な旅行で利用される人気のホテルです。

どの部屋からもハミルトン島の綺麗な青い海を観ることができ、ベッドに横になりながらも海が見える部屋もあり、人気のホテルです。階層にもよりますが、ハミルトン島にいる鳥が飛んできたりするので、食べ物を持って周りの景色を見る時は注意したほうが良いです。

このリーフビューホテルでは一階に日本語のデスクがあるので、何か現地での相談があれば気軽に言うとよいです。

メインビーチのすぐ近く

リーフビューホテルは、ハミルトン島のメインとなるビーチのすぐ側にあるので、周辺のレストランだったり、ハミルトン島での色々なアクティビティやツアーなどにも行きやすく、大変便利な場所にあるので、宿泊するなら、色々便利なところにあるので、おすすめです。

お子様は無料になります

リーフビューホテルの他にもバンガローなどありますが、こちらのリーフビューホテルでは12歳以下の限定になりますが、お子さんも宿泊する場合、宿泊費と食事に関して無料になります。

ご家族で旅行に行かれる時は、宿泊費は大きな費用になるので、おすすめです。一応、ホワイトヘブンビーチやハミルトン島でのベストシーズンと言われる時期など、無料とは現時点ではなっていますが、場合によってはそうじゃなくなるかもしれないので、そこは事前に調べて宿泊すると良いです。

ホワイトヘブンビーチ旅行の際のおすすめホテル3:ビーチクラブ

ビーチクラブは子供の宿泊が出来ません。大人のプライベート旅行の雰囲気を感じられ、静かにのんびり過ごすにはおすすめで、利用者からも大変人気のあるホテルです。

目の前にある庭から直接綺麗な海へと行けるうえ、ハミルトン島でのアクティビティや、ホワイトヘブンビーチへ行くツアーなどの参加等、ここから直接行くことも出来るということで、利用者にはすごく人気のホテルです

そして、こちらは飲水のミネラルウォーターが無料でいつでももらうことが出来るというのもあり、ミネラルウォーターの高いオーストラリアですので、ハミルトン島に滞在中にも無料でミネラルウォーターが提供されるのは宿泊者には嬉しい部分です。

ホワイトヘブンビーチのホテルは利用目的に合わせて

上記以外にもおすすめのホテルは沢山あります。12歳以下のお子さんは食事も宿泊料も無料になるとこや、逆に大人しか泊まれないホテルもあります。現地のレストランの中には、コアラを観ながら食事ができたり、もちろん抱っこもでき、匂いの少ないメスを抱っこできるので人気です。

自然に囲まれたバンガローや、クオリアにも負けないくらいのロケーションのホテルもあります。長期滞在で自炊も出来るタイプだと、オーストラリアの家族との出会いもあったり、現地の人とのふれあいも多いです。

ホワイトヘブンビーチ旅行では、滞在することの多いハミルトン島ですので、ハミルトン島での過ごし方に合わせたホテルを選ぶのも、ハミルトン島の楽しみ方です。

世界一の美しい白い砂浜ホワイトヘブンビーチを見てきましょう

ホワイトヘブンビーチは、本当に美しい青く透明な海と真っ白なきめ細かな砂が特徴のビーチです。海の透明度も驚くほどで、そのコントラストはすごく綺麗で、ビーチを歩くだけでもその素晴らしい環境に感動します。文字通り天国の砂浜であるホワイトヘブンビーチのベストシーズンの、その美しい絶景を自分の目で観てきましょう。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
Barista Sho

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ