「適塾」は大阪のおすすめ穴場観光スポット!文化遺産の見どころを徹底紹介!

「適塾」は、幕末の時代に蘭学者・医者であった「緒方洪庵」が作った塾です。大阪にあり、今ではおすすめ見学・観光スポトットとして人気があります。「適塾」について、様々な情報をピックアップしました。大阪に観光に行く時の参考にしてみてください。

「適塾」は大阪のおすすめ穴場観光スポット!文化遺産の見どころを徹底紹介!のイメージ

目次

  1. 1大阪・適塾に行こう!
  2. 2大阪・適塾とは?
  3. 3大阪・適塾での学習方法
  4. 4緒方洪庵とは?
  5. 5大阪・適塾に電車でアクセス
  6. 6大阪・適塾に車でアクセス
  7. 7大阪・適塾の駐車場情報
  8. 8大阪・適塾の観光情報
  9. 9大阪・適塾の見学スポット1.ヅーフ部屋
  10. 10大阪・適塾の見学スポット2.塾生の大部屋
  11. 11大阪・適塾の見学スポット3.建物
  12. 12大阪・適塾とあわせて行こう1.大阪城
  13. 13大阪・適塾とあわせて行こう2.豊國神社
  14. 14大阪・適塾とあわせて行こう3.海遊館
  15. 15大阪・適塾をじっくり見学しよう!

大阪・適塾に行こう!

「適塾」は、幕末の時代に大変多くの塾生が学んだ塾です。大阪にあり、現在は屋内を見学できるようになっていて、人気観光スポットとして多くの人が訪れます。「適塾」について、アクセスや料金などの観光情報とあわせて紹介します。大阪観光の途中に足を延ばしてみることをおすすめします。

大阪・適塾とは?

「適塾」は、蘭学者・医者として有名な「緒方洪庵」が開いた私塾です。現在の大阪大学や慶應義塾大学の元となったとも言われている塾で、幕末の時代に大変多くの有名な人を輩出しました。

天保9年(1938)から文久2年(1862)の間に開かれていて、この期間に塾生は合計3000人以上にもなると言われています。

「適塾」の塾生の中には福沢諭吉や、大村益次郎、橋本左内など後に大変有名となった人物がいます。北は北海道から南は鹿児島まで、青森と沖縄を除き日本全国から入門希望者が絶えなかったと言われています。

元々は医学の塾でしたが、蘭学など幅広い分野へと発展し、さまざまなことを学ぶことができる塾へとなっていきました。

「適塾」では、教える者と学ぶ者がお互いに切磋琢磨しあうスタイルの塾で、多くの塾生が少しでも多くの学問を身に着けようと寝る間も惜しんで学習しました。

一冊しかなかった「ヅーフ」と言われる蘭和辞典の部屋は常に塾生で溢れていて、夜中にこの部屋の光が消えたことがなかったと言われています。

今では唯一の蘭学塾の遺構として、大切にされています。こじんまりとしていますが、中をじっくり見学することができるようになっていて、当時の歴史に思いを馳せることもできる人気の観光スポットです。

大阪・適塾での学習方法

「適塾」では、入門すると最初に2階にある大広間の塾生部屋に畳一枚が与えられました。その畳の上で、寝起きし、机を置き学習もしました。

塾生は、塾頭の下に学力によって8から9ほどの級に分けられていました。そして、「会読」と呼ばれる翻訳の時間が月に6回ほど開かれていました。今の試験のようなものであるとされています。

「会読」の程度によって採点がされ、その成績によって畳の位置が変わりました。成績の良い塾生は環境の良い場所に行け、そうでない塾生は環境のあまり良くない場所へと移動させられたのです。

その中で3カ月以上の期間にわたって最上の位置を占めた者が上級へと進むシステムでした。塾生はそれぞれが競い合い、ひたすらに学問に励み、少しでも良い成績を取ろうと一生懸命に学びました。

緒方洪庵とは?

「緒方洪庵」は、江戸時代後期の武士であり、医師であり、蘭学者です。天然痘の治療に貢献し、近代医学の祖として大変よく知られた歴史上の人物です。

「緒方洪庵」は、文化7年(1810年)7月14日に備中国足守藩、現在の岡山市の武士の子の三男として生まれました。しかし、身体が弱かった為に医師を目指すこととなりました。

文政9年(1826年)に蘭方医・蘭学者の中天游の私塾である「思々斎塾」に入門し、4年間蘭学と医学を学びました。天保7年(1836年)には長崎でオランダ人医師ニーマンに医学を学びました。

天保9年(1838年)には大阪で医業を開業し、同時に「適塾」も開きました。当時大人気だった「適塾」の始まりです。

嘉永2年(1849年)には「除痘館」を開いて、牛痘種痘法を利用した天然痘の治療について研究を始めました。嘉永3年(1850年)には「足守除痘館」を開き、治療を開始しましたが、当初は牛になるなどの迷信があり、治療費は取らずに実験台になってもらいながら全国を回りました。

安政5年(1858年)には幕府が洪庵の活動を認め、牛痘種痘を免許制としました。文久2年(1862年)には洪庵は奥医師として幕府に出仕しました。翌年、54歳で亡くなりました。

大阪・適塾に電車でアクセス

「適塾」に電車などを利用してアクセスする場合は、京阪電車の「淀屋橋駅」で降りて17番出口を出る、または「北浜駅」で降りて徒歩約5分でアクセスすることができます。
 

大阪メトロ御堂筋線の「淀屋橋駅」で降りて8番出口を出ても徒歩約5分でアクセスすることができます。

大阪淀屋橋郵便局のすぐ近くにあり、近代的な建物のオフィス街の中にふと現れる歴史的建造物です。

電車を利用して大変アクセスしやすい場所にあるので、「適塾」の見学に行く時には、できるだけ電車を利用してアクセスすることをおすすめします。

大阪・適塾に車でアクセス

「適塾」に車を利用してアクセスする場合は、阪神高速1号環状線の「土佐堀ランプ出口」または「北浜出口」で降りるとアクセスすることができます。

「適塾」の周辺は細い道路となっていて、一方通行の道もたくさんあるので、交通指示に従って、安全に運転してアクセスすることが大切です。迷わないように、事前にカーナビや地図などで場所をしっかり調べておくことをおすすめします。

大阪・適塾の駐車場情報

「適塾」には観光者専用の駐車場はありません。周辺のコインパーキングなどをあらかじめチェックしておき、上手に利用することをおすすめします。

「タイムズ北浜」は、「適塾」の北方向にある駐車場です。約20台分の駐車場があり、24時間年中無休で営業しています。料金は、全日0時から24時までが12分300円となっています。最大料金は、8時から22時までは3000円、22時から翌朝8時までは300円となっています。現金の他にクレジットカードなどが利用できます。

「ONE PARK高麗橋」は「適塾」の南側にある駐車場です。約18台分の駐車場があり、24時間年中無休で営業しています。料金は8時から23時までは平日と土曜日が20分400円、日・祝日が60分300円、23時から翌朝8時までは全日90分100円です。最大料金は日・祝日が8時から23時までが1200円、全日23時から翌朝8時までは500円です。

大阪・適塾の観光情報

「適塾」の開館時間は、10時から16時まででとなっています。毎週月曜日と祝日の翌日、年末年始などは休館日となっています。また、警報などが発令された時には閉館となる場合があるので注意が必要です。

料金は、大人が260円、高校・大学生などが140円、中学生以下は無料となっています。20名以上の団体の場合は、団体料金が適用となり、大人が140円、高校・大学生などが80円となります。また、大阪大学の学生と障がい者手帳を持っている人は無料となっているので、証明できるものを持って行きましょう。

また、期間限定となりますが、例年秋頃にイベントクルーズとして「適塾参観券付きアクアライナー乗船券」が発売されることがあります。大人料金が1850円となり、大変お得に見学・観光をすることができるので、「適塾」見学が決まったら調べてみることをおすすめします。販売は、水上バス淀屋橋港のみとなっています。

「適塾」全体を見学するのに必要な所要時間は、約15分となっています。すぐ隣には、緒方洪庵の像や公園などもあるので、あわせて観光することをおすすめします。時間と心にゆとりを持った計画を立てると良いです。

大阪・適塾の見学スポット1.ヅーフ部屋

「ヅーフ部屋」は、通称「ヅーフ」と呼ばれる蘭和辞典が置かれていた部屋です。当時、鎖国をしていた日本では、西洋の辞書や医学書はなかなか手に入りにくく、貴重なものでした。

「適塾」には、蘭和辞典「ヅーフ・ハルマ」の写本がが一冊しかなく、それがこの畳6畳分の「ヅーフ部屋」に置かれていて、塾生がここへ訪れて奪い合うようにして学んだとされています。

「ヅーフ部屋」には次々と塾生が訪れてひたすら勉強に励み、夜遅くになっても明かりが消えることがなかったと言われています。

現在の「適塾」の2階の「ヅーフ部屋」には、「ヅーフ・ハルマ」の複製などが展示してあります。当時と違って静かな部屋となっていますが、塾生たちが大勢詰めかけて一冊の本を利用していた喧騒が伝わってくるように感じられるところです。

「ヅーフ部屋」は、「適塾」に行ったら絶対はずせないおすすめ見学・観光スポットの一つです。歴史に思いを馳せられる場所として人気です。

大阪・適塾の見学スポット2.塾生の大部屋

「適塾」では、入門すると畳一枚が与えられ、寝る場所も勉強する場所も基本的にはその場所で、と決まっていました。

今の試験のようなものであった「会読」によって、その畳の場所が変わりました。良い成績を取ると、明るい場所や出入りのしやすい場所を選択することができ、皆が競い合って良い成績を取るように努力したと言われています。

現在の「適塾」の2階には、畳28畳分の大部屋があり、「適塾」に関する資料などが展示してあり、当時の様子を学ぶことができるようになっています。

中央部分にある柱には刀痕が残っていて、塾生が刀の切れ味を試すために切り付けた痕であるとされています。帯刀が許されていた時代の血気盛んだった若者たちのエネルギーを感じることができ、塾生がどのように学んでいたのか、知ることができる場所としておすすめの人気見学スポットです。

大阪・適塾の見学スポット3.建物

「適塾」の建物自体が国の重要文化財に指定されていて、当時のこの周辺の町屋の様子がそのまま残っています。大変貴重な遺構であると人気の観光スポットとなっています。

「適塾」は、塾生たちが寝起きし、勉強する場所でしたが、緒方洪庵とその家族が生活していた場所でもありました。妻の八重は塾生たちの面倒をよく見ていて、塾生たちからも慕われていたと言われています。

「適塾」は、間口が約12メートル、奥行きが約40メートルある大きな建物でした。塾生たちの教室として利用された場所が手前にあり、その奥側に緒方洪庵とその家族の居住空間がありました。

最初は商家でしたが、緒方洪庵が住まいとするために改築し、その後拡張工事が幾たびか行われ、現在見ることができるような建物へと変化して行きました。

今は隣に大きなビル群が立ち並び、こじんまりとした建物に感じますが、当時は大変立派な大きなものでした。近代的な建物の中にふと歴史が突如として現れ、どこか懐かしさを感じさせられると人気です。

「適塾」の外観も大変見ごたえがあり、じっくりと見たい人気のおすすめ観光スポットとなっています。

大阪・適塾とあわせて行こう1.大阪城

「大阪城」は、大阪府大阪市中央区にある城です。錦城、金城とも呼ばれ、国の特別史跡に指定されています。大阪のシンボルともされていて、人気のおすすめ観光スポットです。

戦国武将の一人であり、天下人となった豊臣秀吉が建てた城として大変有名です。しかし、大阪の陣で徳川軍に敗れてしまうと、豊臣家の滅亡とともに当時の城は焼失してしまいました。その後江戸時代に建て直されますが、それも落雷によって焼失していまい、しばらくは天守閣のない城でした。今の天守閣は昭和6年(1931年)に再建されたものです。

天守閣の中は博物館となっていて、豊臣秀吉について、大阪城についてなどを学ぶことができる施設となっています。最上階は展望室となっていて、大阪の街を一望できます。カップルデートなどにも人気で、おすすめ観光スポットとして評判です。

「大阪城」に電車を利用してアクセスする場合は、大阪メトロ谷町線の「谷町四丁目駅」や「天満橋駅」、または大阪メトロ中央線の「谷町四丁目駅」や「森ノ宮駅」で降りるとアクセスすることができます。車を利用する場合は、阪神高速13号東大阪線の「法円坂出口」などで降りるとアクセスすることができます。

営業時間は、9時から17時までで、入館は16時30分までです。桜の見頃の時期やゴールデンウィークなど時期によって営業時間は延長されることもあります。年末年始は休館日です。料金は、大人が600円、中学生以下は無料となっています。

Thumb大阪城天守閣のおすすめの見どころを紹介!入場料の割引方法は?
大阪城天守閣は国内屈指の観光スポットになります。大阪観光の来る多くの人を魅了する雰囲気があり...
Thumb大阪城観光攻略ガイド!おすすめの見どころやルート・所要時間まで解説!
大阪城の観光といえば、天守閣に行って城下の景色を眺めるだけで終わっていませんか?大阪城と大阪...

大阪・適塾とあわせて行こう2.豊國神社

「豊國神社」は、大阪府大阪市中央区にある神社です。大阪城のすぐ隣にあります。「豊臣秀吉」「豊臣秀長」「豊臣秀頼」が祭神として祀られていて、大阪で大変有名な人気観光パワースポットです。

農民から天下人となった秀吉にちなんで開運・出世のパワーを頂ける場所として、多くの人が参拝に訪れます。その他にも仕事成就、商売繁盛、必勝祈願などにもご利益があるとされています。

秀吉の銅像もあり、天下人としてのオーラを感じることができる場所として評判です。秀吉とおねの夫妻は当時としては珍しい恋愛結婚であり、仲の良い夫婦であったので、ここで結婚式を挙げるカップルも多いです。

「豊國神社」に電車を利用してアクセスする場合は、大阪メトロ谷町線や大阪メトロ中央線の「谷町4丁目駅」、またはJRや大阪メトロ中央線や長堀鶴見緑地線の「森ノ宮駅」で降りるとアクセスすることができます。車を利用する場合は、阪神高速13号東大阪線の「法円坂出口」などで降りるとアクセスすることができます。

参拝は、いつでも自由に参拝に行くことができます。節度を持って、心を込めてしっかりとお祈りすればより大きなパワーが頂けることでしょう。

Thumb大阪で御朱印巡りを楽しもう!人気の神社仏閣で限定品もゲットできる?
大阪の神社仏閣で御朱印巡りを満喫しましょう。有名なスポットを巡り、御朱印を入手しましょう。限...
Thumb大阪のパワースポットといえば神社!縁結びや金運アップなど人気スポット紹介!
歴史ある街、大阪には神社が数多くあります。それぞれの神社に由緒来歴があり、金運、縁結び、開運...

大阪・適塾とあわせて行こう3.海遊館

「海遊館」は、大阪府大阪市港区にある水族館です。世界最大級の規模とも言われていて、多くの人が訪れる人気観光スポットです。

大きなジンベエザメが悠々と泳ぐ大きな水槽が大変評判で、ゆったりとした気持ちにさせてくれると話題になっています。その他にも人気のイルカやアザラシ、クラゲなどをはじめ約620種・約30000点の生き物を間近に見ることができます。

「海遊館」に電車を利用してアクセスする場合は、大阪メトロ中央線の「大阪港駅」で降りると徒歩約5分でアクセスすることができます。車を利用する場合は、阪神高速湾岸線または大阪港線の「天保山出口」で降りるとアクセスすることができます。

営業時間は、10時から20時までで、入館は19時までです。営業時間は季節によって変動することがあるので、事前に確認してから行くことをおすすめします。料金は、大人が2300円、小・中学生の子どもが1200円、4歳以上の幼児が600円となっています。

Thumb海遊館のチケット料金を割引する方法は?おすすめの入手法を調査!
海遊館は大阪で大変有名な水族館です。連日たくさんの人が訪れます。海遊館にお得に入場できる割引...
Thumb海遊館デートのおすすめプランや楽しみ方を紹介!夜も幻想的で人気!
大阪の海遊館のデートにおすすめの情報について、詳しくご紹介していきます。大阪に海遊館は大きな...

大阪・適塾をじっくり見学しよう!

大阪にある「適塾」は幕末の時代に多くの若者が一生懸命に勉学に励んだ場所です。歴史を感じることができると同時に、今を生きる自分たちの活力をもらえる場所として大変評判となっています。大阪観光に行く時には、是非「適塾」を見学に行くことをおすすめします。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
mina-a

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ