キュランダ観光の見どころは?人気のお土産やおすすめランチも紹介!

オーストラリアのキュランダという村をご存じですか?ケアンズから日帰りでき、オーストラリア原住民のアボリジニの文化や、固有の動植物に触れることができる場所です。世界自然遺産であるキュランダの熱帯雨林を遊び尽くす観光スポットや、おすすめの服装などを紹介をします。

キュランダ観光の見どころは?人気のお土産やおすすめランチも紹介!のイメージ

目次

  1. 1世界最古の熱帯雨林がある村“キュランダ”
  2. 2オーストラリアのキュランダとは
  3. 3キュランダでおさえておきたい5つの遊び方
  4. 4キュランダでのお土産やショッピング!おすすめ2店!
  5. 5キュランダでの注意点について
  6. 6キュランダでの美味しいランチならここ!【ジャーマン・タッカー】
  7. 7キュランダへのアクセスについて
  8. 8キュランダでの過ごしやすい服装について
  9. 9キュランダ観光の見どころを満喫しよう!

世界最古の熱帯雨林がある村“キュランダ”

オーストラリアのキュランダは、首都のキャンベラから約2500km離れているクイーンズランドの都市です。

キュランダ近郊の空港は、世界最大級の珊瑚礁群グレート・バリア・リーフでおなじみのケアンズ国際空港となります。

キュランダはケアンズと同様に世界自然遺産に指定された世界最古の熱帯雨林に囲まれており、オーストラリアの原住民アボリジニのジャブカイ族は、キュランダを「Nqunbay(カモノハシの土地)」と呼んでいたそうです。

オーストラリアのキュランダとは

観光としては熱帯雨林だけではなく、キュランダ鉄道や水陸両用車アーミーダック。コアラガーデンやアボリジニのダンスショー、キュランダに生息する動植物を見たりと自然を満喫できます。

キュランダは植民地化する前のオーストラリアの古い伝統文化を感じる事ができる場所です。

キュランダの熱帯雨林は世界最古と言われている

キュランダには、1988年に「クイーンズランドの湿潤熱帯地域」として登録された世界自然遺産があります。

登録理由は太古の状態と同じ姿と言われる動植物を見ることができるから!というのも、キュランダの熱帯雨林が形成されたのが1億3000年前と言われており、地球上にまだ恐竜が存在した時代からの状態を保っているからです。

キュランダでは恐竜がいた時代から変わらない形を保っている植物が300種。運がよければその時代から生息しているけれど、現在は絶滅器具種に指定された動物に出会うこともできます。

ケアンズにあるグレート・バリア・リーフから続く世界自然遺産なので、世界最大級の珊瑚礁と世界最古の熱帯雨林2つの世界自然遺産を見ることができる観光地です。

Thumbクイーンズランド観光のポイントまとめ!有名な世界遺産や大自然など見どころ満載
クイーンズランド州はオーストラリア大陸の北東部に位置します。グレートバリアリーフや熱帯雨林、...

キュランダでおさえておきたい5つの遊び方

キュランダでぜひおさえておきたいのは自然豊かな熱帯雨林の中を冒険できる観光です。大型観光アトラクションとも言われる移動手段はおすすめです。

日本では見ることもできない動物に触れたり、探しに出掛けたることができます。乗るも良し、見るも良し、触るも良しのキュランダの5つの遊び方を紹介します。

キュランダでの遊び方①キュランダ鉄道・レトロな内装で旅行気分を満喫!

ケアンズからキュランダを結ぶキュランダ鉄道は100年もの歴史がある列車です。ケアンズからキュランダまでは1時間半ほどかかります。

そのスピードは走っても追い付ける可能性もあるくらいゆっくり、のんびりと熱帯雨林の車窓を楽しむことができます。

駅舎も車内もレトロな雰囲気で、東京ディズニーランドにあるウェスタンリバー鉄道を思い出させます。車内にはトイレがあるので安心ポイントの1つです。

なお、土砂崩れのため2019年1月初旬まで運休となっておりますので、念のため出発前にホームページ等を確認してからお出掛けください。

住所 Caims Railway Station Bunda St,Cairns
電話番号 0740369333

キュランダでの遊び方②スカイレール・とても長いロープウェイ

ケアンズとキュランダの7.5kmを結ぶ6人乗りのゴンドラがこのスカイレールです。熱帯雨林の上空を結び、雄大な風景を楽しみながらしばし鳥になった気分が堪能できます。

運行開始は1995年で、大型観光アトラクションとして数々の賞を受賞しています。所要時間は1時間半ですが、その間に2駅で20分ほど休憩を挟むこととなりますので、閉じ込められっぱなしというわけではありません。

15分間隔で運行しているので、少人数の乗り物ではありますが、わりとスムーズに乗車できます。また、乗り場はケアンズ中心部から車で15分ほどかかる場所にあるため、送迎バスの予約も行っております。

住所 6Skyrail Drive,Smithfield,Cairns
電話番号 0740385555

キュランダでの遊び方③アーミーダック・水陸両用で熱帯雨林を爆音を上げながら走る!

キュランダの中心部からはシャトルバスで約5分、ケアンズ市内からでもバスで約30分の場所にあるレインフォレステーション・ネイチャーパークは、オーストラリアの先住民族の文化や固有の動物たちと触れ会える場所です。

ここは、数々の観光賞を受賞している場所で3つのアトラクションが楽しめます。そのうちの1つが水陸両用車「アーミーダック」ツアーです。

6輪駆動の水陸両用車は、日本の観光地でも見かけることは増えてきましたが日本のものとはひと味違います。

世界最古の熱帯雨林の中を進むキュランダのアーミーダックは、シダやラン、カワセミや絞め殺しのイチジクなどキュランダ固有の動植物を間近で見ることがワイルドさがあります。

世界自然遺産の密林を進むアーミーダックの観光ツアーは1日5回行われており、所要時間は45分です。

住所 Kennedy Highway,Kuranda
電話番号 0740939033

キュランダでの遊び方④レインフォレステーションでコアラを抱っこする!

アーミーダックも楽しめるキュランダのレインフォレステーション内には「コアラ&ワイルドライフパーク」という動物園があり、オーストラリア固有の動物たちと触れあうことができます。

コアラを抱っこできる州はオーストラリアでも年々少なくなってきており、キュランダのコアラ&ワイルドライフパークは貴重な体験ができる観光スポットと言えます。

ただし、コアラを抱っこできるのは120cm以上という身長制限があるので、小さなお子さまなどは抱っこできませんのでご注意ください。

また、コアラの抱っこ並びに記念撮影する際はパークへの入場料とは別途に料金がかかります。コアラの爪は意外としっかりしているので念のため半袖以上の服装をおすすめします。

なお、コアラ&ワイルドライフパークはその名の通りコアラのみならず、カンガルーやワラビー、子供のワニなどとも触れあうことができるので動物好きの方はもちろん、そうでない方も貴重な体験ができます。

住所 Kennedy Highway,Kuranda
電話番号 0740939033

キュランダでの遊び方⑤幸せの青いアゲハ蝶「ユリシス」を探す!

幸せの青い蝶と呼ばれる蝶々をご存じでしょうか。キュランダの地域に生息する「ユリシス(和名:オオルリアゲハ)」という蝶々で、和名のとおり瑠璃色に輝く鮮やかな青い羽が特徴的な蝶です。

キュランダでは野生でも容易に探すことができるとのことですが、確実に見たいという時は「バタフライサンクチュアリ」の観光をおすすめします。

場所はキュランダのヘリテージマーケット内にあり、その温室の中ではユリシスを始めとした1500種の蝶がところ狭しと飛び交っています。

蝶は非常に好き嫌いがはっきりしているそうで、落ち着く場所やエサの好みも種類によって異なるそうです。ユリシスが好むエサは神社や神棚に飾る榊(さかき)だそうで、青い羽の神秘さも合わせて神々しい感じがします。

なお、このバタフライサンクチュアリでは毎日10:00~16:00までの1時間に1回ガイドツアーがあり、事前に申し込むと30分ほどかけて案内してくれます。英語でのガイドとなりますがおすすめです。

住所 8Rob Weivers Drive,Kuranda
電話番号 0740937575

キュランダでのお土産やショッピング!おすすめ2店!

こんなにも自然が豊かすぎて、お土物としては民芸品くらいしか売っていないのではないかと不安になりますが、キュランダでもおいしいものやお洒落なものなどのお土産があります。

しかも、以前はヒッピーやアーティストが多く住んでいたことで、アーティスティックなものも多く、また入植者が鉱山を目当てに来ていたので鉱物を加工したアクセサリーなどのお土産もおすすめです。

オリジナルマーケット

オリジナルマーケットは元祖キュランダのマーケットです。100%地元産のマカデミアナッツや生産量が少ないため日本には出回っていないキュランダコーヒーなど、その土地ならではの物もお土産として販売しています。

また、キュランダでは純粋なエッセンシャルオイルをいれたハンドソープも有名で、中でも南国らしいプルメリアのエッセンシャスオイル入りのハンドソープもお土産に人気です。

さらに、アーティストの手作り衣装や、キュランダ郊外の鉱山で発掘した鉱物を使ったアクセアリーなどのお土産も人気があります。服装からキュランダに染まってみるものおすすめです。

ヘリテージ・マーケット

スカイレール、キュランダ鉄道の駅から徒歩約5分で着くマーケットです。お土産としては、地元アーティストによるカンガルーの毛皮を使った工芸品や、クロコダイルの革製品などが現地ならではのお土産が人気です。

マーケット内には「キュランダ コアラガーデンズ」と、世界中の鳥を集めた「バードワールド」があるため、お土産を買うついでにコアラなどの動物と触れ合えるマーケットになっています。

また、マーケットの奥にはレストランがあり、ワニカレーなど地元ならではのものからマルゲリータなどオーソドックスなものまで揃っています。

ゆっくりと座ってランチができ、カフェだけの利用も可能ですが、野生のトカゲが来ますのでハ虫類が苦手な方はご注意ください。

さらに、ヘリテージ・マーケットの近くにはキュランダの観光案内所「キュランダ ビジター インフォメーションセンター」があります。

ランチの場所からおすすめのお土産、短時間でもう1箇所、何か楽しみたい時など様々な観光案内に応じてくれます。

パンフレットも揃っており、スタッフも親切・丁寧な対応ですので、迷った時などはここを頼りにすると良いです。キュランダ鉄道の駅からでも徒歩6分程度で着きます。

キュランダでの注意点について

キュランダは閉店時間が早く、ケアンズに戻るために必要なキュランダ鉄道とスカイレールの終電も16:00前には終了してしまいます。

レンタカーなどで来ている場合は別ですが、知らない土地でお店はどんどん閉まっていく、帰りの交通手段は無い!なんて事になったら困るのでご注意ください。

キュランダのお店は14:00に閉店

キュランダのお店は14:00からどんどん閉店していきます。観光に行く際は眠くても我慢して朝早く出発するのがおすすめです。

遅めのランチも、ラストオーダーに間に合わずランチができないという事態になりかねないのでご注意ください。

また、キュランダ鉄道の終電は15:30、スカイレールの最終は15:45ですが、そこに合わせて土産を買おうと思ってもお店が締まっていたなんてこともあるので、お土産を買う事も早めに済ませておくことをおすすめします。

キュランダでの美味しいランチならここ!【ジャーマン・タッカー】

キュランダで人気のランチスポットはB級グルメのホットドック屋さん。ジャーマンソーセージのお店「ジャーマン・タッカー」でのランチです。

オーストラリアではありますが、なぜか本格的なドイツソーセージやドイツビールがランチから味わえるお店です。

ドイツの伝統的な味!秘伝のソーセージが絶品

伝統的なレシピで作られたドイツソーセージのホットドックのランチはボリューム満点で、味も絶品です。どのホットドックにもドイツソーセージの付け合わせの定番サワークラウト(キャベツの酢漬け)が挟んであり、ソーセージの味を引き立ててくれます。

ソーセージの種類も色々と選ぶことができます。定番のスモークビーフ&チーズの「ケイザクナッカ」でがっつり味のランチ、ポーク&パセリの「ヴァイズヴルツ」でさっぱり味のランチ。

そして、地元色が強い“ワニやエミュー”肉のソーセージでキュランダを味わうランチなど色々と挑戦できます。

店内でゆっくり食事を取るのもおすすめですが、少しでも多くキュランダを回りたい時はお店の手前の通りで焼いているソーセージを買って食べ歩きながらのランチも可能です。

日本語のメニューが嬉しい!

このジャーマン・タッカーのメニューは英語とドイツ語が混ざっているという日本人には複雑なメニュー表になっています。

しかし、日本語メニューもあるので英会話が苦手でも指を差して伝えれば注文できます。実はこの店だけではなく、キュランダのマーケット内には意外と日本語メニュー表記があるので嬉しいポイントです。

住所 Therwine Street,Shop14,Kuranda
電話番号 0740937398

キュランダへのアクセスについて

シドニーやメルボルンといったオーストラリアの主要都市から随分離れているキュランダへのアクセスは、この2大主要都市を経由しない形が日本からの最短ルートと言えます。

キュランダから一番近い空港があるケアンズ国際空港からのアクセスが一番最適です。ケアンズ~キュランダ間は交通機関の選択肢は増えます。

日本からケアンズを経由してキュランダへ

日本からケアンズ国際空港までは成田空港・関西国際空港から直行便が出ています。それに搭乗し、ケアンズ国際空港まで約7時間程度のフライトで到着します。

ケアンズからキュランダまでは25kmほど離れているので、車で40分ほど移動するか、今までに紹介していたキュランダ鉄道や、スカイレールを利用して移動することとなります。

都市部からの公共交通機関はバス、もしくはレンタカーくらいしか無いのですが、ケアンズとキュランダ間の交通手段は選択肢が増え、双方がそれだけ人の行き来が多い事を物語っています。

Thumbケアンズ旅行で人気の観光名所23選!市内の食事スポットやおすすめビーチなど!
オーストラリアの東海岸にあるケアンズは、世界遺産のグレートバリアリーフやキュランダの玄関口と...

キュランダでの過ごしやすい服装について

キュランダは年間の日中の平均気温が25~31度と高く、日本の春の終わりから夏のような気温です。日本は北半球、キュランダは南半球ということも意識して時期に合わせて服装を選びましょう。

気候としてはケアンズとさほど変わりなく、服装は年間を通して昼間は半袖でも大丈夫ですが、夜は1枚上に羽織るなど服装を変えた方が体調管理がしやすくおすすめです。

乾季と雨季を考えて服装を選ぶ

キュランダは熱帯雨林地域のため乾期と雨季があります。雨季は12月~4月で最も暑くて雨が降る時期です。折り畳み傘やレインコートなどの雨具が服装を準備するうえで必須アイテムとなります。

乾期は5月~11月で観光には最適の時期です。日中の服装は半袖でも支障ありません。ただし、日本とは逆の気候の南半球なので8月~10月は1年で最も寒くなる時期です。

夕方から夜にかけて冷え込む乾期の服装には、パーカーやカディガンなど長袖の羽織物があると重宝します。日差しも強いので、日焼け対策としても薄手の長袖を服装の装備品として持っていくと便利です。

歩きやすいスニーカーがおすすめ

海沿いを歩くケアンズとは違い、キュランダは熱帯雨林での中を歩いたり、乗り物での移動が多くなるため、スニーカーなどの歩きやすい靴がおすすめです。

アクティブに動き回らなければならない場面も多いので、日傘よりは帽子と日焼け止めをおすすめします。歩きやすい靴でアクティブに動き、日本ではお目にかかれない動植物を見て,大自然の中で冒険家気分を味わってください。

キュランダ観光の見どころを満喫しよう!

日本ではなかなか見ることができない、オーストラリア固有の植物や、コアラやカンガルーなどの固有の動物を見て触れることができるキュランダ。

アボリジニの文化や、地元ならではのグルメを堪能しにキュランダでひととき冒険家の気分を味わってみてください。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
小松

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ