嵐山観光は見どころ満載!人気スポットの駐車場や食べ歩き情報も解説!

京都の観光名所といえば「嵐山」。嵐山は雑誌やCMで見たことがあるような日本の絶景がたっぷりと詰まった魅力的な街です。嵐山に行ったら寄ってみたい観光名所にはどんなところがあるのでしょうか。人気スポットに加え駐車場や食べ歩き情報などまとめてご紹介いたします。!

嵐山観光は見どころ満載!人気スポットの駐車場や食べ歩き情報も解説!のイメージ

目次

  1. 1日本が誇る観光名所・嵐山
  2. 2嵐山はどこにあるの?
  3. 3嵐山の観光名所をご紹介
  4. 4嵐山で観光名所を巡る1:嵐山駅周辺を散策
  5. 5嵐山で観光名所を巡る2:天龍寺
  6. 6嵐山で観光名所を巡る3:渡月橋
  7. 7嵐山で観光名所を巡る4:嵐山公園
  8. 8嵐山で観光名所を巡る5:竹林の小径
  9. 9嵐山で観光名所を巡る6:野宮神社
  10. 10嵐山で観光名所を巡る7:常寂光寺
  11. 11嵐山で観光名所を巡る8:大覚寺
  12. 12嵐山で観光名所を巡る9:嵐山モンキーパークいわたやま
  13. 13嵐山で観光名所を巡る10:宝厳院
  14. 14嵐山で観光名所を巡る11:二尊院
  15. 15嵐山で観光名所を巡る12:嵐山駅「キモノフォレスト」
  16. 16嵐山で楽しく食べ歩き1:アラビカ京都 嵐山
  17. 17嵐山で楽しく食べ歩き2:嵯峨豆腐 三忠
  18. 18嵐山で楽しく食べ歩き3:マールブランシュ嵐山店
  19. 19嵐山観光に便利な駐車場:京都市嵐山観光駐車場
  20. 20京都随一の人気を誇る嵐山観光へ行こう!

日本が誇る観光名所・嵐山

日本が誇る美しい観光名所、嵐山。日本中から、また海外から観光客が連日訪れる京都を代表する人気の名所です。嵐山に行ったことのない方でも嵐山という地名を知らない方はほとんどいないかもしれません。ぜひ日本人なら一度は行ってみたい観光名所です。

日本中が知っている紅葉の名所なので紅葉の時期は人気があり過ぎて混雑や渋滞が予想される嵐山ですが、実は春夏秋冬、どの季節に行っても楽しめる京都自慢の観光名所です。春の桜、初夏の美しさ、夏でも涼しい日本庭園、秋の紅葉、雪も美しく嵐山を彩ります。

嵐山にはどんな観光名所があるのでしょうか。人気があるスポットには車で行くことが出来ますか?駐車場はあるのでしょうか。おすすめの食べ歩きグルメはありますか?今回は嵐山観光を名一杯楽しめるための詳しい情報を盛りだくさんにお伝えいたします。

嵐山はどこにあるの?

嵐山(あらしやま)は日本の京都府にあります。本来京都市の西京区を指していますが京都府が出している観光案内等では嵐山というときには京都市西京区だけでなくたいてい嵯峨地区とまた渡月橋(とげつきょう)あたりの地域も含めて嵐山と呼ばれています。

京都市街の西側のことを言い、貴族の別荘地となった平安時代よりずっと、京都を代表する観光地となっています。嵐山は国の史跡・名勝に指定されており、世界遺産や国の史跡・名勝が多い京都の中でも指折りの日本を代表する観光名所です。

特にこの嵐山は春の桜の時期や秋の紅葉の時の美しさは素晴らしく、この時期に多くの観光客が訪れる観光名所です。日本さくら名所100選にも選ばれ、もちろんもう一つの日本紅葉の名所100選にも選ばれている、桜と紅葉を語るには外せない名所となっています。

嵐山の観光名所をご紹介

とにかく紅葉の時期は混雑すると有名な嵐山。外国からもこの嵐山の紅葉を観ようと大勢の観光客が訪れます。有名スポット目白押しの嵐山なので何泊かして嵐山さん策をしたいものですがあまり時間がない人のためにも今回は選りすぐりの嵐山観光スポットをご紹介していきます。有名スポットがたくさんあります。

Thumb京都観光マップ特集!地図の見方やわかりやすい人気マップをエリア別紹介!
日本を代表する観光スポットといえば京都でしょう。魅力なスポットの京都ですが、京都観光に欠かせ...

嵐山で観光名所を巡る1:嵐山駅周辺を散策

嵐山を楽しむにはまず嵐山駅周辺を散策してみましょう。散策するのにおすすめの時間は朝です。朝は比較的人が少ないために観光客が大勢で歩く昼近くよりもゆっくりと散策することが出来ます。まだ空いていないお店もありますがゆっくりと散策できます。

カフェや雑貨屋さん、おみやげ物屋さんなどおしゃれなお店が並んでいます。またこの辺りからJRの嵯峨嵐山駅との間、歩いて10分ほどの区間が観光雑誌などでいう「嵐山」の中心です。ここは嵐山観光といったら押さえておきたいスポットです。

京福線嵐山駅の足湯

この嵐山駅のホームになんと有名なリラックススポット足湯があります。その名も「嵐山温泉 駅の足湯」。嵐山をぐるっと観光してきたら帰りに歩き疲れた足をゆったりと足湯で癒してあげてください。広いスペースはのんびりと足元から体まで温まるのに十分リラックスできおすすめです。テーブルもあるのが親切な足湯です。

嵐山で観光名所を巡る2:天龍寺

次にご紹介するのは「天龍寺(てんりゅうじ)」です。後醍醐天皇の菩提を弔うために足利尊氏が建立したお寺です。1994年に世界遺産に登録されました。嵐山観光で外すことのできないおすすめの観光名所です。「古都京都の文化財」として登録されています。

天竜寺の敷地内には庫裏(くり)・方丈(ほうじょう)・法堂(はっとう)などの伽藍、祥雲閣、甘雨亭、友雲庵、龍門亭などの歴史的建造物もあります。特に曹源池庭園(そうげんちていえん)はとても有名な庭園です。

史跡・特別名勝に指定されており、これは日本で最初と言われています。嵐山観光をして回る地域の中心部にあり駅からもほど近いところにあります。どの順番で回って寄りやすい天龍寺ですので、嵐山に行ったら必ず寄ってみてください。

天龍寺には専用駐車場がある

天龍寺には大きな駐車場があります。先ほどご紹介した通り天龍寺は嵐山の中心地にありますので天龍寺に車をとめて嵐山を散策するのはとっても効率的です。1回1,000円という料金設定もとても良心的です。

天龍寺の駐車場の収容台数なんと約100台。そして料金は平日も休日も同じです。ご利用時間は午前8時半から午後の5時半まで。ただ10月21日から3月20日までの冬季は午後17日に閉鎖されます。

嵐山で観光名所を巡る3:渡月橋

次にご紹介するのはやはり嵐山といってここに行かないわけがない嵐山を代表するおすすめ観光名所渡月橋(とげつきょう)です。1934年(昭和9年)に作られた橋です。大堰(おおい)川に架かっておりその趣ある姿は海外からの観光客にも有名です。ここを訪れるのもやはり午前の早い時間がおすすめです。

その昔834年に僧、道昌がこの辺りに架橋したのが始まりで、その後現在のこの渡月橋の場所に角倉了以が改めて橋を架けたと言われています。渡月橋と名付けられた由来は、亀山上皇がこの橋の上を月が移動していく様を眺めながら「くまなき月の渡るに似る」と謡ったことからついたといわれています。

渡月橋を見守る法輪寺(ほうりんじ)

渡月橋を観光したら一緒に法輪寺も見て回りましょう。渡月橋を南に進むと見えてきます。713年(和銅6年)に元明天皇の命により木上山葛井寺(もくじょうざんかづのいでら)を行基菩薩が創建したのが始まりとされています。874年(貞観16年)に「法輪寺」と呼ばれるようになりました。


法輪寺は子どもたちの学校の教科書にも出てくる有名なお寺です。清少納言の「枕草子や吉田兼好の「徒然草」などにも登場しています。13歳になった子どもが福徳と智恵の授かりを願って詣でる「十三(じゅうさん)まいり」で有名なお寺です。

法輪寺へ参詣する際にこの渡月橋を渡って訪れるためにその昔渡月橋は「法輪寺橋」とも呼ばれていました。法隆寺に「十三まいり」をした後この渡月橋を渡って帰る際、後ろを振り向いて法輪寺を見ると福徳と智恵を失うといわれています。

法輪寺には専用駐車場がある

ここ法輪寺にもありがたいことに駐車場があります。法輪寺観光を中心に嵐山を2,3時間見て回る程度でしたらとっても使い勝手の良い駐車場です。阪急嵐山駅から歩いて9分ほどのところにある駐車場なので先ほどご紹介した嵐山駅周辺まで足を延ばして観光することもできます。

しかし収容台数は約20台程となっているのでそれほど多くはありません。この近辺、法輪寺、嵐山駅周辺、そして渡月橋あたりを散策したら他に移動しましょう。駐車料金は1回1000円ほどです。営業時間は午前9時から午後の5時までとなっています。

Thumb京都観光のモデルコースをご紹介! 日帰りでも満足できる寺や名所を大特集!
春夏秋冬で四季折々の情緒が味わえる京都に日帰り旅にでかけませんか?短い時間に京都をどう回れば...

嵐山で観光名所を巡る4:嵐山公園

法輪寺を観光し終わったら歩いて10分ほど行った所にある「嵐山公園」も散策してみることをおすすめします。桂川の中之島「嵐山公園」は広々とした公園から木製の渡月橋をのんびりと眺めることが出来ます。

レトロな雰囲気にあふれる渡月橋は日本人のこころにとっても響く癒しの香り。背後にそびえる山々にぴったりと似合います。桜に縁どられた渡月橋を一目見ようと春の時期はこの公園も人気スポットとなっています。

中之島に渡る橋がかけられていますがこの「渡月小橋」付近には屋形船があって、この渡月橋ととっても合います。まるで江戸時代にタイムスリップしたかのような風情ある景色が見られます。こちらも日が高くなる前に訪れるなら穏やかな空気の中のんびりと嵐山の気色を堪能できるでしょう。おすすめの名所です。

嵐山で観光名所を巡る5:竹林の小径

竹林の小径も嵐山を観光するなら忘れるわけにいかないおすすめのスポットのひとつです。大河内山荘庭園から野宮神社までの500メートルほど続いています。ここも観光客で常ににぎわうところなので、可能なら朝の早めの時間に行ってみましょう。

竹林がまるで時間と音を無くした世界へといざなってくれるようです。まっすぐと空高く伸びる青竹。静かに穏やかに包んでくれる青竹のトンネルはとても神秘的。ポスターなどにもよく選ばれる美しい京都の名所です。

Thumb嵐山の竹林の行き方は?ライトアップやおすすめの時間帯・駐車場を調査!
京都嵐山と言えば、美しい竹林に佇む着物姿の女性を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。そ...

嵐山で観光名所を巡る6:野宮神社

源氏物語にも出てくる野宮神社も観てくるのはいかがでしょうか。嵯峨野の竹林を歩いているとコース上にありますので竹林の散策と一緒に寄ってみることにしましょう。御祭神は子宝安産の神様とか縁結びの神様とも呼ばれており、祈願する人たちが訪れています。

敷地内には「野宮大黒天」があります。その大黒天のそばにあるお亀石目当てで訪れる人達も大勢います。この石を撫でながらなにか願い事をすると成就するといわれています。

あらゆるガイドブックで紹介されている嵐山を代表する観光スポットなので混雑が予想されます。平日や朝など人のまだ少ない時に訪れることをおすすめします。

嵐山で観光名所を巡る7:常寂光寺

常寂光寺(じょうじゃっこうじ)も嵐山を代表するおすすめの観光名所です。常寂光寺は1596年(慶長1年)に建てられたお寺でとても歴史を感じる趣あるお寺です。百人一首にも登場しています。この常寂光寺には多宝塔という高台があります。

ここから見る京都の街の風景はとっても美しいために写真スポットとして観光客に人気があります。また京都の街を背景にした多宝塔の姿はとっても美しくてまさに日本を代表する「京都」。CMやポスターなどにもよく使われている京都らしいきれいな景色です。ぜひ一度訪ねてみることにしましょう。

紅葉の時期は特に美しくあまりの美しさに時間を忘れて見入ってしまうほど。嵐山に行って常寂光寺を回らないというのはあり得ない程定番のスポットです。

紅葉の時期は渋滞するほどの人気ぶりですが新緑が美しく青々とした木々の隙間から木漏れ日が差し込む初夏もおすすめ。紅葉の時期とはまた違った温かで穏やかな雰囲気が人気です。先にご紹介した「竹林の小径」のついでに回ってみることにしましょう。

Thumb京都の紅葉ライトアップ人気特集!おすすめの寺やツアー・駐車場は?
秋の京都と言えば紅葉鑑賞に訪れる人が多く、日中の紅葉鑑賞はもちろん、紅葉のライトアップや夜間...

嵐山で観光名所を巡る8:大覚寺

大覚寺も非常に人気のある嵐山のおすすめ観光スポットです。嵯峨天皇の成婚の時に作られたという離宮、嵯峨院を空海が寺院として改めたのがこの大覚寺といわれています。寺院として始まったのは876年(貞観18年)といわれています。

ここでとっても人気なのが大沢池。日本最古の林泉式庭園と言われています。池の周りには楓や桜がたくさん植えられておりその数なんと700本。それ以外にも蓮が約3000株も自制しており日本らしい美しい姿を見せてくれています。

平安時代に作られたというこの池はまるでその時代にタイムスリップしたかのような景色を保っており、観光客に喜ばれています。紅葉の季節はやはりとても混むのでできれば平日か朝早い時間に尋ねてみることをおすすめします。何処を切り取っても美しい、嵐山を代表する観光スポットです。

嵐山で観光名所を巡る9:嵐山モンキーパークいわたやま

渡月橋を観たら南側にある岩田山公園にも足を延ばしてみましょう。ここにある「嵐山モンキーパークいわたやま」も嵐山のおすすめ観光名所です。ここでは野生の猿たちと触れ合うことが出来ます。嵐山モンキーパーク内には約120頭もの猿たちが生活をしています。

係員の人からするとすべての猿に名前がついているのだとか。どのように見分けるのか興味深いものです。岩田山入り口から入りしばらく散歩を楽しんでください。それほど大変な坂ではないのでのんびりと歩きながら軽いウオーキング。

頂上の展望台広場まで行けば野生の猿たちに餌をあげることができる休憩スポットがあるので向かってみましょう。ここは外国人にもとっても人気の観光スポットです。

実はニホンザルが地球で最も寒いところで生活している猿だそうで、北米やヨーロッパなどでは猿は生息していないのだそう。自由に歩き回る野生の猿にしかも手渡しで餌をあげられるなんて自国では経験できないこと。ゆえに人気のスポットなのです。

更にここ嵐山モンキーパークいわたやまは高いところにあるためにその景色の美しさにも定評があります。京都市内を一望できる大パノラマ。猿にそれほど興味がないとしてもこの景色を見るために岩田山にのぼってみるというのもありかもしれません。

また頂上の休憩所近くにはターザンロープがあったり長い滑り台があったりとちょっとした子供たちの遊び場があるので子ども連れの人たちにうれしいポイントです。

嵐山で観光名所を巡る10:宝厳院

次にご紹介するのは「宝厳院(ほうごんいん)」です。この宝厳院の庭園はまさに絶景スポットです。それほど大きな寺院ではありませんが庭園に青々とした木々が植えられ、小川がその間を流れ苔の生えた岩などがそれを彩る美しい日本の気色です。のんびりと日本人に生まれた幸せをかみしめてみてください。

嵐山で観光名所を巡る11:二尊院

常寂光寺からそれほど遠くないので一緒に見て回りましょう。歩いて8分ほどいったところにある「二尊院(にそんいん)」です。誰もが知っているCM「そうだ、京都に行こう」で有名となった寺院です。美しい紅葉はまさに全国区の知名度を誇ります。参道の階段はまさに紅葉の舞台。真っ赤に彩られた参道は歩いているだけで気持ちも高揚してきます。

Thumb京都の紅葉観光の時期や見頃は?名所や穴場・おすすめコースを総まとめ!
京都は、1年を通して国内外から多くの人々が訪れる世界的観光都市。ここではそんな京都周辺の紅葉...

嵐山で観光名所を巡る12:嵐山駅「キモノフォレスト」

駅に戻ってご紹介したいのが京福線嵐山駅となりにあるスポット、「キモノフォレスト」です。京都といえば友禅この。友禅を使ったポールがまるで竹林のように立ち並んでいます。その数なんと600本!その幻想的な空間の中を歩いて通ることが出来ます。京都らしい演出です。

嵐山を散策してたくさんの嵐山の魅力に触れた後にこの「キモノフォレスト」で最後に友禅の美しさに触れてみてください。特に日没後はライトアップしてさらに幻想的な姿を見せてくれます。夜の9時までライトアップはされています。

嵐山で楽しく食べ歩き1:アラビカ京都 嵐山

ここからはちょっとした食べ歩きを楽しめるところをご紹介していきましょう。一つ目は「アラビカ京都 嵐山」です。渡月橋近くにあるので嵐山観光時には前を通ることもあるでしょう。渡月橋を渡って少し行くと見えてきます。

ここはコーヒーショップ。ハワイに自らコーヒー農園を持ったりコーヒー豆の焙煎の仕方にも独特のこだわりを持ったりとコーヒーには絶対妥協しないアラビカ京都さん。とても美味しいと地元の人にも観光客にも人気でいつ行っても列が出来ているほどの人気ぶり。

ここには座ってコーヒーを飲めるスペースはありませんのでテイクアウトして食べ歩き飲み歩き。桂川のほとりで景色を楽しみながらのんびりとコーヒーをいただきましょう。

Thumb京都の人気カフェまとめ!インスタ映えな隠れ家や夜もおしゃれなお店は?
京都といえば日本を代表する人気観光地となっていますが、そんな趣のある場所でカフェを過ごしてみ...

嵐山で楽しく食べ歩き2:嵯峨豆腐 三忠

小腹がすいたら食べ歩きにカレーパンはいかがですか?「嵯峨豆腐 三忠」さんの出しているのカレーパンがとっても美味しいと評判です。1個300円と少々高めですがボリュームがあり中に入っているカレーあんがたっぷり!お得感のある食べ歩きに人気のカレーパンです。

「嵯峨豆腐 三忠」さんは他にもそばやうどん、フランクフルトなどの食事もいただけますがテイクアウトできる食べ歩き用のカレーパンが大人気。小腹が空いたときに一つ食べれば満足度たっぷりです。

嵐山で楽しく食べ歩き3:マールブランシュ嵐山店

 嵐山での食べ歩きにこのお店もはずせません。「マールブランシュ」さんが嵐山店だけで出しているお抹茶アイスエクレア茶々棒が大人気です。

このマールブランシュさんは京都の洋菓子屋さんでは1,2を争う人気店。そこの嵐山店でしか出していないスイーツと聞いて、遠くからもお客さんが連日訪れています。このお抹茶アイスエクレア茶々棒は注文を受けてからサクサクのエクレアの皮の中に抹茶ソフトクリームをたっぷりと挟んでくれます。食べ歩きに大人気です。

甘すぎないあっさり味が大人にも大人気です。精錬された店内は月をイメージしたもので近くで見てきた竹林の美しい情景を思い浮かべることが出来るようなそんな雰囲気に包まれています。買って帰りたいですがアイスが解けるので食べ歩き向きです。

おしゃれなスイーツがいっぱいの店内はどれをとってもはずれのない美味しいさ。パッケージも嵐山らしいセンスの良さを感じます。食べ歩き用のスイーツに加えて持ち帰り用のお土産もここで買ってしまいましょう。

嵐山観光に便利な駐車場:京都市嵐山観光駐車場

嵐山のどこから観光を始めたとしても便利なのはこの駐車場です。嵐山駅近くにあります。午前8時から午後の5時までの営業となっています。駐車料金はバスが1台2,500円、普通車が1台1,000円、自動二輪が1台400円、自転車が1台200円となっています。

一度出てから再入場の場合は改めて料金が発生します。観光名所の中心にある駐車場のため1回3時間までとなっています。ただ駐車スペースはバスが37台置くことが出来普通車もなんと105台も置くことが出来るので比較的広い駐車場になります。

こちらの観光駐車場はバスやタクシーが優先となってしまうので紅葉の季節や祝祭日など混雑が予想されるときは自家用車は入れないかもしれません。ご了承ください。

ここからご紹介してきた観光名所、たとえば天龍寺までは600mほど。また竹林の径までは700mほど。渡月橋までは100mほど、法輪寺までは600mほどとどこも歩ける範囲内となっています。

住所 京都市右京区嵯峨天龍寺造路町31-1
電話番号 075-861-1215

京都随一の人気を誇る嵐山観光へ行こう!

嵐山はやはりどこを見ても美しい。きっとそんな感想を持たれることでしょう。京都は観光名所の多い日本の自慢の街ですが、その中でもとりわけ嵐山には日本人の心をいやす美しい名所がたくさんあります。

初夏の初々しい木々の葉の間から降りてくる木漏れ日はどれも穏やかで美しいですし、桜の名所や紅葉の名所もたくさんあります。CMなどで見たことがある景色があちらこちらに広がっています。食べ歩きをしながら美しい景色を楽しめます。

駐車場もあらゆるところに完備されていますので混雑する時期でなければ自家用車で出かけてみるのもいいかもしれません。混雑時はぜひ電車で出かけてみることにしましょう。嵐山駅を中心におすすめ名所がひろがっています。ぜひ嵐山食べ歩きの旅に出かけてみましょう!

関連記事

Original
この記事のライター
Canna

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ