アリススプリングスの観光名所といえば?空港からの行き方や治安もチェック!

オーストラリアのど真ん中に位置するアリススプリングスは、日本でも一時期人気となった場所であり、多くの観光客が訪れている場所となっています。そんな観光地がたくさんあるアリススプリングスを今回は紹介します。空港からの行き方や治安も紹介しますので、参考にどうぞ!

アリススプリングスの観光名所といえば?空港からの行き方や治安もチェック!のイメージ

目次

  1. 1アリススプリングスの観光名所をご紹介!
  2. 2アリススプリングスってどんな場所?
  3. 3空港からアリススプリングスへの行き方は?
  4. 4アリススプリングスの気候は?
  5. 5アリススプリングスの治安は?
  6. 6アリススプリングスのおすすめ観光名所を紹介!
  7. 7アリススプリングスの観光は見所満載

アリススプリングスの観光名所をご紹介!

オーストラリアのアリススプリングスは「世界の中心で愛を叫ぶ」のロケ地にもなったとして知られており、多くの観光客が訪れる場所となっています。

何もない街としても知られており、口コミでもそのようなことが言われていますが、実は魅力ある観光スポットがたくさんあります。今回はそんな魅力あるアリススプリングスの観光スポットから行き方、治安、気候など旅行に役立つ情報を一挙に紹介していきますので、ぜひご確認ください。

Thumbオーストラリアの有名都市ランキング!観光におすすめの名所や治安を調査!
観光や留学で、大人気のオーストラリア。首都キャンベラをはじめ、観光で有名なシドニー、ゴールド...

アリススプリングスってどんな場所?

アリススプリングスは、オーストラリアの北部にあるノーザンテリトリーにある都市に位置付けられています。人口はおよそ2万8000人であり、多くの民族が暮らす街となっています。

地図を確認してみると、アリススプリングスはオーストラリアのほぼど真ん中に位置しています。アリススプリングスは比較的小さな街となっており、街全体を歩いて回ることもできます。2時間もあれば1周するのには余裕であり、小さな町の中にたくさんの人が住んでいます。

平日には住民たちが仕事や遊びなどをしている光景を見ることができ、また車もある程度は知っています。しかし夜になると飲食店やバーの周りを除いてほとんどの人が歩いていませんので、少し怖い思いをするでしょう。

そのため、夜の街を歩くのはやめておきましょう。ほとんど人がいませんので、犯罪に巻き込まれるかもしれません。

「世界の中心で愛を叫ぶ」のロケ地にも!オーストラリアの中心地

「世界の中心で愛を叫ぶ」といえば、エアーズロックでのシーンを思い浮かべるかと思いますが、アリススプリングス はこのエアーズロック周辺にある街となっており、エアーズロックの街として知られているウルルにも近い場所となっています。オーストラリアの中心地にあるアリススプリングス は映画の中でも有名となった場所となっています。

そんなアリススプリングス はオーストラリアの先住民であるアボリジニの方達が多く住んでいる街となっています。

先住民のアボリジニの方達の言語は地域によって違いますが、固有のアート、音楽などが特徴的であり、よく知られています。ウルルの周辺にある都市アリススプリングスは、公共のごみ箱もアボリジナル・アートで埋め尽くされており、それらを楽しむのも一つの見どころでしょう。

空港からアリススプリングスへの行き方は?

ここからは空港からアリススプリングス への行き方を紹介します。日本人にはあまり馴染みのないアリススプリングスですが、行き方も少し勉強しておきましょう。アリススプリングスまでの行き方を知れば、エアーズロックのあるウルルまでの最短距離も目指せますので、ぜひ参考にしてみましょう。

空港からアリススプリングスへの行き方

最もメジャーな行き方として紹介するのは空港から飛行機を使っての行き方です。オーストラリアの主要都市の空港があるシドニーやメルボルン、パースなどの空港からアリススプリングス空港への直行便が出ていますので、そちらを利用するようにしてみましょう。

空港での飛行機を使っての行き方でお得なことは、最も早く着く方法であり、料金も安いことが挙げられます。主要都市の空港から2時間から3時間ほどで着くことができますので、空港から飛行機での行き方がお得でしょう。

アリススプリングスの気候は?

ここからはオーストラリアのアリススプリングスの気候を見てみましょう。オーストラリアの中心部に位置するアリススプリングスは砂漠気候となっており、乾燥した日が続きます。

気候の変動が激しい地域とも言われているアリススプリングスは果たして本当のところの気候はどのようなものなのか、詳しくみていきましょう。

アリススプリングスの気候

アリススプリングスの気候は1年を通してあまり降水量は少なく、比較的晴れた日が続くとされています。夏は日照時間が長く、冬は日照時間が少ないのが特徴的な気候となっています。

全体的な気温や気候を見ても比較的晴れた日が続いた場合は快適な温度となるでしょう。しかし夏の時期は砂漠気候ならではのカラカラした乾燥した時期が続き、蒸し暑い日が続くでしょう。冬は比較的涼しく最低気温も5度前後とそこまで寒くはならないでしょう。

降水量を見ても比較的晴天が続くため、雨はあまり降らないのが実情です。そのため水は貴重なものとされ、アリススプリングスへ旅行に行く際は必ず水は持っていきましょう。

またオーストラリアは日本と異なり、季節が逆となっています。日本が冬の季節はオーストラリアは夏であり、日本が夏の季節はオーストラリアは冬となっています。旅行の際には気候を理解するのはもちろんですが、服装にも気をつけたいところです。

アリススプリングスの治安は?

オーストラリアの人柄は非常に温厚の人が多く、優しい人が集まっているとして言われていますが、アリススプリングス の方達はどうなのでしょうか。また街での犯罪率や治安はどのようになっているのでしょうか。

ここからは実際にアリススプリングス を訪れた方の経験をもとに、アリススプリングス の治安を紹介していきます。ぜひ旅行の際にお役だてください。

アリススプリングスの街並み

アリススプリングスは非常に静かなまととして知られています。観光客もあまり多いところではなく、住民の人影がちらほら見えるくらいでしょう。

街の様子は静かなものであり、住宅街やお店が広がっています。またシャッター街となっている箇所も多く、そこには家を失った方達が住み着いている場所もあります。そのため、旅行で立ち寄った際はそのような薄暗い建物には近づかないほうがいいでしょう。

アリススプリングスの街を歩く時の注意点

オーストラリア全体は比較的治安がいい場所として知られていますが、アリススプリングスははっきり言って治安が悪いです。日中は昼間に道端で寝ている人もいれば、宿泊中の宿に出かけて帰ってきたときは知らない人が勝手にベッドで寝ているなど、治安はよくありません。

街には住民の方達がウロウロしており、そのほとんどがここの先住民でもあるアボリジニの方達です。彼らには彼ら独自の文化や伝統がありますので、アリススプリングスでは彼らの文化や伝統を尊重するようにしましょう。

また街を歩いていると、子供達だけではなく、大人たちもお金をせがんできます。治安の悪さを象徴する姿ですが、彼らは決して貧しいわけでもなく、裕福なわけでもありません。口コミでは、ただの暇つぶしに旅行者にお金をせがんでいるといった情報もありますので、アリススプリングを訪れた際は注意しましょう。

治安のよくないアリススプリングスでは貴重品は肌身離さず持っておきましょう。少しでも気を緩めてしまうと窃盗の被害に遭う可能性もありますので、注意が必要です。

またカバンは必ずチャックを閉めて、前にかけるようにしましょう。リュックサックのように後ろの背にかけていると、ふとした油断からチャックを開けられて貴重品を取られてしまいますので、注意が必要です。

またアリススプリングスはエアーズロックに近いウルルに行くための経由地ともなっており、旅行者が立ち寄るポイントでもあります。アリススプリングスの住民の中には道を教える代わりにお金を要求してくる方もいますので、しっかりと断りましょう。

アリススプリングスのおすすめ観光名所を紹介!

ここからはアリススプリングスのおすすめの観光名所をみていきます。アリススプリングスにはさまざまな観光スポットがあり、観光客も知らないような場所がたくさんあります。地元の方しか知らないようなホットな場所や有名な観光スポットまで紹介していきますので、ぜひ注目してみてください。

おすすめ人気観光スポット①アンザック・ヒル

アリススプリングスの町とマクドネル山脈を見渡せるアンザックヒルは、高い丘の上にある場所であり、絶景ポイントとして観光客が必ず立ち寄る人気の観光スポットとなっています。

展望台があり、近くには戦争記念碑と、オーストラリアの国旗、ノーザンテリトリー州の旗が並んでいます。旅行者の口コミでも評価の高い場所となっていますので、ぜひ訪れてみましょう。

おすすめ人気観光スポット②アリススプリングス爬虫類センター

アリススプリングスのあるノーザンテリトリー州では、爬虫類を見つけたら駆除作業が全て無料になるくらい、爬虫類が多く、その割合は圧倒的にヘビが多いです。無料になるくらい爬虫類が多く、他の都市では考えられない数でしょう。

そんな爬虫類がたくさんいるアリススプリングスの「アリススプリングス爬虫類センター」では、50種類以上の爬虫類を見る事ができます。体長1mもある巨大トカゲのゴアナやエリマキトカゲなど、珍しい爬虫類も見t¥ることができるので、観光にもおすすめです。

おすすめ人気観光スポット③トッドモール

アリススプリングスの中心部に位置する「トッドモール」は、スーパーマーケット、レストラン、カフェ、銀行、郵便局、お土産屋などが並び、生活必需品が全て揃う場所として地元の人のみならず、観光客で賑わっている場所となっています。

週末になるとイベントブースが設けられ、音楽の生演奏など賑やかになる場面もあります。ぜひ観光の際はお立ち寄りください。

おすすめ人気観光スポット④アリススプリングス・デザートパーク

「アリススプリングス・デザートパーク」は巨大な公園となっており、無料で見ることができます。園内には120種類以上の動物が放し飼いに近い状態で飼育されています。

ガイドツアーも行われており、より詳しい「アリススプリングス・デザートパーク」のことを知ることもできます。オーストラリア固有種の鳥も多く見られるので、バードウォッチングにもおすすめとなっています。かなり乾燥していますので、水分補給が大切です。

おすすめ人気観光スポット⑤ララピンタ・トレイル

オーストラリアでも最も素晴らしい散策路の一つとも言われており、西マクドネル山脈に沿いにおよそ200キロメートルに及ぶほどの道のりとなっています。

短距離と長距離両方の散策路があり、道中には夜に泊まれるキャンプや「ララピンタ・トレイル」のガイド付き散策路などがあります。観光スポットとしても人気な場所であり、ハイキングやジョギングにもおすすめな場所となっています。

おすすめ人気観光スポット⑥アリススプリングス・スクール・オブ・ジ・エアー

「アリススプリングス・スクール・オブ・ジ・エアー」は世界で最も広い土地を持つ教室とも言われており、およそ1300万平方キロメートルもの範囲がある場所となっています。オーストラリアならではの土地の使い方であり、感銘を受けるでしょう。

放送学校となっている「アリススプリングス・スクール・オブ・ジ・エアー」は、この地域の土地に住む人々と、街に住む人々との教育レベルに差が出ないようにするための必須のサービスとなっており、アリススプリングスには切っても切り離せないでしょう。

毎日の講義やどのように教育者が放送の技術を手に入れたのかを学ぶことができます。また教師と生徒が遠く離れていたとしても、当時の最新の技術を使用して、どのようにして教師が子供達を楽しませるのか、しつけを行うかを学ぶことができるのもここの特徴でもあります。オーストラリアでも類をみない学校となっていますので、興味がある方はぜひのぞいてみましょう。

おすすめ人気観光スポット⑦アリススプリングス・テレグラフ・ステーション歴史保護区

「アリススプリングス・テレグラフ・ステーション歴史保護区」はレッドセンターで初めてのヨーロッパの開拓地となっており、アリススプリングスの誕生の地となっています。アリススプリングスでも重要な場所となっていますが、オーストラリアの歴史を語るには外せない場所ともなっています。

歴史的にもこの場所は、第二次世界大戦に貢献した土地でもあり、歴史を学ぶことができる歴史保護区となっています。

この周辺では、マウンテンバイクで探索する日帰りマウンテンバイクツアーが人気となっており、ここで開催される「アリス・マウンテンバイク・マスター」はオーストラリアでも人気のイベントとなっています。ぜひ「アリススプリングス・テレグラフ・ステーション歴史保護区」に訪れた際はマウンテンバイクツアーにも参加してみましょう。

おすすめ人気観光スポット⑧カタ・ジュタ国立公園

オーストラリア観光の定番の観光地としても知られている「カタ・ジュタ国立公園」は、エアーズロックのあるウルルとマウント・オルガのあるカタ・ジュタの一帯を占めている国立公園となっています。かなり巨大な公園となっており、その公園内には大小36個の巨大な岩が連なる奇岩群を見ることができます。

自然が作り出した壮大な景色は人気なものとなっており、夕日とのコントラストは抜群なものとなっています。人気観光スポットとなっており、口コミでも高い評価がありますので、ぜひ訪れてみましょう。

アリススプリングスの観光は見所満載

オーストラリアの中心地にあるアリススプリングスは、エアーズロックの経由地として多くの方が訪れるまととなっています。観光地としては発展していませんが、多くの魅力ある観光スポットが供えてあるのは魅力的でしょう。

この他にもここでは紹介しきれなかった多彩な観光スポットもありますので、ぜひエアーズロックへ観光に訪れる際はアリススプリングスへも寄ってみましょう。

魅力ある街となっていますが、治安はよくない場所となっていますので、くれぐれも事故や犯罪には巻き込まれないように、万全の対策をしてから行くようにしましょう。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
小松

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ