くり山は行列必須の人気ラーメン屋!おすすめメニューや営業時間は?

神奈川県横浜市神奈川区白楽駅の近くにあるラーメン屋くり山は、横浜で有名なつけ麺店です。一度食べたら、はまってしまうという味が大人気で連日大行列ができます。ここでは、くり山のお店の紹介やおすすめメニュー、営業時間などを紹介します。

 くり山は行列必須の人気ラーメン屋!おすすめメニューや営業時間は?のイメージ

目次

  1. 1 人気ラーメン店くり山とは?
  2. 2 人気ラーメン店くり山の魅力
  3. 3くり山の店内はどれくらいの広さ?
  4. 4 くり山への行き方
  5. 5 人気ラーメン店くり山の営業時間
  6. 6 人気ラーメン店くり山のおすすめメニュー
  7. 7 くり山のおいしいラーメンを楽しもう!

人気ラーメン店くり山とは?

神奈川県横浜市にはたくさんのラーメン店が存在し、各店でしのぎを削っています。その中でも白楽駅近くにあるくり山は大人気店の1つに入ります。くり山はつけ麺専門店で、店主がつけ麺の有名店で修業していました。その味をお客さんに提供するためにがんばっています。くり山のことを知ってもらい、多くの人に訪れてもらいたいです。

行列が出来る人気ラーメン店「くり山」

人気ラーメン店にはよく行列ができます。行列が行列を生むという言葉がある通り、行列ができているとおいしいお店だと判断してしまうことが日本人にはよくあります。自分の舌で味わっていないのに、必ずしもおいしいかどうかはわからないのに、並んでしまうケースがあります。くり山は食べた人をうならせる力があるラーメンを提供しています。

くり山を初めて訪れたら、行列の長さに驚いてしまうかもしれません。訪れる時間によって行列の長さは変わりますが、営業時間中ほとんどの時間で行列ができることばかりです。行列が行列を生むだけのお店であれば、これだけ行列ができることはありません。

くり山の行列を一度見てもらい、そのすごさを体感してください。待ってでも食べたくなる理由がわかるはずです。

Thumb横浜で人気のつけ麺ランキング!有名な魚介系などおすすめの名店揃い!
たくさんの飲食店が集まる横浜は、全国屈指のグルメタウンです。中でも「つけ麺」に関しては、数多...

人気ラーメン店くり山の魅力

人気ラーメン店くり山の魅力を紹介します。ただラーメンがおいしいだけでは、長い行列ができることはないでしょう。ラーメンがおいしいだけでなく、それ以上の魅力がお店になければいけません。くり山は食べ終わったお客さんに100%満足してもらうための努力をしているに違いありません。その努力をしっかりと受け取りましょう。

スタッフの挨拶が丁寧!お客様主体の接客が心地いい!

人気の飲食店の条件として、また行きたくなるお店の雰囲気というのが重要になります。特にスタッフの挨拶やお店の雰囲気が明るいことは、また行きたくなる雰囲気としては最大のポイントといっても良いでしょう。くり山はスタッフの挨拶が丁寧で、お客さん主体の接客をしているところが好感を持たれています。

お客さん1人1人に目が行き届きやすいお店の広さというのがポイントになります。お店の広さについては後述します。お店の外には行列ができており、とても忙しいはずですが、お客さん1人1人を大切にする心は、お客さんにも伝わっているはずです。

繁盛店の基本とも言える、お店の雰囲気の良さがしっかりと出ているからこそ、くり山には何度も足を運びたくなるに違いありません。

豚骨魚介ベースが濃厚でおいしい!

くり山のメニューの基本になるスープは、豚骨魚介ベースの味になっています。このスープの味がとても濃厚でおいしいと人気です。つけ麺は食べ進めているうちに、味が薄くなってしまうところが欠点ですが、濃厚なスープだと、その欠点が補うことができます。また、濃厚すぎるとくどくなってしまい、長く食べられなくなります。

くり山のスープは、濃厚すぎないくらいの濃厚さというバランスの良さが人気です。注文したメニューが届いたら、まずはスープを一口飲むことをおすすめします。この一口が非常に重要になり、食欲をさらに引き立たせることになります。

スープを一口飲み、次に麺と一緒に食べれば、あとは麺とスープのコラボを楽しみながら食べ進めましょう。食べ終わった時の充実感を感じてください。

くり山の店内はどれくらいの広さ?

くり山の店内はカウンター8席と4人掛けテーブルが1つあり、合計12席あります。これだけの席数しかないため、店内はすぐに埋まってしまいます。席数をもっと多くすれば良いのではと思う人もいるでしょうが、少ない席数だからこそ、1人1人のお客さんに心を込めたラーメンを提供できるのです。席数が多いとなかなかそうはいきません。

席数が限られているため、行列ができるのは仕方ないと思ってもらうと幸いです。店主がおいしいラーメンを確実に提供できる席数にしているため、首を長くして待ちましょう。ラーメン店は回転が早いため、待ち時間は思ったほど長くないかもしれません。

限られた席数であるため、食べ終わったら迅速に次の人に席を譲るようにしましょう。決して長々と話し込むことはやめるようにしてください。

くり山への行き方

くり山は神奈川県横浜市神奈川区にある白楽駅から徒歩6分のところにあります。白楽駅は東急東横線の駅で、東急東横線は東京都渋谷区にある渋谷駅と神奈川県横浜市にある横浜駅をつなぐ路線です。白楽駅は横浜駅から渋谷駅方面に3駅のところにあります。東急東横線を走る電車の種類はたくさんありますが、白楽駅には普通のみ停車します。

東京都や神奈川県およびその周辺に住んでいる人以外は、なかなか東急東横線のことを詳しく知っている人は多くないかもしれません。JRやその他私鉄、地下鉄との乗り換えができるため、どう行ったら白楽駅に一番行きやすいかを考えておきましょう。

神奈川県横浜市は交通が非常に発達している都市なので、交通手段をうまく駆使して白楽駅までたどり着いてください。駅から徒歩6分という距離は非常に魅力的といえます。

神奈川・白楽の商店街!周辺に駐車場もあり

くり山がある白楽駅周辺には、六角橋ふれあいのまちという商店街があります。神奈川区白楽に住む人たちの憩いの場となっています。人々のふれあいが感じられる商店街で、楽しく買い物などをしている人たちがたくさんいます。こういった人と人とがふれあえる商店街は、どんどん減っており、神奈川区白楽にある商店街は貴重です。

くり山にマイカーで訪れる人もいますが、お店には駐車場がありません。白楽駅周辺のコインパーキングを利用しなければいけません。コインパーキングはいくつかあるため、空いているところを見つけたら停めるようにしましょう。

くり山でおいしいラーメンを楽しんでもらい、神奈川区白楽の商店街をぶらっと歩いてもらうことをおすすめします。人と人とのふれあいを感じてください。

人気ラーメン店くり山の営業時間

くり山の営業時間を紹介します。お店の営業時間を知っておくことで、どれくらいの時間に訪れようかという計画を立てることができます。行列に並ぶことを覚悟しておき、どのくらいの時間に並ぶのかを決めておきましょう。ただし、行列の長さや待ち時間は日によって異なるため、計画通りにいかないこともありうることを頭に入れておきましょう。

営業時間をあらかじめ調べておかないと、お店に行った時に閉まっているという可能性があります。せっかくお店に行ったのに、閉まっていたのではあまりにも辛いでしょう。くり山に限らず、行きたいお店があったらあらかじめ営業時間を調べておきましょう。

これから紹介する営業時間をしっかりと頭に入れておき、お店に行く計画を立てることに役立ててもらえれば幸いです。

くり山の営業時間は?

くり山の営業時間は毎週火曜定休で、月・水・木・金が11時50分から15時まで、18時から21時までです。土・日・祝が11時30分から21時までです。火曜日はくり山は定休日となりますが、通常とは違う営業スタイルで営業します。火曜日はいつもと違ったメニューが楽しめるため、くり山の味に慣れている人にとって新鮮でしょう。

平日は15時から18時までが休憩時間になるため、食事ができないので注意してください。土・日・祝は休憩時間なしで営業します。土・日・祝は休憩時間がないため、行列ができない時間帯もあるので、チャンスであるといえます。

平日と休日は営業時間が異なり、火曜日は通常と違うスタイルでの営業となることを知っておきましょう。

人気ラーメン店くり山のおすすめメニュー

ここからはくり山のおすすめメニューを紹介します。つけ麺専門店ですが、いろいろなメニューが揃っています。どんなメニューがあるのかをあらかじめ知っておくと、当日悩む時間が少なく済むかもしれません。基本的にはつけ麺ですが、中華そばもあります。店主が一生懸命考案したメニューなので、どれもおすすめです。

おすすめメニューと料金をあわせて紹介します。なお、料金は2018年12月末現在のものなので、変わる可能性があります。お店の入り口に券売機があり、そこで食券を購入して、席についたら提示するというシステムになっています。

くり山にどのようなメニューがあるのかを知ってもらい、どのメニューが食べたいのかを事前に決めてもらうことをおすすめします。

昼11時30分〜15時は「中濃スープ」・夜18時〜21時 は「濃厚スープ」

くり山の特徴は時間帯によってスープの濃さが違うところです。11時30分から15時までは中濃スープ、18時から21時までは濃厚スープとなります。(土・日・祝は11時30分から18時までが中濃スープ、18時から21時までが濃厚スープです)つまり、1日に2パターンのスープの味が楽しめるということです。かなり工夫がなされています。

中濃スープと濃厚スープの2パターンの味を同じに楽しむ人もいます。異なった味わいのスープを提供することで、お客さんに飽きさせないように配慮されています。1種類のスープを作るだけでも大変なのに、2パターンのスープを作るのはさらに大変でしょう。

店主のお客さんの喜ぶ顔を見てみたいという想いがあふれているスープといえるでしょう。2パターンのスープの味を楽しんでもらうことをおすすめします。

中華そば

くり山はつけ麺専門店ですが、一般的なラーメンである中華そばもメニューにあります。つけ麺ばかりに目が行きがちですが、中華そばの味も味わってもらいたいです。つけ麺よりもスープの味がわかるという人もいて、くり山の中華そばのファンもいます。昼と夜では中華そばの濃さが変わるため、両方の味を試してもらいたいです。

中華そばの料金は700円で、くり山で最もリーズナブルなメニューです。大盛りは100円増しで、特盛りは200円増しです。中華そばだけでなく、これから紹介するすべてのメニューに適用可能です。スープの麺の相性が抜群で、どんどん食が進むでしょう。

中華そばは一杯飲んだ後に食べると最高でしょう。つけ麺専門店が提供する中華そばの味もしっかりと堪能してください。

つけめん

つけめんはくり山で一番メインとしているメニューです。豚骨魚介ベースのスープが太い麺との相性が良く、どれだけでも食べられるでしょう。トッピングはチャーシュー・のり・ナルトです。つけめんは800円で、そこにいろいろトッピングが加わると、料金アップになります。いろいろトッピングを楽しめるのがつけめんの良さです。

おすすめの食べ方は、最後まで麺を食べ終わった後に割スープを加え、スープをあっさりさせて飲むというものです。中濃スープや濃厚スープを飲んでもおいしいですが、スープを飲みほしたいならば、あっさりさせた方が飲みやすいです。

初めてくり山を訪れた人は、メインのメニューであるつけめんを味わうことをおすすめします。特にスープの味をしっかりと味わってください。

あつもり

あつもりは、温かい麺でつけめんを食べる方法です。つけめんは通常麺は冷たい状態で出てくるため、どんどん食べているとスープが冷めてきます。あつもりにすると、温かい麺をスープに投入するため、最後まで温かい状態で麺もスープも食べられます。温かいつけめんを食べたいと考えている人は、あつもりをおすすめします。

あつもりの料金は、つけめんと全く同じです。つまり、冷たい麺が良いのか、温かい麺が良いのかを選べば良いというわけです。通常のつけめんしか食べたことがない人は一度あつもりも試してください。今までと違った味わいが楽しめるはずです。

温かい麺で食べるあつもりは、寒い冬にはおすすめのメニューです。温かい麺で食べるつけめんのおいしさを多くの人に味わってもらいたいです。

辛つけ・辛あつ

辛つけ・辛あつは、通常のつけめん・あつもりを辛くしたものです。辛味は別皿で提供され、好みに応じて辛さを調節できるようになっています。辛味をすべて入れると、けっこう辛くなるため、辛いものが苦手な人は通常のつけめんにすることをおすすめします。逆に辛いものが好きな人にとっては、最高に味わいになるに違いありません。

辛つけ・辛あつの料金は、通常のつけめん・あつもりの100円増しです。辛いラーメンが大好きで、最初から辛いつけめんやあつもりを食べたい人を除いては、通常のつけめんやあつもりを食べてから、注文することをおすすめします。

通常のつけめんやあつもりの味を知ってから、辛つけ・辛あつを食べると、味の違いがわかり、よりくり山のラーメンの良さがわかるでしょう。

くり山のおいしいラーメンを楽しもう!

くり山のお店についての紹介や、提供しているメニューなどについて紹介しましたが、行ってみたいという気持ちになってもらえれば幸いです。実際に好きなメニューを一口食べてもらえれば、くり山の素晴らしさをわかってもらえるに違いありません。お店の明るい雰囲気を同時に楽しんでもらえれば、また訪れたくなるでしょう。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
ベロニカ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ