「名護屋城跡」は佐賀の幻の巨城!料金や歴史・観光の見どころまで徹底ガイド!

「名護屋城跡」は、歴史を感じることができる場所として大変人気があるスポットです。現在はその名残を見ることができるのみですが、多くの人が訪れます。佐賀観光に行く時には、歴史的重要場所の「名護屋城跡」に是非行ってみることをおすすめします。

「名護屋城跡」は佐賀の幻の巨城!料金や歴史・観光の見どころまで徹底ガイド!のイメージ

目次

  1. 1佐賀・名護屋城跡に行ってみよう!
  2. 2佐賀・名護屋城跡とは?
  3. 3佐賀・名護屋城跡の歴史1.始まり
  4. 4佐賀・名護屋城跡の歴史2.終焉
  5. 5佐賀・名護屋城跡の歴史3.豊臣秀吉とは?
  6. 6佐賀・名護屋城跡に電車で行く
  7. 7佐賀・名護屋城跡に車で行く
  8. 8佐賀・名護屋城跡の駐車場
  9. 9佐賀・名護屋城跡の観光情報
  10. 10佐賀・名護屋城跡の見どころ
  11. 11佐賀・名護屋城をVRで
  12. 12名護屋城跡について知るには「名護屋城博物館」へ
  13. 13「名護屋城博物館」の観光情報
  14. 14名護屋城跡とあわせて行こう1.広沢寺
  15. 15名護屋城跡は歴史の宝庫!

佐賀・名護屋城跡に行ってみよう!

「名護屋城跡」は、佐賀にある城跡であり、人気のおすすめ観光スポットの一つとなっています。今は建物などは残っていませんが、当時は重要拠点の城の一つであり、歴史を感じることができる場所の一つです。「名護屋城跡」について、アクセスや料金などの観光情報とあわせて紹介します。歴史が好きな人は特に必見です。

佐賀・名護屋城跡とは?

「名護屋城跡」は、佐賀県唐津市にある城跡です。当時は肥前国松浦郡名護屋という地名であり、そこから「名護屋城」と名づけられたと言われています。

日本統一を成し遂げたことで良く知られている豊臣秀吉が朝鮮出兵を行う時に作らせた城として歴史的に大変有名で人気の城です。

「名護屋城跡」は国の史跡に指定されていて、日本100名城の87番目にも選ばれていて、歴史好きの人なら一度は聞いたことがある城でしょう。

「名護屋城跡」は、波戸岬の標高約90メートルの小高い山の上にあり、約170000平方メートルもの面積があった梯郭式の平山城でした。

城内には、望楼型の5重7階の天守閣や御殿があったとされています。周囲には城下町があり、そこには10万人を超える人がいたと言われています。

また、徳川家康や堀秀治などの多くの戦国武将の陣屋があったと考えられ、発掘調査が進んでいます。

「名護屋城跡」は、地上に現存しているものがほとんどありませんが、現在発掘調査がされていて、土の中には多くの歴史ロマンが埋まっていると考えられています。そのミステリアスさが人気を呼んでいる観光スポットです。

必ずそこにあったのだけれど、分からないことが多い、というところに歴史の面白さがある、と多くの人から人気で、たくさんの観光客が訪れるおすすめ人気スポットです。

佐賀・名護屋城跡の歴史1.始まり

「名護屋城」は、天正19年(1591年)に朝鮮出兵を決めた豊臣秀吉が、その拠点のために築城を命じたのが始まりです。

築城をするにあたって、城の縄張りを黒田孝高(黒田官兵衛)に命じ、普請奉行には黒田長政、加藤清正、小西行長らにを任じ、九州大名を中心として城づくりが始まりました。

城づくりは急ピッチで進められ、なんと8か月後の文禄元年(1592年)3月には出来上がったと言われています。

「名護屋城」は、当時の大阪城に次いで2番目の規模とも言われる大きなものでした。当時、築城前を宣教師でもあったルイス・フロイスが「あらゆる人手を欠いた荒れ地」と言った地を、多くの大名が終結したので「野も山も空いたところがない(水戸・平塚滝俊)」とまで言われるような賑やかな場所となりました。

「名護屋城」は、大変広い御殿があり、10基以上もの重層櫓、茶室、能舞台などがあり、大変充実した城でした。

「名護屋城」の築城を命じられた九州大名には、築城後1592年3月頃に朝鮮出兵が命じられ、ここから朝鮮半島へと出兵して行きました。

豊臣秀吉は、1592年3月26日に京都・聚楽第を出発し、4月25日に「名護屋城」に入城したと言われています。その後、「名護屋城」を本営として朝鮮出兵が行われました。

名護屋城の周りには、多くの武将の陣屋があったと言われいて、その数は130を超えるともされています。

佐賀・名護屋城跡の歴史2.終焉

「名護屋城」は、朝鮮出兵の文禄の役・慶長の役の拠点となり、大変多くの人を朝鮮半島へと送り出しました。

慶長3年(1598年)8月18日に秀吉が伏見城で亡くなると、朝鮮との戦いは終わり、兵は皆引き上げてきました。秀吉の死により、「名護屋城」の役目が終わったと言えます。

その後、この場所を治めることとなった寺沢広高は、関ヶ原の戦いの後、唐津城の築城を開始しました。その唐津城には、廃城となった「名護屋城」を解体し、その材料を再利用したと言われています。

さらには石垣の一部を、一揆などが起こった時に利用されないように破却したとも、朝鮮とのより良い関係性のためによって破却したとも言われています。

また、「名護屋城」の大手門は、仙台の伊達政宗に与えられ、仙台城に使われたとも言われています。

佐賀・名護屋城跡の歴史3.豊臣秀吉とは?

「豊臣秀吉」は、三栄傑の一人であり、農民から天下人になり、天下統一を成し遂げた戦国武将としてよく知られています。

天文6年(1537年)に尾張国愛知郡中村で生まれたとされています。今川義元や織田信長に仕え、その才覚でどんどんと出世をしていきました。

寒い冬に織田信長のぞうりを懐で温めていた話や、墨俣に一夜で城を築いた話などさまざまな逸話が残されています。

天正元年(1573年)には、今の滋賀県の琵琶湖のほとりにある長浜に初めて土地をもらい、城を築き、城主となりました。

天正10年(1582年)に織田信長が本能寺で亡くなると、中国での戦を切り上げ、中国大返しをし、謀反を起こした明智光秀を京都で打ち取りました。

その後、織田家の内部抗争に勝ち、地位を手に入れ、大阪城を築き、関白になりました。その後も四国・九州・小田原などを征伐し天下を統一しました。刀狩り・太閤検地など多くの政策も行い国内を統合しようとしました。

文禄元年(1592年)に「名護屋城」を拠点として朝鮮出兵を開始し、文禄の役・慶長の役と続きました。

慶長3年(1598年)8月18日に伏見城で62歳で亡くなりました。最後まで、まだ幼かった息子の秀頼のことを気にしていたと言われています。

佐賀・名護屋城跡に電車で行く

「名護屋城跡」に電車などの公共交通機関を利用して行こうと考えている場合は、JR筑肥線の「西唐津駅」で降ります。「西唐津駅前バス停」からバスに乗り約30分の「名護屋城博物館入口バス停」で降りると徒歩約5分でアクセスすることができます。

バスは、「名護屋城博物館入口バス停」までの直通バスと、各バス停に停車するバスがありますが、どちらに乗っても行くことができます。また、「西唐津駅」からタクシーに乗ってもアクセスすることができます。

「名護屋城跡」は、電車などでもアクセスしやすい場所にあるので、のんびりと車窓やおしゃべりを楽しみながら公共交通機関を使ってアクセスするのもおすすめです。

佐賀・名護屋城跡に車で行く

「名護屋城跡」に、車を利用してアクセスする場合は、長崎自動車道の「多久インターチェンジ」で降りると約60分でアクセスすることができます。

「名護屋城跡」全体を観光するには30分から40分、二の丸や各武将の陣跡をじっくり巡ろうとすると1時間以上は必要となります。「名護屋城跡」は大変広く、あちこちたくさん歩くこととなるので、車でのアクセスをおすすめする観光スポットの一つです。

佐賀・名護屋城跡の駐車場

「名護屋城跡」には、すぐ隣にある「佐賀県立名護屋城博物館」との共通利用者専用駐車場があります。

普通車約63台、大型バスが7台駐車できる駐車スペースがあります。身障者専用駐車場もあるので、誰もが利用しやすい駐車場となっています。駐車場料金は無料です。

週末やゴールデンウィークなどのたくさんの人が観光に訪れる時期などは、駐車場も込み合うことがあります。その場合は、西側にある「多目的広場駐車場」を利用すると良いです。こちらの駐車場も料金は無料です。事前にしっかりとさまざまな情報について調べておき、時間と心にはゆとりを持って、行動することが大切です。

佐賀・名護屋城跡の観光情報

「名護屋城跡」の入場料金は、大学生以上の大人は、歴史遺産維持協力料金として一人100円となっています。任意ではありますが、歴史を大切にするためにも協力することをおすすめします。

「名護屋城跡」の入場時間には制限はなく、いつでも自由に散策・観光することができます。足元が良くない場所もあるので、日が暮れてからの時間などはしっかりと注意をすることが大切です。

「名護屋城跡」の日本100名城のスタンプは、すぐ隣にある「佐賀県立名護屋城博物館」の中にあります。スタンプを押したい場合は、博物館の開館時間内に行くことが重要です。料金は、無料です。

佐賀・名護屋城跡の見どころ

現在の「名護屋城跡」には、建物は現存していません。天守閣があった場所には石碑が建っています。そこから海が眺められ、その向こう側には対馬を見ることができる時もあります。ここに豪華な天守閣があったと、歴史に思いを馳せられる人気の観光スポットとして訪れる人も多いです。

「名護屋城跡」の周囲は現在発掘調査が進められていて、建物の礎石や石垣の一部を見ることができるようになっています。それぞれの武将の陣跡なども調査が進められて、歴史好きな人がゆっくり見て回ったら一日たっぷり楽しめるスポットです。

佐賀・名護屋城をVRで

「名護屋城跡」には現在は建物はありませんが、当時の様子をVR(バーチャルリアリティ)で自分のスマホやタブレットで見ることができるようになっています。

専用アプリをダウンロードしたり、「佐賀県立名護屋城博物館」でタブレットを料金無料で借りたりしてから「名護屋城跡」へ行ってみることをおすすめします。GPSの位置取得によって、自分が今いるスポットの当時の様子をリアルタイムで見ることができ、面白さが倍増すると大変人気です。

また、そのアプリやタブレットを見ながら「名護屋城跡」を専門ガイドが案内してくれるツアーなどがあり評判です。自分の興味に合わせて上手に利用することをおすすめします。歴史が初めての人でも分かりやすくそれぞれのスポットについて説明してくれます。

名護屋城跡について知るには「名護屋城博物館」へ

「名護屋城跡」のすぐ横には「佐賀県立名護屋城博物館」があり、唐津の歴史や名護屋城などについて、詳しく学ぶことができる人気のスポットとなっています。

「名護屋城跡」やそれぞれの武将の陣跡から発掘された瓦や茶器などが展示されていて、一見の価値ありの博物館となっています。発掘調査により、天守閣には金箔が張られた瓦が使われていたことなどが分かっています。

常設展示をさらに詳しく見るために解説用タブレットを料金無料で借りることができます。展示品の見えない部分の説明や大変細かい部分の説明、裏話など、普段聞くことができない話が聞けると大変人気です。予約は不要ですが台数には限りがあるので利用したい時には順番を待ちましょう。外に向けるとVRで「名護屋城」を見ることもできます。

「名護屋城博物館」は、雨の日のお出かけスポットとしても人気で、室内でも「名護屋城跡」を楽しむことができます。小さな子ども連れや海外の人にも理解しやすい説明がしてあったり、クイズで楽しめるようになっていたりと大変工夫されています。

企画展やイベントなども随時行われていて、何度行っても楽しめるスポットであると、評判です。

Thumb佐賀の観光スポット21選!おすすめのモデルコースから穴場まで紹介!
九州の北にある佐賀県にはいろいろな観光スポットがあります。誰もが知っている人気スポットや他県...

「名護屋城博物館」の観光情報

「佐賀県立名護屋城博物館」の開館時間は、9時から17時までとなっています。毎週月曜日や12月29日から31日までの年末は休館日です。

料金は、無料となっています。ただし、特別企画展などが行われている時期には、料金が必要となる時もあります。しっかりと事前に情報をしっかり集めてからアクセスすることをおすすめします。

コインロッカーは料金無料で利用できるので、「名護屋城跡」を巡った時に必要だった荷物などはコインロッカーに預けて身軽で見学することができます。貸出用のタブレットも料金無料で利用できるので、上手に利用することをおすすめします。

名護屋城跡とあわせて行こう1.広沢寺

「広沢寺」は、佐賀県唐津市にある曹洞宗の寺です。ここは名護屋城の城内だった場所であり、山里丸と呼ばれていた一角にありました。

名護屋城に出向いた秀吉は、大変美しいことでも評判であった名護屋越前守の妹の広子を側室にして、広沢局と名づけこの場所に住まわせていました。広沢局のために慶長2年(1597年)に「広沢寺」を建て、大変かわいがったと言われています。

しかし秀吉や、兄夫婦が亡くなると広沢局は大変悲しみ、仏門に入り、秀吉や兄夫婦、朝鮮出兵で亡くなった人々の菩提を弔ったと言われています。

「広沢寺」にある樹齢400年ともされてい高さ約3メートルの大きなソテツは、加藤清正が朝鮮から持ち帰り秀吉に献上し、それを秀吉が手植えしたのものであるとされています。

「広沢寺」に電車でアクセスするには、JR唐津線または筑肥線の「唐津駅」で降りてバスに乗り換えて「名護屋城博物館入口バス停」で降りると徒歩約15分でアクセスできます。車を利用する場合は、長崎自動車道の「多久インターチェンジ」で降りると約60分でアクセスすることができます。

誰もがいつでも自由に参拝できるようになっています。神聖な場所であることをしっかりと考えた行動をすることが大切です。

名護屋城跡は歴史の宝庫!

「名護屋城跡」は、現在残ってる建物などはありませんが、地中に大きな歴史が眠っているロマンあふれるスポットとして大変人気です。歴史にたっぷりと思いを馳せることができる場所であると一つ一つの史跡をゆっくり見て回る人も多いです。佐賀観光に行く場合には、是非「名護屋城跡」もルートに入れてみることをおすすめします。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
mina-a

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ