びわ湖テラスは琵琶湖を一望できる絶景カフェ!人気ランチや混雑状況は?

滋賀県の象徴する琵琶湖は素晴らしい景色を見ることができます。そんな琵琶湖種編でも注目すべき人気スポットが「びわ湖テラス」です。琵琶湖を一望できる景色を見ることができ、紅葉シーズンになると多くの人が訪れます。今回は人気の「びわ湖テラス」を紹介します。

びわ湖テラスは琵琶湖を一望できる絶景カフェ!人気ランチや混雑状況は?のイメージ

目次

  1. 1滋賀県の代名詞「びわ湖テラス」は外せない!
  2. 2絶景スポットで有名なびわ湖テラスをご紹介!
  3. 3琵琶湖ってどんなところ?
  4. 4びわ湖テラスのある『びわ湖バレイ』とは?
  5. 5話題のびわ湖テラスとは?
  6. 6びわ湖テラスのおすすめメニュー
  7. 7びわ湖テラスの混雑状況
  8. 8びわ湖テラスの営業期間と営業時間
  9. 9びわ湖テラスへのアクセス
  10. 10びわ湖テラスで大パノラマを楽しもう!

滋賀県の代名詞「びわ湖テラス」は外せない!

滋賀県といえば、琵琶湖が印象的となっていますが、そんな琵琶湖には絶景を見ることができる「びわ湖テラス」があります。シーズンになると多くの方が訪れて、その景色を一度は見ようとびわ湖テラスは混雑しています。

そんな滋賀県のびわ湖テラスには絶景を楽しめるカフェがあります。今回はびわ湖テラスはもちろん、絶景を楽しめるカフェを特集します。おすすめにランチメニューや混雑状況などもまとめてみましたので、ぜひ参考にしてみてください。

絶景スポットで有名なびわ湖テラスをご紹介!

滋賀県の琵琶湖周辺には自然を満喫できる人気スポットがたくさんありますが、その中でも特に有名となっているのがびわ湖テラスです。絶景スポットとして人気となっているびわ湖テラスですが、SNSでも大きく取り上げられており、さらに話題沸騰中の場所となっています。

そんなびわ湖テラスには、琵琶湖を一望できる絶景スポットがあります。インスタグラムに投稿するためにびわ湖テラスを訪れる方も多く、滋賀県の中でも人気観光ランキング上位に入るほどに人気な場所となっています。

Thumb関西の避暑地特集!おすすめの穴場やドライブデート・宿泊に人気のスポット紹介!
自然に恵まれた関西には避暑地がいくつもあります。冬はスキー場となる高原も、夏はグリーンシーズ...

琵琶湖ってどんなところ?

そもそも滋賀県の琵琶湖ってどんなところなの?と疑問を持たれる方にも、琵琶湖のことをよく知ってもらいましょう。琵琶湖は日本で最も大きい湖となっており、さらには日本最古の湖として知られています。大小約460本の河川が琵琶湖へ流れこみ、瀬田川と人工の琵琶湖疏水から流れ出ます。

さらに琵琶湖は昔から滋賀県だけではなく、近畿圏の人々の生活を支えている存在となっており、生活用水としても使われています。また滋賀県の農業や産業用水としても使用されてきました。

平成5年にラムサール条約の登録湿地に指定されており、滋賀県の環境保全の取り組みとしての成果もあげています。

現在では、琵琶湖には約1000種類もの動植物が生息している場所となっており、研究者の中には偉大なる価値を示している方もいらっしゃいます。この琵琶湖にしか生息していない動植物や固有種も存在しており、今後ますます注目されつつある琵琶湖です。

びわ湖テラスのある『びわ湖バレイ』とは?

巨大な琵琶湖周辺にはおすすめする観光スポットがたくさんありますが、その中でもいま注目されているのが「びわ湖バレイ」です。

日本最大級の琵琶湖を眼下に見下ろすことができるびわ湖バレイには、標高1108メートルの打見山から、1174メートルの蓬莱山にかけて広大な自然を満喫できるレジャースポットとなっています。

高い山からさらに開放感のある高さのあるアトラクションを進む「スカイウォーカー」や琵琶湖に向かって飛び出すように疾走ができ、最長129メートルものワイヤーを使って体験するアトラクションは人気となっています。気になる方はぜひ体験してみましょう。

そんなアトラクションを体験できるびわ湖バレイですが、最も有名となっているのはウィンターシーズンではないでしょうか。冬の時期になると質のいい雪を楽しむことができ、広大なゲレンデでは、スキーやスノーボードを楽しむことができます。滋賀県でも有数うの人気ゲレンデとなっておりますので、一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

話題のびわ湖テラスとは?

びわ湖バレイの一部に属しているのがびわ湖テラスです。「ロープウェイ山麓駅」からロープウェイを使って山頂まで行くとそこに見えてくるのがびわ湖テラスです。広大な敷地の中に絶景を見ることができるポイントは人気となっており、びわ湖テラスならではの体験をすることができるでしょう。

アクセスしやすい打見山山頂の『THE MAIN』

「ロープウェイ山麓駅」を使って山頂にたどり着くと、目の前の巨大な施設が「THE MAIN」となっています。

目の前に広がる琵琶湖を一望できるカフェとなっており、室内に設けられたテラス席に座れば、眼下に広がる琵琶湖を見ながらカフェやランチを楽しむことができます。デートスポットとしてもおすすめな場所であり、開放感抜群の場所でゆったりとした時間を過ごしてみては。

また「THE MAIN」のすぐ近くには恋人の聖地にも認定されたハート形の白亜の展望台があります。カップルで訪れるとそのカップルは幸せになれると言い伝えがある場所となっておりますので、デートに訪れた際はぜひここへも立ち寄ってみましょう。

標高の高い蓬莱山山頂の『CAFE 360』

びわ湖バレイの中でも一番標高が高い場所にあり、琵琶湖を真上から眺めることができる蓬莱山の場所には、360度見渡す限りの絶景が見られる場所として「CAFE 360」があります。

標高1174メートルの場所にあるカフェはおしゃれなものとなっており、360度の絶景の中で美味しい飲み物をいただけます。山の上ですので、夏は少し涼しいですが、それでも暑いときはフレーバーティーが売れるなど、好評のあるカフェとなっています。

2018年にはテラスが更に拡張!

2016年にオープンしたびわ湖テラスはさらなる景色を元待て2018年8月にリニューアルオープンしました。その中でも特に注目を集めているのが、ラグジュアリーな天空のラウンジを体験できる「North Terrace」となっており、さらなる贅沢感を味わうことができます。

オーダーメードのソファ席を完備しており、ソファに座りながら絶景の景色を堪能することができます。すぐそばの「ノーステラスカフェスタンド」でテイクアウトをすればランチやカフェももいただくことができる新スポットです。

オープンしたてのころは予約が取れないほどの人気であり、満足度120パーセントの場所となっていますので、ぜひあなたも体験してみては。

Thumb近畿の日帰りデートスポット特集!ドライブや食べ歩きも楽しめる!
近畿には日帰りでいけるデートスポットがたくさんあるのをご存知でしょうか。近畿にはドライブや食...

びわ湖テラスのおすすめメニュー

びわ湖テラスにはさまざまな人気メニューがあり、ランチはもちろんカフェメニューも充実しています。ここでは人気のランチメニューからカフェメニューまでまとめてピックアップしてみましたので、ぜひ参考にしてみてください。

『テラスカフェ』のジェラート

「THE MAIN」の中心となっている、テラスカフェにはクリーミーな味わいのジェラートをいただくことができます。

絶景の景色の中食べるジェラートは格別なものとなっており、シーズンになると店内は混雑しています。ランチの後に食べるのもよし、ジェラートでカフェ気分を堪能しましょう。

『ダイニングレイクビュー』のランチビュッフェ

「THE MAIN」のダイニングがリニューアルオープンした「ダイニングレイクビュー」では、景色を見ながら一流シェフの作る料理を堪能することができます。

ビュッフェ形式となっており、60分間景色のいい中でランチをすることができます。観光向けの団体の方もいらっしゃり店内は混雑する可能性もありますので、あらかじめ注意をしましょう。

『360スタンド』のFentimans社製ドリンク

イギリスで長くから愛されてきた「Fentimans社」のドリンクがいただけるとして「360スタンド」は人気となっています。

新しくリニューアルオープンしてからその人気は絶えないものとなっており、贅沢なカフェタイムを過ごすことができるでしょう。ランチを食べた後は景色を見ながらここでカフェ気分を!

Thumb関西のおすすめ観光スポット特集!日帰りでも行ける人気名所あり!
関西には観光スポットがたくさんあります。古都・京都や港町・神戸、グルメがが楽しい大阪の他、テ...

びわ湖テラスの混雑状況

びわ湖テラスの混雑状況はいかがなものでしょうか。どのシーズンに行っても四季折々の姿を見ることができるびわ湖テラスですが、混雑しているシーズンは避けたいものです。ここからはどのシーズンが混雑するのか、またどの時間帯がおすすめなのか、混雑の回避策などまとめていますのでご覧ください。

訪問は午前中がおすすめ

びわ湖テラスへ行くには午前中がおすすめです。午後から人が押し寄せて、カフェタイムをゆったり過ごそうという方がいますので、午前中は比較的空いており、おすすめの時間帯と言えるでしょう。

ピークの時間帯は11時から13時のランチタイムとなっていますが、混雑を避けるためにも朝早く早起きをして、朝からびわ湖テラスでのんびりしてから早めのランチをするのもいいかもしれません。

有料席を予約する手も

びわ湖テラスにはゆったりカフェタイムを過ごすための有料席があります。有料席があるのはリニューアルオープンした「North Terrace」にあるテラス席となっており、当日先着順による予約制で9組20席限定となっています。料金は45分間で1人3000円からとなっています。

紅葉シーズンは入場制限に注意

紅葉シーズンになるとその景色を見ようと、多くの人で混雑しています。駐車場や周辺道路も大混雑し、午前中には駐車場も満車になってしまいます。

特にびわ湖テラスからの景色は紅葉シーズンになると絶景のものとなっており、インスタ映え間違いなしです。その紅葉の景色を一目見ようと多くの方で混雑していますので、特に紅葉の時期は気をつけましょう。

びわ湖テラスの営業期間と営業時間

肝心なびわ湖テラスの営業期間と営業時間を紹介していきます。びわ湖テラスのあるびわ湖バレイは山の上にあり、11月からは雪が降り始めるなど、観光にはあまり向いていない時期となっています。紅葉の時期も平地とは早く、11月始めには見頃となります。そんなびわ湖テラスの営業時間を見ていきましょう。

グリーンシーズン(4月上旬~10月下旬)

4月上旬から10月下旬はグリーンシーズンとなっており、さまざまな景色を楽しむことができます。紅葉の時期などベストシーズンとなっており、四季折々の姿を見ることができます。

4月から10月になると、暖かくなるにつれて、営業を再開しているびわ湖テラス。営業時間は9時30分から17時までとなっています。

冬シーズン(12月~3月)

12月から3月の冬シーズンではウィンターシーズンとなっており、全ての施設が営業しているわけではありません。また雪が積もっているため、スキー場として開設されています。

営業時間は8時30分から17時までとなっておりますが、天候次第では早めに営業終了となることもありますので、気をつけましょう。

びわ湖テラスへのアクセス

新エリアが拡張してさらに人気となっているびわ湖テラスには一体どうやって行くのでしょうか。ここからは人気のびわ湖テラスまでのアクセス方法を紹介していきます。

さまざまなアクセス方法がありますが、ここでは主に一般的なアクセス方法、最も便利で行きやすいアクセス方法を紹介していきますので、事前に確認しておくことをおすすめします。

公共交通機関利用の場合

びわ湖テラスへのアクセス方法での公共交通機関の場合は、電車とバスを使用する必要があります。びわ湖バレイへのアクセスする場合はまずは滋賀県の湖西線のJR「志賀駅」に行く必要があります。京都駅からですと約40分、大阪駅からは1時間15分ほどで着くことができます。

湖西線には新快速列車がありますが、新快速は「志賀駅」には着きませんので注意をしましょう。新快速の場合は最寄りの停車駅が「堅田駅」なので、そこから普通列車に乗り換える必要があります。

「志賀駅」に到着すると、びわ湖バレイ行きのバス乗り場が見えてきますので、そちらを利用するようにしましょう。「志賀駅」からの直通バスとなっているのでアクセスも簡単です。バスの乗車時間は15分ほどです。

車利用の場合

車でアクセスする場合を紹介しましょう。びわ湖テラスへ行くためには高速道路を使用するのがおすすめです。時間を短縮できる点と、面倒な道のりを回避できます。びわ湖バレイ周辺には名神高速道路の「京都南IC」「京都東IC」「大津IC」がありますが、最もおすすめするのは「京都東IC」です。

「京都東IC」を降りると「湖西道路」と呼ばれる国道161号線が見えてきますので、そちらを利用するようにしましょう。信号も比較的少なく、渋滞をしていなければ、比較的短時間で着くことができます。

しかし紅葉シーズンなど渋滞が予想される日はこの道路はかなり混雑をしていますので、注意が必要です。

京都・大阪方面、岐阜・名古屋方面からでも同じようなアクセス方法ですので、上記の方法でアクセスすることをおすすめします。

びわ湖バレイには専用の駐車場があり、駐車場のすぐのところにロープウェイ乗り場があります。この駐車場は1700台ほど止めることができる巨大な駐車場ですが、紅葉などのシーズンでは混雑しますので、注意が必要です。特に午前中で満車の状態になったり、道路が渋滞で混雑していますので、繁忙期に訪れる際は注意が必要です。

山麓駅からカフェまではロープウェイやリフトで

びわ湖バレイの専用の駐車場に着き、山を見上げると巨大な鉄塔とともにロープウェイが走っています。先が見えないほどのケーブルでつながっているロープウェイでびわ湖テラスへアクセスしましょう!

まずは「山麓駅」でロープウェイの地カットを購入する必要があります。このチケットは2019年1月現在、往復料金で大人2500円、小学生1000円、幼児(3歳~)は600円となっています。中にはお得な割引クーポンもありますので、気になる方は調べてみましょう!

チケットを購入するといよいよ巨大なロープウェイに乗って山頂まで出発です!なんとこの巨大なロープウェイは121人も乗ることができる巨大なものとなっており、その巨大なロープウェイが時速40キロメートルで進みます。

想像しにくいものとなっていますが、時速40キロメートルのロープウェイはここでしか見ることができず体感した人にしかわからない超高速のロープウェイとなっています。秋の紅葉シーズンになると、ロープウェイに乗りながら山々の色付いた景色を見ることができ、ここでしか味わうことのできない感動を覚えることができます。

1108メートルの打見山の山頂には約4分ほどで到着することができ、その速さをさらに実感することができるでしょう。さらに高い蓬莱山へ行くためにはリフトに乗る必要がありますので、気になる方はそちらにも行ってみましょう。

びわ湖テラスで大パノラマを楽しもう!

びわ湖テラスのさまざまな情報はいかがでしたでしょうか。おすすめするカフェ情報やランチメニューまで詳しく見ることができたのではないでしょうか。びわ湖テラスは特に紅葉の時期になると多くの方が訪れ場所となっています。

四季折々の姿を見ることができますが、特に人気のある時期は紅葉シーズンです。ぜひあなたも紅葉の時期だけではなく、春や夏の時期にびわ湖テラスを訪れてみてはいかがでしょうか。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
ピーナッツ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ