京都B級グルメおすすめランキング!人気店から地元民が知る隠れた名店まで!

京都はB級グルメの宝庫で多様なB級グルメがみられます。流行の和菓子巡りやラーメン巡りもその一つでしょう。今回は京都のB級グルメをランキングで紹介します。B級といえども、どのお店も名店中の名店です。ぜひ、B級グルメ旅の参考になれば幸いです。

京都B級グルメおすすめランキング!人気店から地元民が知る隠れた名店まで!のイメージ

目次

  1. 1京都は隠れたB級グルメの街
  2. 2京都のB級グルメ第18位:茶寮都路里 祇園本店「特選都路里パフェ」
  3. 3京都のB級グルメ第17位:阿闍梨餅本店満月「阿闍梨餅」
  4. 4京都のB級グルメ第16位:出町ふたば「和菓子豆餅」
  5. 5京都のB級グルメ第15位:膳處漢ぽっちり「しみだれ豚饅」
  6. 6京都のB級グルメ第14位:ヤオイソ「フルーツサンド」
  7. 7京都のB級グルメ第13位:ロンドンヤ「ロンドン焼き」
  8. 8京都のB級グルメ第12位:総本家にしんそば松葉「にしんそば」
  9. 9京都のB級グルメ第11位:一文字屋和助「あぶり餅」
  10. 10京都のB級グルメ第10位:壹銭洋食「壹銭洋食」
  11. 11京都のB級グルメ第9位:かねよ「きんし丼」
  12. 12京都のB級グルメ第8位:大鵬「てりどんきんし」
  13. 13京都のB級グルメ第7位:山本麺蔵「土ごぼう天ざるうどん」
  14. 14京都のB級グルメ第6位:半兵衛麩「むし養い」
  15. 15京都のB級グルメ第5位:くるみ「オムライス」
  16. 16京都のB級グルメ第4位:泉門天「餃子」
  17. 17京都のB級グルメ第3位:本家第一旭たかばし本店「京都ラーメン」
  18. 18京都のB級グルメ第2位:ジャンボ「お好み焼き」
  19. 19京都のB級グルメ第1位:京極スタンド「ハムカツ」
  20. 20京都のB級グルメにはお好み焼きやラーメンも

京都は隠れたB級グルメの街

京都は京都御所もあり、大昔から舌の肥えた地元民により日本の伝統料理が支えられてきました。当然、下町の味も豊かで、様々な地元の野菜や魚介類などの食材を用いた料理があります。

しかし、京都にB級グルメというものがあるのだろうか、京都のお漬物や野菜、お土産の八つ橋し思い浮かばない、という人も多いかもしれません。京都の地元民の味とはどのようなものでしょうか。今回は、ランキング形式でおすすめのB級グルメをご紹介させていただきます。

歴史の長い京都は、さすが食文化も豊かです京都の食べものは、ともすると京料理の言葉に隠れてきましたが、1つ1つを見ると、個性が強く光を放っているのです。B級グルメの宝庫と言えます。

天下一品ラーメンも京都が総本山で、京都はラーメンの激戦区ともいわれています。これらも、B級グルメとして考えた方が良いものが多いのです。

今回は、それらの京都のB級グルメをランキング形式で紹介します。何から食べたいですか?実際に足を運んで、京都の歴史や文化、風景とともにその味をお楽しみください。

Thumb京都焼き鳥ランキング13!個室アリの人気店や名店ほかおすすめ満載!
京都には、おいしい焼き鳥を楽しむことのできる居酒屋が多く集まっています。その中でも特におすす...

京都のB級グルメ第18位:茶寮都路里 祇園本店「特選都路里パフェ」

都路里は辻利とも表記され、今や、全国的に知れ渡り、京都の観光名所ともなった茶寮都路里・祇園本店。こちらの「特選都路里パフェ」は、一度必ず食べてみたい名品中の名品、B級グルメだと言われています。

こちらのパフェの特徴は、辻利の看板商品である宇治抹茶をふんだんに使用したホイップクリームやゼリー、カステラなどの和スイーツがてんこ盛りに盛られていることです。白玉と栗の甘露煮も入っており、食感のアクセントとなっています。

抹茶はお茶で飲むものだけではないというコンセプトで、辻利和スイーツの魅力はB級グルメとなっても衰えることをしりません。場所は祇園の四条通に面した商店街の中にあり、京阪電車祇園四条駅から東に5分です。

市バスでは祇園で下車です。席数は多いですが、観光客の行列で待ち時間は少しあるようです。営業時間は平日午前10時から22時、ラストオーダー21時、定休日はなく、土日祝日はラストオーダーは20時半です。

住所 東山区四条通祇園町南側 573-3 祇園辻利本店 2階・3階
電話番号 075-561-2257

Thumb京都の団子屋おすすめ特集!老舗や茶団子・焼く体験ができる人気店も紹介!
京都には美味しい団子がたくさんあるのですが、老舗有名団子屋からユニークな創作団子が食べられる...

京都のB級グルメ第17位:阿闍梨餅本店満月「阿闍梨餅」

京都のB級グルメにふさわしいお菓子がこちら、阿闍梨餅です。最近は地元民以外にも知られるようになり、口コミで京都代表格のお菓子になってきました。

全国に店舗ができるほどの人気ぶりでB級グルメランキングに入りました。つぶあんが絶品で、薄皮の中にぎっしりと入っています。

中身はもちろん、その形状は、比叡山の荒行千日回峰行を行う天台宗の阿闍梨という高僧の網代笠という笠の形を模したものだという事です。B級グルメの歴史は深いものです。

店構えも、和の本格派の風情を感じる上品なもので、「満月」の看板が和菓子の名店の本店に来たのだという満足感を与えます。B級グルメの風格です。アクセスは、京阪出町柳駅徒歩7分で、定休日は水曜日とその他、不定休があります。営業時間が午前9時から18時です。

住所 京都市左京区麹小路通今出川下ル 
電話番号 075-791-4121

京都のB級グルメ第16位:出町ふたば「和菓子豆餅」

B級グルメの名店、「ふたば」にはいつも長蛇の列。豆餅の名店です。地元民は買ってすぐに食べているといいます。理由は、時間がたつほど固くなるからです。

そのため、地元民には長年愛されています。常にB級グルメランキング上位、地元民ならではのB級グルメおすすめの味をぜひ、頂いてみましょう。

京都の和菓子巡りには欠かせない名店で、あらゆるメディアや雑誌で紹介されてとても有名です。場所は、下賀茂神社の近くです。参拝のついでに立ち寄る人も多いようです。また、せっかく順番待ちをするのだからと、大福餅や赤飯もいただいて帰ってはいかがでしょうか。

住所 京都市上京区出町通り今出川上ル青龍町236
電話番号 075-231-1658

京都のB級グルメ第15位:膳處漢ぽっちり「しみだれ豚饅」

膳處漢(ぜぜかん)ぽっちりさんの「しみだれ豚饅」は、たれは醤油系で、豚まんの表面にも塗ってあります。

また生地の中には豚肉やしいたけなどの具材がぎっしりと入っていて、その焼きあがった香りはなんとも食欲をそそります。まさに究極のB級グルメです。

さらに、膳處漢(ぜぜかん)ぽっちりは、中華料理とバーのおしゃれなお店であり、予約できてお酒も飲み放題があり、料理は野菜や魚料理、美容・健康メニューなど様々なものが頂けるのでおすすめのB級グルメのお店です。

席数が190席ほどあり、個室もあります。行き方は、地下鉄四条駅から徒歩8分、烏丸駅から300mほどの場所にあります。営業時間ですが、二部制で、ランチタイムは午前11時半から15時、ディナータイムは17時から24時です。ラストオーダーはいずれも1時間前となっています。年中無休です。

住所 京都府京都市中京区錦天神山町283-2
電話番号 075-257-5766

京都のB級グルメ第14位:ヤオイソ「フルーツサンド」

ヤオイソの「フルーツサンド」は、B級グルメランキングには常に上位に挙がってくる、フルーツサンドの名店です。

芸能人にも人気のお店で、足しげく通う芸能人も多いといいます。しかも、最近できたお店ではなく、創業はなんと120年前。堂々たるB級グルメです。

実は京都地元民に認めらてきた伝統の味なのでランキング上位でおすすめです。食パンを使用したフルーツサンドにはふわっとしたクリームと選び抜かれたフルーツが使用され、その相性のよさに定評があります。

なにしろ、ヤオイソは果物屋さんで、フルーツの品質に大きな自信を持っておられるようです。こちらの店内の2回では、飲食スペースが設置されていますので、食べて帰ることもできます。もちろん、フルーツも購入できるのでお土産にいかがでしょうか。アクセス方法は、阪急京都線大宮駅の近くで、営業時間は毎日午前9時半から17時です。

住所 京都府京都市下京区四条大宮東入立中町488
電話番号 075-841-0353

京都のB級グルメ第13位:ロンドンヤ「ロンドン焼き」

ロンドン焼きをご存知でしょうか。京都では地元民のお菓子として親しまれてきた、まさにB級グルメならではの逸品です。ランキングに入るほどのおすすめのB級グルメです。お好み焼きのようなものを想像するかもしれませんが、違います。

どら焼きのような、カステラ饅頭ですが、その中に白あんが入っているのが、こちらのB級グルメの特徴です。

作りたてを味わえるだけではなく、回転する機械で焼かれているのを店頭でから見られるので行列のお客さんに楽しまれてB級グルメランキング上位になっています。

営業時間は月曜から木曜が午前10時から21時半、金・土日祝・祝日の前日は午前10時から22時まで、定休日はなく、無休だという事ですが、事前に確認したほうが良いでしょう。場所は、阪急電車河原町出口付近で、京都市役所前駅からは徒歩5分です。地元民に愛される名店ですのでランキングに入りました。

住所 京都府京都市中京区新京極通四条上ル中之町565
電話番号 075-221-3248

京都のB級グルメ第12位:総本家にしんそば松葉「にしんそば」

ニシン蕎麦は京都のグルメの代名詞ともいえるでしょう。全国的におなじみです。地元民に愛されてきたという事ではB級グルメ代表格といっても過言ではありません。

そして、こちらのお店「松葉」は、京都で150年続く老舗のおそば屋さん。1882年ごろから続く味でおすすめです。また、世代を超えて地元民に愛されている名店です。B級グルメランキングでも当然上位です。

こちらのお店で人気のニシンは、北海道産の見欠けニシンを使用し、柔らかく煮込んで蕎麦の上に乗せています。見欠けニシンとは、内臓や頭を取り除いて乾燥させたものです。より新鮮な状態で内陸の京都にニシンを運ぶために考え出された知恵だといいます。

住所 京都市東山区川端町192南座西隣り
電話番号 075-561-1451

京都のB級グルメ第11位:一文字屋和助「あぶり餅」

一文字屋和助さんは平安時代から続いている老舗中の老舗で、B級グルメランキングにインしました。B級グルメの中でも特に歴史が長いです。

あぶり餅とは、一口大に切ったお餅を竹串に差し、きなこをかけてあぶり、みそだれをかけるという日本的なものです。焼いたきなこ餅、さらに味噌は白味噌、平安京を思い起こしながら味わってみてはいかがでしょうか。京都で一度は体験したい、B級グルメのおすすめメニューであり、名店の味です。

行き方は、京都市バス46系統「今宮神社前バス停」で下車し、そこから徒歩2分の距離です。営業時間は午前10時から17時で、定休日は水曜日、1日、15日、祝日が水曜の場合は営業し、翌日休業となります。

住所 京都府京都市北区紫野今宮町69
電話番号 075-492-6852

京都のB級グルメ第10位:壹銭洋食「壹銭洋食」

「壹銭洋食」(いちせんようしょく)は、祇園の同名のメニューであり、京都のB級グルメの定番です。なんと、大正時代に始まったものだと言われている人気のソウルフードです。また、店名にもなっており、こちらのお店は壹銭洋食のおすすめの名店と言えます。

お店の外観は当時を思わせるたたずまいで、地元民にも観光客にもB級グルメを求める人に人気です。懐かしい味を求める人、日本のお好み焼きの原点を知りたい人、京都のB級グルメを求める人は、まずはこのお店がおすすめです。

小麦粉にだし汁を入れて鉄板に流し、牛肉、卵、こんにゃく、鰹節をのせて焼き、最後に半分に折って特製ソースをかけるというものです。玉子は半熟、ソースは濃厚で、京都の葱というなんともハイカラな組み合わせでした。B級グルメの王様といった風格です。

「壹錢洋食」駄菓子屋で売られていたので、値段もお安かったのでしょう。いわば、地元民のおやつといったところですが、壹銭洋食は、お好み焼きの元祖だと言われています。まさにB級グルメらしいエピソードです。外観も、昔の駄菓子屋さんを現代に再現したようなインテリアです。まるで資料館の中のようなおすすめの名店です。

年中無休で深夜まで営業

こちらのお店は、なんと年中無休で、営業時間は、月曜日から土曜日までは午前11時から翌朝3時まで、日曜日と祝日は午前10時半から22時までだそうです。ぜひ、こちらのB級グルメ店、京都では一度は足を運んでみてはいかがでしょうか。行き方は、阪急河原町駅から徒歩3分、京阪祇園四条駅から徒歩1分です。

住所 京都府京都市東山区祇園四条通縄手上ル祇園町北側238
電話番号 075-533-0001

京都のB級グルメ第9位:かねよ「きんし丼」

まず、きんし丼とは錦糸卵のことです。また、きんしとは、卵焼きを麺のように細長く、または千切りにしたものことです。B級グルメならではの、ご飯ものです。

通常、錦糸丼といえば、どんぶりに細長い錦糸が乗せられていますが、こちらのお店の錦糸丼は大きな一枚の薄い玉子焼きがどんぶりの蓋のように被せてあり、B級グルメに多い、見た目の意外性に人気があるようです。

かねよは、明治末期より100年以上伝わる老舗の鰻料理専門店で、B級グルメを受け継いできた古い木造総2階建てのお店はまさに名店。

伝統料理の店の威厳を醸し出しています。店内には寄席の舞台もあり、鰻料理に舌鼓を打ちつつ寄席を楽しんできた地元民の暮らしも身近に感じます。

愛されてきた、また信頼されてきた名店の錦糸丼は、まさにB級グルメメニューといえ、ぜひおすすめです。うなぎが苦手な人にもおすすめできるメニューです。京都の魅力としてお伝えしたい名店です。

行きかたご紹介

行き方は、阪急河原町駅、京阪三条駅から徒歩で10分、地下鉄京都市役所前駅から徒歩7分、京都市役所前駅から400mほどです。こちらの営業時間は午前11時半から20時半、日曜日は営業しています。また、臨時休業があり、電話で確認していくほうがよいかもしれません。席数は40席ほどあります。個室はありませんが、座敷もあるようです。

住所 京都府京都市中京区六角通新京極東入ル松ヶ枝町456
電話番号 075-221-0669

京都のB級グルメ第8位:大鵬「てりどんきんし」

大鵬は、てりどんきんし」という四川料理のお店です。こちらのお店は「てりどんきんし」が人気メニューで、昼時には必ず行列ができるお店です。B級グルメの代表格と言えます。

てんどりきんしという名前ですが、ご飯の上に錦糸、その上に豚肉の甘辛煮、生卵の黄身が乗っています。地元民もお墨付きの京都のB級グルメの名店です。営業時間は、午前11時半から14時半、17時半から22時半の二部制のようです。また、場所は二条城の近くです。

住所 京都市中京区西ノ京星池町140
電話番号 975-822-5598

京都のB級グルメ第7位:山本麺蔵「土ごぼう天ざるうどん」

京都と言えば和風の、「土ごぼう天ざるうどん」はいかがでしょうか。こちらは、京都の土ごぼうのうどんが人気の山本麺蔵さんのメニューです。まさにこのメニューはB級グルメです。

ごぼうの天婦羅が乗っており、サクサクで、ゴボウはみずみずしさと引き締まった新鮮さを感じるシャキッとした歯ごたえです。ごぼうの天婦羅にカレーのスパイスをつけて食べるのが京都の地元民の味。なんだかとてもおしゃれです。人気のカレーを付けた天婦羅は絶品で、名店の味が楽しめます。

うどんの名店

うどんはコシがありながらもちもちで、ダシのカツオの香りがやみつきになるといい、人気の味になっています。

山本麺蔵は、常に行列のできるうどん屋さんで、京都の名店なので、何度でも訪れる人も多いようです。

行列でもぜひ足を運んで待ちたいお店ですが、大人気のため、うどんが終了する前に行かなければなりません。B級グルメの人気店は忙しいです。

営業時間・定休日・アクセス方法は?

また、営業時間は、水・木曜日以外は毎日、午前11時から18時、水曜日は午前11時から14時半までとなります、木曜日と第4水曜日はお店の定休日でそれ以外の臨時休業があります。

事前に電話で確認されることをおすすめします。定休日が祝日と重なれば営業して翌日がお休みになります。場所は地下鉄東西線東山駅から歩いて10分ほどの場所になります。

住所 京都府京都市左京区岡崎南御所町34
電話番号 075-751-0677

京都のB級グルメ第6位:半兵衛麩「むし養い」

京都と言えば豆腐料理、豆腐と言えば京料理。さらに、湯葉やお麩料理も地元民のソウルフードであり名物です。それはまさしくB級グルメ。

ここではお麩料理では右に出るもののない320年の伝統を誇る京都の代表格、とにかくお麩と湯葉というならこのお店の「むし養い」は要予約です。日本料理の繊細さを思い知らされるB級グルメです。

場所は京都の中心部にあり、京阪清水五条駅徒歩1分です。営業時間は午前10時から17時です。定休日は特になく、不定休だという事です。予約が取れてから訪れるのがおすすめです。

住所 京都市東山区問屋町通り五条下ル上人町 
電話番号 075-561-0371

Thumb京都・湯豆腐の名店&老舗おすすめ13選!人気ディナーは早め予約が必須?
京都の名物料理と言えば何と言っても湯豆腐です。京都ならではの優しい口当たりで澄んだ水で作られ...

京都のB級グルメ第5位:くるみ「オムライス」

くるみのオムライスは有名です。京都で長年、オムライスの名店として地元民に愛されてきていて、最近は広く知れ渡っているB級グルメとなっていますが、とにかくおすすめです。

特にインディアンオムライスの人気は不動のものです。とろけるような卵に包まれた、中のカレー風味のライス、たっぷりとかかった自家製タルタルはボリュームもあって、手作りの味わいもある大盛りの盛り方も最高だという口コミがあります。

また、サラダのポテトは柱のようになって、上に半熟卵が乗せられています。ラディッシュやパプリカなどのアクセントもあり、新鮮な野菜サラダはオムライスのお供に欠かせません。

住所 京都市中京区寺町通四条上ル菊水ビルB1F 
電話番号 075-221-2222 

京都のB級グルメ第4位:泉門天「餃子」

地元民にはおなじみの餃子の名店です。一口餃子で、その餡は、国産牛、豚肉、白菜とニラなどになっており、贅沢な味わいです。羽根の付いた薄皮が人気のB級グルメで、一口大なのでパクパク食べてしまいます。

気軽に立ち寄れるようなお安い料金も地元民に愛されてきたポイントでしょう。お土産にもできます。営業時間は、平日は18時から翌日2時、土祝・祝前日は18時から翌日3時までの営業です。休業日は事前に確認してみてください。京阪祇園四条駅徒歩10分です。

住所 京都市東山区花見小路新橋下ル竹会館1F
電話番号 075-532-0820

京都のB級グルメ第3位:本家第一旭たかばし本店「京都ラーメン」

本家第一旭たかばし本店は、京都ラーメンを代表するラーメンと言っても過言ではありません。こちらのお店は数ある名だたるラーメン店をおさえてランキング1位です。

隣にある新福彩館本店とともに訪れれる人も多いようです。行列に並ぶのは間違いありません。B級グルメグランプリ候補かもしれません。

そのお味は醤油ベースのスープであっさりした風味です。中太ストレート麺で、多くの通がうなりを上げます。場所は京都駅から歩いて2分の場所で、営業時間は朝の5時から翌朝2時までと言います。木曜日は定休日です。ぜひ、訪れてみてください。

住所 京都市下京区東塩小路向畑845
電話番号 075-351-6921

京都のB級グルメ第2位:ジャンボ「お好み焼き」

地元民に愛されすぎてランキング1位となったお好み焼きです。ジャンボさんのお好み焼きは、まずボリュームがあります。お好み焼きは一枚では物足りない、という人に、まず人気です。

また、具材もたくさん入っているので、全体的に圧倒的な、直径30cmほどのボリュームになります。しかも、残してしまったものをテイクアウトできるのも、京都のおもてなし精神しょう。

場所は、嵐山電鉄等持院駅より徒歩3分、仁和寺や妙心寺の近くです。営業時間は午前11時から14時、16時半から21時、定休日は月・火・第4日曜日です。

住所 京都市北区等持院南町35
電話番号 075-462-2934

京都のB級グルメ第1位:京極スタンド「ハムカツ」

京極スタンドのハムカツは、京都の地元民の間では定番のグルメです。居酒屋のメニューで、そのハムカツは薄っぺらいものではなく、ボリュームや食感の良さがあります。全国B級グルメグランプリとなる日も近いのかもしれません。

ハムカツの名店であり穴場でしたが、昼も飲め、また値段もお安いので、行列は絶えません。場所は、阪急河原町駅徒歩1分です。営業時間は12時から21時、火曜日が定休日です。

住所 京都市中京区新京極通り四条上ル中之町546
電話番号 075-221-4156

京都のB級グルメにはお好み焼きやラーメンも

京都のB級グルメランキングはいかがでしょうか。和菓子や日本料理のイメージですが、京都にはお好み焼きやラーメン、オムライスなどのB級グルメもいろいろとあることが分かってきたのではないでしょうか。とても一度の旅では回りきれそうにないですが、ランキングを参考にしていただければ幸いです。

関連記事

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
ismy

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ